完全版!第63回ゴールデン・グローブ賞結果発表

 ゴールデン・グローブ賞が発表になって、あちこちに結果が出ているんですが、映画中心であったり、テレビ・ドラマ中心であったりで、網羅的なリストがあまりないようなので、ここに書き出してみました。う~ん、けっこう、大変!

最優秀作品賞ドラマ部門
・ヒストリー・オブ・バイオレンス(Benderspink Productions; New Line Cinema)
◎ブロークバック・マウンテン(Focus Features/River Road Entertainment;)
・The Constant Gardener(Potboiler Prods./Scion Films; Focus Features)
・グッドナイト&グッドラック(Section Eight/2929 Entertainment/Participant Productions; Warner Independent Pictures)
・マッチ・ポイント(A Jada Production; DreamWorks Pictures)

画像

 *今年の米国映画賞の作品賞(候補)にはハリウッド・メジャーが関わった作品が1本もありません。ドリーム・ワークスが『マッチ・ポイント』を共同製作しているくらいで、メジャー・スタジオで作られた作品がないんですね。日本での配給も『ヒストリー・オブ・バイオレンス』がムービー・アイ、『ブロークバック・マウンテン』がワイズポリシー、“The Constant Gardener”がギャガ・コミュニケーションズ、『グッドナイト&グッドラック』が東北新社、『マッチ・ポイント』がアスミック・エースという具合で、見事にすべて独立系配給会社が配給することになっています。
 『ブロークバック・マウンテン』はワイズポリシー最大のヒット&話題作となりそうで、昨年末からもうその予兆はあったのですが、これから劇場公開に向けててんてこまいですね、きっと(宣伝会社の樂舎も)。公開劇場も増えるでしょうし。
 『ブロークバック・マウンテン』のアカデミー賞作品賞は(アカデミー賞の保守的性格ゆえに)ないんじゃないかと思っていましたが、今、もの凄く風が吹いている感じがしますし、ひょっとするとひょっとするかもしれませんね~。まあ、作品賞を獲らなくても、現時点である程度のヒットは約束されていますが。
 *『グッドナイト&グッドラック』は、これまでいろんな日本語表記がなされてきましたが、こういう邦題になったようです。


画像最優秀主演女優賞ドラマ部門
・マリア・ベロ – ヒストリー・オブ・バイオレンス
◎フェリシティ・ハフマン – Transamerica
・グウィネス・パルトロウ – プルーフ・オブ・マイ・ライフ
・シャーリーズ・セロン – スタンドアップ
・チャン・ツィイー – SAYURI

 *2005年はTVドラマ『デスパレートな妻たち』(ファンの間では『デスパ』と呼ばれているらしい)と併せて、フェリシティ・ハフマン大躍進の年だったようです。40代ですが。

最優秀主演男優賞ドラマ部門
・ラッセル・クロウ – シンデレラマン
◎フィリップ・シーモア・ホフマン – カポーティ
・テレンス・ハワード – Hustle & Flow
・ヒース・レジャー – ブロークバック・マウンテン
・ディヴィッド・ストラザーン – グッドナイト&グッドラック

<画像

最優秀作品賞ミュージカル/コメディー部門
・Mrs. Henderson Presents(Heyman Hoskins Productions; The Weinstein Company)
・プライドと偏見(Working Title Prods.; Focus Features/StudioCanal)
・ザ・プロデューサーズ(Brooksfilms; Universal Pictures/Columbia Pictures)
・The Squid And The Whale(American Empirical/Peter Newman-InterAL; Samuel Goldwyn Films/Sony Pictures Releasing International)
◎ウォーク・ザ・ライン 君につづく道(Fox 2000 Pictures/TreeLine Productions/Catfish Productions; Twentieth Century Fox)

画像最優秀主演女賞ミュージカル/コメディー部門
・ジュディ・デンチ – Mrs. Henderson Presents
・キーラ・ナイトレイ – プライドと偏見
・ローラ・リニー – Squid And The Whale
・サラ・ジェシカ・パーカー – The Family Stone
◎リース・ウィザースプーン – ウォーク・ザ・ライン 君につづく道

最優秀主演男優賞ミュージカル/コメディー部門
・ピアース・ブロスナン – The Matador
・ジェフ・ダニエルズ – The Squid And The Whale
・ジョニー・デップ – チャーリーとチョコレート工場
・ネイサン・レイン – ザ・プロデューサーズ
・キリアン・マーフィー – Breakfast On Pluto
◎ホアキン・フェニックス – ウォーク・ザ・ライン 君につづく道

 *ミュージカル/コメディー部門とはいえ、作品賞と主演女優賞、主演男優賞のトリプル受賞というのは珍しいんじゃないかと思って調べてみたら、97年『恋愛小説家』、89年『ドライビング・ミス・デイジー』、85年『男と女の名誉』等、けっこう頻繁にあったのでした。ミュージカルやコメディー部門の作品は、男と女が対等に渡り合う作品が多いからなのかもしれませんね。

画像最優秀助演女優賞
・スカーレット・ヨハンソン – マッチ・ポイント
・シャーリー・マクレーン – イン・ハー・シューズ
・フランシス・マクドーマンド – スタンドアップ
◎レイチェル・ワイズ – The Constant Gardener
・ミシェル・ウィリアムズ – ブロークバック・マウンテン

 *残念だったね、ミシェル・ウィリアムズ

画像

画像最優秀助演男優賞
◎ジョージ・クルーニー – シリアナ
・マット・ディロン – クラッシュ
・ウィル・フェレル – ザ・プロデューサーズ
・ポール・ジアマッティ – シンデレラマン
・ボブ・ホスキンズ – Mrs. Henderson Presents

 *『シリアナ』と『グッドナイト&グッドラック』で、ジョージ・クルニーが2005年映画賞の台風の目だったんですが、見事受賞しました。

画像最優秀外国語映画賞
・戦場のアリアJoyeux Noel (Merry Christmas)フランス
・カンフーハッスル 中国
◎Paradise Now パレスチナ
・PROMISE-無極- 中国
・Tsotsi 南アフリカ

 *『戦場のアリア』は角川ヘラルド・ピクチャーズによる配給が発表されたばかり。GWに恵比寿ガーデンシネマとシネスイッチ銀座で公開予定。
 *“Paradise Now”はパレスチナで自爆テロを起こそうとする男たちの物語らしく、去年のベルリン国際映画祭で上映された作品。日本での公開はありそう?
 *“Tsotsi”も今のところ公開未定。


画像最優秀監督賞
・ウディ・アレン – マッチ・ポイント
・ジョージ・クルーニー – グッドナイト&グッドラック
・ピーター・ジャクソン – キング・コング
◎アン・リー – ブロークバック・マウンテン
・フェルナンド・メイレレス – The Constant Gardener
・スティーヴン・スピルバーグ– ミュンヘン

 *アン・リーは『グリーン・デスティニー』につづいて2度目の監督賞受賞。アカデミー賞では『グリーン・デスティニー』でも監督賞を逃していますが、さて今度はどうでしょうか。

最優秀脚本賞
・マッチ・ポイント(ウディ・アレン)
・グッドナイト&グッドラック(ジョージ・クルーニー、グラント・ヘスロフ)
・クラッシュ(ポール・ハギス、ボビー・モレスコ)
・ミュンヘン(トニー・クシュナー、エリック・ロス)
◎ブロークバック・マウンテン(ラリー・マクマートリー、ダイアナ・オサナ)

画像

最優秀オリジナル作曲賞
・シリアナ(アレクサンドル・デプラ)
・ナルニア国物語 第1章 ライオンと魔女(ハリー・グレグソン・ウィリアムズ)
・キング・コング(ジェイムス・ニュートン・ハワード)
・ブロークバック・マウンテン(グスターボ・サンタオラヤ)
◎SAYURI(ジョン・ウィリアムズ)

画像

 *音楽監督が交替した2本の作品『SAYURI』『キング・コング』。勝ったのは、『ハリー・ポッター』を蹴って、『SAYURI』を選んだジョン・ウィリアムスでした。
 *受賞は逃しましたが、『ブロークバック・マウンテン』のグスターボ・サンタオラヤは、『アモーレス・ペロス』『モーターサイクル・ダイアリーズ』『21g』『スタンドアップ』等を手がける、このところ非常に注目される音楽家です(出身はブエノスアイレス、キャリアは20年以上)。写真下。


最優秀主題歌賞
◎"A Love That Will Never Grow Old" – ブロークバック・マウンテン
・"Christmas in Love" – Christmas In Love
・"There's Nothing Like a Show on Broadway" – ザ・プロデューサーズ
・"Travelin' Thru" – Transamerica
・"Wunderkind" – ナルニア国物語 第1章 ライオンと魔女

画像

  ここらでひと休み。 よろしければこちらにご参加ください。→

最優秀テレビ・シリーズ賞ドラマ部門
・Commander In Chief(Touchstone Television; ABC)
・グレイズ・アナトミー 恋の解剖学(Touchstone Television; ABC)
◎Lost(Touchstone Television; ABC)
・Prison Break(Original Film/Adelstein-Parouse Productions/Twentieth Century Fox Television; FOX)
・Rome(HBO Entertainment/BBC; HBO)

画像

 *アメリカのテレビ・ドラマ事情には全然疎いのですが、タッチストーンの作ったテレビ・ドラマが3本もノミネートされていたようです。

最優秀主演女優賞 テレビ・シリーズ ドラマ部門
・パトリシア・アークエット – Medium
・グレン・クローズ – The Shield
◎ジーナ・デイヴィス – Commander In Chief
・キーラ・セジウィック – The Closer
・ポリー・ウォーカー – Rome

画像

最優秀主演男優賞 テレビ・シリーズ ドラマ部門
・パトリック・デンプシー – グレイズ・アナトミー 恋の解剖学
・マシュー・フォックス – Lost
◎ヒュー・ローリー – House
・ウェントワース・ミラー – Prison Break
・キーファー・サザランド – 24

最優秀テレビ・シリーズ賞 ミュージカル/コメディー部門
・Curb Your Enthusiasm
◎デスパレートな妻たちDesperate Housewives
・Entourage
・Everybody Hates Chris
・My Name Is Earl
・Weeds

画像

最優秀主演女優賞 テレビ・シリーズ ミュージカル/コメディー部門
・マルシア・クロス – デスパレートな妻たち
・テリ・ヒッチャー – デスパレートな妻たち
・フェリシティ・ハフマン –デスパレートな妻たち
・エヴァ・ロンゴリア – デスパレートな妻たち
◎メアリー=ルイーズ・パーカー – Weeds

画像

最優秀主演男優賞 テレビ・シリーズ ミュージカル/コメディー部門
・ザック・ブラフ – Scrubs
◎スティーヴ・キャレル – The Office
・ラリー・ディヴィッド – Curb Your Enthusiasm
・ジェイソン・リー – My Name Is Earl
・チャーリー・シーン – Two and a Half Men

 *ザック・ブラフは『チキン・リトル』でチキン・リトルの声を担当した人。

最優秀ミニ・シリーズ/テレビ映画賞
◎Empire Falls
・Into The West
・Lackawanna Blues
・Sleeper Cell
・Viva Blackpool
・Warm Springs

最優秀主演女優賞ミニ・シリーズ/テレビ映画部門
・ハル・ベリー – Their Eyes Were Watching God
・ケリー・マクドナルド – The Girl In The Café
◎S. エパサ・マーカーソン – Lackawanna Blues
・シンシア・ニクソン – Warm Springs
・ミラ・ソルヴィーノ – Human Trafficking

最優秀主演男優賞ミニ・シリーズ/テレビ映画部門
・ケネス・ブラナー – Warm Springs
・エド・ハリス – Empire Falls
・ビル・ナイ– The Girl In The Café
◎ジョナサン・リース・マイヤーズ – Elvis
・ドナルド・サザランド – Human Trafficking

 *ドナルド&キーファー父子は、揃ってテレビ部門にノミネートされていました(ドナルドは2部門ノミネート)が、ともに受賞はなりませんでした。

画像最優秀助演女優賞 シリーズ/ミニ・シリーズ/テレビ映画部門・キャンディス・バーゲン – Boston Legal
・カムリン・マンハイム – Elvis
◎サンドラ・オー – グレイズ・アナトミー 恋の解剖学
・エリザベス・パーキンス – Weeds
・ジョアン・ウッドワード – Empire Falls

 *サンドラ・オーは『サイドウェイ』の監督アレクサンダー・ペインの元妻。

最優秀助演男優賞シリーズ/ミニ・シリーズ/テレビ映画部門
・ナヴィーン・アンドリュース– Lost
◎ポール・ニューマン – Empire Falls
・ジェレミー・ピヴェン– Entourage
・ランディ・クエイド – Elvis
・ドナルド・サザランド – Commander In Chief

セシル・B・デミル・アワード アンソニー・ホプキンス受賞

画像


 いかがでしたか?
 なかなか頑張ったじゃない?と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 

 *追記:発表から1日経って、いろんなブログを見てまわりましたが、みなさんひいきの俳優さんや作品が違っていて、注目しているところが全然違うのがとても面白かった。当ブログに記事をTBしてくれないかな。勝手ながら、こちらから先にTBさせていただきますけど。

この記事へのコメント

2006年01月19日 10:03
TBありがとうございます。
この結果がどこまでアカデミー賞に反映するかも楽しみですね!

この記事へのトラックバック

  • ゴールデングローブ賞(2)・・・発表!

    Excerpt: 1月16日、ゴールデングローブ賞の結果が発表されました。 Weblog: ☆お気楽♪電影生活☆ racked: 2006-01-18 13:25
  • ゴールデン・グローブ受賞者発表!

    Excerpt: ハリー(Harry Gregson-Williams)、残念でした。。 Weblog: Orion in the Sky racked: 2006-01-19 09:55
  • ゴールデン・グローブ賞

    Excerpt: 今日は、本国でゴールデン・グローブ賞の授賞式。 寂しいことに、ザ・ホワイトハウスはノミネートから蚊帳の外。 元々、GG賞ではエミー賞でのように評価されていなかったですけどね(強がり言ってる?) .. Weblog: There for you racked: 2006-01-19 10:38
  • ゴールデン・グローブ賞授賞式(TV局のインタビュー)

    Excerpt: TB有難うございました。 楽しそうなブログですね。 時々遊びに来ます。 Weblog: ジョニーの映画で、英語を学ぼう racked: 2006-01-19 11:37
  • ゴールデン・グローブ発表

    Excerpt: 「アカデミー賞の刺身のツマ」ことゴールデン・グローブ賞が発表された。相変わらずどことなく奇をてらったような作品を選んでるようなとこが、面白いといえば面白いかと。フィリップ・シーモア・ホフマンとか。 .. Weblog: King inK racked: 2006-01-21 21:33
  • 今年は1月

    Excerpt: 今晩、毎年楽しみにして居る、番組がO.A.された。 第63回 ゴールデン・グローヴ賞!! いつも相方と一緒にアレかな、コレかなといいながら見るので、 事前に相方もしっかり.. Weblog:    ニ ュ ー ヨ ー ク ・ ブ ロ ウ                       -N... racked: 2006-01-26 17:51