海から始まる!?

アクセスカウンタ

zoom RSS シカゴ国際映画祭2017 受賞結果!(続き)

<<   作成日時 : 2017/10/28 22:59   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 【ドキュメンタリー短編コンペティション部門】(Documentary Short Film Competition)

 ◆シルバー・ヒューゴ賞(Silver Hugo)
 ◎“The Rabbit Hunt”(米) 監督:Patrick Bresnan
 フロリダのエバーグレーズのサトウキビ畑は、収穫前に余分な葉を落とすために、火がつけられる。17歳のクリスと彼の家族は、毎週末、そこにでかけて、ウサギ狩りをする。
 サンダンス映画祭2017出品。
 ベルリン国際映画祭2017 短編コンペティション部門出品。
 SXSW映画祭2017 最優秀テキサス・ショート受賞。
 フロリダ映画祭2017出品。最優秀ドキュメンタリー・ショート受賞。
 サンフランシスコ国際映画祭2017出品。最優秀ドキュメンタリー・ショート受賞。
 モントクレア映画祭2017出品。
 シェフィールド国際ドキュメンタリー映画祭2017出品。短編ドキュメンタリー賞受賞。
 メルボルン国際映画祭2017 短編ドキュメンタリー賞受賞。
 BFIロンドン映画祭2017 出品。最優秀短編映画賞受賞。


 ◆ゴールド・プラーク賞(Gold Plaque)
 ◎“The Streets Are Ours: Two Lives Cross in Karachi”(米) 監督:Michelle Fiordaliso
 Sabeen Mahmudは、カラチのパフォーマンス・スペースThe Second Floor(T2F)の設立者で、人権活動家/ソーシャル・ワーカーである。彼女は、パキスタン・カナディアンの女優で作家であり、LGBTに関わるプロジェクトをしているFawzia Mirzaにパキスタンをまわる1人舞台をやらないかと持ちかける。ところが1か月後、2015年4月24日、Sabeen Mahmudは、バローチスターン州の紛争についてのディベートの司会を終えた後、銃を持った男に射殺されてしまう。
 MIXコペンハーゲン2017出品。

画像

 ◆スペシャル・メンション(Special Mention)
 ◎“The Painted Calf (El Becerro Pintado)”(西) 監督:David Pantaleón
 カナリア諸島の小さな町には、あちこちに聖書で語られているようなイメージが見受けられる。本作では、この町の神話的伝統を探り、お伽話の持つ精神性や物質主義へと話を紡いでいく。
 Las Palmas De Gran Canaria国際映画祭(西)2017出品。
 モントリオール世界映画祭2017 ワールド・コンペティション 短編部門出品。

画像

 【アニメーション短編コンペティション部門】(Animated Short Film Competition)

 ◆シルバー・ヒューゴ賞(Silver Hugo)
 ◎『Airport』“Airport”(スイス・クロアチア) 監督:Michaela Müller
 物語:現代の空港。乗降客の流れが突然の不測の事態によって分断される。セキュリティーは、混乱の原因を探ろうとする。雰囲気は、ちょっとしたことで脅威に転じる。悲劇とパニックは、いつもすぐそばに迫っている。
 自由に移動する権利と、国が社会に求めるセキュリティー上の制約との間のボーダーを探る。
 ザグレブ国際アニメーションフェスティバル2017 クロアチア・コンペティション部門出品。スペシャル・メンション受賞。
 アヌシー国際アニメーションフェスティバル2017 短編コンペティション部門出品。
 ロカルノ国際映画祭2017出品。
 トロント国際映画祭2017 SHORT CUTS部門出品。
 リガ国際映画祭2017出品。
 新千歳空港国際アニメーションフェスティバル2017出品。
 オタワ国際アニメーションフェスティバル2017 ノン・ナラティヴ部門出品。音響賞受賞。

画像

 ◆ゴールド・プラーク賞(Gold Plaque)
 ◎“Drop by Drop (Água Mole)”(ポルトガル) 監督:Xá, Laura Gonçalves
 物語:ほとんど人々から忘れ去られそうになっている小さな村が、現代世界が彼らの存在を消し去ろうとしていることに対して、自分たちの文化や伝統を訴えようとする。
 カンヌ国際映画祭2017 監督週間出品。
 ヴィラ・ド・コンド国際短編映画祭2017出品。
 トロント国際映画祭2017 SHORT CUTS部門出品。

画像

 ◆スペシャル・メンション(Special Mention)
 ◎“Beyond Fields of Paper(帰去来)”(米) 監督:Yiyi Ma
 物語:一人っ子の子育てが終わった女性が、家族のために犠牲になった長い年月を終えて、自分にとって何か興味深いものはないかと新しい人生を追求する。いくつかの伝統的な物語に心惹かれた彼女は、来世について考えるようになる。死んだらどこへ行くのか?もしエネルギーが維持されるなら、死んだ体から解放されたものは、ゆっくりと形を変えて他の生命の中に入っていくのか? 複雑な感情を解放するために、彼女は、最後の数年を、記憶と平凡な生活とアート作品を作り出すイメジネーションに費やす。
 ザグレブ国際アニメーションフェスティバル2017サイト・スペシフィック・アニメーション・コンペティション部門出品。

画像

 【ナラティヴ短編コンペティション部門】(Narrative Short Film Competition)

 ◆ゴールド・ヒューゴ賞(Gold Hugo)
 ◎“Night Shift”(米) 監督:Marshall Tyler
 物語:ひとりの男性が、ロサンゼルスのナイト・クラブで、化粧室係をしている。しかし、客たちは、彼に敬意を払ったりはしない。彼は、人々に敬意を払ってもらえるようにするにはどうずればいいいのか考え込む。
 サンダンス映画祭2017出品。

画像

 ◆シルバー・ヒューゴ賞(Silver Hugo)
 ◎“A Gentle Night(小城二月)”(中) 監督:Qui Yang(邱陽)
 物語:中国の小さな町。ひとりの娘が行方不明になる。母親は、夜遅くまで捜索し、断念するのを拒む。
 カンヌ国際映画祭2017短編部門出品。短編パルムドール受賞。
 メルボルン国際映画祭2017出品。
 ドキュフェスト国際ドキュメンタリー&短編映画祭2017出品。
 コンコルト映画祭2017 インターナショナル・コンペティション部門出品。
 サンパウロ国際短編映画祭2017出品。
 Pancevo映画祭2017出品。
 トロント国際映画祭2017 SHORT CUTS部門出品。最優秀インターナショナル短編映画賞 オナラブル・メンション受賞。
 バトゥミ国際アートハウス映画祭2017 出品。最優秀短編賞受賞。
 ニューヨーク映画祭2017出品。
 台湾・金馬奨映画祭2017出品。

画像

 ◆スペシャル・メンション(Special Mention)
 ◎“Fucking Bunnies(Saatanan kanit)”(フィンランド) 監督:Teemu Niukkanen
 物語:Raimoは、となりの部屋に引っ越してきたセックス・カルトを崇拝するサタンに行く手を脅かされているように感じる。悪いことに、妻も隣人たちもみなそれにはまっているように見える。そんなカリスマ的な指導者がいては、彼だって、そのカルトの魅力に抵抗できなくなる。
 サンダンス映画祭2017出品。
 デッド・バイ・ドーン映画祭(英)2017出品。
 オーデンセ国際映画祭(デンマーク)2017出品。

画像

 【その他の賞】

 ◆Founder’s Award
 ※ユニークさやイノヴェイティヴなアプローチにおいて、シカゴ国際映画祭の精神を体現していると思われる作品に贈られる。
 ◎『シェイプ・オブ・ウォーター』“The Shape of Water”(米) 監督:ギレルモ・デル・トロ [スペシャル・プレゼンテーション部門]
 出演:サリー・ホーキンス、マイケル・シャノン、オクタヴィア・スペンサー、マイケル・スタールバーグ、ダグ・ジョーンズ
 物語:冷戦時代の1963年。エリサ・エスポジトは、幼い頃のケガで口が利けなくなっている。彼女は、ボルチモアにあるOccom航空宇宙センターで夜勤の雑務員をしている。ある日、センターは、残酷で口汚いリチャード・ストリックランド大佐が、南アフリカの川で発見した「資産」を入手する。エリサは、その「資産」をちらっと見て、それが水陸両性のヒューマノイド・クリーチャー(半魚人)であることを知る。それ以来、彼女は、クリーチャーの近くをうろつき、ゆで卵を与え、ポータブルのレコードプレーヤーで音楽を聞かせたりするようになる。時とともに、2人は親しくなる。
 ストリックランドの上官であるホイト将軍は、「資産」の生態に興味を持つ。そして、宇宙旅行技術の進歩に向けて研究するために、「資産」を解剖したいと考える。センターの科学者のひとり、ロバート・ホフステットラーは、実はドミトリという名のソ連のスパイで、未来の研究のためにクリーチャーを殺さないでくれとストリックランドとホイトに頼むが、無視される。その会話をエリサも耳にする。資産に関する手続きは遅らせることはできないので、ロバートの上司は、彼にクリーチャーを安楽死させて、アメリカのテクノロジーの進歩が彼らのそれより進むことがないよう邪魔しろと指図する。
 恐れ、やけくそになったエリサは、隣の部屋に住んでいる商業芸術家のジャイルズに頼んで、「資産」が処理される日に、外に運び出してほしいと説得する。ロバートは、自分の計画を実行しようとしていたが、エリサの計画を知って、助けることにする。エリサは、急いで、ジャイルズと従業員仲間のゼルダを導き入れ、そこで初めて「資産」の正体を明かす。
 エリサは、クリーチャーを自分のアパートのバスタブに住まわせ、ロバートが与えてくれた化学薬品で、健康に生きられるようにする。次の夜、ストリックランドは、エリサとゼルダを調査するが、彼らがあまりにも低級なので、すぐに疑いは晴れる。一方、ジャイルズは、クリーチャーを見守っていたが、居眠りしてしまい、その間に、クリーチャーは彼のネコを1匹殺して食べてしまい、ジャイルズは、クリーチャーの爪で腕にケガをする。エリサが戻ってきた時、彼女とジャイルズはクリーチャーが発光しているのを見る。次の朝、ジャイルズは、はげていた頭に毛が生え、腕の傷が完全に治っていることに気づく。
 エリサも、クリーチャーを逃がす必要があることはわかっていて、運河に逃がそうと考える。雨の日なら、目撃者も少ないだろうし、増水して壁を越えて泳いでいけるだろう。一方、ホイトは、ストリックランドに36時間以内に「資産」を見つけなければ、未来はないと脅す。ロバートの上司は、ロバートが指図通りにクリーチャーを殺さずに、隠しているのではないかと疑う。
 そして、クリーチャーを逃がす日がやってくる……。
 ベネチア国際映画祭2017コンペティション部門出品。金獅子賞、Future Film Festival Digital Award、C. Smithers Foundation Award – CICT-UNESCO、Soundtrack Stars Award(アレクサンドル・デプラ)受賞。
 テルライド映画祭2017出品。
 トロント国際映画祭2017 SPECIAL PRESENTATIONS部門出品。
 リオ・デ・ジャネイロ国際映画祭2017出品。
 シッチェス・カタロニア国際ファンタスティック映画祭2017出品。
 ハンプトンズ国際映画祭2017出品。
 ミル・ヴァレー映画祭2017出品。
 BFIロンドン映画祭2017 ヘッドライン・ガラ部門出品。
 Grand Lyon映画祭2017出品。
 ゲント国際映画祭2017出品。
 釜山国際映画祭2017 オープン・シネマ部門出品。
 ウィーン国際映画祭2017出品。
 Ramaskrik国際映画祭(ノルウェー)2017出品。
 モレリア国際映画祭2017出品。
 AFIフェスト2017出品。
 東京国際映画祭2017 特別招待作品部門出品。
 SCADサヴァンナ映画祭2017出品。
 ストックホルム国際映画祭2017出品。
 ナパ・ヴァレー映画祭2017出品。
 台湾・金馬奨映画祭2017出品。
 リュブリャナ国際映画祭2017出品。
 ナイト・ヴィジョンズ国際映画祭(フィンランド)2017出品。
 ロッテルダム国際映画祭2018出品。

画像

 【観客フェイヴァリッツ】(Audience Favorites)

 今回は、「観客賞」ではなく、「フェイヴァリッツ」という称号になっています。

 ◎“Maktub”(イスラエル) 監督:Oded Raz [ワールド・シネマ部門]
 物語:スティーヴとチュマは、犯罪者だったが、エルサレムのレストランで自爆テロから2人だけ助かるという幸運を得て、自分たちの生き方を変え、人々のために生きようと決意する。彼らは、願いを叶える旅に出て、人々の願いを聞いては紙に書き、それを嘆きの壁の石に貼りつけていくということを始める。
 主演の2人、Guy AmirとHanan Savyonは、イスラエルのメガヒット番組を手がける作家であり、スターで、本作でも、共同で脚本を手がけている。

画像

 ◎“Sammy Davis Jr.: I’ve Gotta Be Me”(米) 監督:サミュエル・D・ポラード [ドキュメンタリー部門、ブラック・パースペクティヴ部門]
 シンガーであり、ダンサーであり、俳優で、シナトラ一家のメンバー(ラットパック)であり、人権活動家で、ユダヤ教への転向者であるサミー・デイヴィス・ジュニア。彼の偉大なる才能と、20世紀アメリカを通して彼が闘ってきた人権と人種問題をめぐる旅を振り返る。ビリー・クリスタル、ジェリー・ルイス、ウーピー・ゴールドバーグらも、インタビューに答えて、サミー・デイヴィス・ジュニアの栄光を語る。
 PBSの“American Maters”シリーズの1本。
 トロント国際映画祭2017 TIFF DOCS部門出品。
 ウッドストック映画祭2017出品。
 フィラデルフィア映画祭2017出品。

画像

 ◎“The Line(Čiara)”(スロヴァキア・ウクライナ・チェコ) 監督:Peter Bebjak

 ◎“Fish Story”(英) 監督:Charlie Lyne [ドキュメンタリー・ショート部門]
 電話帳を開いて、Cods(タラ)、Pikes(キタカワマス)、Halibuts(オヒョウ)など、魚に関連した名前を姓に持つ相手に電話をし、親族に、贈り物としてホンモノの魚をもらうような出来事を経験した者がいるかどうか、訊いて確認していく。魚の名前の姓がつけられるには、そうしたエピソードが相応しいと思えるから。
 サンダンス映画祭2017出品。
 ロッテルダム国際映画祭2017出品。
 True/False映画祭2017出品。
 ナイメーヘン Go Short国際短編映画祭2017出品。
 エジンバラ国際映画祭2017出品。
 AFI Docs2017 観客賞短編部門受賞。


 ◎“The Burden(Min Börda)”(スウェーデン) 監督:Niki Lindroth von Bahr [短編部門]
 物語:大きなハイウェイ沿いのショッピングセンター、長期滞在型ホテル、コールセンター、ハンバーガー・レストランと、4幕ものの黙示録的なミュージカルが繰り広げられる。
 ヨーテボリ国際映画祭2017 最優秀短編映画賞受賞。
 カンヌ国際映画祭2017 監督週間出品。
 アヌシー国際アニメーションフェスティバル2017 短編コンペティション部門出品。グランプリ受賞。
 ヴィラ・ド・コンド国際短編映画祭2017 アニメーション部門グランプリ。
 メルボルン国際映画祭2017出品。最優秀短編アニメーション賞受賞。
 サラエボ映画祭2017 ヨーロッパ短編部門出品。
 ファントーシュ国際アニメーションフェスティバル2017出品。第1回作品賞受賞。
 トロント国際映画祭2017 SHORT CUTS部門出品。最優秀インターナショナル短編映画賞受賞。
 ファンタスティック・フェスト2017 出品。ファンタスティック・ショート部門最優秀作品賞受賞。
 オタワ国際アニメーションフェスティバル2017 短編コンペティション部門出品。
 ハンプトンズ国際映画祭2017出品。
 ワルシャワ国際映画祭2017 観客賞短編映画部門 第2席。

画像

 【特別賞・名誉賞】

 ◆ゴールド・ヒューゴ キャリア貢献賞(Gold Hugo Career Achievement Award)
 ◎パトリック・スチュワート

画像

 ◆キャリア貢献賞(Career Achievement Award at 21st Black Perspectives Tribute)
 ◎アルフレ・ウッダード

画像

 ◆トリビュート
 ◎ジェーン・フォンダ

画像

 ◆ヴィジョナリー賞(Visionary Award)
 ◎ヴァネッサ・レッドグレーヴ

画像

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 *この記事がなかなか参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓


 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・シカゴ国際映画祭2017 受賞結果 その1:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201710/article_45.html
 ・シカゴ国際映画祭2016 受賞結果 その1:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201611/article_24.html
 ・シカゴ国際映画祭2016 受賞結果 その2:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201611/article_25.html
 ・シカゴ国際映画祭2013 ラインナップ:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201310/article_11.html
 ・シカゴ国際映画祭2013 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201310/article_39.html
 ・シカゴ国際映画祭2012 ラインナップ:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201210/article_19.html
 ・シカゴ国際映画祭2012 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201210/article_33.html
 ・シカゴ国際映画祭2010 ラインナップ:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201010/article_9.html
 ・シカゴ国際映画祭2010 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201011/article_4.html
 ・シカゴ国際映画祭2009 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200911/article_29.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2017年9月〜2018年1月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201708/article_31.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
シカゴ国際映画祭2017 受賞結果!(続き) 海から始まる!?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる