海から始まる!?

アクセスカウンタ

zoom RSS AACTAオーストラリア・アカデミー賞2017 受賞結果!『LION』祭り!

<<   作成日時 : 2017/12/09 19:07   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 第7回AACTAオーストラリア・アカデミー賞の受賞結果が発表されました。(12月4日-6日)

 【長編映画部門】(Feature film)

 ◆作品賞
 ・“Ali's Wedding”(オーストラリア) 監督:ジェフリー・ウォーカー(Jeffrey Walker)
 ・“Berlin Syndrome”(オーストラリア) 監督:ケイト・ショートランド
 ・“Hounds of Love”(オーストラリア):Ben Young
 ・“Jasper Jones”(オーストラリア) 監督:Rachel Perkins
 ◎『LION/ライオン 〜25年目のただいま〜』(英・オーストラリア・米) 監督:ガース・デイヴィス


 ◆監督賞
 ◎ガース・デイヴィス 『LION/ライオン 〜25年目のただいま〜』
 ・ケイト・ショートランド “Berlin Syndrome”
 ・ジェフリー・ウォーカー(Jeffrey Walker) “Ali's Wedding”
 ・Ben Young “Hounds of Love”

 ガース・デイヴィスは、米・監督組合賞(DGA)2017 第1回作品賞受賞。


 ◆主演男優賞
 ・Stephen Curry “Hounds of Love”
 ・ユエン・レスリー(Ewen Leslie) “The Butterfly Tree”(オーストラリア)(監督:Priscilla Cameron)
 ◎サニー・パワール 『LION/ライオン 〜25年目のただいま〜』
 ・Osamah Sami “Ali's Wedding”

 ◆主演女優賞
 ◎エマ・ブース(Emma Booth) “Hounds of Love”
 ・テレサ・パルマー(Teresa Palmer) “Berlin Syndrome”
 ・Helana Sawires “Ali's Wedding”
 ・Sara West “Don't Tell”(オーストラリア)(監督:Tori Garrett)

 エマ・ブースは、ブリュッセル国際映画祭2016女優賞受賞。


 ◆助演男優賞)
 ・Don Hany “Ali's Wedding”
 ◎デヴ・パテル 『LION/ライオン 〜25年目のただいま〜』
 ・ジャック・トンプソン “Don't Tell”
 ・ヒューゴ・ウィーヴィング “Jasper Jones”

 デヴ・パテルは、AACTAインターナショナル賞2017 助演男優賞受賞。BAFTA英国アカデミー賞2017 助演男優賞受賞。

 ◆助演女優賞
 ・Frances Duca “Ali's Wedding”
 ◎ニコール・キッドマン 『LION/ライオン 〜25年目のただいま〜』
 ・ジャクリーン・マッケンジー(Jacqueline McKenzie) “Don't Tell”
 ・スージー・ポーター(Susie Porter) “Hounds of Love”

 ニコール・キッドマンは、AACTAインターナショナル賞2017助演女優賞受賞。

 ◆オリジナル脚本賞
 ・Priscilla Cameron “The Butterfly Tree”
 ・Cris Jones “The Death and Life of Otto Bloom”(オーストラリア)(監督:Cris Jones)
 ◎アンドリュー・ナイト(Andrew Knight)、Osamah Sami “Ali's Wedding”
 ・Ben Young “Hounds of Love”


 ◆脚色賞
 ◎ルーク・デイヴィス(Luke Davies) 『LION/ライオン 〜25年目のただいま〜』 原作:『25年目の「ただいま」』“A Long Way Home” サルー・ブライアリー(Saroo Brierley)、Larry Buttrose
 ・Shaun Grant “Berlin Syndrome“ 原作:”Berlin Syndrome“ Melanie Joosten
 ・Shaun Grant、Craig Silvey 原作:“Jasper Jones“ Craig Silvey
 ・James Greville、Ursula Cleary、アン・ブルックスバンク(Anne Brooksbank) “Don't Tell

 『LION/ライオン 〜25年目のただいま〜』は、BAFTA英国アカデミー賞2017脚色賞受賞。


 ◆撮影賞
 ・ステファン・ダスチオ(Stefan Duscio) “Jungle”(オーストラリア・コロンビア)(監督:グレッグ・マクリーン(Greg McLean))
 ◎クレイグ・フレイザー 『LION/ライオン 〜25年目のただいま〜』
 ・ジェフリー・ホール(Geoffrey Hall) “Red Dog: True Blue”(オーストラリア)(監督:クリフ・サンダース(Kriv Stenders))
 ・Michael McDermott “Hounds of Love”

 ◆編集賞
 ◎アレクサンドル・デ・フランチェスキ(Alexandre de Franceschi) 『LION/ライオン 〜25年目のただいま〜』
 ・Merlin Eden “Hounds of Love”
 ・ジャック・ハッチングス(Jack Hutchings) “Berlin Syndrome”
 ・ニック・マイヤーズ(Nick Meyers) “Australia Day”(オーストラリア)(監督:クリフ・サンダース)


 ◆美術賞
 ・メリンダ・ドーリング(Melinda Doring) “Berlin Syndrome”
 ◎クリス・ケネディー(Chris Kennedy) 『LION/ライオン 〜25年目のただいま〜』
 ・Ben Morieson “The Death and Life of Otto Bloom”
 ・ハーバート・ピンター(Herbert Pinter) “Jasper Jones”


 ◆衣裳デザイン賞
 ◎カッピ・アイルランド(Cappi Ireland) 『LION/ライオン 〜25年目のただいま〜』
 ・Maria Pattison “Berlin Syndrome”
 ・テス・スコフィールド(Tess Schofield) “Dance Academy: The Movie”(オーストラリア・独)(監督:ジェフリー・ウォーカー(Jeffrey Walker))
 ・マーゴット・ウィルソン(Margot Wilson) “Jasper Jones”


 ◆録音賞(Best Sound)
 ・Liam Egan、Trevor Hope、Robert Sullivan、Yulia Akerholt、James Andrews、Les Fiddess “Jasper Jones”
 ・Serge Lacroix、Cate Cahill、Francis Byrne “Killing Ground”(オーストラリア)(監督:Damien Power)
 ◎ロバート・マッケンジー(Robert Mackenzie)、Glenn Newnham、Nakul Kamte、Andrew Ramage、James Ashton、Mario Vaccaro 『LION/ライオン 〜25年目のただいま〜』
 ・ウェイン・パシュリー(Wayne Pashley)、Rick Lisle、Fabian Sanjurgo、マイケル・セマニック(Michael Semanick)、グレッグ・ランデイカー(Gregg Landaker) 『レゴバットマン ザ・ムービー』

 ◆オリジナル作曲賞(Best Original Music Score)
 ◎フォルカー・ベルテルマン(Volker Bertelmann)、ダスティン・オハロラン(Dustin O’Halloran) 『LION/ライオン 〜25年目のただいま〜』
 ・ブライオニー・マークス(Bryony Marks) “Berlin Syndrome”
 ・ナイジェル・ウェストレイク(Nigel Westlake) “Ali's Wedding”
 ・Caitlin Yeo “The Butterfly Tree”

 ◆ヘア&メイキャップ賞(Best Hair and Makeup)(映画部門以外も含む)
 ・“Blue Murder: Killer Cop”(Seven Network) Nikki Gooley、Sheldon Wade
 ◎“Cleverman”(ABC) Katherine Brown、Troy Follington、Simon Joseph
 ・“Hounds of Love” Hayley Atherton、Kate Anderson
 ・“The Osiris Child: Science Fiction Volume One” Jen Lamphee、Anna Gray、Melissa Chew


 ◆視覚効果/アニメーション賞(Best Visual Effects or Animation)(映画部門以外も含む)
 ・『バーニング・オーシャン』 Jason Billington、James Whitlam、Linda Luong
 ・『ドクター・ストレンジ』 Brendan Seals、Steven Swanson、Raphael A. Pimentel、Andrew Zink
 ◎『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン7「戦利品」“Game of Thrones”(Foxtel/Showcase) – ‘The Spoils of War’ Joe Bauer、Steve Kullback、Glenn Melenhorst、Ineke Majoor、Josh Simmonds
 ・『レゴバットマン ザ・ムービー』 ロブ・コールマン(Rob Coleman)、Amber Naismith、Miles Green、Damien Gray、Craig Welsh

 【短編映画部門】

 ◆短編映画賞(Best Short Fiction Film)
 ◎“The Eleven O'Clock”(オーストラリア) 監督:Derin Seale
 ・“Miro”(オーストラリア) Victoria Wharfe McIntyre
 ・『マカッチャン夫人』“Mrs McCutcheon”(オーストラリア) 監督:ジョン・シーディ(John Sheedy)
 ・“Slapper”(オーストラリア) 監督:Luci Schroder

 “The Eleven O'Clock”は、LAショート・フェスト2016 ベスト・コメディー受賞。ロード・アイランド国際映画祭2017 ベスト・コメディー・ショート受賞。


 ◆短編アニメーション賞(Best Short Animation)
 ・“After All”(オーストラリア) 監督:Michael Cusack
 ・“Barbara”(オーストラリア) 監督:Larissa Behrendt、Marieka Walsh
 ◎“Lost Property Office”(オーストラリア) 監督:Daniel Agdag
 ・“The Wall”(オーストラリア) 監督:Nick Baker、Tristan Klein

 “Lost Property Office”は、シドニー映画祭2017 監督賞(ルーベン・マムーリアン賞)、Yoram Gross Award受賞。メルボルン国際映画祭2017 審査員スペシャル・メンション受賞。米国アカデミー賞2018短編アニメーション賞ショートリスト。


 【テレビ部門】(Television) ※受賞者以外省略

 ◆最優秀ドラマ・シリーズ賞(Best Drama Series)
 ◎“Top of the Lake: China Girl”(Foxtel/BBC First) エミール・シャーマン(Emile Sherman)、イアン・カニング(Iain Canning)、ジェーン・カンピオン、Philippa Campbell、Libby Sharpe


 ◆最優秀テレフィーチャー/ミニシリーズ賞(Best Telefeature or Mini Series)
 ◎“Sunshine”(SBS) イアン・コリー(Ian Collie)、Anna McLeish、セイラ・ショウ(Sarah Shaw)


 ◆最優秀コメディー・シリーズ賞(Best Comedy Series)
 ◎“Utopia”(ABC) サント・シラウロ(Santo Cilauro)、トム・クレイスナー(Tom Gleisner)、ロブ・シッチ(Rob Sitch)、マイケル・ハーシュ(Michael Hirsh)


 ◆最優秀児童TVシリーズ賞(Best Children's Series)
 ◎“Little Lunch - The Specials”(ABC) Robyn Butler、Wayne Hope


 ◆最優秀ライト・エンタテインメント・シリーズ賞(Best Light Entertainment Series)
 ◎“Australian Ninja Warrior”(Nine Network) Julie Ward、Mark Barlin、Sophia Mogford


 ◆ライフスタイル番組賞(Best Lifestyle Television Program)
 ◎“Selling Houses Australia”(Foxtel/Lifestyle) Geoff Fitzpatrick、Duane Hatherly


 ◆最優秀リアリティー・シリーズ賞(Best Reality Series)
 ◎“MasterChef Australia”(Network Ten) Marty Benson、Adam Fergusson、Tim Toni


 ◆最優秀監督賞 ドラマ/コメディー部門(Best Direction in a Drama or Comedy)
 ◎グレンディン・イヴィン(Glendyn Ivin) “Seven Types of Ambiguity - Episode 2: Alex”(ABC)

 ◆最優秀監督賞 ライト・エンタテインメント/ライフスタイル/リアリティー・シリーズ部門(Best Direction in a Television Light Entertainment、Lifestyle or Reality Series)
 ◎“Australian Survivor Episode 1”(Network Ten) Richard Franc

 ◆主演男優賞 ドラマ部門(Best Lead Actor Drama)
 ◎ヒューゴ・ウィーヴィング “Seven Types of Ambiguity”(ABC)

 ◆主演女優賞 ドラマ部門(Best Lead Actress Drama)
 ◎エリザベス・モス “Top of the Lake: China Girl”(Foxtel/BBC First)
 
 ◆最優秀ゲスト男優賞/助演男優賞 ドラマ部門(Best Guest or Supporting Actor Drama)
 ◎ユエン・レスリー(Ewen Leslie) “Top of the Lake: China Girl”(Foxtel/BBC First)


 ◆最優秀ゲスト女優賞/助演女優賞 ドラマ部門(Best Guest or Supporting Actress Drama)
 ◎ニコール・キッドマン “Top of the Lake: China Girl”(Foxtel/BBC First)

 ◆最優秀演技賞 コメディー部門(Best Comedy Performance)
 ◎Celia Pacquola “Rosehaven”(ABC)


 ◆最優秀脚本賞(Best Screenplay in Television)
 ◎“Seven Types of Ambiguity Episode 2 – Alex”(ABC) ジャクァリン・パースキー(Jacquelin Perske)

 ◆最優秀撮影賞(Best Cinematography in Television)
 ◎“Seven Types of Ambiguity Episode 1 – Joe”(ABC) ボニー・エリオット(Bonnie Elliott)


 ◆最優秀編集賞(Best Editing in Television)
 ◎“Seven Types of Ambiguity Episode 1 – Joe” ABC) ロドリゴ・バラート(Rodrigo Balart)

 
 ◆美術賞(Best Production Design in Television)
 ◎“A Place To Call Home Episode 2 – Fallout”(Foxtel/Showcase) Fiona Donovan

 ◆衣裳デザイン賞(Best Costume Design in Television)
 ◎“Blue Murder: Killer Cop Episode 1 – Part One”(Seven Network) Damir Peranovic

 ◆最優秀録音賞(Best Sound in Television)
 ◎“Wake in Fright Episode 1 – Part 1”(Network Ten) Stephen Smith、Liam Price、Paul Brincat、Shanti Burn、Tony Murtagh

 ◆最優秀オリジナル作曲賞(Best Original Music Score in Television)
 ◎“Wake in Fright Episode 1 – Part 1”(Network Ten) アントニー・パートス(Antony Partos)、マッテオ・ジンガレス(Matteo Zingales)

 [Subscription Television]
 ◆男性プレゼンター賞(Best Male Presenter)
 ◎David Speers “Pm Agenda/Speers Tonight”(Foxtel/Sky News)

 ◆女性プレゼンター賞(Best Female Presenter)
 ◎Margaret Pomeranz “Stage & Screen”(Foxtel/Arts)


 ◆ライヴ・イベント賞(Best Live Event Production)
 ◎“Jeff Horn V Manny Pacquiao”(Foxtel/Fox Sports) Steve Crawley、Matt Weiss、Joe Bromham


 ◆ニュー・タレント賞(Best New Talent)
 ◎Zahra Newman 『ウェントワース女子刑務所』“Wentworth”(Foxtel/Showcase)

 【ドキュメンタリー部門】 ※受賞者以外は省略

 ◆ドキュメンタリー賞(Best Feature Length Documentary)
 ◎『ジョンベネ殺害事件の謎』“Casting JonBenet” キティー・グリーン(Kitty Green)、スコット・マコーリー(Scott Macaulay)、ジェームズ・シェイマス(James Schamus)


 ◆ドキュメンタリー番組賞(Best Documentary Television Program)
 ◎“War On Waste”(ABC) Jodi Boylan


 ◆監督賞(Best Direction in a Documentary)
 ◎“Whiteley” James Bogle

 ◆撮影賞(Best Cinematography in a Documentary)
 ◎“Blue” Jody Muston、Jon Shaw


 ◆編集賞(Best Editing in a Documentary)
 ◎“Whiteley” Lawrie Silvestrin


 ◆録音賞(Best Sound in a Documentary)
 ◎“Whiteley” Ric Curtin、John Simpson、Lawrie Silvestrin

 ◆オリジナル作曲賞(Best Original Music Score in a Documentary)
 ◎“Whiteley” Ash Gibson Greig

 【オンライン・ビデオ/シリーズ部門】(Online Video or Series) ※受賞者以外は省略

 ◆ オンライン・ビデオ/シリーズ賞(Best Online Video or Series)
 ◎“Rackaracka” Danny Philippou、Michael Philippou、Judd Wild、Timani Seve


 【アジア映画賞】

 ◆アジア映画賞(Best Asian Film) 10月12日発表 [新設]
 ◎“Dangal”(インド) 監督:Nitesh Tiwari
 ・“Kaasav: Turtle”(インド) 監督:Sumitra Bhave、Sunil Sukthankar
 ・“Pink”(インド) 監督:Aniruddha Roy Chowdhury
 ・『バードショット』“Birdshot”(フィリピン) 監督:ミハイル・レッド
 ・『わたしは潘金蓮じゃない』“I Am Not Madame Bovary”(中) 監督:フォン・シャオガン
 ・“Our Time Will Come(明月幾時有)”(中) 監督:アン・ホイ
 ・『戦狼 ウルフ・オブ・ウォー』“Wolf Warrior II”(中) 監督:ウー・ジン
 ・『新感染 ファイナル・エクスプレス』(韓) 監督:ヨン・サンホ
 ・『君の名は。』(日) 監督:新海誠


 【特別賞・名誉賞】

 ◆AACTA Longford Lyell Award
 オーストラリアの映画産業・文化に貢献した人物に贈られる。
 ◎フィリップ・ノイス


 ◆AACTA先駆者賞(AACTA Trailblazer Award)
 オーストラリア映画の向上に貢献した個人に贈られる。
 ◎サイモン・ベイカー(Simon Baker:俳優)


 ◆バイロン・ケネディー賞(Byron Kennedy Award)
 『マッド・マックス』などで知られるプロデューサー、バイロン・ケネディーにちなんで設けられた賞。イノヴェーションや卓越性の追求を体現した個人や組織に贈られる。
 ◎マーティン・バトラー(Martin Butler)、ベントレー・ディーン(Bentley Dean)
 『タンナ』などで知られる監督コンビ。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 映画部門の主なノミネート&受賞状況は、以下の通り。

 ・『LION/ライオン 〜25年目のただいま〜』(12/12):作品・監督・主演男優・助演男優・助演女優・脚色・撮影・編集・美術・衣裳・録音・作曲
 ・“Hounds of Love”(1/9):作品・監督・主演男優・主演女優・助演女優・脚本・撮影・編集・ヘア
 ・“Ali's Wedding”(1/8):作品・監督・主演男優・主演女優・助演男優・助演女優・脚本・作曲
 ・“Berlin Syndrome”(0/8):作品・監督・主演女優・脚色・編集・美術・衣裳・作曲
 ・“Jasper Jones”(0/6):作品・助演男優・脚色・美術・衣裳・録音
 ・“Don't Tell”(0/4):主演女優・助演男優・助演女優・脚色
 ・“The Butterfly Tree”(0/3):主演男優・脚本・作曲
 ・“The Death and Life of Otto Bloom”(0/2):脚本・美術
 ・『レゴバットマン ザ・ムービー』(0/2):録音・視覚効果

 TV部門の主なノミネート&受賞状況は、以下の通り。

 ・“Top of the Lake: China Girl”(4/11):ドラマ・監督〈5〉・主演男優・主演女優・ゲスト男優・ゲスト女優・撮影〈5〉・美術〈4〉・衣裳〈4〉・録音〈4〉・作曲〈4〉
 ・“Blue Murder: Killer Cop”(1/11):ミニ・主演男優・主演女優・ゲスト男優・ゲスト女優・ヘア・撮影〈1〉・編集〈1〉・美術〈1〉・衣裳〈1〉・作曲〈1〉
 ・“Seven Types of Ambiguity”(5/9):ミニ・監督〈2〉・主演男優・ゲスト女優・脚本〈2〉・撮影〈1〉・編集〈1〉・美術〈1〉・録音〈1〉
 ・“Wake in Fright”(2/7):ミニ・主演男優・ゲスト男優・撮影〈1〉・衣裳〈1〉・録音〈1〉・作曲〈1〉
 ・“Cleverman”(1/5):ドラマ・監督〈4〉・ヘア・録音〈3〉・作曲〈3〉
 ・“No Activity”(0/4):コメディー・演技・脚本〈3〉・ニュータレント
 ・“Utopia”(1/4):コメディー・演技・脚本〈5〉・編集〈5〉
 ・“A Place To Call Home”(1/4):美術〈2〉・衣裳〈1〉・ニュータレント・ニュータレント
 ・『ウェントワース女子刑務所』(1/3):ドラマ・主演女優・ニュータレント
 ・“Rosehaven”(1/3):コメディー・演技・脚本〈4〉
 ・“MasterChef Australia”(1/3):リアリティー・監督〈1〉・編集〈1〉
 ・“Selling Houses Australia”(1/3):ライフ・男プレ・女プレ
 ・“Janet King - Playing Advantage”(0/2):ドラマ・主演女優
 ・“Sunshine”(1/2):ミニ・ゲスト男優
 ・“Australian Ninja Warrior”(1/2):ライト・監督〈1〉
 ・“Julia Zemiro's Home Delivery”(0/2):ライト・監督〈1〉
 ・“Australian Survivor”(1/2):リアリティー・監督〈1〉
 ・“Please Like Me”(0/2):監督〈4〉・演技

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 *この記事がなかなか参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・AACTAオーストラリア・アカデミー賞2017 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201711/article_18.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2017年9月〜2018年1月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201708/article_31.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
AACTAオーストラリア・アカデミー賞2017 受賞結果!『LION』祭り! 海から始まる!?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる