海から始まる!?

アクセスカウンタ

zoom RSS カンヌ国際映画祭2018 コンペティション部門予想リスト

<<   作成日時 : 2018/03/13 18:36   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 昨年は、ベルリン国際映画祭が終わった後に、「第70回カンヌ国際映画祭のエントリー作品予想リスト(2017 Cannes Possibles Films-The Buzz)」が、映画情報サイトMovie Onに掲載され、それが非常に参考になったので、今年も楽しみにしてたんですが、今年は掲載されないみたいですね。

 カンヌ国際映画祭の上映作品予想リストは、ラインナップが発表される直前まで、いろんなメディアが出してくると思うし、Movie Onも「ウィッシュ・リスト」を出すのが恒例なんですが、昨年の「第70回カンヌ国際映画祭のエントリー作品予想リスト」は、ベルリン国際映画祭会期中から挙がってきたカンヌ国際映画祭の出品予想を踏まえた特別なもので、リアリティーがあったし、とってもよかったんですね。

 仕方がないので、「普通の」予想リストですが、「パリ・マッチ」が3月9日に掲載したものから、転載しておくことにします。

 * Paris Match:http://www.parismatch.com/Culture/Cinema/Premieres-rumeurs-sur-la-selection-officielle-du-Festival-de-Cannes-2018-1475984

 【オープニング作品】

 映画祭の幕開けを告げる作品として、レッド・カーペットを美しく彩るものであること、そして、かなうなら批評家受けのよい作品であること。
 通常であればフランスで同日公開が可能な作品。
 「昨年は、アルノー・デプレシャンの『イスマイルの亡霊』で国外のメディア評は厳しかったが、われわれの好みからすればオープニングとしては概ね成功だった」

 ・“Todos lo saben(Everybody Knows)”(西・仏・伊) 監督:アスガー・ファルハディ
  ※出演:ハビエル・バルデム、ペネロペ・クルス、リカルド・ダリン Completed

 ・『インクレディブル・ファミリー』(米) 監督:ブラッド・バード
  ※Post-production

 【コンペティション部門】
 約20本

 ◆フランス
 4〜5本

 ・“Les Frères Sisters(The Sisters Brothers)”(米・仏・ルーマニア・西) 監督:ジャック・オディアール
  ※出演:ジェイク・ギレンホール、ホアキン・フェニックス、ジョン・C・ライリー、リズ・アーメッド Post-production

 ・“Maya”(仏) 監督:ミア・ハンセン=ラヴ
  ※Post-production

 ・“Amin”(仏) 監督:フィリップ・フォコン(Philippe Faucon)
  ※Post-production

 ・“Un people et son roi(One Nation, One King)”(仏) 監督:ピエール・ショレール(Pierre Schoeller)
  ※出演:アデル・エネル、ローラン・ラフィット、ルイ・ガレル、ドニ・ラヴァン Post-production

 ・“Un Autre monde”(仏) 監督:ステファーヌ・ブリゼ
  ※Filming

 ・“Les Confins du monde”(仏) 監督:ギヨーム・ニクルー(Guillaume Nicloux)
  ※Post-production

 ・“High Life”(英・仏・独) 監督:クレール・ドゥニ
  ※出演:ロバート・パティンソン SF Post-production

 ◆北米

 ・“Radegund”(米・独) 監督:テレンス・マリック
  ※出演:マティアス・スーナールツ、ミカエル・ニクヴィスト、ブルーノ・ガンツ、ユルゲン・プロホノフ Post-production

 ・“Under the Silver Lake”(米) 監督:デイヴィッド・ロバート・ミッチェル
  ※出演:アンドリュー・ガーフィールド、ライリー・キーオ、サマー・ビジル(Summer Bishil)、ジミ・シンプソン Completed

 ・“The Death and Life of John F. Donovan”(カナダ) 監督:グザヴィエ・ドラン
  ※出演:キット・ハリントン、ジェイコブ・トレンブレイ、ナタリー・ポートマン Post-production

 ・“Donde nace la vida(Where Life is Born)”(メキシコ) 監督:カルロス・レイガダス
  ※全く間に合いそうにない。

 ◆ヨーロッパ
 ・“Sunset”(ハンガリー・仏) 監督:ネメシュ・ラースロー
  ※Post-production

 ・“Loro”(伊・仏) 監督:パオロ・ソレンティーノ
  ※シルヴィオ・ベルルスコーニの肖像 Post-production

 ・“Peterloo”(英) 監督:マイク・リー
  ※出演:ロリー・キニア、マキシン・ピーク(Maxine Peake)、ティム・マキナニー(Tim McInnerny)、レオ・ビル(Leo Bill) Post-production

 ・“The Favourite”(アイルランド・英・米) 監督:ヨルゴス・ランティモス
  ※出演:レイチェル・ワイズ、エマ・ストーン Completed

 ◆その他
 ・“Le Livre d’images”(仏) 監督:ジャン=リュック・ゴダール
  ※Filming

 ・“Ahlat Agaci(Le Poirier sauvage)”(トルコ・仏) 監督:ヌリ・ビルゲ・ジェイラン
  ※Post-production

 ・“Ash is Purest White(江湖児女)”(中・仏・日) 監督:ジャ・ジャンクー
  ※オフィス北野が製作に参加している。おそらく間に合わず、2019年公開予定。ジャ・ジャンクーは、抱えている作品がたくさんあって、監督作品だけでも、2018年に2本、2019年に2本、2020年に1本ある。本当に全部製作できるのかは不明だが、そのほかに製作作品も4本ある。

 ・“The Lyceum Theatre(蘭心大劇院/礼拝六小説/上海之死/ Saturday Fiction)”(中) 監督:ロウ・イエ
  ※出演:コン・リー、パスカル・グレゴリー、オダギリジョー ロウ・イエも現在2つ作品を抱えていて、これも2019年公開予定。

 ・“Burning”(韓) 監督:イ・チャンドン
  ※村上春樹の『納屋を焼く』の映画化。 Post-production

 ・『Vision』“Vision”(仏・日) 監督:河P直美
  ※出演:ジュリエット・ビノシュ、永瀬正敏、岩田剛典、美波、森山未來、田中泯、夏木マリ Post-production

 ・『万引き家族』“Shoplifters”(日) 監督:是枝裕和
  ※Filming

 ・“Monos”(コロンビア) 監督:Alejandro Landes
  ※Post-production

 ・“Birds of Passage(Pájaros de verano)”(コロンビア・デンマーク) 監督:チロ・ゲーラ、クリスティ−ナ・ガジェゴ(Cristina Gallego)
  ※Post-production

 【アウト・オブ・コンペティション部門】

 ・『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』“Solo: A Star Wars Story”(米) 監督:ロン・ハワード
  ※Post-production

 ・“The Man Who Killed Don Quixote”(西・英・仏・ポルトガル) 監督:テリー・ギリアム
  ※出演:アダム・ドライヴァー、オルガ・キュルレンコ、ステラン・スカルスガルド、ジョナサン・プライス Post-production

 ・“Suspiria”(伊・米) 監督:ルカ・グァダニーノ
  ※ダコタ・ジョンソン、クロエ・グレース・モレッツ、ティルダ・スウィントン 『サスペリア』のリメイク Post-production

 ・“The House That Jack Built”(デンマーク・仏・独・スウェーデン) 監督:ラース・フォン・トリアー
  ※出演:ライリー・キーオ、ユマ・サーマン、マット・ディロン、エドワード・スペリーアス Post-production

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 かなり作品を絞り込んだ、信頼のおける予想リストなのかなと思ったんですが、途中からおやおやっと思うところも出てきて、けっこう期待を煽る部分もある「ウィッシュ・リスト」でもあるらしいことがわかってきたので、IMDbを参照して、現在のステイタスを書き出してみました。

 映画祭まで約2カ月あるとはいえ、現在、「ポスト・プロダクション」にすらなっていない作品はまず間に合いそうにありません、たぶん。

 とすると、出品が確実そうなのは、ジャック・オディアール、ミア・ハンセン=ラヴ、グザヴィエ・ドラン、ネメシュ・ラースロー、パオロ・ソレンティーノ、マイク・リー、ヨルゴス・ランティモス、ヌリ・ビルゲ・ジェイラン、イ・チャンドン、河P直美、チロ・ゲーラ&クリスティ−ナ・ガジェゴあたり。コンペティション部門になるかどうかはまだちょっとわからない作品もありますが、これらの半数はコンペ作品と見ていいんじゃないでしょうか。

 ラフな予想リストだったんなら、倍くらいタイトルを書き出してくれてもよかったですね。

 コロンビアに有望な作品が2本あるのが、ちょっと気になります。

 なお、第71回カンヌ国際映画祭 コンペティション部門の審査員長は、ケイト・ブランシェット、シネフォンダシオン部門&短編部門の審査員長はベルトラン・ボネロに決定しています。

画像

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 「カンヌ国際映画祭2017 エントリー作品予想リスト!」に載っている作品で、現時点でも、まだ公開になっていない作品を挙げておきます。ひょっとすると、今度のカンヌでお披露目になるかもしれないから。

 ◆スペイン
 ・カルロス・ベルムト “Quién te cantará”

 ◆フランス
 ・エリック・ゾンカ “Fleuve noir (Black River)”(ヴァンサン・カッセル、ロマン・デュリス)
 ・Balint Kenyeres “Hier”(仏・スウェーデン・ハンガリー)

 ◆イタリア
 ・ミケランジェロ・フランマルティーノ “Tarda Primavera (Late Spring)”

 ◆ハンガリー
 ・パールフィ・ジョルジ “His Master's Voice”

 ◆ウクライナ
 ・ミロスラヴ・スラボシュピツキー(Myroslav Slaboshpitskiy) “Luxembourg”( )

 ◆イスラエル
 ・Talya Lavie “The Current Love of My Life”

 ◆メキシコ
 ・アルフォンソ・キュアロン “Roma”(メキシコ・米)

 ◆ベネズエラ
 ・ロレンツォ・ヴィガス “La Caja (The Box)”

 ◆ブラジル
 ・クレベール・メンドンサ・フィリオ(Kleber Mendonca Filho)、Juliano Dornelles “Bacurau (Nighthawk)”(ブラジル)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 *この記事がなかなか参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・カンヌ国際映画祭2017 エントリー作品予想リスト!:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201702/article_46.html
 ・カンヌ国際映画祭2017 オフィシャル・セレクション 事前予想との答え合わせ!:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201704/article_19.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
カンヌ国際映画祭2018 コンペティション部門予想リスト 海から始まる!?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる