海から始まる!?

アクセスカウンタ

zoom RSS MTVムービー&TVアワード2018 ノミネーション!

<<   作成日時 : 2018/05/05 20:54   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 2018 MTVムービー&TVアワードのノミネーションが発表になりました。(5月3日)

画像

 ◆映画部門 作品賞(BEST MOVIE )(Presented by Toyota)
 ・『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(Walt Disney Studios Motion Pictures)
 ・『ブラックパンサー』(Walt Disney Studios Motion Pictures)
 ・“Girls Trip”(監督:マルコム・D・リー)(Universal Pictures)
 ・『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』(New Line Cinema)
 ・『ワンダーウーマン』(Warner Bros. Pictures)

 ◆テレビ部門 作品賞(BEST SHOW)
 ・『13の理由』(Netflix)
 ・『ゲーム・オブ・スローンズ』(HBO)
 ・“grown-ish”(Freeform)
 ・『リバーデイル』(The CW)
 ・『ストレンジャー・シングス 未知の世界』(Netflix)

 『ストレンジャー・シングス 未知の世界』は、2年連続ノミネートで、前回受賞。4部門ノミネートで2部門受賞。
 『ゲーム・オブ・スローンズ』は、2年連続ノミネート。前回3部門でノミネート。

 ◆映画部門 パフォーマンス賞(BEST PERFORMANCE IN A MOVIE)
 ・チャドウィック・ボーズマン 『ブラックパンサー』
 ・ティモシー・シャラメ 『君の名前で僕を呼んで』
 ・アンセル・エルゴート 『ベイビー・ドライバー』
 ・デイジー・リドリー 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』
 ・シアーシャ・ローナン 『レディ・バード』

 ◆テレビ部門 パフォーマンス賞(BEST PERFORMANCE IN A SHOW)
 ・ミリー・ボビー・ブラウン 『ストレンジャー・シングス 未知の世界』
 ・ダレン・クリス 『アメリカン・クライム・ストーリー/ヴェルサーチ暗殺』
 ・キャサリン・ラングフォード 『13の理由』
 ・イッサ・レイ(Issa Rae) “Insecure”
 ・メイジー・ウィアムズ 『ゲーム・オブ・スローンズ』

 ミリー・ボビー・ブラウンは、2年連続ノミネートで前回受賞(俳優賞)。
 『ゲーム・オブ・スローンズ』は、前回、エミリア・クラークが俳優賞ノミネート。

 ◆ベスト・ヒーロー賞(BEST HERO)
 ・チャドウィック・ボーズマン 『ブラックパンサー』
 ・エミリア・クラーク 『ゲーム・オブ・スローンズ』
 ・ガル・ガドット 『ワンダーウーマン』
 ・(Grant Gustin) 『THE FLASH/フラッシュ』
 ・デイジー・リドリー 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』

 グラント・ガスティンは、2年連続ノミネート。
 エミリア・クラークは、前回、俳優賞ノミネート。

 ◆ベスト悪役賞(BEST VILLAIN)
 ・ジョシュ・ブローリン 『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』
 ・アダム・ドライバー 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』
 ・マイケル・B・ジョーダン 『ブラックパンサー』
 ・オーブリー・プラザ 『レギオン』
 ・ビル・スカルスガルド 『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』

 ◆ベスト・キス賞(BEST KISS)
 ・『ジェーン・ザ・ヴァージン』 ジーナ・ロドリゲス&ジャスティン・バルドーニ(Justin Baldoni)
 ・“Love, Simon”(監督:グレッグ・バーランティ) ニック・ロビンソン(Nick Robinson)&キーナン・ロンズデール(Keiynan Lonsdale)
 ・『レディ・プレイヤー1』 オリヴィア・クック&タイ・シェリダン
 ・『リバーデイル』 K・J・アパ&カミラ・メンデス
 ・『ストレンジャー・シングス 未知の世界』 フィン・ヴォルフハルト(Finn Wolfhard)&ミリー・ボビー・ブラウン

 ジーナ・ロドリゲスは、前回、俳優賞にノミネート。

 ◆最も怖がらせるパフォーマンス賞(MOST FRIGHTENED PERFORMANCE) [新設]
 ・タリタ・ベイトマン(Talitha Bateman) 『アナベル 死霊人形の誕生』
 ・エミリー・ブラント 『ア・クワイエット・プレイス』“A Quiet Place”(監督:ジョン・クラシンスキー)
 ・ソフィア・リリス(Sophia Lillis) 『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』
 ・クリスティン・ミリオティ(Cristin Milioti) 『ブラックミラー』
 ・ノア・シュナップ(Noah Schnapp) 『ストレンジャー・シングス 未知の世界』

 ◆ベスト・オンスクリーン・チーム賞(BEST ON-SCREEN TEAM) [新設]
 ・『ブラックパンサー』 チャドウィック・ボーズマン、ルピタ・ニョンゴ、ダナイ・グリラ、レティーシャ・ライト(Letitia Wright)
 ・『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』 フィン・ヴォルフハルト(Finn Wolfhard)、ソフィア・リリス(Sophia Lillis)、ジェイデン・リーバハー(Jaeden Lieberher)、ジャック・ディラン・グレイザー(Jack Dylan Grazer)、ワイアット・オレフ(Wyatt Oleff)、ジェレミー・レイ・テイラー(Jeremy Ray Taylor)、チョーズン・ジェイコブズ(Chosen Jacobs)
 ・『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』 ドウェイン・ジョンソン、ケヴィン・ハート、ジャック・ブラック、カレン・ギラン、ニック・ジョナス
 ・『レディ・プレイヤー1』 タイ・シェリダン、オリヴィア・クック、フィリップ・チャオ(Philip Zhao)、森崎ウィン、リナ・ウェイス(Lena Waithe)
 ・『ストレンジャー・シングス 未知の世界』 ゲイテン・マタラッツォ(Gaten Matarazzo)、フィン・ヴォルフハルト(Finn Wolfhard)、ケイレブ・マクラフリン(Caleb McLaughlin)、ノア・シュナップ(Noah Schnapp)、セイディー・シンク(Sadie Sink)

 おそらく「アンサンブル・キャスト賞」からの改称。アンサンブル・キャスト賞の時は具体的な個人名は挙がっていませんでした。

 ◆ベスト・コメディー・パフォーマンス賞(BEST COMEDIC PERFORMANCE)
 ・ジャック・ブラック 『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』
 ・ティファニー・ハディッシュ “Girls Trip”
 ・ダニエル・レヴィ(Dan Levy) シッツ・クリーク“Schitt’s Creek”
 ・ケイト・マッキノン(Kate McKinnon) “SNL”
 ・エイミー・シューマー “I Feel Pretty”

 ◆シーン・スティーラー賞(SCENE STEALER) [新設]
 ・ティファニー・ハディッシュ “Girls Trip”
 ・デイカー・モンゴメリー(Dacre Montgomery) 『ストレンジャー・シングス 未知の世界』
 ・マデライン・ペッチ(Madelaine Petsch) 『リバーデイル』
 ・タイカ・ワイティティ 『マイティ・ソー バトルロイヤル』
 ・レティーシャ・ライト(Letitia Wright) 『ブラックパンサー』

 ◆ベスト・ファイト賞(BEST FIGHT)
 ・『アトミックブロンド』 シャーリーズ・セロン vs. Daniel Hargrave、Greg Rementer
 ・『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』 スカーレット・ヨハンソン、ダナイ・グリラ、エリザベス・オルセンvs. キャリー・クーン(Carrie Coon)
 ・『ブラックパンサー』 チャドウィック・ボーズマン vs. ウィンストン・デューク(Winston Duke)
 ・『マイティ・ソー バトルロイヤル』 マーク・ラファロ vs. クリス・ヘムズワース
 ・『ワンダーウーマン』 ガル・ガドット vs. ドイツ兵士(German Soldiers)

 ◆ベスト音楽ドキュメンタリー賞(BEST MUSIC DOCUMENTARY) [新設]
 ・“Can’t Stop, Won’t Stop: A Bad Boy Story”(米) 監督:Daniel Kaufman
 ・“Demi Lovato: Simply Complicated”(米) 監督:Hannah Lux Davis
 ・『レディー・ガガ:Five Foot Two』“Gaga: Five Foot Two”
 ・Jay-Z’s “Footnotes for 4:44”(米) [全2話]
 ・“The Defiant Ones”(米) [全4話]

 前回は「ドキュメンタリー賞」でしたが、今回は「音楽ドキュメンタリー」に限定した賞になりました。

 ◆ベスト・リアリティー・シリーズ賞(BEST REALITY SERIES/FRANCHISE) [新設]
 ・“The Kardashians”(米)
 ・“Love & Hip Hop”(米)
 ・“Real Housewives”(米)
 ・『ル・ポールのドラァグ・レース』“RuPaul's Drag Race”(米)
 ・“Vanderpump Rules”(米)

 前回は、「最優秀リアリティー・コンテスト番組賞(Best Reality Competition)」でしたが、内容の見直しが行なわれたようです。
 『ル・ポールのドラァグ・レース』は、前回2部門でノミネートされて、最優秀リアリティー・コンテスト番組賞受賞。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 本年度は14部門あり、前回より5部門減り、14部門のうち5部門が新設(または改称)になっています。授賞式までにまだ何部門か追加される可能性もありそうです。

 主な作品のノミネート状況は、以下の通り。

 映画作品
 ・『ブラックパンサー』(7):作品・パフォーマンス・ヒーロー・悪役・オンスクリーン・シーン スティーラー・ファイト
 ・『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』(4):作品・悪役・怖がらせる・オンスクリーン
 ・『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(3):作品・悪役・ファイト
 ・“Girls Trip”(3):作品・コメディー・シーン スティーラー
 ・『ワンダーウーマン』(3):作品・ヒーロー・ファイト
 ・『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(3):パフォーマンス・ヒーロー・悪役
 ・『レディ・プレイヤー1』(2):キス・オンスクリーン
 ・『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』(2):オンスクリーン・コメディー
 ・『マイティ・ソー バトルロイヤル』(2):シーン スティーラー・ファイト

 テレビ作品
 ・『ストレンジャー・シングス 未知の世界』(6):作品・パフォーマンス・キス・怖がらせる・オンスクリーン・シーン スティーラー
 ・『ゲーム・オブ・スローンズ』(3):作品・パフォーマンス・ヒーロー
 ・『リバーデイル』(3):作品・キス・シーン スティーラー
 ・『13の理由』(2):作品・パフォーマンス

 個人のノミネート
 ・チャドウィック・ボーズマン(4):映画部門パフォーマンス・ヒーロー・オンスクリーン・ファイト
 ・フィン・ヴォルフハルト(3):キス・オンスクリーン・オンスクリーン
 ・デイジー・リドリー(2):映画部門パフォーマンス・ヒーロー
 ・ガル・ガドット(2):ヒーロー・ファイト
 ・オリヴィア・クック(2):キス・オンスクリーン
 ・タイ・シェリダン(2):キス・オンスクリーン
 ・ソフィア・リリス(2):怖がらせる・オンスクリーン
 ・ノア・シュナップ(2):怖がらせる・オンスクリーン
 ・レティーシャ・ライト(2):オンスクリーン・シーン スティーラー
 ・ジャック・ブラック(2):オンスクリーン・コメディー
 ・ダナイ・グリラ(2):オンスクリーン・ファイト
 ・ティファニー・ハディッシュ(2):コメディー・シーン スティーラー
 ・ミリー・ボビー・ブラウン(2):テレビ部門パフォーマンス・キス

 フィン・ヴォルフハルトは、『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』と『ストレンジャー・シングス 未知の世界』でそれぞれベスト・オンスクリーン・チーム賞にノミネートされ、ストレンジャー・シングス 未知の世界』でベスト・キス賞にノミネートされています。
 ダナイ・グリラは、『ブラックパンサー』でベスト・オンスクリーン・チーム賞にノミネートされ、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』でベスト・ファイト賞にノミネートされています。

 テレビ作品も併せて対象にする「MTVムービー&TVアワード」になって2年目ですが、映画作品にとってもテレビ作品にとっても中途半端な扱いになってしまっているように見えます。主催者側やアメリカのファンはそう感じてはいないのかなあ。ショー・イベントとして盛り上げようとしているらしいのは窺えますが。

 映画部門は、『ブラックパンサー』の最多受賞で決まりで、テレビ部門もノミネート数から言えばたぶん『ストレンジャー・シングス 未知の世界』の最多受賞になるんじゃないでしょうか。

 受賞結果の発表は、6月18日です。

 *この記事がなかなか参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・MTVムービー&TVアワード2017 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201704/article_15.html
 ・MTVムービー&TVアワード2017 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201705/article_11.html
 ・MTVムービーアワード2016 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201603/article_5.html
 ・MTVムービーアワード2016 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201604/article_6.html
 ・MTVムービーアワード2015 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201503/article_9.html
 ・MTVムービーアワード2015 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201504/article_3.html
 ・MTVムービーアワード2014 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201404/article_12.html
 ・MTVムービーアワード2014 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201006/article_7.html
 ・MTVムービーアワード2013 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201303/article_5.html
 ・MTVムービーアワード2013 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201304/article_10.html
 ・MTVムービーアワード2012 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201205/article_3.html
 ・MTVムービーアワード2012 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201206/article_5.html
 ・MTVムービーアワード2011 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201105/article_16.html
 ・MTVムービーアワード2011 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201106/article_9.html
 ・MTVムービーアワード2010 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201005/article_17.html
 ・MTVムービーアワード2010 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201006/article_7.html
 ・MTVムービーアワード2009 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200906/article_2.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2018年3月〜9月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201803/article_33.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
MTVムービー&TVアワード2018 ノミネーション! 海から始まる!?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる