海から始まる!?

アクセスカウンタ

zoom RSS ウィミン・イン・フィルム プレオスカー・カクテル・パーティー 2018 または、最近の忽那汐里

<<   作成日時 : 2018/03/04 16:14   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 第11回ウィミン・イン・フィルム プレオスカー・カクテル・パーティーが開催されました。(3月2日)

 米国アカデミー賞授賞式を前に、映画会社主催のパーティーや、ブリティッシュ・ノミニーズ・レセプション、外国語映画賞ノミネート監督レセプション、メイキャップ&スタイリング・シンポジウム、ジャーマン・ノミニーズ・パーティーなど、たくさんの催しが行なわれています。

 米国アカデミー賞に便乗して、というと人聞きが悪いですが、こういう時でもないと集まらない人々がたくさん集まるので、親交を深めるいい機会ではあるのでしょう。

 ウィミン・イン・フィルム プレオスカー・カクテル・パーティーもそうした催しの1つで、マックス・マーラとランコムが主催しています。普通だったら、そのままスルーしてしまうところですが、ネットに上がったたくさんの出席者の写真の中に、忽那汐里がいるのを見て、へえ〜とも思い、ちょっと調べてみました。

画像

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 【ウィミン・イン・フィルム プレオスカー・カクテル・パーティー】

 ・アレクサンドラ・シップ(Alexandra Shipp)

画像

 ・アンビル・チルダーズ(Ambyr Childers)

画像

 ・エイザ・ゴンザレス(Eiza Gonzalez)

画像

 ・エミリー・ジョルジュ(Emillie Georges:プロデューサー)

画像

 ・Inanna Sarkis(YouTuber)

画像

 ・キャット・グラハム(Kat Graham)

画像

 ・マデライン・ペッチ(Madelaine Petsch)

画像

 ・Taura Stinson(ソングライター、ミュージシャン)

画像

 ・Yasmin Maya(vlogger)

画像

 ・アニエス・ヴァルダ

画像

 ・アンディー・マクダウェル

画像

 ・アンドレア・ライズボロー

画像

 ・アニャ・テイラー=ジョイ

画像

 ・ヴィオラ・デイヴィス

画像

 ・エマ・ストーン

画像

 ・オリヴィア・ワイルド

画像

 ・カミーラ・ベル

画像

 ・キンバリー・ピアース(映画監督)

画像

 ・クマイル・ナンジアニ、エミリー・V・ゴードン

画像

 ・グレタ・ガーウィグ

画像

 ・ケイト・デイヴィス(Kate Davis)

画像

 ・ジュリアン・ハフ

画像

 ・ダーラ・K・アンダーソン(プロデューサー)

画像

 ・ダイアン・ウォーレン(ソングライター)

画像

 ・テイラー・ヒル(モデル)

画像

 ・ヘザー・グレアム

画像

 ・マーゴット・ロビー

画像

 ・マデリーン・ブリューワー

画像

 ・ミシェル・モナハン

画像

 ・ラムジー・アン・ナイトー(プロデューサー)

画像

 ・忽那汐里
画像

画像

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 ネットに上がっている写真だけで100人以上いるのかな。

 女優が中心ですが、映画監督やプロデューサー、モデルなどのほかに、YouTuberやvloggerもいます。みんな招待状がなければ、入れないと思いますが。

 忽那汐里も、当然、招待状をもらって出席しているわけで……。

 英語は大丈夫なのかとか気になったりもしましたが、日系オーストラリア人3世だったんですね。

 最近、テレビで見かけないような気はしていましたが、どうやら国外での活動にシフトしているらしく、近作は、

 ・『オー・ルーシー!』(2017/米・日) 監督:平蜩ヨ子
 ・“The Outsider”(米) 監督:マーチン・サンフリート
 ・『デッドプール2』(2018/米) 監督:デイヴィッド・リーチ

 となっています。
 この間、映画『キセキ -あの日のソビト-』と『ねこあつめの家』、単発ドラマの『1942年のプレイボール』があるだけで、連続ドラマには2年以上出ていません。コンスタントにテレビドラマに出ていた時期からはもう4年近く経っています。
 映画女優のスケジュールですね。

 マーチン・サンフリートは、『ヒトラーの忘れもの』で米国アカデミー賞2017外国語映画賞デンマーク代表に選ばれた監督で、“The Outsider”は『ヒトラーの忘れもの』以来となる監督第4作で、アメリカ進出第1弾となります。
 ジェレッド・レト、浅野忠信、椎名桔平、エミール・ハーシュとの共演で、戦後、元GIが日本のヤクザに加わるといった物語であるようです。
 劇場公開されるか、Netflixの配信になるのか。

 『デッドプール2』は、キー・ロールと紹介してある記事もありますが、IMDbやWikipediaを見る限りではそんなに大きな役でもなさそうです。

 日本から外国に進出した女優としては、少し前だと菊池凛子、もう少し前だと工藤夕貴、年が離れてもいいなら桃井かおりがいますが、あまり参考にはならないでしょうか。

 まだ25歳だということなので、作品に恵まれれば、ブレイクするかもしれません。今後の活躍に期待しましょう。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 *この記事がなかなか参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ウィミン・イン・フィルム プレオスカー・カクテル・パーティー 2018 または、最近の忽那汐里  海から始まる!?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる