海から始まる!?

アクセスカウンタ

zoom RSS ナント三大陸映画祭2017 受賞結果

<<   作成日時 : 2017/11/30 00:01   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 第39回ナント三大陸映画祭(11月2@日〜28日)の各賞が発表になりました。

画像

 【オフィシャル・セレクション】

 ・“Newton”(インド) 監督:Amit V. Masurkar
 ・“The Brawler(Mukkabaaz)”(インド) 監督:アヌラーグ・カシヤプ
 ・『天使は白をまとう』“Angels Wear White”(中・仏) 監督:ヴィヴィアン・チュイ(Vivian Qu)
 ・“Comme un cheval fou(Xun Ma)”(カナダ・中) 監督:Tao Gu
 ・『ライオンは今夜死ぬ』“Le lion est mort ce soir(The Lion Sleeps Tonight)”(仏・日) 監督:諏訪敦彦
 ・“So Long Enthusiasm(Adiós entusiasmo)”(アルゼンチン・コロンビア) 監督:Vladimir Duran
 ・“Toublanc(Toublanc)”(アルゼンチン) 監督:Iván Fund
 ・“Les Versets de l’oubli(Los versos del olvido)”(独・チリ・仏・オランダ) 監督:Alireza Khatami

 ※審査員:アルノー・フルーラン=ディディエ(Arnaud Fleurent-Didier:歌手、ミュージシャン)、ヴァレリー・メレッス(Valérie Mairesse:女優)、ジョアン・ペドロ・ロドリゲス(João Pedro Rodrigues:映画監督)、Colombe Schneck (著作家、ジャーナリスト)、エリー・ワジェマン(Élie Wajeman:映画監督)

 ◆グランプリ/金の気球賞(Golden Montgolfiere/Montgolfière D’Or) €6,000
dotée par la Ville de Nantes d’un montant de six mille euros
 ◎“Comme un cheval fou(Xun Ma/Taming the Horse/馴馬)”(カナダ・中) 監督:Tao Gu(古涛)
 監督のTao Guと幼なじみのDongの物語。10年前、TaoとDongは、自分たちが育った内モンゴルの村に一緒に戻って来ようと約束した。中国の経済的な発展の中で、Dongは中国南部の大都市昆明市に引越し、そこで忍耐を失ってしまう。10年後、Taoは、Dongを見つけ出し、カメラを手にこの旅を記録しようとする。高度に資本主義化された社会によって深く疎外されたDongは、自分の怒りをTaoにぶつける。Taoは、疎外されている中国の若い世代をジャッジするのではなく、Tao自身をも疎外している世界を理解しようとする。理想が失われて苦しむ魂をとらえた不屈のドキュメンタリー。
 Visions du Réel 2017 インターナショナル長編コンペティション部門出品。
 DOKライプチヒ2017出品。
 RIDM(モントリオール国際ドキュメンタリー映画祭)2017 コンペティション部門出品。

画像

 ◆準グランプリ/銀の気球賞(Silver Montgolfiere/ Montgolfière D’Argent) €4,000
 ◎『天使は白をまとう』“Angels Wear White”(中・仏) 監督:ヴィヴィアン・チュイ(Vivian Qu)
 出演:Wen Qi(文淇)、Zhou Meijun(周美君)、Shi Ke(史可)、Geng Le(耿楽)、Liu Weiwei(劉威葳)、Peng Jing(彭静)
 物語:中国南部の海沿いの町。かつては漁村だったが、急速な経済開発の中でリゾート・エリアに変貌しつつある。ミアは、北部からやって来た16歳の移民で、彼女の過去は誰も知らない。ミアは、シーサイド・モーテルで働いているが、「帳簿外」の扱いだ。彼女のまわりの人々は、生活の中のものはみんな商品であり、何でもお金で取引できるようなルールの世界で生きている。彼女にとって、愛とは贅沢品で、彼女にとっては夢のまた夢だ。ウェンは、地元の10代の少女で、家でも学校でもトラブルを抱えている。離婚した母親は、夜のほとんどを外でダンスして過ごしている。実父は、誕生日にしか会いに来ない。彼女は、気を引くために反抗して見せるが、さらなるトラブルを生むだけだ。ある夜、ウェンは、ミアが働いているモーテルで友だちを作る。その後、起こった出来事を通して、2人は、試練を受け、大人の女へと成長していく。
 『トラップ・ストリート』“Trap Street”(水印街)”で監督デビューして注目され、『薄氷の殺人』などでプロデューサーを務めるヴィヴィアン・チュイの第2監督作品。
 ベネチア国際映画祭2017 コンペティション部門出品。
 トロント国際映画祭2017 CONTEMPORARY WORLD CINEMA部門出品。
 リオ・デ・ジャネイロ国際映画祭2017出品。
 BFIロンドン映画祭2017 オフィシャル・コンペティション部門出品。
 ハンブルク・フィルム・フェスト2017出品。
 バリャドリッド国際映画祭2017出品。
 アンタルヤ国際映画祭2017出品。最優秀作品賞(Golden Orange)受賞。
 ピンヤオ国際映画祭2017 ベスト・オブ・フェスト部門出品。Fei Mu奨(費穆奨)最優秀作品賞受賞。
 ロス・カボス国際映画祭2017出品。
 東京フィルメックス2017 特別招待作品。
 シンガポール国際映画祭2017出品。
 アジア太平洋スクリーン・アワード2017 作品賞ノミネート。
 台湾・金馬奨2017 作品賞、監督賞、主演女優賞(文淇(Vicky Chen))ノミネート。
 インド国際映画祭2017出品。


 ◆ヤング審査員賞(Prix Du Jury Jeune) €1,000
 18歳から23歳の5人が審査員を務める。
 ◎“Les Versets de l’oubli(Los versos del olvido)”(独・チリ・仏・オランダ) 監督:Alireza Khatami
 出演:ホアン・マルガーロ(Juan Margallo)、Tomas Del Estal、Manuel Moron、Itziar Aizpuru
 物語:モルグの年老いた管理人は、名前以外の完璧な記憶を持っている。彼は、失踪者を捜している人々に遺体を見せ、愛する植物の世話をして数日を過ごす。近くの市で抗議が勃発し、民兵が市民の遺体を隠すためにモルグにやって来た時、彼は見たことのない若い女性の遺体を見つける。失われた記憶を喚起しようと、彼は、マジカルなオデッセイに乗り出す。死者の物語を収集している神秘主義者の墓堀人の助けを借りて、相応しい埋葬を行なおうとしていると、長らく行方不明の娘を捜している老女がやってくる。そして、霊柩車の運転手は、自分の過去に苦しめられる。
 ベネチア国際映画祭2017 Orizzonti部門出品。脚本賞、国際批評家連盟賞 デビュー映画賞、Interfilm Award受賞。
 トロント国際映画祭2017 Discovery部門出品。
 CPH:PIX 2017出品。
 ムンバイ映画祭2017出品。
 釜山国際映画祭2017 フラッシュ・フォワード部門出品。
 シカゴ国際映画祭2017 ニュー・ディレクターズ・コンペティション部門出品。
 サンパウロ国際映画祭2017 ニュー・ディレクターズ・コンペティション部門出品。
 テッサロニキ国際映画祭2017出品。
 台湾・金馬奨映画祭2017出品。

画像

 ◆観客賞(Prix Wik Fip Du Public) €1,500
 物語:ニュートンは、自分の信念にこだわりを持っている。たとえば、彼の変わった名前に敬意を払うかどうかとか、お見合い結婚の時にオーソドックスではないやり方をしたこととか。だが、重箱の隅をつつくような人として知られているわけではないので、選挙の仕事を得、かなり柔軟性を要求される任務を任せられた。彼は、76票分の住民の票を集めるために、ヘリコプターでチャッティースガルのジャングルに送られた。治安部隊は無関心で、いつ反政府グループに襲われるかもしれないという恐れもあったが、選挙は適切に行なわれなければならないと考える彼にとって、その村は民主主義を知らしめるには絶好の村だった。軍人のAtma Singhには誰も選挙なんて気にしてないよと言われ、全然票が集められないまま時間だけが過ぎても、ベテランの役人Loknathのトーンは明るかった。インドの原住民は、こうした民主主義のお祭り行事に距離を置くくらいには賢く、だから、かくれんぼをして、抵抗を示すのだ。それでも、ニュートンは、自分の信念に正直であり続けた。外国人の選挙モニターがやってきた時だけ、都合よく運んだけれど、そんなことは一時的なことだった。
 第2監督長編。
 ベルリン国際映画祭2017 フォーラム部門出品。C.I.C.A.E.賞受賞。
 イスタンブール国際映画祭2017出品。
 香港国際映画祭2017 ヤング・シネマ・コンペティション部門出品。審査員賞受賞。
 ブエノスアイレス国際インディペンデント映画祭2017 インターナショナル・コンペティション部門出品。
 トライベッカ映画祭2017 インターナショナル・ナラティヴ・コンペティション部門出品。
 シアトル国際映画祭2017出品。
 バークシャー国際映画祭2017出品。
 シドニー映画祭2017出品。
 エジンバラ国際映画祭2017 インターナショナル長編作品賞ノミネート。
 エルサレム映画祭2017 スピリット・オブ・フリーダム部門出品。
 ニュージーランド国際映画祭2017出品。
 トラヴァース・シティー映画祭2017出品。
 チューリヒ映画祭2017出品。
 フィラデルフィア映画祭2017出品。
 テッサロニキ国際映画祭2017出品。
 サンディエゴ・アジアン映画祭2017出品。
 AFIフェスト2017出品。
 アジア太平洋スクリーン・アワード2017 男優賞(Rajkummar Rao)、脚本賞受賞。
 米国アカデミー賞2018 外国語映画賞インド代表。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 本年度の特集は、1938年の“La ley que olvidaron(The Law They Forgot)”から2017年までのアルゼンチン映画が23本(Une véritable histoire du cinéma argentin)、シン・サンオク監督作品が14本(Shin Sang-ok, l’équation coréenne)、『客途秋恨』『テザ 慟哭の大地』など「Exil(s) : devenir étranger(エグザイル:外国人になる)」が8本、『夢』『沙羅双樹』『グエムル 漢江の怪物』など「De l’autre côté des apparences : merveilleux, fantastique et autres étrangetés(目に見えるものの向こう側:ワンダフル、ファンタスティック、その他の奇妙なもの)」が7本、「Pas World(非世界)」が3本、でした。

 *この記事がなかなか参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・ナント三大陸映画祭2016 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201612/article_29.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2017年9月〜2018年1月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201708/article_31.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ナント三大陸映画祭2017 受賞結果 海から始まる!?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる