海から始まる!?

アクセスカウンタ

zoom RSS シカゴ・インディペンデント映画批評家サークル賞2017 受賞結果

<<   作成日時 : 2018/01/03 19:59   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 第2回シカゴ・インディペンデント映画批評家サークル賞の受賞結果が発表になりました。(ノミネーション発表は12月24日、受賞結果発表は12月30日)

 シカゴ・インディペンデント映画批評家サークル(CIFCC:The Chicago Independent Film Critics Circle)
 設立年:2016? 会員数:26
 公式サイト:https://chicagoindiecritics.org/
 公式twitter:https://twitter.com/CriticsChicago?ref_src=twsrc%5Etfw&ref_url=https%3A%2F%2Fchicagoindiecritics.org%2Fabout%2F

 [特徴]
 ・作品賞を、インディペンデント作品賞とスタジオ作品賞に分けている。
 ・批評家協会賞には珍しくメイキャップ賞を設けている。
 ・インパクト賞、先駆者賞という賞を設けている。
 ・2016年のインディペンデント作品賞は『ムーンライト』、スタジオ作品賞は『ラ・ラ・ランド』。

画像

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 ◆インディペンデント作品賞(Best Independent Film)
 ・“The Florida Project” 監督:ショーン・ベイカー
 ・『ゲット・アウト』 監督:ジョーダン・ピール
 ◎“Lady Bird” 監督:グレタ・ガーウィグ

 ◆スタジオ作品賞(Best Studio Film)
 ・『ブレードランナー 2049』 ドゥニ・ヴィルヌーヴ
 ・『ダンケルク』(英・仏・米・オランダ) 監督:クリストファー・ノーラン
 ◎『LOGAN/ローガン』 監督:ジェームズ・マンゴールド

 ◆監督賞(Best Director)
 ・グレタ・ガーウィグ “Lady Bird”
 ・クリストファー・ノーラン 『ダンケルク』
 ◎ジョーダン・ピール 『ゲット・アウト』

 ◆主演男優賞(Best Actor)
 ・ティモシー・シャラメ 『君の名前で僕を呼んで』
 ◎ダニエル・カルーヤ 『ゲット・アウト』
 ◎ゲイリー・オールドマン 『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』

 ◆主演女優賞(Best Actress)
 ・サリー・ホーキンス 『シェイプ・オブ・ウォーター』
 ・フランシス・マクドーマンド 『スリー・ビルボード』
 ◎シアーシャ・ローナン “Lady Bird”

 ◆助演男優賞(Best Supporting Actor)
 ◎ウィレム・デフォー “The Florida Project”
 ・リチャード・ジェンキンス 『シェイプ・オブ・ウォーター』
 ・サム・ロックウェル 『スリー・ビルボード』
 ・マイケル・スタールバーグ 『君の名前で僕を呼んで』

 ◆助演女優賞(Best Supporting Actress)
 ・ティファニー・ハディッシュ(Tiffany Haddish) “Girls Trip”(監督:マルコム・D・リー)
 ◎アリソン・ジャネイ “I,Tonya”(監督:クレイグ・ギレスピー)
 ◎ローリー・メトカーフ “Lady Bird”

 ◆オリジナル脚本賞(Best Original Screenplay)
 ・『ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ』 エミリー・V・ゴードン、クメイル・ナンジアニ
 ◎『ゲット・アウト』 ジョーダン・ピール
 ・“Lady Bird” グレタ・ガーウィグ

 ◆脚色賞(Best Adapted Screenplay)
 ・『君の名前で僕を呼んで』 ジェームズ・アイヴォリー
 ◎“The Disaster Artist” スコット・ノイスタッター(Scott Neustadter)、マイケル・H・ウェバー(Michael H. Weber)
 ・『マッドバウンド 哀しき友情』 ディー・リース、ヴァージル・ウィリアムズ(Virgil Williams)

 ◆撮影賞(Best Cinematography)
 ◎『ブレードランナー 2049』 ロジャー・ディーキンス
 ・『ダンケルク』 ホイテ・ヴァン・ホイテマ
 ・『シェイプ・オブ・ウォーター』 ダン・ローストセン(Dan Laustsen)

 ◆編集賞(Best Editing)
 ◎『ベイビー・ドライバー』 ポール・マクリス(Paul Machliss)、ジョナサン・エイモス(Jonathan Amos)
 ・『ダンケルク』 リー・スミス(Lee Smith)
 ・『猿の惑星: 聖戦記』 ウィリアム・ホイ(William Hoy)、スタン・サルファス(Stan Salfas)

 ◆美術賞(Best Production Design)
 ◎『ブレードランナー 2049』 デニス・ガスナー(Dennis Gassner)
 ・『マザー!』 フィリップ・メッシーナ(Philip Messina)
 ・『シェイプ・オブ・ウォーター』 ポール・デナム・オースタベリー(Paul Denham Austerberry)

 ◆衣裳デザイン&メイキャップ賞(Best Costume Design and Makeup)
 ・『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』 ジャクリーヌ・デュラン(衣裳) 辻一弘、Lucy Sibbick、David Malinowski(メイキャップ)
 ◎“Phantom Thread” マーク・ブリッジス(Mark Bridges:衣裳) ポール・エンゲロン(Paul Engelen:メイキャップ)
 ・『シェイプ・オブ・ウォーター』 ルイス・セキュエラ(Luis Sequeria:衣裳) Jordan Samuel、Paula Fleet (メイキャップ)

 ◆視覚効果賞(Best Visual Effects)
 ・『ブレードランナー 2049』 Richard Clegg、Paul Lambert、Viktor Muller、John Nelson
 ・『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』 Richard Bain、Ben Morris、Michael Mulholland、クリス・コーボルド
 ◎『猿の惑星: 聖戦記』 ジョー・レッテリ、ダン・レモン(Dan Lemmon)、Eric Winquist、Dan Cervin

 ◆作曲賞(Best Musical Score)
 ◎“Phantom Thread” ジョニー・グリーンウッド
 ・『シェイプ・オブ・ウォーター』 アレクサンドル・デプラ
 ・『猿の惑星: 聖戦記』 マイケル・ジアッキノ

 ◆アンサンブル・キャスト賞(Best Ensemble Cast)
 ・『ゲット・アウト』
 ・『マッドバウンド 哀しき友情』
 ・『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』
 ・『シェイプ・オブ・ウォーター』
 ◎『スリー・ビルボード』

 ◆ドキュメンタリー賞(Best Documentary)
 ◎“Faces Places(Visages,Villages)”(仏) 監督:アニエス・ヴァルダ、JR
 ・“Jane” 監督:ブレット・モーゲン(Brett Morgen)
 ・“Whose Streets?” 監督:Sabaah Folayan、共同監督:Damon Davis

 ◆アニメーション賞(Best Animated Film)
 ◎『リメンバー・ミー』 監督:リー・アンクリッチ 共同監督:エイドリアン・モリーナ
 ・『レゴバットマン ザ・ムービー』(米・デンマーク) 監督:クリス・マッケイ
 ・『ゴッホ 最期の手紙』(英・ポーランド) 監督:ドロタ・コビエラ、ヒュー・ウェルチマン

 ◆外国映画賞(Best Foreign Film)
 ◎『RAW 少女のめざめ』(仏) 監督:ジュリア・デュクルノー
 ・『ザ・スクエア 思いやりの聖域』(スウェーデン・独・仏・デンマーク) 監督:リューベン・オストルンド
 ・“Thelma”(ノルウェー・仏・スウェーデン・デンマーク) 監督:ヨアキム・トリアー

 ◆先駆者賞(Trailblazer Award)
 ・ショーン・ベイカー “The Florida Project”
 ◎ジョーダン・ピール 『ゲット・アウト』
 ・ディー・リース 『マッドバウンド 哀しき友情』

 ◆インパクト賞(Impact Award)
 ・グレタ・ガーウィグ “Lady Bird”
 ◎パティー・ジェンキンス 『ワンダーウーマン』
 ・ジョーダン・ピール 『ゲット・アウト』

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 主な作品のノミネート&受賞状況は、以下の通り。

 ・『シェイプ・オブ・ウォーター』(0/7):主演女優・助演男優・撮影・美術・衣裳・作曲・アンサンブル
 ・『ゲット・アウト』(4/6):インディペンデント・監督・主演男優・脚本・アンサンブル・先駆者
 ・“Lady Bird”(3/5):インディペンデント・監督・主演女優・助演女優・脚本
 ・『ダンケルク』(0/4):スタジオ・監督・撮影・編集
 ・『ブレードランナー 2049』(2/3):スタジオ・撮影・美術・視覚効果
 ・“The Florida Project”(1/3):インディペンデント・助演男優・先駆者
 ・『スリー・ビルボード』(1/3):主演女優・助演男優・アンサンブル
 ・『猿の惑星: 聖戦記』(1/3):編集・視覚効果・作曲
 ・『マッドバウンド 哀しき友情』(0/3):脚色・アンサンブル・先駆者
 ・“Phantom Thread”(2/2):衣裳・作曲
 ・『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』(1/2):主演男優・衣裳
 ・『君の名前で僕を呼んで』(0/2):主演男優・脚色

 メイキャップ賞を持っている映画賞自体少ないので、これまで気づきませんでしたが、
 『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』は、米国アカデミー賞 メイキャップ&ヘアスタイリング賞に入っているし、メイキャップ&ヘアスタイリング賞ノミネートの可能性も高く、受賞も狙えそうで、辻一弘は、10年ぶり3回目の米国アカデミー賞ノミネートが有力になってきました。ひょっとすると初受賞もあるんじゃないでしょうか。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 *この記事がなかなか参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・全米映画賞レース2017 前半戦の受賞結果をまとめてみました:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201712/article_38.html
 ・全米映画賞レース2017 後半戦の受賞結果をまとめてみました:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201712/article_85.html

 ・全米の映画批評家協会系映画賞について調べてみました:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201101/article_2.html

 ・全米の映画賞について調べてみました:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201001/article_45.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2017年12月〜2018年3月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201712/article_47.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
シカゴ・インディペンデント映画批評家サークル賞2017 受賞結果 海から始まる!?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる