海から始まる!?

アクセスカウンタ

zoom RSS AACTAオーストラリア・アカデミー賞2017 ノミネーション

<<   作成日時 : 2017/11/11 05:46   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 第7回AACTAオーストラリア・アカデミー賞のノミネーションが発表されました。(10月30日)


 【長編映画部門】(Feature film)

 ◆作品賞
 ・“Ali's Wedding”(オーストラリア) 監督:ジェフリー・ウォーカー(Jeffrey Walker)
 ・“Berlin Syndrome”(オーストラリア) 監督:ケイト・ショートランド
 ・“Hounds of Love”(オーストラリア):Ben Young
 ・“Jasper Jones”(オーストラリア) 監督:Rachel Perkins
 ・『LION/ライオン 〜25年目のただいま〜』(英・オーストラリア・米) 監督:ガース・デイヴィス

 “Ali's Wedding”は、シドニー映画祭2017 観客賞受賞。メルボルン国際映画祭2017 観客賞第2席。
 “Berlin Syndrome”は、サンダンス映画祭2017出品。
 “Hounds of Love”は、ブリュッセル国際映画祭2016 監督賞、女優賞(エマ・ブース)受賞。ベネチア国際映画祭2016 ベネチア・デイズ部門Fedeora賞(アシュリー・カミングス)受賞。
 “Jasper Jones”は、オーストラリア脚本組合賞2016脚色賞(Awgie賞)受賞。アジア太平洋スクリーン・アワード2017 ユース作品賞ノミネート。
 『LION/ライオン 〜25年目のただいま〜』は、AACTAインターナショナル賞2017 助演男優賞(デヴ・パテル)、助演女優賞(ニコール・キッドマン)受賞。作品賞、監督賞、脚本賞ノミネート。ゴールデン・グローブ賞2017 作品賞ドラマ部門、助演男優賞(デヴ・パテル)、助演女優賞(ニコール・キッドマン)、オリジナル作曲賞ノミネート。米・監督組合賞(DGA)2017 第1回作品賞受賞。米・撮影監督協会賞(ASC) 2017 劇場公開作品部門受賞。BAFTA英国アカデミー賞2017 助演男優賞(デヴ・パテル)、脚色賞受賞。助演女優賞(ニコール・キッドマン)、撮影賞、オリジナル作曲賞ノミネート。米国アカデミー賞2017 作品賞、助演男優賞(デヴ・パテル)、助演女優賞(ニコール・キッドマン)、脚色賞、撮影賞、オリジナル作曲賞ノミネート。

 ◆監督賞
 ・ガース・デイヴィス 『LION/ライオン 〜25年目のただいま〜』
 ・ケイト・ショートランド “Berlin Syndrome”
 ・ジェフリー・ウォーカー(Jeffrey Walker) “Ali's Wedding”
 ・Ben Young “Hounds of Love”

 ガース・デイヴィスは、米・監督組合賞(DGA)2017 第1回作品賞受賞。
 Ben Youngは、ブリュッセル国際映画祭2016 監督賞受賞。

 ◆主演男優賞
 ・Stephen Curry “Hounds of Love”
 ・ユエン・レスリー(Ewen Leslie) “The Butterfly Tree”(オーストラリア)(監督:Priscilla Cameron)
 ・サニー・パワール 『LION/ライオン 〜25年目のただいま〜』
 ・Osamah Sami “Ali's Wedding”

 ◆主演女優賞
 ・エマ・ブース(Emma Booth) “Hounds of Love”
 ・テレサ・パルマー(Teresa Palmer) “Berlin Syndrome”
 ・Helana Sawires “Ali's Wedding”
 ・Sara West “Don't Tell”(オーストラリア)(監督:Tori Garrett)

 エマ・ブースは、ブリュッセル国際映画祭2016女優賞受賞。

 ◆助演男優賞)
 ・Don Hany “Ali's Wedding”
 ・デヴ・パテル 『LION/ライオン 〜25年目のただいま〜』
 ・ジャック・トンプソン “Don't Tell”
 ・ヒューゴ・ウィーヴィング “Jasper Jones”

 デヴ・パテルは、AACTAインターナショナル賞2017 助演男優賞受賞。BAFTA英国アカデミー賞2017 助演男優賞受賞。

 ◆助演女優賞
 ・Frances Duca “Ali's Wedding”
 ・ニコール・キッドマン 『LION/ライオン 〜25年目のただいま〜』
 ・ジャクリーン・マッケンジー(Jacqueline McKenzie) “Don't Tell”
 ・スージー・ポーター(Susie Porter) “Hounds of Love”

 ニコール・キッドマンは、AACTAインターナショナル賞2017助演女優賞受賞。

 ◆オリジナル脚本賞
 ・Priscilla Cameron “The Butterfly Tree”
 ・Cris Jones “The Death and Life of Otto Bloom”(オーストラリア)(監督:Cris Jones)
 ・アンドリュー・ナイト(Andrew Knight)、Osamah Sami “Ali's Wedding”
 ・Ben Young “Hounds of Love”

 ◆脚色賞
 ・ルーク・デイヴィス(Luke Davies) 『LION/ライオン 〜25年目のただいま〜』 原作:『25年目の「ただいま」』“A Long Way Home” サルー・ブライアリー(Saroo Brierley)、Larry Buttrose
 ・Shaun Grant “Berlin Syndrome“ 原作:”Berlin Syndrome“ Melanie Joosten
 ・Shaun Grant、Craig Silvey 原作:“Jasper Jones“ Craig Silvey
 ・James Greville、Ursula Cleary、アン・ブルックスバンク(Anne Brooksbank) “Don't Tell

 『LION/ライオン 〜25年目のただいま〜』は、BAFTA英国アカデミー賞2017脚色賞受賞。

 ◆撮影賞
 ・ステファン・ダスチオ(Stefan Duscio) “Jungle”(オーストラリア・コロンビア)(監督:グレッグ・マクリーン(Greg McLean))
 ・クレイグ・フレイザー 『LION/ライオン 〜25年目のただいま〜』
 ・ジェフリー・ホール(Geoffrey Hall) “Red Dog: True Blue”(オーストラリア)(監督:クリフ・サンダース(Kriv Stenders))
 ・Michael McDermott “Hounds of Love”

 ◆編集賞
 ・アレクサンドル・デ・フランチェスキ(Alexandre de Franceschi) 『LION/ライオン 〜25年目のただいま〜』
 ・Merlin Eden “Hounds of Love”
 ・ジャック・ハッチングス(Jack Hutchings) “Berlin Syndrome”
 ・ニック・マイヤーズ(Nick Meyers) “Australia Day”(オーストラリア)(監督:クリフ・サンダース)

 ◆美術賞
 ・メリンダ・ドーリング(Melinda Doring) “Berlin Syndrome”
 ・クリス・ケネディー(Chris Kennedy) 『LION/ライオン 〜25年目のただいま〜』
 ・Ben Morieson “The Death and Life of Otto Bloom”
 ・ハーバート・ピンター(Herbert Pinter) “Jasper Jones”

 ◆衣裳デザイン賞
 ・カッピ・アイルランド(Cappi Ireland) 『LION/ライオン 〜25年目のただいま〜』
 ・Maria Pattison “Berlin Syndrome”
 ・テス・スコフィールド(Tess Schofield) “Dance Academy: The Movie”(オーストラリア・独)(監督:ジェフリー・ウォーカー(Jeffrey Walker))
 ・マーゴット・ウィルソン(Margot Wilson) “Jasper Jones”

 ◆録音賞(Best Sound)
 ・Liam Egan、Trevor Hope、Robert Sullivan、Yulia Akerholt、James Andrews、Les Fiddess “Jasper Jones”
 ・Serge Lacroix、Cate Cahill、Francis Byrne “Killing Ground”(オーストラリア)(監督:Damien Power)
 ・ロバート・マッケンジー(Robert Mackenzie)、Glenn Newnham、Nakul Kamte、Andrew Ramage、James Ashton、Mario Vaccaro 『LION/ライオン 〜25年目のただいま〜』
 ・ウェイン・パシュリー(Wayne Pashley)、Rick Lisle、Fabian Sanjurgo、マイケル・セマニック(Michael Semanick)、グレッグ・ランデイカー(Gregg Landaker) 『レゴバットマン ザ・ムービー』

 ◆オリジナル作曲賞(Best Original Music Score)
 ・フォルカー・ベルテルマン(Volker Bertelmann)、ダスティン・オハロラン(Dustin O’Halloran) 『LION/ライオン 〜25年目のただいま〜』
 ・ブライオニー・マークス(Bryony Marks) “Berlin Syndrome”
 ・ナイジェル・ウェストレイク(Nigel Westlake) “Ali's Wedding”
 ・Caitlin Yeo “The Butterfly Tree”

 ◆ヘア&メイキャップ賞(Best Hair and Makeup)(映画部門以外も含む)
 ・“Blue Murder: Killer Cop”(Seven Network) Nikki Gooley、Sheldon Wade
 ・“Cleverman”(ABC) Katherine Brown、Troy Follington、Simon Joseph
 ・“Hounds of Love” Hayley Atherton、Kate Anderson
 ・“The Osiris Child: Science Fiction Volume One” Jen Lamphee、Anna Gray、Melissa Chew

 ◆視覚効果/アニメーション賞(Best Visual Effects or Animation)(映画部門以外も含む)
 ・『バーニング・オーシャン』 Jason Billington、James Whitlam、Linda Luong
 ・『ドクター・ストレンジ』 Brendan Seals、Steven Swanson、Raphael A. Pimentel、Andrew Zink
 ・『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン7「戦利品」“Game of Thrones”(Foxtel/Showcase) – ‘The Spoils of War’ Joe Bauer、Steve Kullback、Glenn Melenhorst、Ineke Majoor、Josh Simmonds
 ・『レゴバットマン ザ・ムービー』 ロブ・コールマン(Rob Coleman)、Amber Naismith、Miles Green、Damien Gray、Craig Welsh

 【短編映画部門】

 ◆短編映画賞(Best Short Fiction Film) 7月14日発表
 ・“The Eleven O'Clock”(オーストラリア) 監督:Derin Seale
 ・“Miro”(オーストラリア) Victoria Wharfe McIntyre
 ・『マカッチャン夫人』“Mrs McCutcheon”(オーストラリア) 監督:ジョン・シーディ(John Sheedy)
 ・“Slapper”(オーストラリア) 監督:Luci Schroder

 “The Eleven O'Clock”は、LAショート・フェスト2016 ベスト・コメディー受賞。ロード・アイランド国際映画祭2017 ベスト・コメディー・ショート受賞。
 『マカッチャン夫人』は、オーバーハウゼン国際短編映画祭2017 11-14歳プログラム オナラブル・メンション受賞。ハート・オブ・ゴールド国際短編映画祭2017 Gympie Gold Award受賞。ハンブルク国際短編映画祭2017 Mo Award受賞。メルボルン国際映画祭2017 最優秀オーストラリア短編賞受賞。ロード・アイランド国際映画祭2017 監督賞、観客賞受賞。サンパウロ国際短編映画祭2017 観客賞受賞。
 “Slapper”は、シドニー映画祭2016 Dendy Award for Best Short Fiction受賞。メルボルン国際映画祭2016 エマージング・オーストラリア・フィルムメイカー賞受賞。サンダンス映画祭2017出品。オーストラリア監督組合賞2017 最優秀短編賞受賞。St.Kilda映画祭2017 スペシャル・コメンデーション受賞。

 ◆短編アニメーション賞(Best Short Animation) 7月14日発表
 ・“After All”(オーストラリア) 監督:Michael Cusack
 ・“Barbara”(オーストラリア) 監督:Larissa Behrendt、Marieka Walsh
 ・“Lost Property Office”(オーストラリア) 監督:Daniel Agdag
 ・“The Wall”(オーストラリア) 監督:Nick Baker、Tristan Klein

 “Lost Property Office”は、シドニー映画祭2017 監督賞(ルーベン・マムーリアン賞)、Yoram Gross Award受賞。メルボルン国際映画祭2017 審査員スペシャル・メンション受賞。

 【テレビ部門】(Television)

 ◆最優秀ドラマ・シリーズ賞(Best Drama Series)
 ・“Cleverman”(ABC) ローズマリー・ブライト(Rosemary Blight)、Sharon Lark、Ryan Griffen、Jane Allen
 ・『グリッチ』“Glitch”(ABC) Louise Fox、トニー・エアーズ、Julie Eckersley、Chris Oliver-Taylor
 ・“Janet King - Playing Advantage”(ABC) Lisa Scott、カール・ズウィッキー(Karl Zwicky)、Greg Haddrick
 ・“Top of the Lake: China Girl”(Foxtel/BBC First) エミール・シャーマン(Emile Sherman)、イアン・カニング(Iain Canning)、ジェーン・カンピオン、Philippa Campbell、Libby Sharpe
 ・『ウェントワース女子刑務所』“Wentworth”(Foxtel/Showcase) Jo Porter、Pino Amenta

 ◆最優秀テレフィーチャー/ミニシリーズ賞(Best Telefeature or Mini Series)
 ・“Blue Murder: Killer Cop”(Seven Network) Carol Hughes、マイケル・ジェンキンス(Michael Jenkins)
 ・“Seven Types of Ambiguity”(ABC) Amanda Higgs、トニー・エアーズ、ジャクァリン・パースキー(Jacquelin Perske)
 ・“Sunshine”(SBS) イアン・コリー(Ian Collie)、Anna McLeish、セイラ・ショウ(Sarah Shaw)
 ・“Wake in Fright”(Network Ten) Helen Bowden、クリスティアン・モリエール(Kristian Moliere)

 ◆最優秀コメディー・シリーズ賞(Best Comedy Series)
 ・“No Activity”(Stan) Chloe Rickard
 ・“Rosehaven”(ABC) Andrew Walker、Kevin Whyte、Celia Pacquola、Luke McGregor
 ・“True Story with Hamish & Andy”(Nine Network) Tim Bartley、Andy Lee、Ryan Shelton、Andrew Walker
 ・“Utopia”(ABC) サント・シラウロ(Santo Cilauro)、トム・クレイスナー(Tom Gleisner)、ロブ・シッチ(Rob Sitch)、マイケル・ハーシュ(Michael Hirsh)

 ◆最優秀児童TVシリーズ賞(Best Children's Series)
 ・“Little Lunch - The Specials”(ABC) Robyn Butler、Wayne Hope
 ・“Mustangs FC”(ABC Me) Amanda Higgs、Rachel Davis
 ・“Nowhere Boys - Two Moons Rising”(ABC Me) Beth Frey、トニー・エアーズ、Michael McMahon
 ・“The Wild Adventures of Blinky Bill”(7Two) Barbara Stephen、Alexia Gates-Foale、Tracy Lenon

 ◆最優秀ライト・エンタテインメント・シリーズ賞(Best Light Entertainment Series)
 ・“Australian Ninja Warrior”(Nine Network) Julie Ward、Mark Barlin、Sophia Mogford
 ・“Gruen”(ABC) Wil Anderson、Nick Murray、Richard Huddleston、Polly Connolly
 ・“Hard Quiz”(ABC) Chris Walker、Kevin Whyte、Charlie Pickering、Tom Gleeson
 ・“Julia Zemiro's Home Delivery”(ABC) Damian Davis、Nick Murray、Polly Connolly、Nick Price

 ◆ライフスタイル番組賞(Best Lifestyle Television Program)
 ・“Destination Flavour Singapor”(SBS) E Erik Dwyer、Jason Franklin
 ・“Gourmet Farmer”(SBS) Josh Martin、Sonja Armstrong
 ・“Grand Designs Australia”(Foxtel/Lifestyle) Anna Gregory
 ・“Selling Houses Australia”(Foxtel/Lifestyle) Geoff Fitzpatrick、Duane Hatherly

 ◆最優秀リアリティー・シリーズ賞(Best Reality Series)
 ・“Australian Survivor”(Network Ten) Peter Newman、Amelia Fisk、Tim Toni、Mark Barlin
 ・“Little Big Shots”(Seven Network) Shaun Murphy、Sophia Mogford、Nick Davies
 ・“MasterChef Australia”(Network Ten) Marty Benson、Adam Fergusson、Tim Toni
 ・“My Kitchen Rules”(Seven Network) Joe Herdman、Matt Apps

 ◆最優秀監督賞 ドラマ/コメディー部門(Best Direction in a Drama or Comedy)
 ・ジェーン・カンピオン “Top of the Lake: China Girl - Episode 5: Who's Your Daddy?”(Foxtel/BBC First)
 ・グレンディン・イヴィン(Glendyn Ivin) “Seven Types of Ambiguity - Episode 2: Alex”(ABC)
 ・リア・パーセル(Leah Purcell) “Cleverman - Episode 4: Muya”(ABC)
 ・マシュー・サヴィル(Matthew Saville) “Please Like Me - Episode 4: Degustation”(ABC)

 ◆最優秀監督賞 ライト・エンタテインメント/ライフスタイル/リアリティー・シリーズ部門(Best Direction in a Television Light Entertainment、Lifestyle or Reality Series)
 ・“Australian Ninja Warrior Episode 1”(Nine Network) Gary Deans
 ・“Australian Survivor Episode 1”(Network Ten) Richard Franc
 ・“Julia Zemiro’s Home Delivery Episode 1 – Sam Neill”(ABC) Damian Davis
 ・“Masterchef Australia Episode 1”(Network Ten) Richard Franc

 ◆主演男優賞 ドラマ部門(Best Lead Actor Drama)
 ・デイヴィッド・デンシック(David Dencik) “Top of the Lake: China Girl”(Foxtel/BBC First)
 ・ショーン・キーナン(Sean Keenan) “Wake in Fright”(Network Ten)
 ・リチャード・ロクスバーグ(Richard Roxburgh) “Blue Murder: Killer Cop”(Seven Network)
 ・ヒューゴ・ウィーヴィング “Seven Types of Ambiguity”(ABC)

 ◆主演女優賞 ドラマ部門(Best Lead Actress Drama)
 ・トニ・コレット “Blue Murder: Killer Cop”(Seven Network)
 ・マルタ・デュッセルドープ(Marta Dusseldorp) “Janet King - Playing Advantage”(ABC)
 ・エリザベス・モス “Top of the Lake: China Girl”(Foxtel/BBC First)
 ・パメラ・レーブ(Pamela Rabe) 『ウェントワース女子刑務所』“Wentworth”(Foxtel/Showcase)

 ◆最優秀ゲスト男優賞/助演男優賞 ドラマ部門(Best Guest or Supporting Actor Drama)
 ・アンソニー・ラパーリア(Anthony LaPaglia) “Sunshine”(SBS)
 ・ユエン・レスリー(Ewen Leslie) “Top of the Lake: China Girl”(Foxtel/BBC First)
 ・マット・ネイブル(Matt Nable) “Blue Murder: Killer Cop”(Seven Network)
 ・デイヴィッド・ウェナム(David Wenham) “Wake in Fright”(Network Ten)

 ◆最優秀ゲスト女優賞/助演女優賞 ドラマ部門(Best Guest or Supporting Actress Drama)
 ・エマ・ブース(Emma Booth) “Blue Murder: Killer Cop”(Seven Network)
 ・Tina Bursill “Doctor Doctor”(Nine Network)
 ・Andrea Demetriades “Seven Types of Ambiguity”(ABC)
 ・ニコール・キッドマン “Top of the Lake: China Girl”(Foxtel/BBC First)

 ◆最優秀演技賞 コメディー部門(Best Comedy Performance)
 ・Darren Gilshenan “No Activity”(Stan)
 ・デブラ・ローランス(Debra Lawrance) “Please Like Me”(ABC)
 ・Celia Pacquola “Rosehaven”(ABC)
 ・ロブ・シッチ(Rob Sitch) “Utopia”(ABC)

 ◆最優秀脚本賞(Best Screenplay in Television)
 ・“No Activity Episode 3 – Silent Night”(Stan) トレント・オドネル(Trent O’Donnell)
 ・“Rosehaven Episode 4”(ABC) Celia Pacquola、Luke Mcgregor
 ・“Seven Types of Ambiguity Episode 2 – Alex”(ABC) ジャクァリン・パースキー(Jacquelin Perske)
 ・“Utopia Episode 5 – Start Up”(ABC) サント・シラウロ(Santo Cilauro)、トム・クレイスナー(Tom Gleisner)、ロブ・シッチ(Rob Sitch)

 ◆最優秀撮影賞(Best Cinematography in Television)
 ・“Blue Murder: Killer Cop Episode 1– Part One”(Seven Network) Bruce Young
 ・“Seven Types of Ambiguity Episode 1 – Joe”(ABC) ボニー・エリオット(Bonnie Elliott)
 ・“Top of The Lake: China Girl Episode 5 – Who’s Your Daddy?”(Foxtel/BBC First) Germain Mcmicking
 ・“Wake in Fright Episode 1 – Part 1”(Network Ten) ジェフリー・ホール(Geoffrey Hall)

 ◆最優秀編集賞(Best Editing in Television)
 ・“Blue Murder: Killer Cop Episode 1 – Part One”(Seven Network) Bill Russo
 ・“Masterchef Australia Episode 1”(Network Ten) Toby Trappel、Karen Crespo
 ・“Seven Types of Ambiguity Episode 1 – Joe” ABC) ロドリゴ・バラート(Rodrigo Balart)
 ・“Utopia Episode 5 – Start Up”(ABC) Phil Simon、サント・シラウロ(Santo Cilauro)

 ◆美術賞(Best Production Design in Television)
 ・“A Place To Call Home Episode 2 – Fallout”(Foxtel/Showcase) Fiona Donovan
 ・“Blue Murder: Killer Cop Episode 1 – Part One”(Seven Network) ミュレイ・ピクネット(Murray Picknett)
 ・“Seven Types of Ambiguity Episode 1 – Joe”(ABC) Jo Ford
 ・“Top of The Lake: China Girl Episode 4 – Birthday”(Foxtel/BBC First) アニー・ビーチャム(Annie Beauchamp)

 ◆衣裳デザイン賞(Best Costume Design in Television)
 ・“A Place To Call Home Episode 1 – Own Worst Enemy”(Foxtel/Showcase) Lisa Meagher
 ・“Blue Murder: Killer Cop Episode 1 – Part One”(Seven Network) Damir Peranovic
 ・“Top of The Lake: China Girl Episode 4 – Birthday”(Foxtel/BBC First) エミリー・セレシン(Emily Seresin)
 ・“Wake in Fright Episode 1 – Part 1”(Network Ten) マリオット・ケア(Mariot Kerr)

 ◆最優秀録音賞(Best Sound in Television)
 ・“Cleverman Episode 3 – Dark Clouds”(ABC) Tim Chaproniere、Emile De La Ray、Matt Stutter、Paul Brincat、Nigel Scott、Chris Sinclair
 ・“Seven Types of Ambiguity Episode 1 – Joe”(ABC) Stephen Witherow、Justin Lloyd、Ian Macwilliams、Dan Young、Nigel Croyden、Stefan Kluka
 ・“Top of The Lake: China Girl Episode 4 – Birthday”(Foxtel/BBC First) Luke Mynott、David Lee、Tony Vaccher
 ・“Wake in Fright Episode 1 – Part 1”(Network Ten) Stephen Smith、Liam Price、Paul Brincat、Shanti Burn、Tony Murtagh

 ◆最優秀オリジナル作曲賞(Best Original Music Score in Television)
 ・“Blue Murder: Killer Cop Episode 1 – Part One”(Seven Network) John Gray
 ・“Cleverman Episode 3 – Dark Clouds”(ABC) Samuel Scott、Conrad Wedde、Lukasz Buda、Daniel Rankine
 ・“Top of The Lake: China Girl Episode 4 – Birthday”(Foxtel/BBC First) マーク・ブラッドショウ(Mark Bradshaw)
 ・“Wake in Fright Episode 1 – Part 1”(Network Ten) アントニー・パートス(Antony Partos)、マッテオ・ジンガレス(Matteo Zingales)

 [Subscription Television]

 ◆男性プレゼンター賞(Best Male Presenter)
 ・Paul Murray “Paul Murray Live”(Foxtel/Sky News)
 ・Neil Oliver “Coast Australia”(Foxtel/History)
 ・David Speers “Pm Agenda/Speers Tonight”(Foxtel/Sky News)
 ・Andrew Winter “Selling Houses Australia”(Foxtel/Lifestyle)

 ◆女性プレゼンター賞(Best Female Presenter)
 ・Shaynna Blaze “Selling Houses Australia”(Foxtel/Lifestyle)
 ・Margaret Pomeranz “Stage & Screen”(Foxtel/Arts)
 ・Yvonne Sampson “Fox Sports”(Foxtel/Fox Sports)
 ・Jess Yates “Fox Sports”(Foxtel/Fox Sports)

 ◆ライヴ・イベント賞(Best Live Event Production)
 ・“The 7th Annual CMC Music Awards”(Foxtel/CMC) Duane Hatherly
 ・“AFLW”(Foxtel/Fox Sports) Michael Neill、Leigh Carlson
 ・“Jeff Horn V Manny Pacquiao”(Foxtel/Fox Sports) Steve Crawley、Matt Weiss、Joe Bromham
 ・“Paul Murray Live On The Road”(Foxtel/Sky News) Paul Murray

 ◆ニュー・タレント賞(Best New Talent)
 ・Madeleine Clunies-Ross “A Place To Call Home”(Foxtel/Showcase)
 ・Zahra Newman 『ウェントワース女子刑務所』“Wentworth”(Foxtel/Showcase)
 ・Matt Okine “The Other Guy”(Stan)
 ・George Pullar “A Place To Call Home”(Foxtel/Showcase)
 ・Susie Youssef “No Activity”(Stan)

 【ドキュメンタリー部門】

 ◆ドキュメンタリー賞(Best Feature Length Documentary) 8月7日発表
 ・『ジョンベネ殺害事件の謎』“Casting JonBenet” キティー・グリーン(Kitty Green)、スコット・マコーリー(Scott Macaulay)、ジェームズ・シェイマス(James Schamus)
 ・“David Stratton: A Cinematic Life” Jo-anne McGowan
 ・“Deep Water: The Real Story” Darren Dale
 ・“Whiteley” Sue Clothier、James Bogle、Peta Ayers
 ・“Zach's Ceremony” Sarah Linton、Alec Doomadgee

 ◆ドキュメンタリー番組賞(Best Documentary Television Program)
 ・“In My Own Words”(NITV) Darren Dale
 ・“Man Up”(ABC) Jennifer Cummins、Danielle Brigham、Jackie Turnure
 ・“Servant or Slave”(NITV) Mitchell Stanley、Michaela Perske、Hetti Perkins
 ・“War On Waste”(ABC) Jodi Boylan

 ◆監督賞(Best Direction in a Documentary)
 ・“A Sense of Self”(ABC) ベントレー・ディーン(Bentley Dean)、マーティン・バトラー(Martin Butler)、Liz Jackson
 ・『ジョンベネ殺害事件の謎』“Casting Jonbenét” キティー・グリーン(Kitty Green)
 ・“Deep Water: The Real Story” Amanda Blue
 ・“Whiteley” James Bogle

 ◆撮影賞(Best Cinematography in a Documentary)
 ・“Blue” Jody Muston、Jon Shaw
 ・“Deep Water: The Real Story” Simon Morris
 ・“Servant or Slave”(NITV) サイモン・チャップマン(Simon Chapman)
 ・“Tales By Light Episode 3 – Life And Death”(Foxtel/National Geographic) Abraham Joffe

 ◆編集賞(Best Editing in a Documentary)
 ・“Blue” Vanessa Milton
 ・“Conviction”(ABC) Terry Carlyon
 ・“The Surgery Ship Episode 1 – The Power of Yes & No”(Foxtel/Nat Geo People) Orly Danon
 ・“Whiteley” Lawrie Silvestrin

 ◆録音賞(Best Sound in a Documentary)
 ・“Blue” David White、Dan Miau、Sarah Henty
 ・“Conviction”(ABC) Ben Banks、Keith Thomas
 ・“The Family” Keith Thomas、Livia Ruzic、Mark Tarpey
 ・“Whiteley” Ric Curtin、John Simpson、Lawrie Silvestrin

 ◆オリジナル作曲賞(Best Original Music Score in a Documentary)
 ・“Blue” Ash Gibson Greig
 ・“The Family” Amanda Brown
 ・“Servant or Slave”(NITV) George Papanicolaou
 ・“Whiteley” Ash Gibson Greig

 【オンライン・ビデオ/シリーズ部門】(Online Video or Series)

 ◆ オンライン・ビデオ/シリーズ賞(Best Online Video or Series)
 ・“Doodles” Charlie Aspinwall、Daley Pearson、Meg O’Connell、Benjamin Zaugg
 ・“High Life” Luke Eve、Adam Dolman
 ・“Rackaracka” Danny Philippou、Michael Philippou、Judd Wild、Timani Seve
 ・“Superwog” Paul Walton、Theodore Saidden、Nathan Saidden
 ・“The Katering Show” Tamasin Simpkin、Kate Mccartney、Kate Mclennan、Kevin Whyte

 【アジア映画賞】

 ◆アジア映画賞(Best Asian Film) 10月12日発表 [新設]
 ・“Dangal”(インド) 監督:Nitesh Tiwari
 ・“Kaasav: Turtle”(インド) 監督:Sumitra Bhave、Sunil Sukthankar
 ・“Pink”(インド) 監督:Aniruddha Roy Chowdhury
 ・『バードショット』“Birdshot”(フィリピン) 監督:ミハイル・レッド
 ・『わたしは潘金蓮じゃない』“I Am Not Madame Bovary”(中) 監督:フォン・シャオガン
 ・“Our Time Will Come(明月幾時有)”(中) 監督:アン・ホイ
 ・『戦狼 ウルフ・オブ・ウォー』“Wolf Warrior II”(中) 監督:ウー・ジン
 ・『新感染 ファイナル・エクスプレス』(韓) 監督:ヨン・サンホ
 ・『君の名は。』(日) 監督:新海誠

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 映画部門の主なノミネート状況は、以下の通り。

 ・“Ali's Wedding”(8):作品・監督・主演男優・主演女優・助演男優・助演女優・脚本・作曲
 ・“Berlin Syndrome”(8):作品・監督・主演女優・脚色・編集・美術・衣裳・作曲
 ・“Hounds of Love”(9):作品・監督・主演男優・主演女優・助演女優・脚本・撮影・編集・ヘア
 ・“Jasper Jones”(6):作品・助演男優・脚色・美術・衣裳・録音
 ・『LION/ライオン 〜25年目のただいま〜』(12):作品・監督・主演男優・助演男優・助演女優・脚色・撮影・編集・美術・衣裳・録音・作曲
 ・“The Butterfly Tree”(3):主演男優・脚本・作曲
 ・“Don't Tell”(4):主演女優・助演男優・助演女優・脚色
 ・“The Death and Life of Otto Bloom”(2):脚本・美術
 ・『レゴバットマン ザ・ムービー』(2):録音・視覚効果

 TV部門の主なノミネート状況は、以下の通り。

 ・“Top of the Lake: China Girl”(11):ドラマ・監督〈5〉・主演男優・主演女優・ゲスト男優・ゲスト女優・撮影〈5〉・美術〈4〉・衣裳〈4〉・録音〈4〉・作曲〈4〉
 ・“Blue Murder: Killer Cop”(11):ミニ・主演男優・主演女優・ゲスト男優・ゲスト女優・ヘア・撮影〈1〉・編集〈1〉・美術〈1〉・衣裳〈1〉・作曲〈1〉
 ・“Seven Types of Ambiguity”(9):ミニ・監督〈2〉・主演男優・ゲスト女優・脚本〈2〉・撮影〈1〉・編集〈1〉・美術〈1〉・録音〈1〉
 ・“Wake in Fright”(7):ミニ・主演男優・ゲスト男優・撮影〈1〉・衣裳〈1〉・録音〈1〉・作曲〈1〉
 ・“Cleverman”(5):ドラマ・監督〈4〉・ヘア・録音〈3〉・作曲〈3〉
 ・“No Activity”(4):コメディー・演技・脚本〈3〉・ミュータレント
 ・“Utopia”(4):コメディー・演技・脚本〈5〉・編集〈5〉
 ・“A Place To Call Home”(4):美術〈2〉・衣裳〈1〉・ニュータレント・ニュータレント
 ・『ウェントワース女子刑務所』(3):ドラマ・主演女優・ニュータレント
 ・“Rosehaven”(3):コメディー・演技・脚本〈4〉
 ・“MasterChef Australia”(3):録音・監督〈1〉・編集〈1〉
 ・“Selling Houses Australia”(3):ライフ・男プレ・女プレ
 ・“Janet King - Playing Advantage”(2):ドラマ・主演女優
 ・“Sunshine”(2):ミニ・ゲスト男優
 ・“Australian Ninja Warrior”(2):ライト・監督〈1〉
 ・“Julia Zemiro's Home Delivery”(2):ライト・監督〈1〉
 ・“Australian Survivor”(2):録音・監督〈1〉
 ・“Please Like Me”(2):監督〈4〉・演技

 受賞結果の発表は、12月6日です。

 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
AACTAオーストラリア・アカデミー賞2017 ノミネーション 海から始まる!?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる