海から始まる!?

アクセスカウンタ

zoom RSS サンセバスチャン国際映画祭2017 ホライズンズ・ラティーノ部門 ラインナップ

<<   作成日時 : 2017/08/27 20:49   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 サンセバスチャン国際映画祭2017のホライズンズ・ラティーノ部門(Horizontes Latinos)のラインナップです。

画像

 ・“Las hijas de Abril (April's Daughter)”(メキシコ) 監督:ミシェル・フランコ
 物語:ヴァレリアは、17歳で、姉クララと2人でPuerto Vallartaで、自由気ままな生活を送っている。ヴァレリアは、現在、妊娠中だ。彼女は、ここに母アプリルがやってくることを嫌っているが、クララは経済的負担と家に赤ん坊が増えるのが嫌で、母を呼んでしまう。アブリルは、ヴァレリアが妊娠7ヶ月であることを知って助けようとするが、ヴァレリアには母にいてもらいたくない別の理由があった。
 エマ・スアレスがアブリルを演じる。
 ミシェル・フランコ監督、そして『彼方から』で金獅子賞受賞のロレンツォ・ビガスがプロデューサーを務めている。
 カンヌ国際映画祭2017 ある視点部門出品。審査員賞受賞。
 カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭2017 アナザー・ビュー部門出品。
 エルサレム映画祭2017出品。
 メルボルン国際映画祭2017出品。
 ニュー・ホライズンズ映画祭2017出品。
 サラエボ映画祭2017 オープン・エアー部門出品。
 トロント国際映画祭2017 CONTEMPORARY WORLD CINEMA部門出品。


 ・“Cocote”(ドミニカ共和国・アルゼンチン・独・カタール) 監督:Nelson Carlo de los Santos Arias
 物語:アルベルトは、福音主義者の庭師で、有力者によって殺された父の葬儀に出席するために、故郷の街に戻って来る。死者を悼むために、彼は、彼の意思と信念に反して行なわれる宗教的儀式に出席させられる。それは、前植民地時代から伝わる低所得階級に伝わる宗教である。アルベルトは、家族が、彼に父親の復讐をしてもらいたいと考えていることを知る。
 ロカルノ国際映画祭2017 サイン・オブ・ライフ部門出品。サイン・オブ・ライフ賞受賞。
 トロント国際映画祭2017 WAVELENGTHS部門出品。

画像

 ・“La familia”(ベネズエラ・チリ・ノルウェー) 監督:Gustavo Rondón Córdova
 出演:Giovanny García、Reggie Reyes
 物語:12歳のペドロは、カラカスの労働者階級地区の暴力的な都会の雰囲気の中で育った。彼は、乱暴なゲームで遊んでいて、他の友だちをひどくケガさせてしまい、シングル・ファザーのアンドレスは、彼らを目につかないように隠してしまおうと考える。父は、10代の息子すらコントロールできないのかと思われたくなかったのだ。ところが、状況は、彼らを以前より仲良くさせる。
 初監督長編。
 Gustavo Rondón Córdova は、これまで多くの短編を手がけていて、“Nostalgia”(2012)でベルリン国際映画祭2012の短編コンペティション部門に選出されている。
 カンヌ国際映画祭2017 国際批評家週間出品。
 ミュンヘン映画祭2017出品。
 カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭2017 アナザー・ビュー部門出品。
 エルサレム映画祭2017出品。

画像

 ・“Arábia(Araby)”(ブラジル) 監督:Affonso Uchôa、João Dumans
 物語:アンドレは、鉱物産業で栄えるブラジルの町オウロ・プラットの、古いアルミニウム工場近くで育った。工場で痛ましい事故が起こった後、アンドレは、亡くなった工場労働者クリスティアーノの家に向かう。死者のために衣類をクリーニングした後で、彼は、クリスティアーノが20年間綴っていた日記を見つける。現在のブラジルの繁栄があるのは、こうしたクリスティアーノのような労働者が、虐げられながらも、重労働と貧乏に耐えたおかげなのだ。アンドレは、クリスティアーノの日記を読み始める。旅、放浪生活、恋愛、友情といったものが、やってきては、過ぎ去っていく。ほとんどチャンスらしいチャンスを与えられることもなかったクリスティアーノと、彼が出会った一匹狼や幸運を求める人々の物語。
 ロッテルダム国際映画祭2017 タイガー・アワード コンペティション部門出品。
 カルタヘナ国際映画祭2017出品。
 ブエノスアイレス国際インディペンデント映画祭2017 インターナショナル・オフィシャル・コンペティション部門出品。スペシャル・メンション受賞。
 インディーリスボア/リスボン国際インディペンデント映画祭2017 インターナショナル・コンペティション 長編部門出品。審査員特別賞受賞。
 カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭2017 アナザー・ビュー部門出品。

画像

 ・“Las olas”(ウルグアイ・アルゼンチン) 監督:アドリアン・ビニエツ(Adrián Biniez)
 物語:Alfonsoは、仕事をやめて、ビーチに向かう。彼は、海に飛び込み、泳ぐ。水面に浮上した時、彼は、5年前に彼と家族が過ごした風景を目にする。これが、ファンタスティックな航海の始まりだった。彼がかつて過ごした休日、リゾート。両親と一緒の子ども時代。元妻と一緒のミステリアスな島。友人たちやマレーシアのパイレーツと一緒のティーンエージャー時代。違うガールフレンドと2年連続でキャンプをした場所。
 『大男の秘め事』(2009)でベルリン国際映画祭2009アルフレッド・バウアー賞、審査員グランプリ、第1回作品賞を受賞したアドリアン・ビニエツ監督の第3長編。

画像

 ・“La educación del Rey”(アルゼンチン・西) 監督:Santiago Esteves
 物語:Reynaldo Galíndez、別名'Rey'は、初めての強盗から抜け出して、引退したガードマン、Carlos Vargasが住んでいる家の中庭に入り込む。Carlosは、Reyを警察に突き出す代わりに、小さな仕事を与える。家にあった壊れたものの修理だ。その仕事を通して、2人に関係性が芽生える。それは、王の教育という古い伝説に似てなくもなかった(Reyは「王」の意)。しかし、Reyのやり残した仕事が溜まりだした時、2人の関係性はバラバラになり始める。
 初監督長編。
 サンセバスチャン国際映画祭2016 Films in Progress 30 Industry Award受賞。

画像

 ・“Temporada de caza”(アルゼンチン) 監督:Natalia Garagiola
 物語:Ernestoは、尊敬されている狩猟ガイドで、パタゴニアに新しい家族とともに暮らしている。最初の妻が亡くなった後、彼は、10年以上会っていなかった10代の息子Nahuelを引き取らなければならなくなる。これまで過去を放置してきた彼に、息子の暴力が爆発する。むき出しの敵意の中で、彼は2人の新しい関係性を模索しなければならない。
 Natalia Garagiolaは、短編“Yeguas y Cotorras”(2012)がカンヌ国際映画祭批評家週間に選出され、“Sundays”(2014)がカンヌ国際映画祭監督週間に選出された俊英で、本作で長編監督デビュー。
 ベネチア国際映画祭2017 国際批評家週間出品。

画像

 ・“Medea”(コスタリカ・アルゼンチン・チリ) 監督:Alexandra Latishev
 物語:María Joséは、25歳。彼女の生活は、単調な大学の教室と、永遠に距離を縮められない両親と、ラグビーの練習と、ゲイの友人とのつきあいの間を行ったり来たりするだけだった。そういう生活が変わり始めたのはJavierと出会ってからだった。彼女の生活は劇的に変わる。彼女は、誰に知られることもなく、妊娠した……。
 ブエノスアイレス国際インディペンデント映画祭2017 インターナショナル・オフィシャル・コンペティション部門出品。

画像

 ・“Al desierto”(アルゼンチン・チリ) 監督:Ulises Rosell
 物語:Comodoro Rivadavia (アルゼンチン)カジノの従業員、Juliaは、ウェールズ系の簡素な男Gwynforの誘惑に屈する。Gwynforは、彼女に、自分が働く石油会社で管理職を与えると約束した。彼女が、間違いに気づくまでにそう時間はかからなかった。彼らは、パタゴニア平原を横切り、つらい徒歩旅行をして、砂漠に入り込んでいた。狩猟や、洞窟や廃墟への避難を経て、厳しい状況が何日も続いた。砂漠のど真ん中で、何らかのトレースを見つけるのは容易ではなかった。

画像

 ・“La Novia del Desierto (The Desert Bride)”(アルゼンチン・チリ) 監督:Cecilia Atán、Valeria Pivato
 出演:ポリーナ・ガルシア
 物語:Teresa(54)は、ブエノスアイレスでメイドをしている。ところが、働いていた一家が家を売ることになり、彼女は仕事を手に入れるために遠くの町に行かなければならなくなる。最初の停留所、奇跡が起こるという'Difunta Correa' saintまで行くところで、彼女は全財産を入れたバッグを失くしてしまう。
 初監督長編。
 カンヌ国際映画祭2017 ある視点部門出品。
 エルサレム映画祭2017出品。
 ニュージーランド国際映画祭2017出品。

画像

 ・“Los perros”(チリ・仏) 監督:Marcela Said
 出演:アントニア・セヘルス(Antonia Zegers)、アルフレド・カストロ(Alfredo Castro)、ラファエル・スプレゲルブルド(Rafael Spregelburd)、Alejandro Sieveking、Elvis Fuentes
 物語:マリアナ(42)は、チリの上流階級に属していて、それが父や夫のおかげであるのにも拘らず、特権を当然のように感じていた。フアン(60)は、今は乗馬教師をしているが、独裁時代に人権侵害を犯したのではないかという疑惑のある元大佐で、マリアナは、そんな彼に奇妙な魅力を感じていた。ところが、2人の関係は、昔から家族を守ってきた見えない壁によって打ち砕かれる。
 “The Summer of Flying Fish(El verano de los peces voladores)”(2013)が、カンヌ国際映画祭2013監督週間やトロント国際映画祭2013 DISCOVERY部門に選出されているMarcela Said監督の第2回監督長編。
 カンヌ国際映画祭2017 国際批評家週間出品。
 ミュンヘン映画祭2017 CineVision コンペティション部門出品。CineVision Award スペシャル・メンション受賞。


 ・“Una mujer fantástica(A Fantastic Woman)”(チリ・独・西・米) 監督:セバスチャン・レリオ
 出演:Daniela Vega、Francisco Reyes、ルイス・ニェッコ(Luis Gnecco)、アリーン・クッペンハイム(Aline Küppenheim)、Amparo Noguera
 物語:現代のチリのサンチャゴ。Marina Vidalは、トランスセクシャルで、ナイトクラブでシンガーをしている。印刷会社を経営している20歳年上のパートナーOrlandoが彼女の腕の中で亡くなったことで、彼女は彼の家族や社会と立ち向かわなければならなくなる。
 ベルリン国際映画祭2017 コンペティション部門出品。脚本賞(銀熊賞):セバスチャン・レリオ、ゴンサロ・マサ(Gonzalo Maza)、エキュメニカル審査員賞スペシャル・メンション、テディー賞受賞。
 ヴィリニュス国際映画祭2017出品。
 Biografilmフェスティバル2017出品。
 トランシルヴァニア国際映画祭2017 ユージュアル・サスペクツ部門出品。
 シドニー映画祭2017出品。
 モスクワ国際映画祭2017出品。
 ニュージーランド国際映画祭2017出品。
 ニュー・ホライズンズ映画祭2017出品。
 メルボルン国際映画祭2017出品。
 トロント国際映画祭2017 SPECIAL PRESENTATIONS部門出品。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 *この記事がなかなか参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・サンセバスチャン国際映画祭2017 オフィシャル・セレクション ラインナップ:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201708/article_19.html

 ・サンセバスチャン国際映画祭2017 ニュー・ディレクターズ部門 ラインナップ:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201708/article_20.html

 ・サンセバスチャン国際映画祭2017 その他のラインナップ:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201708/article_36.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2017年9月〜2018年1月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201708/article_31.html

 追記:
 ・サンセバスチャン国際映画祭2017 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201710/article_1.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
サンセバスチャン国際映画祭2017 ホライズンズ・ラティーノ部門 ラインナップ 海から始まる!?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる