海から始まる!?

アクセスカウンタ

zoom RSS アイスランド・アカデミー賞(Edda Awards) 2018 ノミネーション!

<<   作成日時 : 2018/02/13 20:53   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 アイスランド・アカデミー賞、第20回Edda Awards (Edduverðlaunin/The Icelandic Film and TV Awards)のノミネーションが発表になりました。(2月9日発表)

 本年度のエントリーは、長編映画が8本、ドキュメンタリーが13本、児童作品が10本、短編映画が9本、テレビ映画が5本、その他のテレビ作品が76本あり、全111本の中からノミネーションが決定されたと発表されています。(合計が合いませんが、「児童作品」は映画とテレビ作品でも数えられているということでしょうか。)

 本年度のノミネーションは、以下の通り。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 【映画部門】

 ※見やすくするために映画部門とテレビ部門を分けましたが、部門によっては、映画作品の中にテレビ作品が混じっています。

 ◆作品賞(Kvikmynd Ársins)
 ・“Svanurinn(The Swan)”(アイスランド・エストニア・独) 監督:Ása Helga Hjörleifsdóttir
 ・“Undir trénu(Under The Tree)”(アイスランド・デンマーク・ポーランド・独) 監督:Hafsteinn Gunnar Sigurðsson
 ・“Vetrarbræður(Vinterbrødre/Winter Brothers)”(デンマーク・アイスランド) 監督:Hlynur Pálmason

 “Svanurinn(The Swan)”は、トロント国際映画祭2017 DISCOVERY部門出品。
 “Undir trénu(Under The Tree)”は、ベネチア国際映画祭2017 Orizzonti部門出品。米国アカデミー賞2018 外国語映画賞 アイスランド代表。
 “Vetrarbræður(Vinterbrødre/Winter Brothers)”は、ロカルノ国際映画祭2017 インターナショナル・コンペティション部門出品。男優賞、エキュメニカル審査員賞 スペシャル・メンション、Europa Cinemas Label、ヤング審査員賞受賞。デンマーク・アカデミー賞2018 で、作品賞・監督賞を含む9部門受賞。

 ◆監督賞(Leikstjórn Ársins)
 ・Ása Helga Hjörleifsdóttir “Svanurinn(The Swan)”
 ・Hafsteinn Gunnar Sigurðsson “Undir trénu(Under The Tree)”
 ・Ragnar Bragason “Fangar(Fanga/Prisoners)”(アイスランド) [テレビ作品]

 ◆主演男優賞(Leikari í aðalhlutverki)
 ・Elliott Crosset Hove “Vetrarbræður(Vinterbrødre/Winter Brothers)”
 ・ヨハンネス・ハウクル・ヨハネッソン(Jóhannes Haukur Jóhannesson) 『ミッシング・チャイルド 〜呪いの十字架〜』“Ég man þig(I Remember You)”(アイスランド)(監督:オスカル・ソール・アクセルソン)
 ・Steinþór Hróar Steinþórsson “Undir trénu(Under The Tree)”

 Elliott Crosset Hoveは、ロカルノ国際映画祭2017 男優賞受賞。デンマーク・アカデミー賞2018主演男優賞受賞。

 ◆主演女優賞(Leikkona í aðalhlutverki)
 ・Edda Björgvinsdóttir “Undir trénu(Under The Tree)”
 ・Gríma Valsdóttir “Svanurinn(The Swan)”
 ・ハイダ・リード(Heiða Rún Sigurðardóttir(Heida Reed)) “Stellu Blómkvist(Stella Blómkvist)”(アイスランド) [テレビ作品]

 ◆助演男優賞(Leikari í aukahlutverki)
 ・ラース・ミケルセン(Lars Mikkelsen) “Vetrarbræður(Vinterbrødre/Winter Brothers)”
 ・シグルヅル・シグルヨンソン(Sigurður Sigurjónsson) “Undir trénu(Under The Tree)”
 ・ソルステイン・バフマン(Þorsteinn Bachmann) “Undir trénu(Under The Tree)”

 ◆助演女優賞(Leikkona í aukahlutverki)
 ・Nína Dögg Filippusdóttir “Fangar(Fanga/Prisoners)”
 ・Steinunn Ólína Þorsteinsdóttir “Fangar(Fanga/Prisoners)”
 ・Unnur Ösp Stefánsdóttir “Fangar(Fanga/Prisoners)”

 Nína Dögg Filippusdóttirは、前回『ハートストーン』で助演女優賞受賞。2年連続10回目のノミネート。2006年に脚本賞、2007年に作品賞、2011年に主演女優賞受賞。

 ◆脚本賞(Handrit)
 ・Ása Helga Hjörleifsdóttir “Svanurinn(The Swan)”
 ・Huldar Breiðfjörð、Hafsteinn Gunnar Sigurðsson “Undir trénu(Under The Tree)”
 ・Margrét Örnólfsdóttir、Ragnar Bragason “Fangar(Fanga/Prisoners)”

 ◆撮影賞(Kvikmyndataka)
 ・ヤーコプ・インギムンダルソン(Jakob Ingimundarson) 『ミッシング・チャイルド 〜呪いの十字架〜』“Ég man þig(I Remember You)”
 ・Martin Neumeyer “Svanurinn(The Swan)”
 ・アルニ・フィリップソン(Árni Filippusson) “Fangar(Fanga/Prisoners)”

 アルニ・フィリップソンは、『静寂の森の凍えた姉妹』などを手がける撮影監督。

 ◆編集賞(Klipping Ársins)
 ・Guðni Hilmar Halldórsson “Stellu Blómkvist(Stella Blómkvist)”
 ・Kristján Loðmfjörð “Undir trénu(Under The Tree)”
 ・ヴァルディス・オスカードゥティル(Valdís Óskarsdóttir)、Sigurður Eyþórsson、Sverrir Kristjánsson “Fangar(Fanga/Prisoners)”

 Kristján Loðmfjörðは、『ひつじ村の兄弟』などを手がける編集技師。
 ヴァルディス・オスカードゥティルは、『ロスト・リバー』『ミスター・ロンリー』『エターナル・サンシャイン』などを手がける編集技師。2年連続10回目のノミネート。2002年と2011年と2014年に受賞。

 ◆美術賞(Leikmynd Ársins)
 ・ハウカー・カールソン(Haukur Karlsson) “Stellu Blómkvist(Stella Blómkvist)”
 ・Heimir Sverrisson “Fangar(Fanga/Prisoners)”
 ・Snorri Freyr Hilmarsson “Undir trénu(Under The Tree)”

 ◆衣裳賞(Búningar Ársins)
 ・Eva Vala Guðjónsdóttir “Stellu Blómkvist(Stella Blómkvist)”
 ・ヘルガ・ロス・V・ハナム(Helga Rós V. Hannam) “Fangar(Fanga/Prisoners)”
 ・Sylvia Dögg Halldórsdóttir “Svanurinn(The Swan)”

 ヘルガ・ロス・V・ハナムは、前回『ハートストーン』で受賞。前々回『好きにならずにいられない』でノミネート。3年連続10回目のノミネート。2004年、2010年、2011年、2014年にも受賞。

 ◆メイキャップ&ヘア賞(Gervi Ársins)
 ・Kristín Júlla Kristjánsdóttir “Out of Thin Air”(英・アイスランド)(監督:Dylan Howitt)
 ・Áslaug Dröfn Sigurðardóttir “Stellu Blómkvist(Stella Blómkvist)”
 ・Áslaug Dröfn Sigurðardóttir “Fangar(Fanga/Prisoners)”

 Kristín Júlla Kristjánsdóttirは、4年連続4回目のノミネート。2015年と2016年(『ひつじ村の兄弟』)に受賞。
 Áslaug Dröfn Sigurðardóttirは、2年ぶり5&6回目のノミネート。2016年には『好きにならずにいられない』でノミネート。

 ◆視覚効果賞(Brellur Ársins)
 ・Kontrast、Davíð Jón Ögmundsson、Sigurgeir Arinbjarnarson、Arnar Jónsson “Stellu Blómkvist(Stella Blómkvist)”
 ・Pétur Karlsson “Svanurinn(The Swan)”
 ・The Gentlemen Broncos、Alexander Schepelern、Emil Pétursson、Snorri Freyr Hilmarsson “Undir trénu(Under The Tree)”

 Pétur Karlssonは、2年連続2回目のノミネート。前回『殺意の誓約』で受賞。

 ◆録音賞(Hljóð Ársins)
 ・Björn Viktorsson、Frank Mølgaard Knudsen、Sylvester Holm “Undir trénu(Under The Tree)”
 ・Huldar Freyr Arnarson、Pétur Einarsson、Daði Georgson “Fangar(Fanga/Prisoners)”
 ・Tina Andreas “Svanurinn(The Swan)”

 Björn Viktorssonは、3年連続7回目のノミネート。前々回『ひつじ村の兄弟』で受賞。
 Huldar Freyr Arnarsonは、7年連続9回目のノミネート。前々回『ひつじ村の兄弟』で受賞し、前回『殺意の誓約』で受賞していて、4連覇中。

 ◆音楽賞(Tónlist Ársins)
 ・Daníel Bjarnason “Undir trénu(Under The Tree)”
 ・グンネル・ティーネス(Gunnar Örn Tynes)、Örvar Smárason “Svanurinn(The Swan)”
 ・Pétur Ben “Fangar(Fanga/Prisoners)”

 ◆短編映画賞(Stuttmynd Ársins)
 ・“Atelier”(アイスランド・デンマーク/30 min) 監督:Elsa María Jakobsdóttir
 ・“Frelsun(Salvation)”(アイスランド・スウェーデン/25min) 監督:Thóra Hilmarsdóttir
 ・“Munda”(アイスランド/18 min 27 sec) 監督:Tinna Hrafnsdóttir

 “Atelier”は、レイキャビク国際映画祭2017 最優秀アイスランド短編映画賞受賞。
 “Munda”は、レイキャビク国際映画祭2017 最優秀アイスランド短編映画賞スペシャル・メンション受賞。

 ◆ドキュメンタリー賞(Heimildarmynd Ársins)
 ・“Háski fjöllin rumska”(アイスランド) 監督:Þórarinn Hávarðsson、Eiríkur Hafdal
 ・“Out of Thin Air”(英・アイスランド) 監督:Dylan Howitt
 ・“Reynir sterki”(アイスランド) 監督:Baldvin Zophoníasson

 “Out of Thin Air”は、HotDocs カナディアン国際ドキュメンタリー映画祭2017出品。シェフィールド国際ドキュメンタリー映画祭2017出品。

 【テレビ部門】

 ◆テレビ作品賞 ドラマ部門(Leikið sjónvarpsefni Ársins)
 ・“Fangar(Fanga/Prisoners)”
 ・“Loforð”
 ・“Stellu Blómkvist(Stella Blómkvist)”

 ◆エンタテインメント番組賞( Skemmtiþáttur Ársins)
 ・“Andri á flandri í túristalandi”
 ・“Áramótaskaup 2017”
 ・“Hulli 2”

 “Áramótaskaup”は、2年連続ノミネート。

 ◆青少年番組賞(Barna- og unglingaefni Ársins)
 ・“Loforð”
 ・“Sumarbörn”
 ・“Örkin”

 ◆ニュース・報道番組賞(Frétta- eða viðtalsþáttur Ársins)
 ・“Auðæfi hafsins 2”
 ・“Fósturbörn”
 ・“Kveikur”

 ◆ヒューマンライフ番組賞(Mannlífsþáttur Ársins) “[改称]
 ・“Hæpið”
 ・“Leitin að upprunanum”
 ・“Paradísarheimt”
 ・“Ævar vísindamaður”
 ・“Ævi”

 “Leitin að upprunanum”は、前回、ニュース・報道番組賞受賞。
 “Ævar vísindamaður”は、3年連続ノミネート。2016年と2017年はライフスタイル番組賞にノミネート。2016年に受賞。

 ◆文化番組賞(Menningarþáttur Ársins)
 ・“Framapot”
 ・“Kiljan”
 ・“Klassíkin okkar”
 ・“Opnun”
 ・“Tungumál framtíðarinnar”

 ◆TVパーソナリティー賞(Sjónvarpsmaður Ársins)
 ・Guðrún Sóley Gestsdóttir “Kastljós og Menninguna”
 ・Sigríður Halldórsdóttir “Ævi”
 ・Sigrún Ósk Kristjánsdóttir “Leitin að upprunanum”
 ・Sigyn Blöndal “Stundina okkar”
 ・Unnsteinn Manuel Stefánsson “Hæpið”

 Sigrún Ósk Kristjánsdóttirは、2年連続ノミネート。

 ◆レコーディング/通信制御賞(Upptöku- eða útsendingastjórn) “[新設]
 ・Helgi Jóhannesson、Vilhjálmur Siggeirsson “Söngvakeppnina 2017”
 ・Helgi Jóhannesson “Njálu”
 ・Jón Haukur Jensson “Voice Live”
 ・Þór Freysson “Kórar Íslands”
 ・Þór Freysson “Nýdönsk: sjálfshátíð í sjónvarpssal”

 Helgi JóhannessonとÞór Freyssonは、2作品ずつノミネート。

 ◆TV・オブ・ザ・イヤー(Sjónvarpsefni ársins – Almenn kosning á ruv.is)
 ・“Fangar(Fanga/Prisoners)”
 ・“Fósturbörn”
 ・“Kveikur”
 ・“Leitin að upprunanum”
 ・“Loforð”
 ・“Opnun”
 ・“Stellu Blómkvist(Stella Blómkvist)”
 ・“Ævi”
 ・“Örkin”

 “Leitin að upprunanum”は、2年連続ノミネート。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 映画部門の、主な作品のノミネート状況は、以下の通り。
 ・“Undir trénu(Under The Tree)”(12):作品・監督・主演男優・主演女優・助演男優・助演男優・脚本・編集・美術・視覚効果・録音・音楽
 ・“Svanurinn(The Swan)”(9):作品・監督・主演女優・脚本・撮影・衣裳・視覚効果・録音・音楽
 ・(3):作品・主演男優・助演男優
 ・『ミッシング・チャイルド 〜呪いの十字架〜』 “Out of Thin Air”(2):主演男優・撮影

 テレビ部門の、主な作品のノミネート状況は、以下の通り。
 ・“Fangar(Fanga/Prisoners)”(14):監督・助演女優・助演女優・助演女優・脚本・撮影・編集・美術・衣裳・メイク・録音・音楽・テレビ作品・イヤー
 ・“Stellu Blómkvist(Stella Blómkvist)”(8):主演女優・編集・美術・衣裳・メイク・視覚効果・テレビ作品・イヤー
 ・“Loforð”(3):テレビ作品・青少年・イヤー
 ・“Ævi”(3):ヒューマン・パーソナリティー・イヤー
 ・“Leitin að upprunanum”(3):ヒューマン・パーソナリティー・イヤー
 ・“Örkin”(2):青少年・イヤー
 ・“Fósturbörn”(2):ニュース・イヤー
 ・“Kveikur”(2):ニュース・イヤー
 ・“Hæpið”(2):ヒューマン・パーソナリティー
 ・“Opnun”(2):文化・パーソナリティー

 本年度の映画部門は、混戦です。

 2017年のアイスランド映画の中では、“Undir trénu(Under The Tree)”が突出していて、米国アカデミー賞2018 外国語映画賞 アイスランド代表にも選ばれ、ここでも最多ノミネートになっていますが、作品賞には、共同製作作品で、デンマーク・アカデミー賞2018も受賞している“Vetrarbræður(Vinterbrødre/Winter Brothers)”がノミネートされていて、“Undir trénu(Under The Tree)”を脅かしています。ただし、“Vetrarbræður(Vinterbrødre/Winter Brothers)”は、デンマークとの共同製作作品という認識があるためか、デンマークでは受賞したり、ノミネートされたりしている候補も全然ノミネートされておらず、控えめなノミネートになっています。

 さらに、作品賞には、全部門を通して最多14部門ノミネートの、テレビ・シリーズ作品“Fangar(Fanga/Prisoners)”もノミネートされています。2時間くらいの映画と、全編で320分もあるテレビ・シリーズを同列に並べて、どれが優れているかを競わせるのは、ちょっとフェアじゃないような気もしますが、規定に従えばそうなるということであれば、まあ仕方がありません。

 作品賞を“Undir trénu(Under The Tree)”に与え、“Fangar(Fanga/Prisoners)”にはテレビ作品賞 ドラマ部門を贈るのが、バランス感覚的にいいような気がしますが、さて、どうなるでしょうか。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 いくつかの作品を簡単に紹介しておきます。

 ・“Undir Trénu(Under The Tree)”(アイスランド・デンマーク・ポーランド・独) 監督:Hafsteinn Gunnar Sigurðsson
 出演:Steinþór Hróar Steinþórsson、Edda Björgvinsdóttir、シグルヅル・シグルヨンソン(Sigurður Sigurjónsson)、Lára Jóhanna Jónsdóttir
 物語:Agnesは、夫のAtlaが、アダルトビデオを観ているのを知って、夫を家から追い出し、4歳の娘に会わせまいとする。Atlaは、両親の家に逃げ込む。両親の家の庭には、大きくて美しい木が生えていて、近隣に大きな影を作っている。Atlaは、何としても娘に会おうとして、近所との争いが拡大していく。家屋敷がダメージを受け、ペットが謎の失踪を遂げ、防犯カメラが取り付けられる。チェーンソーまで見かけたという噂が立つ。
 ベネチア国際映画祭2017 Orizzonti部門出品。
 トロント国際映画祭2017 CONTEMPORARY WORLD CINEMA部門出品。
 ファンタスティック・フェスト2017出品。監督賞長編コメディー部門受賞。
 チューリヒ映画祭2017出品。インターナショナル・コンペティション部門出品。作品賞スペシャル・メンション受賞。
 ハンプトンズ国際映画祭2017出品。長編ナラティヴ作品賞受賞。
 シカゴ国際映画祭2017出品。
 ミドルバーグ映画祭2017出品。
 バリャドリッド国際映画祭2017出品。
 フィラデルフィア映画祭2017出品。
 ライデン国際映画祭2017出品。
 デンバー映画祭2017出品。クシシュトフ・キェシロフスキ賞(最優秀作品賞)受賞。
 テッサロニキ国際映画祭2017出品。
 米国アカデミー賞2018 外国語映画賞 アイスランド代表。
 パームスプリングス国際映画祭2018出品。
 マイアミ映画祭2018出品。

画像

 ・“The Swan(Svanurinn)”(アイスランド・エストニア・独) 監督:Ása Helga Hjörleifsdóttir
 物語:Sólは、アイスランドの9歳の少女。両親は、離婚していて、彼女は母親と暮らしているが、シングルマザーの母親にはSólは手に負えなくなっている。Sólは、店で万引きをして、罰として、夏の間、アイスランドの田舎の農場に手伝いに行かされる。Sólは、農夫のJónと娘のÁstaの許に預けられるが、彼女は思いがけずそこで自由を発見する。
 アイスランドの作家グドベルグー・ベルグッソンの“Svanurinn”(白鳥の少女)(1991)の映画化。
 初監督長編。
 トロント国際映画祭2017 DISCOVERY部門出品。
 ハンブルク・フィルム・フェスト2017出品。
 ライデン国際映画祭2017出品。
 テッサロニキ国際映画祭2017出品。
 Scanorama映画祭ヴィリニュス2017出品。
 カイロ国際映画祭2017出品。シネマ・オブ・トゥモロー賞受賞。

画像

 ・“Vetrarbræður(Vinterbrødre/Winter Brothers)”(デンマーク・アイスランド) 監督:Hlynur Pàlmason
 出演:Elliott Crosset Hove、Simon Sears、Victoria Carmen Sonne、ペーター・プラウボー(Peter Plaugborg)、ラース・ミケルセン(Lars Mikkelsen)
 物語:寒い冬。石灰石の採掘場。外界からは完全に遮断され、夜と昼は溶け合い、粉塵がすべてのものを灰色に変える。弟のEmilと兄Johanは、ここで働いている。彼らの、決まり事、習慣、儀式が描かれる。とまどわせるようなサウンドと抽象的なヴィジュアルが、抑えつけられた生活のイメージを直情的に伝える。緊張と暴力が今にも破裂しそうになっている。Emilは、他者と親しく生活し、働きたいと思っているが、ここでは人間的なつながりも異性とのつきあいも痛々しいほどに欠落している。それで、彼は、VHSの妄想の中や、自家製の酒やマンガに慰めを見出そうとする。ここには、温かさも冷たさもなく、善も悪もない。ただ震えるような存在があり、振り払うには、ワイルドでハードだ。
 2016年5月に、デンマークのFaxeにて、6週間かけて16mmで撮影された。
 日本にも短編『七隻の船』が紹介されているHlynur Pálmasonの初監督長編。
 ロカルノ国際映画祭2017 インターナショナル・コンペティション部門出品。男優賞(Elliot Crosset Hove)、エキュメニカル審査員賞 スペシャル・メンション、Europa Cinemas Label、ヤング審査員賞受賞。
 ニュー・ホライズンズ映画祭2017出品。国際批評家連盟賞オナラブル・メンション受賞。
 ノルウェー国際映画祭2017出品。
 トロント国際映画祭2017 DISCOVERY部門出品。
 オルデンブルク映画祭2017出品。
 レイキャビク国際映画祭2017出品。
 バンクーバー国際映画祭2017出品。
 CPH:PIX 2017 New Talent Grand Pix受賞。
 ハイファ国際映画祭2017出品。
 BFIロンドン映画祭2017 第1回作品コンペティション部門出品。
 釜山国際映画祭2017フラッシュ・フォワード部門出品。
 ムンバイ映画祭2017出品。
 La Roche-sur-Yon国際映画祭2017出品。
 シカゴ国際映画祭2017出品。
 セビリヤ・ヨーロッパ映画祭2017出品。撮影賞受賞。
 AFIフェスト2017出品。
 Camerimage2017撮影監督コンペティション部門出品。最優秀撮影デビュー賞受賞。
 テッサロニキ国際映画祭2017 インターナショナル・コンペティション部門出品。監督賞、録音賞スペシャル・メンション受賞。
 デンマーク・アカデミー賞2018 作品賞、監督賞、主演男優賞(Elliott Crosset Hove)、助演女優賞(Victoria Carmen Sonne)、撮影賞、美術賞、衣裳賞、メイキャップ賞、録音賞受賞。助演男優賞(ラース・ミケルセン)、助演男優賞(Simon Sears)、脚本賞、編集賞、作曲賞、観客賞ノミネート。
 デンマーク映画批評家協会賞2018 作品賞、主演男優賞(Elliott Crosset Hove)、助演男優賞(Simon Sears)ノミネート。


 ・“Atelier”(アイスランド・デンマーク/30 min) 監督:Elsa María Jakobsdóttir
 物語:ひとりの若い女性が、カオス化した生活を逃れて、モダンなスタジオ・ユートピアにやってくる。ひとりのアーティストのアコースティックなインスタレーションが、平和を乱し、緊張が高まる。そこにもう1つの要素が加わる。それは、その建物だ。
 カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭2017出品。
 レイキャビク国際映画祭2017 最優秀アイスランド短編映画賞受賞。


 ・“Munda”(アイスランド/18 min27 sec) 監督:Tinna Hrafnsdóttir
 物語:Mundaは、60歳の女性牧師で、40年間、秘密のオブセッションを抱えている。引退に追い込まれて、すべてを失う瀬戸際に立った彼女は、自分の恐れと願望に向き合う覚悟を決める。
 ワルシャワ国際映画祭2017出品。
 レイキャビク国際映画祭2017 最優秀アイスランド短編映画賞 スペシャル・メンション受賞。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 このところ、アイスランド映画は、年に1〜2本は、日本でも劇場公開されたり、映画祭で上映されたりしているので、上記作品のいくつかも日本で観られるんじゃないでしょうか。

 受賞結果の発表は、2月25日です。

 *この記事がなかなか参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・アイスランド・アカデミー賞(Edda Awards)2017 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201702/article_5.html
 ・アイスランド・アカデミー賞(Edda Awards)2017 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201703/article_5.html
 ・アイスランド・アカデミー賞(Edda Awards)2016 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201605/article_22.html
 ・アイスランド・アカデミー賞(Edda Awards) 2014 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201401/article_84.html
 ・アイスランド・アカデミー賞(Edda Awards) 2014 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201402/article_43.html
 ・アイスランド・アカデミー賞(Edda Awards) 2013:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201305/article_5.html
 ・アイスランド・アカデミー賞(Edda Awards) 2011:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201102/article_41.html

 ・各国アカデミー賞 一覧:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201306/article_28.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2017年12月〜2018年3月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201712/article_47.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
アイスランド・アカデミー賞(Edda Awards) 2018 ノミネーション! 海から始まる!?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる