海から始まる!?

アクセスカウンタ

zoom RSS ザグレブ映画祭2017 受賞結果

<<   作成日時 : 2017/11/25 00:06   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 第15回ザグレブ映画祭(11月11日-19日)の受賞結果です。

画像

 ◆最優秀作品賞(Golden Pram for Best Feature Film) 4,000 €
 ◎“Men Don't Cry(Muskarci ne placu )”(ボスニア ヘルツェゴビナ・クロアチア・スロヴェニア・独) 監督: Alen Drljević
 物語:1990年代の旧ユーゴスラヴィアでは、武力的衝突によって、国土を破壊しただけでなく、互いの交戦国の人々の記憶にも最悪の傷を残している。荒れ果てた過去に対する解釈は、まさに関わった国の数だけ存在する。そんな戦争に従事した多様な元軍人たちが、戦後約20年を経て、辺鄙な山のホテルに数日間のセラピーのために集まる。彼らに絶対的な調和を求めることは難しく、それどころか考えもなく言葉を発したり、明らかに汚い態度を取ったりして、一触即発の危険な状態になる。彼らは、元軍人であり、男らしさを原則とし、偏見を持ち、自分たちが仕掛けたにせよ、相手が仕掛けたにせよ、起こったことの無残さを認めようとはしなかった。
 Alen Drljević監督の初長編フィクション作品。
 カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭2017 オフィシャル・セレクション コンペティション部門出品。審査員特別賞、Europa Cinemas Label award受賞。
 モンテネグロ映画祭2017出品。
 サラエボ映画祭2017 ヤング観客賞受賞。
 ハンブルク・フィルム・フェスト2017出品。
 シカゴ国際映画祭2017出品。
 リュブリャナ国際映画祭2017出品。
 米国アカデミー賞外国語映画賞ボスニア・ヘルツェゴビナ代表。


画像

 ◆スペシャル・メンション
 ◎“Montparnasse Bienvenüe(Jeune Femme)”(仏・ベルギー) 監督:Léonor Serraille
 出演:Laetitia Dosch、Souleymane Seye Ndiaye、Grégoire Monsaingeon、Léonie Simaga、エリカ・サント(Erika Sainte)
 物語:ポーラは、久しぶりにパリに帰ってきたが、恋人には目の前でドアを閉められてしまう。もう彼女の持ち物はネコしかいない。30代半ば。今は、家もなく、仕事もなく、生きていくためにはどんなことでもしなければならない。最初に地下鉄で会った女性に助けてもらって、かろうじてショッピングモールで生きていく術を身につける。彼女は、少しずつ世界について知っていく。
 Le Femis出身のLéonor Serrailleの初監督作品。“Jeune Femme”は、2013年に卒業プロジェクトとして書かれた脚本で、6週間かけた撮影は3月に終わったばかり。
 カンヌ国際映画祭2017 ある視点部門出品。カメラ・ドール受賞。
 カブール映画祭2017出品。
 シャンゼリゼ映画祭2017出品。審査員賞受賞。
 カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭2017 ホライズンズ部門出品。
 サラエボ映画祭2017 キノスコープ部門出品。
 ドーヴィル・アメリカン映画祭2017出品。フランス第1回作品賞受賞。
 ヘルシンキ国際映画祭2017出品。
 チューリヒ映画祭2017出品。
 CPH:PIX 2017出品。
 BFIロンドン映画祭2017 第1回作品コンペティション部門出品。
 ハイファ国際映画祭2017出品。
 ハンブルク・フィルム・フェスト2017出品。
 釜山国際映画祭2017 フラッシュ・フォワード部門出品。
 ムンバイ映画祭2017出品。
 フィラデルフィア映画祭2017出品。
 バリャドリッド国際映画祭2017 オフィシャル・セレクション 長編部門出品。女優賞受賞(Laetitia Dosch)。
 リュブリャナ国際映画祭2017出品。
 ストックホルム国際映画祭2017 コンペティション部門出品。最優秀作品賞受賞。


画像

 ◆最優秀インターナショナル短編賞(Golden Pram for Best International Short Film) 1,000 €
 ◎“Studen Union(Gólyatábor)”(ハンガリー/9min) 監督:György Mór Kárpáti
 物語:18歳のDóraは、フレッシュマン・サマーキャンプで性的な暴行を受ける。その帰り、学生組合の会長は、彼女に話をしたいと考える。
 この物語は、サマーキャンプで起きているセクシャル・ハラスメントからインスパイアされている。その多くは、組合によって組織的に隠ぺいされている。

画像

 ◆スペシャル・メンション
 ◎“British by the Grace of God”(米・英・UAE/16min) 監督:Sean Dunn
 物語:夏のスコットランド。EUからのイギリスの脱退に関する人民投票に伴うナショナリズム高揚の季節の中で、中年女性イレーヌは、母として、女としての、自分の居場所を探している。彼女は家族を愛しているけれども、オレンジ国教党(プロテスタント教会と英国支配を支持するために、アイルランドで設立された団体)のメンバーとして、人間嫌いのティーンエージャの息子の母親として、自分の人生には何かが欠けていると感じている。
 ロカルノ国際映画祭2017 レパード・オブ・トゥモロー インターナショナル部門出品。
 レイキャビク国際映画祭2017出品。
 BFIロンドン映画祭2017 LOVE部門出品。
 バリャドリッド国際映画祭2017 ミーティング・ポイント部門出品。最優秀外国短編映画賞受賞。

画像

 ◆最優秀短編クロアチア映画賞(Golden Pram for Best Croatian Short Film in the Checkers Programme) 10 000 HRK
 ◎“The Cleaning Lady(Čistačica)”(クロアチア/12min) 監督:Matija Vukšić
 物語:ある夜、15歳のDinoが完全に動転して家に帰ってきて、地元の牧師を殺したと告白する。母親は牧師館の掃除婦だ。彼女は息子を救うための手立てを考える。
 サラエボ映画祭2017出品。

画像

画像

 ◆スペシャル・メンション
 ◎“Counter-Offensive(Kontraofenziva)”(クロアチア/19min) 監督:Jakov Nola
 物語:JosipとRokoは、ザグレブにあるJosipの学生寮での二次会の主催者であり、唯一の客である。そこに、ルームメイトが、新しい恋人を連れて外から帰って来る。これは事態を複雑にし、テリトリーを巡る誇りある闘いが始まる。

画像

画像

 ◆最優秀ゴールデン・バイシクル賞(Golden Bicycle for Best Film in Together Again Competition)
 ※かつてザグレブ映画祭で上映したことがある監督の新作を上映する部門。
 ◎“Loveless(Nelyubov)”(ロシア・仏・独・ベルギー) 監督:アンドレイ・ズビャギンツェフ
 出演:Gian Badmayev、Evgeniya Dmitrieva、Sergey Doubles、Artem Manukyan、Natalia Vinokurova
 物語:美容室を営むジェーニャと中間管理職のボリスは、鬱積した憤りと欲求不満と非難の仕返しから、無残な離婚劇に陥っている。彼らは、共同で購入したアパートを売って、新しい生活に乗り出そうとしていて、それぞれに次のパートナーを見つけ、新たなる人生の1ページをめくろうと気を急いている。ジェーニャには、リッチなビジネスマンのアントンがいたし、ボリスのガールフレンドのマシャのお腹は既に大きくなっていた。唯一の問題は、12歳の息子アリョーシャのことで、2人とも息子の養育権を欲していなかった。ジェーニャは、ボリスのことを愛していないように、アリョーシャのことも愛しておらず、軍隊に入るまでの間、寄宿学校に入れればいいと言ったのをアリョーシャ本人に聞かれてしまったし、一方、ボリスは、マシャの母親のアパートに半ば転がり込んでいたが、マシャに自分には息子がいることを話していなかった。しかも、仕事柄、離婚はいい顔をされないので、マシャに赤ん坊ができてちゃんとした家族になれるまで、結婚に失敗したことを知られたくなかった。ジェーニャが、豪華なレストランで食事をし、アントンと情熱的なセックスをした翌朝、家に戻ってきた彼女は、学校の先生からアリョーシャが2日間学校に来ていないと連絡を受ける。ジェーニャとボリスは、息子を捜すために力を合わせなければならなくなる。
 カンヌ国際映画祭2017 コンペティション部門出品。審査員賞受賞。
ARRI/OSRAM Award
 ミュンヘン映画祭2017 CineMasters コンペティション部門出品。ARRI/OSRAM Award受賞。
 ニュー・ホライズンズ映画祭2017出品。
 メルボルン国際映画祭2017出品。
 サラエボ映画祭2017 キノスコープ部門出品。
 トロント国際映画祭2017 MASTERS部門出品。
 オステンデ映画祭2017 LOOK! プロダクション・デザイン賞受賞。
 サンセバスチャン国際映画祭2017 パールズ部門出品。
 ハンプトンズ国際映画祭2017出品。
 BFIロンドン映画祭2017 オフィシャル・コンペティション部門出品。最優秀作品賞受賞。
 ミル・ヴァレー映画祭2017出品。
 ハイファ国際映画祭2017出品。
 ムンバイ映画祭2017出品。
 釜山国際映画祭2017 ワールド・シネマ部門出品。
 フィルムコロンビア・フェスティバル2017出品。
 ピンヤオ国際映画祭2017 ベスト・オブ・フェスト部門出品。
 スプートニク・ロシアン映画祭2017出品。
 AFIフェスト2017出品。
 台湾・金馬奨映画祭2017出品。
 バージニア映画祭2017出品。
 Camerimage 2017 メイン・コンペティション部門出品。銀の蛙賞受賞。
 リュブリャナ国際映画祭2017出品。
 カンヌ国際映画祭週間2017(アルゼンチン)出品。
 アジア太平洋スクリーン・アワード2017 監督賞受賞。
 ヨーロッパ映画賞2017 オフィシャル・セレクション。撮影監督賞、作曲家賞受賞。作品賞、監督賞、脚本賞、ヨーロッパ大学映画賞2017ノミネート。
 ブリティッシュ・インディペンデント・フィルム・アワード2017 インターナショナル・インディペンデント映画賞ノミネート。
 米国アカデミー賞2018 外国語映画賞 ロシア代表。


 ◆スペシャル・メンション
 ◎“The Basics of Killing(Družinica)”(スロヴェニア・セルビア) 監督:Jan Cvitkovič
 物語:ミセスJは、元行政の事務員で、やりかけの仕事をやり終えることを決心する。すなわち、シンクの皿を洗い、店に行き、古いピストルを引っ張り出す。死んだ夫のピストル。夫が死んだ記念日にその銃で自殺するのだ。しかもその記念日は、1週間以内にやってくる。彼女は、自殺できるように、個人的なことも行政の仕事も終えるよう準備をする。しかし、やり始めて、もう1つやらなければならないことに気がつく。20年以上前、彼女に出された適正証明。政治形態の推移を経験した旧社会主義国家で、これは非常に複雑なことだ。なぜなら、政治形態の推移の中で生きることは、非常に複雑で、死ぬことはそれ以上だからだ。
 モントリオール世界映画祭2017 ワールド・コンペティション部門出品。女優賞(Irena Kovacevic)受賞。
 スロヴェニア映画祭2017 撮影賞、衣裳デザイン賞、音響賞、音楽賞受賞。作品賞ノミネート。
 シカゴ国際映画祭2017出品。


画像

 ◆リエカ観客賞(Rijeka Audience Award) [Together Again部門]
 ※リエカのArt Cinema Croatiaの観客によって選ばれる。
 ◎“Loveless”(ロシア・仏・独・ベルギー) 監督:アンドレイ・ズビャギンツェフ

 ◆ユース映画賞(PLUS Award for Best Youth Film) €500,00
 ◎“Vincent and the End of the World(Vincent)”(ベルギー・仏) 監督:Christophe Van Rompaey
 物語:Vincentは、17歳のエコロジストで、今日の世界の問題に対する態度を表明するために自殺しようとして、家族を慌てさせる。フランス人の叔母Nikkiは、彼をフランスに旅行に連れ出し、彼のオブセッションが、抑圧的な母親に関係していると確信する。一方、Vincentは、旅行中に、Nikkiが扱える以上のことをやってみせる。
 ロカルノ国際映画祭2016 ピアッツァ・グランデ部門出品。
 オステンデ映画祭2017出品。女優賞ノミネート(アレクサンドラ・ラミー(Alexandra Lamy))。
 ヨーロッパ映画賞2017 コメディー賞ノミネート。


 ◆HT観客賞(HT Audience Award)
 ◎“Foxtrot”(イスラエル・独・仏・スイス) 監督:サミュエル・マオズ
 出演:リオル・アシュケナージ(Lior Ashkenazi)、サラ・アドラー(Sarah Adler)、Yonatan Shiray
 物語:父親は、テルアビブのアパートにいて、兵士である息子は、遠く土まみれの孤立した前哨基地にいる。映画の前半では、両親は、活動中に息子が殺されたことを知らない。数時間後、軍の当局が、彼らに伝達事項を伝えるが、恐ろしい過ちを犯し、息子は生きていると伝えてしまう。映画の後半では、息子の方に視点が変わる。土まみれの前哨基地で、ルーティーンであり、悪夢でもある軍事活動に励む。一連の奇妙な出来事が重なり、集団パラノイアも相まって、息子は追い込まれ、死に至る。のちに、われわれは父親の罪を知る。混沌とした乱雑さと見えたものは、そういう運命になるように、精巧に、よく整えられ、計画されていたかのように見える。
 兵士だった頃のサミュエル・マオズの個人的な経験に基づく。
 ベネチア国際映画祭2017 コンペティション部門出品。審査員大賞(銀獅子賞)、Arca CinemaGiovani Award、SIGNIS賞スペシャル・メンション受賞。
 テルライド映画祭2017出品。
 トロント国際映画祭2017 SPECIAL PRESENTATIONS部門出品。
 イスラエル・アカデミー賞(Ophir)2017 作品賞、監督賞、主演男優賞(Lior Ashkenazi)、撮影賞、編集賞、美術賞、サウンドトラック賞、オリジナル音楽賞受賞。助演女優賞(Shira Haas)、脚本賞、衣裳デザイン賞、メイキャップ賞、キャスティング賞ノミネート。
 アテネ国際映画祭2017 監督賞受賞。
 BFIロンドン映画祭2017 ストランド・ガラ部門出品。
 ハイファ国際映画祭2017出品。
 ロス・カボス国際映画祭2017出品。
 リュブリャナ国際映画祭2017出品。
 AFIフェスト2017出品。
 Camerimage 2017 監督デビュー・コンペティション部門出品。
 アジア太平洋スクリーン・アワード2017 作品賞ノミネート。
 ワルシャワ・ジューイッシュ映画祭2017出品。
 米国アカデミー賞2018 外国語映画賞 イスラエル代表。


画像

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 *この記事がなかなか参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2017年9月〜2018年1月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201708/article_31.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ザグレブ映画祭2017 受賞結果 海から始まる!?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる