海から始まる!?

アクセスカウンタ

zoom RSS フロリダ映画批評家協会賞2017 ノミネーション

<<   作成日時 : 2017/12/23 15:41   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 フロリダ映画批評家協会賞2017のノミネーションが発表になりました。(12月20日)

 フロリダ映画批評家協会(FFCC:The Florida Film Critics Circle)
 設立年:1996 会員数:25
 公式サイト:http://www.floridafilmcritics.com/
 Wikipedia(英語):http://en.wikipedia.org/wiki/Florida_Film_Critics_Circle
 Wikipedia(日本語):http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%AD%E3%83%AA%E3%83%80%E6%98%A0%E7%94%BB%E6%89%B9%E8%A9%95%E5%AE%B6%E5%8D%94%E4%BC%9A

 [賞の特徴]
 ・美術賞と視覚効果賞を設けている。
 ・ブレイクアウト賞を、2014年より、ポーリン・ケールの名前を冠した賞に改称した。
 ・映画に貢献のあった人物や団体を表彰するゴールデン・オレンジ賞を設けている。
 ・2014年より事前にノミネーションを発表。
 ・2016年の作品賞は『ロブスター』、2015年の作品賞は『マッドマックス 怒りのデス・ロード』、2014年の作品賞は『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』、2013年の作品賞は『それでも夜は明ける』、2012年の作品賞は『アルゴ』、2011年の作品賞は『ファミリー・ツリー』、2010年の作品賞は『ソーシャル・ネットワーク』。

画像

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 ◆作品賞
 ・『君の名前で僕を呼んで』(伊・仏・ブラジル・米) 監督:ルカ・グァダニーノ
 ・『ダンケルク』(英・仏・米・オランダ) 監督:クリストファー・ノーラン
 ・『ゲット・アウト』 監督:ジョーダン・ピール
 ・“Lady Bird” 監督:グレタ・ガーウィグ
 ・『シェイプ・オブ・ウォーター』 監督:ギレルモ・デル・トロ
 ・『スリー・ビルボード』(英・米) 監督:マーティン・マクドナー

 ◆監督賞
 ・クリストファー・ノーラン 『ダンケルク』
 ・グレタ・ガーウィグ “Lady Bird”
 ・ギレルモ・デル・トロ 『シェイプ・オブ・ウォーター』
 ・ジョーダン・ピール 『ゲット・アウト』
 ・マーティン・マクドナー 『スリー・ビルボード』(英・米)

 ◆主演男優賞
 ・ダニエル・カルーヤ 『ゲット・アウト』
 ・ゲイリー・オールドマン 『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』
 ・ジェームズ・フランコ “The Disaster Artist”(監督:ジェームズ・フランコ)
 ・ロバート・パティンソン 『グッド・タイム』
 ・ティモシー・シャラメ 『君の名前で僕を呼んで』

 ◆主演女優賞
 ・シンシア・ニクソン 『静かなる情熱 エミリ・ディキンスン』(英・ベルギー)
 ・フランシス・マクドーマンド 『スリー・ビルボード』
 ・マーゴット・ロビー “I, Tonya”
 ・サリー・ホーキンス 『シェイプ・オブ・ウォーター』
 ・シアーシャ・ローナン “Lady Bird”

 ◆助演男優賞
 ・アーミー・ハマー 『君の名前で僕を呼んで』
 ・バリー・コーガン 『聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア』
 ・マイケル・スタールバーグ 『君の名前で僕を呼んで』
 ・サム・ロックウェル 『スリー・ビルボード』
 ・ウィレム・デフォー “The Florida Project”

 ◆助演女優賞
 ・アリソン・ジャネイ “I,Tonya”
 ・ホリー・ハンター 『ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ』
 ・ホン・チャウ(Hong Chau) 『ダウンサイズ』
 ・ローリー・メトカーフ “Lady Bird”
 ・メアリー・J・ブライジ 『マッドバウンド 哀しき友情』

 ◆オリジナル脚本賞
 ・『ゲット・アウト』
 ・“Lady Bird”
 ・『ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ』
 ・『シェイプ・オブ・ウォーター』
 ・『スリー・ビルボード』

 ◆脚色賞
 ・『君の名前で僕を呼んで』
 ・“Marjorie Prime”(監督:マイケル・アルメレイダ)
 ・“Molly’s Game”(監督:アーロン・ソーキン)
 ・“The Disaster Artist”
 ・“The Lost City of Z”(監督:ジェームズ・グレイ)
 ・『ワンダーストラック』“Wonderstruck”(監督:トッド・ヘインズ)

 ◆撮影賞
 ・『ブレードランナー 2049』
 ・『ダンケルク』
 ・『パーソナル・ショッパー』
 ・『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』
 ・『シェイプ・オブ・ウォーター』
 ・『ワンダーストラック』

 ◆美術賞(Best Art Direction/Production Design)
 ・『ブレードランナー 2049』
 ・『ダンケルク』
 ・“Phantom Thread”
 ・『シェイプ・オブ・ウォーター』
 ・『ワンダーストラック』

 ◆視覚効果賞(Best Visual Effects)
 ・『ブレードランナー 2049』
 ・『ダンケルク』
 ・『ガーディアン・オブ・ギャラクシー:リミックス』
 ・『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』
 ・『シェイプ・オブ・ウォーター』
 ・『猿の惑星: 聖戦記』

 ◆作曲賞(Best Score)
 ・『ブレードランナー 2049』
 ・『ダンケルク』
 ・“Phantom Thread”
 ・『シェイプ・オブ・ウォーター』
 ・『スリー・ビルボード』

 ◆ブレイクアウト賞(Breakout Award)
 ・バリー・コーガン
 ・グレタ・ガーウィグ
 ・ジョーダン・ピール
 ・ミリセント・シモンズ
 ・ティモシー・シャラメ

 ◆アンサンブル賞(Best Ensemble)
 ・『ダンケルク』
 ・『ゲット・アウト』
 ・“I, Tonya”
 ・“Lady Bird”
 ・『ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ』
 ・『シェイプ・オブ・ウォーター』
 ・『スリー・ビルボード』

 ◆第1回作品賞(Best First Film)
 ・『ゲット・アウト』
 ・“God’s Own Country”(英) 監督:Francis Lee
 ・“Ingrid Goes West” 監督:マット・スパイサー(Matt Spicer)
 ・“Molly’s Game”

 ◆ドキュメンタリー賞
 ・『ドーソン・シティー:凍結された時間』“Dawson City: Frozen Time” 監督:ビル・モリソン(Bill Morrison)
 ・『エクス・リブリス ― ニューヨーク公共図書館』“Ex Libris: The New York Public Library”(米) 監督:フレデリック・ワイズマン
 ・“Faces Places(Visages,Villages)”(仏) 監督:アニエス・ヴァルダ、JR
 ・“Jane” 監督:ブレット・モーゲン(Brett Morgen)
 ・“Joan Didion: The Center Will Not Hold” 監督:グリフィン・ダン(Griffin Dunne)
 ・『猫が教えてくれたこと』“Kedi”(トルコ・米) 監督:ジェイダ・トルン(Ceyda Torun)

 ◆アニメーション賞
 ・『リメンバー・ミー』 監督:リー・アンクリッチ 共同監督:エイドリアン・モリーナ
 ・『ゴッホ 最期の手紙』(英・ポーランド) 監督:ドロタ・コビエラ、ヒュー・ウェルチマン
 ・『ボス・ベイビー』 監督:トム・マクグラス
 ・“The Breadwinner”(アイルランド・カナダ・ルクセンブルク) 監督:ノラ・トゥーミー(Nora Twomey)
 ・『レゴバットマン ザ・ムービー』(米・デンマーク) 監督:クリス・マッケイ

 ◆外国語映画賞
 ・『BPM ビート・パー・ミニット』(仏) 監督:ロバン・カンピヨ
 ・『最初に父が殺された』“First They Killed My Father”(カンボジア) 監督:アンジェリーナ・ジョリー
 ・『ラブレス』(ロシア・ベルギー・独・仏) 監督:アンドレイ・ズビャギンツェフ
 ・『鳥類学者』“The Ornithologist”(ポルトガル・仏・ブラジル) 監督:ジョアン・ペドロ・ロドリゲス
 ・『ザ・スクエア 思いやりの聖域』(スウェーデン・独・仏・デンマーク) 監督:リューベン・オストルンド

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 主な作品のノミネート状況は、以下の通り。

 ・『シェイプ・オブ・ウォーター』(9):作品・監督・主演女優・脚本・撮影・美術・視覚効果・作曲・アンサンブル
 ・『ダンケルク』(7):作品・監督・撮影・美術・視覚効果・作曲・アンサンブル
 ・『スリー・ビルボード』(7):作品・監督・主演女優・助演男優・脚本・作曲・アンサンブル
 ・『ゲット・アウト』(6):作品・監督・主演男優・脚本・アンサンブル・第1回
 ・“Lady Bird”(6):作品・監督・主演女優・助演女優・脚本・アンサンブル
 ・『君の名前で僕を呼んで』(5):作品・主演男優・助演男優・助演男優・脚色
 ・『ブレードランナー 2049』(4):撮影・美術・視覚効果・作曲
 ・“I, Tonya”(3):主演女優・助演女優・アンサンブル
 ・『ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ』(3):助演女優・脚色・アンサンブル
 ・『ワンダーストラック』(3):脚色・撮影・美術
 ・“The Disaster Artist”(2):主演男優・脚色
 ・“Molly’s Game”(2):脚色・第1回
 ・“Phantom Thread”(2):美術・作曲

 受賞結果の発表は、12月23日です。

 *この記事がなかなか参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・フロリダ映画批評家協会賞2016 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201612/article_84.html
 ・フロリダ映画批評家協会賞2016 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201612/article_90.html
 ・フロリダ映画批評家協会賞2015 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201512/article_64.html
 ・フロリダ映画批評家協会賞2015 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201512/article_71.html
 ・フロリダ映画批評家協会賞2014 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201412/article_42.html
 ・フロリダ映画批評家協会賞2013 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201312/article_57.html
 ・フロリダ映画批評家協会賞2012 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201212/article_52.html
 ・フロリダ映画批評家協会賞2011 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201112/article_47.html
 ・フロリダ映画批評家協会賞2010 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201012/article_44.html
 ・フロリダ映画批評家協会賞2009 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200912/article_36.html
 ・フロリダ映画批評家協会賞2008 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200812/article_30.html

 ・全米映画賞レース2017の受賞結果をまとめてみました:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201712/article_38.html

 ・全米の映画批評家協会系映画賞について調べてみました:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201101/article_2.html

 ・全米の映画賞について調べてみました:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201001/article_45.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2017年12月〜2018年3月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201712/article_47.html

 追記:
 ・フロリダ映画批評家協会賞2017 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201712/article_93.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
フロリダ映画批評家協会賞2017 ノミネーション 海から始まる!?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる