海から始まる!?

アクセスカウンタ

zoom RSS 米国アカデミー賞2018 短編アニメーション賞候補 63作品!

<<   作成日時 : 2017/11/03 08:40   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 恒例になっていますが、アニメーションの情報サイトCATOON BREWが第90回米国アカデミー賞 短編アニメーション賞候補作品のリストを入手したとサイトで記事にしています。(10月30日)

 *CATOON BREW:http://www.cartoonbrew.com/awards/2018-oscars-63-animated-shorts-competing-year-exclusive-154329.html

 第90回米国アカデミー賞 短編アニメーション賞は、10月2日にエントリーが締め切りになり、11月半ばのショートリスト発表に向けて選考を行なっているはずですが、そのための有資格作品のリスト(非公開)をCATOON BREWが独自に入手した、と言っているというわけです。

 本年度の有資格作品は、63本あり、史上最多になった前回の70本よりは少なくなったものの、2010年度の33本から数えると倍以上で、2015年度の60本、2014年度の58本よりも多くなっています。

 前回は半分のリストしか明らかにいていませんでしたが、今回は63タイトルすべて明らかになっています。

画像

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 ・『A Love Story』“A Love Story”(英) 監督:Anushka Kishani Naanayakkara
 ロードアイランド国際映画祭2016 最優秀エクスペリメンタル。
 BAFTA2017 最優秀短編アニメーション賞受賞。
 サラソータ映画祭2017 最優秀短編アニメーション賞受賞。
 メディア芸術祭2017優秀賞受賞。

 ・“Mr. Madila”(英) 監督:Rory Waudby-Tolley
 パームスプリングス国際短編映画祭2016 最優秀学生アニメーション賞受賞。

 ・“Wednesday with Goddard”(英) 監督:ニコラス・メナード(Nicolas Ménard)
 SXSW映画祭2017 短編アニメーション部門審査員賞受賞。

 ・“We’re Going on a Bear Hunt”(英) 監督:Joanna Harrison、Robin Shaw
 Music + Sound Awards, International 2017 オリジナル作曲賞受賞。

 ・“An Island”(アイルランド) 監督:Rory Byrne
 ゴールウェイ映画祭2017 James Horgan賞/最優秀アニメーション賞受賞。

 ・“Darrel”(西) 監督:Marc Briones、Alan Carabantes
 SUMMA 3D 2016 最優秀インターナショナル短編アニメーション賞、観客賞受賞。
 Mundos Degitales 2016 最優秀ナショナル短編アニメーション賞、観客賞受賞。
 3D Wire Fest 2016 ナショナル短編映画部門 観客賞受賞。
 シッチェス・カタロニア国際ファンタスティック映画祭2017 短編アニメーション賞受賞。
 ゴヤ賞2017 短編アニメーション賞ノミネート。

 ・『ガーデンパーティー』“Garden Party”(仏) 監督:Florian Babikian、Vincent Bayoux、Victor Caire、Theophile Dufresne、Gabriel Grapperon、Lucas Na(MOPA)
 Paris Courts Devant 2016 学生審査員賞最優秀短編賞受賞。
 クレルモンフェラン国際短編映画祭2017 インターナショナル・コンペティション部門出品。審査員スペシャル・メンション受賞。
 視覚効果協会賞(VES)2017 学生作品賞ノミネート。
 ファンタスポルト2017 インターナショナル・ファンタジー映画スペシャル・メンション受賞。
 The BoneBat "Comedy of Horrors" Film Fest 2017 観客賞 最優秀アニメーション・ショート受賞。
 ナッシュヴィル映画祭2017 最優秀アニメーション・ショート受賞。
 デッド・バイ・ドーン ホラー映画祭2017出品。観客賞 最優秀アニメーション賞受賞。
 ショートショートフィルムフェスティバル&アジア2017 インターナショナル・プログラム出品。
 SIGGRAPH 2017 最優秀学生プロジェクト(Best Student Project)受賞。

 ・“Negative Space”(仏) 監督:マックス・ポーター(Max Porter)、桑畑かほる(Ru Kuwahata)
 カンヌ国際映画祭2017 第15回ユニフランス短編映画賞Movistar+お気に入り賞受賞。
 アヌシー国際アニメーションフェスティバル2017 短編コンペティション部門出品。フランスの短編作品に対する特別表彰、国際批評家連盟賞受賞。
 セザール賞2018 短編アニメーション賞オフィシャル・セレクション。

 ・“Wicked Girl(Kotu Kiz/ Vilaine fille)”(仏・トルコ) 監督:Ayce Kartal
 アヌシー国際アニメーションフェスティバル2017 短編コンペティション部門出品。審査員賞受賞。
 トロント国際映画祭2017 SHORT CUTS部門出品。
 オタワ国際アニメーションフェスティバル2017 短編コンペティション部門出品。カトゥーン・ネットワーク賞受賞。

 ・“Bullet Time”(オランダ) 監督:Frodo Kuipers

 ・『世界のあらまし』“In a Nutshell”(スイス) 監督:Fabio Friedli
 ショートショートフィルムフェスティバル&アジア2017出品。

 ・“Whatever the Weather(Bei Wind Und Wetter)”(スイス) 監督:Remo Scherrer
 カンヌ国際映画祭2016シネフォンダシオン部門出品。
 ロカルノ国際映画祭2016 パノラマ・スイス部門出品。
 スイス映画賞2017 アニメーション賞ノミネート。

 ・“Confino”(伊) 監督:Nico Bonomolo
 サンタバーバラ国際映画祭2017最優秀短編アニメーション賞受賞。

 ・『へそまがり昔ばなし』“Revolting Rhymes”(独・英) 監督:ヤン・ラシャウア(Jan Lachauer)、ヤコブ・シュー(Jakob Schuh)
 アヌシー国際アニメーションフェスティバル2017 TV作品/受託作品コンペティション部門グランプリ TV作品部門受賞。
 札幌国際短編映画祭2017出品。

 ・“Call of Cuteness”(独) 監督:Brenda Lien
 ベルリン国際映画祭2017 短編コンペティション部門出品。

 ・“Ein Aus Weg”(独) 監督:Simon Steinhorst、Hannah Lotte Stragholz

 ・“Song of a Toad(Ein Krötenlied)”(独) 監督:Kariem Saleh
 SIGGRAPH 2017 最優秀作品賞(Best in Show)受賞。

 ・『Ugly』“Ugly”(独) 監督:Nikita Diakur
 ザグレブ国際アニメーションフェスティバル2017 グランド・コンペティション 短編部門出品。土居伸彰によるスペシャル・メンション受賞。
 オタワ国際アニメーションフェスティバル2017 ナラティヴ作品部門出品。短編部門グランプリ受賞。
 新千歳空港国際アニメーションフェスティバル2017出品。
 ヨーロッパ映画賞2017 短編映画賞ブリストル代表。

 ・『A Dad』“A Dad”(オーストリア) 監督:ロバート・カブリナス(Robert Cambrinus)
 札幌国際短編映画祭2016出品。
 AVIFF Art Film Festival 2017 最優秀作品賞受賞。
 ハンブルク短編映画祭2017 Deframedコンペティション部門出品。観客賞受賞。
 Animator (International Animated Film Festival)(ポズナン) 2017 Golden Pegasus Grand Prix受賞。

 ・『Love』“Love”(ハンガリー・仏) 監督:レーカ・プチ(Réka Bucsi)
 『シンフォニーNo.42』(2014)が広島国際アニメーションフェスティバル2014でヒロシマ賞を受賞するなど、多くの映画祭で高い評価を受けたレーカ・ブチの最新作。
 ベルリン国際映画祭2016 短編コンペティション部門出品。
 Friss Húsブダペスト国際短編映画祭2016出品。最優秀ハンガリー・アニメーション賞受賞。
 リバーラン国際映画祭2017出品。最優秀短編アニメーション賞受賞。
 ヨーロッパ映画賞2017 短編映画賞ブリストル代表。
 セザール賞2018 短編アニメーション賞オフィシャル・セレクション。

 ・“Hugo Bumfeldt”(ハンガリー) 監督:Éva Katinka Bognár
 ザグレブ国際アニメーションフェスティバル2016 学生コンペティション部門出品。

 ・“Pussy(Cipka)”(ポーランド) 監督:Renata Gasiorowska(ウッチ映画大学)
 DOKライプチヒ2016出品。観客賞受賞。
 AFIフェスト2016出品。アニメーション部門審査員大賞受賞。
 サンダンス映画祭2017出品。
 クレルモンフェラン国際短編映画祭2017 インターナショナル・コンペティション部門出品。最優秀アニメーション賞受賞。
 SXSW映画祭2017 短編コンペティション部門出品。アニメーション部門審査員特別表彰受賞。
 シアトル国際映画祭2017 最優秀短編アニメーション賞受賞。
 ザグレブ国際アニメーションフェスティバル2017 学生コンペティション部門出品。ドゥシャン・ヴコテック賞/最優秀作品賞受賞。

 ・“Strange Case”(ポーランド) 監督:ズビグニェフ チャプラ(Zbigniew Czapla)
 クラクフ映画祭2017 インターナショナル短編コンペティション部門Silver Dragon/最優秀アニメーション賞、ナショナル・コンペティション部門Silver Hobby-Horse/最優秀アニメーション賞受賞。

 ・『Hedgehog's Home』“Hedgehog’s Home”(カナダ・クロアチア) 監督:Eva Cvijanović
 ベルリン国際映画祭2017 ジェネレーションKplus部門出品。最優秀短編賞 児童審査員賞/クリスタル・ベア賞 スペシャル・メンション受賞。
 ザグレブ国際アニメーションフェスティバル2017 グランド・コンペティション 短編部門出品。Marko Tadicによるスペシャル・メンション、観客賞受賞。
 アヌシー国際アニメーションフェスティバル2017 短編コンペティション部門出品。ヤング観客賞受賞。
 オタワ国際アニメーションフェスティバル2017 最優秀カナダ・アニメーション賞オナラブル・メンション受賞。
 新千歳空港国際アニメーションフェスティバル2017出品。

 ・『Nighthawk』“Nighthawk”(スロヴェニア・クロアチア) 監督:Špela Čadež
 スロヴェニア映画祭2016 最優秀アニメーション賞受賞。
 新千歳空港アニメーション映画祭2016 出品。
 サンダンス映画祭2017出品。
 GLASバークレー・アニメーションフェスティバル2017 最優秀ナラティヴ・ショート受賞。
 ザグレブ国際アニメーションフェスティバル2017 グランド・コンペティション 短編部門出品。グランプリ受賞。

 ・“Flutter”(ブルガリア・米) 監督:Vladimir Todorov
 『ロスト・イン・スペース』や『スチュアート・リトル』『ポーラー・エクスプレス』『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』では、キャラクター・デザインを手がけ、『ハリーとポッターと賢者の石』では、ストーリーボード・アーティスト、『ジャックと天空の巨人』や『ゴースト・エージェント/R.I.P.D.』ではコンセプト・アーティストを担当するなど、約20年にわたってハリウッドで活躍しているVladimir Todorovの、初監督作品。
 One-Reeler短編映画コンペティション2017出品。最優秀アニメーション・ショート受賞。 レインダンス映画祭2017 短編アニメーション賞受賞。

 ・“Nothing Happens”(デンマーク・仏) 監督:ウーリ&ミシェル・クラノ(Michelle Kranot、Uri Kranot)
 アヌシー国際アニメーションフェスティバル2017 短編コンペティション部門出品。フランス短編作品賞、Festivals Connexion Award受賞。

 ・“Min Börda (The Burden)”(スウェーデン) 監督:Niki Lindroth Von Bahr
 ヨーテボリ国際映画祭2017 最優秀短編映画賞受賞。
 カンヌ国際映画祭2017 監督週間出品。
 アヌシー国際アニメーションフェスティバル2017 短編コンペティション部門出品。グランプリ受賞。
 ヴィラ・ド・コンド国際短編映画祭2017 アニメーション部門グランプリ。
 メルボルン国際映画祭2017出品。最優秀短編アニメーション賞受賞。
 ファントーシュ国際アニメーションフェスティバル2017出品。第1回作品賞受賞。
 トロント国際映画祭2017 SHORT CUTS部門出品。最優秀インターナショナル短編映画賞受賞。
 ファンタスティック・フェスト2017 出品。ファンタスティック・ショート部門最優秀作品賞受賞。
 ワルシャワ国際映画祭2017 観客賞短編映画部門 第2席。
 シカゴ国際映画祭2017 観客ファイバリッツ受賞。

 ・“The Absence of Eddy Table”(ノルウェー) 監督:Rune Spaans
 オタワ国際アニメーションフェスティバル2016 ナラティヴ部門美術賞受賞。
 アマンダ賞2017 短編賞ノミネート。

 ・“Eternal Hunting Grounds”(ノルウェー・エストニア) 監督:Elin Grimstad

 ・『Among the Black Waves』“Among the Black Waves”(ロシア) 監督:アンナ・ブダノヴァ(Anna Budanova)
 メディア芸術祭2017アニメーション部門優秀作品賞受賞。

 ・『ライフスマートフォン』“Life Smartphone(低頭人生)”(中) 監督:シェ・ツンリン(Chenglin Xie/謝承霖)(中央美術学院)
 学生アカデミー賞2017 外国映画 アニメーション部門金賞受賞。

 ・“Valley of White Birds(白鳥谷)”(中) 監督:Cloud Yang
 アヌシー国際アニメーションフェスティバル2017 短編コンペティション部門出品。ジュニア審査員賞受賞。

 ・“Once A Hero”(米・中) 監督:Xia Li(USC)
 学生アカデミー賞2017 アニメーション部門 ファイナリスト。

 ・『グリーン・ライト』“Green Light”(韓) 監督:Seongmin Kim
 サン・ホセ国際短編映画祭2016 最優秀アニメーション賞受賞。
 ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2017出品。
 ショートショートフィルムフェスティバル&アジア2017出品。
 サンディエゴ国際映画祭2017 最優秀短編アニメーション賞受賞。

 ・“Lost Property Office”(オーストラリア) 監督:Daniel Agdag
 シドニー映画祭2017 最優秀アニメーション賞(Yoram Gross)、短編監督賞(ルーベン・マムーリアン賞)受賞。
 メルボルン国際映画祭2017 審査員スペシャル・メンション受賞。

 ・『スプリング・ジャム』“Spring Jam”(ニュージーランド) 監督:ネッド・ウェンロック(Ned Wenlock)
 Show Me Shorts Film Festival 2016 作品賞、監督賞受賞。
 ショートショートフィルムフェスティバル&アジア2017出品。

 ・“Threads”(カナダ・ノルウェー) 監督:トーリル・コーヴェ(Torill Kove)
 トロント国際映画祭2017 SHORT CUTS部門出品。

 ・『きつねとクジラ』“Fox and The Whale”(カナダ) 監督:Robin Joseph
 オックスフォード映画祭(ミシシッピ)2017 短編アニメーション賞受賞。
 東京アニメアワードフェスティバル2017出品。
 SENE Film, Music and Art Festival 2017 短編アニメーション賞受賞。
 ファスタネット映画祭2017 短編アニメーション賞受賞。

 ・“I Like Girls(J'aime les filles)”(カナダ) 監督:Diane Obomsawin
 オタワ国際アニメーションフェスティバル2016 ナラティヴ作品部門グランプリ受賞。

 ・“My Heart Attack”(カナダ) 監督:シェルドン・コーエン(Sheldon Cohen)
 ケベック映画賞2016 短編アニメーション賞ノミネート。

 ・『親との“あの話”The Talk"』“The Talk: True Stories About the Birds and the Bees”(カナダ) 監督:Alain Delannoy
 ワルシャワ国際映画祭2016 短編アニメーション賞受賞。
 ショートショートフィルムフェスティバル&アジア2017出品。

 ・“The Tesla World Light(Tesla 'Lumiére Mondiale')”(カナダ) 監督:Matthew Rankin
 カンヌ国際映画祭2017 国際批評家週間出品。
 アヌシー国際アニメーションフェスティバル2017 短編コンペティション部門出品。
 トロント国際映画祭2017 SHORT CUTS部門出品。最優秀カナダ短編映画賞 オナラブル・メンション受賞。
 オタワ国際アニメーションフェスティバル2017 短編コンペティション部門出品。技術賞、メディア賞受賞。

 ・“Ben and Big”(米) 監督:Rowan Grey Sutherland
 80年代から活躍している俳優Rowan Grey Sutherlandの4番目の短編。

 ・“Coin Operated”(米) 監督:Nicholas Arioli
 ブルックリン国際映画祭2017 観客賞受賞。
 パームスプリングス国際短編映画祭2017観客賞受賞。

 ・“Cop Dog”(米) 監督:ビル・プリントン
 ASIFA EAST 2017 Independent Film Category 第1席。
 オタワ国際アニメーションフェスティバル2017 ワールド・パノラマ部門出品。

 ・“Cradle”(米) 監督:Devon Manney(USC)
 学生アカデミー賞2017 アニメーション部門銀賞受賞。

 ・“Dear Basketball”(米) 監督:グレン・キーン(Glen Keane)
 グレン・キーンは、70年代から活躍するディズニーのアニメーターで、『リトル・マーメイド』、『美女と野獣』、『アラジン』、『ポカホンタス』、『ターザン』、『トレジャー・プラネット』、『塔の上のラプンツェル』、『紙ひこうき』などに参加している。“Duet”(2014)が初監督作品で、米国アカデミー賞短編アニメーション賞ショートリスト。
 “Dear Basketball”は、第2作。

 ・“E-delivery”(米) 監督:Young Gul Cho(School of Visual Arts)
 学生アカデミー賞2017 アニメーション部門ブロンズ賞受賞。

 ・“Everything”(米) 監督:デイヴィッド・オライリー
 ベルリン国際映画祭2017 短編映画部門出品。
 香港国際映画祭2017 短編コンペティション部門スペシャル・メンション受賞。

 ・“Follow Your Heart”(米) 監督:Rob O’Neill
 ザグレブ国際アニメーションフェスティバル2017 児童映画コンペティション部門出品。スペシャル・メンション受賞。

 ・“Goose in High Heels”(米) 監督:ジョン・R・ディルワース(John Dilworth)
 ジョン・R・ディルワースは、1996年に『宇宙ニワトリの侵略』“The Chicken from Outer Space”で米国アカデミー賞短編アカデミー賞ノミネート。

 ・“Hold Me (Ca Caw Ca Caw)”(米) 監督:Renee Zhan
 ロカルノ国際映画祭2016 レパード・オブ・トゥモロー部門出品。
 スラムダンス映画祭2017 最優秀短編アニメーション賞受賞。

 ・“I Am Little Red”(米) 監督:Mary Mazzio、Gabriel Osorio、Alec Sokolow
 『ベア・ストーリー』(ある熊の物語)で米国アカデミー賞2016短編アニメーション賞を受賞したGabriel Osorio監督の最新作。

 ・“In A Heartbeat”(米) 監督:Beth David、Esteban Bravo(Ringling College of Art and Design)
 学生アカデミー賞2017 アニメーション部門金賞受賞。

 ・『ルー/Lou』“Lou”(米) 監督:デイヴ・マリンズ(Dave Mullins)
 ピクサー・アニメーション・スタジオ作品。『カーズ/クロスロード』の併映作品。

 ・“Panic Attack!”(米) 監督:Eileen O’Meara
 ジャイプール国際映画祭2017 審査員特別賞受賞。
 ブルックリン国際映画祭2017 スピリット賞受賞。

 ・“Puppy”(米) 監督:ゲンディー・タルタコフスキー(Genndy Tartakovsky)
 5年ぶりの短編。

 ・“Radio City Maniapolis”(米) 監督:Georgia Patterson

 ・“Weeds”(米) 監督:Kevin Hudson
 ディズニー・アニメーションで働くフィルムメイカーたちによって完成されたアニメーション作品。

 ・“World of Tomorrow, Episode 2: The Burden of Other People’s Thoughts”(米) 監督:ドン・ハーツフェルト

 ・“La Casa de Colores (The House of Colors)”(アルゼンチン) 監督:Nicolás P. Villarreal

 ・“Here’s the Plan”(チリ) 監督:Fernanda Frick

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 「第90回米国アカデミー賞 短編アニメーション賞候補作品のリスト」を発表しているところは、CATOON BREW以外にもあります。

 たとえば―

 *2018 Academy Awards Best Animated Short Contenders(10月14日付):https://theanimatedfilmindustry.com/2018-academy-awards-best-animated-short-contenders/

 実は、双方のリストには、多少相違があって、どちらにも、一方にしか載っていないタイトルもあります。

 CATOON BREWの方は、“the Academy’s official list of qualified films”とわざわざ書いているので公式なんだろうとは思いますが、ちょっと気になります。
 「第90回米国アカデミー賞 短編アニメーション賞候補作品のリスト」は、ルールに従って書き出せば有資格作品を選び出せるはずなので、「もう1つのリスト」の方はそうやって作られたものかもしれませんが、はっきりしません。
 「もう1つのリスト」の方に載っているタイトルは、ひょっとすると有資格なのに、AMPASにエントリーしていなかった作品という可能性もありますが、どうでしょうか。

 一応、相違しているタイトルを書き出しておきます。

 ◆CATOON BREWに載っていて、もう一方に載っていない9タイトル
 ・“We’re Going on a Bear Hunt”(英) 監督:Joanna Harrison、Robin Shaw
 ・“Bullet Time”(オランダ) 監督:Frodo Kuipers
 ・“Flutter”(ブルガリア・米) 監督:Vladimir Todorov
 ・“Valley of White Birds(白鳥谷)”(中) 監督:Cloud Yang
 ・“Ben and Big”(米) 監督:Rowan Grey Sutherland
 ・“I Am Little Red”(米) 監督:Mary Mazzio、Gabriel Osorio、Alec Sokolow
 ・“Panic Attack!”(米) 監督:Eileen O’Meara
 ・“Radio City Maniapolis”(米) 監督:Georgia Patterson
 ・“La Casa de Colores (The House of Colors)”(アルゼンチン) 監督:Nicolás P. Villarreal

 ◆もう一方に載っていて、CATOON BREWに載っていない12タイトル
 ・“Gros Chagrin”(仏) 監督:Céline Devaux
 ・『ボールド・フューチャー』“The Bald Future”(仏) 監督:ポール・カボン(Paul Cabon)
 ・“Heads Together”(オランダ) 監督:Job, Joris & Marieke
 ・“Impossible Figures and Other Stories II”(ポーランド) 監督:マルタ・パイェク(Marta Pajek)
 ・『Railment』“Railment”(日) 監督:林俊作
 ・“Hot Dog Hands”(米) 監督:Matt Reynolds
 ・『アナと雪の女王/家族の思い出』“Olaf’s Frozen Adventure”(米) 監督:ケヴィン・ディターズ(Kevin Deters)、スティーヴィー・ワーマーズ=スケルトン(Stevie Wermers)
 ・“The History of Magic: Ensueno”(米) 監督:José Luis González
 ・“The Itching”(米) 監督:Dianne Bellino
 ・“Xylophone”(米) 監督:Jennifer Levonian
 ・“Cerulia”(メキシコ) 監督:Sofía Carrillo
 ・“Taller de Corazones (The Heart Workshop)”(メキシコ) 監督:León Fernandez

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 ショートリストやノミネーションについては、ざっと経験則から言うと

 1.スタジオ作品の併映短編が1本必ずノミネートされる。過去6年間では、2年おきに受賞していて、2018年は受賞しない年に当たる。
 2.スタジオのアニメーターなどのスタッフが、スタジオの支援なしに完成させた作品が1本ノミネートされる。
 3.2011年以降では、ノミネート作品5本のうち、アメリカ映画が2本、イギリス映画が1本含まれるのが定番になっている。
 4.他の部門同様、一度ノミネートされたり、受賞したりした監督はノミネートされやすい。
 5.作品の粒を揃えるよりは、いろんなタイプ(作風やテクニック)の作品が集められやすい。多くの受賞歴を誇る作品も選ばれるが、これといって受賞歴のない作品も選ばれたりする。
 6.抽象的だったり、実験的な色彩の強かったりする作品は、敬遠される。
 7.昨年からVRがらみの作品もチョイスされるようになっている。

 1.今回、スタジオ作品の併映短編は、今回は『ルー/Lou』しか見当たらないようです。
 『アナと雪の女王/家族の思い出』は、『リメンバー・ミー』の併映短編ですが、今回は選外であるようです。

 2.スタジオのアニメーターなどのスタッフが、スタジオの支援なしに完成させた作品
 ・“Flutter”(ブルガリア・米) 監督:Vladimir Todorov
 ・“Dear Basketball”(米) 監督:グレン・キーン(Glen Keane)
 ・“Weeds”(米) 監督:Kevin Hudson

 4.一度ノミネートされたり、受賞したりした監督
 ・ジョン・R・ディルワース(1996)
 ・ビル・プリンプトン(2005、1988)
 ・トーリル・コーヴェ(2015、2007受賞、2000)
 ・Gabriel Osorio(2016受賞)
 ・ドン・ハーツフェルト(2016、2001)

 そのほか国際的に受賞を重ねている作品
 ・『ガーデンパーティー』“Garden Party”(仏) 監督:Florian Babikian、Vincent Bayoux、Victor Caire、Theophile Dufresne、Gabriel Grapperon、Lucas Na(MOPA)
 ・“Wicked Girl(Kotu Kiz/ Vilaine fille)”(仏・トルコ) 監督:Ayce Kartal
 ・『Love』“Love”(ハンガリー・仏) 監督:レーカ・プチ(Réka Bucsi)
 ・『Hedgehog's Home』“Hedgehog’s Home”(カナダ・クロアチア) 監督:Eva Cvijanović
 ・“Min Börda (The Burden)”(スウェーデン) 監督:Niki Lindroth Von Bahr

 これだけ選び出していても、なかなかショートリストやノミネーションを当てるのは難しいので、実際にリストが出てみたらまるで当たっていなかったということもあるわけですが、現時点での感触では、“Wicked Girl(Kotu Kiz/ Vilaine fille)”、『Hedgehog's Home』、“Min Börda (The Burden)”、“I Am Little Red”あたりが有望であるように見えます。(最有力は“Min Börda (The Burden)”かな。)

 米国アカデミー賞2018 短編アニメーション賞ショートリスト10作品は、11月半ばに発表される予定です。

 *この記事がなかなか参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・米国アカデミー賞2017 短編アニメーション賞 候補リスト:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201610/article_44.html
 ・米国アカデミー賞2017 短編アニメーション賞 ショートリスト10作品発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201611/article_42.html

 ・米国アカデミー賞2016 短編アニメーション賞 ロングリスト:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201511/article_10.html
 ・米国アカデミー賞2016 短編アニメーション賞 ショートリスト10作品発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201511/article_26.html

 ・米国アカデミー賞2015 短編アニメーション賞 ショートリスト10作品発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201411/article_5.html

 ・米国アカデミー賞2014 短編アニメーション賞 ショートリスト発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201311/article_13.html

 ・米国アカデミー賞2013 短編アニメーション賞 ショートリスト発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201211/article_9.html

 ・米国アカデミー賞2012 短編アニメーション賞 ロングリスト:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201111/article_21.html
 ・米国アカデミー賞2012 短編アニメーション賞 ショートリスト発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201112/article_3.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2017年9月〜2018年1月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201708/article_31.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
米国アカデミー賞2018 短編アニメーション賞候補 63作品! 海から始まる!?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる