海から始まる!?

アクセスカウンタ

zoom RSS トロント国際映画祭2017 WAVELENGTHS部門、PRIMETIME部門、その他

<<   作成日時 : 2017/09/05 00:05   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 【DISCOVERY部門(続き)】

 ・“The Future Ahead(El futuro que viene)”(アルゼンチン) 監督:Constanza Novick [ワールド・プレミア]
 物語:RominaとFlorenciaの友情の物語。初恋から初めての離婚まで、フラッシュバックを使うことなく、3つのパート―思春期、20歳を過ぎて、一方が母親になった時期、30代―で描く。
 脚本家として20年のキャリアを持つConstanza Novickの初監督長編。


 ・“Tigre”(アルゼンチン) 監督:Silvina Schnicer and Ulises Porra Guardiola [ワールド・プレミア]
 物語:夏。暑さと、草いきれと湿気が、Tigre河デルタの島に、うち棄てられたコロニアル風の家を襲う。水は、静かに、穏やかさに、気づかれないほどゆるやかに進む。
 Rina(65)は、15年ぶりに、友人のElenaとともに帰って来る。Elenaは、離婚して、10代の娘がいる。島の住人のAna Laura (45)は、メイドとして彼らに加わり、家を元の状態に戻すのを手伝う。土地や品物は盗まれ、ある時点まで家屋敷が存在した形跡が残っている。しかし、遠い昔に素晴らしい幸福な記憶があったことは覗い知ることができる。
 5日が過ぎるころ、それぞれの子どもたちが到着する。Rinaの息子Facundo (35)は、失敗した野心家である。彼が15年ぶりに母親に会いに来たのは、家を売って、借金を返すためだ。Carla (16)は、Elenaの娘で、友人を2人連れていた。彼らは、体から、傲岸さ、高揚感、退屈さ、興奮をむき出しにしている。Roman (10)は、Ana Lauraの息子で、この島で生まれ、何を期待することもなく、茂みを歩いてやってきた。あらゆるモラルから自由な島の子どもたちと、彼らから立ち上るよりワイルドな邪悪さ。
 Rinaは、家を建て直そうとし、Facundoとの関係を修復しようとする。だが、Facundoは、家を売り、母親とは別れることしか考えていない。
 最後の日、Ana Lauraは、キッチンに古いファンシーなドレスが入った箱を見つける。女たちは、ドレスアップし、騒々しいカタルシスの中で、家を壊す決心をする。男たちは、別れ、バラバラになる。
 デルタは証明する。企んだ時には、既に遅すぎるのだと。
 サンセバスチャン国際映画祭2017 ニュー・ディレクターズ部門出品。


 ・“Princesita”(チリ・アルゼンチン・西) 監督:Marialy Rivas [ワールド・プレミア]
 物語:世界の果て、遠くかなたの国。タマラは、12歳で、彼女が崇拝する男、カリスマ的なカルトのリーダー、ミゲルの支配下で暮らしている。その夏、少女はミッションを与えられる。初潮を経験した彼女は、ミゲルとの間に聖なる子どもを持つこと。彼女は、自分が望んでいたものと自分に課せられたものが違うことに気づく。彼女の不服従は、子どもから女へと暴力的な成長を促す。そして、彼女は、想像もしていなかった方法で自由を手にする。
 サンセバスチャン国際映画祭2017 ニュー・ディレクターズ部門出品。


 ・“Five Fingers for Marseilles(Menoana e Mehlano ea Marseilles)”(南ア) 監督:Michael Matthews [ワールド・プレミア]
 物語:南アフリカのイースタンケープの植民都市Marseillesの近くで、反抗的なグループ、ファイヴ・フィンガーズは警察と抗争していた。ところが、警察は、メンバーのTauの幼なじみLeratoを抑え込んだため、彼は町を離れざるを得なくなる。それから20年。Tauは、平和を求めて町に帰って来る。今、町は新たな脅威にさらされていて、彼はそれから自由になるため、闘う覚悟をする。
 初監督長編。


 ・“High Fantasy”(南ア) 監督:Jenna Bass [ワールド・プレミア]
 物語:4人組の友だちが南アフリカのカントリーサイドにキャンプにでかける。目が覚めた時、彼らは体が入れ替わっていることに気づく。それぞれの文化や経験は同じではない。彼らは、新しい体で、パーソナルでポリティカルな迷宮を探って生きていかなければならない。最初はコメディーに思えたものが悲劇に転じる。
 第2監督長編。


 【PRIMETIME部門】

 ・“Dark”(独) 監督:バラン・ボー・オダー(Baran bo Odar) [ワールド・プレミア]
 2話。

 ・“The Deuce”(米) 監督:ミシェル・マクラーレン(Michelle MacLaren)、アーネスト・ディッカーソン(Ernest Dickerson) [カナダ・プレミア]
 2話。

 ・“The Girlfriend Experience”(米) 監督:エイミー・サイメッツ(Amy Seimetz)、ロッジ・ケリガン [ワールド・プレミア]
 4話。

 ・“Under Pressure(Sob Pressão)”(ブラジル) 監督:アンドルーシャ・ワディントン(Andrucha Waddington)、Mini Kerti [インターナショナル・プレミア]
 2話。

 【WAVELENGTHS部門】

 [短編プログラム](SHORT FILM PROGRAMMES)

 Wavelengths 1: 破壊への衝動(Appetite For Destruction) 67min
 ・“Phantasiesätze(Fantasy Sentences)”(独・デンマーク/17min) 監督:Dane Komljen [北米プレミア]
 ・“some cities”(カナダ/2min) 監督:Francesco Gagliardi [ワールド・プレミア]
 ・“Onward Lossless Follows”(米/17min) 監督:Michael Robinson [ワールド・プレミア]
 ・“The Watchmen”(米/10min) 監督:Fern Silva [トロント・プレミア]
 ・“Wasteland No.1 - Ardent, Verdant”(米/4min) 監督:Jodie Mack [北米プレミア]
 ・“Dislocation Blues”(Ho-Chunk Nation・米/17min) 監督:Sky Hopinka [トロント・プレミア]

 “Phantasiesätze”は、ロカルノ国際映画祭2017 サインズ・オブ・ライフ部門The Fundación Casa Wabi - Mantarraya Award受賞。

 Wavelengths 2:可塑的なフロンティア(Fluid Frontiers) 75min
 ・“Ticino”(オーストリア・伊/3min) 監督:Friedl vom Gröller [ワールド・プレミア]
 ・“Configuration In Black And White”(独/9min) 監督:Helga Fanderl [ワールド・プレミア]
 ・“From Source To Poem”(独/12min) 監督:Rosa Barba [北米プレミア]
 ・“Turtles Are Always Home(Sokun Al Sulhufat)”(カナダ・レバノン・カタール/12min) 監督:Rawane Nassif [トロント・プレミア]
 ・“Fluid Frontiers”(米・カナダ/23min) 監督:Ephraim Asili [トロント・プレミア]
 ・“Pixillation”(1976/米/3min) 監督:Anne Charlotte Robertson(Restoration courtesy of Harvard Film Archive) [北米プレミア]
 ・“Brown And Clear”(米/8min) 監督:Kevin Jerome Everson [ワールド・プレミア]
 ・“Fire”(英/5min) 監督:Lucy Parker [北米プレミア]

 “Turtles Are Always Home(Sokun Al Sulhufat)”は、サンフランシスコ国際映画祭2017最優秀ニュー・ヴィジョン・ショート受賞。ドキュメンタ マドリッド2017 エマージング・フィルムメイカー賞受賞。

 Wavelengths 3:風景の中の人物たち(Figures In The Landscape)
 ・“Flores”(ポルトガル/26min) 監督:Jorge Jácome [インターナショナル・プレミア]
 ・“Division Movement To Vungtau”(仏/4min) 監督:Benjamin Crotty、Bertrand Dezoteux [北米プレミア]
 ・“Yeti”(ポーランド/8min) 監督:Wojciech Bąkowski [ワールド・プレミア]
 ・“Heart of A Mountain”(台湾・カナダ/15min) 監督:Parastoo Anoushahpour、Ryan Ferko, Faraz Anoushahpour [ワールド・プレミア]
 ・“(100ft)”(韓・米/3min) 監督:Minjung Kim [北米プレミア]
 ・“Mr. Yellow Sweatshirt”(米/8min) 監督:パチョ・ヴェレズ(Pacho Velez)、ヨニ・ブルック(Yoni Brook) [カナダ・プレミア]
 ・“Rose Gold”(米/8min) 監督:Sara Cwynar [インターナショナル・プレミア]

 Wavelengths 4: 上のごとく、下もしかり(As Above, So Below) 81min
 ・“Aliens”(西/23min) 監督:Luis López Carrasco [北米プレミア]
 ・“below-above”(スイス/14min) 監督:André Lehmann [ワールド・プレミア]
 ・“Palmerston Blvd.”(カナダ/14min) 監督:Dan Browne [ワールド・プレミア]
 ・“La Libertad”(コロンビア・仏・米/30min) 監督:Laura Huertas Millán [インターナショナル・プレミア]

 [ペアリング](PAIRINGS)

 ・“Beyond The One(Al Di Là Dell’Uno)”(仏・伊・独/53min) 監督:アナ・マルツィアーノ(Anna Marziano) [ワールド・プレミア]
 ・“Strangely Ordinary this Devotion”(米/27min) 監督:Dani Leventhal、Sheilah Wilson [インターナショナル・プレミア]

 ・“PROTOTYPE”(カナダ/63min) 監督:Blake Williams [北米プレミア]
 ・“Florence(Firenze)”(1970/フィンランド/9min) 監督:エルキ・クレニエミ(Erkki Kurenniemi) [北米プレミア]

 ・“Ta Peau Si Lisse(A Skin So Soft)”(カナダ・スイス/93min) 監督:ドゥニ・コテ [北米プレミア]
 ・“Scaffold”(カナダ/15min) 監督:カジック・ラドワンスキ(Kazik Radwanski) [北米プレミア]

 [長編部門](FEATURES)

 ・“The Nothing Factory(A Fábrica De Nada)”(ポルトガル) 監督:Pedro Pinho [北米プレミア]
 ある夜、労働者たちのグループが、管理者側が、機械や原材料を横流ししていることに気づく。労働者たちは、装備をガードし、原材料をどこかよそへ運び出せないようにする。すると、その仕返しとして、彼らは仕事がない部署にまわされ、レイオフに対する交渉が行なわれる。労働者たちの世界は、そうした圧力によって崩壊し、互いの意思疎通ができなくなっていく。
 撮影監督Pedro Pinhoの初監督長編(これに先立ってドキュメンタリーが2本と62分のドラマ作品を1本手がけている)。
 カンヌ国際映画祭2017 監督週間出品。国際批評家連盟賞受賞。
 カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭2017 アナザー・ビュー部門出品。
 ミュンヘン映画祭2017 CineVision コンペティション部門CineVision Award受賞。
 エルサレム映画祭2017 スピリット・オブ・フリーダム部門出品。
 ニュー・ホライズンズ映画祭2017出品。
 Jameson CineFest - Miskolc国際映画祭2017出品。
 BFIロンドン映画祭2017 Dare部門出品。


 ・“Caniba”(仏) 監督:ルーシァン・キャスティーヌ=テイラー(Lucien Castaing-Taylor)、ヴェレナ・パラヴェル(Verena Paravel) [北米プレミア]
 佐川一政と、彼の実弟との関係性におけるプリズムを通して、人間の歴史と文化の中におけるカニバリスティックな欲望の意義について考察する。
 漁業を題材としたドキュメンタリー『リヴァイアサン』(2012)で高い評価を受けた監督コンビの最新作。
 ベネチア国際映画祭2017 Orizzonti部門出品。


 ・“Jeannette, the Childhood of Joan of Arc”(仏) 監督:ブリュノ・デュモン [北米プレミア]
 出演:Lise Leplat Prudhomme、Jeanne Voisin、Lucile Gauthier、Victoria Lefebvre
 物語:子ども時代のジャンヌ・ダルクの精神的、愛国的めざめを描くミュージカル。
 シャルル・ペギーの戯曲『ジャンヌ・ダルクの愛の神秘』に基づく。
 カンヌ国際映画祭2017 監督週間出品。
 モスクワ国際映画祭2017 81/2Films部門出品。
 トランシルヴァニア国際映画祭2017 Supernova部門出品。
 カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭2017 アナザー・ビュー部門出品。
 エルサレム映画祭2017 マスターズ部門出品。
 ニュー・ホライズンズ映画祭2017出品。
 Jameson CineFest - Miskolc国際映画祭2017出品。


 ・“Occidental”(仏) 監督:Neïl Beloufa [北米プレミア]
 物語:パリ、70年代風のレトロなホテル、Occidental Hotel。イタリア人らしいジョルジョが相棒のアントニオと共にやってきて、自分と相棒のためにブライダル・スーツをオーダーする。フロントは通るが、ホテルのマネージャーは疑って警察を呼ぶ。しかし、間違っているという証拠は見当たらない。警察とホテルのスタッフは、まもなく、彼らが、ホモフォビアやレイシズム、女嫌い、テロリストの脅威、警察の操作などを含む一連の不合理な事例行動をしているらしいことを理解する。
 ベルリン国際映画祭2017 フォーラム部門出品。
 香港国際映画祭2017 ヤング・シネマ・コンペティション部門出品。
 ニューヨーク映画祭2017出品。


 ・“Good Luck”(仏・独) 監督:ベン・ラッセル(Ben Russell) [北米プレミア]
 金鉱を求める希望と犠牲の物語。戦禍で引き裂かれたセルビアでは、ヨーロッパでも有数の金鉱床が確認されている。地下600メートルの国が所有する鉱床では、フラッシュライトが労働者たちの顔を照らす。酸素が送り込まれるシューシューいう音がディーゼルのドコドコいう音に交じる。地下深くの爆発音が事務所の壁を震わせる。一方、熱帯のスリナムの違法の金鉱では、まぶしい太陽が照りつける中、水道のポンプがうなる。サラマッカン・マルーンの手から銀色の液体が噴き出し、泥の中の金を探る。闇と光、寒さと暑さ、北と南。2つの異なる自然的社会的環境の中で、金を求める2つのグループの姿が示される。
 ロカルノ国際映画祭2017 インターナショナル・コンペティション部門出品。
 ニューヨーク映画祭2017出品。


 ・“Mrs. Fang(方秀英)”(仏・中・独) 監督:ワン・ビン [北米プレミア]
 Fang Xiu Ying(方秀英)は、67歳でアルツハイマー病を患っている。彼女は、自分の人生が終わりに近づいていることをゆっくりと理解している。本作では、中国南部の静かな村で、死に近づいているひとりの人物の感情をとらえ、と同時に彼女に別れを告げに集まって来る親戚や近所の人々の生活をも映していく。
 dOCUMENTA(独、カッセル)でのワン・ビン:レトロスペクティヴ(2017)にて上映。
 ロカルノ国際映画祭2017 インターナショナル・コンペティション部門出品。金豹賞受賞。


 ・“Dragonfly Eyes(蜻蜓之眼)”(中・米) 監督:Xu Bing(徐冰) [北米プレミア]
 われわれは、みんな1日に平均300回、監視カメラにとらえられている。これらすべての目がひとりの若い娘蜻蜓(Qing Ting)を観察する。彼女は、尼僧になるための修行をしていた仏教の寺院を出て、還俗し、高度に機械化された酪農場に働きに行く。Ke Fanは、その農場で働く技師で、彼女に恋をし、彼女を喜ばせようとして法律を破る。刑務所から釈放された彼は、再び蜻蜓を捜すが、見つからない。彼は、蜻蜓が変身して、オンライン・セレブXiao Xiaoになったのだと考えるようになる。本作のクルーが、この物語を見つけ、数千時間の監視カメラのフッテージを精査する。彼らは、Ke Fanを追跡し、この映画に使うため、カメラがとらえた彼の映像を使う許可を求める。
 初監督長編。
 ロカルノ国際映画祭2017 インターナショナル・コンペティション部門出品。国際批評家連盟賞、エキュメニカル審査員賞受賞。ヤング審査員賞第3席。


 ・“Cocote”(ドミニカ共和国) 監督:Nelson Carlo de los Santos Arias [北米プレミア]
 物語:アルベルトは、福音主義者の庭師で、有力者によって殺された父の葬儀に出席するために、故郷の街に戻って来る。死者を悼むために、彼は、彼の意思と信念に反して行なわれる宗教的儀式に出席させられる。それは、前植民地時代から伝わる低所得階級に伝わる宗教である。アルベルトは、家族が、彼に父親の復讐をしてもらいたいと考えていることを知る。
 ロカルノ国際映画祭2017 サイン・オブ・ライフ部門出品。サイン・オブ・ライフ賞受賞。
 サンセバスチャン国際映画祭2017 ホライズンズ・ラティーノ部門出品。


 ・“Le Fort Des Fous”(仏・アルジェリア・スイス・独・ギリシャ・カタール) 監督:Narimane Mari [北米プレミア]
 物語:1860年代、アルジェリア・サハラは、過酷な探検を以てしても征服を退けていた土地だったが、多くの者たちが欲していた。しかしながら、領土を巡る争いを乗り越え、神々の思し召しの土地の力を信じて、並外れた社会を作り上げようとした男たちがいた。
 ロカルノ国際映画祭2017 フィルムメイカーズ・オブ・ザ・プレゼント コンペティション部門出品。


 【IN CONVERSATION WITH… 】

 ・ヘレン・ミレンとの対話(In Conversation With… Helen Mirren)

 ・ハビエル・バルデムとの対話(In Conversation With… Javier Bardem)

 ・アンジェリーナ・ジョリーとの対話(In Conversation With… Angelina Jolie)

 ・ガエル・ガルシア・ベルナルとの対話(In Conversation With… Gael García Bernal)

 【TIFF SPEAKER SERIES部門】

 ・“Catch the Wind(Prendre le large)”(仏) 監督:ガエル・モレル(Gaël Morel) [インターナショナル・プレミア][SPECIAL PRESENTATIONS部門]

 ・“The Legend of The Ugly King(Die Legende vom hässlichen König)”(独・オーストリア) 監督:Hüseyin Tabak [ワールド・プレミア][TIFF DOCS部門]

 ・“Scaffolding(Pigumim)”(イスラエル・ポーランド) 監督:Matan Yair [北米プレミア][DISCOVERY部門][NEW WAVE部門]

 ・“The Journey(Al Rahal)”(イラク・英・仏・カタール・オランダ) 監督:Mohamed Jabarah Al Daradji [ワールド・プレミア][CONTEMPORARY WORLD CINEMA部門]

 ・“Silas”(カナダ・南ア・ケニア) 監督:Anjali Nayar、Hawa Essuman [ワールド・プレミア][OUR DIGITAL FUTURE部門][TIFF DODS部門]

 【TIFF KIDS部門】

 ・“I Kill Giants”(英) 監督:Anders Walter [ワールド・プレミア][DISCOVERY部門]

 ・“The Big Bad Fox & Other Tales(Le grand méchant renard et autres contes)”(仏) 監督:バンジャマン・レネール(Benjamin Renner)、Patrick Imbert [北米プレミア][CONTEMPORARY WORLD CINEMA部門]

 ・“The Breadwinner”(カナダ・アイルランド・ルクセンブルク) 監督:ノラ・トゥーミー(Nora Twomey) [ワールド・プレミア][SPECIAL PRESENTATIONS部門]

 【TIFF NEXT WAVE部門】

 ・“Call Me By Your Name”(伊・仏・ブラジル・米) 監督:ルカ・グァダニーノ [カナダ・プレミア][SPECIAL PRESENTATIONS部門]

 ・“Dark”(独) 監督:バラン・ボー・オダー(Baran bo Odar) [ワールド・プレミア][PRIMETIME部門]

 ・“What Will People Say(Hva Vil Folk Si)”(ノルウェー・独・スウェーデン) 監督:Iram Haq [ワールド・プレミア][PLATFORM部門]

 ・“Scaffolding(Pigumim)”(イスラエル・ポーランド) 監督:Matan Yair [北米プレミア][DISCOVERY部門][TIFF SPEAKER SERIES部門]

 ・“AVA”(イラン・カナダ・カタール) 監督:Sadaf Foroughi  [ワールド・プレミア][DISCOVERY部門]

 ・“Youth(芳華)”(中) 監督:フォン・シャオガン [ワールド・プレミア][SPECIAL PRESENTATIONS部門]

 ・“Lady Bird”(米) 監督:グレタ・ガーウィグ [インターナショナル・プレミア][SPECIAL PRESENTATIONS部門]

 ・“The Rider”(米) 監督:Chloé Zhao [カナダ・プレミア][SPECIAL PRESENTATIONS部門]

 ・“Unicorn Store”(米) 監督:ブリー・ラーソン [ワールド・プレミア][SPECIAL PRESENTATIONS部門]

 ・“Killing Jesus(Matar a Jesús)”(コロンビア・アルゼンチン) 監督:Laura Mora [ワールド・プレミア][DISCOVERY部門]

 ・“High Fantasy”(南ア) 監督:Jenna Bass [ワールド・プレミア][DISCOVERY部門]

 ・“Sheikh Jackson”(エジプト) 監督:Amr Salama [ワールド・プレミア][SPECIAL PRESENTATIONS部門]

 【SPECIAL PRESENTATIONS部門】 追加1作品

 ・“Roman J. Israel, Esq.”(米) 監督:ダン・ギルロイ [ワールド・プレミア]
 出演:デンゼル・ワシントン、コリン・ファレル、カルメン・イジョゴ(Carmen Ejogo)、Lynda Gravatt、アマンダ・ウォーレン(Amanda Warren)、ヒューゴ・アームストロング(Hugo Armstrong)、Sam Gilroy、トニー・プラナ(Tony Plana)、DeRon Horton
 物語:ロマン・イスラエルは、理想主義的な被告側弁護士である。彼のボスが、突然、仕事ができなくなって、彼は、よりリッチで都会的で冷酷な弁護士と組まなければならなくなる。最初は平凡に思えた事件だったが、彼の倫理と神経を試すような事件に発展する。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 今年のトロント国際映画祭は、2009年から続いていたCITY TO CITY部門(テルアビブ、イスタンブール、ブエノスアイレス、ムンバイ、アテネ、ソウル、ロンドン、ラゴス)と、意欲的な映画作家の作品を上映していたVANGUARDが廃止になり、約20%上映作品が減らされるというアナウンスがあってから、ラインナップの発表が始まっています。

 放っておくとどんどん部門が増えてきて、ごちゃごちゃになってしまうので、何年かに1回部門の見直しがあって、ラインナップが整理されるのですが、それでも十分に上映本数は多いので、今回もまあ仕方がないかなと思っていました。

 結果的には、MASTERS部門とTIFF DOCS部門がそれぞれずつ10本くらい減り、TIFF CINEMATHEQUE部門がカナダ映画のみの4本になったくらいで、CONTEMPORARY WORLD CINEMA部門とDISCOVERY部門はともに10本くらいずつ増えて、廃止された2部門分約20作品が減ったものの、ほとんど前回と変わらないようなラインナップになりました。(スタッフの交代もあったみたいで、多少部門の振り分けに混乱があるような気もしますが。)

 ラインナップの発表は、小刻みに行なわれるので、拾い切れていない作品がある可能性もありますが、一部サイトにはSPECIAL PRESENTATIONS部門で上映されると報じられているアブデラティフ・ケシシュの“Mektoub, My Love: Canto Uno”が、公式サイトに載っていないのが気になります。“Mektoub, My Love: Canto Uno”は、今年を代表する1本のはずで、当然トロントで上映されてしかるべき作品だと思いますが、最終的に滑り込んで上映されることになったりするでしょうか。

 *この記事がなかなか参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・トロント国際映画祭2017 GALAS部門、SPECIAL PRESENTATIONS部門 ラインナップ:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201707/article_41.html
 ・トロント国際映画祭2017 SPECIAL PRESENTATIONS部門 ラインナップ(続き):http://umikarahajimaru.at.webry.info/201707/article_42.html

 ・トロント国際映画祭2017 TIFF DOCS部門、MIDNIGHT MADNESS部門 ラインナップ:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201708/article_8.html

 ・トロント国際映画祭2017 オープニング作品、PLATFORM部門、SHORT CUTS部門 ラインナップ:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201708/article_9.html

 ・トロント国際映画祭2017 カナダ作品 ラインナップ:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201708/article_16.html

 ・トロント国際映画祭2017 SPECIAL PRESENTATIONS部門 追加32作品:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201708/article_25.html

 ・トロント国際映画祭2017 CONTEMPORARY WORLD CINEMA部門 ラインナップ その1:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201708/article_37.html
 ・トロント国際映画祭2017 CONTEMPORARY WORLD CINEMA部門 ラインナップ その2:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201708/article_38.html

 ・トロント国際映画祭2017 DISCOVERY部門 ラインナップ:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201709/article_5.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2017年9月〜2018年1月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201708/article_31.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
トロント国際映画祭2017 WAVELENGTHS部門、PRIMETIME部門、その他 海から始まる!?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる