海から始まる!?

アクセスカウンタ

zoom RSS カナダ・スクリーン・アワード(カナダ・アカデミー賞)2018 ノミネーション!

<<   作成日時 : 2018/02/01 08:42   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 第6回カナダ・スクリーン・アワード(カナダ・アカデミー賞)のノミネーションです。(1月16日発表)

 ◆作品賞(Best Motion Picture / Meilleur film)
 ・“Ava”(イラン・カナダ・カタール) Kiarash Anvari、Sadaf Foroughi(監督)
 ・“The Breadwinner”(カナダ・アイルランド・ルクセンブルク)(監督:ノラ・トゥーミー(Nora Twomey)) Andrew Rosen、Anthony Leo、Paul Young、トム・ムーア、ステファン・ローランツ(Stéphan Roelants)
 ・“It's the Heart That Dies Last (C'est le cœur qui meurt en dernier)”(カナダ)(監督:アレクシ・デュラン・ブロー(Alexis Durand-Brault)) リシャール・ラロンド(Richard Lalonde)
 ・“The Little Girl Who Was Too Fond of Matches (La petite fille qui aimait trop les allumettes)”(カナダ)(監督:Simon Lavoie) Marcel Giroux
 ・『しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス』(カナダ・アイルランド)(監督:アイシュリング・ウォルシュ) ボブ・クーパー(Bob Cooper)、メアリー・ヤング・レッキー(Mary Young Leckie)、メアリー・セクストン(Mary Sexton)、スーザン・ミュレン(Susan Mullen)
 ・“Never Steady, Never Still”(カナダ)(監督:Kathleen Hepburn) James Brown、Tyler Hagan
 ・“Ravenous (Les Affamés)”(仏・カナダ)(監督:ロビン・オベール(Robin Aubert)) ステファニー・モリセット(Stéphanie Morissette)

 “Ava”は、トロント国際映画祭2017 DISCOVERY部門 最優秀カナダ第1回作品賞 オナラブル・メンション、国際批評家連盟賞受賞。
 “The Breadwinner”は、トロント国際映画祭2017 SPECIAL PRESENTATIONS部門出品。米国アカデミー賞2018 長編アニメーション賞ノミネート。
 “The Little Girl Who Was Too Fond of Matches (La petite fille qui aimait trop les allumettes)”は、トロント国際映画祭2017 CONTEMPORARY WORLD CINEMA部門 最優秀カナダ長編映画賞 オナラブル・メンション受賞。
 “Never Steady, Never Still”は、トロント国際映画祭2017 DISCOVERY部門出品。バンクーバー国際映画祭2017 ブリティッシュ・コロンビア スポットライト賞Sea to Sky Award、BCエマージング・フィルムメイカー賞、エマージング・カナディアン監督賞受賞。
 “Ravenous (Les Affamés)”は、トロント国際映画祭2017 CONTEMPORARY WORLD CINEMA部門 最優秀カナダ長編映画賞受賞。

 ◆監督賞(Achievement in Direction/Meilleure réalisation)
 ・ロビン・オベール(Robin Aubert) “Ravenous (Les Affamés)”
 ・アレクシ・デュラン・ブロー(Alexis Durand-Brault) “It's the Heart That Dies Last (C'est le cœur qui meurt en dernier)”
 ・Sadaf Foroughi “Ava”
 ・イアン・ラガルド(Ian Lagarde) “All You Can Eat Buddha”(カナダ)
 ・アイシュリング・ウォルシュ(Aisling Walsh) 『しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス』

 ◆主演男優賞(Performance by an Actor in a Leading Role/Interprétation masculine dans un premier rôle)
 ・Antoine L'Écuyer “The Little Girl Who Was Too Fond of Matches (La petite fille qui aimait trop les allumettes)”
 ・ツィ・マー(Tzi Ma/馬志) “Meditation Park”(カナダ)(監督:Mina Shum)
 ・Émile Proulx-Cloutier “We Are the Others (Nous sommes les autres)”(カナダ)(監督:Jean-François Asselin)
 ・Nabil Rajo “Boost”(カナダ)(監督:Darren Curtis)
 ・ガブリエル・サブーラン(Gabriel Sabourin) “It's the Heart That Dies Last (C'est le cœur qui meurt en dernier)”

 ◆主演女優賞(Performance by an Actress in a Leading Role/Interprétation féminine dans un premier rôle)
 ・Denise Filiatrault “It's the Heart That Dies Last (C'est le cœur qui meurt en dernier)”
 ・サリー・ホーキンス 『しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス』
 ・シャーリー・ヘンダーソン(Shirley Henderson) “Never Steady, Never Still”
 ・Mahour Jabbari “Ava”
 ・Marine Johnson “The Little Girl Who Was Too Fond of Matches (La petite fille qui aimait trop les allumettes)”

 ◆助演男優賞(Performance by an Actor in a Supporting Role/Interprétation masculine dans un rôle de soutien)
 ・Sylvio Arriola “All You Can Eat Buddha”
 ・Jahmil French “Boost”
 ・イーサン・ホーク 『しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス』
 ・Sladen Peltier “Indian Horse”(カナダ)(監督:Stephen Campanelli)
 ・ナタール・ウンガラーック(Natar Ungalaaq) “Iqaluit”(カナダ)(監督:ブノワ・ピロン(Benoît Pilon))

 ◆助演女優賞(Performance by an Actress in a Supporting Role(Interprétation féminine dans un rôle de soutien)
 ・Oluniké Adeliyi “Boost”
 ・Lucinda Armstrong Hall “Porcupine Lake”(カナダ)(監督:イングリッド・ヴェニンガー(Ingrid Veninger))
 ・クレア・コールター(Clare Coulter) “Cross My Heart (Les Rois mongols)”(カナダ)(監督:Luc Picard)
 ・Bahar Noohian “Ava”
 ・ブリジット・プパール(Brigitte Poupart) “Ravenous (Les Affamés)”

 ◆オリジナル脚本賞(Original Screenplay/Meilleur scénario)
 ・Josh Epstein、Kyle Rideout “Adventures in Public School”(カナダ)(監督:Kyle Rideout)
 ・Sadaf Foroughi “Ava”
 ・Kathleen Hepburn “Never Steady, Never Still”
 ・Sarah Kolasky、Adam Garnet Jones “Great Great Great”(カナダ)(監督:Adam Garnet Jones)
 ・シェリー・ホワイト(Sherry White) 『しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス』

 ◆脚色賞(Adapted Screenplay/Meilleure adaptation)
 ・Nicole Bélanger “Cross My Heart (Les Rois mongols)”
 ・スーザン・コイン(Susan Coyne) “The Man Who Invented Christmas”(アイルランド・カナダ)(監督:バハラット・ナルルーリ(Bharat Nalluri))
 ・Anita Doron “The Breadwinner”
 ・Simon Lavoie “The Little Girl Who Was Too Fond of Matches (La petite fille qui aimait trop les allumettes)”
 ・ガブリエル・サブーラン(Gabriel Sabourin) “It's the Heart That Dies Last (C'est le cœur qui meurt en dernier)”

 ◆撮影賞(Achievement in Cinematography/Meilleures images)
 ・ニコラ・ボルデュク(Nicolas Bolduc) “Hochelaga, Land of Souls (Hochelaga terre des âmes)”(カナダ)(監督:フランソワ・ジラール(François Girard))
 ・Nicolas Canniccioni “The Little Girl Who Was Too Fond of Matches (La petite fille qui aimait trop les allumettes)”
 ・Sina Kermanizadeh “Ava”
 ・Mathieu Laverdière “We Are the Others (Nous sommes les autres)”
 ・ノーム・リー(Norm Li) “Never Steady, Never Still”

 ◆編集賞(Achievement in Editing/Meilleur montage)
 ・Kiarash Anvari “Ava”
 ・ダラ・バーン(Darragh Byrne) “The Breadwinner”
 ・スティーヴン・オコンネル(Stephen O'Connell) 『しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス』
 ・ルイ=フィリップ・ラテ(Louis-Philippe Rathé) “It's the Heart That Dies Last (C'est le cœur qui meurt en dernier)”
 ・Simone Smith “Never Steady, Never Still”

 ◆美術賞(Achievement in Art Direction/Production Design/Meilleure direction artistique)
 ・Guillaume Couture “Cross My Heart (Les Rois mongols)”
 ・Sophie Jarvis、Elizabeth Cairns “Never Steady, Never Still”
 ・シャマーク・カリネジャロ(Siamak Karinejad) “Ava”
 ・Marjorie Rhéaume “The Little Girl Who Was Too Fond of Matches (La petite fille qui aimait trop les allumettes)”
 ・フランソワ・セギュワン(François Séguin) “Hochelaga, Land of Souls (Hochelaga terre des âmes)”

 ◆衣裳デザイン賞(Achievement in Costume Design/Meilleurs costumes)
 ・Trysha Bakker 『しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス』
 ・Julie Bécotte “We Are the Others (Nous sommes les autres)”
 ・マリオ・ダビグノン(Mario Davignon) “Hochelaga, Land of Souls (Hochelaga, terre des âmes)”
 ・Brigitte Desroches “Cross My Heart (Les Rois mongols)”
 ・Gabrielle Tougas-Fréchette “All You Can Eat Buddha”

 ◆メイキャップ賞(Achievement in Make-Up/Meilleurs maquillages)
 ・Kathryn Casault “Hochelaga, Land of Souls (Hochelaga terre des âmes)”
 ・Sonia Dolan “The Man Who Invented Christmas”
 ・Bruno Gatien “All You Can Eat Buddha”
 ・Érik Gosselin、Marie-France Guy “Ravenous (Les Affamés)”
 ・Marlène Rouleau “Bon Cop, Bad Cop 2”(カナダ)(監督:アラン・デロシェール(Alain Desrochers))

 Kathryn Casaultは、2年連続ノミネート。

 ◆視覚効果賞(Achievement in Visual Effects/Meilleurs effets visuels)
 ・Jonathan Piché Delorme、Fabienne Mouillac、Alain Lachance、Caroline Guagliardo、Alexandre Tremblay、Thibault Deloof、Benoit Gagnon “We Are the Others (Nous sommes les autres)”
 ・Greg Behrens、Brendan Taylor、Jasmine Scott、Martin O’Brien “The Man Who Invented Christmas”
 ・Marc Hall、Jonathan Cyr、Emmanuel Bazin、Clément Natiez、Emmanuelle Gill “The Little Girl Who Was Too Fond of Matches (La petite fille qui aimait trop les allumettes)”
 ・Alain Lachance、Yann Jouannic、Hugo Léveillé、Nadège Bozetti、Antonin Messier-Turcotte、Thibault Deloof、Francis Bernard “Hochelaga, Land of Souls (Hochelaga terre des âmes)”
 ・Marc Hall “Le Cyclotron”(カナダ)(監督:Olivier Asselin)

 Alain Lachance、Thibault Deloof、Marc Hallは2作品でノミネート。
 Jonathan Piché Delormeは、2年連続ノミネート。前回受賞。

 ◆録音賞(Achievement in Overall Sound/Meilleur son d’ensemble)
 ・Philippe Attié “Boost”
 ・シルヴァン・ベルマール(Sylvain Bellemare) “All You Can Eat Buddha”
 ・Pierre Bertrand、ステファン・ベルゲロン(Stéphane Bergeron)、Shaun-Nicholas Gallagher、Maxime Potvin “Cross My Heart (Les Rois mongols)”
 ・Matt Drake、Nate Evans、Christopher O'Brien “Never Steady, Never Still”

 シルヴァン・ベルマールは音響編集賞でもノミネート。
 ステファン・ベルゲロンとShaun-Nicholas Gallagherは、2年連続ノミネート。

 ◆音響編集賞(Achievement in Sound Editing/Meilleur montage sonore)
 ・クロード・ラ・アヤ(Claude La Haye)、Bernard Gariépy Strobl “Hochelaga, Land of Souls (Hochelaga terre des âmes)”
 ・Claude Beaugrand “Hochelaga, Land of Souls (Hochelaga, terre des âmes)”
 ・シルヴァン・ベルマール(Sylvain Bellemare) “All You Can Eat Buddha”
 ・Nelson Ferreira、John Elliot、J. R. Fountain、Dashen Naidoo、Tyler Whitham “The Breadwinner”
 ・マリー=クロード・ガニエ(Marie-Claude Gagné) “Bon Cop, Bad Cop 2”
 ・Christian Rivest、Antoine Morin、Thibaud Quinchon、Guy Pelletier、Guy Francœur “Goon: Last of the Enforcers”(カナダ)(監督:ジェイ・バイチェル(Jay Baruchel))

 シルヴァン・ベルマールは録音賞でもノミネート。
 Guy Francœurは、2年連続ノミネート。

 ◆オリジナル作曲賞(Achievement in Music-Original Score/Meilleure musique originale)
 ・Viviane Audet、Robin-Joël Cool、Alexis Martin “Cross My Heart (Les Rois mongols)”
 ・Pierre-Philippe Côté “Ravenous (Les Affamés)”
 ・マイケル・ダナ、ジェフ・ダナ “The Breadwinner”
 ・Ben Fox “Never Steady, Never Still”
 ・テリー・ライリー(Terry Riley)、ギャン・ライリー(Gyan Riley) “Hochelaga, Land of Souls (Hochelaga terre des âmes)”

 ◆オリジナル歌曲賞(Achievement in Music-Original Song/Meilleure chanson originale)
 ・Dani Bailey “Hunting Pignut”(カナダ)(監督:Martine Blue)-‘Rid the Dark’
 ・Qais Essar、Joshua Hill “The Breadwinner”-‘The Crown Sleeps’
 ・Joey Sherrett、Chris Gordon、Nathaniel Huskinson “Boost”-‘CTS Thief’

 ◆短編映画賞(Best Live Action Short Drama/Meilleur court métrage dramatique)
 ・“The Beep Test (La Course navette)”(カナダ) Maxime Aubert(監督)、Audrey D. Laroche
 ・“Fluffy”(カナダ・セルビア) Lee Filipovski(監督)
 ・“Nighttime Garage (Garage de soir)”(カナダ) Daniel Daigle(監督)、Aurélie Breton
 ・“Plain and Simple (Tout simplement)”(カナダ) Raphaël Ouellet(監督)、Annick Blanc
 ・“Pre-Drink”(カナダ) Marc-Antoine Lemire(監督)、Maria Gracia Turgeon

 “Fluffy”は、トロント国際映画祭2016 SHORT CUTS部門出品。
 “Pre-Drink”は、トロント国際映画祭2017 SHORT CUTS部門 最優秀カナダ短編映画賞受賞。

 ◆長編ドキュメンタリー賞(Ted Rogers Best Feature Length Documentary/Meilleur long métrage documentaire Ted Rogers)
 ・“Manic”(カナダ・米) Kalina Bertin(監督)、Marina Serrao、Bob Moore、Mila Aung-Thwin、Daniel Cross
 ・“A Moon of Nickel and Ice (Sur la lune de nickel)”(カナダ・ロシア) Christine Falco、François Jacob(監督)、Vuk Stojanovic
 ・“Resurrecting Hassan”(カナダ・チリ) Carlo Guillermo Proto(監督)、Roxanne Sayegh、Pablo Villegas、Maria Paz Gonzalez
 ・“Rumble: The Indians Who Rocked the World”(カナダ) Catherine Bainbridge(監督)、Christina Fon、Linda Ludwick、Lisa Roth、スティーヴィー・サラス(Stevie Salas)、Tim Johnson、Diana Holtzberg、ヤン・ロフェカンプ(Jan Rofekamp)、Ernest Webb
 ・“Unarmed Verses”(カナダ) Charles Officer(監督)、Lea Marin

 “A Moon of Nickel and Ice (Sur la lune de nickel)”は、HotDocsカナディアン国際ドキュメンタリー映画祭2017 エマージング・カナディアン・フィルムメイカー賞受賞。
 “Resurrecting Hassan”は、HotDocsカナディアン国際ドキュメンタリー映画祭2017 審査員特別賞受賞。
 “Rumble: The Indians Who Rocked the World”は、サンダンス映画祭2017 マスターフル・ストリーテリング賞受賞。HotDocsカナディアン国際ドキュメンタリー映画祭2017 観客賞 最優秀カナダ・ドキュメンタリー賞受賞。
 “Unarmed Verses”は、HotDocsカナディアン国際ドキュメンタリー映画祭2017 カナダ・ドキュメンタリー部門 最優秀カナダ長編ドキュメンタリー賞受賞。バンクーバー国際映画祭2017 最優秀カナディアン・ドキュメンタリー賞受賞。

 ◆ドキュメンタリー部門 撮影賞(Best Cinematography in a Feature Length Documentary/Meilleures images dans un long métrage documentaire)
 ・Alfonso Maiorana “Rumble: The Indians Who Rocked the World”
 ・Mike McLaughlin “Unarmed Verses”
 ・デュライド・アルムナジッム(Duraid Munajim) “My Enemy, My Brother”(カナダ・イラク・ヨルダン・トルコ)(監督:Ann Shin)
 ・Carlo Guillermo Proto “Resurrecting Hassan”
 ・Vuk Stojanovic、François Jacob、Ilya Zima “A Moon of Nickel and Ice (Sur la lune de nickel)”

 ◆ドキュメンタリー部門 編集賞(Best Editing in a Feature Length Documentary/Meilleur montage dans un long métrage documentaire)
 ・Frank Cassano “Sled Dogs”(カナダ)(監督:Fern Levitt)
 ・Benjamin Duffield、Jeremiah Hayes “Rumble: The Indians Who Rocked the World”
 ・Anouk Deschênes “Manic”
 ・François Jacob、Jéricho Jeudy “A Moon of Nickel and Ice (Sur la lune de nickel)”
 ・ローラン・シュリム(Roland Schlimme) “Long Time Running”(カナダ)(監督:ジェニファー・バイチウォル、ニコラ・ドゥ・パンシエ(Nicholas de Pencier))

 ◆短編ドキュメンタリー賞(Best Short Documentary/Meilleur court métrage documentaire)
 ・“Babe, I Hate to Go”(カナダ・ジャマイカ) Andrew Moir(監督)
 ・“Take a Walk on the Wildside”(カナダ) Lisa Rideout(監督)、Lauren Grant、Sasha Fisher
 ・“Three Thousand”(カナダ) Asinnajaq(監督)、Kat Baulu

 “Take a Walk on the Wildside”は、ロード・アイランド国際映画祭2017出品。

 ◆短編アニメーション賞(Best Animated Short/Meilleur court métrage d’animation)
 ・“Dam! The Story of Kit the Beaver”(カナダ) Kjell Boersma(監督)、Josh Clavir
 ・『きつねとクジラ』“Fox and the Whale”(カナダ) Robin Joseph(監督)
 ・『ハリネズミの家』“Hedgehog's Home”(カナダ・クロアチア) エヴァ・ツヴィヤノヴィッチ(Eva Cvijanović:監督)、Vanja Andrijević、Jelena Popović
 ・『Manivald』“Manivald”(カナダ・クロアチア・リトアニア) チンティス・ルンドゥグラン(Chintis Lundgren:監督)、Draško Ivezić、Jelena Popović
 ・“The Tesla World Light”(カナダ) Matthew Rankin(監督)、Julie Roy

 『きつねとクジラ』は、米国アカデミー賞2018 短編アニメーション賞ショートリスト。
 『ハリネズミの家』は、ベルリン国際映画祭2017 ジェネレーションKplus部門 最優秀短編賞 児童審査員賞/クリスタル・ベア賞 スペシャル・メンション受賞。ザグレブ国際アニメーションフェスティバル2017 グランド・コンペティション 短編部門 Marko Tadicによるスペシャル・メンション、観客賞受賞。アヌシー国際アニメーションフェスティバル2017 短編コンペティション部門 ヤング観客賞受賞。オタワ国際アニメーションフェスティバル2017 6-12歳向け短編部門 最優秀カナダ・アニメーション賞オナラブル・メンション受賞。
 『Manivald』は、ザグレブ国際アニメーションフェスティバル2017 クロアチア・コンペティション部門 最優秀クロアチア作品賞受賞。オタワ国際アニメーションフェスティバル2017 短編コンペティション部門 脚本賞受賞。
 “The Tesla World Light”は、カンヌ国際映画祭2017 国際批評家週間 短編コンペティション部門出品。トロント国際映画祭2017 SHORT CUTS部門 最優秀カナダ短編映画賞 オナラブル・メンション受賞。オタワ国際アニメーションフェスティバル2017短編コンペティション部門 技術賞受賞。

 ◆ジョン・ダニング ディスカバリー賞(John Dunning Discovery Award)
 ・“Black Cop” Cory Bowles(監督)、Aaron Horton
 ・“The Devout” Connor Gaston(監督)、Amanda Verhagen
 ・“Wexford Plaza” Joyce Wong(監督)、Matt Greyson、Harry Cherniak

 “Black Cop”は、トロント国際映画祭2017 DISCOVERY部門出品。バンクーバー国際映画祭2017 最優秀カナダ映画賞受賞。バンクーバー映画批評家協会賞2018 主演男優賞(Ronnie Rowe)受賞。
 “The Devout”は、釜山国際映画祭2015 フラッシュ・フォワード部門出品。
 トロント映画批評家協会賞2017 最優秀カナダ映画賞ファイナリスト。

 ◆第1回作品賞(Best First Feature)
 未定

 【特別賞・名誉賞】

 ◆Golden Screen Award
 ボックスオフィス賞(旧The Golden Reel Award)。
 未定

 ◆生涯貢献賞(Lifetime Achievement Award)
 ◎Peter Mansbridge
 イギリス生まれのカナダ人ジャーナリスト(1948- )。1988年から2017年までCBCニュースの特派員と、CBCの“The National”のアンカーを務めた。

 ◆監督理事会賞(Board of Directors Award)
 ◎マーガレット・アトウッド
 2017年には、“Wandering Wenda”と『またの名をグレイス』(“Alias Grace”)と『ハンドメイズ・テイル/侍女の物語』(“The Handmaid's Tale”)と3作品がシリーズ・ドラマ化され、“Wandering Wenda”ではエグゼクティヴ・プロデューサー、『またの名をグレイス』と『ハンドメイズ・テイル/侍女の物語』ではスーパーヴァイジング・プロデューサーを務めた。

 ◎Jay Switzer
 Jay Switzer(1956-2018)は、カナダ最大のラジオ&テレビ局だったCHUM Limited(1945-2007)の社長を務めた。この賞が贈られることが発表された後、1月29日に脳腫瘍で亡くなった。

 ◆Earle Grey Award(俳優に贈られる生涯貢献賞)
 ◎クラーク・ジョンソン(Clark Johnson)
 テレビシリーズ『ホミサイド/殺人捜査課』などで俳優として活躍しているほか、『S.W.A.T.』(2003年)や『ザ・センチネル/陰謀の星条旗』(2006年)などの映画、『ホミサイド/殺人捜査課』、『THE WIRE/ザ・ワイヤー』、『サード・ウォッチ』、『HOMELAND』などのテレビシリーズで監督を務めている。

 ◆Gordon Sinclair Award(カナダ・ジャーナリスト賞)
 ◎Karyn Pugliese
 カナダの放送ジャーナリスト。オンタリオ州Algonquins of Pikwàkanagànファースト・ネイションのメンバー。

 ◆Margaret Collier Award
 ◎Denis McGrath(1968-2017)
 約20年にわたって、TVシリーズで脚本や製作を務めた。2017年3月に癌で亡くなった。

 ◆メディア・イノヴェーション賞(Outstanding Media Innovation Award)
 ◎Pat Ellingson
 TVOで子と親のための番組のクリエイティヴ・ヘッドを長らく務め、2015年に退任した。

 ◆アイコン賞(Icon Award)
 ◎“Rick Mercer Report”
 カナダのTVコメディー・シリーズ(2004年1月-2018年4月10日)。

 ◆ヒューマニタリアン賞(Humanitarian Award)
 ◎“Bell Let's Talk”
 これまで表立って話されることの少なかったメンタル・ヘルスを題材として取り上げているTV番組。

 ※ カナダ・スクリーン・アワードには、上記のほかに、テレビやデジタル・メディアに関する膨大な部門が設けられています。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 主な作品のノミネート&受賞状況は、以下の通り。

 ・“Ava”(8):作品・監督・主演女優・助演女優・脚本・撮影・編集・美術
 ・“Never Steady, Never Still”(8):作品・主演女優・脚本・撮影・編集・美術・録音・作曲
 ・“Hochelaga, Land of Souls (Hochelaga terre des âmes)”(8):撮影・美術・衣裳・メイク・視覚効果・音響編集・音響編集・作曲
 ・“The Little Girl Who Was Too Fond of Matches (La petite fille qui aimait trop les allumettes)”(7):作品・主演男優・主演女優・脚色・撮影・美術・視覚効果
 ・『しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス』(7):作品・監督・主演女優・助演男優・脚本・編集・衣裳
 ・“The Breadwinner”(6):作品・脚色・編集・音響編集・作曲・歌曲
 ・“It's the Heart That Dies Last (C'est le cœur qui meurt en dernier)”(6):作品・監督・主演男優・主演女優・脚色・編集
 ・“All You Can Eat Buddha”(6):監督・助演男優・衣裳・メイク・録音・音響編集
 ・“Cross My Heart (Les Rois mongols)”(6):助演女優・脚色・美術・衣裳・録音・作曲
 ・“Ravenous (Les Affamés)”(5):作品・監督・助演女優・メイク・作曲
 ・“Boost”(5):主演男優・助演男優・助演女優・録音・歌曲
 ・“We Are the Others (Nous sommes les autres)”(4):主演男優・撮影・衣裳・視覚効果
 ・“The Man Who Invented Christmas”(3):脚色・メイク・視覚効果
 ・“Bon Cop, Bad Cop 2”(2):メイク・音響編集

 2017年のカナダ映画からは、“Ravenous (Les Affamés)”がトロントでカナダ映画賞、“Never Steady, Never Still”がバンクーバーで最高賞、“Hochelaga, Land of Souls”が米国アカデミー賞2018 外国語映画賞カナダ代表に選ばれ、“The Breadwinner”が米国アカデミー賞2018 長編アニメーション賞にノミネートされています。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 いくつかの作品を簡単に紹介しておきます。

 ・“Ava”(イラン・カナダ・カタール) 監督:Sadaf Foroughi
 母親が、16歳の娘がまだバージンかどうか確かめるために婦人科に連れて行ったことが、家族と少女に試練を与える。
 トロント国際映画祭2017 DISCOVERY部門出品。最優秀カナダ第1回作品賞 オナラブル・メンション、国際批評家連盟賞受賞。
 ヨーテボリ国際映画祭2018出品。


 ・“Never Steady, Never Still”(カナダ) 監督:Kathleen Hepburn
 出演:シャーリー・ヘンダーソン(Shirley Henderson)、Théodore Pellerin、Mary Galloway
 物語:パーキンソン病を発症して17年、ジュディーは人里離れたアレザ湖近くの地所に暮らしていて、心臓発作で夫を失う。彼女を、悲しみと孤独が襲う。そんな時、アルバータの油田で働いていた18歳の息子ジェイミーが、厳しい現実に打ちのめされて、帰ってくる。心に傷を負った2人。彼らは日々の生活の中に慰めを見出して、生きていかなければならない。ジュディーの病気が進行し、2人は互いの弱さを受け入れて、それを力に換えていかなければならないということを悟る。
 初監督長編。2015年に同名の短編を発表して、トロントのSHORT CUTS CANADA部門でも上映され、バンクーバー国際映画祭2015ではカナダ短編映画部門有望監督賞を受賞している。
 トロント国際映画祭2017 DISCOVERY部門出品。
 釜山国際映画祭2017 フラッシュ・フォワード部門出品。
 シカゴ国際映画祭2017出品。
 バンクーバー国際映画祭2017 ブリティッシュ・コロンビア スポットライト賞Sea to Sky Award、BCエマージング・フィルムメイカー賞、エマージング・カナディアン監督賞受賞。
 バリャドリッド国際映画祭2017出品。
 カナダ監督組合賞2017ノミネート。
 デンバー映画祭2017出品。
 バンクーバー映画批評家協会賞2018 カナダ映画部門 作品賞、監督賞、主演女優賞(シャーリー・ヘンダーソン)、脚本賞、ブリティッシュ・コロンビア映画賞ノミネート。
 パームスプリングス国際映画祭2018出品。


 ・“Hochelaga, Land of Souls(Hochelaga, Terre des Âmes)”(カナダ) 監督:フランソワ・ジラール(François Girard)
 出演:Raoul Max Trujillo、タナヤ・ビーティ(Tanaya Beatty)、デイヴィッド・ラ・ハイエ(David La Haye)
 物語:モントリオールに嵐雨が降り、サッカーが行なわれていたパーシバル・モリソン・スタジアムに、劇的な地盤沈下が起きる。ゲームは中断され、数時間のうちに、スタジアムは考古学的な土地として保護され、足下に数世紀の歴史が現れる。考古学者でモホーク族のBaptiste Asignyが、この場所に秘められた数世代にわたる発見に向けて、発掘を始める。Baptisteは決心する。こここそが、彼がずっと探し続けていた土地、オシュラガ(Hochelaga)の村があったところに違いないと。ここで、1535年10月に、彼の祖先のイロコイ族は、ジャック・カルティエに会ったのだ。750年も引き離されていた時代の魂と文化が蘇る。
 『グレン・グールドをめぐる32章』『レッド・バイオリン』『ボーイ・ソプラノ ただひとつの歌声』などで知られるフランソワ・ジラール監督の最新作。
 トロント国際映画祭2017 GALAS部門出品。
 釜山国際映画祭2017 ワールド・シネマ部門出品。
 AFIフェスト2017出品。
 Camerimage 2017メイン・コンペティション部門出品。
 パームスプリングス国際映画祭2018出品。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 受賞結果の発表は、3月11日です。

 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・カナダ・スクリーン・アワード2017 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201703/article_8.html
 ・カナダ・スクリーン・アワード2016 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201603/article_8.html
 ・カナダ・スクリーン・アワード2014 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201403/article_18.html
 ・カナダ・スクリーン・アワード2013 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201303/article_4.html
 ・ジニー賞2011 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201103/article_15.html
 ・ジニー賞2010 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201004/article_10.html
 ・ジニー賞2009 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200904/article_3.html

 ・トロント国際映画祭が選ぶ、カナダ映画2017 トップ10:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201712/article_65.html

 ・バンクーバー映画批評家協会賞2018 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201712/article_60.html
 ・バンクーバー映画批評家協会賞2018 カナダ映画部門 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201801/article_29.html

 ・トロント映画批評家協会賞2017 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201712/article_34.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2017年12月〜2018年3月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201712/article_47.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
カナダ・スクリーン・アワード(カナダ・アカデミー賞)2018 ノミネーション! 海から始まる!?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる