海から始まる!?

アクセスカウンタ

zoom RSS ギリシャ・アカデミー賞2018 ノミネーション!

<<   作成日時 : 2018/04/01 01:34   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 第9回ギリシャ・アカデミー賞(アイリス賞/Hellenic Film Academy Awards/ΤΑ ΒΡΑΒΕΙΑ ΤΗΣ ΕΛΛΗΝΙΚΗΣ ΑΚΑΔΗΜΙΑΣ ΚΙΝΗΜΑΤΟΓΡΑΦΟΥ ΕΤΟΥΣ)のノミネーションが発表になりました。(3月20日)

 ◆作品賞
 ・“Women Who Passed My Way”(ギリシャ) 監督:Stavros Tsiolis
 ・“Son of Sofia"(ギリシャ・ブルガリア・仏) 監督:Elina Psykou
 ・“POLYXENI”(ギリシャ) 監督:Dora Masklavanou
 ・“The Last Note”(ギリシャ) 監督:Pantelis Voulgaris
 ・“Lines"(ギリシャ) 監督:Vassilis Mazomenos

 “Son of Sofia"は、トライベッカ映画祭2017 インターナショナル・ナラティヴ・コンペティション部門 最優秀インターナショナル・ナラティヴ作品賞受賞。
 “POLYXENI”は、テッサロニキ国際映画祭2017 ユース審査員賞受賞。
 “Lines"は、ロンドン・ギリシャ映画祭2017 Odysseus Awards 第2席。マーヴェリック映画賞2017 監督賞受賞。

 ◆監督賞
 ・“Women Who Passed My Way” Stavros Tsiolis‎
‎ ・“Son of Sofia” Elina Psykou‎
‎ ・“POLYXENI” Dora Masklavanou‎

 ◆主演男優賞
 ・“Son of Sofia” Victor Khomut‎
‎ ・“The Last Note” Andreas Konstantinou‎
‎ ・“Happy Birthday”(ギリシャ)(監督:Christos Georgiou) Dimitris Imellos‎

 ◆主演女優賞
 ・“Son of Sofia” Valery Tscheplanowa‎
‎ ・“POLYXENI” Katia Goulioni
 ・“Happy Birthday” Nefeli Kouri‎
‎ ・“USSAK... Years Later”(ギリシャ)(監督:Kyriakos Katzourakis) Katia Gerou‎

 ◆助演男優賞
 ・“Son of Sofia” Thanasis Papageorgiou‎
‎ ・“JAMAICA”(ギリシャ)(監督:Andreas Morfonios) Fanis Mouratidis‎
‎ ・“The Last Note” アンドレ・ヘンニッケ(André Hennicke)

 ◆助演女優賞
 ・“Son of Sofia” Ivonni Maltezou‎
‎ ・“POLYXENI” ‎‎Lydia Fotopoulou‎
‎ ・“USSAK... Years Later” ‎‎Theodora Tzimou‎

 ◆脚本賞
‎ ・"Women Who Passed My Way” Stavros Tsiolis‎
‎ ・“Son of Sofia” Elina Psykou‎
‎ ・“POLYXENI” Dora Masklavanou‎
 ・“The Last Note” Ioanna Karystiani‎

 ◆撮影賞
 ・“Son of Sofia” Dionysis Efthymiopoulos
 ・“POLYXENI” Claudio Bolivar
 ・“The Last Note” Simos Sarketzis‎

 Simos Sarketzisは、2年連続ノミネート。

 ◆編集賞
 ・“‎‎POLYXENI” Dora Masklavanou
 ・“The Last Note” ‎‎Takis Giannopoulos‎
‎ ・“Do it yourself”(ギリシャ)(監督:Dimitris Tsilifonis) ‎‎Lambis Haralambidis‎

 ◆美術賞
 ・“Son of Sofia” Pinelopi Valti‎
‎ ・“POLYXENI” Giorgos Georgiou
 ・“The Last Note” Spyros Laskaris‎

 Spyros Laskaris‎は3年連続ノミネート。前回“Notias”で受賞。

 ◆衣裳賞
 ・“Son of Sofia” Marli Aleiferi
‎ ・“POLYXENI” Despina Chimona
 ・“The Last Note” Yioula Zoiopoulou‎

 Yioula Zoiopoulouは、2年連続ノミネート。

 ◆メイキャップ賞
 ・“Son of Sofia” Valentin Valov、Petya Simeonova
 ・“POLYXENI” Giannis Pamoukis ‎
‎ ・“The Last Note” Evi Zafeiropoulou ‎

 Evi Zafeiropoulouは、4年連続ノミネート。

 ◆特殊効果賞
 ・“Son of Sofia” Valentin Serafimov、Valentin Valov、George Alahousos、Roulis Alahousos
 ・“The Last Note” Antonis Kotzias‎
‎ ・“‎‎Do‎‎ ‎‎it‎‎ ‎‎yourself‎‎” Stathis Nafpliotis、Alexis Mitadopoulos、Χάρις Καρακουλίδη、Andreas Helmis, Themis Katakalos‎

 George & Roulis Alahousosは、3年連続受賞。前回“Eteros ego”で、前々回“Wednesday 04:45(Τετάρτη 04:45)”で受賞。

 ◆録音賞
 ・“Son of Sofia” Boris Trayanov、Persefoni Miliou、Anne Le Campion‎
‎ ・“The Last Note" Stefanos Efthymiou、Costas Varibopiotis、Alexandros Sidiropoulos、Aris Louziotis‎
‎ ・“Do it yourself” Orestes Kamperidis、Costas Varibopiotis、Valia Tserou‎

 Persefoni Miliouは、前回ノミネート。
 Stefanos Efthymiouは、前回“Park”で受賞。

 ◆オリジナル音楽賞
 ・“Thorn”(デンマーク・ギリシャ)(監督:Gavriil Tzafkas) Sofie Birch、Asbjørn Derdau
 ・“POLYXENI” Nikos Kypourgos‎
‎ ・“JAMAICA” ‎‎Themis Karamouratidis‎
‎ ・“The Last Note“ ‎‎The Boy (Alexander Voulgaris)‎
‎ ・“Happy Birthday” ‎‎Konstantis Papakonstantinou‎

 ‎‎The Boyは、前回ノミネート。

 ◆デビュー映画監督賞
 ・"Thorn” Gabriel Tzafkas‎
‎ ・“Do it yourself” Dimitris Tsilifwnis‎
‎ ・“‎‎Dolphin‎‎ ‎‎Man‎‎”(ギリシャ) Lefteris Charitos‎

 ◆短編映画賞
 ・“Unbuilt Light(Aktisto Fos)”(ギリシャ・仏) 監督:Efthimis Kosemund Sanidis
 ・“Cowboy”(ギリシャ) 監督:Giannis Haritidis
 ・“Freezer”(ギリシャ) 監督:Dimitrios Nakos‎
‎ ・“Dam”(ギリシャ) 監督:Giorgos Teltzidis‎
‎ ・“Copa Loca”(ギリシャ) 監督:Christos Massalas

 “Dam”は、ドラマ短編映画祭2017 最優秀バルカン映画賞受賞。
 “Copa Loca”は、カンヌ国際映画祭2017 監督週間出品。サラエボ映画祭2017 短編コンペティション部門 審査員スペシャル・メンション受賞。Concorto映画祭2017 インターナショナル・コンペティション部門 ユース審査員賞受賞。アテネ国際映画祭2017 最優秀短編賞受賞。レイキャビク国際映画祭2017 インターナショナル短編映画賞受賞。ヨーロッパ映画賞2017 ボスニア・ヘルツェゴビナ代表。

 ◆ドキュメンタリー賞
 ・“The Great Utopia”(ギリシャ・ウクライナ) 監督:Fotos Lambrinos
 ・“Alki's Long Walk”(ギリシャ) 監督:Margarita Manda
 ・“Dolphin Man”(ギリシャ) 監督:Lefteris Charitos

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 主な作品のノミネート状況は、以下の通り。

 ・“Son of Sofia"(13):作品・監督・主演男優・主演女優・助演男優・助演女優・脚本・撮影・美術・衣裳・メイク・特殊効果・録音
 ・“The Last Note”(12):作品・主演男優・助演男優・脚本・撮影・編集・美術・衣裳・メイク・特殊効果・録音・音楽
 ・“POLYXENI”(11):作品・監督・主演女優・助演女優・脚本・撮影・編集・美術・衣裳・メイク・音楽
 ・“Do it yourself”(4):編集・特殊効果・録音・デビュー
 ・“Women Who Passed My Way”(3):作品・監督・脚本
 ・“Happy Birthday”(3):主演男優・主演女優・音楽
 ・“USSAK... Years Later”(2):主演女優・助演女優
 ・“JAMAICA”(2):助演男優・音楽
 ・“Thorn”(2):音楽・デビュー
 ・“‎‎Dolphin‎‎ ‎‎Man‎‎”(2):デビュー・ドキュメンタリー

 ヨーロッパ映画賞2017のオフィシャル・セレクションに選ばれたギリシャ映画は、“Son of Sofia"だけで、米国アカデミー賞2018 外国語映画賞 ギリシャ代表に選ばれた“Amerika Square(Plateia Amerikis)”は前回のギリシャ・アカデミー賞対象作品(6部門ノミネート、編集賞受賞)だったので、今回のノミネート作品には外国語映画賞 ギリシャ代表は入っていません。

 2017年のギリシャ映画は、“Son of Sofia"が国際映画祭をまわったものの、そのほかの作品はテッサロニキ国際映画祭を中心に上映されていたくらいで、注目の作品は多くはなかったようです。
 2016年も、3大映画祭のコンペティション部門に選出されたギリシャ映画は1本もありませんでしたが、まだ“Suntan”や“Park”や“Amerika Square”があった分、話題性があったように見えますね。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 主な作品を簡単に紹介しておきます。

 ・“Son of Sofia"(ギリシャ・ブルガリア・仏) 監督:Elina Psykou
 物語:Mishaは、夫の死から2年経ち、新しい国でやり直そうと考え、ロシアからアテネに移民する。彼女は、ここで新しい夫を見つけ、この土地に根づき、アイデンティティーの再構築を図る。だが、反抗的な息子にとって、それは歓迎されざるものだった。時は、2004年夏。アテネでは夏季オリンピックが開かれようとしていて、スポーツと音楽とテレビが、彼らの生活になだれ込んでくる。
 “The Eternal Return of Antonis Paraskevas”のElina Psykou監督の3年ぶりの第2監督長編。
 トライベッカ映画祭2017 インターナショナル・ナラティヴ・コンペティション部門出品。最優秀インターナショナル・ナラティヴ作品賞受賞。
 全州国際映画祭2017出品。
 ロサンゼルス・ギリシャ映画祭2017出品。
 サラエボ映画祭2017 長編コンペティション部門出品。CICAE Nagrada受賞。
 ボルドー・インディペンデント映画祭2017出品。
 ストックホルム国際映画祭2017 コンペティション部門出品。
 テッサロニキ国際映画祭2017 インターナショナル・コンペティション部門出品。



 ・“POLYXENI”(ギリシャ) 監督:Dora Masklavanou
 物語:1955年、ギリシャのイスタンブール出身の裕福な夫婦が、自分たちの出身の町からギリシャ人の孤児の娘を養女にする。彼らは、12歳の少女Polyxeniに偉大なる自分たちの苗字と愛を与える。Polyxeniは、弟と引き離されて、新しい生活と明るく見える未来へと乗り出す。彼女は、教育を受け、思春期を迎え、恋をする。彼女には、生活に対する希望があった。一方で、屈折した壊滅計画があり、彼女の背後で他者が暗躍して、彼女の大きな遺産を狙っていた。
 テッサロニキ国際映画祭2017 出品。ユース審査員賞受賞。


 ・“The Last Note”(ギリシャ) 監督:Pantelis Voulgaris
 物語:ナチへのレジスタンスの待ち伏せに対し、1944年5月1日、ケサラニアニで、ドイツの占領軍によって、200人のギリシャ人レジスタンスとコミュニストが処刑される。

画像

 “Do It Yourself”(ギリシャ) 監督:Dimitris Tsilifonis
 物語:三流の詐欺師Alkisは、ビデオへの出演を引き受ける。出演すれば、自分の悪いイメージが払拭されると考えたからだ。ところが、彼は仲間が自分を殺そうとしていることに気づく。彼は、ポルノ・スタジオに閉じ込められていて、逃げ出すにはあと数時間しか残されていない。
 テッサロニキ国際映画祭2017出品。特別ユース審査員賞受賞。


 “Thorn”(デンマーク・ギリシャ) 監督:Gabriel Tzafka
 物語:LisaとJacobは、結婚して、古い農場に引っ越してくる。Lisaは謎めいた状況で結婚指輪をなくし、Jacobは広い範囲を捜しまわって、年輩夫婦に出会う。彼らは、謎めいた盗難と森に潜んでいる危険について警告する。だが、それらしいものは見当たらない。ハネムーン期間が過ぎ、夢はゆっくりと悪夢に変わる。
 初監督長編。
 CPH:PIX2017 出品。
 テッサロニキ国際映画祭2017出品。ERT S.A. (Hellenic Broadcasting Corporation) Awards/The first “New Cinema” award受賞。
 カイロ国際映画祭2017出品。
 ヨーテボリ国際映画祭2018出品。


 ・“Copa-Loca”(ギリシャ/14min) 監督:Christos Massalas
 物語:Copa-Locaは、ギリシャのうち棄てられたサマー・ビーチ。Paulinaは、Copa-Locaの中心にいる少女で、誰もが彼女の面倒を見、彼女もみんなの面倒を見る。あらゆる方法で。
 カンヌ国際映画祭2017 監督週間出品。
 ヴィラ・ド・コンデ国際短編映画祭2017出品。
 グアダラハラ国際映画祭2017出品。
 サラエボ映画祭2017 短編コンペティション部門出品。審査員スペシャル・メンション受賞。
 Concorto映画祭2017 インターナショナル・コンペティション部門出品。ユース審査員賞受賞。
 アテネ国際映画祭2017 最優秀短編賞、監督賞受賞。
 レイキャビク国際映画祭2017 インターナショナル短編映画賞受賞。
 モントリオール・ヌーヴォー・シネマ・フェスティバル2017出品。最優秀短編賞受賞。
 リーズ国際映画祭2017出品。最優秀短編賞受賞。
 AFIフェスト2017出品。
 ヨーロッパ映画賞2017 短編映画賞 ボスニア・ヘルツェゴビナ代表。
 ベリン国際短編映画祭(スペイン)2017出品。
 クレルモンフェラン国際短編映画祭2018出品。
 IBAFF国際映画祭2018出品。最優秀短編賞受賞。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 受賞結果の発表は、4月23日です。

 *この記事がなかなか参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・ギリシャ・アカデミー賞2017 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201703/article_32.html
 ・ギリシャ・アカデミー賞2016 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201605/article_27.html

 ・ギリシャ・アカデミー賞2014 受賞結果! または、日本で上映されたギリシャ映画 2000-2014:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201405/article_24.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2018年3月〜9月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201803/article_33.html

 追記:
 ・ギリシャ・アカデミー賞2018 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201804/article_21.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ギリシャ・アカデミー賞2018 ノミネーション! 海から始まる!?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる