海から始まる!?

アクセスカウンタ

zoom RSS エリック・クー 『ラーメン・テー』 in ベルリン国際映画祭2018

<<   作成日時 : 2018/02/23 23:27   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 【第12回カリナリー・シネマ】
 ・『ラーメン・テー』“Ramen Teh(情牽拉麵茶)”(シンガポール・日・仏) 監督:エリック・クー [WP]
 斎藤工、松田聖子、別所哲也、伊原剛志ら出演。

画像

 【物語】
 マサト(斎藤工)は、日本の高崎で、ラーメン・シェフをしている。彼は、親密ではなかった父親が突然死んだ後、思い出の品と赤いノートをスーツケースに詰めて、旅に出る。赤いノートは、10年前に死んだシンガポール人の母が遺したもので、中には、その時々の思いが綴られ、古い写真が挟まっている。マサトは、勘を頼りにシンガポールで降りて、両親の馴れ初めを探り、どうして自分が生まれることになったのか、調べようと考える。しばらくして、日本人のフード・ブロガーでシングルマザーのミキ(松田聖子)と出会う。彼女の手助けによって、バクテーの屋台をやっている母方の叔父Ah Wee(Mark Lee)が見つかり、祖母のマダム・リー(Beatrice Chien)が存命であることがわかる。彼女こそ、ささやかだけれど、波乱に満ちた両親の愛の物語を知る人物だった。2人は、互いの心の傷に気づく。彼らは、心の拠りどころをキッチンに見出し、単なる材料の寄せ集めなどではない特別な料理を作り上げる。

画像

画像

画像

画像

画像


 [Glashutte Original Lounge]

画像

画像

 『ラーメン・テー』って、英語版ポスターに“Ramen Shop”とあったから、あれっ「ラーメン亭」のことだったのかと思ったら、「ラーメン」+「茶」だったんですね。「茶」といってもお茶ではなく、肉骨茶(バクテー)のことで、「ラーメン」(日本)+「肉骨茶(バクテー)」(シンガポール)ということのようです。
 ストーリー・ラインは、昨年、ハワイ国際映画祭で観客賞を受賞した“Jimami Tofu”(日・シンガポール)(監督:Jason Chan、Christian Lee)に、ちょっと似てるかな。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 上映部門の“Culinary Cinema”ですが、日本語の記事で「キュリナリー・シネマ」としているものをちらほら見かけました。なぜ“Culinary”を「キュリナリー」とするのか。英語だと明らかに「カリナリー」だし。ドイツ語だと“Kulinarisches Kino”となって、「クリナーリッシュ・キノ」だし。
 サンセバスチャン国際映画祭の“Culinary Zinema”も「キュリナリー・シネマ」としているものがあるけれど、“Culinary Zinema”をスペイン語読みすると「クリナリ・シネマ」になるんじゃないかな。
 フランス語の“Culinaire”に関係ありそうだけど、これは普通に読めば「クリネール」で、人(発音)によっては「キュリネール」か。
 いずれにせよ、英語表記の“Culinary Cinema”は、「カリナリー・シネマ」でいいと思いますが。

 *この記事がなかなか参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・ベルリン国際映画祭2018 コンペティション部門ラインナップ:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201801/article_67.html
 ・ベルリン国際映画祭2018 コンペティション部門追加作品 +傾向と予想!:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201802/article_18.html
 ・ベルリン国際映画祭2018 ベルリナーレ・スペシャル、パノラマ部門、フォーラム部門:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201802/article_33.html
 ・ベルリン国際映画祭2018 ジェネレーション部門、パースペクティヴ・ドイツ映画部門、短編コンペティション部門、NATIVe部門、カリナリー・シネマ部門、レトロスペクティヴ、クラシックス、オマージュ:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201802/article_34.html

 ・ベルリン国際映画祭2018 日本映画上映スケジュール:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201802/article_35.html

 ・ベルリン国際映画祭2018 コンペティション部門 星取表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201802/article_37.html

 ・シューティング・スター2018:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201802/article_40.html

 ・『犬ヶ島』 in ベルリン国際映画祭2018:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201802/article_36.html
 ・『リバーズ・エッジ』 in ベルリン国際映画祭2018:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201802/article_38.html
 ・『東京暮色』 4K DCP デジタル修復版ワールド・プレミア in ベルリン国際映画祭2018:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201802/article_43.html
 ・『予兆 散歩する侵略者 劇場版』 in ベルリン国際映画祭2018: http://umikarahajimaru.at.webry.info/201802/article_49.html
 ・『わたしたちの家』 in ベルリン国際映画祭2018:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201802/article_51.html
 ・“Human, Space, Time and Human” in ベルリン国際映画祭2018:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201802/article_52.html
 ・『Blue Wind Blows』 in ベルリン国際映画祭2018:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201802/article_53.html
 ・『坂本龍一 PERFORMANCE IN NEW YORK : async』 in ベルリン国際映画祭2018:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201802/article_54.html
 ・『あみこ』 in ベルリン国際映画祭2018:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201802/article_55.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2017年12月〜2018年3月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201712/article_47.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
エリック・クー 『ラーメン・テー』 in ベルリン国際映画祭2018 海から始まる!?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる