海から始まる!?

アクセスカウンタ

zoom RSS クリティクス・チョイス・アワード2018 ノミネーション発表!

<<   作成日時 : 2017/12/07 17:37   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 米・放送映画批評家協会が選ぶ、第23回クリティクス・チョイス・アワードの映画部門のノミネーションが発表されました。(12月6日)

 【放送映画批評家協会】

 放送映画批評家協会(BFCA:The Broadcast Film Critics Association)
 設立年:1995 会員数(映画部のみ):332 本拠地:ロサンゼルス
 公式サイト:http://www.bfca.org/about.php
 クリティクス・チョイス・アワード公式サイト:http://www.criticschoice.com/
 Wikipedia(英語):http://en.wikipedia.org/wiki/Broadcast_Film_Critics_Association

 「放送映画批評家協会」はBroadcast Film Critics Associationの翻訳で、日本では「ブロードキャスト映画批評家協会」と表記されることもあります。
 放送映画批評家協会は、全米およびカナダで、テレビやラジオ、インターネットで活躍している映画批評家で構成されている協会で、会員数では映画批評家協会の中でも最大となる300名以上のメンバーを抱えています。
 設立は1995年。
 公式サイトでは、毎月、10段階評価で、新作のレビューを発表しています。

 この放送映画批評家協会が、発表している年度ごとの映画賞が、クリティクス・チョイス・アワード(Critics’Choice Award)です(単にCritics Choiceと記されることもあります)。

 クリティクス・チョイス・アワードは、数多い映画批評家協会賞の中で、編集賞、美術賞、衣裳賞、メイキャップ賞など、最多の部門を有しています。(2013年から録音賞がなくなっています。)

 2016年度より、ドキュメンタリー部門を独立させ、他の部門に先駆けて、ノミネーションと受賞結果を発表した。

 前回、受賞結果を年内に発表することに変更したのに、今回また、受賞結果の発表は、年を跨ぐことになりました。

 [賞の特徴]
 ・撮影賞、編集賞、美術賞、作曲賞などのほかに、衣裳デザイン賞、ヘア&メイキャップ賞、視覚効果賞、歌曲賞など、他の映画賞にはほとんど設けられていない部門を有している。
 ・アクション部門の男優賞と女優賞、コメディー部門の男優賞と女優賞、ヤング俳優賞、アクション映画賞、コメディー映画賞、SF/ホラー映画賞といった、独自の部門を設けている。
 ・映画批評家協会の中では、1、2を争うメンバー数の多さで、2015年度までは発表の時期が映画賞レースの中盤以降となっていて、受賞結果が米国アカデミー賞と重なることが多かった。

画像

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 【映画部門】

 ◆作品賞
 ・“The Big Sick” 監督:マイケル・ショウォルター
 ・“Call Me by Your Name”(伊・仏・ブラジル・米) 監督:ルカ・グァダニーノ
 ・『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』“Darkest Hour”(英)(監督:ジョー・ライト
 ・『ダンケルク』(英・仏・米・オランダ) 監督:クリストファー・ノーラン
 ・“The Florida Project” 監督:ショーン・ベイカー
 ・『ゲット・アウト』 監督:ジョーダン・ピール
 ・“Lady Bird” 監督:グレタ・ガーウィグ
 ・『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』 監督:スティーヴン・スピルバーグ
 ・『シェイプ・オブ・ウォーター』 監督:ギレルモ・デル・トロ
 ・『スリー・ビルボード』(英・米) 監督:マーティン・マクドナー

 ◆監督賞
 ・ギレルモ・デル・トロ 『シェイプ・オブ・ウォーター』
 ・グレタ・ガーウィグ “Lady Bird”
 ・マーティン・マクドナー 『スリー・ビルボード』(英・米)
 ・クリストファー・ノーラン 『ダンケルク』
 ・ルカ・グァダニーノ “Call Me by Your Name”(伊・仏・ブラジル・米)
 ・ジョーダン・ピール 『ゲット・アウト』
 ・スティーヴン・スピルバーグ 『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』

 ◆主演男優賞
 ・ティモシー・シャラメ(Timothée Chalamet) “Call Me By Your Name”
 ・ジェームズ・フランコ “The Disaster Artist”(監督:ジェームズ・フランコ)
 ・ジェイク・ギレンホール “Stronger”(監督:デイヴィッド・ゴードン・グリーン)
 ・トム・ハンクス 『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』
 ・ダニエル・カルーヤ 『ゲット・アウト』
 ・ダニエル・デイ=ルイス “Phantom Thread”(監督:ポール・トーマス・アンダーソン)
 ・ゲイリー・オールドマン 『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』

 ◆主演女優賞
 ・ジェシカ・チャステイン “Molly’s Game”(監督:アーロン・ソーキン)
 ・サリー・ホーキンス 『シェイプ・オブ・ウォーター』
 ・フランシス・マクドーマンド 『スリー・ビルボード』
 ・マーゴット・ロビー “I,Tonya”(監督:クレイグ・ギレスピー)
 ・シアーシャ・ローナン “Lady Bird”
 ・メリル・ストリープ 『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』

 ◆助演男優賞
 ・ウィレム・デフォー “The Florida Project”
 ・アーミー・ハマー “Call Me by Your Name”
 ・リチャード・ジェンキンス 『シェイプ・オブ・ウォーター』
 ・サム・ロックウェル 『スリー・ビルボード』
 ・パトリック・スチュワート 『LOGAN/ローガン』
 ・マイケル・スタールバーグ “Call Me by Your Name”

 ◆助演女優賞
 ・メアリー・J・ブライジ 『マッドバウンド 哀しき友情』
 ・ホン・チャウ(Hong Chau) 『ダウンサイズ』
 ・ティファニー・ハディッシュ(Tiffany Haddish) “Girls Trip”(監督:マルコム・D・リー)
 ・ホリー・ハンター “The Big Sick”
 ・アリソン・ジャネイ “I,Tonya”
 ・ローリー・メトカーフ(Laurie Metcalf) “Lady Bird”
 ・オクタビア・スペンサー 『シェイプ・オブ・ウォーター』

 ◆オリジナル脚本賞
 ・ギレルモ・デル・トロ、ヴァネッサ・テイラー(Vanessa Taylor) 『シェイプ・オブ・ウォーター』
 ・グレタ・ガーウィグ ”Lady Bird”
 ・エミリー・V・ゴードン、クメイル・ナンジアニ ”The Big Sick”
 ・リズ・ハンナ、ジョシュ・シンガー 『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』
 ・マーティン・マクドナー 『スリー・ビルボード』
 ・ジョーダン・ピール 『ゲット・アウト』

 ◆脚色賞
 ・ジェームズ・アイヴォリー ”Call Me by Your Name”
 ・スコット・ノイスタッター(Scott Neustadter)、マイケル・H・ウェバー(Michael H. Weber) ”The Disaster Artist”
 ・ディー・リース、ヴァージル・ウィリアムズ(Virgil Williams) 『マッドバウンド 哀しき友情』
 ・アーロン・ソーキン ”Molly’s Game”
 ・ジャック・ソーン(Jack Thorne)、スティーヴ・コンラッド(Steve Conrad)、スティーヴン・チョボスキー(Stephen Chbosky) “Wonder”(監督:スティーヴン・チョボスキー)

 ◆撮影賞
 ・ロジャー・ディーキンス 『ブレードランナー 2049』
 ・ホイテ・ヴァン・ホイテマ 『ダンケルク』
 ・ダン・ローストセン(Dan Laustsen) 『シェイプ・オブ・ウォーター』
 ・レイチェル・モリソン 『マッドバウンド 哀しき友情』
 ・サヨムプー・ムックディプローム(Sayombhu Mukdeeprom) ”Call Me by Your Name”

 ◆編集賞
 ・マイケル・カーン(Michael Kahn)、Sarah Broshar 『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』
 ・ポール・マクリス(Paul Machliss)、ジョナサン・エイモス(Jonathan Amos) 『ベイビー・ドライバー』
 ・リー・スミス(Lee Smith) 『ダンケルク』
 ・ジョー・ウォーカー 『ブレードランナー 2049』
 ・シドニー・ウォリンスキー(Sidney Wolinsky) 『シェイプ・オブ・ウォーター』

 ◆美術賞(Best Production Design)
 ※プロダクション・デザイナーとセット・デコレーターを併せてノミネート
 ・ポール・デナム・オースタベリー( Paul Denham Austerberry)、Shane Vieau、Jeff Melvin 『シェイプ・オブ・ウォーター』
 ・ジム・クレイ(Jim Clay)、レベッカ・アルウェー(Rebecca Alleway) 『オリエント急行殺人事件』
 ・ネイサン・クロウリー(Nathan Crowley)、ゲイリー・フェティス(Gary Fettis) 『ダンケルク』
 ・デニス・ガスナー(Dennis Gassner)、Alessandra Querzola 『ブレードランナー 2049』
 ・サラ・グリーンウッド(Sarah Greenwood)、Katie Spencer 『美女と野獣』
 ・マーク・ティルデスリー(Mark Tildesley)、ヴェロニク・ムルリー(Véronique Melery) ”Phantom Thread”

 ◆衣裳デザイン賞
 ・Renée April 『ブレードランナー 2049』
 ・マーク・ブリッジス(Mark Bridges) ”Phantom Thread”
 ・ジャクリーヌ・デュラン 『美女と野獣』
 ・リンディー・ヘミングス(Lindy Hemming) 『ワンダーウーマン』
 ・ルイス・セキュエラ(Luis Sequeira) 『シェイプ・オブ・ウォーター』

 ◆ヘア&メイキャップ賞
 ・『美女と野獣』
 ・『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』
 ・“I,Tonya”
 ・『シェイプ・オブ・ウォーター』
 ・“Wonder”

 ◆視覚効果賞
 ・『ブレードランナー 2049』
 ・『ダンケルク』
 ・『シェイプ・オブ・ウォーター』
 ・『マイティ・ソー バトルロイヤル』
 ・『猿の惑星: 聖戦記』
 ・『ワンダーウーマン』

 ◆作曲賞(Best Score)
 ・アレクサンドラ・デプラ 『シェイプ・オブ・ウォーター』
 ・ジョニー・グリーンウッド ”Phantom Thread”
 ・ダリオ・マリアネッリ 『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』
 ・ベンジャミン・ウォールフィッシュ(Benjamin Wallfisch)、ハンス・ジマー 『ブレードランナー 2049』
 ・ジョン・ウィリアムズ 『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』
 ・ハンス・ジマー 『ダンケルク』

 ◆歌曲賞(Best Song)
 ・『美女と野獣』ー ‘Evermore’
 ・”Call Me by Your Name”-‘Mystery of Love’
 ・『リメンバー・ミー』ー‘Remember Me’
 ・『マーシャル 法廷を変えた男』(監督:レジナルド・ハドリン)ー‘Stand Up for Something’
 ・『グレイテスト・ショーマン』ー‘This Is Me’

 ◆ヤング俳優賞(Best Young Actor/Actress)
 ・マッケナ・グレイス(Mckenna Grace) 『gifted/ギフテッド』
 ・ダフネ・キーン(Dafne Keen) 『LOGAN/ローガン』
 ・Brooklynn Prince “The Florida Project”
 ・ミリセント・シモンズ(Millicent Simmonds) 『ワンダーストラック』“Wonderstruck”(監督:トッド・ヘインズ)
 ・ジェイコブ・トレンブレイ “Wonder”

 ◆アンサンブル賞(Best Acting Ensemble)
 ・『ダンケルク』
 ・”Lady Bird”
 ・『マッドバウンド 哀しき友情』
 ・『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』
 ・『スリー・ビルボード』

 ◆アニメーション賞
 ・“The Breadwinner”(アイルランド・カナダ・ルクセンブルク) 監督:ノラ・トゥーミー(Nora Twomey)
 ・『リメンバー・ミー』 監督:リー・アンクリッチ 共同監督:エイドリアン・モリーナ
 ・『怪盗グルーのミニオン大脱走』 監督:カイル・バルダ、ピエール・コフィン
 ・『レゴバットマン ザ・ムービー』(米・デンマーク) 監督:クリス・マッケイ
 ・『ゴッホ 最期の手紙』(英・ポーランド) 監督:ドロタ・コビエラ、ヒュー・ウェルチマン

 ◆外国語映画賞
 ・“BPM (Beats Per Minute)(120 Battements Par Minute)”(仏) 監督:ロバン・カンピヨ
 ・『ナチュラルウーマン』“A Fantastic Woman”(チリ・独・西・米) 監督:セバスティアン・レリオ
 ・『最初に父が殺された』“First They Killed My Father”(カンボジア) 監督:アンジェリーナ・ジョリー
 ・『女は二度決断する』“In the Fade(Aus Dem Nichts)”(独・仏) 監督:ファティ・アキン
 ・“The Square”(スウェーデン・独・仏・デンマーク) 監督:リューベン・オストルンド
 ・“Thelma”(ノルウェー・仏・スウェーデン・デンマーク) 監督:ヨアキム・トリアー

 ◆最優秀アクション映画賞(Best Action Movie)
 ・『ベイビー・ドライバー』
 ・『LOGAN/ローガン』
 ・『マイティ・ソー バトルロイヤル』
 ・『猿の惑星: 聖戦記』
 ・『ワンダーウーマン』

 ※男優賞 アクション映画部門、女優賞 アクション映画部門は、なくなってしまったようです。

 ◆最優秀コメディー賞(Best Comedy)
 ・”The Big Sick”
 ・”The Disaster Artist”
 ・“Girls Trip”
 ・“I,Tonya”
 ・”Lady Bird”

 ◆男優賞 コメディー映画部門(Best Actor in A Comedy)
 ・スティーヴ・カレル “Battle of the Sexes”(監督:ジョナサン・デイトン、ヴァレリー・ファリス)
 ・ジェームズ・フランコ ”The Disaster Artist”
 ・クリス・ヘムズワース 『マイティ・ソー バトルロイヤル』
 ・クメイル・ナンジアニ ”The Big Sick”
 ・アダム・サンドラー 『マイヤーウィッツ家の人々 (改訂版)』(監督:ノア・バームバック)

 ◆女優賞 コメディー映画部門(Best Actress in A Comedy)
 ・ティファニー・ハディッシュ(Tiffany Haddish) “Girls Trip”
 ・ザーイ・カザン ”The Big Sick”
 ・マーゴット・ロビー “I,Tonya”
 ・シアーシャ・ローナン ”Lady Bird”
 ・エマ・ストーン “Battle of the Sexes”

 ◆最優秀SF/ホラー映画賞(Best Sci-Fi/Horror Movie)
 ・『ブレードランナー 2049』
 ・『ゲット・アウト』
 ・『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』
 ・『シェイプ・オブ・ウォーター』

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 映画部門の、主な作品のノミネート状況は、以下の通り。

 ・『シェイプ・オブ・ウォーター』(14):作品・監督・主演女優・助演男優・助演女優・脚本・撮影・編集・美術・衣裳・ヘア・視覚効果・作曲・SF
 ・“Call Me by Your Name”(8):作品・監督・主演男優・助演男優・助演男優・脚色・撮影・歌曲
 ・『ダンケルク』(8):作品・監督・撮影・編集・美術・視覚効果・作曲・アンサンブル
 ・“Lady Bird”(8):作品・監督・主演女優・助演女優・脚本・アンサンブル・コメディー・コメディー・コメディー女優
 ・『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』(8):作品・監督・主演男優・主演女優・脚本・編集・作曲・アンサンブル
 ・『ブレードランナー 2049』(7):撮影・編集・美術・衣裳・視覚効果・作曲・SF
 ・“The Big Sick”(6):作品・助演女優・脚本・コメディー・コメディー男優・コメディー女優
 ・『スリー・ビルボード』(6):作品・監督・主演女優・助演男優・脚本・アンサンブル
 ・『ゲット・アウト』(5):作品・監督・主演男優・脚本・SF
 ・“I,Tonya”(5):主演女優・助演女優・ヘア・コメディー・コメディー女優
 ・『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』(4):作品・主演男優・ヘア・作曲
 ・“The Disaster Artist”(4):主演男優・脚色・コメディー・コメディー男優
 ・“Phantom Thread”(4):主演男優・美術・衣裳・作曲
 ・『マッドバウンド 哀しき友情』(4):助演女優・脚色・撮影・アンサンブル
 ・『美女と野獣』(4):美術・衣裳・ヘア・歌曲
 ・“The Florida Project”(3):作品・助演男優・ヤング
 ・『LOGAN/ローガン』(3):助演男優・ヤング・アクション
 ・“Girls Trip”(3):助演女優・コメディー・コメディー女優
 ・“Wonder”(3):脚色・ヘア・ヤング
 ・『ワンダーウーマン』(3):衣裳・視覚効果・アクション
 ・『マイティ・ソー バトルロイヤル』(3):視覚効果・アクション・コメディー男優
 ・Molly’s Game”(2):主演女優・脚色
 ・『ベイビー・ドライバー』(2):編集・アクション
 ・『猿の惑星: 聖戦記』(2):視覚効果・アクション
 ・『リメンバー・ミー』(2):歌曲・アニメーション
 ・“Battle of the Sexes”(2):コメディー男優・コメディー女優

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 【テレビ部門】

 ◆テレビ映画賞(Best Movie Made for TV)
 ・“Flint”(Lifetime)
 ・“I Am Elizabeth Smart”(Lifetime)
 ・“The Immortal Life of Henrietta Lacks”(HBO)
 ・『SHERLOCK(シャーロック)』: The Lying Detective (PBS)
 ・“The Wizard of Lies”(HBO)

 ◆限定シリーズ賞(Best Limited Series)
 ・『アメリカを荒らす者たち』(Netflix)
 ・『ビッグ・リトル・ライズ〜セレブママたちの憂うつ〜』(HBO)
 ・『FARGO/ファーゴ』(FX)
 ・『フュード/確執ベティvs ジョーン』(FX)
 ・『ゴッドレス -神の消えた町-』(Netflix)
 ・『ロング・ロード・ホーム』(National Geographic)

 ◆ドラマ・シリーズ賞(Best Drama Series)
 ・『アメリカン・ゴッズ』(Starz)
 ・『ザ・クラウン』(Netflix)
 ・『ゲーム・オブ・スローンズ』(HBO)
 ・“The Handmaid’s Tale”(Hulu)
 ・『ストレンジャー・シングス 未知の世界』(Netflix)
 ・『THIS IS US 36歳、これから』(NBC)

 ◆コメディー・シリーズ賞(Best Comedy Series)
 ・『ビッグバン★セオリー ギークなボクらの恋愛法則』(CBS)
 ・“Black-ish”(ABC)
 ・『GLOW: ゴージャス・レディ・オブ・レスリング』(Netflix)
 ・『マーベラス・ミセス・メイゼル』(Amazon)
 ・『モダン・ファミリー』(ABC)
 ・『パトリオット 〜特命諜報員 ジョン・タヴナー〜』(Amazon)

 ◆主演男優賞Best Actor in a Movie Made for TV or Limited Series)
 ・ジェフ・ダニエルズ 『ゴッドレス -神の消えた町-』(Netflix)
 ・ロバート・デニーロ The Wizard of Lies (HBO)
 ・ユアン・マクレガー 『FARGO/ファーゴ』(FX)
 ・ジャク・オコンネル 『ゴッドレス -神の消えた町-』 (Netflix)
 ・エヴァン・ピーターズ “American Horror Story: Cult”(FX)
 ・ビル・プルマン 『The Sinner −記憶を埋める女−』(USA)
 ・Jimmy Tatro 『アメリカを荒らす者たち』(Netflix)

 ◆主演男優賞 ドラマ・シリーズ部門(Best Actor in a Drama Series)
 ・スターリング・K・ブラウン 『THIS IS US 36歳、これから』(NBC)
 ・ポール・ジアマッティ 『ビリオンズ』(Showtime)
 ・フレディー・ハイモア 『ベイツ・モーテル』(A&E)
 ・イアン・マクシェーン 『アメリカン・ゴッズ』(Starz)
 ・ボブ・オデンカーク 『ベター・コール・ソウル』(AMC)
 ・リーヴ・シュレイバー 『レイ・ドノヴァン ザ・フィクサー』(Showtime)

 ◆主演男優賞 コメディー・シリーズ賞(Best Actor in a Comedy Series)
 ・アンソニー・アンダーソン “Black-ish”(ABC)
 ・アジズ・アンサリ 『マスター・オブ・ゼロ』(Netflix)
 ・ハンク・アザリア “Brockmire”(IFC)
 ・テッド・ダンソン 『グッド・プレイス』(NBC)
 ・トーマス・ミドルディッチ 『シリコンバレー』(HBO)
 ・ランドール・パーク 『フアン家のアメリカ開拓記』(ABC)

 ◆主演女優賞 テレビ映画/限定シリーズ部門(Best Actress in a Movie Made for TV or Limited Series)
 ・ジェシカ・ビール 『The Sinner −記憶を埋める女−』(USA)
 ・アラナ・ボーデン “I Am Elizabeth Smart”(Lifetime)
 ・キャリー・クーン 『FARGO/ファーゴ』(FX)
 ・ニコール・キッドマン 『ビッグ・リトル・ライズ〜セレブママたちの憂うつ〜』(HBO)
 ・ジェシカ・ラング 『フュード/確執ベティvs ジョーン』(FX)
 ・リース・ウィザースプーン 『ビッグ・リトル・ライズ〜セレブママたちの憂うつ〜』(HBO)

 ◆主演女優賞 ドラマ・シリーズ賞(Best Actress in a Drama Series)
 ・カトリーナ・バルフ 『アウトランダー』(Starz)
 ・クリスティーン・バランスキー “The Good Fight”(CBS All Access)
 ・クレア・フォイ 『ザ・クラウン』(Netflix)
 ・タチアナ・マズラニー 『オーファン・ブラック 暴走遺伝子』(BBC America)
 ・エリザベス・モス “The Handmaid’s Tale”(Hulu)
 ・ロビン・ライト 『ハウス・オブ・カード 野望の階段』(Netflix)

 ◆主演女優賞 コメディー・シリーズ賞(Best Actress in a Comedy Series)
 ・クリスティン・ベル 『グッド・プレイス』(NBC)
 ・アリソン・ブリー 『GLOW: ゴージャス・レディ・オブ・レスリング』(Netflix)
 ・レイチェル・ブロズナハン 『マーベラス・ミセス・メイゼル』(Amazon)
 ・サットン・フォスター “Younger”(TV Land)
 ・エリー・ケンパー 『アンブレイカブル・キミー・シュミット』(Netflix)
 ・コンスタンス・ウー 『フアン家のアメリカ開拓記』(ABC)

 ◆助演男優賞 テレビ映画/限定シリーズ部門(Best Supporting Actor in a Movie Made for TV or Limited Series)
 ・ジョニー・フリン 『ジーニアス:世紀の天才 アインシュタイン』(National Geographic)
 ・ベニート・マルティネス 『アメリカン・クライム』(ABC)
 ・アルフレッド・モリーナ 『フュード/確執ベティvs ジョーン』(FX)
 ・アレクサンダー・スカルスガルド 『ビッグ・リトル・ライズ〜セレブママたちの憂うつ〜』(HBO)
 ・デイヴィッド・シューリス 『FARGO/ファーゴ』(FX)
 ・スタンリー・トゥッチ 『フュード/確執ベティvs ジョーン』(FX)

 ◆助演男優賞 ドラマ・シリーズ部門(Best Supporting Actor in a Drama Series)
 ・ボビー・カナヴェイル 『MR. ROBOT/ミスター・ロボット』(USA)
 ・アジア・ケイト・ディロン 『ビリオンズ』(Showtime)
 ・ピーター・ディンクレイジ 『ゲーム・オブ・スローンズ』(HBO)
 ・デイヴィッド・ハーバー 『ストレンジャー・シングス 未知の世界』(Netflix)
 ・デルロイ・リンド “The Good Fight”(CBS All Access)
 ・マイケル・マッキーン 『ベター・コール・ソウル』(AMC)

 ◆助演男優賞 コメディー・シリーズ賞(Best Supporting Actor in a Comedy Series)
 ・タイタス・バージェス 『アンブレイカブル・キミー・シュミット』(Netflix)
 ・ウォルトン・ゴギンズ 『バイス・プリンシパルズ』(HBO)
 ・ショーン・ヘイズ 『ふたりは友達? ウィル&グレイス』(NBC)
 ・Marc Maron 『GLOW: ゴージャス・レディ・オブ・レスリング』(Netflix)
 ・クメイル・ナンジアニ 『シリコンバレー』(HBO)
 ・エド・オニール 『モダン・ファミリー』(ABC)

 ◆助演女優賞 テレビ映画/限定シリーズ部門(Best Supporting Actress in a Movie Made for TV or Limited Series)
 ・ジュディー・デイヴィス 『フュード/確執ベティvs ジョーン』(FX)
 ・ローラ・ダーン 『ビッグ・リトル・ライズ〜セレブママたちの憂うつ〜』(HBO)
 ・ジャッキー・ホフマン 『フュード/確執ベティvs ジョーン』(FX)
 ・レジーナ・キング 『アメリカン・クライム』(ABC)
 ・ミシェル・ファイファー “The Wizard of Lies”(HBO)
 ・メアリー・エリザベス・ウィンステッド 『FARGO/ファーゴ』(FX)

 ◆助演女優賞 ドラマ・シリーズ部門(Best Supporting Actress in a Drama Series)
 ・ジリアン・アンダーソン 『アメリカン・ゴッズ』(Starz)
 ・エミリア・クラーク 『ゲーム・オブ・スローンズ』(HBO)
 ・アン・ダウド “The Handmaid’s Tale”(Hulu)
 ・クシュ・ジャンボ “The Good Fight”(CBS All Access)
 ・マーゴ・マーティンデイル 『スニーキー・ピート』(Amazon)
 ・クリッシー・メッツ 『THIS IS US 36歳、これから』(NBC)

 ◆助演女優賞 コメディー賞(Best Supporting Actress in a Comedy Series)
 ・メイム・ビアリク 『ビッグバン★セオリー ギークなボクらの恋愛法則』(CBS)
 ・アレックス・ボースタイン 『マーベラス・ミセス・メイゼル』(Amazon)
 ・ベティー・ギルピン 『GLOW: ゴージャス・レディ・オブ・レスリング』(Netflix)
 ・ジェニファー・ルイス “Black-ish”(ABC)
 ・アレッサンドラ・マストロナルディ 『マスター・オブ・ゼロ』 (Netflix)
 ・リタ・モレノ 『ワン・デイ・アット・ア・タイム』(Netflix)

 ◆トーク・ショー賞(Best Talk Show)
 ・『エレンの部屋』(NBC)
 ・“Harry”(Syndicated)
 ・“Jimmy Kimmel Live!”(ABC)
 ・『レイト×2ショー with ジェームズ・コーデン』(CBS)
 ・“The Tonight Show Starring Jimmy Fallon”(NBC)
 ・“Watch What Happens Live with Andy Cohen”(BRAVO)

 ◆アニメーション・シリーズ賞(Best Animated Series)
 ・『アーチャー』(FX)
 ・『ボブズ・バーガーズ』(FOX)
 ・『ボージャック・ホースマン』(Netflix)
 ・“Danger & Eggs”(Amazon)
 ・『リック・アンド・モーティ』(Adult Swim)
 ・『ザ・シンプソンズ』(FOX)

 ◆Unstructuredリアリティー・シリーズ賞(Best Unstructured Reality Series)
 ・“Born This Way”(A&E)
 ・『アイスロード・トラッカーズ 北極圏を走れ!』(History)
 ・“Intervention”(A&E)
 ・“Live PD”(A&E)
 ・“Ride with Norman Reedus”(AMC)
 ・『Teen Mom 〜ママ1年生〜』(MTV)

 ◆Structuredリアリティー・シリーズ賞(Best Structured Reality Series)
 ・“The Carbonaro Effect”(truTV)
 ・“Fixer Upper”(HGTV)
 ・“The Profit”(CNBC)
 ・“Shark Tank”(ABC)
 ・『アンダーカバー・ボス 社長潜入調査』(CBS)
 ・“Who Do You Think You Are?”(TLC)

 ◆コンテスト・シリーズ賞(Best Reality Competition Series)
 ・“America’s Got Talent”(NBC)
 ・“Chopped”(Food Network)
 ・『ダンシング・ウィズ・ザ・スターズ』(ABC)
 ・『プロジェクト・ランウェイ』(Lifetime)
 ・『ル・ポールのドラァグ・レース』(LOGOtv)
 ・“The Voice”(NBC)

 ◆リアリティー番組 ホスト賞(Best Reality Show Host)
 ・Ted Allen “Chopped”(Food Network)
 ・タイラ・バンクス “America’s Got Talent”(NBC)
 ・トム・バージェロン 『ダンシング・ウィズ・ザ・スターズ』(ABC)
 ・キャット・ディーリー 『アメリカン・ダンスアイドル』(FOX)
 ・Joanna & Chip Gaines “Fixer Upper”(HGTV)
 ・ル・ポール 『ル・ポールのドラァグ・レース』(LOGOtv)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 テレビ部門の、主な作品のノミネート状況は以下の通り。

 ・『フュード/確執ベティvs ジョーン』(6):限定・主演女優・助演男優・助演男優・助演女優・助演女優
 ・『FARGO/ファーゴ』(5):限定・主演男優・主演女優・助演男優・助演女優
 ・『ビッグ・リトル・ライズ〜セレブママたちの憂うつ〜』(5):限定・主演女優・主演女優・助演男優・助演女優
 ・『GLOW: ゴージャス・レディ・オブ・レスリング』(4):コメディー・主演女優・助演男優・助演女優
 ・“The Wizard of Lies”(3):TV映画・主演男優・助演女優
 ・『ゴッドレス -神の消えた町-』(3):限定・主演男優・主演男優
 ・『アメリカン・ゴッズ』(3):ドラマ・主演男優・助演女優
 ・『THIS IS US 36歳、これから』(3):ドラマ・主演男優・助演女優
 ・“The Handmaid’s Tale”(3):ドラマ・主演女優・助演女優
 ・『ゲーム・オブ・スローンズ』(3):ドラマ・助演男優・助演女優
 ・“Black-ish”(3):コメディー・主演男優・助演女優
 ・『マーベラス・ミセス・メイゼル』(3):コメディー・主演女優・助演女優
 ・“I Am Elizabeth Smart”(2):TV映画・主演女優
 ・『アメリカを荒らす者たち』(2):限定・主演男優
 ・『ザ・クラウン』(2):ドラマ・主演女優
 ・『ストレンジャー・シングス 未知の世界』(2):ドラマ・助演男優
 ・『モダン・ファミリー』(2):コメディー・助演男優
 ・『ビッグバン★セオリー ギークなボクらの恋愛法則』(2):コメディー・助演女優
 ・『The Sinner −記憶を埋める女−』(2):主演男優・主演女優
 ・『グッド・プレイス』(2):主演男優・主演女優
 ・『ビリオンズ』(2):主演男優・助演男優
 ・『ベター・コール・ソウル』(2):主演男優・助演男優
 ・『シリコンバレー』(2):主演男優・助演男優
 ・『マスター・オブ・ゼロ』(2):主演男優・助演女優
 ・『フアン家のアメリカ開拓記』(2):主演男優・助演女優
 ・『アンブレイカブル・キミー・シュミット』(2):主演女優・助演男優
 ・『アメリカン・クライム』(2):助演男優・助演女優
 ・“Fixer Upper”(2):Structured・ホスト
 ・“America’s Got Talent”(2):コンテスト・ホスト
 ・“Chopped”(2):コンテスト・ホスト
 ・『ダンシング・ウィズ・ザ・スターズ』(2):コンテスト・ホスト
 ・『ル・ポールのドラァグ・レース』(2):コンテスト・ホスト

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 受賞結果の発表は、2018年1月11日です。

 *この記事がなかなか参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・クリティクス・チョイス・アワード2017 ドキュメンタリー部門ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201710/article_12.html

 ・クリティクス・チョイス・アワード2017 ドキュメンタリー部門 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201711/article_5.html


 ・映画賞&映画祭カレンダー 2017年9月〜2018年1月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201708/article_31.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
クリティクス・チョイス・アワード2018 ノミネーション発表! 海から始まる!?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる