これくらいは観ておきたい100本の映画(90年代を中心に)

画像
 仕事柄、何か面白い映画ある?と訊かれることが多いので、こんなリストを作ってみました。
 何故「90年代を中心に」かと言うと、90年代に関しては、劇場公開作の、目ぼしい作品(洋画)は、リアルタイムで大体観ているという自負があるからですね。
 ただリスト自体は実は5年前に作ったもので、今見直してみて、結構風化しちゃったなあと思う作品もありますが、大筋では現在でも通用するものだと思っています。

 1監督1作品、ヒット性、話題性、作品が継続的に公開されている監督かどうか、ほかの作品も観たくなるような監督で、その代表作・入門作、よりセレクトしています。わざわざリストアップする必要のないようなハリウッド製メジャー作品は最初から除いてあります。
 さらに付け加えるなら、このリストは、一応、個人的な好みとは別です(笑)。

 単館系公開作品に抵抗がない人であれば、常識的な線だと思いますが、どうでしょうか? 100本のうち、何本くらい観てますか? まだ観ていない作品が多いとしたら、これから、「あの映画」や「あの映画」を観る楽しみがあるわけですから、ちょっと羨ましいですね。

□ 青いパパイヤの香り
□ 赤い薔薇ソースの伝説
□ 暗殺の森
□ アントニア
□ 生きるべきか死ぬべきか
□ イル・ポスティーノ
□ ヴァージン・スーサイズ
□ ウォレスとグルミット
□ 浮き雲
□ 美しき諍い女
□ ウルガ
□ 運動靴と赤い金魚
□ 悦楽共犯者
□ エド・ウッド
□ L.A.コンフィデンシャル
□ カストラート
□ 木靴の樹
□ 奇跡の海
□ CUBE
□ 霧の中の風景
□ クライング・ゲーム
□ グラン・ブルー
□ ケス
□ 恋する惑星
□ 心の香り
□ コーリャ 愛のプラハ
□ コルチャック先生
□ こわれゆく女
□ ざくろの色
□ サラーム・ボンベイ!
□ 仕立て屋の恋
□ ジプシーのとき
□ シャイン
□ ジャック・ドゥミの少年期
□ ジュ・テーム・モワ・ノン・プリュ
□ ショート・カッツ
□ 神経衰弱ぎりぎりの女たち
□ シンプルメン
□ ZOO
□ スウィートヒア・アフター
□ ストリート・オブ・クロコダイル
□ スモーク
□ 世界中がアイ・ラヴ・ユー
□ 世界の涯てに
□ セントラル・ステーション
□ 宋家の三姉妹
□ 太陽と月に背いて
□ デカローグ
□ デッドゾーン
□ デリカテッセン
□ テルマ&ルイーズ
□ トト・ザ・ヒーロー
□ ドーベルマン
□ 友だちのうちはどこ?
□ トレインスポッティング
□ ナイト・オン・ザ・プラネット
□ ナイトメアー・ビフォア・クリスマス
□ ニュー・シネマ・パラダイス
□ 熱帯魚
□ π
□ バグダッド・カフェ
□ 八月の鯨
□ 初恋のきた道
□ バッファロー’66
□ 薔薇の名前
□ パリのランデブー
□ 春にして君を想う
□ パルプ・フィクション
□ ピアノ・レッスン
□ 日蔭のふたり
□ 日陽はしづかに発酵し…
□ ビフォア・ザ・レイン
□ 秘密と嘘
□ ファーゴ
□ フィオナの海
□ ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ
□ ブラス!
□ プリシラ
□ フル・モンティ
□ ブレア・ウィッチ・プロジェクト
□ ベティ・ブルー インテグラル
□ ベルベット・ゴールドマイン
□ 變瞼 この櫂に手をそえて
□ ポネット
□ ホームドラマ
□ ポンヌフの恋人
□ マイ・ライフ・アズ・ア・ドッグ
□ マルコヴィッチの穴
□ ミツバチのささやき
□ 未来世紀ブラジル
□ ムトゥ 踊るマハラジャ
□ 野性の夜に
□ 許されざる者
□ ライフ・イズ・ビューティフル
□ ラヴソング
□ ラン・ローラ・ラン
□ レオン 完全版
□ 恋恋風塵
□ ロッタちゃん はじめてのおつかい
□ ワイルド・アット・ハート

 [INDEX] 

 *この記事が興味深いものだと思ったら、人気ブログランキング(←ここ)をクリックしてください。

ニュー・シネマ・パラダイス 15周年メモリアル・コレクション
ニュー・シネマ・パラダイス 15周年メモリアル・コレクション [DVD]

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック