海から始まる!?

アクセスカウンタ

zoom RSS サテライト・アワード2018 ノミネーション発表!

<<   作成日時 : 2017/12/02 21:28   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 第22回サテライト・アワードのノミネーションが発表になりました。(11月29日)

 【サテライト・アワード】

 サテライト・アワードは、エンターテインメント記者が所属する世界最大の団体(と公称の)国際プレス・アカデミー(IPA)が選ぶ映画賞で、1996年以来、今回で第22回を迎えます。

 サテライト・アワードは、創設した人がゴールデン・グローブ賞を主催しているハリウッド記者協会の元会長で、テレビ部門があること、2010年までは映画部門がドラマ部門とコメディー/ミュージカル部門に分かれていたこと、賞のタイトルがかつては「ゴールデン・サテライト・アワード」だったことなどに、「出自」の「名残り」をとどめていましたが、現在はそうした色合いはかなり薄まりつつあります。

 現在の特徴としては、@俳優部門が強い映画賞として、エミー賞からゴールデン・グローブ賞、俳優組合賞、そしてアカデミー賞へと続く一連の映画賞の中に位置づけられること、Aテレビ部門を持つ主要な映画賞の1つであること、B多くの部門を持つ映画賞として、映画賞レースの流れを確認できる映画賞になっていること、などが挙げられます。

 個人的には、この時期に、これだけの部門とこれだけのノミニーをピックアップしている映画賞は他にはないので、1回書き出しておくと、いろいろと重宝します。実質的に、本年度の全米の映画賞のノミネーションを大雑把にカバーしている映画賞、ということになります。

画像

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 【映画部門】

 ◆作品賞(Motion Picture)
 ・“The Big Sick” 監督:マイケル・ショウォルター
 ・“Call Me by Your Name”(伊・仏・ブラジル・米) 監督:ルカ・グァダニーノ
 ・『ダンケルク』(英・仏・米・オランダ) 監督:クリストファー・ノーラン
 ・『ゲット・アウト』 監督:ジョーダン・ピール
 ・“God’s Own Country”(英) 監督:Francis Lee
 ・“I, Tonya” 監督:クレイグ・ギレスピー
 ・“Lady Bird” 監督:グレタ・ガーウィグ
 ・『マッドバウンド 哀しき友情』 監督:ディー・リース
 ・『シェイプ・オブ・ウォーター』 監督:ギレルモ・デル・トロ
 ・『スリー・ビルボード』(英・米) 監督:マーティン・マクドナー

 対象期間外だったのか、『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』は全くノミネートされませんでした。
 “The Florida Project”、 “Phantom Thread”などが落選。

 ◆監督賞(Director)
 ・ショーン・ベイカー “The Florida Project”
 ・ギレルモ・デル・トロ 『シェイプ・オブ・ウォーター』
 ・グレタ・ガーウィグ “Lady Bird”
 ・クリストファー・ノーラン 『ダンケルク』
 ・ジョーダン・ピール 『ゲット・アウト』
 ・ディー・リース 『マッドバウンド 哀しき友情』

 ルカ・グァダニーノ、ジョー・ライト、ポール・トーマス・アンダーソンらが落選。

 ◆主演男優賞(Actor in a Motion Picture)
 ・ダニエル・デイ=ルイス “Phantom Thread”(監督:ポール・トーマス・アンダーソン)
 ・ジェームズ・フランコ “The Disaster Artist”(監督:ジェームズ・フランコ)
 ・ジェイク・ギレンホール “Stronger”(監督:デイヴィッド・ゴードン・グリーン)
 ・ゲイリー・オールドマン “Darkest Hour”(英)(監督:ジョー・ライト)
 ・ロバート・パティンソン 『グッド・タイム』(監督:ジョシュア&ベニー・サフディー)
 ・ジェレミー・レナー “Wind River”(監督:テイラー・シェリダン)
 ・ハリー・ディーン・スタントン “Lucky”(監督:ジョン・キャロル・リンチ)

 ティモシー・シャラメ、ダニエル・カルーヤらが落選。

 ◆主演女優賞(Actress in a Motion Picture)
 ・ジェシカ・チャステイン “Molly’s Game”(監督:アーロン・ソーキン)
 ・ジュディ・デンチ “Victoria & Abdul”(米・英)(監督:スティーヴン・フリアーズ)
 ・サリー・ホーキンス 『シェイプ・オブ・ウォーター』
 ・ダイアン・クルーガー 『女は二度決断する』“In the Fade”(独・仏)(監督:ファティ・アキン)
 ・フランシス・マクドーマンド 『スリー・ビルボード』
 ・マーゴット・ロビー “I, Tonya”
 ・シアーシャ・ローナン “Lady Bird”
 ・エマ・ストーン “Battle of the Sexes”(英・米)(監督:ジョナサン・デイトン、ヴァレリー・ファリス)

 ◆助演男優賞(Actor in a Supporting Role)
 ・ウィレム・デフォー “The Florida Project”
 ・アーミー・ハマー “Call Me by Your Name”
 ・ダスティン・ホフマン 『マイヤーウィッツ家の人々 (改訂版)』
 ・サム・ロックウェル 『スリー・ビルボード』
 ・マーク・ライランス 『ダンケルク』
 ・マイケル・シャノン 『シェイプ・オブ・ウォーター』

 ジェイソン・ミッチェル、イドリス・エルバらが落選。

 ◆助演女優賞(Actress in a Supporting Role)
 ・メアリー・J・ブライジ 『マッドバウンド 哀しき友情』
 ・ホリー・ハンター “The Big Sick”
 ・アリソン・ジャネイ “I, Tonya”
 ・メリッサ・レオ “Novitiate”(監督:Maggie Betts)
 ・ローリー・メトカーフ(Laurie Metcalf) “Lady Bird”
 ・ロイス・スミス(Lois Smith) “Marjorie Prime”(監督:マイケル・アルメレイダ)

 ◆オリジナル脚本賞(Screenplay, Original)
 ・『ダンケルク』 クリストファー・ノーラン
 ・“The Florida Project” ショーン・ベイカー、クリス・バーゴッチ(Chris Bergoch)
 ・『ゲット・アウト』 ジョーダン・ピール
 ・“Lady Bird” グレタ・ガーウィグ
 ・『シェイプ・オブ・ウォーター』 ギレルモ・デル・トロ、ヴァネッサ・テイラー(Vanessa Taylor)
 ・『スリー・ビルボード』 マーティン・マクドナー

 ◆脚色賞(Screenplay, Adapted)
 ・“Call Me by Your Name” ジェームズ・アイヴォリー
 ・“The Disaster Artist” スコット・ノイスタッター(Scott Neustadter)、マイケル・H・ウェバー(Michael H. Weber)
 ・“Molly's Game” アーロン・ソーキン
 ・“Victoria & Abdul” リー・ホール(Lee Hall)
 ・『ワンダーストラック』“Wonderstruck”(監督:トッド・ヘインズ) ブライアン・セルズニック(Brian Selznick)
 ・『ワンダーウーマン』 ジェイソン・フュークス(Jason Fuchs)、アラン・ハインバーグ(Allan Heinberg)

 ◆撮影賞(Cinematography)
 ・『ブレードランナー 2049』 ロジャー・ディーキンス
 ・“Darkest Hour” ブリュノ・デルボネル
 ・『ダンケルク』 ホイテ・ヴァン・ホイテマ
 ・“Lady Bird” サム・レヴィ(Sam Levy)
 ・『シェイプ・オブ・ウォーター』 ダン・ローストセン(Dan Laustsen)
 ・『スリー・ビルボード』 ベン・デイヴィス(Ben Davis)

 『聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア』、“Call Me By Your Name”などが落選。

 ◆編集賞(Film Editing)
 ・『ベイビー・ドライバー』 ジョナサン・エイモス(Jonathan Amos)
 ・“Darkest Hour” ヴァレリオ・ボネリ(Valerio Bonelli)
 ・『ダンケルク』 リー・スミス(Lee Smith)
 ・『シェイプ・オブ・ウォーター』 シドニー・ウォリンスキー(Sidney Wolinsky)
 ・『スリー・ビルボード』 ジョン・グレゴリー(Jon Gregory)
 ・『猿の惑星: 聖戦記』 ウィリアム・ホイ(William Hoy)

 『グッド・タイム』、“Call Me By Your Name”、『ゲット・アウト』、“I, Tonya”などが落選。

 ◆美術賞(Art Direction and Production Design)
 ・『ブレードランナー 2049』
 ・『ダンケルク』
 ・『ダウンサイズ』(監督:アレクサンダー・ペイン)
 ・『ゲット・アウト』
 ・“Phantom Thread”
 ・『シェイプ・オブ・ウォーター』

 ◆衣裳デザイン賞(Costume Design)
 ・『美女と野獣』 ジャクリーヌ・デュラン
 ・『The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ』“The Beguiled”(監督:ソフィア・コッポラ) ステイシー・バタット(Stacey Battat)
 ・『ダンケルク』 ジェフリー・カーランド(Jeffrey Kurland)
 ・『オリエント急行殺人事件』 アレクサンドラ・バーン(Alexandra Byrne)
 ・“Phantom Thread” マーク・ブリッジス(Mark Bridges)
 ・“Victoria & Abdul” コンソラータ・ボイル

 ◆視覚効果賞(Visual Effects)
 ・『エイリアン:コヴェナント』
 ・『ブレードランナー 2049』
 ・『ダンケルク』
 ・『シェイプ・オブ・ウォーター』
 ・『猿の惑星: 聖戦記』
 ・『ワンダーウーマン』

 ◆録音賞(Sound (Editing and Mixing))
 ・『ブレードランナー 2049』
 ・『リメンバー・ミー』(監督:リー・アンクリッチ、エイドリアン・モリーナ)
 ・“Darkest Hour”
 ・『ダンケルク』
 ・『LOGAN/ローガン』
 ・『猿の惑星: 聖戦記』

 ◆オリジナル作曲賞(Original Score)
 ・“Darkest Hour” ダリオ・マリアネッリ
 ・『ダンケルク』 ハンス・ジマー
 ・『シェイプ・オブ・ウォーター』 アレクサンドラ・デプラ
 ・『猿の惑星: 聖戦記』 マイケル・ジアッキノ
 ・『ワンダーストラック』“Wonderstruck” カーター・バーウェル
 ・『ワンダーウーマン』 ルパート・グレグソン=ウィリアムズ(Rupert Gregson-Williams)

 ◆オリジナル歌曲賞(Original Song)
 ・『フィフティ・シェイズ・ダーカー』-‘I Don't Wanna Live Forever’
 ・“Detroit”-‘It Ain't Fair’
 ・『シリアからの叫び』“Cries from Syria”(米・シリア・チェコ)(監督:エフゲニー・アフィネフスキー)-‘Prayers for This World’
 ・『THE PROMISE/君への誓い』“The Promise”(監督:テリー・ジョージ)-‘The Promise’
 ・『マーシャル 法廷を変えた男』“Marshall”(監督:レジナルド・ハドリン)ー‘Stand Up for Something’
 ・『不都合な真実2 放置された地球』“An Inconvenient Sequel: Truth to Power”(監督:ジョン・シェンク、ボニー・コーエン)-‘Truth to Power’

 ◆ドキュメンタリー賞(Motion Picture, Documentary)
 ・『チェイシング・コーラル 消えゆくサンゴ礁』“Chasing Coral” 監督:ジェフ・オーロースキー(Jeff Orlowski)
 ・“City of Ghosts” 監督:マシュー・ハイネマン(Matthew Heineman)
 ・『シリアからの叫び』“Cries from Syria”(米・シリア・チェコ) 監督:エフゲニー・アフィネフスキー(Evgeny Afineevsky)
 ・『エクス・リブリス ― ニューヨーク公共図書館』“Ex Libris: The New York Public Library”(米) 監督:フレデリック・ワイズマン
 ・“Hell on Earth: The Fall of Syria and the Rise of ISIS” 監督:セバスチャン・ユンガー、ニック・クエステッド(Nick Quested)
 ・“Human Flow(人流)”(独・米) 監督:アイ・ウェイウェイ(Al Weiwei/艾未未)
 ・『イカロス』“Icarus”(米) 監督:ブライアン・フォーゲル(Bryan Fogel)
 ・『猫が教えてくれたこと』“Kedi”(トルコ・米) 監督:ジェイダ・トルン(Ceyda Torun)
 ・“Legion of Brothers” 監督:グレッグ・バーカー(Greg Barker)

 “Faces Places(Visages,Villages)”、『アレッポ 最後の男たち』、”Jane“、“Strong Island”、 “Brimstone and Glory”、”Quest“などが落選。

 ◆アニメーション/ミックス・メディア賞(Motion Picture, Animated or Mixed Media Title of Film)
 ・『カーズ/クロスロード』 監督:ブライアン・フィー
 ・『リメンバー・ミー』 監督:リー・アンクリッチ 共同監督:エイドリアン・モリーナ
 ・“Birdboy: The Forgotten Children(Psiconautas・los niños olvidados) ”(西) 監督:Alberto Vázquez、Pedro Rivero
 ・『ボス・ベイビー』“The Boss Baby” 監督:トム・マクグラス
 ・“The Breadwinner”(アイルランド・カナダ・ルクセンブルク) 監督:ノラ・トゥーミー(Nora Twomey)
 ・『レゴバットマン ザ・ムービー』(米・デンマーク) 監督:クリス・マッケイ
 ・『ゴッホ 最期の手紙』(英・ポーランド) 監督:ドロタ・コビエラ、ヒュー・ウェルチマン

 “Ethel & Ernest”、“The Big Bad Fox & Other Tales(Le grand méchant renard et autres contes)”、『手を失くした少女』、『ウィンドウ・ホーセズ』などのほか、日本作品がことごとく落選。

 ◆外国映画賞(Motion Picture, International Film)
 ・“BPM (Beats Per Minute)(120 Battements Par Minute)”(仏) 監督:ロバン・カンピヨ
 ・“The Divine Order(Die Göttliche Ordnung)”(スイス) 監督:ペトラ・ボルペ(Petra Volpe)
 ・『最初に父が殺された』“First They Killed My Father”(カンボジア) 監督:アンジェリーナ・ジョリー
 ・“Foxtrot”(イスラエル・独・仏・スイス) 監督:サミュエル・マオズ
 ・『女は二度決断する』“In the Fade(Aus Dem Nichts)”(独・仏) 監督:ファティ・アキン
 ・“Loveless(Нелюбовь/Nelyubov)”(ロシア・ベルギー・独・仏) 監督:アンドレイ・ズビャギンツェフ
 ・“The Square”(スウェーデン・独・仏・デンマーク) 監督:リューベン・オストルンド
 ・『ホワイト・サン』“White Sun(Seto Surya)(ネパール・米・カタール) 監督:ディーパック・ラウニヤール(Deepak Rauniyar)

 『ナチュラルウーマン』、『夏、1993』などが落選。

 【特別賞】(Special Achievement Award Recipients)

 ◆テスラ賞(Tesla Award)
 ◎ロバート・レガート(Robert Legato:視覚効果スーパーバイザー)

 ◆Auteur Award
 ◎グレタ・ガーウィグ “Lady Bird“

 ◆第1回作品賞(Best First Feature)
 ◎ジャン・キャロル・リンチ “Lucky“

 ◆ヒューマニタリアン賞(Humanitarian Award)
 ◎スティーヴン・チョボスキー “Wonder“

 ◆アンサンブル賞(Best Ensemble: Motion Picture)
 ◎『マッドバウンド 哀しき友情』“Mudbound” 監督:ディー・リース
 キャリー・マリガン、ギャレット・ヘドランド、ジェイソン・クラーク、ジェイソン・ミッチェル(Jason Mitchell)、メアリー・J・ブライジ(Mary J. Blige)、ロブ・モーガン(Rob Morgan)、ジョナサン・バンクス
 『マッドバウンド 哀しき友情』は、ゴッサム・アワード、インディペンデント・スピリット・アワードに続き、3度目のアンサンブル賞受賞。

 ※メアリー・ピックフォード賞の受賞者、および、ゲーム部門、ブルーレイ&DVD部門のノミネーションは、2018年1月9日に発表予定です。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 映画部門の、主な作品のノミネート状況は以下の通り。

 ・『ダンケルク』(11):作品・監督・助演男優・脚本・撮影・編集・美術・衣裳・視覚効果・録音・作曲
 ・『シェイプ・オブ・ウォーター』(10):作品・監督・主演女優・助演男優・脚本・撮影・編集・美術・視覚効果・作曲
 ・“Lady Bird”(6):作品・監督・主演女優・助演女優・脚本・撮影
 ・『スリー・ビルボード』(6):作品・主演女優・助演男優・脚本・撮影・編集
 ・“Darkest Hour”(5):主演男優・撮影・編集・録音・作曲
 ・『ゲット・アウト』(4):作品・監督・脚本・美術
 ・『ブレードランナー 2049』(4):撮影・美術・視覚効果・録音
 ・『猿の惑星: 聖戦記』(4):編集・視覚効果・録音・作曲
 ・『マッドバウンド 哀しき友情』(3):作品・監督・助演女優 +アンサンブル
 ・“I, Tonya”(3):作品・主演女優・助演女優
 ・“Call Me by Your Name”(3):作品・助演男優・脚色
 ・“The Florida Project”(3):監督・助演男優・脚本
 ・“Phantom Thread”(3):主演男優・美術・衣裳
 ・“Victoria & Abdul”(3):主演女優・脚色・衣裳
 ・『ワンダーウーマン』(3):脚色・視覚効果・作曲
 ・“The Big Sick”(2):作品・助演女優
 ・“The Disaster Artist”(2):主演男優・脚色
 ・“Molly’s Game”(2):主演女優・脚色
 ・『女は二度決断する』(2):主演女優・外国語
 ・『ワンダーストラック』(2):脚色・作曲
 ・『リメンバー・ミー』(2):録音・アニメーション
 ・『シリアからの叫び』(2):歌曲・ドキュメンタリー

 『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』が全くノミネートされなかったほか、インディペンデント・スピリット・アワードと比べると、“Call Me by Your Name”や『グッド・タイム』のノミネーションが少なめです。全体的には、映画賞レースが始まる前の下馬評に準じたノミネーションになっているように見えます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 【テレビ部門】

 ◆ミニシリーズ部門(Miniseries) [再度分割]
 ・『ビッグ・リトル・ライズ〜セレブママたちの憂うつ〜』“Big Little Lies”(HBO)
 ・『フュード/確執ベティvs ジョーン』“Feud: Bette and Joan”(FX)
 ・“Guerrilla”(Showtime)
 ・“Rillington Place”(Sundance Now)
 ・“When We Rise”(ABC)
 ・『ヤング・ポープ 美しき異端児』“The Young Pope”(HBO)

 ◆TV映画部門(Motion Picture Made for Television) [再度分割]
 ・“The Immortal Life of Henrietta Lacks”(HBO)
 ・“King Charles III”(BBC/PBS)
 ・“To Walk Invisible: The Bronte Sisters”(Netflix)
 ・『ウォー・マシーン: 戦争は話術だ!』“War Machine”(Netflix)
 ・“The Wizard of Lies”(HBO)

 ◆TVシリーズ ドラマ作品部門(Television Series, Drama)
 ・『13の理由』“13 Reasons Why”(Netflix)
 ・『アフェア 情事の行方』“The Affair”(Showtime)
 ・“The Handmaid's Tale”(Hulu)
 ・『マインドハンター』“Mindhunter”(Netflix)
 ・『TABOO』“Taboo”(FX)
 ・『ヴァイキング 〜海の覇者たち〜』(History)

 『アフェア 情事の行方』は2年連続ノミネート。

 ◆TVシリーズ コメディー/ミュージカル作品部門(Television Series, Comedy or Musical)
 ・『ユニークライフ』“Atypical”(Netflix)
 ・“Baskets”(FX)
 ・“Claws”(TNT)
 ・『GLOW: ゴージャス・レディ・オブ・レスリング』“GLOW”(Netflix)
 ・『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』“Orange Is the New Black”(Netflix)
 ・『THIS IS US 36歳、これから』“This Is Us”(NBC)
 ・『Veep/ヴィープ』“Veep”(HBO)

 『Veep/ヴィープ』は5年連続ノミネート。『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』は2年連続ノミネート。

 ◆TVシリーズ ジャンル作品部門(Television Series, Genre)
 ・“American Gods”(Starz)
 ・『ゲーム・オブ・スローンズ』(HBO)
 ・『LEFTOVERS/残された世界』“The Leftovers”(HBO)
 ・『レギオン』“Legion”(FX)
 ・『アウトランダー』(Starz)
 ・『ストレンジャー・シングス 未知の世界』(Netflix)

 『ゲーム・オブ・スローンズ』は7年連続ノミネート。『アウトランダー』と『ストレンジャー・シングス 未知の世界』は2年連続ノミネートで、前回は『アウトランダー』が受賞。

 ◆主演男優賞 ミニシリーズ/TV映画部門(Actor in a Miniseries or a Motion Picture Made for Television)
 ・ベネディクト・カンバーバッチ 『SHERLOCK(シャーロック)』
 ・ロバート・デニーロ “The Wizard of Lies”
 ・ジュード・ロウ 『ヤング・ポープ 美しき異端児』“The Young Pope”
 ・ユアン・マクレガー 『FARGO/ファーゴ』
 ・ティム・ピゴット=スミス(Tim Pigott-Smith) “King Charles III”

 ユアン・マクレガーは、なぜか『FARGO/ファーゴ』で2部門でノミネート。

 ◆主演女優賞 ミニシリーズ/TV映画部門(Actress in a Miniseries or a Motion Picture Made for Television)
 ・ジョアンヌ・フロガット(Joanne Froggatt) “Dark Angel”
 ・ニコール・キッドマン 『ビッグ・リトル・ライズ〜セレブママたちの憂うつ〜』“Big Little Lies”
 ・ジェシカ・ラング 『フュード/確執ベティvs ジョーン』“Feud: Bette and Joan”
 ・エリザベス・モス “Top of the Lake: China Girl”
 ・ミシェル・ファイファー “The Wizard of Lies”
 ・スーザン・サランドン 『フュード/確執ベティvs ジョーン』“Feud: Bette and Joan”

 エリザベス・モスは主演女優賞 ドラマ作品/ジャンル作品部門でもノミネート。

 ◆主演男優賞 ドラマ作品/ジャンル作品部門(Actor in a Series, Drama / Genre)
 ・ブレンダン・グリーソン “Mr. Mercedes”
 ・ジョナサン・グロフ(Jonathan Groff) 『マインドハンター』“Mindhunter”
 ・トム・ハーディー 『TABOO』“Taboo”
 ・サム・ヒューアン(Sam Heughan) 『アウトランダー』
 ・ユアン・マクレガー 『FARGO/ファーゴ』
 ・ハリー・トレッダウェイ(Harry Treadaway) “Mr. Mercedes”

 ユアン・マクレガーは、なぜか『FARGO/ファーゴ』で2部門でノミネート。

 ◆主演女優賞 ドラマ作品/ジャンル作品部門(Actress in a Series, Drama / Genre)
 ・カトリーナ・バルフ(Caitriona Balfe) 『アウトランダー』
 ・キャリー・クーン(Carrie Coon) 『LEFTOVERS/残された世界』“The Leftovers”
 ・マギー・ギレンホール “The Deuce”
 ・キャサリン・ラングフォード(Katherine Langford) 『13の理由』“13 Reasons Why”
 ・エリザベス・モス “The Handmaid’s Tale”
 ・ルース・ウィルソン 『アフェア 情事の行方』“The Affair”

 エリザベス・モスは主演女優賞 ミニシリーズ/TV映画部門でもノミネート。
 ルース・ウィルソンは2年連続ノミネート。

 ◆主演男優賞 コメディー/ミュージカル作品部門(Actor in a Series, Comedy or Musical)
 ・アジズ・アンサリ 『マスター・オブ・ゼロ』“Master of None”
 ・ザック・ガリフィアナキス(Zach Galifianakis) “Baskets”
 ・ニール・パトリック・ハリス(Neil Patrick Harris) “A Series of Unfortunate Events”
 ・ジョン・リスゴー “Trial & Error”
 ・ウィリアム・H・メイシー 『シェイムレス 俺たちに恥はない』“Shameless”
 ・トーマス・ミドルディッチ(Thomas Middleditch) 『シリコンバレー』“Silicon Valley”

 トーマス・ミドルディッチは3年連続ノミネート。ウィリアム・H・メイシーは2年連続ノミネートで前回受賞。

 ◆主演女優賞 コメディー/ミュージカル作品部門(Actress in a Series, Comedy or Musical)
 ・アリソン・ブリー(Alison Brie) 『GLOW: ゴージャス・レディ・オブ・レスリング』“GLOW”
 ・キャスリン・ハーン(Kathryn Hahn) “I Love Dick”
 ・エリー・ケンパー(Ellie Kemper) 『アンブレイカブル・キミー・シュミット』“Unbreakable Kimmy Schmidt”
 ・ジュリア・ルイス=ドレイファス 『Veep/ヴィープ』“Veep”
 ・ニーシー・ナッシュ(Niecy Nash) “Claws”
 ・イッサ・レイ(Issa Rae) “Insecure”

 エリー・ケンパーは2年連続ノミネート。

 ◆助演男優賞(Actor in a Supporting Role in a Series, Miniseries or Motion Picture made for Television)
 ・ルーイ・アンダーソン(Louie Anderson) “Baskets”
 ・クリストファー・エクルストン 『LEFTOVERS/残された世界』“The Leftovers”
 ・マイケル・マッキーン(Michael McKean) 『ベター・コール・ソウル』“Better Call Saul”
 ・アレクサンダー・スカルスガルド 『ビッグ・リトル・ライズ〜セレブママたちの憂うつ〜』“Big Little Lies”
 ・レイキース・リー・スタンフィールド(Lakeith Stanfield) 『ウォー・マシーン: 戦争は話術だ!』“War Machine”
 ・スタンリー・トゥッチ 『フュード/確執ベティvs ジョーン』“Feud: Bette and Joan”

 ◆助演女優賞(Actress in a Supporting Role in a Series, Miniseries or Motion Picture made for Television)
 ・ダニエル・ブルックス(Danielle Brooks) 『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』“Orange Is the New Black”
 ジュディー・デイヴィス 『フュード/確執ベティvs ジョーン』“Feud: Bette and Joan”
 ・ローラ・ダーン 『ビッグ・リトル・ライズ〜セレブママたちの憂うつ〜』“Big Little Lies”
 ・アン・ダウド “The Handmaid's Tale”
 ・レジーナ・キング 『アメリカン・クライム』“American Crime”
 ・シェイリーン・ウッドリー 『ビッグ・リトル・ライズ〜セレブママたちの憂うつ〜』“Big Little Lies”

 【特別賞】(Special Achievement Award Recipients)

 ◆アンサンブル賞(Best Ensemble: Television)
 ◎『風の勇士 ポルダーク』“Poldark” エイダン・ターナー(Aidan Turner)、エレノア・トムリンソン(Eleanor Tomlinson)、ハイダ・リード(Heida Reed)、ルビー・ベントール(Ruby Bentall)、ジャック・ファーシング(Jack Farthing)、ルーク・ノリス(Luke Norris)、ビーティー・エドニー(Beatie Edney)、キャロライン・ブラキストン(Caroline Blakiston)、ガブリエラ・ワイルド(Gabriella Wilde)、ジョン・ネトルズ(John Nettles)、Christian Brassington、Ellise Chappell、ショーン・ギルダー(Sean Gilder)、Harry Richardson、ジョシュ・ホワイトハウス(Josh Whitehouse)、トム・ヨーク(Tom York)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 テレビ部門の、主な作品のノミネート状況は以下の通り。

 ・『ビッグ・リトル・ライズ〜セレブママたちの憂うつ〜』(5):ミニシリーズ・主演女優・助演男優・助演女優・助演女優
 ・『フュード/確執ベティvs ジョーン』(5):ミニシリーズ・主演女優・主演女優・助演男優・助演女優
 ・“The Wizard of Lies”(3):TV映画・主演男優・主演女優
 ・“The Handmaid's Tale”(3):ドラマ・主演女優・助演女優
 ・“Baskets”(3):コメディー・主演男優・助演男優
 ・『LEFTOVERS/残された世界』(3):ジャンル・主演女優・助演男優
 ・『アウトランダー』(3):ジャンル・主演男優・主演女優
 ・『ヤング・ポープ 美しき異端児』(2):ミニシリーズ・主演男優
 ・“King Charles III”(2):TV映画・主演男優
 ・『ウォー・マシーン: 戦争は話術だ!』(2):TV映画・助演男優
 ・『13の理由』(2):ドラマ・主演女優
 ・『アフェア 情事の行方』(2):ドラマ。主演女優
 ・『マインドハンター』(2):ドラマ・主演男優
 ・『TABOO』(2):ドラマ・主演男優
 ・“Claws”(2):コメディー・主演女優
 ・『GLOW: ゴージャス・レディ・オブ・レスリング』(2):コメディー・主演女優
 ・『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』(2):コメディー・助演女優
 ・『Veep/ヴィープ』(2):コメディー・主演女優
 ・『FARGO/ファーゴ』(2):主演男優・主演男優
 ・“Mr. Mercedes”(2):主演男優・主演男優

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 授賞式は、2018年2月10日と発表されています。

 前回も同じ頃に授賞式が開催されると発表されていて、確かに予定通りに授賞式は開催されたんですが、受賞結果は(事前の予告もなしに)年内に発表されています。本年度はどうなんでしょうか。ちょっと心配です。

 *この記事がなかなか参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・サテライト・アワード2017 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201612/article_2.html
 ・サテライト・アワード2017 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201701/article_75.html
 ・サテライト・アワード2016 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201512/article_5.html
 ・サテライト・アワード2016 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201602/article_41.html
 ・サテライト・アワード2015 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201412/article_52.html
 ・サテライト・アワード2015 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201502/article_11.html
 ・サテライト・アワード2014 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201312/article_5.html
 ・サテライト・アワード2014 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201402/article_47.html
 ・サテライト・アワード2012 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201212/article_10.html
 ・サテライト・アワード2012 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201212/article_43.html
 ・サテライト・アワード2011 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201112/article_6.html
 ・サテライト・アワード2011 受賞結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201112/article_49.html
 ・サテライト・アワード2010 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201012/article_3.html
 ・サテライト・アワード2010 受賞結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201012/article_42.html
 ・サテライト・アワード2009 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200911/article_48.html
 ・サテライト・アワード2009 受賞結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200912/article_37.html
 ・サテライト・アワード2008 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200812/article_5.html
 ・サテライト・アワード2008 受賞結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200812/article_25.html

 ・全米の映画批評家協会系映画賞について調べてみました:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201101/article_2.html

 ・全米の映画賞について調べてみました:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201001/article_45.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2017年9月〜2018年1月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201708/article_31.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
サテライト・アワード2018 ノミネーション発表! 海から始まる!?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる