海から始まる!?

アクセスカウンタ

zoom RSS 米・脚本家組合賞(WGA)2018 映画部門 ノミネーション発表!

<<   作成日時 : 2018/01/05 21:37   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 第70回米・脚本家組合賞(WGA)の映画部門のノミネーションが発表になりました。(1月4日)

画像

 ◆オリジナル脚本賞
 ・『ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ』 エミリー・V・ゴードン、クメイル・ナンジアニ
 ・『ゲット・アウト』 ジョーダン・ピール
 ・“I, Tonya” スティーヴン・ロジャーズ(Steven Rogers)
 ・“Lady Bird” グレタ・ガーウィグ
 ・『シェイプ・オブ・ウォーター』 脚本:ギレルモ・デル・トロ、ヴァネッサ・テイラー(Vanessa Taylor) ストーリー:ギレルモ・デル・トロ

 『スリー・ビルボード』や『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』、『聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア』、“Breathe”(監督:アンディー・サーキス)、『リメンバー・ミー』は対象外。

 『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』、『ダンケルク』、“The Florida Project”、“Phantom Thread”などは落選。

 ◆脚色賞
 ・『君の名前で僕を呼んで』 脚本:ジェームズ・アイヴォリー André Acimanの小説に基づく
 ・”The Disaster Artist” 脚本:スコット・ノイスタッター(Scott Neustadter)、マイケル・H・ウェバー(Michael H. Weber) Greg SesteroとTom Bissellによる著書“The Disaster Artist: My Life Inside the Room, the Greatest Bad Movie Ever Made”に基づく
 ・『LOGAN/ローガン』 脚本:スコット・フランク(Scott Frank)、ジェームズ・マンゴールド、マイケル・グリーン(Michael Green) ストーリー:ジェームズ・マンゴールド 『X-メン』のコミック・ブックのキャラクターと劇映画に基づく
 ・“Molly’s Game” 脚本:アーロン・ソーキン  脚本:Molly Bloomの著書に基づく
 ・『マッドバウンド 哀しき友情』 脚本:ディー・リース、ヴァージル・ウィリアムズ(Virgil Williams) ヒラリー・ジョーダンの小説に基づく

 “Victoria and Abdul”や“Film Stars Don’t Die in Liverpool”(監督:ポール・マクギガン)は対象外。

 “Wonder”、『ワンダーストラック』、『The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ』などは落選。

 ◆ドキュメンタリー部門
 ・“Betting on Zero”(監督:Theodore Braun) Theodore Braun
 ・“Jane”(監督:ブレット・モーゲン(Brett Morgen)) ブレット・モーゲン
 ・“No Stone Unturned”(監督:アレックス・ギブニー) アレックス・ギブニー
 ・“Oklahoma City”(監督:Barak Goodman) Barak Goodman

 アレックス・ギブニーは3年連続ノミネート。2017年は“Zero Days”でノミネート、2016年は『ゴーイング・クリア:サイエントロジーと信仰という監禁』で受賞。

 【特別賞・名誉賞】

 ◆2018 Laurel Awards
 未定

 ◆アニメーション・ライティング賞(Animation Writers Caucus Animation Writing Award)
 ◎レン・ウェイン(Len Wein)
 ウルヴァリンやスワンプシングの生みの親。2017年9月10日没。

 ◆Paul Selvin Award
 憲法、市民権、自由の精神を体現した組合のメンバーに贈られる。
 未定

 ◆Morgan Cox Award
 組合に、すばらしいアイディアを示し、継続的な努力と自己犠牲を示した組合メンバーまたはグループに贈られる。
 未定

 ◆ヴァレンタイン・デイヴィース賞(Valentine Davies Award)
 エンタテインメント産業や一般社会に貢献し、脚本家への威厳や尊敬をもたらした米・脚本家組合ウェストのメンバーに贈られる。
 ◎ダスティン・ランス・ブラック

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 【アカデミー賞との関係】

 オリジナル脚本賞と脚色賞での一致度(ノミネーション&受賞結果)は以下のようになっています。

 2017年 脚本:3作品(AA) 脚色:3作品(WGA)
 ※『ムーンライト』はアカデミー賞では脚色賞、脚本家組合賞ではオリジナル脚本賞を受賞
 2016年 脚本:3作品(WGA=AA) 脚色:3作品(WGA=AA)
 2015年 脚本:4作品(WGA) 脚色:2作品(WGA=AA)
 2014年 脚本:5作品(WGA=AA) 脚色:3作品(WGA、AA)
 2013年 脚本:2作品(WGA) 脚色:4作品(WGA=AA)
 2012年 脚本:2作品(WGA=AA) 脚色:3作品(WGA=AA)
 2011年 脚本:3作品(WGA) 脚色:3作品(WGA=AA)
 2010年 脚本:2作品(WGA=AA) 脚色:2作品(WGA、AA)
 2009年 脚本:1作品(WGA=AA) 脚色:4作品(WGA=AA)
 2008年 脚本:4作品(WGA=AA) 脚色:4作品(WGA=AA)
 2007年 脚本:3作品(WGA=AA) 脚色:3作品(WGA=AA)
 2006年 脚本:3作品(WGA=AA) 脚色:4作品(WGA=AA)
 2005年 脚本:3作品(WGA=AA) 脚色:4作品(WGA=AA)
 2004年 脚本:3作品(WGA=AA) 脚色:4作品(WGA、AA)
 2003年 脚本:3作品 脚色:4作品(WGA)
 2002年 脚本:3作品(WGA=AA) 脚色:3作品(WGA=AA)
 2001年 脚本:4作品(WGA、AA) 脚色:4作品(WGA=AA)
 2000年 脚本:4作品(WGA=AA) 脚色:4作品(WGA、AA)
 1999年 脚本:4作品(WGA=AA) 脚色:4作品(WGA、AA)

 カッコで示してあるのは、脚本家組合賞(WGA)のノミネーションとアカデミー賞のノミネーションが一致した中からそれぞれの受賞作品が出たかどうかを示しています。
 「WGA=AA」は同じ作品が双方で受賞したことを示し、「WGA、AA」は一致したノミネート作品の中から別々の作品が受賞したことを示し、「WGA」は一致したノミネート作品の中から脚本家組合賞は出たけれど、アカデミー賞は脚本家組合賞にはノミネートされなかった作品から出、何も記していないところはそれぞれ別々のノミニーから受賞作が出たことを示しています。
 ※1999年以降のデータを書き出していることに特に意味はありません。毎年データを書き出していて、それが蓄積していっているだけです。
 過去19年で、受賞作が一致する割合は、オリジナル脚本賞で13/19(68.4%)、脚色賞で12/19(63.2%)、全体では25/38(65.8%)です。

 米・脚本家組合賞(WGA)は、米国アカデミー賞とは違って、規定により本命や有力作品が選外になることがあるので、これがそのまま米国アカデミー賞を占うものとはなりません。

 現時点での前哨戦の結果は、オリジナル脚本賞は『ゲット・アウト』の最多受賞で、これを“Lady Bird”が追っていて、脚色賞は混戦で、“The Disaster Artist“と『マッドバウンド 哀しき友情』と『君の名前で僕を呼んで』が競う形になっています。

 米国アカデミー賞とは、ノミネーションでオリジナル脚本賞も脚色賞も3つくらいずつ一致するはずですが、受賞結果も一致するかどうかは、まだ予想できない状況です。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 授賞式は、2月11日に、LA(ウェスト)とニューヨーク(イースト)という2会場で、それぞれの会員を集めて、ほぼ同時刻に開催されます。

 *この記事がなかなか参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・『スリー・ビルボード』“Victoria and Abdul”etc…米・脚本家組合賞2018失格!:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201712/article_10.html

 ・米・脚本家組合賞(WGA)2018 テレビ部門、ニューメディア、ラジオ部門ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201712/article_101.html
 ・米・脚本家組合賞(WGA)2017 映画部門 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201701/article_16.html
 ・米・脚本家組合賞(WGA)2017 テレビ部門、ニューメディア、ラジオ部門ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201612/article_18.html
 ・米・脚本家組合賞(WGA)2017 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201702/article_39.html
 ・米・脚本家組合賞(WGA)2016 テレビ、ニューメディア、ラジオ部門ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201512/article_9.html
 ・米・脚本家組合賞(WGA)2016 映画部門ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201601/article_17.html
 ・米・脚本家組合賞(WGA)2016 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201602/article_21.html
 ・米・脚本家組合賞(WGA)2015 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201502/article_15.html
 ・米・脚本家組合賞(WGA)2014 映画部門 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201401/article_6.html
 ・米・脚本家組合賞(WGA)2014 TV部門他 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201401/article_4.html
 ・米・脚本家組合賞(WGA)2014 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201402/article_5.html
 ・米・脚本家組合賞(WGA)2013 映画部門 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201301/article_8.html
 ・米・脚本家組合賞(WGA)2013 TV部門他 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201212/article_77.html
 ・米・脚本家組合賞(WGA)2013 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201302/article_31.html
 ・米・脚本家組合賞(WGA)2012 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201201/article_7.html
 ・米・脚本家組合賞(WGA)2012 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201202/article_34.html
 ・米・脚本家組合賞2011 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201101/article_7.html
 ・米・脚本家組合賞2011 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201102/article_10.html
 ・米・脚本家組合賞2010 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201001/article_15.html
 ・米・脚本家組合賞2010 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201002/article_37.html
 ・米・脚本家組合賞2009 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200901/article_8.html
 ・米・脚本家組合賞2009 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200902/article_9.html

 ・全米映画賞レース2017 前半戦の受賞結果をまとめてみました:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201712/article_38.html
 ・全米映画賞レース2017 後半戦の受賞結果をまとめてみました:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201712/article_85.html

 ・全米の映画批評家協会系映画賞について調べてみました:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201101/article_2.html

 ・全米の映画賞について調べてみました:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201001/article_45.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2017年12月〜2018年3月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201712/article_47.html

 [追記]

 【ビデオゲーム部門】(Outstanding Achievement In Videogame Writing)(1月11日発表)
 ・“Dishonored: Death of the Outsider”(Arkane Studios-Bethesda Softworks) エターナル・ライターズ(External Writers):Anna Megill、Hazel Monforton リード・ナラティヴ・デザイナー(Lead Narrative Designer):Sachka Duval
 ・“Futurama: Worlds of Tomorrow”(TinyCo) 脚本:Cas Ruffin、Patric M. Verrone
 ・『ホライゾン ゼロ・ドーン』“Horizon Zero Dawn”(Guerrilla Games) ナラティヴ・ディレクター(Narrative Director):John Gonzalez リード・ライター(Lead Writer):Benjamin McCaw 脚本:Ben Schroder、Anne Toole アディショナル・ライティング(Additional Writing):Dee Warrick、Meg Jayanth
 ・“Madden NFL 18: Longshot”(Tiburon/Electronic Arts) 脚本:Michael Young、Adrian Todd Zuniga ストーリー:Michael Young

 ・米・脚本家組合賞(WGA)2018 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201802/article_28.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
米・脚本家組合賞(WGA)2018 映画部門 ノミネーション発表! 海から始まる!?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる