海から始まる!?

アクセスカウンタ

zoom RSS 脚色賞を占う! USCスクリプター2018 ノミネーション!

<<   作成日時 : 2018/01/17 22:50   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 第30回USCスクリプターのノミネーションが発表になりました。(1月15日)

 USC スクリプターとは、正しくは、南カリフォルニア大学図書館スクリプター賞(The University of Southern California (USC) Libraries Scripter Award)のことで、南カリフォルニア大学図書館が、映画化された原作本の原作者と脚本家、および脚本を表彰するものです。

 30年も続けていればそれだけで十分に価値がありますが、この映画賞がいろんな映画情報サイト(アメリカの)に取り上げられるのは、たぶんそういう理由より、この賞がアカデミー賞脚色賞を占うもの、というポジションを築きつつあるからだろうと思われます。

 2000年以降のUSCスクリプターとアカデミー賞脚色賞ノミネーションとの合致度を調べてみると、以下のようになっています。

 2016年度:『ムーンライト』〇
 2015年度:『マネー・ショート 華麗なる大逆転』〇
 2014年度:『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』○
 2013年度:『それでも夜は明ける』○
 2012年度:『アルゴ』○
 2011年度:『ファミリー・ツリー』○
 2010年度:『ソーシャル・ネットワーク』○
 2009年度:『プレシャス』○
 2008年度:『スラムドッグ$ミリオネア』○
 2007年度:『ノーカントリー』○
 2006年度:『トゥモロー・ワールド』×(アカデミー賞は『ディパーテッド』)
 2005年度:『カポーティ』×(アカデミー賞は『ブロークバック・マウンテン』)
 2004年度:『ミリオンダラー・ベイビー』×(アカデミー賞は『サイドウェイ』)
 2003年度:『ミスティック・リバー』『シービスケット』×(アカデミー賞は『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還』)
 2002年度:『めぐりあう時間たち』×(アカデミー賞は『ピアニスト』)
 2001年度:『ビューティフル・マインド』○
 2000年度:『ワンダー・ボーイズ』×(アカデミー賞は『トラフィック』)

 アカデミー賞との合致度はそんなには高くありませんが、ここ10年は同一作品が受賞していて、しかも2009年はアカデミー賞での予想が難しかった『プレシャス』で受賞しています。

 本年度のノミネーション(ファイナリスト)は、以下の通り。

 なお、2015年度からテレビ部門が新設されています。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 【映画部門】

 ・『君の名前で僕を呼んで』(Sony Pictures Classics and Picador)
 脚本家:ジェームズ・アイヴォリー 原作者:Andreì Aciman

画像

 ・“The Disaster Artist” (A24 and Simon & Schuster)
 脚本家:スコット・ノイスタッター(Scott Neustadter)、マイケル・H・ウェバー(Michael H. Weber) 原作者:Greg SesteroとTom Bissell ノンフィクション“The Disaster Artist: My Life Inside the Room, the Greatest Bad Movie Ever Made”

画像

 ・『LOGAN/ローガン』(20th Century Fox and Marvel Comics)
 脚本家:スコット・フランク、ジェームズ・マンゴールド、マイケル・グリーン 原作者:Roy Thomas、レン・ウェイン(Len Wein)、ジョン・ロミタ・シニア(John Romita Sr.)

 ・『ロスト・シティZ 失われた黄金都市』“The Lost City of Z”(Amazon Studios and Simon & Schuster)
 脚本家:ジェームズ・グレイ 原作者:デイヴィッド・グラン(David Grann)

画像

 ・“Molly’s Game” (STX Entertainment and Dey Street Books)
 脚本家:アーロン・ソーキン 原作者:Molly Bloom

画像

 ・『マッドバウンド 哀しき友情』(Netflix and Algonquin Books)
 脚本家:ヴァージル・ウィリアムズ(Virgil Williams)、ディー・リース 原作者:ヒラリー・ジョーダン(Hillary Jordan)

画像

 ・『ワンダーウーマン』(Warner Bros. and DC Comics)
 脚本家:アラン・ハインバーグ(Allan Heinberg) 原作者:ウィリアム・モールトン・マーストン(William Moulton Marston)

 【テレビ部門】

 ・『またの名をグレイス』“Alias Grace”(Netflix and Anchor)
 脚本家:サラ・ポーリー 原作者:マーガレット・アトウッド

画像

 ・『ビッグ・リトル・ライズ〜セレブママたちの憂うつ〜』“Big Little Lies”(HBO and Berkley)
 脚本家:デイヴィッド・E・ケリー(David E. Kelley)(エピソード:‘You Get What You Need’ 原作者:Liane Moriarty

画像

 『ジーニアス:世紀の天才 アインシュタイン』“Genius”(National Geographic and Simon & Schuster)
 脚本家:ノア・ピンク(Noah Pink)、ケネス・ビラー(Ken Biller)(エピソード:‘Einstein: Chapter One’) 原作者:ウォルター・アイザックソン(Walter Isaacson) “Einstein: His Life and Word”

画像

 ・“The Handmaid’s Tale”(Hulu and Anchor)
 脚本家:ブルース・ミラー(Bruce Miller)(エピソード‘Offred’) 原作者:マーガレット・アトウッド

画像

 ・『不死細胞ヒーラ ヘンリエッタ・ラックスの永遠なる人生』“The Immortal Life of Henrietta Lacks”(HBO and Broadway Books)
 脚本家:ピーター・ランデスマン、ジョージ・C・ウルフ(George C. Wolfe)、アレクサンダー・ウー(Alexander Woo) 原作者:レベッカ・スクルート(Rebecca Skloot)

画像

 ・『マインドハンター』“Mindhunter”(Netflix and Gallery Books)
 脚本家:ジョー・ペンホール(Joe Penhall)、ジェニファー・ヘイリー(Jennifer Haley)(Episode 10) 原作者:ジョン・ダグラス(John Douglas)、マーク・オルシェイカー(Mark Olshaker) ノンフィクション『マインドハンター──FBI連続殺人プロファイリング班』“Mindhunter: Inside the FBI’s Elite Serial Crime Unit”

画像

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 前回まで5作品だったノミネーションが、映画部門は7作品、テレビ部門は6作品選出されています。

 映画部門に関して

 7作品もあれば、有力作品はほぼピックアップできることになりますが、それでも、『ワンダー』『ワンダーストラック』『ブレードランナー 2049』『The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ』などが落選しています。その代わりに(?)『ワンダーウーマン』が選ばれているのは、ちょっと意外でした。

 前哨戦では、『君の名前で僕を呼んで』が最も受賞を重ねていて、その後を”The Disaster Artist”と『マッドバウンド 哀しき友情』と“Molly’s Game”が追っています。順当に行けば、ここでも『君の名前で僕を呼んで』が受賞するんじゃないでしょうか。

 受賞結果の発表は、2月10日です。

 *この記事がなかなか参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・米・脚本家組合賞(WGA)2018 映画部門ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201801/article_16.html
 ・米・脚本家組合賞(WGA)2018 テレビ部門、ニューメディア、ラジオ部門ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201712/article_101.html

 ・USCスクリプター2017 ノミネーション発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201701/article_37.html
 ・USCスクリプター2017 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201702/article_28.html
 ・USCスクリプター2016 ノミネーション発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201601/article_22.html
 ・USCスクリプター2016 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201602/article_37.html
 ・USCスクリプター2015 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201502/article_6.html
 ・USCスクリプター2014 ノミネーション発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201401/article_27.html
 ・USCスクリプター2014 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201402/article_22.html
 ・USCスクリプター2013 ノミネーション発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201301/article_42.html
 ・USCスクリプター2013 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201302/article_18.html
 ・USCスクリプター2012 ノミネーション発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201201/article_26.html
 ・USCスクリプター2012 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201202/article_33.html
 ・USCスクリプター2011 ノミネーション発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201101/article_10.html
 ・USCスクリプター2011 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201102/article_9.html
 ・USCスクリプター2010 ノミネーション発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201001/article_6.html
 ・USCスクリプター2010 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201002/article_14.html

 ・全米映画賞レース2017 前半戦の受賞結果をまとめてみました:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201712/article_38.html
 ・全米映画賞レース2017 後半戦の受賞結果をまとめてみました:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201712/article_85.html

 ・全米の映画批評家協会系映画賞について調べてみました:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201101/article_2.html

 ・全米の映画賞について調べてみました:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201001/article_45.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2017年12月〜2018年3月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201712/article_47.html

 追記:
 ・USCスクリプター2018 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201802/article_26.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
脚色賞を占う! USCスクリプター2018 ノミネーション! 海から始まる!?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる