海から始まる!?

アクセスカウンタ

zoom RSS オタワ国際アニメーションフェスティバル2017 受賞結果 日本からは2作品が受賞

<<   作成日時 : 2017/09/26 00:09   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 第41回オタワ国際アニメーションフェスティバル(9月20日-24日)の各賞が発表になりました。

 【長編コンペティション部門】

 ◆グランプリ(Grand Prize for Best Animated Feature)
 ◎『夜は短し歩けよ乙女』“Night is Short, Walk On Girl”(日) 監督:湯浅政明
 湯浅政明は、アヌシー国際アニメーションフェスティバル2017では『夜明けを告げるルーのうた』でグランプリを受賞している。


 ◆オナラブル・メンション
 ◎“Torrey Pines”(米) 監督:Clyde Petersen
 物語:1990年代初めに、南カリフォルニアで、実際にClyde Petersenの身に起こった物語。Clyde Petersenの母親は、シングルマザーで、しかも統合失調症で、Clyde Petersenには様々な不可解で当惑させるようなことが起こる。Clydeが12歳の時、政治的な陰謀の幻想と家族の機能不全から、母親はClydeを連れて、国中をまわる冒険の旅に出る。
 シアトル・クィア映画祭2016出品。審査員特別賞受賞。
 Roze Filmdagen アムステルダムLGBTQ映画祭2017出品。
 オランダ・アニメーションフェスティバル2017出品。
 フレームライン映画祭/サンフランシスコ国際LGBTQ映画祭2017出品。


 【短編コンペティション部門】

 [ナラティヴ作品部門](Narrative)

 ◆グランプリ(Nelvana Grand Prize for Independent Short Animation)
 ◎『Ugly』“Ugly”(独) 監督:Nikita Diakur
 物語:みにくいネコが、邪悪な環境の中で友だちを作ろうと悪戦苦闘する。彼のソールメイトになったのは、世界のバランスを修復しようとして旅の途上にいるネイティヴ・アメリカンの酋長だった。
 インターネットに書かれていた実話に基づく。
 ザグレブ国際アニメーションフェスティバル2017 グランド・コンペティション 短編部門出品。土居伸彰によるスペシャル・メンション受賞。
 エジンバラ国際映画祭2017出品。
 新千歳空港国際アニメーションフェスティバル2017出品。



 ◆カトゥーン・ネットワーク賞(Cartoon Network Award for Best Narrative Short Animation)
 ◎“Kotu Kiz (Wicked Girl/Vilaine fille)”(トルコ) 監督:Ayce Kartal
 物語:Sは、8歳のトルコ人の少女で、豊かなイマジネーションを持っている。彼女は、自然と動物を愛している。病院のベッドから、彼女は、おばあちゃんの村で過ごした幸福な時を振り返る。だが、何か暗く恐ろしい記憶がよぎる。
 アヌシー国際アニメーションフェスティバル2017 短編コンペティション部門出品。審査員賞受賞。
 トロント国際映画祭2017 SHORT CUTS部門出品。


 ◆脚本賞(Award for Best Script)
 ◎『Manivald』“Manivald”(カナダ・クロアチア・エストニア) 監督:チンティス・ルンドゥグラン(Chintis Lundgren)
 物語:Manivaldは、30代初めのキツネで、まだ母親と一緒に住んでいる。ある日、Toomasと呼ばれる若くてホットなオオカミが洗濯機を取り付けるためにやってくる。3人の間に愛の三角関係が生まれ、手に負えなくなる。Manivaldは、抜け出す潮時を悟る。
 シュトゥットガルト国際アニメーションフェスティバル2017出品。
 ザグレブ国際アニメーションフェスティバル2017 クロアチア・コンペティション部門出品。最優秀クロアチア作品賞受賞。
 アヌシー国際アニメーションフェスティバル2017 短編コンペティション部門出品。
 新千歳空港国際アニメーションフェスティバル2017出品。


 ◆技術賞(Award for Best Animation Technique)
 ◎“TESLA 'LUMIÉRE MONDIALE' (THE TESLA WORLD LIGHT)”(カナダ) 監督:Matthew Rankin
 物語:1905年のニューヨーク。偉大な発明家のニコラ・テスラは、電気に関する革命的な新しいコンセプトを得、彼の窓辺にやってくる羽根の生えた訪問客について、ロマンティックな幻想を抱く。実話に基づく物語。
 カンヌ国際映画祭2017 国際批評家週間出品。
 アヌシー国際アニメーションフェスティバル2017 短編コンペティション部門出品。
 トロント国際映画祭2017 SHORT CUTS部門出品。最優秀カナダ短編映画賞 オナラブル・メンション受賞。


 ◆メディア賞(Media Prize)
 ◎“TESLA 'LUMIÉRE MONDIALE' (THE TESLA WORLD LIGHT)”(カナダ) 監督:Matthew Rankin

 ◆観客賞(Public Prize)
 ◎『Decorado』“Decorado”(西・仏) 監督:Alberto Vazquez
 物語:世界は素晴らしい。しかし、そこで生きる者たちは、ひどい状況に置かれている。ネズミやネコやキツネといった擬人化したキャラクターを用いて、現在われわれが抱えている問題を示した寓話、皮肉。状況を変えるには闘うしかないということを教える。
 B&W。
 “Birdboy”(2011)でゴヤ賞短編アニメーション賞を受賞しているAlberto Vázquezの最新作。
 カンヌ国際映画祭2016 監督週間出品。
 アヌシー国際アニメーションフェスティバル2016 短編コンペティション部門出品。Festivals Connexion Award – Région Auvergne-Rhône-Alpes / In partnership wit h L umières Numériques & Pilon Cinéma受賞。
 Concorto映画祭2016 インターナショナル・コンペティション部門出品。
 トロント国際映画祭2016 SHORT CUT部門出品。
 Morbido映画祭2016出品。
 新千歳空港国際アニメーション映画祭2016出品。
 Cinanima:国際アニメーション映画祭2016出品。
 FANCINE Festival de Cine Fantastico de la Universidad de Malaga 2016 短編アニメーション部門観客賞受賞。
 Alcalá de Henares Short Film Festival 2016 Alcine賞受賞。
 AFIフェスト2016出品。
 FANTA ELX: Elcheファンタスティック映画祭2016出品。最優秀短編賞スペシャル・メンション受賞。
 アニローグ国際アニメーション映画祭2016出品。
 ミラノ映画祭2016 短編部門観客賞受賞。
 ゴヤ賞2017 短編アニメーション賞受賞。
 Villeurbanne Festival Reflets du cinéma ibérique et latino-américain 2017出品。
 クラクフ映画祭2017 映画祭受賞作品部門出品。
 ザグレブ国際アニメーションフェスティバル2017 グランド・コンペティション 短編部門出品。
 セザール賞2018オフィシャル・セレクション。


 ◆最優秀カナダ・アニメーション賞(Canadian Film Institute Award for Best Canadian Animation)
 ◎“Four Faces of the Moon”(カナダ) 監督:Amanda Strong
 物語:先住民の写真家の目を通して、時間の旅をし、Amanda Strongの家族の歴史を目撃して、Métis、Cree、Anishnaabeの祖先とのつながりを強める。
 若い鹿が、月明りの下、ハンターに追われて走る。バッファローの頭蓋骨の山にたどり着き、鹿が消える。
 Amandaの祖母のOlivine Bousquet。ビン拾いの子ども。Olivineは、歴史を守り、Métis文化の精神を引き継ぐ。キリスト教への教化に抵抗し、戦いのスピリットを維持し、自分がどこから来たのか、誇り高く語る。
 Napoleon Bousquetは、Olivineの祖父で、Métisの指導者であり、軍師Gabriel Dumontの孫である。彼は、バトッシュの戦いでともに戦い、この時代の物語をOlivineに伝えた。カナダ政府への抵抗と敗北の伝説。多くのMétisのファミリーはバラバラにされ、生きていくためにアイデンティティーを隠した。
 先住民は、袋から種がこぼれて失われるように、バラバラになり、征服の中で交じり合った。さらに時間をさかのぼる。鉄道によってバイソンは組織的に追い立てられ、先住民は先祖の土地で征服された。Napoleonの祖父John Baptiste Wilkieの物語。彼は、バッファロー狩りのチーフで、Gabriel Dumontの義理の父である。彼らはともに戦った。彼は、鉄道を敷設するための測量技師と最前線で出会った。鉄道は、植民地化に使われ、暴力は分散され、先住民は立ち退かされた。
 トロント国際映画祭2016 SHORT CUTS部門出品。
 *本編動画:https://www.youtube.com/watch?v=rWe--sysNkk&feature=youtu.be


 [ノン・ナラティヴ作品部門](Non-Narrative)

 ◆最優秀ノン・ナラティヴ アニメーション賞(Award for Best Non-Narrative Animation)
 ◎『Any Road』“Any Road”(仏) 監督:ボリス・ラベ(Boris Labbé)
 物語:「どこかにたどり着けるならね?」アリスは説明を加えた。(ルイス・キャロル『不思議の国のアリス』より)
 新千歳空港国際アニメーション映画祭2016 ミュージック・アニメーション・コンペティション部門出品。


 ◆音響賞(Award for Best Sound)
 ◎『Airport』“Airport”(スイス・クロアチア) 監督:Michaela Müller
 物語:現代の空港。乗降客の流れが突然の不測の事態によって分断される。セキュリティーは、混乱の原因を探ろうとする。雰囲気は、ちょっとしたことで脅威に転じる。悲劇とパニックは、いつもすぐそばに迫っている。
 自由に移動する権利と、国が社会に求めるセキュリティー上の制約との間のボーダーを探る。
 ザグレブ国際アニメーションフェスティバル2017 クロアチア・コンペティション部門出品。スペシャル・メンション受賞。
 アヌシー国際アニメーションフェスティバル2017 短編コンペティション部門出品。
 ロカルノ国際映画祭2017出品。
 トロント国際映画祭2017 SHORT CUTS部門出品。
 リガ国際映画祭2017出品。
 新千歳空港国際アニメーションフェスティバル2017出品。


 [学生作品部門](Student)

 ◆最優秀学生アニメーション賞(Award for Best Student Animation)
 ◎“End of Recording”(カナダ) 監督:Lukas Conway、Stefan Jaroszonek、Olivier Sommelet(Mel Hoppenheim School of Cinema(コンコルディア大学))
 物語:私はあなたにウソはつきたくない。私たちが知り合えるような事実を話そう。


 ◆カナダ学生アニメーション賞(Award for Canadian Student Animation Film)
 ◎“End of Recording”(カナダ) 監督:Lukas Conway、Stefan Jaroszonek、Olivier Sommelet(Mel Hoppenheim School of Cinema(コンコルディア大学))

 [受託作品部門](Commissioned)

 ◆最優秀受託アニメーション賞(Award for Best Commissioned Animation)
 ◎Mark Lotterman “Happy”(オランダ・仏) 監督:Alice Saey
 オランダのシンガーソングライターMark Lottermanの“Happy”のミュージック・ビデオ。水鳥の超アップから、様々にポーズを取る1羽の姿を映していく。さらに、同じ種類の水鳥が、たくさん集まって、羽づくろいする様子を、物憂い音楽に乗せて、延々と見せていく。
 *本編動画:https://www.youtube.com/watch?v=oE1bUiQcQUM


 ◆最優秀デザイン賞(Award for Best Design)
 ◎“Spectacle of the Real”(米) 監督:Buck Design、Orion Tait、Thomas Schmid、Daniel Oeffinger
 アヌシー国際アニメーションフェスティバル2017 受託作品コンペティション部門出品。
 *本編動画:https://vimeo.com/199014936


 ◆最優秀カナダ・アニメーション賞オナラブル・メンション
 ◎“Insect Express”(カナダ) 監督:Emily Pelstring
 El Tryptophanのアルバム“Guilt Vacation”に収録されている、“Insect Express”のミュージック・ビデオ。
 *本編動画:https://vimeo.com/150187303


 [プレスクール部門]

 ◆最優秀プレスクール作品賞(Award for Best Animated Film or Series for Young Audiences – Preschool)
 ◎“Der kleine Vogel und die Raupe (The Little Bird and the Caterpillar)”(スイス) 監督:レナ・フォン・ドェーレン(Lena von Döhren)
 物語:小鳥が、緑豊かなメイプルの木を巣にしている。ところが、その葉っぱを食いしん坊ないもむしが目をつける。
 ベルリン国際映画祭2017 ジェネレーションKplus部門出品。
 ズリーン国際映画祭2017 子供向けアニメーション映画 インターナショナル・コンペティション部門出品。
 アヌシー国際アニメーションフェスティバル2017 短編コンペティション部門出品。
 サラエボ映画祭2017 児童プログラム出品。


 ◆オナラブル・メンション(Honorable Mentions)
 ◎『こにぎりくん うんどうかい』“Konigiri-Kun Kitchen Sports Day”(日) 監督:宮澤真理
 物語:今日は運動会。みんなでいろんな競技で対決する。ところが、運動会の賞品のメダルを盗み出そうとする2人組が現れる。しかし、企みはなかなか成功しない。
 ザグレブ国際アニメーションフェスティバル2017 児童映画コンペティション部門出品。


 ◎“Island”(独) 監督:Max Mörtl & Robert Löbel
 物語:この風変りな島には、奇妙だけれどかわいい生き物がたくさんいる。


 ◎“The Cloud and the Whale”(ロシア) 監督:Alyona Tomilova
 物語:小さな雲と大きなクジラの友情の物語。
 ザグレブ国際アニメーションフェスティバル2017 児童映画コンペティション部門出品。
 ジッフォーニ映画祭2017出品。
 アデレード国際ユース映画祭2017出品。


 ◎“George & Paul 'aflevering: slaapwandelen' (George & Paul 'Episode: Sleepwalking')”(オランダ・ベルギー) 監督:Erik Verkerk & Joost van den Bosch
 物語:Georgeは、早起きで、行動がおかしい。Paulは、Georgeが夢遊病にかかっていることに気づく。Paulは、夢遊病のGeorgeがケガしないように気をつけてあげなければならない。
 アヌシー国際アニメーションフェスティバル2017 TV作品コンペティション部門出品。


 [6-12歳向け短編部門](Shorts for 6-12)

 ◆最優秀6-12歳向けアニメーション賞(Award for Best Animated Film or Series for Young Audiences – Ages 6-12)
 ◎“The Mountain of SGaana”(カナダ) 監督:Christopher Auchter
 物語:若い男性が、霊的な世界に連れ去られる。彼を若い女性が助けようとする。
 ズリーン国際映画祭2017 子供向けアニメーション映画 インターナショナル・コンペティション部門出品。



 ◆オナラブル・メンション(Honorable Mentions)
 ◎“La Licorne (The Unicorn)”(仏・ベルギー) 監督:Rémi Durin
 物語:ある日、森の中で、小さな王が、雪のように白く、風のように速いユニコーンを見つける。王は、そのユニコーンを城に連れ帰り、手厚く面倒を見たが、ユニコーンは病気になってしまう。どうすれば治してやることができるだろうか。
 ザグレブ国際アニメーションフェスティバル2017 ファミリー・プログラム出品。
 アヌシー国際アニメーションフェスティバル2017 短編コンペティション部門出品。


 ◎『レギュラーSHOW〜コリない2人〜』第8シーズン25話“Regular Show”- 'Meet the Seer'(米) 監督:J・G・クインテル(JG Quintel)& Calvin Wong
 物語:モーデカイとリグビーらは、病気になったベンソンを助けるために、宇宙に予言者(the Seer)を探しに行く。


 ◆最優秀カナダ・アニメーション賞オナラブル・メンション
 ◎『Hedgehog's Home』“Hedgehog's Home”(カナダ・クロアチア) 監督:Eva Cvijanovic
 物語:苔むした石や輝く赤いイチゴ、キノコ、まばらな茂みがちらばる快適な森に、ハリネズミが暮らしている。他の動物たちは、そんな彼の暮らしを羨んだり、憧れたりしている。だが、狡猾なキツネと貪欲なクマと邪悪なオオカミと泥まみれのイノシシは、ハリネズミが住まいを愛しているのを快く思っておらず、ある夜、彼の住まいを攻撃するためにでかけていく。
 ブランコ・チョピッチ(Branko Ćopić:1915-1984)の古い童話に基づく。
 ベルリン国際映画祭2017 ジェネレーションKplus部門出品。最優秀短編賞 児童審査員賞/クリスタル・ベア賞 スペシャル・メンション受賞。
 オランダ・アニメーション映画祭2017出品。
 ズリーン国際映画祭2017 子供向けアニメーション映画 インターナショナル・コンペティション部門出品。
 ザグレブ国際アニメーションフェスティバル2017 グランド・コンペティション 短編部門出品。Marko Tadicによるスペシャル・メンション、観客賞受賞。
 アヌシー国際アニメーションフェスティバル2017 短編コンペティション部門出品。ヤング観客賞受賞。
 ヴィラ・ド・コンデ国際映画祭2017出品。
 ニューヨーク映画祭2017出品。
 新千歳空港国際アニメーションフェスティバル2017出品。


 [カナダ学生コンペティション部門](Canadian Student Competition)

 ◆カナダ学生アニメーション賞オナラブル・メンション
 ◎“The Lost Soul”(カナダ) 監督:Marie-Josée Doutre(コンコルディア大学、Mel Hoppenheim School of Cinema)
 物語:過去の攻撃の記憶に苦しんでいる若い女性がいて、過去のつながりを壊し、悲しい出来事を抱えたまま、沈黙を守って、平穏に過ごそうとするのをやめる。


 ◎“Quarters”(カナダ) 監督:Airin Budiman、Brad Flowers、Karliegh Ivens、Maude Ashby、Tiya Zhong、Una Di Gallo、Virginia Findlay、Yingqi Wu、Emily Millard(シェリダン大学)
 物語:4人が隣り合わせに暮らしているが、それぞれ他人のことは知らない。しかし、そのうちの1人が亡くなったことをきっかけに、つきあいが生まれる。
 モントリオール・ストップ・モーション・フェスティバル2017出品。
 アーツ・インディペンデント・フェスティバル2017出品。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 *この記事がなかなか参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・オタワ国際アニメーションフェスティバル2017 ラインナップ:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201709/article_35.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2017年9月〜2018年1月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201708/article_31.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
オタワ国際アニメーションフェスティバル2017 受賞結果 日本からは2作品が受賞 海から始まる!?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる