日本で公開された台湾映画全リスト

画像
 1998年以降に日本で公開された台湾映画をリストアップしてみました。
 なぜ1998年以降かというと、1997年末に開催された「台湾映画祭」のパンフレットに1968年から1997年までの、日本で公開された台湾映画がリストアップされているからです。
 *台湾映画祭のパンフレットは、日本財団図書館(電子図書館) 台湾映画祭 資料集で読むことができます。

 作成したリスト自体は、ホームページ「海から始まる!? R」にアップしてありますので、是非そちらをご覧ください。

 開催間近の東京国際映画祭の<アジアの風>部門「台湾:電影ルネサンス」上映作品11作品、11月開催予定の東京フィルメックス2005で上映される台湾映画、来年公開予定の作品も加えてあります。ツァイ・ミンリャン監督の『さらば、龍門客棧』やホウ・シャオシェン監督の『スリー・タイムズ』は、(映画祭での上映もありましたが)両方とも配給会社プレノン・アッシュが来年劇場配給してくれるそうで、劇場公開が待ち遠しいところですね。

 台湾出身の監督や俳優が参加した非台湾映画も主だった作品もリストに加えてあります。

 この間に上映された作品の中で、DVD化されたものに関しては、それも付記してあります。

 データベースなので、最初から最後までず~っと読んでいくというものでもありませんが、ある程度資料性があるので、そういう方面で何かのお役には立てるかと思います。
 本来なら、作品ごとにコメントをつけたいところですが、なかなかそこまで手がまわらないので、作品紹介サイトへのリンクを貼っておきました。

 日本で公開された台湾映画の作品本数は、他のアジア諸国やヨーロッパ諸国に比べて、決して多くはないと思いますが(映画製作事情によっても違うと思います)、概して作家性の強い作品ばかりが日本公開されているようです。(これまでのところは)「スター不在」ということでしょうか。
 DVDリリース作品も日本での劇場公開にほぼ準じている形となっているようです。

 他に参考になる資料としては、佐藤忠男編『新世紀アジア映画』(キネマ旬報社)があります。この本には1990年代に日本で公開されたアジア映画がリストにまとめられています。

 1つ前にもどる
 2つ前にもどる
 3つ前にもどる
 「台湾スター&映画人」リストへ
 「1998年以降に日本で公開された台湾映画」リストへ

 [INDEX]

 *この記事がよかったと思ったら人気ブログランキングに投票してください。

新世紀アジア映画―アジアフォーカス・福岡映画祭から21世紀へ

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック