アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「映画監督」のブログ記事

みんなの「映画監督」ブログ

タイトル 日 時
ヴィム・ヴェンダースが受賞! ロジャー・エバート トリビュート/ゴールデン・サム賞2017
ヴィム・ヴェンダースが受賞! ロジャー・エバート トリビュート/ゴールデン・サム賞2017  現在、開催中のトロント国際映画祭で、ヴィム・ヴェンダースにロジャー・エバート トリビュート/ゴールデン・サム賞(Golden Thumb)が贈られました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/09/14 21:35
“Spoor(Pokot)”と、2017年のアニエスカ・ホランド:映画賞2、名誉賞4、審査員1
“Spoor(Pokot)”と、2017年のアニエスカ・ホランド:映画賞2、名誉賞4、審査員1  ヨーロッパ映画アカデミーのチェアウーマンでありながら、昨年のヨーロッパ映画賞の授賞式はVTRのみの出演で、“Spoor(Pokot)”の完成に集中したアニエスカ・ホランド。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/08/14 00:51
ロバン・カンピヨについて調べてみました!
ロバン・カンピヨについて調べてみました!  カンヌ国際映画祭のコンペティション部門に、最新作“120 battements par minute(BPM (Beats Per Minute))”が選出されて、一躍注目を浴びることになった、ロバン・カンピヨ(Robin Campillo)について調べてみました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/05/27 08:35
『サーミの血』の監督の名前 【日本語表記】
『サーミの血』の監督の名前 【日本語表記】  東京国際映画祭2016で、『サーミ・ブラッド』というタイトルで上映され、トーキョー ノーザンライツ フェスティバル2017で『サーミの血』というタイトルで上映されるスウェーデン・デンマーク・ノルウェーの合作映画“Sameblod(Sami Blood)”の監督の名前は、Amanda Kernellです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/01/15 20:30
「ヴァラエティー」誌が選ぶ、観るべき10人の監督たち 2017!
「ヴァラエティー」誌が選ぶ、観るべき10人の監督たち 2017!  「ヴァラエティー」誌は、1月に開催されるパームスプリングス国際映画祭では「観るべき10人の監督たち」を表彰し、7月に開催されるカルロヴィ・ヴァリ国際映画祭では「観るべき10人のヨーロッパの監督たち」を選び(2016年はヨーロッパに限定されていませんでしたが)、10月のハンプトンズ国際映画祭では、「観るべき10人の俳優たち」を選んでいます。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/01/04 22:18
北野武、レジオン・ドヌール勲章 オフィシエ 叙勲!
北野武、レジオン・ドヌール勲章 オフィシエ 叙勲!  北野武が、フランスでレジオン・ドヌール勲章(L'ordre national de la légion d'honneur)のオフィシエを叙勲されました。(10月25日) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/10/27 07:18
マーティン・スコセッシが選ぶ、すべてのフィルムメーカーが観るべき39本の外国映画
マーティン・スコセッシが選ぶ、すべてのフィルムメーカーが観るべき39本の外国映画  若きフィルムメーカーのColin Levyは、高校生時代に5分の短編映画を作り、ニューヨークの短編映画のコンテストに応募して入賞し、マーティン・スコセッシに会う機会を得た。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/10/07 17:13
アニエス・ヴァルダが受賞! ロジャー・エバート トリビュート/ゴールデン・サム賞2016
アニエス・ヴァルダが受賞! ロジャー・エバート トリビュート/ゴールデン・サム賞2016  現在、開催中のトロント国際映画祭で、アニエス・ヴァルダにロジャー・エバート トリビュート/ゴールデン・サム賞(Golden Thumb)が贈られました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/09/13 23:16
アレハンドロ・ホドロフスキーに関する重要な7つの事柄 text by ロカルノ国際映画祭2016
アレハンドロ・ホドロフスキーに関する重要な7つの事柄 text by ロカルノ国際映画祭2016  ロカルノ国際映画祭の公式ホームページは、ごちゃごちゃしていて見辛いなっていう印象で、これまであまり丁寧には見ていなかったんですが、ちゃんと見てみると、マガジン・タイプになっていて、映画や映画祭を楽しむためのコンテンツがたっぷり詰まっています。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/08/13 22:54
「ヴァラエティー」誌が選ぶ、観るべき10人の監督たち 2016!
「ヴァラエティー」誌が選ぶ、観るべき10人の監督たち 2016!  「ヴァラエティー」誌は、毎年、1月に開催されるパームスプリングス国際映画祭で、「観るべき10人の監督たち」(10 Directors to Watch)を発表し、6月に開催されるカルロヴィ・ヴァリ国際映画祭で「観るべき10人のヨーロッパの監督たち」(Variety’s Ten Euro Directors)を発表しています。このセレクションは、Variety's Creative Impact Awardsとも呼ばれ、パームスプリングス国際映画祭で表彰されています。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/01/12 08:57
祝福とオマージュが凄い! リュミエール賞2015 for マーティン・スコセッシ!
祝福とオマージュが凄い! リュミエール賞2015 for マーティン・スコセッシ!  マーティン・スコセッシが、第7回リュミエール賞(Prix Lumière)を受賞しました。(10月16日) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/10/21 17:20
アラン・レネとその作品に関するいくつかのデータ&トリビア
アラン・レネとその作品に関するいくつかのデータ&トリビア  【アラン・レネが監督を手がけた作品の本数】 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/02/28 23:30
「ヴァラエティー」誌が選ぶ、観るべき10組の監督たち2015!
「ヴァラエティー」誌が選ぶ、観るべき10組の監督たち2015!  「ヴァラエティー」誌は、毎年、1月に開催されるパームスプリングス国際映画祭で、「観るべき10人の監督たち」(10 Directors to Watch)を発表し、6月に開催されるカルロヴィ・ヴァリ国際映画祭で「観るべき10人のヨーロッパの監督たち」(Variety’s Ten Euro Directors)を発表しています。このセレクションは、Variety's Creative Impact Awardsとも呼ばれ、パームスプリングス国際映画祭で表彰されています。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/01/07 18:24
【詳細】 ヌリ・ビルゲ・ジェイラン プロフィール&フィルモグラフィー
【詳細】 ヌリ・ビルゲ・ジェイラン プロフィール&フィルモグラフィー  ヌリ・ビルゲ・ジェイラン(Nuri Bilge Ceylan)について、調べてみました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/05/29 01:04
ヴェラ・ヒティロヴァ 1929-2014
ヴェラ・ヒティロヴァ 1929-2014  ヴェラ・ヒティロヴァが85歳でお亡くなりになりました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/03/19 19:39
【哀悼】 カルロ・マッツァクラーティ 1956-2014
【哀悼】 カルロ・マッツァクラーティ 1956-2014  イタリアのカルロ・マッツァクラーティ監督が、1月22日に生地パドヴァでお亡くなりになりました。数ヶ月間の辛い闘病生活の末の死だったそうです。享年57歳。まだ若いですよね。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2014/01/25 21:42
「ヴァラエティー」誌が選ぶ、観るべき10人の監督たち 2014!
「ヴァラエティー」誌が選ぶ、観るべき10人の監督たち 2014!  「ヴァラエティー」誌は、毎年、1月に開催されるパームスプリングス国際映画祭で、「観るべき10人の監督たち」(10 Directors to Watch)を発表(表彰)し、6月に開催されるカルロヴィ・ヴァリ国際映画祭で「観るべき10人のヨーロッパの監督たち」(Variety’s Ten Euro Directors)を発表しています。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/01/04 19:43
俳優をオスカーに導く2大監督 ウディ・アレン VS マーティン・スコセッシ! 【データ】
俳優をオスカーに導く2大監督 ウディ・アレン VS マーティン・スコセッシ! 【データ】  俳優をオスカーに導いてくれる映画監督として、現役では、ウディ・アレンとマーティン・スコセッシがその1位と2位を争っています。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/12/28 07:45
金獅子賞を受賞したジャンフランコ・ロージ監督について調べてみました!
金獅子賞を受賞したジャンフランコ・ロージ監督について調べてみました!  第70回ベネチア国際映画祭で金獅子賞を受賞したジャンフランコ・ロージ(Gianfranco Rosi)監督について調べてみました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/09/09 03:00
北野武 in ベネチア国際映画祭2012 または、北野武 映画の神様
北野武 in ベネチア国際映画祭2012 または、北野武 映画の神様 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/09/04 00:49
中南米・アフリカの映画監督が選んだオールタイム・ベスト +ちょっとしたメモ
中南米・アフリカの映画監督が選んだオールタイム・ベスト +ちょっとしたメモ  アマ・エスカランテ(Amat Escalante)(メキシコ) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/08/27 23:59
カナダ・アメリカ・オセアニアの映画監督が選んだオール・タイム・ベスト!
カナダ・アメリカ・オセアニアの映画監督が選んだオール・タイム・ベスト!  アトム・エゴヤン(Atom Egoyan)(カナダ) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/08/26 18:18
アジアの映画監督が選んだオールタイム・ベスト “Sight & Sound”(2012年版)より
アジアの映画監督が選んだオールタイム・ベスト “Sight & Sound”(2012年版)より  アモス・ギタイ(Amos Gitai)(イスラエル) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/08/26 06:45
北欧・ロシアの映画監督が選んだオールタイム・ベスト “Sight & Sound”誌(2012)より
北欧・ロシアの映画監督が選んだオールタイム・ベスト “Sight & Sound”誌(2012)より  バルタザール・コルマウクル(Baltasar Komákur)(アイスランド) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/08/26 02:40
ヨーロッパの映画監督が選んだオールタイム・ベスト “Sight & Sound”誌(2012)より
ヨーロッパの映画監督が選んだオールタイム・ベスト “Sight & Sound”誌(2012)より  マノエル・デ・オリヴェイラ(Manoel de Oliveira)(ポルトガル) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/08/25 18:11
イギリスの映画監督が選んだオールタイム・ベスト “Sight & Sound”誌(2012年版)より
イギリスの映画監督が選んだオールタイム・ベスト “Sight & Sound”誌(2012年版)より  “Sight & Sound”オールタイム・ベスト2012年版の、映画監督が選んだトップ10から、地域ごとに注目監督のトップ10をピックアップしたいと思います。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/08/25 03:48
日本人映画監督が選んだオールタイム・ベスト “Sight & Sound”誌(2012版)より
日本人映画監督が選んだオールタイム・ベスト “Sight & Sound”誌(2012版)より  “Sight & Sound”誌 オールタイム・ベスト(2012年版)から、日本人監督が選んだトップ10を抽出してみました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/08/24 00:45
映画監督が選んだオールタイム・ベスト100(2012年版) “Sight & Sound”誌より
映画監督が選んだオールタイム・ベスト100(2012年版) “Sight & Sound”誌より  “Sight & Sound”誌オールタイム・ベスト(2012年版)の、監督が選ぶトップ10の上位100作品が公式サイトで公表になりました。(8月22日) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/08/23 21:32
20組の監督が選んだオールタイム・ベスト(2012年版)! “Sight & Sound”誌より
20組の監督が選んだオールタイム・ベスト(2012年版)! “Sight & Sound”誌より  “Sight & Sound”誌、オールタイム・ベスト2012年版の、各監督が選んだトップ10のいくつかが明らかになっています。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/08/08 04:55
AKB48の新曲『ギンガムチェック』のMVを手がける映像作家ジョセフ・カーンて、こんな人!
AKB48の新曲『ギンガムチェック』のMVを手がける映像作家ジョセフ・カーンて、こんな人!  AKBの新曲『ギンガムチェック』のミュージックビデオを手がけたのが、「レディー・ガガを手がける」「グラミー賞受賞監督」のジョセフ・カーン(Joseph Kahn)だと話題になっているので、彼について調べてみました。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2012/08/07 03:51
ハンフリー・ジェニングス(1907-1950) プロフィール&フィルモグラフィー
ハンフリー・ジェニングス(1907-1950) プロフィール&フィルモグラフィー  映画『LIFE IN A DAY 地球上のある一日の物語』の中には、「あなたのポケットやハンドバッグには何が入っていますか」「あなたの好きなものは何ですか」「あなたが怖いと思うものは何ですか」という問いとそれに答える形で動画が示されているパートがありますが、そうした問いは、1937年にイギリスで始められた「世論調査」(Mass Observation)の中にあったもので、当時、こうした問いかけによってイギリス国民がどういう暮らしをしているか調べようと試みられたのに対して、『LIFE IN A ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/08/28 15:52
ケヴィン・マクドナルド プロフィール&フィルモグラフィー
ケヴィン・マクドナルド プロフィール&フィルモグラフィー  ケヴィン・マクドナルド(Kevin Macdonald) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/08/27 22:29
中国語圏の映画監督ベスト50!
中国語圏の映画監督ベスト50!  以前、台北金馬影展執行委員會が選ぶ中国語映画オールタイムベスト(正式には「影史百大華語電影(100 Greatest Chinese-Language Films)」)を記事にしましたが、台北金馬影展執行委員會は併せて中国語圏の映画監督ベスト50(五十大導演/50 Greatest Directors)も発表しています。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/05/08 17:00
新藤兼人 著作リスト 全216冊!
 映画監督にして、脚本家の新藤兼人。  あれだけシナリオ執筆と映画監督の仕事をしていながら、精力的に本も書いています。  単にシナリオを本にしただけのものもあり、同じネタの焼き直しといった類の本もないことはありませんが、それでも、この量はちょっと尋常じゃないですね。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2010/04/22 08:13
98歳の誕生日を祝う! 新藤兼人 全シナリオ・リスト!
98歳の誕生日を祝う! 新藤兼人 全シナリオ・リスト!  2010年4月22日は、新藤兼人監督の98回目の誕生日です。現役の映画監督としては、世界で2番目に高齢の監督ということになります。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2010/04/22 07:55
スコセッシやルーカスやスピルバーグが黒澤明生誕100年を祝う!
スコセッシやルーカスやスピルバーグが黒澤明生誕100年を祝う!  3月23日に黒澤明生誕100周年を迎えます。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2010/03/19 07:26
凄すぎる!北野武レトロスペクティヴ@ポンピドゥー・センター! 個展! そして叙勲!
凄すぎる!北野武レトロスペクティヴ@ポンピドゥー・センター! 個展! そして叙勲!  北野武が、フランスの芸術文化勲章(L'Ordre des Arts et des Lettres)のコマンドール(Commandeur/司令官)を叙勲しました。(3月9日) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/03/11 08:55
メイキング・ヒストリー! キャスリン・ビグロー 監督賞受賞スピーチ!
メイキング・ヒストリー! キャスリン・ビグロー 監督賞受賞スピーチ!  キャスリン・ビグローの、アカデミー賞監督賞受賞スピーチを書き出してみました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/03/09 01:42
キャスリン・ビグローは、ノースリーブがお好き!
キャスリン・ビグローは、ノースリーブがお好き!  キャスリン・ビグローといえば、いまや「黒のノースリーブ」というイメージがすっかりでき上がってしまっていますが、アメリカ映画編集者賞の授賞式には、赤い服を着て出ていて、へえ〜、こんな服も着るのかと、ちょっと意外に思いました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/02/17 19:31
いよいよティム・バートン展開催!
いよいよティム・バートン展開催!  半年前から予告されていたMoMAでのティム・バートンの展覧会がいよいよ来週から開催になります。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2009/11/15 21:02
イーストウッド レジオン・ドヌール受勲!
イーストウッド レジオン・ドヌール受勲!  クリント・イーストウッドが、パリのエリゼ宮で、サルコジ大統領からレジオン・ドヌール勲章(Legion d'Honneur)を受勲しました。(11月13日)。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/11/15 03:31
ジョン・ヒューズという生き方 享年59歳
ジョン・ヒューズという生き方 享年59歳  ジョン・ヒューズ死す(8月6日)。享年59歳。 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 2

2009/08/09 02:21
ウディ・アレンに関するちょっとした覚え書き
ウディ・アレンに関するちょっとした覚え書き  ウディ・アレンに関して、日本では新作を1本(“Cassandra's Dream”)飛ばして、その次の『それでも恋するバルセロナ』が公開されてしまいましたが、“Cassandra's Dream”って日本で劇場公開されないの?ということから始めて、ウディ・アレンや彼のフィルモグラフィーについて、ちょっと考えてみました。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2009/07/03 12:54
ブリランテ・メンドーサ監督について調べてみました!
ブリランテ・メンドーサ監督について調べてみました!  カンヌ国際映画祭で監督賞を受賞したフィリピンの監督ブリランテ・メンドーサ(Brillante Mendoza)について調べてみました。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 4

2009/05/29 19:22
行動力が凄い!映像作家 茂木綾子 または、映画『島の色 静かな声』
行動力が凄い!映像作家 茂木綾子 または、映画『島の色 静かな声』  映画『ステップ・アクロス・ザ・ボーダー』は、楽器にも演奏形態にも拘らず、自由なスタイルで演奏活動を続けているミュージシャン フレッド・フリスに関する音楽と旅についてのドキュメンタリーで、今はなきシネ ヴィヴァン 六本木で1991年に公開された作品ですが、いわゆるロック・ミュージシャン系の音楽ドキュメンタリーなどはほとんど面白いとは思わない私にもすごく面白くて(今でも音楽映画のベストと思えるくらい)、刺激的な映画体験をさせてくれる作品でした。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/04/15 07:13
大注目! 宮山麻里枝 『赤い点』!
大注目! 宮山麻里枝 『赤い点』!  日本人監督・宮山麻里枝さんの“Der Rote Punkt(The Red Spot/赤い点)”がドイツのババリア映画賞でニュー・プロデューサー賞(VGF賞)を受賞したので(残念ながら監督賞ではありませんが)、宮山麻里枝さんと“Der Rote Punkt(The Red Spot/赤い点)”について調べてみました。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 11

2009/01/22 07:56
本年度の収穫の1本! アブデラティフ・ケシシュ『クスクス粒の秘密』
本年度の収穫の1本! アブデラティフ・ケシシュ『クスクス粒の秘密』  2007年ベネチア国際映画祭 審査員特別賞・国際批評家連盟賞・マルチェロ・マストロヤンニ賞(アフシア・エルジ)・SIGNIS Award - Honorable Mention、2007年ルイ・デリュック賞、2008年セザール賞 作品賞・監督賞・脚本賞・新人女優賞(アフシア・エルジ)、2008年リュミエール賞 監督賞・新人女優賞、と2007年度のフランス映画界で最も高い評価を受けたフランス映画『クスクス粒の秘密』。  ということのは、観た後で、調べてわかったことで、観る前は、「確かなんかの賞... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2008/10/28 08:03
イエジー・スコリモフスキ、または、『アンナと過ごした4日間』
イエジー・スコリモフスキ、または、『アンナと過ごした4日間』  ポーランドの異才イエジー・スコリモフスキ、17年ぶりの新作『アンナと過ごした4日間』。第21回東京国際映画祭(2008)にて上映。 ...続きを見る

トラックバック 3 / コメント 0

2008/10/25 20:41
私のダグラス・サーク体験!
私のダグラス・サーク体験!  ヘンな人たちが騒いでいるので、気持ち悪いなあと思い、今回は1本も観なくてもいいかとも思ったのですが、結局ついフラフラッと3本ばかり観てしまいたしたダグラス・サーク。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 9

2008/08/03 07:02
ローラン・カンテ監督について調べてみました!
ローラン・カンテ監督について調べてみました!  今年のカンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞したフランスの映画監督ローラン・カンテについて調べてみました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/06/01 20:15
アンソニー・ミンゲラ死す!
 アンソニー・ミンゲラ監督が亡くなったそうです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/03/19 07:14
監督デビューする俳優たち 2008!
 サラ・ポーリーの『アウェイ・フロム・ハー』、ジュリー・デルピーの『パリ、恋人たちの2日間』など、このところアカデミー賞でもセザール賞でも俳優による監督作品が相次いで高い評価を受けています。  そこで、今回は、ここ1〜2年に発表された俳優の監督作品について調べてみました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/02/03 20:58
アメリカで映画監督として活躍する日本人 山本兵衛
 アメリカで活躍している日本人映画監督・山本兵衛さんについて調べてみました。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2008/02/01 07:04
アントニオーニ死す! 生涯監督作品35本!(長短含めて)
 ミケランジェロ・アントニオーニ監督がお亡くなりになりました。ベルイマンと同日になくなったんですね。1912年生まれの94歳。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2007/08/02 07:52
ベルイマン死す! 生涯監督作品 63本!
 イングマール・ベルイマンが7月30日に亡くなりました。89歳だったそうです。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2007/08/01 19:50
アニエスカ・ホランド ポーランドから西欧、そしてアメリカへ
 ◆アニエスカ・ホランドのフィルモグラフィーについて ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/12/22 05:53
アニエスカ・ホランドのフィルモグラフィー 完全版!
 『敬愛なるベートーヴェン』で久々に劇場公開となるアニエスカ・ホランド。  寡作な映画作家かと思って調べてみると案外そんなこともありませんでした。そういえば『心臓を貫かれて』が日本でも翻訳出版された時、アニエスカ・ホランドによって映像化されるとあとがきか何かで読んだ記憶もあります。  そこで、今回は劇場パンフにあるより、もう少し詳しく彼女のフィルモグラフィーについて調べてみました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/12/21 18:13
ヤン・シュヴァンクマイエル 日本公開史
 ヤン・シュヴァンクマイエルの作品は、短編が多いということもあって、初期の作品から順番に日本公開されたというわけではないのですが、ここで、一度、シュヴァンクマイエル作品を頭の中で整理する意味も込めて、日本での公開史をまとめておきたいと思います。  必然的に東京を中心とした公開史になってしまいますが、何をいつどこで観たかという自分の記憶を探るヒントにもなると思います。作品を観た時のいろんな記憶が甦ってきて、ちょっと楽しめるかもしれませんね〜。 ...続きを見る

トラックバック 5 / コメント 2

2006/11/17 01:01
ヤン・シュヴァンクマイエル 本と作品
 映画『ルナシー』公開を記念して、ヤン・シュヴァンクマイエルについてまとめておくことにしました。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2006/11/16 00:36
完全版! ポン・ジュノ 
 『グエムル 漢江の怪物』の記事をアップした後で、ポン・ジュノ監督のフィルモグラフィーすらきちんとまとめたものがないということに気がつきました。『グエムル 漢江の怪物』の劇場パンフすら不十分でしたね。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2006/09/21 19:24
こういうことなのかなあ〜 映画『インサイド・マン』
 スパイク・リーの新作『インサイド・マン』が好動員を見せているようです。  まだ封切りから2週間だとはいえ、平日の昼の回でもかなりの入りで、最終回は早い時間に満席になってしまう。『マルコムX』(92)ほどではないにせよ、10年以上ぶりのヒットですね。  ヒットの要因は、デンゼル・ワシントン、ジョディー・フォスターらの豪華出演陣と、内容が銀行強盗を扱った痛快な娯楽作(スパイク・リーによる初めての本格的なサスペンス)であるという触れ込みのせいですね、たぶん。スパイク・リーの名前でお客さんが来ると... ...続きを見る

トラックバック 68 / コメント 26

2006/06/29 18:40
好きで悪いかよ! 映画『太陽に恋して』
 いやあ、よかったですよ。映画『太陽に恋して』。  レイトショー公開だったし、昼間に上映されている同監督の最近の作品(『愛より強く』)は国際的評価が高いわりにはそれほどの作品とも思えなかったので、旧作まで観ようかどうしようか迷ったのですが、観て正解でした。今年のマイ・フェイバリットの1本ですよ。まあ、私個人は、概して、ベテランとなった監督の円熟した作品より、荒削りでも、若さと、勢いが感じられ、実験精神に富み、アイデアがいっぱい詰まった初期の頃の作品をより好む傾向があるんですが……。 ...続きを見る

トラックバック 8 / コメント 6

2006/06/06 07:49
これもまた青春を思わせる? 映画『ナイロビの蜂』
 前評判は知っていて(マスコミ試写も超満員で観られない人もいたとか)、観たいとは思っていたのですが、なんとなく観るのを先送りにしていたのは、「外交官夫人が、製薬会社による国際的な陰謀を明るみにしようとして殺されるという事件をきっかけに……」というプロットの「外交官夫人が」という部分に多少ひっかかりがあったからです。全世界的な自由・平等・平和をめざして、日夜、世界を飛び回っている外交官もいないことはないのでしょうが、ごく普通に考えて、国際的なパワー・バランスのせめぎ合いの中で、エリート意識も強いは... ...続きを見る

トラックバック 16 / コメント 19

2006/06/04 20:36

トップへ | みんなの「映画監督」ブログ

海から始まる!? 映画監督のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる