海から始まる!?

アクセスカウンタ

zoom RSS アカデミー名誉賞2017 発表!

<<   作成日時 : 2017/09/08 20:09   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 米国アカデミー賞の第9回Governorsアワードの受賞者が発表されました。(9月6日)

 ◎アカデミー名誉賞:チャールズ・バーネット(Charles Burnett)
 『グラス・シールド』(1994)、『ビューティフル・ウェディング』(1998)、『デビルズ・ファイヤー』(2003)などで知られる映画監督。73歳。
 黒人のアカデミー名誉賞受賞は、2002年のシドニー・ポワチエ、2011年のジェームズ・アール・ジョーンズ、2015年のスパイク・リーに続いて4人目。黒人監督では2人目。
 発表されているプロジェクトはあるが、今のところ制作からは10年離れている。

 ◎アカデミー名誉賞:オーウェン・ロイズマン(Owen Roizman)
 撮影監督。『フレンチ・コネクション』(1971)、『エクソシスト』(1973)、『ネットワーク』(1976)、『トッツィー』(1982)、『ワイアット・アープ』(1994)と5回、米国アカデミー賞撮影賞にノミネートされているが受賞はしていない。80歳。
 米・撮影監督協会賞(ASC)には、[ワイアット・アープ]でノミネートされたことがあるが、受賞はしていない。1997年に生涯貢献賞受賞。
 1995年の『フレンチ・キス』を最後に、撮影監督からは離れている。

 ◎アカデミー名誉賞:ドナルド・サザーランド
 82歳。ゴールデン・グローブ賞には8回ノミネートされて(映画部門3回(主演2回、助演1回)、テレビ部門5回(主演1回、助演4回))、テレビ部門で助演男優賞を2回受賞している。米国アカデミー賞ではノミネートされたことがない。
 最新作は、パオロ・ヴィルズィ監督、ヘレン・ミレン共演の“The Leisure Seeker”。
 ジェームズ・グレイ監督の“Ad Astra”、ジム・ローチ監督の“Measure of a Man”、Ban Baron監督、ブリー・ラーソン主演の“Basmati Blues”、TVシリーズ“Trust”など、待機作も多い。

画像

 ◎アカデミー名誉賞:アニエス・ヴァルダ
 89歳。米国アカデミー賞には、これまでノミネートされたことはない。外国語映画賞に選出されたこともない。
 2001年に名誉セザール賞、2010年にカンヌ国際映画祭黄金の馬車賞、2014年にロカルノ国際映画祭名誉金豹賞とヨーロッパ映画賞生涯貢献賞、2015年にカンヌ国際映画祭名誉パルムドール、2016年トロント国際映画祭ロジャー・エバート トリビュート受賞。
 最新作“Visages,Villages”は、今年のカンヌ国際映画祭アウト・オブ・コンペティション部門で上映されて、ドキュメンタリー賞受賞。
 ドキュメンタリー監督の名誉賞は、前回、フレデリック・ワイズマンが初受賞だったが、(アニエス・ヴァルダはドキュメンタリー専門の監督ではないが)それに続く受賞となった。
 2013年に“The Film Experience”という映画サイトが、「次にアカデミー名誉賞を獲るべき10人の女たち」(http://umikarahajimaru.at.webry.info/201307/article_7.html)というリストを発表していますが、そこから2013年にアンジェラ・ランズベリー、2014年にモーリン・オハラ、2015年にジーナ・ローランズが受賞し、1年休んで、今回またアニエス・ヴァルダが受賞しました。なかなか高い的中率です。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 Governorsアワードは、1人〜3人の名誉賞に、ヒューマニタリアン賞/ジーン・ハーショルト博愛賞1人(とアービング・G・タルバーグ賞1人)で、計4人になることが一般的ですが、前回に続き、本年度も名誉賞が4人という選出になりました。

 授賞式は、11月11日です。

 【アカデミー名誉賞】

 アカデミー名誉賞(Academy Honorary Awards)というのは、現行のアカデミー賞ではカバーできない「映画における功績」を讃えるために設けられた賞で、元々は「特別賞」(Special Award)だったものが1948年にアカデミー名誉賞となり、現在まで続いています。

 ポイントは、いくつかあって―
 ・授与対象は、作品や団体であってもよく、作品にアカデミー名誉賞が贈られた一番最後は1955年には稲垣浩監督の『宮本武蔵』で、団体にアカデミー名誉賞が贈られた一番最後は1988年のイーストマン・コダックとカナダのNFB、となっています。

 ・「現行のアカデミー賞ではカバーできない」ということに関しては、カテゴリー的に、その後、アカデミー賞の正式な部門に昇格したものもあり、『宮本武蔵』までアカデミー名誉賞が贈られた8つの「作品」は、「外国語映画賞」というカテゴリーがなかった頃の「外国語映画賞」に当たり、『宮本武蔵』受賞の翌年に外国語映画賞が設けられ、それ以前の8作品も今では「外国語映画賞」受賞作という風に扱われています。
 1964年にはウィリアム・J・タトルに、1968年にはジョン・チェンバースに「アカデミー名誉賞」が贈られていますが、これは「メイキャップ賞」(現・メイキャップ&スタイリング賞)に当たるもので、その後、「メイキャップ賞」は1981年度からアカデミー賞の正式な部門に昇格しています。
 また、正式な部門に昇格しなかった「アカデミー名誉賞」もあり、1944年〜46年には「子役賞」(child actor/actress)に当たる賞として「アカデミー名誉賞」が授与されています。(1934、38、39、48、49、54、60年には、それぞれJuvenile Performanceに「アカデミー名誉賞」が贈られています。)

 ・「アカデミー名誉賞」の授与対象者は、基本的にはこれまでアカデミー賞の正式な部門の賞を受賞したことがない者に贈られる傾向があります。 ※追記

 ・アカデミー名誉賞には、1930-40年代の「子役賞」や、1989年の黒澤明から1999年のアンジェイ・ワイダまでの一連の外国人監督など、時代により流行があります。

 【参考】

 1.2016年度までで、アカデミー名誉賞を受賞した個人または団体は、160組あまりいますが、アカデミー賞の正式な部門で過去に受賞したことがあって、その後、アカデミー賞名誉賞を贈られた個人は22人います。

 アン・V・コーツ、ジャン=クロード・カリエール、宮崎駿、ディック・スミス、ロバート・レッドフォード、シドニー・ポワチエ、ジャック・カーディフ、エリア・カザン、チャック・ジョーンズ、ソフィア・ローレン、ジェームズ・スチュアート、ハル・ローチ、アレック・ギネス、ローレンス・オリヴィエ、メアリー・ピックフォード、オーソン・ウェルズ、アーサー・フリード、ゲイリー・クーパー、チャールズ・ブラケット、Pete Smith、ウィリアム・キャメロン・メンジース、マック・セネット

 これらの受賞者は、単に1つのジャンルにとどまらない幅広い活動をして、映画界に多大な貢献をしたと認められた映画人がほとんどであるようです。

 過去には―
 チャールズ・ブラケットは、脚本賞を受賞してから3年後にアカデミー名誉賞を受賞
 アーサー・フリードは、作品賞を受賞してから8年後にアカデミー名誉賞を受賞
 ウォルト・ディズニーは、正式の部門賞を受賞した前後あるいは同じ年にアカデミー名誉賞を受賞

 ということもありましたが、現在では、20年以上のインターバルが置かれることが普通で、

 ディック・スミスは、1985年にメイキャップ賞を受賞して、26年後の2011年にアカデミー名誉賞を受賞
 ロバート・レッドフォードは、1981年に監督賞を受賞して、20年後の2001年にアカデミー名誉賞を受賞
 アレック・ギネスは、1958年に主演男優賞を受賞して、21年後の1979年にアカデミー名誉賞を受賞

 という風になっています。

 2.アカデミー名誉賞は、それまでにアカデミー賞と縁がなかった人に贈られる傾向がありますが、アカデミー名誉賞を贈られた後で、アカデミー賞受賞を果たしている人も9人います。

 ポール・ニューマン、ヘンリー・フォンダ、チャールズ・チャップリン、ジェローム・ロビンス、セシル・B・デミル、ハロルド・ラッセル、ネイサン・レヴィンソン、ウォルト・ディズニー、W・ハワード・グリーン

 このうち、ジェローム・ロビンスとハロルド・ラッセルとウォルト・ディズニーは、同一年度にアカデミー名誉賞とアカデミー賞を受賞していて、ポール・ニューマンとヘンリー・フォンダとチャールズ・チャップリンは、アカデミー名誉賞を受賞した翌年にアカデミー賞を受賞しています。

 アカデミー名誉賞を受賞した後で、正式部門でノミネーションを受けた人はもっとたくさんいます。

 3.これまでにアカデミー名誉賞を2度以上受賞した人は8人います。

 ミッキー・ルーニー、ローレンス・オリヴィエ、チャールズ・チャップリン、ボブ・ホープ、ジーン・ハーショルト、ウォルター・ウェンジャー、ウォルト・ディズニー、W・ハワード・グリーン

 このうちで、アカデミー名誉賞最多受賞はボブ・ホープの4回で、複数回受賞した最後の受賞者は1982年のミッキー・ルーニーです。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 今回、アカデミー名誉賞の発表がされて、日本語でもいくつか記事になっているわけですが、アカデミー賞の公式サイトには、公式なアナウンスは今のところまだありません。
 全米のメディアに向けて、AMPASがプレスリリースを出したということなのかもしれませんが、今まではAMPASの公式サイトの「NEWS」欄でこうしたニュースは伝えられていたのに、どうしちゃったんでしょう。
 学生アカデミー賞のニュースも「NEWS」で伝えられなくなっちゃったし、ジョン・ベイリー新会長とそのまわりのスタッフは、こうしたことに疎いのかもしれません。困ったものです。

 ※名誉賞のニュースは、キャスティング・ディレクターでプロデューサーのDavid Rubinが式典のプロデューサーを務めることと併せて、9月8日に「NEWS」欄に掲載されました。

 *この記事がなかなか参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・米国アカデミー Governorsアワード2016 発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201609/article_4.html
 ・米国アカデミー Governorsアワード2016 授賞式:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201611/article_21.html
 ・米国アカデミー Governorsアワード2015 授賞式:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201511/article_16.html
 ・米国アカデミー Governorsアワード2014 授賞式:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201411/article_6.html
 ・米国アカデミー Governorsアワード2013 発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201309/article_12.html
 ・米国アカデミー Governorsアワード2013 授賞式:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201311/article_27.html
 ・米国アカデミー Governorsアワード2012 授賞式:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201212/article_7.html
 ・米国アカデミー Governorsアワード2011 授賞式:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201112/article_4.html
 ・米国アカデミー Governorsアワード2010 授賞式:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201011/article_22.html

 ・次にアカデミー名誉賞を贈るべき10人の女たち2013:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201307/article_7.html

 ・米国アカデミー賞に一度もノミネートされたことがない俳優40人:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201312/article_76.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2017年9月〜2018年1月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201708/article_31.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
アカデミー名誉賞2017 発表! 海から始まる!?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる