海から始まる!?

アクセスカウンタ

zoom RSS バンビ・メディア賞2017 シュワちゃん、C・シファー、H・ジャックマン、レジ袋ゼロ運動、前大統領…

<<   作成日時 : 2017/11/18 01:02   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 ドイツのメディア企業のフーベルト・ブルダ・メディア(Hubert Burda Media)主催の第69回バンビ・メディア賞(Bambi Media Awards)」授賞式がドイツのベルリンで開催されました。(11月16日)

 この賞は、この1年間にドイツのメディアを賑わわせた有名人・著名人に贈られる賞で、日本では特定のスターのファンが情報を追っかけているついでにバンビ賞の結果も拾うという程度で、一般にはほとんど知られていませんが、歴史もあり、インターナショナルではけっこうメジャーな賞です。

 今年の受賞者は以下の通りです。

画像

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 ◆男優賞 ナショナル部門(Schauspieler National)
 ・コスティア・ウルマン(Kostja Ullmann) “Mein Blinddate mit dem Leben”
 ◎ハイノ・フェルヒ(Heino Ferch) “Allmen”(TVシリーズ)、“Spuren des Bösen”(TV映画)
 ・ジャニス・ニーヴナー(Jannis Niewöhner) “Jugend ohne Gott”、“Maximilian – Das Spiel von Macht und Liebe”

画像

 ◆女優賞 ナショナル部門(Schauspielerin National)
 ◎アリシア・フォン・リットベルク(Alicia von Rittberg) “Charité” [TVミニ・シリーズ]
 ・エミリア・シューレ(Emilia Schüle) “High Society – Gegensätze ziehen sich an”
 ・ユリア・コーシッツ(Julia Koschitz) “Das Sacher”

画像

 ◆国内映画賞(Film National)
 ・“Mein Blinddate mit dem Leben”(独) 監督:マルク・ローテムント(Marc Rothemund)
 ◎『はじめてのおもてなし』“Willkommen bei den Hartmanns”(独) 監督:サイモン・ヴァーホーヴェン
 ・“Grießnockerlaffäre”(独) 監督:Ed Herzog

 ・『はじめてのおもてなし』“Willkommen bei den Hartmanns(Welcome To Germany)”(独) 監督:ジーモン・ファーフーフェン(サイモン・ヴァーホーヴェン)(Simon Verhoeven)
 物語:ミュンヘンの裕福な一家が、難民に対して、部屋の提供を申し出る。ナイジャリア出身のDialloがやってきて、たちまち家族と仲良くなる。ところが、彼のせいで、一家は人種差別や官僚制の壁、テロ疑惑に直面することになる。
 バイエルン映画賞2017 作品賞/プロデューサー賞、観客賞受賞。
 ドイツ映画批評家協会賞2017 男優賞(Eric Kabongo)ノミネート。
 ジュピター賞2017 最優秀ドイツ映画賞ノミネート。
 ドイツ映画賞2017 観客賞受賞。作品賞ノミネート。
 ミュンヘン映画祭2017 平和のためのドイツ映画賞-ザ・ブリッジ部門 監督賞ナショナル部門受賞。
 Stony Brook映画祭2017 オープニング・ナイト映画賞2017出品。
 ヨーロッパ映画賞2017 コメディー賞ノミネート。


画像

 ◆コメディー賞(Comedy)
 ◎Monika Gruber
 Monika Gruber(1971- )は、ドイツのキャバレー・アーティスト、女優。キャバレー・プログラム、TVドラマ、映画、舞台などに出演している。

画像

 ◆音楽賞 ナショナル部門(Musik National)
 ◎ヘレーネ・フィッシャー(Helene Fischer)
 ヘレーネ・フィッシャー(1984- )は、クラスノヤルスク生まれで、1988年に家族で西ドイツに移住。2005年にデビュー。エコー賞16回を含む多数の賞を受賞。2013年にリリースしたアルバム“Farbenspiel”は、ドイツ・アーティストの中で最もダウンロードされたアルバムになっている。美しい歌声とセクシーなショーで知られる。

画像

 ◆エンタテインメント賞(Entertainment)
 ◎ヒュー・ジャックマン

画像

 ◆ファッション・アイコン賞
 ◎クラウディア・シファー
 モデルとしてデビューしてから30年を祝して。1991年にもシューティング・スター賞を受賞している。

画像

 ◆スポーツ賞(Sport)
 ◎ウラジミール・クリチコ(Wladimir Klitschko)
 ウラジミール・クリチコ(1976- )は、カザフスタン出身の元プロボクサー。元WBA・IBF・WBO世界ヘビー級スーパー王者。アトランタオリンピックスーパーヘビー級金メダリスト。ニックネームは「鉄槌博士」。1996年にプロに転向後、ドイツを拠点として活動している。元WBO世界ヘビー級王者ビタリ・クリチコは、兄で現キエフ市長。

画像

 ◆審査員特別賞(Sonderpreis der Jury)
 ◎ダイアン・クルーガー、ファティ・アキン “Aus dem Nichts”

 “Aus Dem Nichts(In the Fade)”(独・仏) 監督:ファティ・アキン
 出演:ダイアン・クルーガー、ヌーマン・アチャル(Numan Acar)、Jessica McIntyre、Ulrich Brandhoff、Siir Eloglu
 物語:カーチャは、クルド人のNuri Sekerciと結婚して、5歳の息子がいる。住んでいるのはハンブルクだ。彼女は、学生時代に彼から大麻を買って、出会った。彼の両親も彼女の両親も反対したが、彼がまだ刑務所にいる時に2人は結婚した。ロッコが生まれてから、Nuriは、麻薬の密売をやめ、服役中から経営の仕事を学び、今、ハンブルクで、翻訳と税の事務所で働いている。彼女は、午後、夫の事務所で息子を降ろした。カーチャは夕方に戻ってきて、道路が封鎖されているのを見つける。警察官は、釘爆弾で男性と子どもが殺されたと言う。DNA検査によって、殺されたのは夫と息子であることがわかる。攻撃直後、カーチャは、現場でブロンドの女性を見かけた。そのバイクは新しかったけれども、バイクはレールにつないでなかった。バイクの籠には、黒い小包が入っていた。カーチャは、見たものを警察に話す。しかし、捜査は麻薬取引に対する復讐という線から離れない。彼女は、夫の背後に攻撃されるような何かがあったのかと疑う。警察は2人の容疑者を逮捕する。アンドレとエッダ。国際的なネットワークに絡むネオ・ナチのカップルで、隙のない証拠により、2人の殺人の起訴が行なわれるという。裁判所での公判で、科学的な専門家が、恐ろしい爆弾の詳細について説明する。カーチャの側には弁護士のDanilo Favaがついた。カーチャは、アンドレの父親に会った。アンドレの父親は、息子の行為を信じていない。彼は、カーチャをコーヒーとケーキに誘う。息子の描いた絵と浴室の海賊船の小さなプラスチックの碇が、彼女に息子と夫を思い出させる。彼女の絶望は深く、このままでは生きていくことができない。しかし、彼女は、正義と復讐のために立ち上がる決心をする。
 ダイアン・クルーガーが、母国語であるドイツ語の映画に出演するのはこれが初めて。
 脚本は、前作『50年後のボクたちは』(2016)でも組んだHark Bohmとともに書き上げた。
 カンヌ国際映画祭2017コンペティション部門出品。女優賞(ダイアン・クルーガー)受賞。
 シドニー映画祭2017出品。
 モスクワ国際映画祭2017Masters部門出品。
 カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭2017ホライズンズ部門出品。
 ゴールデン・アプリコット国際映画祭2017出品。
 オデッサ国際映画祭2017フェスティバル・オブ・フェスティバルズ部門出品。
 ニュー・ホライズンズ映画祭2017出品。
 サラエボ映画祭2017オープン・エアー部門出品。
 メルボルン国際映画祭2017出品。
 ヨーロッパ映画賞2017 オフィシャル・セレクション。
 トロント国際映画祭2017 SPECIAL PRESENTATIONS部門出品。
 ベルゲン国際映画祭2017出品。
 バンクーバー国際映画祭2017出品。
 ハンプトンズ国際映画祭2017出品。
 釜山国際映画祭2017ワールド・シネマ部門出品。
 ミル・ヴァレー映画祭2017出品。
 シカゴ国際映画祭2017出品。
 ミドルバーグ映画祭2017出品。
 フィラデルフィア映画祭2017出品。
 フィルムコロンビア・フェスティバル2017出品。
 テッサロニキ国際映画祭2017出品。
 デンバー国際映画祭2017出品。
 AFIフェスト2017出品。
 リュブリャナ国際映画祭2017出品。
 米国アカデミー賞2018 外国語映画賞 ドイツ代表。


画像

 ◆観客賞(Publikums-BAMBI)
 ◎Kai Pflaume
 ・Johannes B. Kerner
 ・Elton
 ・Frank Buschmann

 Kai Pflaume(1967- )は、ドイツのTV番組の司会者。

画像

 ◆勇気賞(Courage(Mut))
 ◎アイ・ウェイウェイ(艾未未)
 アイ・ウェイウェイは、映画や写真、本、インスタレーション、建設プロジェクトなどを通して、抑圧や検閲と闘っている。

画像

 ◆静かな英雄賞(Stille Helden)
 ◎Waltraud Hubert
 Waltraud Hubertは、ハンブルク・エッペンドルフ大学医療センターの小児科の看護師で、NCL(神経セロイドリポフスチン症)にかかった子どもたちの看護、および、その家族のケアを行なっている。
 NCLは、先天性の疾患で、たんぱく質を分解する酵素が欠損しているために、臓器にセロイドやリポフスチンが蓄積して、(生まれてすぐには症状は現れないものの)次第に神経症状や退行、視力障害を起こす稀な病気で、現在でも治癒はできず、延命も難しいとされる。この病気には、専門の知識と、家族の理解と協力が必要で、ハンブルク・エッペンドルフ大学医療センターには、ドイツ国内と国外から子どもたちが診察と治療を受けにやってきている。

画像

 ◆我々の地球賞(Unsere Erde)
 ◎アーノルド・シュワルツェネッガー
 環境保護活動に積極的で、自ら環境保護団体を主催している。ドナルド・トランプとは同じ共和党に所属しながら環境政策に対しては批判的な立場を取っている。

画像

 ◎Melati & Isabel Wijsen バリのレジ袋廃止運動"Bye Bye Plastic Bags"
 2013年、当時10歳と12歳だったバリ島の姉妹メラティとイザベル(Melati & Isabel Wijsen)は、世界を変えるためにできることをしようと考えて、わずかしかリサイクルされず、環境を汚染し、海の生物にも被害を与えるレジ袋をなくすことから始めようとして、「バイバイ、レジ袋」運動を立ち上げた。海岸でのプラスチックゴミの回収や講演、エコバックの配布などを行ない、「レジ袋ゼロ」を目指した。その活動は、子どもたちから大人へと広がり、ついには州知事を動かして、2018年までにレジ袋の撤廃を約束させるまでになった。

 ◆レジェンド賞(Legende)
 ◎トム・ジョーンズ

画像

 ◆ミレニアム賞(Milleniums-Bambi)
 ◎ヨアヒム・ガウク(Joachim Gauck)(1940- )
 ドイツ連邦共和国の第11代連邦大統領(2012-2017)。
 入学が許可された神学部を卒業し、1967年に牧師になった。旧東ドイツの体制には批判的で、社会主義独裁体制を崩壊に導き、1990年の東ドイツ最後の人民議会選挙で同盟90から当選した。ドイツ統一後は、政治からは距離を置き、テレビ番組の司会や講演活動などを行なった。2003年からはベルリンに拠点を移し、中間法人「民主主義のために忘れない」代表に就任。2010年にドイツ民主党と緑の党によって、連邦大統領に推されたが敗退。しかし、この時当選したクリスティアン・ヴルフが汚職事件で辞任したため、ガウクが後任に選ばれた。高齢を理由に1期限りで退任した。

画像

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 *この記事がなかなか参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・バンビ・メディア賞2016:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201611/article_33.html
 ・バンビ・メディア賞2010:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201011/article_18.html
 ・バンビ・メディア賞2009:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200912/article_9.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2017年9月〜2018年1月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201708/article_31.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
バンビ・メディア賞2017 シュワちゃん、C・シファー、H・ジャックマン、レジ袋ゼロ運動、前大統領… 海から始まる!?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる