海から始まる!?

アクセスカウンタ

zoom RSS 何人知ってる? 「ヴァラエティー」誌が選ぶ、「観るべき10人の俳優たち」 2017

<<   作成日時 : 2017/10/07 23:48   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 「ヴァラエティー」誌は、1月に開催されるパームスプリングス国際映画祭では「観るべき10人の監督たち」を表彰し、7月に開催されるカルロヴィ・ヴァリ国際映画祭では「観るべき10人のヨーロッパの監督たち」を選び(2016年以降はヨーロッパに限定していませんでしたが)、10月のハンプトンズ国際映画祭では、「観るべき10人の俳優たち」を選んでいます。

 「観るべき10人の俳優たち」は、1998年から続いていて、ハンプトンズ国際映画祭(2017年は10月5日-9日)とのコラボレーションは今年で6回目になります。

 10人の中には、「ヴァラエティー」が取り上げなくてももう十分に注目されている俳優もいれば、まだ可能性が未知数の俳優もいます。
 過去に選ばれた俳優には、ヴィオラ・デイヴィス、タラジ・P・ヘンソン、オクタヴィア・スペンサー、ブリー・ラーソン、ルピタ・ニョンゴ、マイケル・シャノン、メリッサ・レオらがいて、昨年の「観るべき10人の俳優たち」に選ばれて以降、一気にブレイクした俳優にマハーシャラ・アリがいます。

 *Variety:http://variety.com/2017/film/news/10-actors-to-watch-for-2017-1202516104/

画像

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 【10 Actors to Watch 2017】

 ・ダニエル・マクドナルド(Danielle Macdonald)
 1992年生まれ。オーストラリア出身で、ロサンゼルスに活動拠点を移して、2010年の短編“The Thief”からアメリカでの活動を始め、TVシリーズなどにコンスタントに出演を続けながら、2017年のサンダンス映画祭で上映された“Patti Cake$”で大きく脚光を浴びた。ジュリー・マーフィーの小説『恋するぷにちゃん』を映画化したアン・フレッチャー監督の“Dumplin”でも主役に抜擢され、2018年に公開予定になっている。
 日本では、出演作として、『ザ・イースト』(2013)、『シークレット・デイ』(2014)が紹介されている。

画像

 ・カーシー・クレモンズ(Kiersey Clemons)
 1993年生まれ。『DOPE/ドープ!!』『ネイバーズ2』などのほか、数多くのTVシリーズにゲスト出演していて、2017年以降、エレン・ペイジ、ディエゴ・ルナら共演の“Flatliners”、ザック・スナイダーの“Justice League”、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のビジュアルエフェクトを担当したJ.D.・ディラード監督の“Sweetheart”、ガブリエル・バーンとの共演の“An L.A. Minute”のほか、“Flashpoint”(2020)などたくさんの出演作が待機中になっている

画像

 ・グレース・ヴァン・パタン(Grace Van Patten)
 1996年生まれ。ブルックリンの芸能一家の生まれで、父親は『ザ・ソプラノズ/哀愁のマフィア』や『ボードウォーク・エンパイア』などを手がけるTVドラマの演出家ティモシー・ヴァン・パタン。
 父の演出作品『ザ・ソプラノズ/哀愁のマフィア』や『ボードウォーク・エンパイア』への出演後、『ゲット!マイ・ライフ』(2015)、東京国際映画祭で上映された『浮草たち』(2016)を経て、ノア・バームバックのNetflixオリジナル作品『マイヤーウィッツ家の人々(改訂版)』に出演。グレン・クローズ、ジョン・マルコヴィッチ、パトリック・スチュワート、ミニー・ドライヴァー共演の“The Wilde Wedding”、デイヴィッド・ロバート・ミッチェルの“Under the Silver Lake”と話題作への出演が続く。

画像

 ・ダニエル・カルーヤ(Daniel Kaluuya)
 1989年、ロンドン生まれ。
 『ジョニー・イングリッシュ 気休めの報酬』(2011)、『ボーダーライン』(2015)、『ゲット・アウト』(2017)に出演。ライアン・クーグラーの“Black Panther”(2018)、スティーヴ・マックイーンの“Widows”(2018)にも出演が決定している。
 『ゲット・アウト』でMTVムービー&TVアワード2017 ネクスト・ジェネレーション賞を受賞。

画像

 ・ホン・チャウ(Hong Chau)
 1970年、タイ生まれ。
 『CSI:12 科学捜査班』(2011〜2012)、『ビッグ・リトル・ライズ 〜セレブママたちの憂うつ〜』(2017)などテレビを中心に活躍。映画では、『インヒアレント・ヴァイス』(2014)、『ダウンサイズ』(2017)に出演。

画像

 ・クメイル・ナンジアニ(Kumail Nanjiani)
 1978年、パキスタン生まれ。
 『リーガル・バディーズ フランクリン&バッシュ』、『シリコンバレー』などテレビを中心に活躍。映画では“Central Intelligence”(2016)、“The Big Sick”(2017)などに出演。『レゴ(R)ニンジャゴー ザ・ムービー』(2017)では声の出演をしている。
 CinemaCon2017で、コメディー・スター・オブ・ザ・イヤー受賞。

画像

 ・バリー・コーガン(Barry Keoghan)
 1992年生まれ。アイルランドの俳優。
 『ベルファスト71』(2014)、Rebecca Dalyの“Mammal”(2016)、『ダンケルク』(2017)、“The Killing of a Sacred Deer”(2017)などに出演。ランス・デイリーの“Black47”、Bart Laytonの“American Animals”に出演が決定している。“Mammal”では、アイルランド・アカデミー賞2016 主演男優賞ノミネート。

画像

 ・アリ・ファザール(Ali Fazal)
 1986年、インド生まれ。
 スティーヴン・フリアーズの“Victoria and Abdul”でAbdul役を演じている。
 そのほかの出演作には“3 Idiots”(2009)、『ワイルド・スピード SKY MISSION』(2015)などがある。現在もインドを拠点として活躍中。

画像

 ・ティモシー・シャラメ(Timothée Chalamet)
 1995年生まれ。
 ルカ・グァダニーノの“Call Me By Your Name”(2017)でブレイク。グレタ・ガーウィグ監督の“Lady Bird”(2017)、スコット・クーパー監督の“Hostiles”(2017)と話題作への出演が続き、フェリックス・ヴァン・ヒュルーニンゲン監督の新作“Beautiful Boy”、ウディ・アレン監督のタイトル未定の新作にも出演が決定している。日本に紹介されている作品には『インターステラー』(2014)がある。

画像

 ・Daveed Diggs
 1982年生まれ。
 いくつかのテレビ・シリーズの出演を経て、ジュリア・ロバーツ、ジェイコブ・トレンブレイ、オーウェン・ウィルソンら共演、スティーヴン・チョボスキー監督の“Wonder”(2017)で映画デビュー。

画像

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 話題の新作の中から注目の「若手」をピックアップすることが目的なんだと思いますが、本年度は、かなり国際色に富んだメンバーになっています。

 昨年の10人からは、マハーシャラ・アリが映画賞レースで受賞を重ねましたが、今年の10人はどうでしょうか。

 *この記事がなかなか参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・「ヴァラエティー」誌が選ぶ、「観るべき10人の俳優たち」2016:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201610/article_28.html

 ・「ヴァラエティー」誌批評家によるチョイス2017:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201706/article_21.html

 ・「ヴァラエティー」誌が選ぶ、観るべき10人の監督たち 2017!:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201701/article_10.html

 ・「ヴァラエティー」誌批評家によるチョイス2016:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201607/article_8.html

 ・「ヴァラエティー」誌が選ぶ、観るべき10人の監督たち 2016!:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201601/article_28.html

 ・「ヴァラエティー」誌が選ぶ、観るべき10人の監督たち 2015!:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201501/article_15.html

 ・「ヴァラエティー」誌が選ぶ、観るべき10人のヨーロッパの監督たち2014!:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201407/article_6.html

 ・「ヴァラエティー」誌が選ぶ、観るべき10人の監督たち 2014!:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201401/article_8.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2017年9月〜2018年1月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201708/article_31.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
何人知ってる? 「ヴァラエティー」誌が選ぶ、「観るべき10人の俳優たち」 2017  海から始まる!?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる