海から始まる!?

アクセスカウンタ

zoom RSS アニー賞2018受賞結果!『リメンバー・ミー』が史上最多11部門受賞。

<<   作成日時 : 2018/02/04 21:51   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 第45回アニー賞のノミネーションです。(12月4日発表)

 【映画部門】

 ※一部、受賞者のみ、書き出します。

 ◆最優秀長編アニメーション賞(Best Animated Feature)
 ・“Captain Underpants: The First Epic Movie” 監督:デイヴィッド・ソーレン(David Soren)
 ・『カーズ/クロスロード』
 ◎『リメンバー・ミー』
 ・『怪盗グルーのミニオン大脱走』
 ・『ボス・ベイビー』


 ◆最優秀監督賞(Outstanding Achievement for Directing in an Animated Feature Production)
 ◎『リメンバー・ミー』 監督:リー・アンクリッチ 共同監督:エイドリアン・モリーナ
 ・“The Big Bad Fox & Other Tales”(仏) 監督:バンジャマン・レネール(Benjamin Renner)、Patrick Imbert
 ・『ボス・ベイビー』 監督:トム・マクグラス
 ・“The Breadwinner”(アイルランド・カナダ・ルクセンブルク) 監督:ノラ・トゥーミー(Nora Twomey)
 ・『レゴバットマン ザ・ムービー』(米・デンマーク) 監督:クリス・マッケイ


 ◆最優秀脚本賞(Outstanding Achievement for Writing in an Animated Feature Production)
 ◎『リメンバー・ミー』 エイドリアン・モリーナ、マシュー・アルドリッチ(Matthew Aldrich)
 ・『ゴッホ 最期の手紙』 ドロタ・コビエラ、ヒュー・ウェルチマン、ヤツェク・デネル(Jacek Dehnel)
 ・『メアリと魔女の花』“Mary and The Witch’s Flower” 坂口理子、米林宏昌、David Freedman、Lynda Freedman
 ・“The Breadwinner” Anita Doron


 ◆最優秀編集賞(Outstanding Achievement for Editorial in an Animated Feature Production)
 ◎『リメンバー・ミー』 スティーヴ・ブルーム(Steve Bloom)、リー・アンクリッチ、Greg Snyder、Tim Fox


 ◆最優秀視覚効果賞(Outstanding Achievement for Animated Effects in an Animated Production)
 ◎『リメンバー・ミー』
 Effects Artist: Shaun Galinak、Jason Johnston、Carl Kaphan Effects Lead: Dave Hale、Keith Daniel Klohn


 ◆最優秀音楽賞(Outstanding Achievement for Music in an Animated Feature Production)
 ◎『リメンバー・ミー』 作曲: マイケル・ジアッキノ 作曲・作詞: クリスティン・アンダーソン=ロペス(Kristen Anderson-Lopez)、ロバート・ロペス(Robert Lopez)、作曲: ジャーメイン・フランコ(Germaine Franco)、作詞:エイドリアン・モリーナ


 ◆最優秀キャラクター・アニメーション賞(Outstanding Achievement for Character Animation in a Feature Production)
 ◎『リメンバー・ミー』 アニメーター:John Chun Chiu Lee キャラクター:全キャラクター


 ◆最優秀美術賞(Outstanding Achievement for Production Design in an Animated Feature Production)
 ◎『リメンバー・ミー』 プロダクション・デザイン:Harley Jessup、Danielle Feinberg、Bryn Imagire、Nathaniel McLaughlin、Ernesto Nemesio、Tom Cardone、Arden Chan
 ・“Ferdinand” プロダクション・デザイン:Andrew Hickson、Mike Lee、Jason Sadler
 ・『フェリシーと夢のトウシューズ』 プロダクション・デザイン:Florent Masurel、Pierre-Antoine Moelo、Julien Meillard、Jean-Jacques Cournoyer
 ・『メアリと魔女の花』“Mary and The Witch’s Flower” プロダクション・デザイン:久保友孝、今井伴也、中村聡子
 ・“The Breadwinner” プロダクション・デザイン:Ciaran Duffy、Julien Regnard、Daby Zainab Faidhi


 ◆最優秀キャラクター・デザイン賞(Outstanding Achievement for Character Design in an Animated Feature Production)
 ◎『リメンバー・ミー』
 Character Art Director: Daniel Arriaga(キャラクター:全キャラクター) Additional Character Art Direction: Daniela Strijleva(キャラクター:全キャラクター) Character Design/Sculptor: Greg Dykstra(キャラクター:全キャラクター) Character Modeller: Alonso Martinez(キャラクター:全キャラクター) キャラクター・デザイナー:Zaruhi Galstyan(キャラクター:全キャラクター)


 ◆最優秀絵コンテ賞(Outstanding Achievement for Storyboarding in an Animated Feature Production)
 ◎『リメンバー・ミー』 ストーリーボード・アーティスト:Dean Kelly


 ◆最優秀ボイス・キャスト賞(Outstanding Achievement for Voice Acting in an Animated Feature Production)
 ◎『リメンバー・ミー』 アンソニー・ゴンザレス(ミゲル)


 ◆短編アニメーション賞(Best Animated Short Subject)
 ◎“Dear Basketball”(米) 監督:グレン・キーン(Glen Keane)
 ・『ハリネズミの家』“Hedgehog’s Home”(カナダ・クロアチア) 監督:エヴァ・ツヴィヤノヴィッチ(Eva Cvijanović)
 ・『Negative Space』“Negative Space”(仏) 監督:マックス・ポーター(Max Porter)、桑畑かほる(Ru Kuwahata)
 ・“Scavengers”(米) 監督:Joseph Bennett、Charles Huettner
 ・“Son of Jaguar”(米) 監督:ホルヘ・R・グティエレス(Jorge R. Gutiérrez)、ヤン・ピンカヴァ

 “Dear Basketball”と『Negative Space』は、米国アカデミー賞2018 短編アニメーション賞ショートリスト。


 ◆学生作品賞(Best Student Film)
 ◎“Poles Apart”(英) 監督:パロマ・バエザ(Paloma Baeza) プロデューサー:Ser En Low、全学生クルー


 ◆インディペンデント作品賞(Best Animated Feature-Independent)
 ・『この世界の片隅に』“In This Corner of the World”(日) 監督:片淵須直
 ・『ゴッホ 最期の手紙』
 ・『ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜』“Napping Princess”(日) 監督:神山健治
 ・“The Big Bad Fox & Other Tales”
 ◎“The Breadwinner”


 ◆最優秀キャラクター・アニメーション賞 実写映画部門(Outstanding Achievement for Character Animation in a Live Action Production)
 ・『ゲーム・オブ・スローンズ』- S7 Ep.6 Beyond The Wall
 Animation Supervisor: Paul Story Animation Lead: Todd Labonte Creatures Lead: Matthew Muntean Senior Modeller: Cajun Hylton Texture Artist: Georgy Arevshatov
 ・『ガーディアン・オブ・ギャラクシー:リミックス』
 Animation Supervisor: Arslan Elver Lead Animator: Liam Russell、Alvise Avati、Alessandro Cuicci
 ・『キングコング: 髑髏島の巨神』
 Animation Supervisor: Jance Rubinchik Animation Lead: Adrian Millington アニメーター: Alberto Martinez Arce、Kyle Winkelman
 ・『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』
 Senior Facial Modeller: Andrei Coval Animation Supervisor: Paul Story、Eric Reynolds Shader TD: Olivier Lesaint Shader TD: Artur Vill
 ◎『猿の惑星:聖戦記』
 Animation Supervisor: Daniel Barrett、Sidney Kombo Kintombo、Emile Ghorayeb Lead Motion Editor: Luisma Lavin Peredo Lead Facial Modeller: Alessandro Bonora


 ◆最優秀長編アニメーション賞 特別制作作品部門(Best Animated Special Production)
 ・Imaginary Friend Society “Feeling Sad”(米) 監督:Uri Lotan
 ・『アナと雪の女王/家族の思い出』“Olaf’s Frozen Adventure”
 ・『ピッグ - 丘の上のダム・キーパー』“Pig: The Dam Keeper Poems”(日・米) 監督:エリック・オー
 ◎『へそまがり昔ばなし』“Revolting Rhymes(Es War Einmal... Nach Roald Dahl)”(独・英) 監督:ヤン・ラシャウア(Jan Lachauer)、ヤコブ・シュー(Jakob Schuh)
 ・『ラプンツェル あたらしい冒険』“Tangled Before Ever After”(米) 監督:トム・コーフィールド(Tom Caulfield)、スティーヴン・サンドヴァル(Stephen Sandoval)

 『へそまがり昔ばなし』は、米国アカデミー賞2018 短編アニメーション賞ショートリスト。


 ※公式サイトでは、作品を対象としたPRODUCTION CATEGORIESと、個人を対象としたINDIVIDUAL ACHIEVEMENT CATEGORIESに分けられていますが、ここでは、映画部門とテレビ部門に分けて記載しています。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 これまでのアニー賞映画部門の最多ノミネートは16、最多受賞は受賞可能だった部門が10部門だった時代の2009年に『カンフー・パンダ』が作った10)でした(さらに関連作品でビデオ・ゲーム部門も受賞。その後、2011年にも『ヒックとドラゴン』も10部門を制覇していますが、2012年に編集賞が新設され、最大11部門で受賞が可能となりました。しかし、2016年に『インサイド・ヘッド』が視覚効果賞を除く10部門で受賞したのが最多で、11部門を制覇する作品はなかなか出てきませんでした。
 今回、『リメンバー・ミー』が11部門を制覇したことで、新しい記録を打ち立てたことになります。

 【テレビ部門】

 ※受賞者のみ、書き出します。

 ◆最優秀テレビ・アニメーション 作品賞 プレスクール部門(Best Animated Television/Broadcast Production For Preschool Children)
 ◎『すすめ!オクトノーツ』“Octonauts”-エピソード‘Operation Deep Freeze’ Vampire Squid Productions Limited, a Silvergate Media company, in association with Brown Bag Films


 ◆最優秀テレビ・アニメーション 作品賞 チルドレン部門(Best Animated Television/Broadcast Production For Children)
 ◎『ぼくらベアベアーズ』“We Bare Bears”-エピソード‘Panda’s Art’ Cartoon Network Animation Studios


 ◆最優秀テレビ・アニメーション 作品賞 一般作品部門(Best General Audience Animated Television/Broadcast Production)
 ◎『リック・アンド・モーティ』“Rick and Morty”-エピソード303 -「ピクルス・リックの冒険」‘Pickle Rick’ Williams Street Productions


 ◆最優秀監督賞 テレビ・アニメーション部門(Outstanding Achievement for Directing in an Animated Television/Broadcast Production)
 ◎『ミッキーマウス!』“Disney Mickey Mouse”-エピソード「世にも恐ろしいサプライズ ミッキーマウス! ハロウィーン びっくりストーリー」‘The Scariest Story Ever: A Mickey Mouse Halloween Spooktacular!’ Dave Wasson、Eddie Trigueros、Alonso Ramirez-Ramos


 ◆最優秀脚本賞 テレビ・アニメーション部門(Outstanding Achievement for Writing in an Animated Television/Broadcast Production)
 ◎『リック・アンド・モーティ』“Rick and Morty”-エピソード307 – 「アトランティス最高!」‘The Ricklantis Mixup’ ライアン・リドリー(Ryan Ridley)、ダン・ガターマン(Dan Guterman)


 ◆最優秀編集賞 テレビ・アニメーション部門(Outstanding Achievement for Editorial in an Animated Television/Broadcast Production)
 ◎『サムライジャック』“Samurai Jack”-エピソードXCIII, XCIV, XCIX Paul Douglas


 ◆最優秀音楽賞 テレビ・アニメーション部門(Outstanding Achievement for Music in an Animated Television/Broadcast Production)
 ◎『ミッキーマウス!』“Disney Mickey Mouse”-エピソード「世にも恐ろしいサプライズ ミッキーマウス! ハロウィーン びっくりストーリー」‘The Scariest Story Ever: A Mickey Mouse Halloween Spooktacular!’ 作曲:Christopher Willis


 ◆最優秀美術賞 テレビ・アニメーション部門(Outstanding Achievement for Production Design in an Animated Television/Broadcast Production)
 ◎『サムライジャック』“Samurai Jack”-エピソード‘’XCIII プロダクション・デザイン:Scott Wills


 ◆最優秀キャラクター・デザイン賞 テレビ・アニメーション賞(Outstanding Achievement for Character Design in an Animated Television/Broadcast Production)
 ◎『サムライジャック』“Samurai Jack”-エピソードXCVI キャラクター・デザイン:Craig Kellman (キャラクター:Various)


 ◆最優秀絵コンテ賞 テレビ・アニメーション部門(Outstanding Achievement for Storyboarding in an Animated Television/Broadcast Production)
 ◎『ミッキーマウス!』“Disney Mickey Mouse”-エピソード「ミツバチにご用心」‘Bee Inspired’ ストーリーボード・アーティスト:Eddie Trigueros


 ◆最優秀ボイス・キャスト賞 テレビ・アニメーション部門(Outstanding Achievement for Voice Acting in an Animated Television/Broadcast Production)
 ◎『スポンジ・ボブ』“SpongeBob SquarePants” トム・ケニー(Tom Kenny:スポンジ・ボブ)


 ◆最優秀キャラクター・アニメーション賞 テレビ・アニメーション部門(Outstanding Achievement for Character Animation in an Animated Television/Broadcast Production)
 ◎『トロールハンターズ』“Trollhunters”-エピソード205 –「待ちに待ったエスケープ」‘Homecoming’


 【その他の賞】

 ◆最優秀アニメCM賞(Best Animated Television/Broadcast Commercial)
 ◎“June” Broad Reach Pictures/Chromosphere/Lyft


 ◆最優秀キャラクター・アニメーション賞 ビデオ・ゲーム部門(Outstanding Achievement for Character Animation in a Video Game)
 ◎“Cuphead”
 Lead Animator: Hanna Abi-Hanna キャラクター:The Devil、Grim Matchstick、Beppi The Clown、Werner Werman


 【特別賞・名誉賞】

 ◆ウィンザー・マッケイ賞(Winsor McCay Award)(生涯貢献賞:for their career contributions to the art of animation)
 ◎James Baxter(イギリスのキャラクター・アニメーター)


 ◎Stephen Hillenburg(『スポンジ・ボブ』のクリエイター)

 ◎ウェンディー・ティルビー、アマンダ・フォービス


 ◆アブ・アイワークス賞(Ub Iwerks)(技術の向上に貢献した人物に贈られる賞:for technical advancement in the art of animation)
 ◎TVPaint
 2Dアニメーションのソフトウェアの技術的向上に対して(for technical advancement will go for its 2D animation software)。


 ◆特別貢献賞(Special Achievement Award)
 ◎Studio MDHR Entertainment’s video game Cupdhead


 ◆ジューン・フォーレイ賞(June Foray award)(アニメーションで優れた功績のあった人物に贈られる賞:for their significant and benevolent or charitable impact on the art and industry of animation)
 ◎Didier Ghez(アニメーション史)


 ◆特別表彰(A certificate of merit)
 ◎David Nimitz(ジューン・フォーレイの長年にわたる世話人(caretaker)


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 テレビ部門の、主な作品のノミネート&受賞状況は、以下の通り。

 ・『ミッキーマウス!』(3/6)
 「世にも恐ろしいサプライズ ミッキーマウス! ハロウィーン びっくりストーリー」(2/4):監督・音楽・美術・ボイス
 「離れられない」(0/1):脚本
 「ミツバチにご用心」(1/1):絵コンテ

 ・『トロールハンターズ』(1/6)
 201 –「ダークランドからの救出」(0/2):脚本・キャラクターデザイン
 205 –「待ちに待ったエスケープ」(1/1):キャラクターアニメーション
 207 –「1000の顔を持つヒーロー」(0/1):絵コンテ
 211 –「マーリンのお告げ」(0/1):監督
 213 –「トロール山の魔王の広間にて」(0/1):絵コンテ

 ・『サムライジャック』(3/4)
 XCIII(1/2):一般・美術
 XCIII, XCIV, XCIX(1/1):編集
 XCVI(1/1):キャラクターデザイン

 ・『ボージャック・ホースマン』(0/3)
 「役立たずのクズ野郎」(0/2):一般・編集
 「時の流れはただ」(0/1):ボイス

 ・『ラプンツェル ザ・シリーズ』(0/3)
 『ラプンツェル あたらしい冒険』(0/2):監督・キャラクターデザイン
 ‘Queen for a Day’(0/1):チルドレン

 ・“DreamWorks Trolls Holiday”(0/3):キャラクターアニメーション・キャラクターアニメーション・キャラクターアニメーション

 ・『バディ・サンダーストラック』(0/2)
 「バディ 保安官になる/他」(0/1):チルドレン
 「バディが2人?/他」(0/1):キャラクターデザイン

 ・“Niko and the Sword of Light”(0/2)
 ‘From the Cliffs of Catastrophe to the Pools of Destiny’(0/2):チルドレン・絵コンテ

 ・『リック・アンド・モーティ』(2/2)
 303 -「ピクルス・リックの冒険」(1/1):一般
 307 –「アトランティス最高!」(1/1):脚本

 ・『タンブルリーフ』(0/2)
 「ゆうじょう/プレゼント」(0/1):音楽
 「ベル/ビーチボール」(0/1):キャラクターアニメーション

 ・“Cuphead”(1/2):ゲーム・ゲーム

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 今回は、映画部門絵コンテ賞の受賞者がなかなかスピーチをやめようとせず、マイクの音量を絞られて、ようやく引き下がったなんてこともありましたし、ウィンザー・マッケイ賞の受賞者Stephen Hillenburgが客席から立ち上がって、挨拶するだけで、とうとう檀上に上がらずに終わらせてしまった、なんてこともありました。

 まあ、いろいろと思うことはありますが―
 今回、“Dear Basketball”が短編アニメーション賞を受賞したことで、米国アカデミー賞でも“Dear Basketball”が頭ひとつ抜けたかなっていう気はしますね。2つの映画賞(部門)は、もともとそんなに強い因果関係があるわけではありませんが、本年度は米国アカデミー賞のノミニーに突出した作品もないので、これがいいとなったら、一気にそちらに票が流れるかもしれません。短編アニメーション賞以前に、他の部門のプレゼンターを務めた2人も好印象だったし。

 *この記事がなかなか参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・アニー賞2018 映画部門 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201712/article_95.html
 ・アニー賞2018 テレビ部門 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201712/article_96.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2017年12月〜2018年3月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201712/article_47.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
アニー賞2018受賞結果!『リメンバー・ミー』が史上最多11部門受賞。 海から始まる!?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる