海から始まる!?

アクセスカウンタ

zoom RSS 国際映画音楽批評家協会賞2018 『おんな城主 直虎』『蒼き革命のヴァルキュリア』もノミネート!

<<   作成日時 : 2018/02/10 07:35   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 第14回国際映画音楽批評家協会賞(IMFCA:The International Film Music Critics Association)のノミネーションが発表になりました。(2月8日)

 【国際映画音楽批評家協会】
 国際映画音楽批評家協会(IMFCA:The International Film Music Critics Association)は、オンライン、紙媒体、ラジオ等で、映画音楽やTV音楽を中心に執筆活動を行なっているジャーナリストの団体で、メンバーはアメリカとヨーロッパ全土に及び、メンバー数は現在71人を数えています。
 元々は、スウェーデンの編集者でジャーナリストのMikael Carlsson(filmmusicradio.com や filmmusicmag.comで活躍し、現在はスウェーデン・インディペンデント映画音楽レーベルMovieScore Mediaのオーナー)が90年代後半に始めた映画音楽批評家賞(Film Music Critics Jury)が元になっています。
 会員に日本人はいないようですが、時々、日本人がノミネートされることもあり、久石譲は2007年に『太王四神記』でテレビ部門賞を、2012年に『ニノ国 白き聖灰の女王』でビデオ・ゲーム/インタラクティヴ・メディア部門賞を、2014年に『風立ちぬ』でアニメーション部門賞を受賞しています。

 公式HP:http://filmmusiccritics.org/

画像

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 ◆作曲賞(Film Score of The Year)
 ・『ファントム・スレッド』 ジョニー・グリーンウッド
 ・『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』 ジョン・ウィリアムズ
 ・『シェイプ・オブ・ウォーター』 アレクサンドル・デプラ
 ・『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』 ジョン・ウィリアムズ
 ・『猿の惑星: 聖戦記』 マイケル・ジアッキノ

 米国アカデミー賞2018オリジナル作曲賞ノミネーションと一致したのは、『ファントム・スレッド』、『シェイプ・オブ・ウォーター』、『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』。米国アカデミー賞2018オリジナル作曲賞にノミネートされている残り2作品は『ダンケルク』(ハンス・ジマー)と『スリー・ビルボード』(カーター・バーウェル)。

 ◆作曲家賞(Film Composer of The Year)
 ・アレクサンドル・デプラ
 ・マイケル・ジアッキノ
 ・ダニエル・ペンパートン
 ・ベンジャミン・ウォールフィッシュ(Benjamin Wallfisch)
 ・ジョン・ウィリアムズ

 ◆ブレイクスルー作曲家賞(Breakthrough Composer of the Year)
 ・マイケル・アーベルス(Michael Abels)
 ・Anne-Kathrin Dern
 ・ジョージ・カリス(George Kallis)
 ・Alejandro Vivas
 ・Christopher Willis

 ◆楽曲賞(Film Music Composition of The Year)
 ・『猿の惑星: 聖戦記』-‘End Credits’ マイケル・ジアッキノ
 ・『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』-‘Finale’ ジョン・ウィリアムズ
 ・『キング・アーサー』-‘Growing Up In Londinium’ ダニエル・ペンパートン
 ・『オリエント急行殺人事件』ー‘Justice’ パトリック・ドイル
 ・『ボス・ベイビー』-‘Love’ ハンス・ジマー、スティーヴ・マッサーロ(Steve Mazzaro)、コンラッド・ポープ(Conrad Pope)

 米国アカデミー賞2018 オリジナル歌曲賞の有資格作品にもなっていない楽曲ばかりです。

 ◆オリジナル作曲賞ドラマ部門(Best Original Score For A Drama Film)
 ・“All The Money In The World” ダニエル・ペンパートン
 ・『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』 ダリオ・マリアネッリ
 ・『オリエント急行殺人事件』 パトリック・ドイル
 ・『ファントム・スレッド』 ジョニー・グリーンウッド
 ・『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』 ジョン・ウィリアムズ

 ◆オリジナル作曲賞コメディー部門(Best Original Score For A Comedy Film)
 ・“The Death of Stalin” Christopher Willis
 ・『ダウンサイズ』 ロルフ・ケント(Rolfe Kent)
 ・“Knock” Cyrille Aufort
 ・『パディントン2』 ダリオ・マリアネッリ
 ・『人生はシネマティック!』 レイチェル・ポートマン

 ◆オリジナル作曲賞アクション/アドベンチャー/スリラー部門(Best Original Score For An Action/Adventure/Thriller Film)
 ・『キュア 〜禁断の隔離病棟〜』“A Cure for Wellness” ベンジャミン・ウォールフィッシュ(Benjamin Wallfisch)
 ・『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』 ヘンリー・ジャックマン
 ・『キング・アーサー』 ダニエル・ペンパートン
 ・『クリミナル・プラン 完全なる強奪計画』 パスカル・ゲイニュ(Pascal Gaigne)
 ・“The Rendezvous” Austin Wintory

 ◆オリジナル作曲賞ファンタジー/SF/ホラー部門(Best Original Score For A Fantasy/Science Fiction/Horror Film)
 ・『ゲット・アウト』 マイケル・アーベルス(Michael Abels)
 ・『シェイプ・オブ・ウォーター』 アレクサンドル・デプラ
 ・『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』 ジョン・ウィリアムズ
 ・『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』 アレクサンドル・デプラ
 ・『猿の惑星: 聖戦記』 マイケル・ジアッキノ

 ◆オリジナル作曲賞アニメーション部門(Best Original Score For An Animated Feature)
 ・“Captain Underpants: The First Epic Movie” セオドア・シャピロ
 ・『リメンバー・ミー』 マイケル・ジアッキノ
 ・『絵文字の国のジーン』 パトリック・ドイル
 ・“Ferdinand” ジョン・パウエル
 ・『ゴッホ 最期の手紙』 クリント・マンセル

 “Captain Underpants: The First Epic Movie”と『リメンバー・ミー』と『ゴッホ 最期の手紙』は、アニー賞2018 音楽賞ノミネート。

 ◆オリジナル作曲賞ドキュメンタリー部門(Best Original Score For A Documentary Feature)
 ・“Blue Planet II” ハンス・ジマー、Jacob Shea、David Fleming
 ・“Boston” ジェフ・ビール(Jeff Beal)
 ・“Earth: One Amazing Day” アレックス・ヘッフェス
 ・“Jane” フィリップ・グラス
 ・“Mully” ベンジャミン・ウォールフィッシュ

 ◆オリジナル作曲賞テレビ部門(Best Original Score For Television) [改称]
 ・『またの名をグレイス』 ジェフ・ダナ、マイケル・ダナ
 ・『ゲーム・オブ・スローンズ』 ラミン・ジャヴァディ(Ramin Djawadi)
 ・『おんな城主 直虎』 菅野よう子
 ・“The Orville” ブルース・ブロートン(Bruce Broughton)、ジョン・デヴニー、ジョエル・マクニーリー、Andrew Cottee
 ・“Tiempos De Guerra” Federico Jusid

 ◆オリジナル作曲賞ビデオ・ゲーム/インタラクティヴ・メディア部門(Best Original Score For A Video Game or Interactive Media)
 ・“Deformers” Austin Wintory
 ・“Divide” Chris Tilton
 ・“Get Even” Olivier Deriviére
 ・“Rime” David García Díaz
 ・『蒼き革命のヴァルキュリア』“Valkyria: Azure Revolution” 光田康典

 ◆最優秀ニュー・アルバム 既存曲再リリース部門(Best New Archival Release – Re-Release of An Existing Score)
 ・『ベン・ハー』 音楽:ミクロス・ロージャ(Miklós Rózsa) プラハ市フィルハーモニー管弦楽団&コーラス 指揮:Nic Raine アルバム・プロデュース:James Fitzpatrick ライナー・ノーツ:Frank K. De Wald アルバム・アート・ディレクション:James Fitzpatrick、Gareth Bevan、Nic Finch (Tadlow)
 ・『未知との遭遇』 音楽:ジョン・ウィリアムズ アルバム・プロデュース:Mike Matessino ライナー・ノーツ:Mike Matessino アルバム・アート・ディレクション:Jim Titus (La-La Land)
 ・『世界が燃えつきる日』 音楽:ジェリー・ゴールドスミス アルバム・プロデュース:Nick Redman & Mike Matessino ライナー・ノーツ:Julie Kirgo アルバム・アート・ディレクション:Kay Marshall (Intrada)
 ・『白昼の決闘』 音楽:ディミトリー・ティオムキン プラハ市フィルハーモニー管弦楽団&コーラス 指揮:Nic Raine アルバム・プロデュース:James Fitzpatrick ライナー・ノーツ:Frank K. De Wald アルバム・アート・ディレクション:Jim Titus (Tadlow/Prometheus)
 ・『E.T.』 音楽:ジョン・ウィリアムズ アルバム・プロデュース:Mike Matessino And Bruce Botnick ライナー・ノーツ:Mike Matessino アルバム・アート・ディレクション:Jim Titus (La-La Land)

 ◆映画音楽コンピレーション・アルバム部門(Best Film Music Compilation Album)
 ・“Captains Courageous: The Franz Waxman Collection” 音楽:フランツ・ワックスマン(Franz Waxman) アルバム・プロデュース:Douglass Fake ライナー・ノーツ:Frank K. De Wald アルバム・アート・ディレクション:Kay Marshall And Joe Sikoryak (Intrada)
 ・“Debbie Wiseman: Live At The Barbican” 音楽:デビー・ワイズマン ギルドホール音楽院交響楽団 指揮:デビー・ワイズマン アルバム・プロデュース:デビー・ワイズマン、Reynold Da Silva、David Stoner、Pete Compton ライナー・ノーツ:デビー・ワイズマン アルバム・アート・ディレクション:Stuart Ford (Silva Screen)
 ・“John Williams And Steven Spielberg: The Ultimate Collection” 音楽:ジョン・ウィラムズ アルバム・プロデュース:Laura Zsaka & Jamie Richardson ライナー・ノーツ:Jon Burlingame アルバム・アート・ディレクション:Amelia Tubb (Sony Classical)
 ・“Thriller” 音楽:ジェリー・ゴールドスミス プラハ市フィルハーモニー管弦楽団&コーラス 指揮:Nic Raine アルバム・プロデュース:James Fitzpatrick & Leigh Phillips ライナー・ノーツ:Jon Burlingame アルバム・アート・ディレクション:Matthew Wright And Nic Finch (Tadlow)
 ・“The Wild Wild West” 音楽:様々な作曲家 アルバム・プロデュース:Jon Burlingame ライナー・ノーツ:Jon Burlingame アルバム・アート・ディレクション:Jim Titus (La-La Land)

 ◆最優秀レーベル賞(Film Music Record Label of The Year)
 ・Caldera Records Stephan Eicke
 ・Intrada Records Douglass Fake & Roger Feigelson
 ・La-La Land Records Mv Gerhard &And Matt Verboys
 ・Quartet Records José M. Benitez
 ・Tadlow Music James Fitzpatrick

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 主な作曲家のノミネート状況は、以下の通り。

 ・ジョン・ウィリアムズ(9):作曲・作曲・作曲家・楽曲・ドラマ・ファンタジー・既存曲・既存曲・コンピレーション
 ・マイケル・ジアッキノ(5):作曲・作曲家・楽曲・ファンタジー・ファンタジー
 ・アレクサンドル・デプラ(4):作曲・作曲家・ファンタジー・ファンタジー
 ・ダニエル・ペンパートン(4):作曲家・楽曲・ドラマ・アクション
 ・ベンジャミン・ウォールフィッシュ(3):作曲家・アクション・ドキュメンタリー
 ・パトリック・ドイル(3):楽曲・ドラマ・アニメーション
 ・ジョニー・グリーンウッド(2):作曲・ドラマ
 ・マイケル・アーベルス(2):ブレイク・ファンタジー
 ・Christopher Willis(2):ブレイク・コメディー
 ・ハンス・ジマー(2):楽曲・コメディー
 ・ダリオ・マリアネッリ(2):ドラマ・コメディー
 ・Austin Wintory(2):アクション・ゲーム
 ・ジェリー・ゴールドスミス(2):既存曲・コンピレーション

 ジョン・ウィリアムズは、2004度からのトータルの受賞数が16でトップとなっていますが、年ごとのノミネート/受賞数では毎年ずっとトップなわけでもなく、たとえば、2016年は6部門でノミネートされて最多ノミネートになり、3部門で受賞して最多受賞になっていますが、2017年はわずか1部門のノミネート&受賞にとどまっています。
 今回は、『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』だけで3部門もノミネートされているので、『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』が評価されたことが大きい、ということになるでしょうか。

 受賞結果の発表は、2月22日です。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 *この記事がなかなか参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・米国アカデミー賞2018 オリジナル作曲賞候補 141タイトル:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201712/article_76.html
 ・米国アカデミー賞2018 オリジナル歌曲賞候補70曲:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201712/article_75.html

 ・国際映画音楽批評家協会賞2017 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201702/article_25.html
 ・国際映画音楽批評家協会賞2017 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201702/article_48.html
 ・国際映画音楽批評家協会賞2016 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201602/article_28.html
 ・国際映画音楽批評家協会賞2016 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201602/article_34.html
 ・国際映画音楽批評家協会賞2015 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201502/article_23.html
 ・国際映画音楽批評家協会賞2014 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201402/article_17.html
 ・国際映画音楽批評家協会賞2014 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201402/article_39.html
 ・国際映画音楽批評家協会賞2013 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201302/article_15.html
 ・国際映画音楽批評家協会賞2013 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201302/article_39.html
 ・国際映画音楽批評家協会賞2012 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201202/article_22.html
 ・国際映画音楽批評家協会賞2012 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201202/article_41.html
 ・国際映画音楽批評家協会賞2011 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201102/article_28.html
 ・国際映画音楽批評家協会賞2011 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201102/article_47.html
 ・国際映画音楽批評家協会賞2010 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201002/article_22.html
 ・国際映画音楽批評家協会賞2010 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201003/article_5.html
 ・国際映画音楽批評家協会賞2009 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200901/article_20.html
 ・国際映画音楽批評家協会賞2009 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200902/article_24.html

 ・全米映画賞レース2017 前半戦の受賞結果をまとめてみました:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201712/article_38.html
 ・全米映画賞レース2017 後半戦の受賞結果をまとめてみました:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201712/article_85.html

 ・全米の映画批評家協会系映画賞について調べてみました:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201101/article_2.html

 ・全米の映画賞について調べてみました:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201001/article_45.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2017年12月〜2018年3月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201712/article_47.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
国際映画音楽批評家協会賞2018 『おんな城主 直虎』『蒼き革命のヴァルキュリア』もノミネート! 海から始まる!?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる