海から始まる!?

アクセスカウンタ

zoom RSS ゴールデン・リール賞(音響編集賞)2018 受賞結果

<<   作成日時 : 2018/02/19 20:14   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 第65回ゴールデン・リール賞(Golden Reel Award/MPSE:Motion Picture Sound Editors)の受賞結果が発表されました。(2月18日)

 【ゴールデン・リール賞】

 ゴールデン・リール賞と言っても、全然なじみがありませんが、音響編集部門に特化した映画賞で、スタートは1954年(1953年度)で、1964年から始まったアカデミー賞音響編集賞よりも10年も長い歴史を持っています。ひょっとすると、ゴールデン・リール賞の存在が、アカデミー賞に音響編集賞部門を設立させる契機になったのかもしれません。

 MPSEという字面自体は、映画のエンドロールなどでよく目にしますが、MPSEとは、アメリカ映画の音響編集・音楽編集のプロが所属する団体(Motion Picture Sound Editors)のことで、ゴールデン・リール賞は、そこが出している映画賞ということになります。カナダで年間に最高の興行収入を稼いだカナダ映画に贈られる賞もなぜか同じ名前なので、ちょっと混乱しますが……。

 似たような賞に、映画音響協会賞がありますが、映画音響協会(CAS:Cinema Audio Society)とは1964年創立のアメリカのミキサーの団体で、500名を超えるミキサーが所属しており、映画音響協会賞はそこが出している映画賞です。ゴールデン・リール賞が、アカデミー賞の音響編集賞に対応するのに対して、映画音響協会賞はアカデミー賞の録音賞に対応しています。

 ※今回(もまた)、カテゴリーが一部変更になっています。
 ※受賞対象者には、音響編集に関わる多くのスタッフ名(音響編集者、音響効果編者、ダイアログ編集者、Foley Editor、音楽編集者、Foley Artistなど)が明記されています。今回は、ノミネート作品のタイトルだけを拾っておくことにします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−”

 【映画部門】

 ◆長編作品 台詞/ADR部門(Outstanding Achievement in Sound Editing - Feature Motion Picture – Dialogue/ADR)
 ・『ベイビー・ドライバー』
 ・『ブレードランナー 2049』
 ・『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』
 ・『デトロイト』
 ・『ダンケルク』
 ・『シェイプ・オブ・ウォーター』
 ・『スリー・ビルボード』
 ◎『猿の惑星:聖戦記』

 ◆長編作品 音響効果/Foley部門(Outstanding Achievement in Sound Editing - Feature Motion Picture – Effects/Foley)
 ・『ベイビー・ドライバー』
 ◎『ブレードランナー 2049』
 ・『ダンケルク』
 ・『LOGAN/ローガン』
 ・『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』
 ・『シェイプ・オブ・ウォーター』
 ・『マイティ・ソー バトルロイヤル』
 ・『猿の惑星:聖戦記』

 ◆長編音楽映画部門(Outstanding Achievement in Sound Editing - Feature Motion Picture – Musical)
 ・『美女と野獣』
 ・『リメンバー・ミー』
 ◎『グレイテスト・ショーマン』

 ◆作曲部門(Outstanding Achievement in Sound Editing - Feature Motion Picture – Music Score) [改称?]
 ・『ベイビー・ドライバー』
 ・『ブレードランナー 2049』
 ◎『ダンケルク』
 ・『キング・アーサー』
 ・『ロスト・シティZ 失われた黄金都市』
 ・『シェイプ・オブ・ウォーター』
 ・『トランスフォーマー/最後の騎士王』
 ・『ワンダーウーマン』

 ◆長編ドキュメンタリー部門(Outstanding Achievement in Sound Editing - Feature Documentary)
 ・『不都合な真実2:放置された地球』
 ・“Bill Nye: The Science Guy”
 ・“Eric Clapton: Life in 12 Bars”
 ・“Hell on Earth: The Fall of Syria and the Rise of ISIS”
 ・『イカロス』
 ・“In Pursuit of Silence”
 ◎“Jane”
 ・『すばらしき映画音楽たち』

 ◆長編アニメーション部門(Outstanding Achievement in Sound Editing - Feature Animation)
 ・『カーズ/クロスロード』
 ◎『リメンバー・ミー』
 ・『怪盗グルーのミニオン大脱走』
 ・“Ferdinand”
 ・“The Breadwinner”
 ・『レゴバットマン ザ・ムービー』

 ◆長編外国語映画部門(Outstanding Achievement in Sound Editing - Foreign Language Feature)
 ・『BPM ビート・パー・ミニット』
 ・『最初に父が殺された』
 ・『オリ・マキの人生で最も幸せな日』
 ◎『ラブレス』
 ・“Thelma”
 ・『戦狼 ウルフ・オブ・ウォー』

 【テレビ部門】

 ※テレビ、ケーブル、配信、オンライン、ノン・テアトリカル作品。

 ◆30分未満の実写作品部門(Outstanding Achievement in Sound Editing - Live Action Under 30:00) [新設]
 ・『Ballers/ボウラーズ』-‘Bull Rush’
 ・『ブルックリン・ナイン-ナイン』-‘The Fugitive’
 ・“Jean-Claude Van Johnson”-‘A Little Conversation About Trust’
 ・“Room 104”-‘Red Tent’
 ◎“Superstore”-‘Tornado’
 ・『グッド・プレイス』-‘Janet and Michael’
 ・“The Off Season”-‘Do Not Disturb’
 ・“Vice Principles”

 ◆ショート・フォーム 台詞/ADR部門(Outstanding Achievement in Sound Editing - Episodic Short Form – Dialogue/ADR)
 ※ショート・フォームは、30〜75分の作品が対象。
 ・『フュード/確執ベティvs ジョーン』-‘And the Winner Is... (The Oscars of 1963)’
 ◎『ゲーム・オブ・スローンズ』-‘The Spoils of War’
 ・“Halt and Catch Fire”-‘So It Goes’
 ・『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』-‘Storm-y Weather’
 ・『ストレンジャー・シングス 未知の世界』-‘Chapter Eight: The Mind Flayer’
 ・『ザ・クラウン』-‘Paterfamilias’
 ・『ハンドメイズ・テイルズ/侍女の物語』-‘Offred’
 ・『ヴァイキング 〜海の覇者たち〜』-‘Homeland’


 ◆ショート・フォーム 音響効果/Foley部門(Outstanding Achievement in Sound Editing - Episodic Short Form – Effects/Foley)
 ◎『ゲーム・オブ・スローンズ』-‘The Spoils of War‘
 ・『パニッシャー』-‘Memento Mori’
 ・『MR. ROBOT/ミスター・ロボット』-‘runtime-err0r.r00’
 ・『ザ・シューター』-‘The Dark End of the Street’
 ・『ストレンジャー・シングス 未知の世界』-‘Chapter Eight: The Mind Flayer’
 ・『TABOO』-‘Episode 8’
 ・“The Brave”-‘Stealth’
 ・『ヴァイキング 〜海の覇者たち〜』-‘The Reckoning’


 ◆ショート・フォーム 音楽部門(Outstanding Achievement in Sound Editing - Episodic Short Form – Music)
 ・『ダーク』-‘Dark Secrets’
 ・『ゲーム・オブ・スローンズ』-‘Beyond the Wall’
 ・『MR. ROBOT/ミスター・ロボット』-‘runtime-err0r.r00’
 ◎『ストレンジャー・シングス 未知の世界』-‘Chapter Eight: The Mind Flayer’
 ・『ゲットダウン』-‘Unfold Your Own Myth’
 ・『ハンドメイズ・テイルズ/侍女の物語』-‘Offred’
 ・『LEFTOVERS/残された世界』-‘It's a Matt, Matt, Matt, Matt World’
 ・『ツイン・ピークス』-‘Part 8’


 ◆ロング・フォーム エピソード 台詞/ADR部門(Outstanding Achievement in Sound Editing - Episodic Long Form – Dialogue/ADR)
 ※ロング・フォームは、75分以上の作品が対象。
 ◎『ブラックミラー』-‘USS Callister’
 ・『ゴッドレス -神の消えた町-』-‘Homecoming’
 ・『オザークへようこそ』-‘The Toll’
 ・“The Deuce”-‘Pilot’
 ・『ロング・ロード・ホーム』-‘Black Sunday’

 ◆ロング・フォーム エピソード 音響効果/Foley部門(Outstanding Achievement in Sound Editing - Episodic Long Form – Effects/Foley)
 ・『ブラックミラー』-‘USS Callister’
 ◎『ゴッドレス -神の消えた町-』-‘Homecoming’
 ・『GOTHAM/ゴッサム』-‘Destiny Calling’
 ◎『オザークへようこそ』-‘The Toll’
 ・『ロング・ロード・ホーム』-‘Black Sunday’

 ◆ロング・フォーム エピソード 音楽部門(Outstanding Achievement in Sound Editing - Episodic Long Form – Music)
 ・『ディセンダント2』
 ・『オザークへようこそ』
 ・“Rebel”-‘Pilot’
 ◎『ゲットダウン』-‘Only from Exile Can We Come Home’
 ・『ヴァイキング 〜海の覇者たち〜』-‘The Departed’

 ◆シングル・プレゼンテーション部門(Outstanding Achievement in Sound Editing - Single Presentation) [新設]
 ・『伝説の映画監督 -ハリウッドと第二次世界大戦-』
 ・『ファイアチェイサー: 森林災害最前線』
 ◎『惑星オアシス(仮題)』
 ・“The Sultan and the Saint”
 ・“Superheroes Decoded”

 ◆TVドキュメンタリー部門(Outstanding Achievement in Sound Editing – Non-Theatrical Documentary)
 ◎“Becoming Bond”
 ・“Breaking the Day”
 ・“decanted.”
 ・“Motivation 3: The Next Generation”
 ・『ショット・イン・ザ・ダーク」
 ・“The Defiant Ones”
 ・“The New Radical”

 ◆TVアニメーション ロング・フォーム部門(Outstanding Achievement in Sound Editing – Non-Theatrical Animation Long Form) [改称]
 ・『ジャスティス・リーグ』-‘Dark’
 ◎“Lego DC Super Hero Girls”-‘Brain Drain’
 ・『ティーン・タイタンズ』“Teen Titans”-‘The Judas Contract’
 ・『ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ』-‘Mutant Apocalypse’
 ・『トロールハンターズ』“Trollhunters”-‘Tales of Arcadia’

 ◆ノン・テアトリカル作品(Outstanding Achievement in Sound Editing – Non-Theatrical Feature) [新設]
 ・『ヘイヴンハースト』“Havenhurst”
 ・『インペリアル・ドリーム』“Imperial Dreams”
 ◎“In Search of Fellini”
 ・『リトルイヴィル』“Little Evil”
 ・“Revolt”
 ・『ザ・ベビーシッター』“The Babysitter”

 【その他の作品】

 ◆特別作品部門(Outstanding Achievement in Sound Editing - Special Venue)
 ・“Amazon Adventure”
 ◎“Carne Y Arena”
 ・“Coco VR”
 ・“Dream Big: Engineering Our World”
 ・“We, the Marines”

 ◆短編アニメーション部門(Outstanding Achievement in Sound Editing - Animation Short Form) [新設]
 ・『悪魔城ドラキュラ』“Castlevania”-‘Witchbottle”
 ・『ジャスティスリーグ・アクション』“Justice League Action”-‘Follow That Space Cab!”
 ・“Not Normal”
 ◎『オーバーウォッチ』“Overwatch”-‘Honor and Glory’
 ・『リック・アンド・モーティ』“Rick and Morty”-‘Pickle Rick’
 ・『ラプンツェル ザ・シリーズ』“Tangled: The Series”-‘The Quest for Varian’
 ・“The Adventure of Puss in Boots”-‘A Savage Place’
 ・『スター・ウォーズ 反乱者たち』“Star Wars: Rebels”-‘Trails of the Darksaber”


 ◆学生作品部門(Outstanding Achievement in Sound Editing - Student Film)
 ・“Don’t Think of a Pink Elephant”(英国国立映画テレビ学校)
 ・“Dreamweavers”(Loyola Marymount University)
 ◎“Homegrown”(英国国立映画テレビ学校)
 ・“The Mayflower”(英国国立映画テレビ学校)
 ・“Poles Apart”(英国国立映画テレビ学校)

 ◆コンピューター・シネマティック部門(Outstanding Achievement in Sound Editing - Computer Cinematic) [新設]
 ・『コール オブ デューティ ワールドウォーII』“Call of Duty: WWII”
 ・『Destiny 2』
 ◎『Halo Wars 2』
 ・『Halo Wars 2: Awakening the Nightmare』
 ・『Star Wars バトルフロント』

 ◆コンピューター・インタラクティヴ・ゲーム部門(Outstanding Achievement in Sound Editing - Computer Interactive Game Play) [新設(ビデオ・ゲーム部門からのリニューアル)]
 ◎『コール オブ デューティ ワールドウォーII』“Call of Duty: WWII”
 ◎『Star Wars バトルフロントU』
 ・『アンチャーテッド 古代神の秘宝』


 【特別賞・名誉賞】

 ◆2018 MPSE フィルムメイカー賞(2018 MPSE Filmmaker Award)
 ◎キャスリン・ビグロー


 ◆2018 MPSE キャリア貢献賞(2018 MPSE Career Achievement Award)
 ◎John P. Fasal
 80年代から活躍する音響効果編集者、音響デザイナー、ミキサー。近年の作品には、『マン・オブ・スティール』、『キャプテン・アメリカ/ウィンターソルジャー』、『インターステラー』、『ハドソン川の奇跡』、『トランスフォーマー:最後の騎士王』、『ダンケルク』などがある。
 1994年に『逃亡者』で音響効果賞、2008年に『アイ・アム・レジェンド』で音響効果/Foley部門でノミネートされている。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 1990年以降の、長編映画 音響効果/効果音部門 音響編集賞(音響効果/Foley部門)とアカデミー賞音響編集賞の結果を対比させてみると以下のようになります。

 2017年 MPSE:『ハクソーリッジ』 AA:『メッセージ』
 2016年 MPSE:『マッドマックス 怒りのデス・ロード』、『レヴェナント:蘇えりし者』 AA:『マッドマックス 怒りのデス・ロード』
 2015年 MPSE:『アメリカン・スナイパー』 AA:『アメリカン・スナイパー』
 2014年 MPSE:『ゼロ・グラビティ』 AA:『ゼロ・グラビティ』
 2013年 MPSE:『007 スカイフォール』 AA:『007 スカイフォール』『ゼロ・ダーク・サーティ』
 2012年 MPSE:『戦火の馬』 AA:『ヒューゴの不思議な発明』
 2011年 MPSE:『インセプション』 AA:『インセプション』
 2010年 MPSE:『アバター』 AA:『ハートロッカー』
 2009年 MPSE:『ダークナイト』 AA:『ダークナイト』
 2008年 MPSE:『ボーン・アルティメイタム』 AA:『ボーン・アルティメイタム』
 2007年 MPSE:『硫黄島からの手紙』 AA:『硫黄島からの手紙』
 2006年 MPSE:『宇宙戦争』 AA:『キング・コング』
 2005年 MPSE:『アビエイター』(アニメーション部門は『Mr.インクレディブル』) AA:『Mr.インクレディブル』
 2004年 MPSE:『マスター・アンド・コマンダー』 AA:『マスター・アンド・コマンダー』
 2003年 MPSE:『ロード・トゥ・パーディション』 AA:『ロード・オブ・ザ・リング/2つの搭』
 2002年 MPSE:『ブラックホーク・ダウン』 AA:『パール・ハーバー』
 2001年 MPSE:『グラディエーター』 AA:『U-571』
 2000年 MPSE:『マトリックス』 AA:『マトリックス』
 1999年 MPSE:『プライベート・ライアン』 AA:『プライベート・ライアン』
 1998年 MPSE:『タイタニック』 AA:『タイタニック』
 1997年 MPSE:『デイライト』 AA:『ゴースト&ダークネス』
 1996年 MPSE:『ブレイブハート』 AA:『ブレイブハート』
 1995年 MPSE:『スピード』 AA:『スピード』
 1994年 MPSE:『ジュラシック・パーク』 AA:『ジュラシック・パーク』
 1993年 MPSE:『沈黙の戦艦』 AA:『ドラキュラ』
 1992年 MPSE:『バートン・フィンク』 AA:『ターミネーター2』
 1991年 MPSE:『トータル・リコール』 AA:『レッド・オクトーバーを追え』
 1990年 MPSE:『7月4日に生まれて』『アビス』 AA:『インディ・ジョーンズ/最後の聖戦』

 過去28年で16回一致していて、近年では2013年〜2016年まで4年連続で一致していることになります。

 こうしてみると、強力な話題作(視覚的に強いインパクトがある作品)がある時は、ゴールデン・リール賞もアカデミー賞音響編集賞も同じ作品に引っ張られるようですが、そうでない場合は、それぞれ独自のチョイスをするようで、必ずしもどちらが「音響編集賞」にふさわしいとかいうことでもないようです。

 ◆米国アカデミー賞2018 音響編集賞(Achievement in sound editing) ノミネーション
 ・『ベイビー・ドライバー』 Julian Slater
 ・『ブレードランナー 2049』 マーク・マンジーニ(Mark Mangini)、テオ・グリーン(Theo Green)
 ・『ダンケルク』 リチャード・キング(Richard King)、Alex Gibson
 ・『シェイプ・オブ・ウォーター』 Nathan Robitaille、Nelson Ferreira
 ・『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』 マシュー・ウッド(Matthew Wood)、レン・クライス(Ren Klyce)

 現時点での米国アカデミー賞の受賞予想は、録音賞も音響編集賞も『ダンケルク』で、録音賞と音響編集賞を合わせた賞であるBAFTA英国アカデミー賞2018の録音賞(Sound)でも『ダンケルク』が受賞しています。
 ゴールデン・リール賞に従えば、『ブレードランナー 2049』にも逆転の目はありそうですが、どうでしょうか。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 *この記事がなかなか参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・米・音響協会賞(CAS)2018 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201801/article_42.html

 ・ゴールデン・リール賞2018 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201801/article_62.html
 ・ゴールデン・リール賞2017 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201702/article_1.html
 ・ゴールデン・リール賞2017 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201702/article_43.html
 ・ゴールデン・リール賞2016:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201602/article_53.html
 ・ゴールデン・リール賞2015:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201502/article_22.html
 ・ゴールデン・リール賞2014 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201401/article_52.html
 ・ゴールデン・リール賞2014 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201402/article_34.html
 ・ゴールデン・リール賞2013 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201301/article_48.html
 ・ゴールデン・リール賞2013 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201302/article_32.html
 ・ゴールデン・リール賞2012 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201201/article_46.html
 ・ゴールデン・リール賞2012 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201202/article_35.html
 ・ゴールデン・リール賞2011 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201101/article_47.html
 ・ゴールデン・リール賞2011 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201102/article_40.html
 ・ゴールデン・リール賞2010 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201002/article_40.html

 ・全米映画賞レース2017 前半戦の受賞結果をまとめてみました:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201712/article_38.html
 ・全米映画賞レース2017 後半戦の受賞結果をまとめてみました:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201712/article_85.html

 ・全米の映画賞について調べてみました:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201001/article_45.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2017年12月〜2018年3月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201712/article_47.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ゴールデン・リール賞(音響編集賞)2018 受賞結果 海から始まる!?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる