海から始まる!?

アクセスカウンタ

zoom RSS GOPO賞(ルーマニア・アカデミー賞)2018 ノミネーション!

<<   作成日時 : 2018/03/13 06:37   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 第12回ルーマニア・アカデミー賞、GOPO賞(Premiile Gopo)のノミネーションです。(3月1日発表)

 ◆作品賞(Cel Mai Bun Film (Lungmetraj))
 ・“6,9 pe scara Richter(6.9 on the Richter Scale)”(ルーマニア・ブルガリア・ハンガリー) 監督:ナエ・カランフフィル プロデューサー:Tudor Reu、クリスティアン・ムンジウ、Hristo Hristov (Mobra Films)
 ・“Breaking News”(ルーマニア) 監督:Iulia Rugină プロデューサー:Tudor Giurgiu、Oana Giurgiu、Bogdan Crăciun (Hai-Hui Entertainment)
 ・『フィクサー』“Fixeur(The Fixer)”(ルーマニア・仏) 監督:アドリアン・シタル(Adrian Sitaru) プロデューサー:アナマリア・アントチ(Ana Maria Antoci)、アドリアン・セィリシュテアヌ(Adrian Silișteanu)、ジャン・デ・フォレ(Jean des Forêts)(4 Proof Film)
 ・“Meda sau Partea nu prea fericită a lucrurilor(Meda or The Not So Bright Side of Things)”(ルーマニア) 監督:エマニュエル・パーヴ(Emanuel Pârvu) プロデューサー:Miruna Berescu (Asociația FAMart)
 ・“Un pas în urma serafimilor(One Step Behind the Seraphim)”(ルーマニア) 監督:Daniel Sandu プロデューサー:アダ・ソロモン(Ada Solomon)、Ioana Drăghici (HiFilm Productions)

 “Breaking News”は、カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭2017 オフィシャル・セレクション-コンペティション部門出品。審査員スペシャル・メンション 新人女優賞(Voica Oltean)受賞。
 『フィクサー』は、トロント国際映画祭2016 CONTEMPORARY WORLD CINEMA部門出品。
 アナマリア・アントチは、ドキュメンタリー賞でもノミネート。
 アダ・ソロモンは、作品賞で1作品、第1回作品賞で2作品、ドキュメンタリー賞で2作品でノミネート。

 ◆監督賞(Cel Mai Bun Regizor (Lungmetraj))
 ・“6,9 pe scara Richter(6.9 on the Richter Scale)” 監督:ナエ・カランフィル
 ・“Ana,mon amour”(ルーマニア・独・仏) 監督:カリン・ペーター・メッツァー
 ・“Breaking News” 監督:Iulia Rugină
 ・『フィクサー』“Fixeur(The Fixer)” 監督:アドリアン・シタル(Adrian Sitaru)
 ・“Un pas în urma serafimilor(One Step Behind the Seraphim)” 監督:Daniel Sandu

 “Ana,mon amour”は、ベルリン国際映画祭2017 コンペティション部門出品。芸術貢献賞(編集)受賞。
 アドリアン・シタルは、前回“Ilegitim(Illegitimate)”でノミネート。

 ◆主演男優賞(Cel Mai Bun Actor Într-Un Rol Principal (Într-Un Film De Lung Metraj Ficţiune))
 ・Mircea Postelnicu “Ana,mon amour”
 ・Andi Vasluianu “Breaking News”
 ・トゥドル・アロン・イストドル(Tudor Aaron Istodor) 『フィクサー』“Fixeur(The Fixer)”
 ・アレクサンドル・ポトチェアン(Alexandru Potocean) “Marița(Marita)”(ルーマニア)(監督:Cristi Iftime)
 ・Șerban Pavlu “Meda sau Partea nu prea fericită a lucrurilor(Meda or The Not So Bright Side of Things)”
 ・ヴラド・イヴァノフ “Un pas în urma serafimilor(One Step Behind the Seraphim)”

 Șerban Pavluは、サラエボ映画祭2017 男優賞受賞。前回“Inimi Cicatrizate(Scarred Hearts)”で助演男優賞ノミネート。
 ヴラド・イヴァノフは、前回“Câini(Dogs)”で助演男優賞受賞。

 ◆主演女優賞(Cea Mai Bună Actriţă Într-Un Rol Principal (Într-Un Film De Lungmetraj Ficţiune))
 ・Diana Cavaliotti “Ana,mon amour”
 ・Voica Oltean “Breaking News”
 ・Ela Ionescu “Dimineața care nu se va sfârși(The very last morning)”(ルーマニア・キプロス)(監督:Ciprian Mega)
 ・クリスティーナ・フルトゥル(Cristina Flutur) “Hawaii”(ルーマニア)(監督:Jesús del Cerro)
 ・Ofelia Popii “Portrete în pădure(Portrets in the Forest)”(ルーマニア)(監督:Dinu Tãnase、Dinu Tãnase)

 Voica Olteanは、カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭2017 オフィシャル・セレクション-コンペティション部門 審査員スペシャル・メンション 新人女優賞受賞。有望新人賞にもノミネート。

 ◆助演男優賞(Cel Mai Bun Actor Într-Un Rol Secundar (Într-Un Film De Lungmetraj Ficţiune))
 ・Lucian Ifrim “Aniversarea(The Anniversary)”(ルーマニア)(監督:Dan Chişu)
 ・エマニュエル・パーヴ(Emanuel Pârvu) “Aniversarea(The Anniversary)”
 ・Adrian Văncică “Ultima zi(The Last Day)”(ルーマニア)(監督:Gabriel Achim)
 ・Ali Amir “Un pas în urma serafimilor(One Step Behind the Seraphim)”
 ・Ilie Dumitrescu Jr. “Un pas în urma serafimilor(One Step Behind the Seraphim)”

 ◆助演女優賞(Cea Mai Bună Actriţă Într-Un Rol Secundar (Într-Un Film De Lungmetraj Ficţiune))
 ・Carmen Tănase “Ana,mon amour”
 ・Simona Bondoc “Aniversarea(The Anniversary)”
 ・ディアーナ・スパタレスク(Diana Spătărescu) 『フィクサー』“Fixeur(The Fixer)”
 ・Rodica Lazăr “Hawaii”
 ・Ana Ciontea “Marița(Marita)”

 ◆脚本賞(Cel Mai Bun Scenariu (Lungmetraj Ficţiune))
 ・ナエ・カランフィル “6,9 pe scara Richter(6.9 on the Richter Scale)”
 ・Ana Agopian、Oana Răsuceanu、Iulia Rugină “Breaking News”
 ・クラウディア・セィリシュテアヌ(Claudia Silișteanu)、アドリアン・セィリシュテアヌ(Adrian Silișteanu) 『フィクサー』“Fixeur(The Fixer)”
 ・Daniel Sandu “Un pas în urma serafimilor(One Step Behind the Seraphim)”
 ・Anca Buja、Cristi Iftime “Marița(Marita)”

 ◆撮影賞(Cea Mai Bună Imagine (Lungmetraj))
 ・リジュ・ポジョニ(Liviu Pojoni) “Aniversarea(The Anniversary)”
 ・アドリアン・セィリシュテアヌ(Adrian Silișteanu)(RSC) 『フィクサー』“Fixeur(The Fixer)”
 ・Silviu Stavilă “Meda sau Partea nu prea fericită a lucrurilor(Meda or The Not So Bright Side of Things)”
 ・Andrei Dăscălescu “Planeta Petrila(Petrila Planet)”(ルーマニア)(監督:Andrei Dăscălescu)
 ・George Dăscălescu “Un pas în urma serafimilor(One Step Behind the Seraphim)”

 ◆編集賞(Cel Mai Bun Montaj (Lungmetraj))
 ・ダナ・ブネスク(Dana Bunescu) “Ana,mon amour”
 ・Cătălin Cristuțiu “Breaking News”
 ・ミルチェア・オルテアヌ(Mircea Olteanu)、Ștefan Pârlog、Andrei Dăscălescu “Planeta Petrila(Petrila Planet)”
 ・Ștefan-Ioan Tatu “Ultima zi(The Last Day)”
 ・ミルチェア・オルテアヌ(Mircea Olteanu) “Un pas în urma serafimilor(One Step Behind the Seraphim)”

 ダナ・ブネスクは、録音賞でもノミネート。
 Cătălin Cristuțiuは、2年連続ノミネート。
 ミルチェア・オルテアヌは、2作品でノミネート。前回も2作品で編集賞ノミネート、録音賞でもノミネート。
 “Ana,mon amour”は、ベルリン国際映画祭2017 コンペティション部門出品。芸術貢献賞(編集)受賞。

 ◆美術賞(Cele Mai Bune Decoruri (Lungmetraj Ficţiune))
 ・Andreea Popa “6,9 pe scara Richter(6.9 on the Richter Scale)”
 ・Alina Pențac “Aniversarea(The Anniversary)”
 ・Bogdan Ionescu “La drum cu tata(That Trip We Took with Dad)”(独・ルーマニア・ハンガリー・スウェーデン)(監督:Anca Miruna Lazarescu)
 ・カリン・パプラ(Călin Papură) “Octav”(ルーマニア)(監督:Serge Ioan Celebidachi)
 ・Adrian Cristea “Un pas în urma serafimilor(One Step Behind the Seraphim)”

 ◆衣裳賞(Cele Mai Bune Costume (Lungmetraj Ficţiune))
 ・Doina Levintza、Adina Bucur “6,9 pe scara Richter(6.9 on the Richter Scale)”
 ・Velica Panduru “Aniversarea(The Anniversary)”
 ・アナ・ヨネシ(Ana Ioneci) “Hawaii”
 ・Svetlana Mihăilescu “Octav”
 ・Cireșica Cuciuc “Un pas în urma serafimilor(One Step Behind the Seraphim)”

 ◆メイキャップ&ヘアドレッサー賞(Cel Mai Bun Machiaj Şi Cea Mai Bună Coafură (Lungmetraj Ficţiune))
 ・Cătălin Ciutu、Dana Roșeanu、Iulia Roșeanu “6,9 pe scara Richter(6.9 on the Richter Scale)”
 ・Cristina Paul、Heike Ersfeld “Ana,mon amour”
 ・Domnica Bodogan、Dana Roşeanu “Aniversarea(The Anniversary)”
 ・Domnica Bodogan、Bianca Boeroiu “La drum cu tata(That Trip We Took with Dad)”
 ・Lidia Ivanov、Bianca Boeroiu “Un pas în urma serafimilor(One Step Behind the Seraphim)”

 Dana RoşeanuとDomnica Bodoganは、2作品でノミネート。Domnica Bodoganは、2年連続ノミネートで、前回受賞。

 ◆録音賞(Cel Mai Bun Sunet (Lungmetraj))
 ・Liviu Lupșa、Marius Leftărache “Aniversarea(The Anniversary)”
 ・イワン・フィリプ(Ioan Filip)、ダン・シュテファン・ルカレアヌ(Dan Ștefan Rucăreanu) 『フィクサー』“Fixeur(The Fixer)”
 ・ダナ・ブネスク(Dana Bunescu)、アンドレ・リゴー(Andre Rigaut)、ソフィー・シアボー(Sophie Chiabaut)、Cristinel Șirli “Ana,mon amour”
 ・Aleksander Simeonov、Tamas Szekely、Florin Tăbăcaru、Alexandru Dumitru “6,9 pe scara Richter(6.9 on the Richter Scale)”
 ・Daniel Soare、Mirel Cristea、Marius Leftărache、Marian Bălan、Dragoș Știrbu “Un pas în urma serafimilor(One Step Behind the Seraphim)”

 Marius Leftăracheは、2作品でノミネート。オリジナル音楽賞でもノミネート。
 イワン・フィリプとダン・シュテファン・ルカレアヌとダナ・ブネスクとCristinel Șirliは、2年連続ノミネート。

 ◆オリジナル音楽賞(Cea Mai Bună Muzică Originală (Lungmetraj))
 ・ナエ・カランフィル、Bogdan Dimitriu、Liviu Mănescu “6,9 pe scara Richter(6.9 on the Richter Scale)”
 ・Răzvan Enciu、フェンレンツ・ダルヴァシュ(Ferenc Darvas) “La drum cu tata(That Trip We Took with Dad)”
 ・ウラジミール・コスマ(Vladimir Cosma) “Octav”
 ・Jurjak、Ana Dubyk “Planeta Petrila(Petrila Planet)”
 ・Marius Leftărache “Un pas în urma serafimilor(One Step Behind the Seraphim)”

 Marius Leftăracheは、録音賞でもノミネート。

 ◆有望新人賞(Tânără Speranţă)
 ・Ana Cântăbine(プロダクション・デザイン) “Offstage”(ルーマニア)(監督:Andrei Hutuleac) [短編]
 ・Serghei Chiviriga(監督) “Cel mai bun client(The Best Customer)”(ルーマニア) [短編]
 ・Ștefan Iancu(男優) “Un pas în urma serafimilor(One Step Behind the Seraphim)”
 ・Tudor Botezatu(監督) “Sechestrați fără voie”(ルーマニア)
 ・Voica Oltean(女優) “Breaking News”

 “Offstage”は、トランシルヴァニア国際映画祭2017 短編賞スペシャル・メンション受賞。ワルシャワ国際映画祭2017 短編賞受賞。
 Voica Olteanは、カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭2017 オフィシャル・セレクション-コンペティション部門 審査員スペシャル・メンション 新人女優賞受賞。主演女優賞にもノミネート。

 ◆第1回作品賞(Cel Mai Bun Film De Debut (Lungmetraj Ficţiune))
 ・“La drum cu tata(That Trip We Took with Dad)” 監督:Anca Miruna Lăzărescu プロデューサー:Daniel Mitulescu、カタリン・ミツレスク(Cătălin Mitulescu)(Strada Film)
 ・“Marița(Marita)” 監督:Cristi Iftime プロデューサー:アダ・ソロモン(Ada Solomon)、Radu Stancu (Hi Film Productions)
 ・“Meda sau Partea nu prea fericită a lucrurilor(Meda or The Not So Bright Side of Things)” 監督:エマニュエル・パーヴ(Emanuel Pârvu) プロデューサー:Miruna Berescu (Asociația FAMart)
 ・“Un pas în urma serafimilor(One Step Behind the Seraphim)” 監督:Daniel Sandu プロデューサー:アダ・ソロモン(Ada Solomon)、Şerban Pavlu (Hi Film Productions)

 “La drum cu tata(That Trip We Took with Dad)”は、バイエルン映画賞2017 ニュー・プロデューサー賞受賞。
 アダ・ソロモンは、作品賞で1作品、第1回作品賞で2作品、ドキュメンタリー賞で2作品でノミネート。

 ◆ドキュメンタリー賞(Cel Mai Bun Film Documentar)
 ・“Brașov 1987. Doi ani prea devreme”(ルーマニア) 監督:Liviu Tofan プロデューサー:Demeter Andras Istvan、Nicolae Pepene (Muzeul Național de Istorie Brașov、Casa de producție TVR)
 ・“Eu sunt Hercule(I Am Hercules)”(ルーマニア) 監督:Marius Iacob プロデューサー:Corina Gliga、Irina Malcea (Manekino Film)、Hanka Kastelicova (HBO Europe)
 ・“Ouăle lui Tarzan(Tarzan’s Testicles)”(ルーマニア・仏) 監督:Alexandru Solomon プロデューサー:アダ・ソロモン(Ada Solomon)(HiFilm Productions)
 ・“Planeta Petrila(Petrila Planet)” 監督:Andrei Dăscălescu プロデューサー:アナマリア・アントチ(Anamaria Antoci)、Hanka Kastelicova、Alina David (FilmLab、HBO Europe、HBO România)
 ・“Procesul(The Trial)”(ルーマニア) 監督:Claudiu Mitcu プロデューサー:Claudiu Mitcu、Ioachim Stroe、Robert Fita (We Are Basca SRL)
 ・“Țara moartă(The Dead Nation)”(ルーマニア) 監督:Radu Jude プロデューサー:アダ・ソロモン(Ada Solomon) (HiFilm Productions)

 Hanka Kastelicovaは、2作品でノミネート。
 “Ouăle lui Tarzan(Tarzan’s Testicles)”は、トランシルヴァニア国際映画祭2017 ルーマニア・デイズ部門出品。カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭2017 ドキュメンタリー・コンペティション部門出品。
 “Planeta Petrila(Petrila Planet)”は、トランシルヴァニア国際映画祭2017 ルーマニア・デイズ部門出品。観客賞受賞。
 アダ・ソロモンは、作品賞で1作品、第1回作品賞で2作品、ドキュメンタリー賞で2作品でノミネート。
 アナマリア・アントチは、『フィクサー』でもノミネート。

 ◆ヨーロッパ映画賞(Cel Mai Bun Film European)
 ・『希望のかなた』(フィンランド・独) 監督:アキ・カウリスマキ
 ・『心と体と』(ハンガリー) 監督:イルディゴ・エンエディ
 ・『ダンケルク』(英・仏・米・オランダ) 監督:クリストファー・ノーラン
 ・“Slack Bay(Ma Loute)”(仏・独) 監督:ブリュノ・デュモン
 ・“The Student((M)uchenik)”(ロシア) 監督:キリル・セレブレンニコフ

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 主な作品のノミネート状況は、以下の通り。

 ・“Un pas în urma serafimilor(One Step Behind the Seraphim)”(15):作品・監督・主演男優・助演男優・助演男優・脚本・撮影・編集・美術・衣裳・メイク・録音・音楽・新人・第1回
 ・“6,9 pe scara Richter(6.9 on the Richter Scale)”(8):作品・監督・脚本・美術・衣裳・メイク・録音・音楽
 ・“Aniversarea(The Anniversary)”(8):助演男優・助演男優・助演女優・撮影・美術・衣裳・メイク・録音
 ・“Breaking News”(7):作品・監督・主演男優・主演女優・脚本・編集・新人
 ・『フィクサー』(7):作品・監督・主演男優・助演女優・脚本・撮影・録音
 ・“Ana,mon amour”(7):監督・主演男優・主演女優・助演女優・編集・メイク・録音
 ・“Meda sau Partea nu prea fericită a lucrurilor(Meda or The Not So Bright Side of Things)”(4):作品・主演男優・撮影・第1回
 ・“Marița(Marita)”(4):主演男優・助演女優・脚本・第1回
 ・“Planeta Petrila(Petrila Planet)”(4):撮影・編集・音楽・ドキュメンタリー
 ・“La drum cu tata(That Trip We Took with Dad)”(4):美術・メイク・音楽・第1回
 ・“Hawaii”(3):主演女優・助演女優・衣裳
 ・“Octav”(3):美術・衣裳・音楽
 ・“Ultima zi(The Last Day)”(2):助演男優・編集

 ベルリン国際映画祭2017 コンペティション部門に出品されて、芸術貢献賞(編集)を受賞したのは“Ana,mon amour”で、米国アカデミー賞2018 外国語映画賞 ルーマニア代表に選ばれたのは『フィクサー』でしたが、ここで最多ノミネートになったのは“Un pas în urma serafimilor(One Step Behind the Seraphim)”でした。

 “Un pas în urma serafimilor(One Step Behind the Seraphim)”は、神学校を舞台にした物語で、昨年9月にルーマニア国内で公開されたのみで、特に国際映画祭の上映歴とか受賞歴とかはないようですが、GOPO賞でのノミネーションは圧倒的で他の倍以上となる14部門15ノミネートを獲得しています。題材からいって、日本で公開される可能性は低そうですが、このまま最多受賞となるでしょうか。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 いくつかの作品を簡単に紹介しておきます。

 ・“Un pas în urma serafimilor(One Step Behind the Seraphim)”(ルーマニア) 監督:Daniel Sandu
 物語:ガブリエルは、10代で、神父になろうと考えて、神学校に入る。最初、彼は環境になじもうとしたが、次第にそこが完全に崩壊していて、虐待が行なわれていることがわかってくる。その後、彼と3人の仲間が学校協議会から問題学生という烙印を押されてしまう。腐敗はしていないが、虐待的な神父と、狡猾で乱れた世俗的な教師の間の権力争いに巻き込まれて、学生たちは、点を稼ぎ、講義を維持するためには、ウソをついたり、盗みを働いたり、ごまかしたり、裏切ったりすることも必要なスキルであると学んでいく。


 ・“6,9 pe scara Richter(6.9 on the Richter Scale)”(ルーマニア・ブルガリア・ハンガリー) 監督:ナエ・カランフフィル
 物語:30代の内向的なルーマニア人の俳優が、ミュージカルでの複雑な役と、鬱病の妻と、大きな地震が起こるという強迫観念に悩まされていて、人を操るのが得意な父親の犠牲者になってしまう。
 2年ぶりの第7長編。
 トランシルヴァニア国際映画祭2016オープニング作品。
 ソフィア国際映画祭2017出品。
 LET'S CEE映画祭(オーストリア)2017出品。


 ・“Aniversarea(The Anniversary)”(ルーマニア) 監督:Dan Chişu
 物語:Radu Maliganの94歳の誕生日に、家族や昔の仲間が集まってくる。客の半数は、Raduに、神父に罪の告白をさせようとし、残りの半分は本人の意思に背いて無理強いをすべきではないと考えて対立したため、事態はもつれてくる。


 ・“Breaking News”(ルーマニア) 監督:Iulia Rugină
 物語:アレックスは、TVリポーターをしているが、悲劇的な事故に遭い、仲間のカメラマンを失い、自らは九死に一生を得た。そんな彼が、亡くなったカメラマンの死亡記事を作らなければならなくなる。協力してくれるのは、15歳の娘しかおらず、父娘の関係は複雑だ。アレックスは、クリスマス前の3日間、黒海沿岸の小さな町で、思いもかけず、娘が父親の死を克服しようとする場に立ち会うことになる。そしてまた、彼は、これまでずっと一緒に働いてきた同僚のことをほとんど何も知らなかったことに気づく。
 第3監督長編。
 トランシルヴァニア国際映画祭2017 ルーマニア・デイズ部門出品。
 カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭2017 オフィシャル・セレクション-コンペティション部門出品。審査員スペシャル・メンション 新人女優賞(Voica Oltean)受賞。
 トリエステ映画祭2018出品。


 ・『フィクサー』“The Fixer(Fixeur)”(ルーマニア・仏) 監督:アドリアン・シタル(Adrian Sitaru)
 物語:実話に基づく物語。若い売春婦がフランスからトランシルヴァニアに強制送還されるという事件があって、トップ・リポーター率いるTVクルーがこれを取材する。若いジャーナリストのRaduは、これが自分の名前を上げる絶好のチャンスだと考え、クルーに同行して、あらゆる障害を乗り越え、いい記事を書こうと意気込む。ところが、この事件は、予想以上にトリッキーなところがあり、ゴールに近づけば近づくほど、モラルの限界に近づいていく。
 トロント国際映画祭2016 CONTEMPORARY WORLD CINEMA部門出品。
 リオ・デ・ジャネイロ国際映画祭2016出品。
 東京国際映画祭2016 コンペティション部門出品。
 ストックホルム国際映画祭2016出品。
 トリノ映画祭2016出品。
 レザルク・ヨーロッパ映画祭2016出品。男優賞受賞(トゥドル・アロン・イストドル)。
 サンタバーバラ国際映画祭2017出品。
 ヴィリニュス国際映画祭2017出品。
 クリーヴランド国際映画祭2017出品。
 香港国際映画祭2017出品。
 ブエノスアイレス国際インディペンデント映画祭2017出品。
 シアトル国際映画祭2017出品。
 マンモスレイク映画祭(米)2017出品。
 トランシルヴァニア国際映画祭2017 ルーマニア・デイズ部門出品。
 Pluk de Nacht オープン・エアー映画祭(オランダ)2017出品。
 オタワEU映画祭2017出品。
 米国アカデミー賞外国語映画賞2018 ルーマニア代表。


 ・“Ana,mon amour”(ルーマニア・独・仏) 監督:カリン・ペーター・メッツァー
 出演:Mircea Postelnicu、Diana Cavallioti、Carmen Tănase、アドリアン・ティティエニ(Adrian Titieni)、ヴラド・イヴァノフ
 物語:TomaとAnaは、文学部の学生で、会ってすぐに恋に落ちる。ところが、Anaの母の心の病のせいで、2人の関係は徐々に壊れていく。
 ベルリン国際映画祭2017 コンペティション部門出品。芸術貢献賞(編集)受賞。
 カルタヘナ映画祭2017出品。
 ヴィリニュス国際映画祭2017出品。
 香港国際映画祭2017出品。
 シドニー映画祭2017出品。
 モスクワ国際映画祭2017 スペクトラム部門出品。
 ゴールウェイ映画祭2017出品。
 エルサレム映画祭2017 インターナショナル・コンペティション部門出品。
 メルボルン国際映画祭2017出品。
 ヴコヴァル映画祭(クロアチア)2017出品。
 トロント国際映画祭2017 CONTEMPORARY WORLD CINEMA部門出品。
 ヨーロッパ映画賞2017 オフィシャル・セレクション。
 CPH:PIX 2017出品。
 BFIロンドン2017 LOVE部門出品。
 テッサロニキ国際映画祭2017出品。
 EST国際映画祭(ベオグラード国際映画祭)2018出品。
 クリーヴランド国際映画祭2018出品。


 ・“Meda sau Partea nu prea fericită a lucrurilor(Meda or The Not So Bright Side of Things)”(ルーマニア) 監督:エマニュエル・パーヴ(Emanuel Pârvu)
 物語:Doruは、木材伐採人をしている。最近、妻が死んだ。彼女の死は大きくなかったわけではないが、問題は別のところにある。妻が8年間面倒を見ていた少女、幼いMedaを孤児院に連れて行かなければならないのだ。DoruがMedaを養うことはできないわけではないが、書類仕事にはお金がかかり、彼は木を伐り、牛を飼うことのみがお金を儲ける手段であるような地域に住んでいる。Medaを養うためにあらゆることをやってみた後で、彼は、成功するためには、法律の悪い側面に踏み出さなければならないかもしれないと考える。
 サラエボ映画祭2017 長編コンペティション部門出品。監督賞、男優賞(Şerban Pavlu)受賞。


 ・“Mariţa(Marita)”(ルーマニア) 監督:Cristi Iftime
 物語:30歳のCostiは、ガールフレンドとケンカした後、数日間、山のシャレーを借りて、家族みんなで過ごそうと考える。その勢いで、彼は、父親のSanduに話を持ちかける。Sanduは、自分の人生と他の女たちへの関心から、何年もの間、妻子を無視し続けていたのだ。彼を説得するのに長くはかからなかった。彼らは、愛情を込めて、Mariţaと呼んでいる古いファミリー・カーを使って、モルダヴィアへ向かう。道中、これまで分かち合ったたくさんの思い出が蘇っただけでなく、新たな親密さも生まれ、男たちは互いに長らく忘れていた感覚を取り戻していく。残りの家族との再会は、彼らに共通の過去をより新鮮なものにする。Sanduの様々なエピソードと魅力的なコメントは、一晩のうちに家族を結びつけ、遠い過去の傷を癒しさえする。
 初監督長編。
 トランシルヴァニア国際映画祭2014 ポストプロダクション賞受賞。
 カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭2017 イースト・オブ・ウェスト コンペティション部門出品。FEDEORA賞受賞。
 ハンブルク・フィルム・フェスト2017出品。


 ・“Planeta Petrila(Petrila Planet)”(ルーマニア) 監督:Andrei Dăscălescu
 ルーマニアのトランシルヴァニアにある炭鉱の町ペトリラ。炭鉱夫からアーティストに転じたひとりの男性が、アートと不条理主義を用いて、EUによる勧告によって、2015年に閉山になったルーマニアで最も古い炭鉱の歴史的な建物を、地元当局が取り壊すのをストップさせている。彼の闘いは、歴史を保存し、ホームタウンのアイデンティティーを守るためだけでなく、コミュニティーが取返しがつかなくなるほどバラバラになることから救う新しい方法を見つけるためでもある。
 アムステルダム国際ドキュメンタリー映画祭2016出品。
 DocuDays 2017出品。
 トランシルヴァニア国際映画祭2017 ルーマニア・デイズ出品。観客賞受賞。
 サラエボ映画祭2017出品。
 アプリコット・ツリー国際エスノ映画祭2017出品。
 バンクーバー国際映画祭2017出品。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 受賞結果の発表は、3月27日です。

 *この記事がなかなか参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・GOPO賞2017 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201703/article_25.html
 ・GOPO賞2016 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201605/article_17.html
 ・GOPO賞2014 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201402/article_54.html
 ・GOPO賞2014 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201403/article_20.html
 ・GOPO賞2013 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201304/article_20.html
 ・GOPO賞2011 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201102/article_45.html
 ・GOPO賞2011 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201103/article_30.html
 ・GOPO賞2010 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201002/article_47.html
 ・GOPO賞2010 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201003/article_46.html
 ・GOPO賞2009 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200903/article_6.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2017年12月〜2018年3月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201712/article_47.html

 追記:
 ・GOPO賞2018 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201803/article_40.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
GOPO賞(ルーマニア・アカデミー賞)2018 ノミネーション! 海から始まる!?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる