海から始まる!?

アクセスカウンタ

zoom RSS 米・撮影監督協会賞(ASC) 2018 受賞結果

<<   作成日時 : 2018/02/18 16:51   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 第32回米・撮影監督協会賞(ASC)の受賞結果が発表になりました。(2月17日)

画像

 【映画部門】

 ◆劇場公開作品部門(Theatrical Release)
 ◎ロジャー・ディーキンス, ASC, BSC 『ブレードランナー 2049』
 ・ブリュノ・デルボネル, ASC, AFC 『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』 
 ・ホイテ・ヴァン・ホイテマ, ASC, FSF, NSC 『ダンケルク』
 ・ダン・ローストセン(Dan Laustsen), DFF 『シェイプ・オブ・ウォーター』
 ・レイチェル・モリソン, ASC 『マッドバウンド 哀しき友情』

 ロジャー・ディーキンスは、2年ぶり15回目のノミネート。『ショーシャンクの空に』『バーバー』『007 スカイフォール』で受賞。2011年に生涯貢献賞を受賞。
 ブリュノ・デルボネルは、4年ぶり4回目のノミネート。2005年に『ロング・エンゲージメント』で受賞。
 ホイテ・ヴァン・ホイテマは、2012年に『裏切りのサーカス』でノミネートされて以来6年ぶり2回目のノミネート。
 ダン・ローストセンとレイチェル・モリソンは初ノミネート。

 ※ロジャー・ディーキンスは、ニューヨークで撮影中につき、代理で妻のJames Deakinsが登壇した。

 ◆スポットライト賞
 ※映画祭上映作品や限定公開作品、そのほか国際的に高い評価を受けた作品を対象とする。
 ・Máté Herbai, HSC 『心と体と』“On Body and Soul”(ハンガリー)(監督:イルディゴ・エンエディ)
 ・ミハイル・クリチマン(Mikhail Krichman), RGC 『ラブレス』(ロシア・仏・ベルギー・独)(監督:アンドレイ・ズビャギンツェフ)
 ◎Mart Taniel “November”(エストニア・オランダ・ポーランド)(監督:Rainer Sarnet)

 『心と体と』は、Camerimage 2017 メイン・コンペティション部門で金の蛙賞受賞。
 『ラブレス』は、Camerimage 2017 メイン・コンペティション部門で銀の蛙賞受賞。ヨーロッパ映画賞2017で撮影監督賞受賞。
 “November”は、トライベッカ映画祭2017 インターナショナル・ナラティヴ・コンペティション部門で撮影賞受賞。
 いずれの作品も、それぞれの国の米国アカデミー賞2018 外国語映画賞選出作品。
 3人とも撮影監督協会賞(ASC)初ノミネート。

画像

 【テレビ部門】

 ◆ノン・コマーシャル・テレビジョン シリーズ作品エピソード部門(Episode of a Series for Non-Commercial Television)
 ・ゴンサーロ・アマト(Gonzalo Amat) 『高い城の男』“The Man in the High Castle”-‘Land O’ Smiles’
 ◎アドリアーノ・ゴールドマン(Adriano Goldman), ASC, ABC 『ザ・クラウン』“The Crown”-‘Smoke and Mirrors’
 ・ロバート・マクラクラン(Robert McLachlan), ASC, CSC 『ゲーム・オブ・クローンズ』-‘The Spoils of War’
 ・グレゴリー・ミドルトン(Gregory Middleton), ASC, CSC 『ゲーム・オブ・クローンズ』-‘Dragonstone’
 ・アラスデア・ウォーカー(Alasdair Walker) 『アウトランダー』-‘The Battle Joined’

 アドリアーノ・ゴールドマンは、11年ぶり4回目のノミネート。2003年にTV作品、2007年にTV作品と『1970、忘れない夏』で受賞。これまでノミネートされるとすべて受賞。
 ロバート・マクラクランは、17年ぶり5回目のノミネート。無冠。
 他の3人は初ノミネート。
 『ゲーム・オブ・スローンズ』は6年連続ノミネート。前回も2作品がノミネートされて一方が受賞。2013年、2014年、2017年に受賞。
 『アウトランダー』は2年連続ノミネート。

画像

 ◆コマーシャル・テレビジョン シリーズ作品エピソード部門(Episode of a Series for Commercial Television)
 ・デイナ・ゴンザレス(Dana Gonzales), ASC 『レギオン』“Legion”-‘Chapter 1’
 ・デイヴィッド・グリーン(David Greene), ASC, CSC 『12モンキーズ』“12 Monkeys”-‘Mother’
 ・Kurt Jones 『オリジナルズ』“The Originals”-‘Bag of Cobras’
 ◎ボリス・モイソフスキ(Boris Mojsovski), CSC 『12モンキーズ』“12 Monkeys”-‘Thief’
 ・クレセンゾ・ノータライル(Crescenzo Notarile),ASC 『GOTHAM/ゴッサム』“Gotham”-‘The Executioner’

 デイヴィッド・グリーンは、2年ぶり4回目のノミネート。
 クレセンゾ・ノータライルは、2016年に『GOTHAM/ゴッサム』でノミネートされて以来2年ぶり2回目のノミネート。
 他の3人は初ノミネート。
 『GOTHAM/ゴッサム』は4年連続ノミネート。

画像

 ◆テレビ映画/ミニシリーズ/パイロット版部門(Motion Picture, Miniseries, or Pilot Made for Television
 ・Pepe Avila del Pino “The Deuce” (パイロット)
 ・Serge Desrosiers, CSC “Sometimes the Good Kill”
 ◎マシアス・ハーンドル(Mathias Herndl), AAC 『ジーニアス:世紀の天才 アインシュタイン』“Genius”-‘Chapter 1’
 ・シェリー・ジョンソン(Shelly Johnson), ASC “Training Day” (パイロット – “Apocalypse Now’)
 ・クリストファー・プロブスト(Christopher Probst), ASC 『MINDHUNTER/マインドハンター』“Mindhunter” (パイロット)

 シェリー・ジョンソンは、17年ぶり3回目のノミネート。
 他の4人は初ノミネート。

 【特別賞・名誉賞】

 ◆生涯貢献賞(The Lifetime Achievement Award)
 ◎ラッセル・カーペンター(Russell Carpenter), ASC
 80年代初めから撮影監督として活躍。『タイタニック』で米・撮影監督協会賞(ASC)と米国アカデミー賞にそれぞれ初めてノミネートされ、ともに受賞。(1998年)
 そのほかの作品には、『トゥルーライズ』、『交渉人』、『チャーリーズ・エンジェル』、『NOEL ノエル』、『スティヴ・ジョブズ』、『トリプルX:再起動』などがある。

画像

 ◆インターナショナル賞(The International Award)
 ◎ラッセル・ボイド(Russell Boyd), ASC, ACS
 70年代初めから活躍しているオーストラリア出身の撮影監督。『マスター・アンド・コマンダー』で米・撮影監督協会賞(ASC)と米国アカデミー賞にそれぞれ初めてノミネートされ、ともに受賞(2004年)。現在は長編映画からは離れている模様。
 そのほかの作品には、『ピクニックatハンギング・ロック』、『クロコダイル・ダンディー』、『フォーエヴァー・ヤング 時を越えた告白』、『ドクター・ドリトル』、『ゴーストライダー』、『ウェイバック -脱出6500km- 』などがある

画像

 ◆キャリア貢献賞 テレビ部門(The Career Achievement in Television Award)
 ◎アラン・カーソ(Alan Caso), ASC
 主な作品に、映画では『レインディア・ゲーム』、『エルモと毛布の大冒険』、『エンゾ宇宙に帰る』など、テレビでは、『デクスター 警察官は殺人鬼』、『ザ・アメリカンズ』、『HEROES REBORN/ヒーローズ・リボーン』、『アメリカン・ゴシック』がある。

画像

 ◆会長賞(The Presidents Award)
 ◎Stephen Lighthill, ASC
 70年代から活躍していて、アシストタント時代には『THX1138』や『トップガン』を手がけている。短編やドキュメンタリー、ビデオ作品が多い。

画像

 ◆理事会賞(Board of Governors Award)
 ◎アンジェリーナ・ジョリー

画像

 ◆ASC学生ヘリテージ賞(ASC Student Heritage Award)
 ◎在校生(Undergraduate):Logan Fulton “Widow”
 ◎卒業生(Graduate):Connor Ellmann “Snowplow”

 ◆ASCハスケル・ウェクスラー学生ドキュメンタリー賞(ASC Haskell Wexler Student Documentary Award)
 ◎Favienne Howsepian “Forever Home”

画像

 ◆The Bud Stone Award
 ◎Frieder Hochheim(Kinoflo Lighting Systems会長)

画像

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 映画部門について

 本年度の米・撮影監督協会賞(ASC)劇場公開作品部門のノミネーションと、米国アカデミー賞2018 撮影賞のノミネーションは、全く同じになっています。
 前哨戦でもロジャー・ディーキンスが大幅にリードしているので、米国アカデミー賞でもロジャー・ディーキンスの受賞(待望の初受賞)は間違いないところですね。

 ちなみに これまでの31回の米・撮影監督協会賞(ASC)劇場公開作品部門の受賞者のうち、オスカーを受賞しているのは13人で、直近の4回では3人が受賞しています。

 *この記事がなかなか参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・米・撮影監督協会賞(ASC)2018 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201801/article_32.html
 ・米・撮影監督協会賞(ASC)2017 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201601/article_23.html
 ・米・撮影監督協会賞(ASC)2017 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201702/article_11.html
 ・米・撮影監督協会賞(ASC)2016 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201602/article_25.html
 ・米・撮影監督協会賞(ASC)2015 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201501/article_32.html
 ・米・撮影監督協会賞(ASC)2015 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201502/article_12.html
 ・米・撮影監督協会賞(ASC)2014 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201401/article_25.html
 ・米・撮影監督協会賞(ASC)2014 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201402/article_6.html
 ・米・撮影監督協会賞(ASC)2013 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201301/article_26.html
 ・米・撮影監督協会賞(ASC)2013 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201302/article_22.html
 ・米・撮影監督協会賞(ASC)2012 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201201/article_22.html
 ・米・撮影監督協会賞(ASC)2012 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201202/article_25.html
 ・米・撮影監督協会賞(ASC)2011 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201101/article_23.html
 ・米・撮影監督協会賞(ASC)2011 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201102/article_24.html
 ・米・撮影監督協会賞(ASC)2010 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201001/article_18.html
 ・米・撮影監督協会賞(ASC)2010 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201003/article_1.html
 ・米・撮影監督協会賞(ASC)2009 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200901/article_7.html
 ・米・撮影監督協会賞(ASC)2009 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200902/article_20.html

 ・世界の女性撮影監督 80人 リスト!:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201611/article_30.html
 ・世界の女性撮影監督 80人 リスト!(続き):http://umikarahajimaru.at.webry.info/201611/article_31.html

 ・Camerimage 2017 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201711/article_31.html

 ・全米映画賞レース2017 前半戦の受賞結果をまとめてみました:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201712/article_38.html
 ・全米映画賞レース2017 後半戦の受賞結果をまとめてみました:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201712/article_85.html

 ・全米の映画賞について調べてみました:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201001/article_45.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2017年12月〜2018年3月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201712/article_47.html

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
米・撮影監督協会賞(ASC) 2018 受賞結果 海から始まる!?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる