海から始まる!?

アクセスカウンタ

zoom RSS ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞2018 ノミネーション!

<<   作成日時 : 2018/02/21 05:30   >>

トラックバック 0 / コメント 1

 第62回ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞のノミネーションが発表されました。(2月14日)

 ◆作品賞(Miglior film)
 ・“A Ciambra”(伊・仏・独) 監督:ジョナス・カルピニャーノ(Jonas Carpignano)
 ・“Ammore e Malavita(Love and Bullets)”(伊) 監督:アントニオ&マルコ・マネッティ(Manetti Bros)
 ・“Gatta Cenerentola(Cinderella the Cat)”(伊) 監督:Alessandro Rak、Ivan Cappiello、Marino Guarnieri、Dario Sansone
 ・“La tenerezza(Tenerezza – Holding Hands)”(伊) 監督:ジャンニ・アメリオ
 ・“Nico, 1988”(伊・ベルギー) 監督:スザンナ・ニッキャレッリ(Susanna Nicchiarelli)

 ◆監督賞(Miglior regista)
 ・ジョナス・カルピニャーノ(Jonas Carpignano) “A Ciambra”
 ・アントニオ&マルコ・マネッティ(Manetti Bros) “Ammore e Malavita(Love and Bullets)”
 ・ジャンニ・アメリオ “La tenerezza(Tenerezza – Holding Hands)”
 ・フェルザン・オズペテク “Napoli velata(Naples in Veils)”(伊)
 ・パオロ・ジェノヴェーゼ(Paolo Genovese) “The Place”(伊)

 ジャンニ・アメリオは、ナストロ・ダルジェント賞2017 監督賞受賞。

 ◆主演男優賞(Migliore attore protagonista)
 ・アントニオ・アルバネーゼ(Antonio Albanese) “Come un gatto in tangenziale(Like a Cat on a Highway)”(伊)(監督:リッカルド・ミラーニ(Riccardo Milani))
 ・Nicola Nocella “Easy”(伊・ウクライナ)(監督:Andrea Magnani)
 ・レナート・カルペンティエリ(Renato Carpentieri) “La tenerezza(Tenerezza – Holding Hands)”
 ・アレッサンドロ・ボルギ(Alessandro Borghi) “Napoli velata(Naples in Veils)”
 ・ヴァレリオ・マスタンドレア “The Place”

 レナート・カルペンティエリは、イタリア・ゴールデングローブ賞2017男優賞受賞。ナストロ・ダルジェント賞2017 主演男優賞受賞。
 アレッサンドロ・ボルギは、助演男優賞にもノミネート。
 ヴァレリオ・マスタンドレアは、3年連続ノミネート。前回、助演男優賞受賞。

 ◆主演女優賞(Migliore attrice protagonista)
 ・パオラ・コルテッレージ(Paola Cortellesi) “Come un gatto in tangenziale(Like a Cat on a Highway)”
 ・ジャスミン・トリンカ “Fortunata”(伊)(監督:セルジョ・カステリット)
 ・ヴァレリア・ゴリーノ “Il colore nascosto delle cose”(伊・スイス)(監督:シルヴィオ・ソルディーニ)
 ・ジョヴァンナ・メッツォジョルノ “Napoli velata(Naples in Veils)”
 ・イザベラ・ラゴネーゼ(Isabella Aragonese) “Sole cuore amore”(伊)(監督:ダニエレ・ヴィカリ(Daniele Vicari))

 ジャスミン・トリンカは、ナストロ・ダルジェント賞2017 主演女優賞受賞。
 イザベラ・ラゴネーゼは、ナストロ・ダルジェント賞2017 主演女優賞ノミネート。
 ヴァレリア・ゴリーノは、2年連続ノミネート。

 ◆助演男優賞(Migliore attore non protagonista)
 ・カルロ・ブチロッソ(Carlo Buccirosso) “Ammore e Malavita(Love and Bullets)”
 ・アレッサンドロ・ボルギ(Alessandro Borghi) “Fortunata”
 ・エリオ・ジェルマーノ(Elio Germano) “La tenerezza(Tenerezza – Holding Hands)”
 ・ペッペ・バーラ(Peppe Barra) “Napoli velata(Naples in Veils)”
 ・ジュリアーノ・モンタルド(Giuliano Montaldo) 『君が望むものはすべて』“Tutto quello che vuoi”(伊)(監督:フランチェスコ・ブルーニ(Francesco Bruni))

 アレッサンドロ・ボルギは、主演男優賞にもノミネート。

 ◆助演女優賞(Migliore attrice non protagonista)
 ・クラウディア・ジェリーニ(Claudia Gerini) “Ammore e Malavita(Love and Bullets)”
 ・ソニア・ベルガバスコ(Sonia Bergamasco) “Come un gatto in tangenziale(Like a Cat on a Highway)”
 ・ミカエラ・ラマゾッティ “La tenerezza(Tenerezza – Holding Hands)”
 ・アンナ・ボナウィート(Anna Bonaiuto) “Napoli velata(Naples in Veils)”
 ・ジュリア・ラッツァリーニ(Giulia Lazzarini) “The Place”

 ミカエラ・ラマゾッティは、前回『歓びのトスカーナ』で主演女優賞ノミネート。

 ◆オリジナル脚本賞(Migliore sceneggiatura originale)
 ・“A Ciambra” ジョナス・カルピニャーノ(Jonas Carpignano)
 ・“Ammore e Malavita(Love and Bullets)” アントニオ&マルコ・マネッティ(Manetti Bros)、Michelangelo La Neve
 ・“La ragazza nella nebbia”(伊・独・仏)(監督:ドナート・カッリージ(Donato Carrisi)) ドナート・カッリージ
 ・“Nico, 1988”  スザンナ・ニッキャレッリ(Susanna Nicchiarelli)
 ・『君が望むものはすべて』“Tutto quello che vuoi“ フランチェスコ・ブルーニ(Francesco Bruni)

 『君が望むものはすべて』は、ナストロ・ダルジェント賞2017脚本賞受賞。

 ◆脚色賞(Migliore sceneggiatura non originale)
 ・“La guerra dei cafoni”(伊)(監督:Davide Barletti、Lorenzo Conte) バルバラ・アルベルティ(Barbara Alberti)、Davide Barletti、Lorenzo Conte、Carlo D’Amicis
 ・“La tenerezza(Tenerezza – Holding Hands)” ジャンニ・アメリオ、Alberto Taraglio
 ・“Sicilian Ghost Story”(伊・仏・スイス)(監督:ファビオ・グラッサドニア(Fabio Grassadonia)、アントニオ・ピアッツァ(Antonio Piazza)) ファビオ・グラッサドニア、アントニオ・ピアッツァ
 ・“The Place” パオロ・ジェノヴェーゼ(Paolo Genovese)、Isabella Aguilar
 ・『レインボウ』“Una questione privata”(伊・仏)(監督:パオロ&ヴィットリオ・タヴィアーニ) パオロ&ヴィットリオ・タヴィアーニ

 “La tenerezza(Tenerezza – Holding Hands)”は、イタリア・ゴールデングローブ賞2017 脚本賞ノミネート。

 ◆撮影監督賞(Migliore autore della fotografia)
 ・“A Ciambra” Tim Curtin
 ・“Malarazza – Una storia di periferia”(伊)(監督:Giovanni Virgiliio) ジャンニ・マモロッティ(Gianni Mammolotti)
 ・“Napoli velata(Naples in Veils)” ジャンフィリッポ・コルティチェッリ(Gian Filippo Corticelli)
 ・“Sicilian Ghost Story” ルカ・ビガッツィ
 ・“The Place” ファブリツィオ・ルッキ(Fabrizio Lucci)

 ※ルカ・ビガッツィは、“La tenerezza(Tenerezza – Holding Hands)”でもエントリーされたが、レギュレーションにより最多得票を得た“Sicilian Ghost Story”のみでノミネートされた。

 ルカ・ビガッツィは、ナストロ・ダルジェント賞2017受賞。

 ◆編集賞(Migliore montatore)
 ・“A Ciambra” アフォンソ・ゴンサルヴェス(Affonso Gonçalves)
 ・“Ammore e Malavita(Love and Bullets)” Federico Maria Maneschi
 ・“La ragazza nella nebbia” マッシモ・クアッリア(Massimo Quaglia)
 ・“Nico, 1988” Stefano Cravero
 ・“The Place” コンスエロ・カトゥッチ(Consuelo Catucci)

 コンスエロ・カトゥッチは、前回『7分間』でノミネートされて、2年連続ノミネート。

 ◆美術賞(Migliore scenografo)
 ・“Ammore e Malavita(Love and Bullets)” ノエミ・マーチカ(Noemi Marchica)
 ・“Brutti e cattivi(Ugly Nasty People)”(伊・仏)(監督:Cosimo Gomez) マウリッツォ・サバティーニ(Maurizio Sabatini)
 ・“La ragazza nella nebbia” トニーノ・ゼッラ(Tonino Zera)
 ・“La tenerezza(Tenerezza – Holding Hands)” ジャンカルロ・バージリ(Giancarlo Basili)
 ・“Napoli velata(Naples in Veils)” Ivana Gargiulo
 ・“Riccardo va all’inferno(Bloody Richard)”(伊)(監督:ロベルタ・トーレ(Roberta Torre)) Luca Servino

 トニーノ・ゼッラは、2年連続5回目のノミネート。前回『歓びのトスカーナ』で受賞。
 ジャンカルロ・バージリは、ナストロ・ダルジェント賞2017ノミネート。

 ◆衣裳賞(Migliore costumista)
 ・“Agadah”(伊)(監督:Alberto Rondalli) ニコレッタ・タランタ(Nicoletta Taranta)
 ・“Ammore e Malavita(Love and Bullets)” Daniela Salernitano
 ・“Brutti e cattivi(Ugly Nasty People)” Anna Lombardi
 ・“Napoli velata(Naples in Veils)” アレッサンドロ・ライ(Alessandro Lai)
 ・“Riccardo va all’inferno(Bloody Richard)” マッシモ・カンティーニ・パッリーニ (Massimo Cantini Parrini)

 マッシモ・カンティーニ・パッリーニは、2年連続ノミネートで、前回『切り離せないふたり』で受賞。

 ◆メイキャップ賞(Migliore truccatore)
 ・“Ammore e Malavita(Love and Bullets)” Veronica Luongo
 ・“Brutti e cattivi(Ugly Nasty People)” Frédérique Foglia
 ・“Fortunata” Maurizio Fazzini
 ・“Napoli velata(Naples in Veils)” Roberto Pastore
 ・“Nico, 1988” Marco Altieri
 ・“Riccardo va all’inferno(Bloody Richard)” Luigi Ciminelli、Valentina Iannuccilli

 Maurizio Fazziniは、前回『愛のために戦地へ』でノミネート。
 Valentina Iannuccilliは、前回『切り離せないふたり』でノミネート。

 ◆ヘア・スタイリスト賞(Migliore acconciatore)
 ・“Ammore e Malavita(Love and Bullets)” Antonio Fidato
 ・“Brutti e cattivi(Ugly Nasty People)” Sharim Sabatini
 ・“Fortunata” Mauro Tamagnini
 ・“Nico, 1988” Daniela Altieri
 ・“Riccardo va all’inferno(Bloody Richard)” Paola Genovese

 Mauro Tamagniniは、前回『スイート・ドリームス』でノミネート。

 ◆デジタル効果賞(Migliori effetti digitali)
 ・“Addio Fottuti Musi Verdi”(伊)(監督:Francesco Capaldo) Chromatica、Wonderlab、Hive Division
 ・“Ammore e Malavita(Love and Bullets)” Palantir Digital
 ・“Brutti e cattivi(Ugly Nasty People)” AutreCHOSE
 ・“Gatta Cenerentola(Cinderella the Cat)” Mad Entertainment
 ・『LOCKDOWN ロックダウン』“Monolith”(米・伊)(監督:イヴァン・シルヴェストリニ) Frame By Frame

 Chromaticaは、前回『愛のために戦地へ』でノミネート。

 ◆録音賞(Miglior suono)
 ・“A Ciambra” ダイレクトドライヴ(Presa Diretta)、ブームオペレーター(Microfonista)、編集(Montaggio): Giuseppe Tripodi Creazione Suoni): Florian Fevre ミキシング(Mix): Julien Perez

 ・“Ammore e Malavita(Love and Bullets)” ダイレクトドライヴ(Presa Diretta): Lavinia Burcheri ブームオペレーター(Microfonista): Simone Costantino 編集(Montaggio): Claudio Spinelli クリエイティヴ・サウンド(Creazione Suoni): Gianluca Basili、Sergio Basili ミキシング(Mix): Nadia Paone

 ・“Gatta Cenerentola(Cinderella the Cat)” ダイレクトドライヴ(Presa Diretta): Andrea Cutillo 編集(Montaggio): Timeline Studio クリエイティヴ・サウンド(Creazione Suoni):Giorgio Molfini、Timeline Studio ミキシング(Mix): Timeline Studio

 ・“Napoli velata(Naples in Veils)” ダイレクトドライヴ(Presa Diretta): Fabio Conca  ブームオペレーター(Microfonista): Giuliano Marcaccini、Daniele De Angelis 編集(Montaggio): Giuseppe D’Amato、Antonio Giannantonio、Dario Calvari クリエイティヴ・サウンド(Creazione Suoni): Giuseppe D’Amato、Studio 16 ミキシング(Mix): Alessandro Checcacci

 ・“Nico, 1988”  ダイレクトドライヴ(Presa Diretta): Adriano Di Lorenzo ブームオペレーター(Microfonista): Alberto Padoan 編集(Montaggio): Marc Bastien クリエイティヴ・サウンド(Creazione Suoni): Eric Grattepain ミキシング(Mix): Franco Piscopo

 ◆作曲賞(Migliore musicista)
 ・“Ammore e Malavita(Love and Bullets)” ピヴィオ&アルド・デ・スカルツィ( Pivio & Aldo De Scalzi)
 ・“Gatta Cenerentola(Cinderella the Cat)” Antonio Fresa、Luigi Scialdone
 ・“La tenerezza(Tenerezza – Holding Hands)” フランコ・ピエルサンティ(Franco Piersanti)
 ・“Napoli velata(Naples in Veils)” パスクァーレ・カタラーノ(Pasquale Catalano)
 ・“Nico, 1988” Gatto Ciliegia Contro Il Grande Freddo

 フランコ・ピエルサンティは、2年連続ノミネート。

 ◆オリジナル歌曲賞(Migliore canzone originale)
 ・“Ammore e Malavita(Love and Bullets)”-‘Bang Bang’
 作曲:ピヴィオ&アルド・デ・スカルツィ(Pivio & Aldo De Scalzi) 作詞:Nelson パフォーマンス(Interpretata):Serena Rossi、フランコ・リッチェルディ(Franco Ricciardi)、ジャンパオロ・モレッリ(Giampaolo Morelli)

 ・“Gatta Cenerentola(Cinderella the Cat)”-‘A Chi Appartieni’
 作曲・作詞:Dario Sansone パフォーマンス:Foja

 ・“Riccardo va all’inferno(Bloody Richard)”-‘Fidati Di Me’
 作曲・作詞:マウロ・パガーニ(Mauro Pagani) パフォーマンス:マッシモ・ラニエリ(Massimo Ranieri)、Antonella Lo Coco

 ・“Sicilian Ghost Story”-‘Italy’
 作曲:Anja Plaschg、Anton Spielmann 作詞:Anja Plaschg パフォーマンス:Soap&Skin

 ・“The Place”-‘The Place’
 作曲:Marco Guazzone、Giovanna Gardelli、マッテオ・クラッロ(Matteo Curallo)、Stefano Costantini、Edoardo Cicchinelli 作詞:Marco Guazzone、Giovanna Gardelli パフォーマンス:マリアンヌ・ミラージュ(Marianne Mirage)

 ◆新人監督賞(Miglior regista esordiente)
 ・Cosimo Gomez ”Brutti e cattivi(Ugly Nasty People)”
 ・Roberto de Paolis “Cuori puri”(伊)
 ・Andrea Magnani “Easy”
 ・Andrea de Sica “I figli della notte”(伊・ベルギー)
 ・ドナート・カッリージ(Donato Carrisi) “La ragazza nella nebbia”

 Roberto de Paolisは、ナストロ・ダルジェント賞2017 新人監督賞ノミネート。
 Andrea de Sicaは、ナストロ・ダルジェント賞2017 新人監督賞受賞。

 ◆プロダクション賞(Migliore produttore)
 ・“A Ciambra” Stayblack Productions、Jon Coplon、Paolo Carpignano、Rai Cinema
 ・“Ammore e Malavita(Love and Bullets)” Carlo Macchitella、アントニオ&マルコ・マネッティ(Manetti Bros)、Rai Cinema
 ・“Gatta Cenerentola(Cinderella the Cat)” Luciano Stella & Maria Carolina Terzi(Mad Entertainment)、Rai Cinema
 ・“Nico, 1988” マルタ・ドンゼッリ(Marta Donzelli)&Gregorio Paonessa(Vivo Film)、Rai Cinema、ジョゼフ・ルーチョフ(Joseph Rouschop)&Valérie Bournonville(Tarantula)
 ・“Smetto quando voglio saga”(「いつだってやめられる」シリーズ)(伊)(監督:シドニー・シビリア(Sydney Sibilia)) ドメニコ・プロカッチ(Domenico Procacci)&マッテオ・ロヴェーレ(Matteo Rovere)、Rai Cinema

 ドメニコ・プロカッチは、2年連続ノミネート。

 ◆短編映画賞(Miglior cortometraggio)
 ◎“Bismillah”(伊) 監督:Alessandro Grande
 ・“Confino”(伊) 監督:Nico Bonomolo
 ・“La Giornata”(伊) 監督:Pippo Mezzapesa
 ・“Mezzanotte Zero Zero”(伊) 監督:Nicola Conversa
 ・“Pazzo & Bella”(伊) 監督:Marcello Di Noto

 ※特別審査員(L’apposita Giuria):Andrea Piersanti(審査員長)、フランチェスカ・カルヴェッリ(Francesca Calvelli)、エンツォ・デ・カーロ(Enzo Decaro)、Leonardo Diberti、Paolo Fondato、Enrico Magrelli、ランベルト・マンチーニ(Lamberto Mancini)、Mario Mazzetti、Paolo Mereghetti、短編映画賞批評家委員会(comunica le cinquine del miglior cortometraggio)

 “Confino”は、サンタバーバラ国際映画祭2017 最優秀短編アニメーション賞受賞。イタリア・ゴールデングローブ賞2017 短編映画賞ノミネート。

 ◆長編ドキュメンタリー賞(Miglior documentario)
 ・“’78 – Vai Piano Ma Vinci”(伊) 監督:Alice Filippi
 ・“Evviva Giuseppe”(伊・スイス) 監督:Stefano Consiglio
 ・“La lucida follia di Marco Ferreri”(伊) 監督:Anselma Dell’Olio
 ・“Saro”(伊) 監督:Enrico Maria Artale
 ・“The Italian Jobs – Paramount Pictures e L’Italia”(伊) 監督:Marco Spagnoli

 ◆EU映画賞(Miglior film dell'Unione Europea)
 ・『BPM ビート・パー・ミニット』(仏) 監督:ロバン・カンピヨ
 ・“Borg/McEnroe(Borg vs McEnroe)”(スウェーデン・デンマーク・フィンランド) 監督:ヤヌス・メッツ
 ・『エル ELLE』
 ・『ゴッホ 最期の手紙』
 ・『ザ・スクエア 思いやりの聖域』(スウェーデン・独・仏・デンマーク) 監督:リューベン・オストルンド

 ◆外国映画賞(Miglior film straniero)
 ・『ダンケルク』
 ・“L’insulte(The Insult)”(ベルギー・キプロス・仏・レバノン) 監督:ジアド・ドゥエリ(Ziad Doueiri)
 ・『ラ・ラ・ランド』
 ・『ラブレス』(ロシア・ベルギー・独・仏) 監督:アンドレイ・ズビャギンツェフ
 ・『マンチェスター・バイ・ザ・シー』

 ◆ヤング・ダヴィッド賞(David Giovani)
 6000人以上の学生が審査員として投票して決める賞
 ・“Gatta Cenerentola(Cinderella the Cat)”
 ・“Gramigna – Volevo una vita normale”(伊) 監督:Sebastiano Rizzo
 ・“Sicilian Ghost Story”
 ・“The Place”
 ・『君が望むものはすべて』

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 主な作品のノミネート状況は、以下の通り。

 ・“Ammore e Malavita”(15):作品・監督・助演男優・助演女優・脚本・編集・美術・衣裳・メイク・ヘア・デジタル・録音・作曲・歌曲・プロダクション
 ・“Napoli velata”(11):監督・主演男優・主演女優・助演男優・助演女優・撮影・美術・衣裳・メイク・録音・作曲
 ・“La tenerezza”(8):作品・監督・主演男優・助演男優・助演女優・脚色・美術・作曲
 ・“Nico, 1988”(8):作品・脚本・編集・メイク・ヘア・録音・作曲・プロダクション
 ・“The Place”(8):監督・主演男優・助演女優・脚色・撮影・編集・歌曲・ヤング
 ・“A Ciambra”(7):作品・監督・脚本・撮影・編集・録音・プロダクション
 ・“Gatta Cenerentola”(7):作品・デジタル・録音・作曲・歌曲・プロダクション・ヤング
 ・“Brutti e cattivi”(6):美術・衣裳・メイク・ヘア・デジタル・新人監督
 ・“Riccardo va all’inferno”(5):美術・衣裳・メイク・ヘア・歌曲
 ・“Fortunata”(4):主演女優・助演男優・メイク・ヘア
 ・“La ragazza nella nebbia”(4):脚本・編集・美術・新人監督
 ・“Sicilian Ghost Story”(4):脚色・撮影・歌曲・ヤング
 ・“Come un gatto in tangenziale(Like a Cat on a Highway)”(3):主演男優・主演女優・助演女優
 ・『君が望むものはすべて』(3):助演男優・脚本・ヤング
 ・“Easy”(2):主演男優・新人監督

 映画祭人気から言っても、受賞歴から言っても、2017年のイタリア映画を代表する作品は、米国アカデミー賞2018 外国語映画賞 イタリア代表にも選ばれた“A Ciambra”あたりだろうと思ったら、ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞2018の最多ノミネート作品は“Ammore e Malavita(Love and Bullets)”でした。

 “Ammore e Malavita(Love and Bullets)”は、ベネチア国際映画祭のコンペティション部門出品作品で、ベネチアのコンペに選出された時も金獅子賞を狙えるような作品ではないんじゃないかと思ったものですが、案外高評価なんでしょうか。他の作品に大差をつけてノミネートされているところを見ると、全然受賞できずに終わるってこともなさそうですね。でも、作品賞や監督賞は、別の作品が獲るような気はしますが。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 いくつかの作品を簡単に紹介しておきます。

 ・“Ammore e Malavita(Love and Bullets)”(伊) 監督:アントニオ&マルコ・マネッティ(Manetti Bros)
 出演:ジャンパオロ・モレッリ(Giampaolo Morelli)、Serena Rossi、クラウディア・ジェリーニ(Claudia Gerini)、カルロ・ブチロッソ(Carlo Buccirosso)
 物語:Don Vincenzo Strozzaloneは、コモラのボスで、ナポリのシーフードを牛耳っていて、キング・オブ・フィッシュのニックネームを持っている。ある日、襲われて、命拾いした彼は、こういう生活を続けることに疲れてしまっていることに気づく。映画好きな妻Donna Mariaは、映画の『007は二度死ぬ』を思い出し、Donは死んでしまったことにして、ダイヤモンドをポケットいっぱいに詰めて、2人でカリブ海に姿をくらまそうと考える。彼が生きているのを知っているのは、直近の秘書だけだ。外見が似ている靴のセールスマン死体と入れ替わり、Donの葬式が行なわれる。ところが、運悪く、病院の看護婦Fatimaに生きている彼の姿を見られてしまう。Fatimaを生かしておくわけにはいかない。彼女を消すために、殺し屋のCiroとRosarioが差し向けられる。しかし、Fatimaに会ったCiroは、彼女に一目ぼれしてしまい、殺すことができなくなる。2人は逃亡したが、Donは、Ciroが敵に寝返ったと考え、CiroとFatimaを一緒に始末しようと考える。
 ベネチア国際映画祭2017 コンペティション部門出品。La Pellicola d’Oro Award(プロダクション・マネージャー:Daniele Spinozzi)、Francesco Pasinetti Award – SNGCI、Soundtrack Stars Award 特別賞受賞。
 ピンヤオ国際映画祭2017出品。


 ・“Napoli velata(Naples in Veils)”(伊) 監督:フェルザン・オズペテク
 出演:アレッサンドロ・ボルギ(Alessandro Borghi)、ジョヴァンナ・メッツォジョルノ、ペッペ・バーラ(Peppe Barra)、アンナ・ボナウィート(Anna Bonaiuto)、マリア・ピア・カルゾーン(Maria Pia Calzone)、イザベラ・フェラーリ、ルイーザ・ラニエリ(Luisa Ranieri)
 物語:マジックと迷信と狂気と道理が共存する街ナポリ。検視官をしているアドリアナは、魅力的な叔母アデルの、貴族風のアパートで開かれたパーティーに参加して、そこで青い目の男性アンドレアと出会う。セクシーで巧みな彼に魅かれた彼女は、その夜を一緒に過ごす。2人は、次の日の午後、考古学美術館でデートの約束をしたが、アンドレアは姿を見せない。電話でも連絡が取れず、アドリアナは大いに失望する。ところが、殺人事件の犠牲者として運び込まれた死体を見て彼女はショックを受ける。それには、アンドレアであることを示すタトゥーがあったのだ。アンドレアは殺されたのか? それから、アドリアナは、アンドレアの亡霊を見るようになる。昼間の地下鉄で、あるいは、家の庭で。だが、何かが邪魔をして2人は会うことはできない。一方、警察も、アンドレアの携帯電話に残されたアドリアナの写真から、2人の関係を嗅ぎつける。まもなく「亡霊」は、長らく行方知れずだった双子の兄弟ルカとして姿を見せる。突然のルカの登場は、アンドレアの死を不確かなものにする。ルカとアンドレアは同一人物なのだろうか? それとも別人なのか?
 トリノ映画祭2017出品。


 ・“La tenerezza(Tenerezza – Holding Hands)”(伊) 監督:ジャンニ・アメリオ
出演:レナート・カルペンティエリ、エリオ・ジェルマーノ、ミカエラ・ラマゾッティ、ジョヴァンナ・メッツォジョルノ、グレタ・スカッキ、Maria Nazionale、Enzo Casertano
 物語:ロレンツォは、70代の老人で、ナポリの中心部にある古いビルに住んでいる。彼は、自称「嘆かわしくも有名な弁護士」で、交通事故詐欺や保険金詐欺に人生のすべてを捧げている。彼には、2人の子どもがいるが、冷淡で自己中心的な性格も手伝って、子どもたちとは疎遠な関係になっていた。娘のエレナは、法廷でアラビア語の通訳をしていて、被告のニュアンスをとらえて、ウソを暴くのを得意としている。ロレンツォは、彼女が、母親に彼の浮気をばらしたせいで、母親の死期を早めたのではないかと疑っていた。息子のサヴェリオは、何もできないので、ロレンツォは彼のことを穀つぶしのように見なしていた。ロレンツォの愛情は、唯一、エレナがエジプトから連れてきた孫のフランチェスコに注がれていた。ロレンツォの住まいの向かいのフラットに、子連れの夫婦が引っ越してくる。妻のミカエラは快活で魅力があり、夫のファビオは、トリエステ出身の海軍のエンジニアだが、落ち着きがなく、時に子どもっぽいところがあった。ロレンツォは、これら一見完璧に見える家族に、自分自身の子どもには感じなかった何かを感じて、惹かれていく。ところが、恐ろしい悲劇が起こり、ロレンツォは、頑なに和解を拒んでいるエレナとの関係を見つめ直さなければならなくなる。
 Lorenzo Maroneの小説“The Temptation to be Happy”に基づく。ジャンニ・アメリオが老人を主人公とする物語を手がけるのは初めて。
 バーリ国際映画祭2017出品。
 イタリア・ゴールデングローブ賞2017 男優賞(レナート・カルペンティエリ)受賞。作品賞、女優賞(ミカエラ・ラマゾッティ)、脚本賞ノミネート。
 ナストロ・ダルジェント賞2017作品賞、監督賞、主演男優賞(レナート・カルペンティエリ)、撮影賞受賞。主演女優賞(ジョヴァンナ・メッツォジョルノ、ミカエラ・ラマゾッティ)、美術賞、録音賞ノミネート。
 BFIロンドン映画祭2017 LOVE部門出品。
 ハイファ国際映画祭2017出品。


 ・“Nico, 1988”(伊・ベルギー) 監督:スザンナ・ニッキャレッリ(Susanna Nicchiarelli)
 出演:トリーヌ・ディルホム、ゴードン・ジョン・シンクレア(John Gordon Sinclair)、アナマリア・マリンカ、サンダー・フンテク(Sandor Funtek)
 物語:ニコ(1938-58)は、アンディー・ウォーホルのミューズであり、ウォーホルに押し出されるようにファクトリーやヴェルヴェット・アンダーグラウンドに参加した。その後、彼女は、多くのロック・スターとセックスして、太ってジャンキーになり、消えたと思われている。だが、本当はどうだったんだろうか。本作では、ニコの最期の年に焦点を当てる。
 彼女が、イビサ島の自宅の近くで、自転車での転倒が元で亡くなったのは、ちょうどヘロイン中毒から抜け出そうとしている時で、新しいマネージャーと(アラン・ドロンとの間にできた)息子のアリと、ヨーロッパのソロ・ツアーに乗り出そうとしている時だった。
 脚本は、息子のアリとマネージャーのアラン・ワイズへのインタビューを基に書かれた。
 デンマーク人女優トリーヌ・ディルホムがニコを演じる。
 ベネチア国際映画祭2017 Orizzonti部門出品。作品賞、FEDIC Award スペシャル・メンション、Francesco Pasinetti Award – SNGCI 特別賞受賞。
 CPH:PIX 2017出品。
 アデレード映画祭2017出品。
 ワルシャワ国際映画祭2017出品。
 レザルク・ヨーロッパ映画祭2017出品。審査員グランプリ受賞。
 ロッテルダム国際映画祭2018出品。
 ヨーテボリ国際映画祭2018 インターナショナル・コンペティション部門出品。
 FEST国際映画祭(ベオグラード国際映画祭)2018出品。


 ・“The Place”(伊) 監督:パオロ・ジェノヴェーゼ(Paolo Genovese)
 出演:ヴァレリオ・マスタンドレア、マルコ・ジャリーニ(Marco Giallini)、アレサンドロ・ボルギ(Alessandro Borghi)、シルヴィオ・ムッチーノ(Silvio Muccino)、アルバ・ロルヴァケル、ヴィットリア・プッチーニ(Vittoria Puccini)、サブリナ・フェリッリ(Sabrina Ferilli)、シルヴィア・ダミーコ(Silvia D'Amico)、ロッコ・パパレオ(Rocco Papaleo)、ジュリア・ラッツァリーニ(Giulia Lazzarini)、ヴィニーチョ・マルキオーニ(Vinicio Marchioni)、マリアンヌ・ミラージュ(Marianne Mirage)
 物語:謎めいた男性が、毎日、同じレストランの同じ席に座る。彼は、客たちの最大の望みを聞き入れ、叶ったらその見返りとして特別な務めを課す。客たちは、自分の欲しいものを手に入れるために、何を差し出すつもりがあるのだろうか。
 ローマ映画祭2017 クロージング作品。
 Mittelシネマ・フェスト(プラハ)2017出品。
 イタリア2018 イタリア映画トゥデイ(ロサンゼルス)出品。
 FEST国際映画祭(ベオグラード国際映画祭)2018出品。


 ・“A Ciambra”(伊・仏・独) 監督:ジョナス・カルピニャーノ(Jonas Carpignano)
 出演:Pio Amato、Koudous Seihon
 物語:シチリアの町チャンブラ。ピオは、11歳で、18歳の兄コジモに倣って、酒やタバコを覚える。だが、真似ることは羽目をはずすことだけではない。地元の他のジンガリ(ロマ人)の面倒を見ることも覚えなければならない。コジモでは家族の面倒を見られなくなると、ピオが、兄の仕事仲間Ayivaと力を合わせて、頑張っていかなければならない。一家の借金がかさむ。地元のマフィア、ンドランゲタに払う支払いも貯まっていく。追い詰められた一家は、チャンブラから出ていくことも考えなければならない。家族を守り、みんなで暮らすにはどうすればいいのか、結論が迫られる……。
 『地中海』(2015)のジョナス・カルピニャーノ監督最新作。
 カンヌ国際映画祭2017 監督週間出品。Label Europa Cinemas受賞。
 ミュンヘン映画祭2017出品。
 カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭2017 ホライズンズ部門出品。
 ラックス賞2017 オフィシャル・セレクション。
 ヨーロッパ映画賞2017 オフィシャル・セレクション。
 トロント国際映画祭2017 CONTEMPORARY WORLD CINEMA部門出品。
 Jameson CineFest - Miskolc国際映画祭2017出品。International Confederation of Art Cinemas Award受賞。
 ヘルシンキ国際映画祭2017出品。
 チューリヒ映画祭2017出品。
 レイキャビク国際映画祭2017出品。
 ベルゲン国際映画祭2017出品。Cinema Extraordinaire受賞。
 CPH:PIX 2017出品。
 ハイファ国際映画祭2017出品。
 ハンプトンズ国際映画祭2017出品。
 リオ・デ・ジャネイロ国際映画祭2017出品。
 BFIロンドン映画祭2017出品。
 ミル・ヴァレー映画祭2017出品。
 シカゴ国際映画祭2017出品。
 ゲント国際映画祭2017出品。音楽賞受賞。
 フィラデルフィア映画祭2017出品。
 ライデン国際映画祭2017出品。
 デンバー映画祭2017出品。
 テッサロニキ国際映画祭2017出品。
 ハワイ国際映画祭2017出品。
 セビリヤ・ヨーロッパ映画祭2017出品。男優賞受賞(Pio Amato)。
 ストックホルム国際映画祭2017出品。
 リュブリャナ国際映画祭2017出品。
 ザグレブ映画祭2017出品。
 ブラチスラヴァ国際映画祭2017出品。
 AFIフェスト2017出品。
 リスボン&エストリル映画祭2017出品。
 ドバイ国際映画祭2017出品。
 米国アカデミー賞2018 外国語映画賞 イタリア代表。
 パームスプリングス国際映画祭2018出品。
 インディペンデント・スピリット・アワード2018 監督賞ノミネート。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 受賞結果の発表は、3月21日です。

 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞2017 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201703/article_33.html
 ・ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞2016 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201604/article_19.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞2018 受賞結果:
http://umikarahajimaru.at.webry.info/201803/article_29.html
umikarahajimaru
2018/03/22 17:52

コメントする help

ニックネーム
本 文
ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞2018 ノミネーション! 海から始まる!?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる