海から始まる!?

アクセスカウンタ

zoom RSS 2017年における、国際映画祭・映画賞での日本映画の受賞結果まとめ!

<<   作成日時 : 2018/01/01 00:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 2017年の国外の映画祭&映画賞における、日本映画、および、日本人の受賞結果をまとめてみました。

 ※ すべてを取り上げることはできないので、映画祭、映画賞ごとに、受賞>ノミネート>出品 の優先順位でピックアップしてあります。
 ※ 基本的には主だった映画賞、映画祭のみにとどめています。
 ※ 過去の作品の特集上映等はピックアップしていません。
 ※ アニー賞等でノミニーに日本人らしき名前がありますが、確認できていません。
 ※ ノミネーションと受賞結果で、年を跨ぐものは、受賞結果の方を採用しています。(受賞結果が2018年に発表になるものは取り上げていません。)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 ・『あゝ、荒野』“Wilderness” 監督:岸善幸
 釜山国際映画祭 アジア映画の窓部門出品。

 ・『Out There』“Out There”(日・台湾) 監督:伊藤丈紘
 ブエノスアイレス国際インディペンデント映画祭 インターナショナル・オフィシャル・コンペティション部門出品。

 ・『アウトレイジ 最終章』“Outrage Coda” 監督:北野武
 ベネチア国際映画祭 アウト・オブ・コンペティション部門出品。クロージング作品。
 釜山国際映画祭 アジア映画の窓部門出品。
 ピンヤオ国際映画祭 ガラ部門出品。

 ・『Ascent/アセント』“Ascent”(オランダ・日) 監督:フィオナ・タン(Fiona Tan)
 カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭 Imagina部門出品。

 ・“Anarchist from the Colony(박열/朴烈))”(韓・日) 監督:イ・ジュンイク
 タリン・ブラック・ナイツ映画祭 オフィシャル・セレクション出品。

 ・『AEON』“Aeon” 監督:宮嶋龍太郎
 ザグレブ国際アニメーションフェスティバル 学生コンペティション部門出品。

 ・『怒り』 監督:李日相
 サンタバーバラ国際映画祭出品。
 アジア映画賞 助演男優賞ノミネート(綾野剛)、編集賞ノミネート(今井剛)、オリジナル音楽賞ノミネート(坂本龍一)、新人賞ノミネート(佐久本宝)。
 エジンバラ国際映画祭 インターナショナル長編作品賞ノミネート。

 ・『息の跡』 監督:小森はるか
 KINOTAYO 現代日本映画祭(仏) 批評家賞受賞。

 ・『ウィジャ ビギニング 呪い襲い殺す』“Ouija: Origin of Evil”(日・米) 監督:マイク・フラナガン(Mike Flanagan)
 サターン賞 最優秀ホラー映画賞ノミネート。

 ・『美しい星』“A Beautiful Star” 監督:吉田大八
 釜山国際映画祭 アジア映画の窓部門出品。

 ・『馬を放つ』“Centaur”(キルギスタン・仏・独・オランダ・日) 監督:アクタン・アリム・クバト(Aktan Arym Kubat)
 ベルリン国際映画祭2017 パノラマ部門出品。CICAE賞受賞。
 カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭2017 アナザー・ビュー部門出品。
 エルサレム映画祭2017 パノラマ部門出品。
 アジア太平洋スクリーン・アワード 文化の多様性賞ノミネート。
 米国アカデミー賞2018 外国語映画賞 キルギスタン代表。

 ・『海街diary』“Our Little Sister” 監督:是枝裕和
 クロトゥルーディス賞 作品賞、監督賞、脚色賞、アンサンブル・キャスト賞ノミネート
 インターナショナル・シネファイル・ソサイエティー賞 助演女優賞ノミネート(長澤まさみ)。

 ・『海よりもまだ深く』“After the Storm” 監督:是枝裕和
 オンライン映画批評家協会賞 最優秀米国未公開作品(Best Non-U.S. Release)。
 アジア映画賞 撮影賞ノミネート(山崎裕)。
 シアトル国際映画祭 アジアン・クロスローズ部門出品。

 ・『HK 変態仮面 アブノーマル・クライシス』“Hentaï Kamen: the abnormal crisis” 監督:福田雄一
 ブリュッセル国際ファンタスティック映画祭 インターナショナル・コンペティション部門出品。

 ・『枝葉のこと』“Edaha No Koto (Sweating the Small Stuff)“ 監督:二ノ宮隆太郎
 ロカルノ国際映画祭 フィルムメイカーズ・オブ・ザ・プレゼント コンペティション部門出品。
 釜山国際映画祭 アジア映画の窓部門出品。

 ・“Extrapolate”(オランダ・日/2min) 監督:ヨハン・ライマ(Johan Rijpma)
 カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭Imagina部門出品。

 ・『エンドレス・ポエトリー』“Endless Poetry”(チリ・日・仏) 監督:アレハンドロ・ホドロフスキー
 サンフランシスコ国際映画祭 長編ナラティヴ部門 観客賞受賞。

 ・“エンバーマー -遺体の顔-(The Embalmer ~Face of the Dead~)”(日・米) 監督:西村喜廣
 プチョン国際ファンタスティック映画祭 Invitation to the festival’s SitgesPitchbox program Awards受賞。

 ・『オー・ルーシー!』“Oh Lucy!”(日・米) 監督:平蜩ヨ子
 カンヌ国際映画祭 国際批評家週間出品。
 トロント国際映画祭 DISCOVERY部門出品。
 ハンプトンズ国際映画祭 コンペティション部門出品。
 ムンバイ映画祭 インターナショナル・コンペティション部門出品。
 フィラデルフィア映画祭出品。
 KINOTAYO 現代日本映画祭(仏) ソレイユ・ドール観客賞受賞。

 ・Spring Time “Old Man”(独・日) 監督:土屋萌児
 オタワ国際アニメーションフェスティバル 受託作品部門出品。

 ・『幼な子われらに生まれ』“Dear Etranger” 監督:三島有紀子
 モントリオール世界映画祭 ワールド・コンペティション部門出品。審査員特別賞受賞。

 『おじいちゃん、死んじゃったって。』“Goodbye, Grandpa!” 監督:森ガキ侑大
 タリン・ブラック・ナイツ映画祭 第1回作品コンペティション部門出品。NETPAC賞受賞。

 ・『泳ぎすぎた夜』“The Night I Swam(La Nuit Où J’Ai Nagé)”(仏・日) 監督:ダミアン・マニヴェル、五十嵐耕平
 ベネチア国際映画祭 Orizzonti部門出品。
 ゲント国際映画祭 オフィシャル・セレクション出品。

 ・『怪物学抄』“Notes on Monstropedia” 監督:山村浩二
 レインダンス映画祭 短編アニメーション賞ノミネート。

 ・『牡蠣工場』 監督:想田和弘
 KINOTAYO現代日本映画祭 ソレイユ・ドール観客賞受賞。

 ・『カケラ』“Fragments” 監督:辻直之
 オタワ国際アニメーションフェスティバル 短編コンペティション部門出品。

 ・『かぞくへ』“Going the Distance” 監督:春本雄二郎
 日本映画祭「ニッポン・コネクション」ニッポン・ビジョン審査員賞スペシャル・メンション受賞。

 ・『彼女がその名を知らない鳥たち』“Birds Without Names” 監督:白石和彌
 トロント国際映画祭 CONTEMPORARY WORLD CINEMA部門出品。
 釜山国際映画祭 アジア映画の窓部門出品。

 ・『彼女の人生は間違いじゃない』“Side Job” 監督:廣木隆一
 釜山国際映画祭 アジア映画の窓部門出品。

 ・『彼らが本気で編むときは、』“Close-Knit” 監督:荻上直子
 ベルリン国際映画祭 パノラマ部門出品。テディー賞 審査員特別賞受賞。パノラマ部門観客賞第2席。
 ウーディネ・ファーイースト映画祭 観客賞第1位。ブラック・ドラゴン観客賞受賞。
 TLVFest/テルアビブ国際LGBT映画祭 審査員賞受賞。
 ニューヨーク・アジアン映画祭 観客賞第1席受賞。
 ヘルシンキ国際映画祭 観客賞受賞。
 クイア・リスボア/クイア国際映画祭 QL長編コンペティション部門出品。観客賞受賞。
 LUCAS International Festival for Young Film Lovers(独) スペシャル・メンション受賞。
 釜山国際映画祭 アジア映画の窓部門出品。
 Filmfest homochrom(独)2017 観客賞受賞。
 LesGaiCineMad/マドリッド国際LGBT映画祭 審査員賞受賞。
 KINOTAYO 現代日本映画祭(仏) ソレイユ・ドール観客賞受賞。

 ・『カノン』 監督:雑賀俊朗
 北京国際映画祭 天壇奨コンペティション出品。

 ・『君の名は。』 監督:新海誠
 アニー賞 監督賞、インディペンデント作品賞ノミネート。
 インターナショナル・シネファイル・ソサイエティー賞 アニメーション賞ノミネート。
 英国エンパイア賞 アニメーション賞ノミネート。
 アジア映画賞 脚本賞ノミネート(新海誠)。
 アジア太平洋スクリーン・アワード アニメーション賞ノミネート。
 AACTAオーストラリア・アカデミー賞 アジア映画賞ノミネート。
 サンフランシスコ映画批評家協会賞 アニメーション賞ノミネート。
 シカゴ映画批評家協会賞 アニメーション賞ノミネート。
 シアトル映画批評家協会賞 アニメーション賞ノミネート。

 ・『愚行録』 監督:石川慶
 KINOTAYO 現代日本映画祭(仏) 最優秀映像賞受賞。

 ・『黒』“Black(Czerń)”(日・ポーランド) 監督:トマーシュ・ポパクル(Tomasz Popakul)
 ザグレブ国際アニメーションフェスティバル グランド・コンペティション 短編部門出品。

 ・『恋とさよならとハワイ』“Love and Goodbye and Hawaii” 監督:まつむらしんご
 上海国際映画祭 亜州新人奨コンペティション 脚本賞ノミネート(まつむらしんご)、撮影賞ノミネート(藪下雷太)。

 ・『交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション1』 監督:京田知己、清水久敏
 プチョン国際アニメーションフェスティバル 観客賞受賞。

 ・『聲の形』“A Silent Voice” 監督:山田尚子
 アヌシー国際アニメーションフェスティバル 長編コンペティション部門出品。
 アジア太平洋スクリーン・アワード アニメーション賞ノミネート。

 ・『COCOLORS』 監督:横嶋俊久
 ファンタジア国際映画祭 今敏賞受賞。

 ・『ゴジラ』
 国際映画音楽批評家協会賞 最優秀ニュー・アルバム 既存曲再リリース部門ノミネート(音楽:伊福部昭 指揮:和田薫 ライナー・ノーツ:和田薫、早川優)。

 ・『ことの次第』“The State of Things”(日) 監督:折笠良
 オタワ国際アニメーションフェスティバル 受託作品部門出品。

 ・『こどもつかい』“Innocent Curse” 監督:清水崇
 ブリュッセル国際ファンタスティック映画祭 インターナショナル・コンペティション部門出品。

 ・『こにぎりくん うんどうかい』“Konigiri-Kun Kitchen Sports Day” 監督:宮澤真理
 ザグレブ国際アニメーションフェスティバル 児童映画コンペティション 4-7歳部門出品。
 オタワ国際アニメーションフェスティバル プレスクール向け短編部門出品。オナラブル・メンション受賞。

 ・『この世界の片隅で』“In This Corner of the World” 監督:片渕須直
 ザグレブ国際アニメーションフェスティバル グランド・コンペティション 長編部門出品。
 アヌシー国際アニメーションフェスティバル 長編コンペティション部門出品。審査員賞受賞。
 ロサンゼルス映画祭 ワールド・フィクション・コンペティション部門出品。
 エジンバラ国際映画祭 インターナショナル長編作品賞ノミネート。
 プチョン国際アニメーションフェスティバル BIAFグランプリ受賞。
 オンライン映画批評家協会賞 アニメーション賞ノミネート。

 ・『THE GIFT』“The Gift”(『贈り物』)“The Gift”(5 min) 監督:加治佐興平
 ズリーン国際映画祭 子供向けアニメーション映画 インターナショナル・コンペティション部門出品。観客賞/金のリンゴ賞受賞。

 ・『That's Why They Were Made』“That's Why They Were Made” 監督:佐藤桂
 ザグレブ国際アニメーションフェスティバル 児童映画コンペティション 14歳以上部門出品。

 ・『聖の青春』“Satoshi: A Move for Tomorrow” 監督:森義隆
 香港国際映画祭 SIGNIS賞受賞。

 ・『真田十勇士』 監督:堤幸彦
 アジア映画賞 衣裳デザイン賞ノミネート(黒澤和子)。

 ・『サバイバルファミリー』“Survival Family” 監督:矢口史靖
 ニューヨーク・アジアン映画祭 観客賞第2席。
 シッチェス・カタロニア国際ファンタスティック映画祭 ファンタスティック・コンペティション部門出品。

 ・“The Departure”(米・日) 監督:Lana Wilson
 モスクワ国際映画祭 ドキュメンタリー・コンペティション部門出品。

 ・『百日紅〜Miss HOKUSAI〜』“Miss Hokusai” 監督:原恵一
 アニー賞 インディペンデント作品賞ノミネート。

 ・『山河ノスタルジア』(中・日・仏) 監督:ジャ・ジャンクー
 インターナショナル・シネファイル・ソサイエティー賞 外国語映画賞9位。

 ・『三度目の殺人』“The Third Murder” 監督:是枝裕和
 ベネチア国際映画祭 コンペティション部門出品。
 トロント国際映画祭 MASTERS部門出品。
 サンセバスチャン国際映画祭 パールズ部門出品。
 釜山国際映画祭 ガラ・プレゼンテーション部門出品。
 フィルムズ・フロム・ザ・サウス映画祭 メイン・コンペティション部門出品。
 アジア太平洋スクリーン・アワード 監督賞ノミネート、男優賞ノミネート(役所広司)、脚本賞ノミネート。

 ・『散歩する侵略者』“Before We Vanish” 監督:黒沢清
 カンヌ国際映画祭 ある視点部門出品。
 ブカレスト国際映画祭 コンペティション部門出品。
 ヌーシャテル国際ファンタスティック映画祭 インターナショナル・コンペティション部門出品。
 シッチェス・カタロニア国際ファンタスティック映画祭 ファンタスティック・コンペティション部門出品。
 釜山国際映画祭 アジア映画の窓部門出品。

 ・“Jimami Tofu”(日・シンガポール) 監督:Jason Chan、Christian Lee
 ハワイ国際映画祭 観客賞 長編ナラティヴ部門受賞。

 ・『四月の永い夢』“Summer Blooms” 監督:中川龍太郎
 モスクワ国際映画祭 コンペティション部門出品。国際批評家連盟賞、ロシア映画批評家審査員賞 スペシャル・メンション受賞。

 ・“Signature“ 監督:近浦啓
 ロカルノ国際映画祭 レパード・オブ・トゥモロー部門出品。
 トロント国際映画祭 SHORT CUTS部門出品。
 エンカウンター短編&アニメーション映画祭 グランプリ2017受賞。
 レイキャビク国際映画祭 インターナショナル短編コンペティション部門出品。
 ハンプトンズ国際映画祭 ナラティヴ短編映画コンペティション部門出品。
 ストックホルム国際映画祭 インターナショナル・コンペティション部門出品。

 ・“Synesthesia Suit:Rez Infinite and Crystal Vibes”(日・米) アーティスト:水口哲也、佐藤文彦、南澤孝太
 サンダンス映画祭 New Frontier部門 Installations出品。

 ・『Junk Head』 監督:堀貴秀
 ファンタジア国際映画祭 長編スペシャル・メンション受賞。
 ファンタスティック・フェスト “NEW WAVE”監督賞受賞。

 ・『Jungle Taxi』“Jungle Taxi”(日) 監督:キム・ハケン(Hakhyun Kim)
 ザグレブ国際アニメーションフェスティバル グランド・コンペティション 短編部門出品。
 アヌシー国際アニメーションフェスティバル 短編コンペティション部門出品。

 ・『シン・ゴジラ』 総監督:庵野秀明 監督:樋口真嗣
 アジア映画賞 視覚効果賞受賞(大屋哲男)、音響賞ノミネート(中村淳)。
 サターン賞 外国映画賞ノミネート。

 ・『Start Line』“Start Line” 監督:今村彩子
 日本映画祭「ニッポン・コネクション」ニッポン・ビジョン 観客賞受賞。

 ・『そうして私たちはプールに金魚を、』“And so we put goldfish in the pool” 監督:長久允
 サンダンス映画祭 短編部門グランプリ受賞。
 クレルモンフェラン国際短編映画祭 審査員スペシャル・メンション受賞。
 タンペレ映画祭 最優秀フィクション賞受賞。
 西寧FIRST青年電影展 審査員大賞受賞。

 ・『たまゆらのマリ子』“Swaying Mariko” 監督:瀬川浩志
 レインダンス映画祭 作品賞、脚本賞ノミネート。

 ・『蝶の眠り』“Butterfly Sleep”(韓・日) 監督:チョン・ジェウン
 釜山国際映画祭 ガラ・プレゼンテーション部門出品。

 ・『血を吸う粘土』“Vampire Clay” 監督:梅沢壮一
 トロント国際映画祭 MIDNIGHT MADNESS部門出品。

 ・『追憶』“Reminiscence” 監督:降旗康男
 上海国際映画祭 金爵奨コンペティション出品。

 ・“Delete Beach”(独・日・ノルウェー) 監督:Phil Collins
 BFIロンドン映画祭 短編コンペティション部門出品。

 ・『Ten Mornings Ten Evenings and One Horizon』 西川智也
 ベルリン国際映画祭 フォーラム・エクスパンデッド部門出品。
 香港国際映画祭 短編コンペティション部門出品。審査員賞受賞。

 ・“Tokyo Idols”(英・カナダ・日) 監督:三宅響子
 サンダンス映画祭 ワールド・シネマ ドキュメンタリー・コンペティション部門出品。
 ナッシュヴィル映画祭 ギブソン音楽映画/ミュジック・シティー コンペティション部門出品。
 エジンバラ国際映画祭 最優秀ドキュメンタリー賞ノミネート。

 ・『溶ける』“Tokeru”(45min) 監督:井樫彩(東放学園映画専門学校)
 カンヌ国際映画祭 シネフォンダシオン部門出品。

 ・“Nightscape”(韓・日) 監督:Inchun Oh
 モントリオール世界映画祭 フォーカス・オン・ワールド・シネマ部門出品。

 ・『永い言い訳』“The Long Excuse” 監督:西川美和
 ミネアポリス・セントポール国際映画祭出品。
 日本映画祭「ニッポン・コネクション」ニッポン・シネマ賞受賞。
 KINOTAYO 現代日本映画祭(仏) ソレイユ・ドール観客賞受賞。

 ・『なぎさ』“NAGISA” 監督:古川原壮志
 釜山国際映画祭 アジア短編映画コンペティション部門出品。

 ・『夏のゲロは冬の肴』“Summer's Puke is Winter's Delight” 監督:冠木佐和子
 サンダンス映画祭出品。
 SXSW映画祭 ミッドナイト・ショート部門出品。
 ザグレブ国際アニメーションフェスティバル 学生コンペティション部門出品。スペシャル・メンション受賞。
 アヌシー国際アニメーションフェスティバル 卒業制作コンペティション部門出品。審査員賞受賞。

 ・『ナミヤ雑貨店の奇蹟』“The Miracles of the Namiya General Store” 監督:廣木隆一
 釜山国際映画祭 アジア映画の窓部門出品。

 ・『ナラタージュ』“Narratage” 監督:行定勲
 釜山国際映画祭 ガラ・プレゼンテーション部門出品。

 ・『二重生活』“A Double Life” 監督:岸善幸
 ニューヨーク・アジアン映画祭 メイン・コンペティション部門出品。スペシャル・メンション受賞。

 ・『22年目の告白 -私が殺人犯です-』“Memoirs of a Murderer” 監督:入江悠
 ブリュッセル国際ファンタスティック映画祭 スリラー・コンペティション部門出品。

 ・『ニッポン国VS泉南石綿村』“Sennan Asbestos Disaster” 監督:原一男
 釜山国際映画祭 ドキュメンタリー・コンペティション部門出品。Biff Mecenat Award受賞。

 ・“No song to sing”(日・英/24min) 監督:ルーカス・ゴンショロフスキ(Lukasz Gasiorowski)
 モントリオール世界映画祭 ワールド・コンペティション 短編部門出品。

 ・『Noise』“Noise” 監督:松本優作
 モントリオール世界映画祭 ファースト・フィルム・ワールド・コンペティション部門出品。
 レインダンス映画祭 作品賞ノミネート。

 ・『俳優 亀岡卓次』 監督:横浜聡子
 KINOTAYO現代日本映画祭 最優秀映像賞受賞。

 ・『ハッピーアワー』 監督:濱口竜介
 KINOTAYO現代日本映画祭 ソレイユ・ドール 観客賞受賞。

 ・『パパのお弁当は世界一』“Dad's Lunch Box” 監督:フカツマサカズ
 サンセバスチャン国際映画祭 食の映画と美食学入門部門出品。

 ・『ハピネス』“Happiness” 監督:SABU
 イマジン・フィルム・フェスティバル 観客賞35位。

 ・『バンコクナイツ』 監督:富田克也
 KINOTAYO現代日本映画祭 審査員賞受賞。

 ・『光』“Hikari (Radiance)”(仏・日) 監督:河P直美
 カンヌ国際映画祭 コンペティション部門出品。エキュメニカル審査員賞受賞。
 トロント国際映画祭 SPECIAL PRESENTATIONS部門出品。
 釜山国際映画祭 アジア映画の窓部門出品。
 バリャドリッド国際映画祭 オフィシャル・セレクション 長編部門出品。
 デンバー映画祭 クシシュトフ・キェシロフスキ賞ノミネート。

 ・『羊の木』“The Scythian Lamb” 監督:吉田大八
 釜山国際映画祭 アジア映画の窓部門出品。キム・ジソク賞受賞。

 ・『人喰いの大鷲トリコ』“The Last Guardian”
 国際映画音楽批評家協会賞 オリジナル作曲賞ビデオ・ゲーム/インタラクティヴ・メディア部門ノミネート(古川毅)。

 ・『ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜』“Ancien And The Magic Tablet” 監督:神山健治
 シアトル国際映画祭出品。
 アヌシー国際アニメーションフェスティバル アウト・オブ・コンペティション 長編部門出品。
 ファンタジア国際映画祭 観客賞 アニメーション部門金賞受賞。

 ・“Femme Fatale”(日・仏・スウェーデン) 監督:三宅響子
 プチョン国際ファンタスティック映画祭 DHL Award受賞。

 ・『プールサイドマン』“Poolsideman” 監督:渡辺紘文
 日本映画祭「ニッポン・コネクション」ニッポン・ビジョン審査員賞受賞。
 カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭 アナザー・ビュー部門出品。

 ・『淵に立つ』“Harmonium”(日・仏) 監督:深田晃司
 マイアミ映画祭 Rene Rodriguez Critics Award受賞。
 アジア映画賞 主演男優賞(浅野忠信)受賞。作品賞、監督賞、ノミネート。

 ・『blank13』“Blank 13” 監督:齊藤工
 上海国際映画祭 亜州新人奨コンペティション 監督部門受賞。

 ・“A Free Man”(独・日) 監督:アンドレアス・ハルトマン
 釜山国際映画祭 ドキュメンタリー・ショーケース部門出品。釜山シネフィル賞受賞。

 ・『変態だ』“I Am a Pervert” 監督:安齋肇
 プチョン国際ファンタスティック映画祭 プチョン・チョイス 長編作品。スペシャル・メンション受賞。

 ・“White Tunnel(白色隧道)”(台湾・日/22min) 監督:Lan-Chi Chien(簡嵐淇)、Chin-Wei Chang(張晉維)
 クラクフ映画祭 インターナショナル短編コンペティション部門出品。
 プチョン国際ファンタスティック映画祭 プチョン・チョイス短編作品。
 台北電影奨 アニメーション部門出品。

 ・『Mind Room』“Mind Room” 監督:栗原萌
 ザグレブ国際アニメーションフェスティバル 学生コンペティション部門出品。

 ・『MATSUMOTO TRIBE』“我是小小強(Matsumoto Tribe)” 監督:二宮健
 香港アジア映画祭 ニュー・タレント賞ノミネート。

 ・『三つの光』“Three Lights” 監督:吉田光希
 ベルリン国際映画祭 フォーラム部門出品。
 香港国際映画祭 ヤング・シネマ・コンペティション部門出品。

 ・『Mr.Long ミスター・ロン』“Mr. Long”(日・独・香港・台湾) 監督:SABU
 ベルリン国際映画祭 コンペティション部門出品。
 AFIフェスト出品。

 ・『無限の住人』“Blade of the Immortal”(日・英) 監督:三池崇史
 カンヌ国際映画祭 アウト・オブ・コンペティション部門出品。
 ファンタジア国際映画祭出品。観客賞受賞。
 BFIロンドン映画祭 ストランド・ガラ部門出品。
 シッチェス・カタロニア国際ファンタスティック映画祭 ファンタスティック・コンペティション部門出品。
 シアトル映画批評家協会賞 外国語映画賞ノミネート。
 フェニックス映画批評家協会賞 外国語映画賞ノミネート。

 ・『武曲 MUKOKU』“Mukoku” 監督:熊切和嘉
 レインダンス映画祭 作品賞、監督賞ノミネート。

 ・『モヒカン故郷に帰る』“Mohican Comes Home” 監督:沖田修一
 アジア映画賞 助演女優賞ノミネート(前田敦子)。

 ・『ようこそぼくです4〜 ようこそぼくですってなんですか?〜』“Yokoso boku desu 4 (What is 'Yokoso boku desu'?)” 監督:姫田真武
 オタワ国際アニメーションフェスティバル 短編コンペティション部門出品。

 ・『夜明けを告げるルーのうた』“Lu Over the Wall” 監督:湯浅政明
 アヌシー国際アニメーションフェスティバル 長編コンペティション部門出品。グランプリ受賞。
 上海国際映画祭 金爵奨コンペティション アニメーション部門出品。
 ファンタジア国際映画祭出品。観客賞 アニメーション部門銀賞受賞。
 オタワ国際アニメーションフェスティバル 長編コンペティション部門出品。
 釜山国際映画祭 アニメーション・ショーケース部門出品。

 ・『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』“The Tokyo Night Sky Is Always the Densest Shade of Blue” 監督:石井裕也
 ベルリン国際映画祭 フォーラム部門出品。
 釜山国際映画祭 アジア映画の窓部門出品。

 ・『夜は短し歩けよ乙女』“Night is Short, Walk On Girl” 監督:湯浅政明
 ファンタジア国際映画祭出品。観客賞 アニメーション部門 銅賞受賞。
 オタワ国際アニメーションフェスティバル 長編コンペティション部門出品。グランプリ受賞。
 釜山国際映画祭 アニメーション・ショーケース部門出品。

 ・『ラーメンヘッズ』“Ramen Heads” 監督:重乃康紀
 サンセバスチャン国際映画祭 食の映画と美食学入門部門出品。

 ・『ライオンは今夜死ぬ』“Le lion est mort ce soir(The Lion Sleeps Tonight)”(仏・日) 監督:諏訪敦彦
 サンセバスチャン国際映画祭 オフィシャル・セレクション出品。

 ・“Rabbit's Blood”(英・日) 監督:二瓶紗吏奈
 オタワ国際アニメーションフェスティバル 短編コンペティション部門出品。

 ・『リップヴァンウィンクルの花嫁』 監督:岩井俊二
 アジア映画賞 主演女優賞ノミネート(黒木華)、美術賞ノミネート(部谷京子)。

 ・『Ryuichi Sakamoto: CODA』“Ryuichi Sakamoto: Coda“(米・日) 監督:スティーブン・ノムラ・シブル(Stephen Nomura Schible)
 ベネチア国際映画祭 アウト・オブ・コンペティション部門出品。

 ・『リングサイド・ストーリー』“The Ringside Story”(日) 監督:武正晴
 釜山国際映画祭 アジア映画の窓部門出品。

 ・『ルドルフとイッパイアッテナ』“Rudolph The Black Cat” 監督:湯山邦彦、榊原幹典
 アヌシー国際アニメーションフェスティバル アウト・オブ・コンペティション 長編部門出品。

 ・『レッドタートル ある島の物語』“The Red Turtle”(日・仏・ベルギー) 監督:マイケル・デュドク・ドゥ・ヴィット
 オンライン映画批評家協会賞 アニメーション賞ノミネート。
 マグリット賞 録音賞受賞(マチュー・ミショー)、外国との共同製作作品受賞。
 デンバー映画批評家協会賞 アニメーション賞ノミネート。
 リュミエール賞 アニメーション賞ノミネート。
 アニー賞 インディペンデント作品賞受賞。監督賞、脚本賞、視覚効果賞、音楽賞ノミネート。
 インターナショナル・シネファイル・ソサイエティー賞 アニメーション賞受賞。
 セザール賞 長編アニメーション賞ノミネート。
 米国アカデミー賞 長編アニメーション賞ノミネート(鈴木敏夫(製作))。
 オランダ・アニメーション映画祭 最優秀長編作品賞受賞。
 ザグレブ国際アニメーションフェスティバル グランド・コンペティション 長編部門出品。グランプリ受賞。
 ヨーロッパ・アニメーション賞 絵コンテ賞受賞、キャラクター・アニメーション賞受賞、作品賞/監督賞ノミネート。

 ・『ワタヤ(Roll Call)』“Roll Call” 監督:渡辺栞
 ザグレブ国際アニメーションフェスティバル 学生コンペティション部門出品。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 【外国映画】

 ・”明月幾時有(Our Time Will Come)”(中・香港) 監督:アン・ホイ
 台湾・金馬奨 オリジナル作曲賞ノミネート(久石譲)。

 ・『一念無明』“一念無明(Mad World)”(香港) 監督:ウォン・ジョン
 香港電影金像奨 オリジナル作曲賞ノミネート(波多野裕介)。

 ・『ウエストワールド』
 メイキャップ&ヘアスタイリスト組合賞 特殊メイキャップ効果賞受賞(矢田弘)。

 ・“Caniba”(仏) 監督:ルーシァン・キャスティーヌ=テイラー(Lucien Castaing-Taylor)、ヴェレナ・パラヴェル(Verena Paravel)
 ベネチア国際映画祭 Orizzonti部門出品。

 ・『川崎競輪』“Kawasaki Keirin”(スイス/41') 監督:水野さやか
 ニヨン国際ドキュメンタリー映画祭Visions du Reel 2017 スイス映画部門出品。イノヴェーション賞受賞。

 ・“Go for Broke:An Origin Story”(米) 監督:Alexander Bocchieri
 ハワイ国際映画祭 ハワイ・ムービーメイカー賞2017受賞。

 ・『哭声/コクソン』(韓) 監督:ナ・ホンジン
 アジア映画賞 助演男優賞ノミネート(國村隼)。

 ・“擺渡人(See You Tomorrow)”(中・香港) 監督:張嘉佳(Zhang Jiajia)
 台湾・金馬奨 主演男優賞ノミネート(金城武)。

 ・『七月と安生』“Soul Mate(七月與安生)”(香港・中) 監督:デレク・ツァン
 アジア映画賞 オリジナル音楽賞ノミネート(波多野裕介)。
 香港電影金像奨 オリジナル作曲賞受賞(波多野裕介)。

 ・『沈黙 -サイレンス- 』(米) 監督:マーティン・スコセッシ
 インターナショナル・シネファイル・ソサイエティー賞 助演男優賞ノミネート(イッセー尾形)。

 ・“Negative Space”(仏) 監督:マックス・ポーター(Max Porter)、桑畑かほる(Ru Kuwahata)
 カンヌ国際映画祭2017 第15回ユニフランス短編映画賞Movistar+お気に入り賞受賞。
 アヌシー国際アニメーションフェスティバル 短編コンペティション部門出品。フランスの短編作品に対する特別表彰、国際批評家連盟賞受賞。
 オースティン映画祭2017出品。観客賞受賞。
 エンカウンター短編&アニメーション映画祭 アニメーション賞スペシャル・メンション受賞。
 オタワ国際アニメーションフェスティバル2017 短編コンペティション ナラティヴ作品部門出品。

 ・『残されし大地』“La terre abandonnée”(ベルギー) 監督:ジル・ローラン(Gilles Laurent)
 マグリット賞 ドキュメンタリー賞ノミネート。

 ・『ハーフライフ・イン・フクシマ』“Half-Life in Fukushima”(スイス・仏) 監督:Mark Olexa、Francesca Scalisi
 サンフランシスコ国際映画祭 ゴールデンゲート長編ドキュメンタリー・コンペティション部門出品。

 ・“幸運是我(Happiness)”(香港・中) 監督:羅耀輝
 香港電影金像奨 オリジナル歌曲賞ノミネート(‘Better Tomorrow’ 作曲・作詞・歌唱:波多野裕介)

 ・”綉春刀II修羅戰場”(Brotherhood of Blades II: The Infernal Battlefield)”(中) 監督:路阳(Yang Lu))
 台湾・金馬奨 オリジナル作曲賞ノミネート(川井憲次)。

 ・“Ben Niao (The Foolish Bird/笨鳥)”(中) 監督:ホアン・ジー(Huang Ji/黄驥)、大塚竜治
 ベルリン国際映画祭 ジェネレーション14plus部門出品。グランプリ/国際審査員賞 スペシャル・メンション受賞。
 台北電影節 インターナショナル・ニュー・タレント・コンペティション出品。

 ・“The Fortress(남한산성/南漢山城)” 監督:ファン・ドンヒョク
 韓国映画評論家協会賞 音楽賞受賞(坂本龍一)。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 【個人賞】

 ・押井守
 アニー賞 ウィンザー・マッケイ賞受賞。

 ・鈴木清順
 釜山国際映画祭 アジア・フィルムメーカー・オブ・ザ・イヤー受賞。

 ・原田眞人
 ハワイ国際映画祭 キャリア貢献賞受賞。

 ・三池崇史
 ファンタジア国際映画祭 生涯貢献賞(Lifetime Achievement Award)受賞。
 シッチェス・カタロニア国際ファンタスティック映画祭 El Ayuntamiento de Sitges受賞。

 ・役所広司
 日本映画祭「ニッポン・コネクション」 ニッポン名誉賞受賞。
 シンガポール国際映画祭 シネマ・レジェンド賞受賞。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 *この記事がなかなか参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 *[人気ブログランキング]
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・2017年度の映画賞の結果をまとめてみました(日本編):http://umikarahajimaru.at.webry.info/201711/article_41.html

 ・2016年における、国際映画祭・映画賞での日本映画の受賞結果まとめ:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201612/article_102.html

 ・2013年における、国際映画祭・映画賞での日本映画の受賞結果まとめ:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201312/article_87.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2017年における、国際映画祭・映画賞での日本映画の受賞結果まとめ! 海から始まる!?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる