海から始まる!?

アクセスカウンタ

zoom RSS 米・映画音響協会賞 2018 ノミネーション

<<   作成日時 : 2018/01/14 12:56   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 第25回米・映画音響協会賞のノミネーションが発表になりました。(1月10日)

 【米・映画音響協会(CAS:Cinema Audio Society)】
 1964年創立という歴史あるアメリカのミキサーの団体で、550名のミキサーが所属しています。
 アメリカの映画・テレビ業界の約半数がここに属していて、映画のエンドロールで、名前の後に「,CAS」とあるミキサーさんが、米・映画音響協会会員です。
 米・映画音響協会賞自体は、1994年に設けられた賞で、今年で25年目になります。公式サイトには「54th」と記されていますが、これは創立から数えた回数で、「年次」というような意味合いのようです。
 賞は、会員・非会員の別なく選ばれています。

 もう1つ、これに似た賞で、ゴールデン・リール賞という映画賞がありますが、これとどう違うかというと、CASがアカデミー賞録音賞に対応し、ゴールデン・リール賞がアカデミー賞音響編集賞に対応するといえばわかりやすいでしょうか。
 もっと端的に言うと、CASが録音技師の賞、ゴールデン・リール賞が音響編集者の賞ということになります。

画像

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 【実写映画部門】(Motion Picture – Live Action)

 ・『ベイビー・ドライバー』
 プロダクション・ミキサー – Mary H. Ellis, CAS
 リ・レコーディング・ミキサー – Julian Slater, CAS
 リ・レコーディング・ミキサー –ティム・カヴァジン(Tim Cavagin)
 スコアリング・ミキサー– Gareth Cousins, CAS
 ADRミキサー– Mark Appleby
 Foley ミキサー– Glen Gathard

 ティム・カヴァジンは、“Eric Clapton: Life in 12 Bars”『ブラック・ミラー』でもノミネート。

 ・『ダンケルク』
 プロダクション・ミキサー – マーク・ヴァイガルテン(Mark Weingarten), CAS
 リ・レコーディング・ミキサー – グレッグ・ランデイカー(Gregg Landaker)
 リ・レコーディング・ミキサー – ゲイリー・リッツォ(Gary Rizzo), CAS
 スコアリング・ミキサー– Alan Meyerson, CAS
 ADRミキサー– Thomas J. O’Connell
 Foley ミキサー– Scott Curtis

 グレッグ・ランデイカーは、『レゴバットマン ザ・ムービー』でもノミネート。
 ゲイリー・リッツォは、『不都合な真実2:放置された地球』でもノミネート。

 ・『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』
 プロダクション・ミキサー – スチュアート・ウィルソン(Stuart Wilson), CAS
 リ・レコーディング・ミキサー – David Parker
 リ・レコーディング・ミキサー – マイケル・セマニック(Michael Semanick)
 リ・レコーディング・ミキサー – レン・クライス(Ren Klyce)
 スコアリング・ミキサー– Shawn Murphy
 ADRミキサー– Doc Kane, CAS
 Foley ミキサー– Frank Rinella

 マイケル・セマニックは『カーズ/クロスロード』『リメンバー・ミー』『レゴバットマン ザ・ムービー』でもノミネート。

 ・『シェイプ・オブ・ウォーター』
 プロダクション・ミキサー – Glen Gauthier
 リ・レコーディング・ミキサー – クリスチャン・クック(Christian T. Cooke), CAS
 リ・レコーディング・ミキサー – Brad Zoern, CAS
 スコアリング・ミキサー– Peter Cobbin
 Foley ミキサー– Peter Persaud, CAS

 ・『ワンダーウーマン』
 プロダクション・ミキサー – クリス・ムンロ(Chris Munro), CAS
 リ・レコーディング・ミキサー – Chris Burdon
 リ・レコーディング・ミキサー – Gilbert Lake, CAS
 スコアリング・ミキサー– Alan Meyerson, CAS
 ADRミキサー– Nick Kray
 Foley ミキサー– Glen Gathard

 【アニメーション部門】(Motion Picture—Animated)

 ・『カーズ/クロスロード』
 オリジナル・ダイアログ・ミキサー – Doc Kane, CAS
 リ・レコーディング・ミキサー – Tom Meyers
 リ・レコーディング・ミキサー – マイケル・セマニック(Michael Semanick)
 リ・レコーディング・ミキサー – Nathan Nance
 スコアリング・ミキサー– David Boucher
 Foley ミキサー– Blake Collins

 マイケル・セマニックは、『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』『リメンバー・ミー』『レゴバットマン ザ・ムービー』でもノミネート。

 ・『リメンバー・ミー』
 オリジナル・ダイアログ・ミキサー – Vince Caro
 リ・レコーディング・ミキサー – クリストファー・ボイス(Christopher Boyes)
 リ・レコーディング・ミキサー – マイケル・セマニック(Michael Semanick)
 スコアリング・ミキサー– Joel Iwataki
 Foley ミキサー– Blake Collins

 マイケル・セマニックは、『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』『カーズ・クロスロード』『レゴバットマン ザ・ムービー』でもノミネート。

 ・『怪盗グルーのミニオン大脱走』
 オリジナル・ダイアログ・ミキサー – Carlos Sotolongo
 リ・レコーディング・ミキサー – ランディー・トム(Randy Thom), CAS
 リ・レコーディング・ミキサー – Tim Nielsen
 リ・レコーディング・ミキサー – ブランドン・プロクター(Brandon Proctor)
 スコアリング・ミキサー– Greg Hayes
 Foley ミキサー– Scott Curtis

 ランディー・トムは、“Ferdinand”でもノミネート。

 ・“Ferdinand”
 オリジナル・ダイアログ・ミキサー – Bill Higley, CAS
 リ・レコーディング・ミキサー – ランディー・トム(Randy Thom), CAS
 リ・レコーディング・ミキサー – ローラ・ハーシュバーグ(Lora Hirschberg)
 リ・レコーディング・ミキサー – Leff Lefferts
 スコアリング・ミキサー– Shawn Murphy
 Foley ミキサー– Scott Curtis

 ランディー・トムは、『怪盗グルーのミニオン大脱走』でもノミネート。

 ・『レゴバットマン ザ・ムービー』
 オリジナル・ダイアログ・ミキサー – Jason Oliver
 リ・レコーディング・ミキサー – マイケル・セマニック(Michael Semanick)
 リ・レコーディング・ミキサー – グレッグ・ランデイカー(Gregg Landaker)
 リ・レコーディング・ミキサー – ウェイン・パシュリー(Wayne Pashley)
 スコアリング・ミキサー– Stephen Lipson
 Foley ミキサー– Lisa Simpson

 マイケル・セマニック、『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』『カーズ・クロスロード』『リメンバー・ミー』でもノミネート。
 グレッグ・ランデイカーは、『ダンケルク』でもノミネート。

 【ドキュメンタリー部門】(Motion Picture—Documentary)

 ・『不都合な真実2:放置された地球』
 プロダクション・ミキサー – Gabriel Monts
 リ・レコーディング・ミキサー – Kent Sparling
 リ・レコーディング・ミキサー – ゲイリー・リッツォ(Gary Rizzo), CAS
 リ・レコーディング・ミキサー – Zach Martin
 スコアリング・ミキサー– Jeff Beal
 Foley ミキサー– Jason Butler

 ゲイリー・リッツォは、『ダンケルク』でもノミネート。

 ・“Eric Clapton: Life in 12 Bars”
 プロダクション・ミキサー – Russell Edwards
 リ・レコーディング・ミキサー – ティム・カヴァジン(Tim Cavagin)
 リ・レコーディング・ミキサー – William Miller
 ADRミキサー– Adam Mendez, CAS

 ティム・カヴァジンは、『ベイビー・ドライバー』『ブラック・ミラー』でもノミネート。
 William Millerは、『ブラック・ミラー』でもノミネート。

 ・『レディー・ガガ:Five Foot Two』“Gaga: Five Foot Two”
 リ・レコーディング・ミキサー – Jonathan Wales, CAS
 リ・レコーディング・ミキサー – Jason Dotts

 ・“Jane”
 プロダクション・ミキサー – Lee Smith
 リ・レコーディング・ミキサー – David E. Fluhr, CAS
 リ・レコーディング・ミキサー – Warren Shaw
 スコアリング・ミキサー– Derek Lee
 ADRミキサー– Chris Navarro, CAS
 Foley ミキサー– Ryan Maguire

 ・“Long Strange Trip”
 プロダクション・ミキサー – David Silberberg
 リ・レコーディング・ミキサー – Bob Chefalas
 リ・レコーディング・ミキサー – Jacob Ribicoff

 【TV映画/ミニシリーズ部門】(Television Movie or Mini-Series)

 ・『ビッグ・リトル・ライズ〜セレブママたちの憂うつ〜』-‘Episode 7 ‘You Get What’ You Need’
 プロダクション・ミキサー – Brendan Beebe, CAS
 リ・レコーディング・ミキサー – Gavin Fernandes, CAS
 リ・レコーディング・ミキサー – Louis Gignac

 ・『ブラック・ミラー』-‘USS Callister’
 プロダクション・ミキサー – John Rodda, CAS
 リ・レコーディング・ミキサー – ティム・カヴァジン(Tim Cavagin)
 リ・レコーディング・ミキサー – ダヴィッズ・アーチャード(Dafydd Archard)
 リ・レコーディング・ミキサー – Will Miller
 ADRミキサー– Nick Baldock
 Foley ミキサー– Sophia Hardman

 Will Millerは、『ベイビー・ドライバー』“Eric Clapton: Life in 12 Bars”でもノミネート。

 ・『FARGO/ファーゴ』-Year 3 Episode 4 ‘The Narrow Escape Problem’
 プロダクション・ミキサー – Michael Playfair, CAS
 リ・レコーディング・ミキサー – Kirk Lynds, CAS
 リ・レコーディング・ミキサー – Martin Lee
 スコアリング・ミキサー– Michael Perfitt

 ・『SHERLOCK』-「臥せる探偵」(“Sherlock”-‘The Lying Detective’)
 プロダクション・ミキサー –John Mooney, CAS
 リ・レコーディング・ミキサー – Howard Bargroff
 スコアリング・ミキサー– Nick Wollage
 ADRミキサー– Peter Gleaves, CAS
 Foley ミキサー– Jamie Talbutt

 ・『ツイン・ピークス』– Part 8 ‘Gotta Light?’
 プロダクション・ミキサー – Douglas Axtell
 リ・レコーディング・ミキサー –Dean Hurley
 リ・レコーディング・ミキサー – Ron Eng

 『ブラック・ミラー』と『SHERLOCK』は、2年連続ノミネート。

 【テレビ・シリーズ 1時間番組部門】(Television Series – 1 Hour)

 ・『ベター・コール・ソウル』-‘Lantern’
 プロダクション・ミキサー – Phillip W. Palmer, CAS
 リ・レコーディング・ミキサー – Larry B. Benjamin, CAS
 リ・レコーディング・ミキサー – Kevin Valentine
 ADRミキサー– Matt Hovland
 Foley ミキサー– David Michael Torres, CAS

 ・『ゲーム・オブ・スローンズ』-‘Beyond the Wall’
 プロダクション・ミキサー – Ronan Hill, CAS
 プロダクション・ミキサー – Richard Dyer, CAS
 リ・レコーディング・ミキサー – Onnalee Blank, CAS
 リ・レコーディング・ミキサー – Mathew Waters, CAS
 Foley ミキサー– Brett Voss, CAS

 ・『ストレンジャー・シングス 未知の世界』- Chapter 8 ‘The Mind Flayer’
 プロダクション・ミキサー – Michael P. Clark, CAS
 リ・レコーディング・ミキサー – Joe Barnett
 リ・レコーディング・ミキサー – Adam Jenkins
 ADRミキサー– Bill Higley, CAS
 Foley ミキサー– Antony Zeller, CAS

 ・『ザ・クラウン』:‘Misadventure’
 プロダクション・ミキサー – Chris Ashworth
 リ・レコーディング・ミキサー – Lee Walpole
 リ・レコーディング・ミキサー – Stuart Hilliker
 リ・レコーディング・ミキサー – Martin Jensen
 ADRミキサー– Rory de Carteret
 Foley ミキサー– Philip Clements

 ・“The Handmaid’s Tale”: Episode #1 ‘Offred’
 プロダクション・ミキサー – John J. Thomson, CAS
 リ・レコーディング・ミキサー – ルー・ソラコフスキ (Lou Solakofski)
 リ・レコーディング・ミキサー – Joe Morrow
 Foley ミキサー– Don White

 『ストレンジャー・シングス 未知の世界』は、2年連続ノミネート。『ベター・コール・ソウル』は、3年連続ノミネート。『ゲーム・オブ・スローンズ』は7年連続ノミネートで4連覇中。

 【テレビ・シリーズ 30分番組部門】(Television Series – 1/2 Hour)

 ・“Ballers”-‘Yay Area’
 プロダクション・ミキサー – Scott Harber, CAS
 リ・レコーディング・ミキサー – Michael Colomby, CAS
 リ・レコーディング・ミキサー – Richard Weingart, CAS
 リ・レコーディング・ミキサー – Mitch Dorf

 ・“blackish”-‘Juneteenth, The Musical’
 プロダクション・ミキサー – Tom N. Stasinis, CAS
 リ・レコーディング・ミキサー – Peter J. Nusbaum, CAS
 リ・レコーディング・ミキサー – Whitney Purple

 ・『モダン・ファミリー』-‘Lake Life’
 プロダクション・ミキサー – Stephen A. Tibbo, CAS
 リ・レコーディング・ミキサー – Dean Okrand, CAS
 リ・レコーディング・ミキサー – Brian R. Harman, CAS

 ・『シリコンバレー』: Episode 9 ‘Hooli-Con’
 プロダクション・ミキサー – Benjamin A. Patrick, CAS
 リ・レコーディング・ミキサー – Elmo Ponsdomenech
 リ・レコーディング・ミキサー – Todd Beckett

 ・『Veep/ヴィープ』: Omaha
 プロダクション・ミキサー – William MacPherson, CAS
 リ・レコーディング・ミキサー – John W. Cook II, CAS
 リ・レコーディング・ミキサー – Bill Freesh, CAS

 “blackish”は2年連続ノミネート。『シリコンバレー』は3年連続ノミネート。『Veep/ヴィープ』は4年連続ノミネート。『モダン・ファミリー』は6年連続ノミネートで、5連覇中。

 【ノンフィクション番組−バラエティー、音楽シリーズ、特別番組部門】(Television Non-Fiction, Variety or Music Series or Specials)

 ・“American Experience”-‘The Great War – Part 3’
 プロダクション・ミキサー – John Jenkins
 リ・レコーディング・ミキサー – Ken Hahn

 ・『アンソニー世界を駆ける』“Anthony Bourdain:Parts Unknown” (Oman)
 リ・レコーディング・ミキサー – Benny Mouthon, CAS

 ・“Deadliest Catch”-‘Last Damn Arctic Storm’
 リ・レコーディング・ミキサー – John Warrin

 ・“Rolling Stone: Stories from the Edge”
 プロダクション・ミキサー – David Hocs
 プロダクション・ミキサー – Tom Tierney
 リ・レコーディング・ミキサー – Tom Fleischman, CAS

 ・“Who Killed Tupac?” Episode 101: ‘Murder in Vegas’
 プロダクション・ミキサー – Steve Birchmeier
 リ・レコーディング・ミキサー – John Reese

 『アンソニー世界を駆ける』は3年連続ノミネート。“Deadliest Catch”は12年連続ノミネート。2009年〜2012年に受賞。

 【学生賞】(The CAS Student Recognition Award Finalists
 ・Haley Bowers(Savannah College of Art and Design – Savannah, GA)
 ・Brendan Gates(Loyola Marymount University – Los Angeles, CA)
 ・Xiang Li(Chapman University – Orange, CA)
 ・Danielle Price(Savannah College of Art and Design – Savannah, GA)
 ・Anna Wozniewicz(Chapman University – Orange, CA)

 【プロダクト賞】
 ミキシングに有用な製品やワークフローに贈られる。CASの会員の投票によって選ばれる。

 ◆プロダクション賞(Outstanding Product – Production)
 ・DPA Slim Manufacturer: DPA
 ・Duet Digital Wireless Monitor System Manufacturer: Lectrosonics
 ・SX-R4+ Manufacturer: Sonosax
 ・Mix Pre- 10T Recorder Manufacturer: Sound Devices
 ・ZMT3 body pack and boom pole wireless transmitter Manufacturer: Zaxcom

 ◆ポスト・プロダクション賞(Outstanding Product – Post Production)
 ・Dolby Atmos Content Creation Tools Manufacturer: Dolby
 ・Pro Q2 Equalizer Manufacturer: FabFilter
 ・R4 Reverb Manufacturer: Exponential Audio
 ・RX 6 Advanced Manufacturer: iZotope, Inc.
 ・Absentia DX  Manufacturer: Todd-AO

 【特別賞・名誉賞】

 ◆シネマ・オーディオ・ソサイエティー・フィルムメイカー賞(The Cinema Audio Society Filmmaker Award)
 ◎ジョー・ライト

 ◆Edward J. Greene Award for the Advancement of Sound [新設]
 ◎Tomlinson Holman CAS creator of THX

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 米・映画音響協会(CAS )とアカデミー賞録音賞の過去の受賞結果を比較してみると、以下のようになっています。

 2017年(3/5) CAS:『ラ・ラ・ランド』 AA:『ハクソーリッジ』
 2016年(4/5) CAS:『レヴェナント:蘇えりし者』 AA:『マッドマックス 怒りのデス・ロード』
 2015年(4/5) CAS:『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』 AA:『セッション』
 2014年(4/5) CAS:『ゼロ・グラビティ』 AA:『ゼロ・グラビティ』
 2013年(3/5) CAS:『レ・ミゼラブル』 AA:『レ・ミゼラブル』
 2012年(2/5) CAS:『ヒューゴの不思議な発明』 AA:『ヒューゴの不思議な発明』
 2011年(3/5) CAS:『トゥルー・グリット』 AA:『インセプション』
 2010年(4/5) CAS:『ハート・ロッカー』 AA:『ハート・ロッカー』
 2009年(3/5) CAS:『スラムドッグ&ミリオネア』 AA:『スラムドッグ&ミリオネア』
 2008年(3/5) CAS:『ノーカントリー』 AA:『ボーン・アルティメイタム』
 2007年(4/5) CAS:『ドリームガールズ』 AA:『ドリームガールズ』
 2006年(4/5) CAS:『ウォーク・ザ・ライン』 AA:『キング・コング』
 2005年(3/5) CAS:『アビエイター』 AA:『レイ』
 2004年(5/5) CAS:『マスター・アンド・コマンダー』 AA:『ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還』
 2003年(4/5) CAS:『ロード・トゥ・パーディション』 AA:『シカゴ』
 2002年(4/5) CAS:『ロード・オブ・ザ・リング』 AA:『ブラックホーク・ダウン』
 2001年(5/5) CAS:『グラディーター』 AA:『グラディーター』
 2000年(2/5) CAS:『マトリックス』 AA:『マトリックス』
 1999年(3/5) CAS:『プライベート・ライアン』 AA:『プライベート・ライアン』
 1998年(4/5) CAS:『タイタニック』 AA:『タイタニック』
 1997年(4/5) CAS:『イングリッシュ・ペイシェント』 AA:『イングリッシュ・ペイシェント』
 1996年(3/5) CAS:『アポロ13』 AA:『アポロ13』
 1995年(3/5) CAS:『フォレスト・ガンプ』 AA:『スピード』

 年の後の数字は、ノミネーションの合致度です。

 受賞作品の合致度は、12/24(50%)で、数字だけ見るとそんなに高いものではありません。
 ただし、受賞作品が異なる年も、ノミネーション段階では、1994年と2015年以外すべて、双方の受賞作をそれぞれのノミネーションに確実にエントリーさせていて、全く異なる性質を持っている賞ではないことがわかります。

 米・映画音響協会(CAS)に比べて、米国アカデミー賞録音賞は、明らかに音楽ものを評価する傾向が強く、また、米・映画音響協会(CAS)が「ドラマ」作品をも評価してきているのに対して、米国アカデミー賞録音賞は、よりスペクタクルものを好むという傾向があるようです。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 受賞結果の発表は、2月24日です。

 *この記事がなかなか参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・米・映画音響協会賞(CAS)2017 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201701/article_46.html
 ・米・映画音響協会賞(CAS)2017 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201702/article_44.html
 ・米・映画音響協会賞(CAS)2016:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201602/article_39.html
 ・米・映画音響協会賞(CAS)2015:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201502/article_21.html
 ・米・映画音響協会賞(CAS)2014 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201401/article_46.html
 ・米・映画音響協会賞(CAS)2014 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201402/article_45.html
 ・米・映画音響協会賞(CAS)2013 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201301/article_20.html
 ・米・映画音響協会賞(CAS)2013 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201302/article_30.html
 ・米・映画音響協会賞(CAS)2012 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201201/article_37.html
 ・米・映画音響協会賞(CAS)2012 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201202/article_32.html
 ・米・映画音響協会賞(CAS)2011 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201101/article_16.html
 ・米・映画音響協会賞(CAS)2011 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201102/article_38.html
 ・米・映画音響協会賞(CAS)2010 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201003/article_2.html
 ・米・映画音響協会賞(CAS)2009 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200902/article_19.html

 ・全米映画賞レース2017 前半戦の受賞結果をまとめてみました:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201712/article_38.html
 ・全米映画賞レース2017 後半戦の受賞結果をまとめてみました:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201712/article_85.html

 ・全米の映画賞について調べてみました:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201001/article_45.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2017年12月〜2018年3月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201712/article_47.html

 追記:
 ・米・映画音響協会賞(CAS)CAS2018 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201802/article_61.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
米・映画音響協会賞 2018 ノミネーション 海から始まる!?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる