海から始まる!?

アクセスカウンタ

zoom RSS 米・製作者組合賞(PGA)2018 ドキュメンタリー部門ノミネーション発表!

<<   作成日時 : 2017/11/21 18:01   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 第29回米・製作者組合賞(PGA)の、ドキュメンタリー部門のノミネーションが発表になりました。(11月20日)

画像

 ・『チェイシング・コーラル 消えゆくサンゴ礁』“Chasing Coral” 監督:ジェフ・オーロースキー(Jeff Orlowski)
 ・“City of Ghosts” 監督:マシュー・ハイネマン(Matthew Heineman)
 ・『シリアからの叫び』“Cries from Syria”(米・シリア・チェコ) 監督:エフゲニー・アフィネフスキー(Evgeny Afineevsky)
 ・“Earth: One Amazing Day”(英) 監督:Richard Dale、リーシン・ファン(Lixin Fan)、ピーター・ウェーバー(Peter Webber)
 ・“Jane” 監督:ブレット・モーゲン(Brett Morgen)
 ・『ジョシュア 大国に抗った少年』“Joshua: Teenager vs. Superpower” 監督:Joe Piscatella
 ・“The Newspaperman: The Life And Times of Ben Bradlee” 監督:John Maggio

 例年、ドキュメンタリー部門のノミネーションは5本でしたが、今回は7本選ばれています。

 まだタイトルだけでノミネート対象者の名前は発表されていません。

 先行するクリティクス・チョイス・アワードやシネマ・アイ・オナーズに重なるノミニーもありますが、有力視されている(米国)作品の中では、『エクス・リブリス ― ニューヨーク公共図書館』、“Strong Island”、“Step”、『不都合な真実2:放置された地球』、『ジョンベネ殺害事件の謎』などが、ノミネート段階で落選しています。
 また、“The Newspaperman: The Life And Times of Ben Bradlee”は、米国アカデミー賞2018長編ドキュメンタリー賞にはエントリーされていない作品です。

 米・製作者組合賞(PGA)に、ドキュメンタリー部門ができて11年。過去10年でアカデミー賞長編ドキュメンタリー賞と同じ結果になったのは5回だけで、ノミネーションもあまり重ならず、少なくとも現時点ではアカデミー賞を占うような賞にはなっていません。
 ただし、過去5年では3回一致しています。

 2013年では、米国アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞ノミネーションと一致したのは2本だけで、この時は『シュガーマン 奇跡に愛された男』が受賞して、2つの賞の結果が一致しました。
 2014年は、ノミネーションが1本も重ならず。
 2015年は、ノミネーション段階で一致したのは1本だけで、この年のドキュメンタリー部門は、“Life Itself”と『シチズンフォー スノーデンの暴露』の一騎打ちだったわけですが、PGAではノミネーション段階で『シチズンフォー スノーデンの暴露』を落とし、“Life Itself”が受賞。一方、米国アカデミー賞の方は、ノミネーション段階で“Life Itself”を落とし、『シチズンフォー スノーデンの暴露』が受賞しています。
 2016年は、『AMY エイミー』と『ルック・オブ・サイレンス』の一騎打ちでしたが、PGAと米国アカデミー賞のノミネーションで一致したのはこの2本だけで、最終的にどちらも『AMY/エイミー』が受賞を果たしています。
 2017年は、ノミネーションでは『ぼくと魔法の言葉たち』と“O.J.: Made in America”が一致し、ともに“O.J.: Made in America”が受賞しています。

 米国アカデミー賞との関連性を強めようとして、今回、ノミネーションを7本にしたとも考えられますが、そんなこともないでしょうか。結果的に、今回は3本か4本、ノミネーションが一致するように予想されますが。

 ちなみに、過去のデータを具体的に書き出しておくと―
 ※ 同じ作品が受賞した年は◎/一致したノミネート作品数

 2017年:◎/2 受賞作:“O.J.: Made in America”
 2016年:◎/2 受賞作:『AMY エイミー』
 2015年:×/1
 2014年:×/0
 2013年:◎/2 受賞作:『シュガーマン 奇跡に愛された男』
 2012年:×/0
 2011年:×/1
 2010年:◎/2 受賞作:『ザ・コーヴ』
 2009年:◎/2 受賞作:『マン・オン・ワイヤー』
 2008年:×/1

 ノミネーションで2作品が一致した年に受賞作が一致する、という巡りあわせ(ジンクス?)もありそうです。

 第29回米・製作者組合賞(PGA)のテレビ部門、映画部門のノミネーションは1月5日に発表され、授賞式は1月20日に行われます。

 *この記事がなかなか参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・米・製作者組合賞(PGA)2017 映画部門ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201701/article_31.html
 ・米・製作者組合賞(PGA)2017 ドキュメンタリー部門ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201611/article_39.html
 ・米・製作者組合賞(PGA)2017 テレビ部門ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201701/article_24.html
 ・米・製作者組合賞(PGA) 2017 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201701/article_77.html
 ・米・製作者組合賞(PGA)2016 ドキュメンタリー部門ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201511/article_28.html
 ・米・製作者組合賞(PGA)2016 テレビ部門ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201512/article_87.html
 ・米・製作者組合賞(PGA)2016 映画部門ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201601/article_14.html
 ・米・製作者組合賞(PGA)2016 受賞結果: http://umikarahajimaru.at.webry.info/201601/article_51.html
 ・米・製作者組合賞(PGA)2015 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201501/article_30.html
 ・米・製作者組合賞(PGA)2015 受賞結果: http://umikarahajimaru.at.webry.info/201502/article_2.html
 ・米・製作者組合賞(PGA)2014 ドキュメンタリー部門ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201311/article_39.html
 ・米・製作者組合賞(PGA)2014 TV部門ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201312/article_11.html
 ・米・製作者組合賞(PGA)2014 長編映画部門ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201401/article_3.html
 ・米・製作者組合賞2014 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201401/article_60.html
 ・米・製作者組合賞2013 ドキュメンタリー部門&テレビ部門ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201212/article_2.html
 ・米・製作者組合賞2013 映画部門ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201301/article_2.html
 ・米・製作者組合賞2013 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201301/article_63.html
 ・米・製作者組合賞2012 ドキュメンタリー部門ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201112/article_5.html
 ・米・製作者組合賞2012 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201201/article_4.html
 ・米・製作者組合賞2012 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201201/article_43.html
 ・米・製作者組合賞2011 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201101/article_8.html
 ・米・製作者組合賞2011 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201101/article_42.html
 ・米・製作者組合賞2010 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201001/article_4.html
 ・米・製作者組合賞2010 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201001/article_40.html
 ・米・製作者組合賞2009 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200901/article_4.html
 ・米・製作者組合賞2009 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200901/article_32.html

 ・米国アカデミー賞2018 長編ドキュメンタリー賞エントリー作品170作品リスト その1:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201710/article_48.html
 ・米国アカデミー賞2018 長編ドキュメンタリー賞エントリー作品170作品リスト その2:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201710/article_49.html
 ・米国アカデミー賞2018 長編ドキュメンタリー賞エントリー作品170作品に関する考察:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201710/article_50.html

 ・シネマ・アイ・オナーズ2018 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201711/article_8.html

 ・IDAアワード2017 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201711/article_3.html

 ・グリアソン・アワード2017 ショートリスト:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201708/article_1.html
 ・グリアソン・アワード2017 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201709/article_32.html
 ・グリアソン・アワード2017 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201711/article_14.html

 ・クリティクス・チョイス・アワード2017 ドキュメンタリー部門賞ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201710/article_12.html
 ・クリティクス・チョイス・アワード2017 ドキュメンタリー部門賞受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201711/article_5.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2017年9月〜2018年1月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201708/article_31.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
米・製作者組合賞(PGA)2018 ドキュメンタリー部門ノミネーション発表! 海から始まる!?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる