海から始まる!?

アクセスカウンタ

zoom RSS ブリティッシュ・インディペンデント・フィルム・アワード2017 受賞結果!

<<   作成日時 : 2017/12/11 23:41   >>

トラックバック 0 / コメント 1

 第20回ブリティッシュ・インディペンデント・フィルム・アワードの受賞結果が発表されました。(12月10日)

 ◆作品賞(Best British Independent Film)
 ・“The Death of Stalin”(仏・英・ベルギー) 監督:アーマンド・イヌッチ(Armando Iannucci)
 ◎“God’s Own Country”(英) 監督:Francis Lee
 ・“I Am Not A Witch”(英・仏) 監督:Rungano Nyoni
 ・“Lady Macbeth”(英) 監督:William Oldroyd
 ・『スリー・ビルボード』(英・米) 監督:マーティン・マクドナー

 “God’s Own Country“は、サンダンス映画祭2017 監督賞受賞。ベルリン国際映画祭2017 パノラマ部門テディー賞受賞。トランシルヴァニア国際映画祭2017 コンペティション部門審査員特別賞受賞。フレームライン映画祭/サンフランシスコ国際LGBTQ映画祭2017 観客賞 長編作品部門出品。エジンバラ国際映画祭2017マイケル・パウエル賞/最優秀英国映画賞受賞。ゴールウェイ映画祭2017インターナショナル第1回作品賞受賞。シカゴ国際映画祭2017 シルバーQヒューゴ賞受賞。


 ◆監督賞(Best Director)
 ・“The Death of Stalin” アーマンド・イヌッチ(Armando Iannucci)
 ・“God’s Own Country” Francis Lee
 ・『スリー・ビルボード』 マーティン・マクドナー
 ◎“I Am Not A Witch” Rungano Nyoni
 ・“Lady Macbeth” William Oldroyd

 Francis LeeとRungano NyoniとWilliam Oldroydは、新人監督賞にもノミネート。

 ◆主演男優賞(Best Actor) プレゼンター:ジョアンヌ・フロガット
 ・“Film Stars Don’t Die In Liverpool”(英)(監督:ポール・マクギガン) ジェイミー・ベル
 ・“Journeyman”(英)(監督:パディー・コンシダイン) パディー・コンシダイン
 ・“Jawbone”(英)(監督:Thomas Napper) Johnny Harris
 ◎“God’s Own Country” ジョシュ・オコナー(Josh O’connor)
 ・“God’s Own Country” Alec Secareanu


 ◆主演女優賞(Best Actress) プレゼンター:ジェイソン・アイザックス
 ・“Daphne”(英)(監督:Peter Mackie Burns) エミリー・ビーチャム
 ・『スリー・ビルボード』 フランシス・マクドーマンド
 ・“I Am Not A Witch” Margaret Mulubwa
 ◎“Lady Macbeth” Florence Pugh
 ・“Dark River“(英)(監督:クリオ・バーナード) ルース・ウィルソン

 主演女優賞はすべて初ノミネート。


 ◆助演男優賞(Best Supporting Actor) プレゼンター:ヘイリー・アトウェル
 ◎”The Death of Stalin” サイモン・ラッセル・ビール(Simon Russell Beale)
 ・”The Death of Stalin” スティーヴ・ブシェーミ
 ・『スリー・ビルボード』 ウディー・ハレルソン
 ・”God’s Own Country” イアン・ハート
 ・『スリー・ビルボード』 サム・ロックウェル


 ◆助演女優賞(Best Supporting Actress) プレゼンター:クリスチャン・スレイター
 ・”Lady Macbeth” Naomi Ackie
 ◎“The Party“(英)(監督:サリー・ポッター) パトリシア・クラークソン
 ・“Goodbye Christopher Robin“(英)(監督:サイモン・カーティス) ケリー・マクドナルド
 ・”The Death of Stalin” アンドレア・ライズボロー
 ・“Film Stars Don’t Die In Liverpool” ジュリー・ウォルターズ


 ◆脚本賞(Best Screenplay) プレゼンター:アリソン・ウィリアムズ
 ◎“Lady Macbeth” Alice Birch
 ・“The Death of Stalin” ” アーマンド・イヌッチ(Armando Iannucci)、David Schneider、Ian Martin
 ・“God’s Own Country” Francis Lee
 ・『スリー・ビルボード』 マーティン・マクドナー
 ・“I Am Not A Witch” Rungano Nyoni

 
 ◆撮影賞(Best Cinematography) [新設]
 ・『スリー・ビルボード』 ベン・デイヴィス(Ben Davis)
 ・”I Am Not A Witch” ダビド・ガイェゴ(David Gallego)
 ・”Jawbone” タト・ラドクリフ(Tat Radcliffe)
 ・“Leaning Into The Wind”(英・独)(監督:トーマス・リーデルシェイマー) トーマス・リーデルシェイマー(Thomas Riedelsheimer)
 ◎”Lady Macbeth” Ari Wegner

 ◆編集賞(Best Editing) [新設]
 ・“Williams“(英)(監督:モーガン・マシューズ(Morgan Matthews)) Johnny Burke
 ・”Jawbone” デイヴィッド・シャラップ(David Charap)
 ◎『スリー・ビルボード』 ジョン・グレゴリー(Jon Gregory)
 ・”The Death of Stalin” ピーター・ランバート(Peter Lambert)
 ・“Us And Them“(英)(監督:Joe Martin) Joe Martin

 ジョン・グレゴリーは、2008年に『ヒットマンズ・レクイエム』で技術賞ノミネート。

 ◆美術賞(Best Production Design) [新設]
 ・”Lady Macbeth” ジャクリーン・エイブラムス(Jacqueline Abrahams)
 ◎”The Death of Stalin” クリスティーナ・カサリ(Cristina Casali)
 ・“Final Portrait“(英)(監督:スタンリー・トゥッチ) ジェームズ・メリフィールド(James Merifield)
 ・”I Am Not A Witch” ネイサン・パーカー(Nathan Parker)
 ・“Film Stars Don’t Die In Liverpool” イヴ・スチュワート(Eve Stewart)

 ◆衣裳デザイン賞(Best Costume Design) [新設]
 ・“My Cousin Rachel”(英・米)(監督:Roger Mitchell) ダイナ・コリン(Dinah Collin)
 ・”The Death of Stalin” スージー・ハーマン(Suzie Harman)
 ・“How To Talk To Girls At Parties“(英・米)(監督:ジョン・キャメロン・ミッチェル) サンディー・パウエル
 ・”I Am Not A Witch” Holly Rebecca
 ◎”Lady Macbeth” ホリー・ワディントン(Holly Waddington)

 ◆メイキャップ&ヘア・デザイン賞(Best Make Up & Hair Design) [新設]
 ・”I Am Not A Witch” Julene Paton
 ・“Breathe”(英)(監督:アンディー・サーキス) Jan Sewell
 ・“Journeyman” ナディア・ステイシー(Nadia Stacey)
 ◎”The Death of Stalin” Nicole Stafford
 ・”Lady Macbeth” Sian Wilson

 ◆効果賞(Best Effects) [新設]
 ◎“The Ritual”(英)(監督:デイヴィッド・ブルックナー(David Bruckner)) ニク・アルダー(Nick Allder)、Ben White
 ・“Journeyman” Luke Dodd
 ・”The Death of Stalin” エフェクト・チーム
 ・“Double Date“(英)(監督:Benjamin Barfoot) Dan Martin
 ・『人生はシネマティック!』(英・スウェーデン) Chris Reynolds

 ◆音響賞(Best Sound) [新設]
 ◎”God’s Own Country” Anna Bertmark
 ・”I Am Not A Witch” Maiken Hansen
 ・”Jawbone” Andy Shelley、Steve Griffiths
 ・『スリー・ビルボード』 Joakim Sundström
 ・“Breathe“ サウンド・チーム

 ◆音楽賞(Best Music) [新設]
 ◎『スリー・ビルボード』 カーター・バーウェル
 ・“Leaning Into The Wind“ フレッド・フリス(Fred Frith)
 ・”I Am Not A Witch” マシュー・ジェームズ・ケリー(Matt Kelly)
 ・”Jawbone” ポール・ウェラー(Paul Weller)
 ・”The Death of Stalin” Christopher Willis

 ◆キャスティング(Best Casting) [新設]
 ・”Lady Macbeth” Shaheen Baig
 ・”God’s Own Country” Shaheen Baig、Layla Merrick-Wolf
 ◎”The Death of Stalin” Sarah Crowe
 ・『スリー・ビルボード』 Sarah Halley Finn
 ・“Film Stars Don’t Die In Liverpool“ Debbie Mcwilliams

 ◆ニューカマー賞(Most Promising Newcomer) プレゼンター:ヘイリー・スクワイアーズ(Hayley Squires)、Arinze Keen
 ◎”Lady Macbeth” Naomi Ackie
 ・“Just Charlie”(英)(監督:Rebekah Fortune) Harry Gilby
 ・”Lady Macbeth” Cosmo Jarvis
 ・“Chubby Funny”(英)(監督:Harry Mitchell) Harry Michell
 ・“Pin Cushion”(英)(監督:Deborah Haywood) Lily Newmark


 ◆新人監督賞(The Douglas Hickox Award for Debut Director) プレゼンター:オルガ・キュリレンコ
 ・“Pin Cushion” Deborah Haywood
 ・“God’s Own Country” Francis Lee
 ・”Jawbone” Thomas Napper
 ◎“I Am Not A Witch” Rungano Nyoni
 ・“Lady Macbeth” William Oldroyd

 Francis LeeとRungano NyoniとWilliam Oldroydは、監督賞にもノミネート。


 ◆新人脚本家賞(Debut Screenwriter)
 ・”Lady Macbeth” Alice Birch
 ・『人生はシネマティック!』 ギャビー・チャッペ(Gaby Chiappe)
 ・”Jawbone” Johnny Harris
 ◎”God’s Own Country” Francis Lee
 ・”I Am Not A Witch” Rungano Nyoni


 ◆ディスカバリー賞(The Discovery Award) プレゼンター:エリオット・グルーヴ(Elliot Grove)、クリスチャン・クック(Christian Cooke)
 ・“Even When I Fall”(英) Sky Neal(監督)、Kate McLarnon(監督)、エルハム・シャケリファー(Elhum Shakerifar:製作)
 ・“Halfway”(米) Ben Caird(監督)、Jonny Paterson(製作)
 ◎“In Another Life”(英) Jason Wingard(監督)、Hannah Stevenson(製作)、Rebecca Clare Evans(製作)
 ・“Isolani”(英) R Paul Wilson(監督)、Lisa Hague(製作 )
 ・“My Pure Land”(英) Sarmad Masud(監督)、ビル・ケンライト(Bill Kenwright)(製作)

 “In Another Life”は、レインダンス映画祭2017 英国作品賞受賞。


 ◆ブレイクスルー・プロデューサー賞(Breakthrough Producer)
 ・“Pin Cushion” ギャビン・ハンフリーズ(Gavin Humphries)
 ◎”I Am Not A Witch” Emily Morgan
 ・“Bad Day For The Cut”(英)(監督:Chris Baugh) Brendan Mullin、Katy Jackson
 ・”Lady Macbeth” フォドラ・クローニン・オライリー(Fodhla Cronin O’Reilly)
 ・”God’s Own Country” Jack Tarling、Manon Ardisson


 ◆最優秀ドキュメンタリー賞(Best Documentary)
 ◎“Almost Heaven”(英) 監督・製作:Carol Salter
 ・“Half Way“(英) 監督・共同製作:Daisy-May Hudson
 ・“Kingdom of Us”(英) 監督:Lucy Cohen、製作 :Julia Nottingham、Lucas Ochoa、トーマス・ベンスキー(Thomas Benski)、Bill Rudgard
 ・“Uncle Howard”(英・米) 監督:Aaron Brookner、製作 :Paula Vaccaro
 ・“Williams”(英) 監督:マーガン・マシューズ(Morgan Matthews)、製作 :Hayley Reynolds、Sarah Hamilton


 ◆最優秀英国短編賞(Best British Short)
 ・“1745”(英) 監督・共同製作:Gordon Napier、脚本:Morayo Akandé、製作 :John McKay
 ◎“Fish Story”(英) 監督・製作:Charlie Lyne、製作:Catherine Bray、Anthony Ing
 ・“The Entertainer”(英) 監督:Jonathan Schey、製作 :Jodie Brown、Jun Bung Lee
 ・“Work”(英) 監督:Aneil Karia、製作 :Scott O’Donnell
 ・“Wren Boys”(英) 監督:Harry Lighton、脚本:John Fitzpatrick、製作 :Sorcha Bacon

 “Fish Story”は、AFI Docs 2017 観客賞短編部門受賞。シカゴ国際映画祭2017 観客フェイバリッツ。


 ◆インターナショナル・インディペンデント映画賞(Best International Independent Film) プレゼンター:アンドレア・ライズボロー
 ・“The Florida Project”(米) 監督・製作・脚本:ショーン・ベイカー 製作・脚本:クリス・バーゴッチ(Chris Bergoch)、製作:ケヴィン・チノイ(Kevin Chinoy)、Andrew Duncan、Alex Saks、Francesca Silvestri、シーチン・ツォウ(Shih-Ching Tsou)
 ◎『ゲット・アウト』(米) 監督・製作・脚本:ジョーダン・ピール 製作 :ジャイソン・ブラム(Jason Blum)、エドワード・H・ハム・Jr.(Edward H Hamm Jr)、ショーン・マッキトリック(Sean McKittrick)
 ・『私はあなたのニグロではない』“I Am Not Your Negro”(米・仏・ベルギー・スイス) 監督・製作・脚本:ラウル・ペック 脚本:ジェームズ・ボールドウィン、製作 :Hébert Peck、Rémi Grellety
 ・“Loveless”(ロシア・仏) 監督・脚本:アンドレイ・ズビャギンツェフ 脚本:オレグ・ネギン(Oleg Negin)、製作:グレブ・フェティソフ(Gleb Fetisov)、セルゲイ・メルクモフ(Sergey Melkumov)、アレクサンター・ロンダヤスキー(Alexander Rodnyansky)
 ・“The Square”(スウェーデン・独・仏・デンマーク) 監督・脚本:リューベン・オストルンド 製作:Erik Hemmendorff


 ※今回より、これまで「技術部門」でまとめられていた部門が、撮影賞、編集賞、美術賞、衣裳デザイン賞、メイキャップ&ヘア・デザイン賞、効果賞、音響賞、音楽賞、キャスティング賞と9部門に分けられています。

 【特別賞・名誉賞】

 ◆ヴァラエティー賞(Variety Award) プレゼンター:クリスティン・スコット・ターマス
 ◎ゲイリー・オールドマン


 ◆リチャード・ハリス賞(The Richard Harris Award) プレゼンター:ジャレッド・ハリス、ジョエリー・リチャードソン
 ◎ヴァネッサ・レッドグレイヴ


 ◆審査員特別賞 プレゼンター:マラカイ・カービー(Malachi Kirby)
 ◎フェミ・オグンス(Femi Oguns)
 元俳優で、The Identity School of ActingとIdentity Agency Groupを設立して、CEOとなり、俳優、特にマイノリティーの俳優の、トレーニングとエージェント活動に務めている。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 主な作品のノミネート&受賞状況は、以下の通り。

 ・“Lady Macbeth”(5/15):作品・監督・主演女優・助演女優・脚本・撮影・美術・衣裳・メイク・キャスト・ニューカマー・ニューカマー・新人監督・新人脚本・ブレイク
 ・“The Death of Stalin”(4/13):作品・監督・助演男優・助演男優・助演女優・脚本・編集・美術・衣裳・メイク・効果・音楽・キャスト
 ・“I Am Not A Witch”(3/13):作品・監督・主演女優・脚本・撮影・美術・衣裳・メイク・キャスト・音楽・新人監督・新人脚本・ブレイク
 ・“God’s Own Country”(4/11):作品・監督・主演男優・主演男優・助演男優・脚本・音響・キャスト・新人監督・新人脚本・ブレイク
 ・『スリー・ビルボード』(2/11):作品・監督・主演女優・助演男優・助演男優・脚本・撮影・編集・音響・音楽・キャスト
 ・“Jawbone”(0/7):主演男優・撮影・編集・音響・音楽・新人監督・新人脚本
 ・“Film Stars Don’t Die In Liverpool”(0/4):主演男優・助演女優・美術・キャスト
 ・“Journeyman”(0/3):主演男優・メイク・効果
 ・“Pin Cushion”(0/3):ニューカマー・新人監督・ブレイク
 ・“Leaning Into The Wind”(0/2):撮影・音楽
 ・“Williams“(0/2):編集・ドキュメンタリー
 ・“Breathe”(0/2):メイキャップ・音響
 ・『人生はシネマティック!』(0/2):効果・新人脚本

 上位5作品でほとんどの賞を分け合い、それ以外の作品はほぼ残念な結果になりました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 主な作品を簡単に紹介しておきます。

 “God’s Own Country”(英) 監督:Francis Lee
 出演:ジョシュ・オコナー(Josh O’Connor)、Alec Secareanu、イアン・ハート、ジェマ・ジョーンズ(Gemma Jones)
 物語:ヨークシャー地方。ジョニー・サクスビーは、家族で農場を営んでいるが、父親が2度目の卒中で倒れたため、働くことができなくなり、すべての負担がジョニーの肩にかかってくる。ジョニーは、同性愛者だが、それを隠して、フラストレーションを過飲や行きずりのセックスで凌いでいた。羊の出産シーズンに、やってきたルーマニア移民Gheorgheを雇い入れた時、最初、ジョニーはライバル心すら感じて、ピリピリついていたが、やがて2人の関係は、もっと優しくデリケートなものに変わっていく。
 男優Francis Leeの初監督長編。
 サンダンス映画祭2017出品。監督賞受賞。
 ベルリン国際映画祭2017 パノラマ部門出品。テディー賞受賞。
 イスタンブール国際映画祭2017出品。
 サンフランシスコ国際映画祭2017出品。
 トロント・インサイド・アウト レズビアン&ゲイ映画&ビデオ・フェスティバル2017出品。Bill Sherwood Award受賞。
 トランシルヴァニア国際映画祭2017 コンペティション部門出品。審査員特別賞受賞。
 シドニー映画祭2017出品。
 シアトル国際映画祭2017出品。
 プロヴィンスタウン映画祭2017出品。
 フレームライン映画祭/サンフランシスコ国際LGBTQ映画祭2017 観客賞 長編作品部門出品。
 エジンバラ国際映画祭2017出品。マイケル・パウエル賞/最優秀英国映画賞受賞。
 カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭2017 「ヴァラエティー」誌批評家によるチョイス。
 Outfest ロサンゼルス2017出品。
 ゴールウェイ映画祭2017出品。インターナショナル第1回作品賞受賞。
 エルサレム国際映画祭2017出品。
 Fünf Seen映画祭2017出品。
 ニュージーランド国際映画祭2017出品。
 メルボルン国際映画祭2017出品。
 ニュー・ホライズンズ映画祭2017出品。
 ホノルル・レインボー映画祭2017出品。最優秀作品賞受賞。
 ノルウェー国際映画祭2017出品。
 Jameson CineFest - Miskolc国際映画祭(ハンガリー)2017出品。
 クィア・リスボア映画祭2017出品。
 Kino Równosci - Kinoteka(ポーランド)2017出品。
 ヘルシンキ国際映画祭2017出品。
 ベルゲン国際映画祭2017出品。
 レイキャビク国際映画祭2017出品。
 Dinard英国映画祭(仏)2017出品。ゴールデン・ヒッチコック賞受賞。
 バンクーバー国際映画祭2017出品。
 リオ・デ・ジャネイロ国際映画祭2017出品。
 ゲント国際映画祭2017出品。
 釜山国際映画祭2017 フラッシュ・フォワード部門出品。
 シカゴ国際映画祭2017出品。シルバーQヒューゴ賞受賞。
 ライデン国際映画祭2017出品。
 テッサロニキ国際映画祭2017出品。
 ストックホルム国際映画祭2017出品。監督賞、男優賞(ジョシュ・オコナー)受賞。
 シンガポール国際映画祭2017出品。
 サテライト・アワード2018 作品賞ノミネート。


 “I'm Not A Witch”(英・仏) 監督:Rungano Nyoni [スウェーデン・プレミア]
 物語:アフリカの村。ごくありきたりの出来事に対して、8歳のShulaに、魔女の疑いがかけられる。裁判も開かれるが、短いもので、有罪とみなされると、国の管理下に置かれ、砂漠の真ん中にあるウィッチ・キャンプへと追放される。キャンプでは、入所儀式があり、魔女としてこれからの生活を過ごすためのルールが示される。ここでは、他の入所者同様に、大きな木から伸びるリボンにつながれる。逃亡を防ぐためのものだが、このリボンを切って逃げようとしたら、呪われて、山羊になるぞと脅される……。
 ザンビアで生まれ、ウェールズで育ったRungano Nyoniの初監督長編。短編作品で2010年にBAFTAウェールズ・アワードを受賞し、2012年にはBAFTA英国アカデミー賞にノミネートされている。
 撮影監督は、『彷徨える河』のダヴィ・ガジェゴ。
 カンヌ国際映画祭2017 監督週間出品。
 シドニー映画祭2017出品。
 ミュンヘン映画祭2017 CineVision部門出品。
 ヌーシャテル国際ファンタスティック映画祭2017出品。
 エルサレム映画祭2017出品。
 ニュージーランド国際映画祭2017出品。
 ニュー・ホライズンズ映画祭2017出品。
 メルボルン国際映画祭2017出品。
 トロント国際映画祭2017 DISCOVERY部門出品。
 ヘルシンキ国際映画祭2017出品。
 ベルゲン国際映画祭2017出品。
 CPH:PIX 2017出品。
 アデレード映画祭2017出品。最優秀作品賞受賞。
 リオ・デ・ジャネイロ国際映画祭2017出品。
 BFIロンドン映画祭2017 第1回作品コンペティション部門出品。
 ムンバイ映画祭2017 インターナショナル・コンペティション部門出品。スペシャル・メンション受賞。
 釜山国際映画祭2017 フラッシュ・フォワード部門出品。
 ボルドー・インディペンデント映画祭2017出品。
 パースペクティヴズ映画祭(シンガポール)2017出品。
 テッサロニキ国際映画祭2017出品。
 ストックホルム国際映画祭2017 コンペティション部門出品。第1回作品賞受賞。
 リュブリャナ国際映画祭2017出品。
 AFIフェスト2017出品。
 Scanorama映画祭ヴィリニュス2017出品。
 サンダンス映画祭2018 Spotlight部門出品。
 インディペンデント・スピリット・アワード2018 外国映画賞ノミネート。


 ・“Lady Macbeth”(英) 監督:William Oldroyd
 出演:Florence Pugh、コスモ・ジャーヴィス(Cosmo Jarvis)、ポール・ヒルトン(Paul Hilton)、Naomi Ackie、クリストファー・フェアバンク(Christopher Fairbank)
 物語:1865年のイングランド。キャサリンは、冷酷な男との愛のない結婚に押さえつけられていた。夫の年齢は彼女の倍あり、夫の家族も冷たく、無情だった。彼女は、夫の領地で働く若い男性との情熱的な情事に走る。彼女の中で抑え込まれていた力はあまりにも大きく、欲しいものを手に入れたいとなったら、もう止めようがなかった。
 ニコライ・レスコフの『ムツェンスク郡のマクベス夫人』の映画化。
 トロント国際映画祭2016 PLATFORM部門出品。
 サンセバスチャン国際映画祭2016 オフィシャル・セレクション出品。国際批評家連盟賞受賞。
 チューリヒ映画祭2016 インターナショナル・コンペティション部門出品。スペシャル・メンション、The SVFJ(The Swiss Association of Film Journalists)Critics Choice Award(第1回作品賞)受賞。
 BFIロンドン映画祭2016 第1回作品コンペティション部門出品。
 テッサロニキ国際映画祭2016 出品。国際批評家連盟賞受賞。
 Camerimage 2016出品。
 トリノ映画祭2016出品。
 タリン・ブラック・ナイツ映画祭2016出品。
 ドバイ国際映画祭2016出品。
 レザルク国際映画祭2016出品。Cineuropa賞受賞。
 ロンドン・イブニング・スタンダード英国映画賞2016 ブレイクスルー・オブ・ザ・イヤー賞(Florence Pugh)受賞。ブレイクスルー・オブ・ザ・イヤー賞(William Oldroyd)ノミネート。
 サンダンス映画祭2017 Spotlight部門出品。
 「ヴァラエティー」誌が選ぶ、観るべき10人の監督たち 2017
 ロッテルダム国際映画祭2017出品。
 ヨーテボリ国際映画祭2017出品。
 ダブリン国際映画祭2017 ダブリン映画批評家協会賞女優賞(Florence Pugh)受賞。
 FEST国際映画祭(ベオグラード国際映画祭)2017出品。
 ソフィア国際映画祭2017出品。
 ヴィリニュス国際映画祭2017出品。
 サンフランシスコ国際映画祭2017出品。
 イスタンブール国際映画祭2017 インターナショナル・コンペティション部門出品。
 全州国際映画祭2017出品。
 モンクレア映画祭2017 審査員特別賞受賞。
 シアトル国際映画祭2017出品。
 シドニー映画祭2017出品。
 プロヴィンスタウン映画祭2017出品。
 ロサンゼルス映画祭2017出品。
 ミュンヘン映画祭2017出品。
 台北電影節2017出品。
 オデッサ国際映画祭2017出品。
 エルサレム映画祭2017デビュー部門出品。
 プーラ映画祭2017 インターナショナル・プログラム出品。
 Jameson CineFest - Miskolc国際映画祭(ハンガリー)2017出品。
 Camerimage 2017 監督デビュー・コンペティション部門出品。
 ナショナル・ボード・オブ・レビュー2017 インデペンデント映画トップ10.
 ヨーロッパ映画賞2017 オフィシャル・セレクション。ディスカバリー賞受賞。女優賞ノミネート(Florence Pugh)。
 インディペンデント・スピリット・アワード2018 外国映画賞部門ノミネート。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 *この記事がなかなか参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
  ↓ ↓ ↓ ↓
 
  ↑ ↑ ↑ ↑
  クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・ブリティッシュ・インディペンデント・フィルム・アワード2017 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201711/article_1.html
 ・ブリティッシュ・インディペンデント・フィルム・アワード2017 技術部門 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201711/article_38.html
 ・ブリティッシュ・インディペンデント・フィルム・アワード2016 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201611/article_3.html
 ・ブリティッシュ・インディペンデント・フィルム・アワード2016 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201612/article_14.html
 ・ブリティッシュ・インディペンデント・フィルム・アワード2015 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201511/article_5.html
 ・ブリティッシュ・インディペンデント・フィルム・アワード2015 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201512/article_14.html
 ・ブリティッシュ・インディペンデント・フィルム・アワード2014 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201411/article_1.html
 ・ブリティッシュ・インディペンデント・フィルム・アワード2014 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201412/article_13.html
 ・ブリティッシュ・インディペンデント・フィルム・アワード2013 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201311/article_17.html
 ・ブリティッシュ・インディペンデント・フィルム・アワード2013 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201312/article_20.html
 ・ブリティッシュ・インディペンデント・フィルム・アワード2012 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201211/article_3.html
 ・ブリティッシュ・インディペンデント・フィルム・アワード2012 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201212/article_26.html
 ・ブリティッシュ・インディペンデント・フィルム・アワード2011 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201111/article_4.html
 ・ブリティッシュ・インディペンドント・フィルム・アワード2011 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201112/article_9.html
 ・ブリティッシュ・インディペンデント・フィルム・アワード2010 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201011/article_2.html
 ・ブリティッシュ・インディペンデント・フィルム・アワード2010受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201012/article_10.html
 ・ブリティッシュ・インディペンデント・フィルム・アワード2009 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200911/article_3.html
 ・ブリティッシュ・インディペンデント・フィルム・アワード2009 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200912/article_12.html
 ・ブリティッシュ・インディペンデント・フィルム・アワード2008 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200812/article_3.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2017年9月〜12月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201708/article_31.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
 “Fish Story”(英) 監督:Charlie Lyne
 電話帳を開いて、Cods(タラ)、Pikes(キタカワマス)、Halibuts(オヒョウ)など、魚に関連した名前を姓に持つ相手に電話をし、親族に、贈り物としてホンモノの魚をもらうような出来事を経験した者がいるかどうか、訊いて確認していく。魚の名前の姓がつけられるには、そうしたエピソードが相応しいと思えるから。
 サンダンス映画祭2017出品。
 ロッテルダム国際映画祭2017出品。
 True/False映画祭2017出品。
 ナイメーヘン Go Short国際短編映画祭2017出品。
 エジンバラ国際映画祭2017出品。
 AFI Docs2017 観客賞短編部門受賞。
 シカゴ国際映画祭2017 出品。観客フェイバリッツ受賞。
 デンバー映画祭2017出品。最優秀ドキュメンタリー・ショート受賞。
 グリアソン・アワード2017 短編ドキュメンタリー賞受賞。
 ミラノ映画祭2017 インターナショナル・コンペティション部門出品。
umikarahajimaru
2017/12/11 23:47

コメントする help

ニックネーム
本 文
ブリティッシュ・インディペンデント・フィルム・アワード2017 受賞結果! 海から始まる!?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる