海から始まる!?

アクセスカウンタ

zoom RSS ミュンヘン映画祭2017 受賞結果!

<<   作成日時 : 2017/07/05 01:37   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 第35回ミュンヘン映画祭(Filmfest München:6月22日-7月1日)の各賞が発表になりました。

 【CineMasters コンペティション部門】

 ◆ARRI/OSRAM Award €50,000
 ◎“Loveless(Nelyubov)”(ベルギー・独・仏・ロシア) 監督:アンドレイ・ズビャギンツェフ [ドイツ・プレミア]
 出演:Gian Badmayev、Evgeniya Dmitrieva、Sergey Doubles、Artem Manukyan、Natalia Vinokurova
 物語:美容室を営むジェーニャと中間管理職のボリスは、鬱積した憤りと欲求不満と非難の仕返しから、無残な離婚劇に陥っている。彼らは、共同で購入したアパートを売って、新しい生活に乗り出そうとしていて、それぞれに次のパートナーを見つけ、新たなる人生の1ページをめくろうと気を急いている。ジェーニャには、リッチなビジネスマンのアントンがいたし、ボリスのガールフレンドのマシャのお腹は既に大きくなっていた。唯一の問題は、12歳の息子アリョーシャのことで、2人とも息子の養育権を欲していなかった。ジェーニャは、ボリスのことを愛していないように、アリョーシャのことも愛しておらず、軍隊に入るまでの間、寄宿学校に入れればいいと言ったのをアリョーシャ本人に聞かれてしまったし、一方、ボリスは、マシャの母親のアパートに半ば転がり込んでいたが、マシャに自分には息子がいることを話していなかった。しかも、仕事柄、離婚はいい顔をされないので、マシャに赤ん坊ができてちゃんとした家族になれるまで、結婚に失敗したことを知られたくなかった。ジェーニャが、豪華なレストランで食事をし、アントンと情熱的なセックスをした翌朝、家に戻ってきた彼女は、学校の先生からアリョーシャが2日間学校に来ていないと連絡を受ける。ジェーニャとボリスは、息子を捜すために力を合わせなければならなくなる。
 カンヌ国際映画祭2017 コンペティション部門出品。審査員賞受賞。

画像

画像

 ◆ARRI/OSRAM Award スペシャル・メンション
 ◎“Home”(ベルギー) 監督:Fien Troch [ドイツ・プレミア]
 出演:Kevinは、17歳で、更生施設を出所する。彼は、母親から、父親ともめごとを起こしてほしくなので、叔母Sonjaと暮らしてくれと頼まれる。Sonjaには、Kevinより年下のいとこSammyがいて、Kevinは、すぐに仲良くなり、また、叔母の店で見習いとしても働き始め、新しい生活を順調にスタートさせる。Kevinは、高校の最終学年に通い、そこで、Sammyを通して、Johnとも仲良くなる。Kevinは、Johnと母親の関係がうまくいっていないことを知って、彼の力になろうとする。
 共同脚本のニコ・ルーネンは、『オーバー・ザ・ブルースカイ』などを手がける編集技師で、監督Fien Trochの夫でもある。
 ガス・ヴァン・サントやラリー・クラークを彷彿とさせると評された作品。Fien Trochの第4監督長編。
 ベネチア国際映画祭2016 Orizzonti部門出品。監督賞受賞。
 トロント国際映画祭2016 PLATFORM部門出品。
 AFIフェスト2016出品。
 ゲント国際映画祭2016出品。Georges Delerue Prize、ヤング審査員賞スペシャル・メンション、観客賞受賞。
 レザルク・ヨーロッパ映画祭2016出品。審査員大賞受賞。
 ロッテルダム国際映画祭2017出品。
 ヨーテボリ国際映画祭2017出品。
 ヴィリニュス国際映画祭2017出品。
 イスタンブール国際映画祭2017 インターナショナル・コンペティション部門出品。
 香港国際映画祭2017出品。
 全州国際映画祭2017出品。
 インディーリスボア/リスボン国際インディペンデント映画祭2017出品。
 モスクワ国際映画祭2017 8 1/2 Films部門出品。

画像

 [その他のエントリー作品]
 ・“Bright Sunshine In”(仏) 監督:クレール・ドゥニ
 ・“A Gentle Creature”(仏) 監督:セルゲイ・ロズニタ [ドイツ・プレミア]
 ・“Ismael’s Ghosts”(仏) 監督:アルノー・デプレシャン [ドイツ・プレミア]
 ・“Redoubtable”(仏) 監督:ミシェル・アザナヴィシウス [ドイツ・プレミア]
 ・“Happy End”(仏・オーストリア) 監督:ミヒャエル・ハネケ [ドイツ・プレミア]
 ・“The Intruder”(仏・伊・スイス) 監督:レオナルド・ディ・コスタンツォ(Leonardo Di Costanzo) [ドイツ・プレミア]
 ・“The Untamed”(デンマーク・独・仏・メキシコ・ノルウェー) 監督:アマ・エスカランテ [ドイツ・プレミア]
 ・“The Day After”(韓) 監督:ホン・サンス [ドイツ・プレミア]
 ・“The Beguiled”(米) 監督:ソフィア・コッポラ [ドイツ・プレミア]
 ・“The Blind Christ”(チリ・仏) 監督:Christopher Murray [ドイツ・プレミア]

 ※審査員:ヴァレスカ・グリーゼバッハ(Valeska Grisebach)、マルクス・ツィンマー(Markus Zimmer:ドイツのプロデューサー)、ナスターシャ・キンスキー

 【CineVision コンペティション部門】
 ニューカマー作品の、インターナショナル・コンペティション部門。

 ◆CineVision Award €12,000
 ◎“A Fábrica De Nada(The Nothing Factory)”(ポルトガル) 監督:Pedro Pinho [ドイツ・プレミア]
 ある夜、労働者たちのグループが、管理者側が、機械や原材料を横流ししていることに気づく。労働者たちは、装備をガードし、原材料をどこかよそへ運び出せないようにする。すると、その仕返しとして、彼らは仕事がない部署にまわされ、レイオフに対する交渉が行なわれる。労働者たちの世界は、そうした圧力によって崩壊し、互いの意思疎通ができなくなっていく。
 撮影監督Pedro Pinhoの初監督長編(これに先立ってドキュメンタリーが2本と62分のドラマ作品を1本手がけている)。
 カンヌ国際映画祭2017 監督週間出品。国際批評家連盟賞受賞。
 カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭2017 アナザー・ビュー部門出品。
 エルサレム映画祭2017出品。

画像

画像

 ◆CineVision Award スペシャル・メンション
 ◎“Los Perros”(チリ・仏) 監督:Marcela Said [ドイツ・プレミア]
 出演:アントニア・セヘルス(Antonia Zegers)、アルフレド・カストロ(Alfredo Castro)、ラファエル・スプレゲルブルド(Rafael Spregelburd)、Alejandro Sieveking、Elvis Fuentes
 物語:マリアナ(42)は、チリの上流階級に属していて、それが父や夫のおかげであるのにも拘らず、特権を当然のように感じている。彼女に足りないのは、子どもくらいだ。今、アリアナが関心を持っているのは、愛犬のNeptunoかもしれない。フアン(60)は、今は乗馬教師をしているが、独裁時代に人権侵害を犯したのではないかという疑惑のある元大佐で、マリアナは、そんな彼と出会って、奇妙な魅力を感じる。ところが、2人の関係は、昔から家族を守ってきた見えない壁によって打ち砕かれる。
 “The Summer of Flying Fish(El verano de los peces voladores)”(2013)が、カンヌ国際映画祭2013監督週間やトロント国際映画祭2013 DISCOVERY部門に選出されているMarcela Said監督の第2回監督長編。
 カンヌ国際映画祭2017 国際批評家週間出品。

画像

 [その他のエントリー作品]
 ・“Lady Macbeth”(英) 監督:William Oldroyd [ドイツ・プレミア]
 ・“Ava”(仏) 監督:Léa Mysius [ドイツ・プレミア]
 ・“I Am Not A Witch”(独・仏・英) 監督:ルンガーノ・ニョニ(Rungano Nyoni) [ドイツ・プレミア]
 ・“A Ciambra”(独・仏・伊・米) 監督:ジョナス・カルピニャーノ(Jonas Carpignano) [ドイツ・プレミア]
 ・“Closeness”(ロシア) 監督:Kantemir Balagov [ドイツ・プレミア]
 ・“Parting”(アフガニスタン・イラン) 監督:ナウィド・マームディ(Navid Mahmoudi) [ドイツ・プレミア]
 ・『神水の中のナイフ』“Knife In The Clear Water”(中) 監督:ワン・シュエボー(Wang Xuebo/王学博) [ドイツ・プレミア]
 ・“Hounds of Love”(オーストラリア) 監督:Ben Young [ドイツ・プレミア]
 ・“Gook”(米) 監督:ジャスティン・チョン(Justin Chon) [ドイツ・プレミア]
 ・“Gabriel And The Mountain”(ブラジル・仏・ケニヤ) 監督:フェリペ・バルボザ(Fellipe Gamarano Barbosa) [ドイツ・プレミア]

 ※審査員:Hyosook Hong (The Women Film Group設立者)、ローマン・ポール(Roman Paul:プロデューサー)、ソニア・ハイス(Sonja Heiss:フィルムメイカー)

 【ニュー・ジャーマン・シネマ部門】

画像

 ◆ジャーマン・ニュー・タレント賞(German Cinema New Talent Award) トータルで€70,000
 ◎監督:Sonja Maria Kröner
 ◎プロダクション:Philipp Worm & Tobias Walker “Sommerhäuser”
 ◎脚本:Julia Langhof & Thomas Gerhold “Lomo - The Language of Many Others”
 ◎新人男優/新人女優(Best new actor/actress): Annika Meier “Magical Mystery Oder: Die Rückkehr Des Karl Schmidt”

 “Sommerhäuser(The Garden)”(独) 監督:Sonja Maria Kröner [ワールド・プレミア]
 物語:1976年のうだるような暑い夏。大人たちは、ファミリー・ガーデンを売るかどうかで口論し、子どもたちは、謎めいた近隣の区画を自由に探検する。そんな時、ひとりの少女が行方不明になっていることを耳にする。
 初監督作品。

画像

 “Lomo - The Language of Many Others”(独) 監督:Julia Langhof [ワールド・プレミア]
 物語:Schalckwyck家は、ベルリンでも裕福な地区に住んでいる。母親とクリスタと父親のミカエルは、双子のカールとアンナにできるだけのことはしてやろうと考えている。カールとアンナが、高校の最終試験に差しかかった時、野心的なアンナは自分がしたいことが既に分かっていたのに対し、カールは、「多くの他人たちの言葉」(The Language of Many Others)というブログにすべての時間を費やしていた。彼は、そこに家族写真を載せ、父親との緊張関係を綴っていた。カールが、仲間の学生ドロと恋に落ちた時、彼はついに探していたものが見つかったと感じる。しかし、それは長続きはせず、彼は失望する。カールは、危険なゲームをプレイし始め、仲間たちをどんどん自分の人生に巻き込み始める。そして、自分のファンに、人生における、あるいは、死における宣託を与えようとする。

画像

 “Magical Mystery Oder: Die Rückkehr Des Karl Schmidt(Magical Mystery)”(独) 監督:Arne Feldhusen [ワールド・プレミア]
 出演:チャーリー・ヒュブナー(Charly Hübner)、Annika Meier、デトルフ・ブック(Detlev Buck)、マルク・ホーゼマン(Marc Hosemann)、Bjarne Mädel
 物語:カール・シュミットは、90年代半ばのハンブルクで、偶然、古い友人たちに出くわす。ベルリンの壁が陥落した日、カールは神経衰弱にかかって、療養施設に迷い込んだがちょうどその頃、古い友人たちは、人気が出始めた新しいテクノ・シーンでスターになっていた。彼らは、60年代のサイケデリック・スピリットと90年代のレイヴ・フレーバーを結びつけたヒット・レーベルを引っ提げて、マジカル・ミステリー・ツアーでドイツを回りたいと考えていた。問題なのは、誰かが素面でいて、ツアー・バスを運転しなければならないということだった。それは、退屈な療養所から抜け出したいと考えていたカールにとって、うってつけな仕事だった。ドラッグでぶっ飛んだ90年代ドイツのテクノ・シーンを駆け巡る、無鉄砲なロード・トリップが始まる。
 ドイツのバンドElement of CrimeのSven Regenerが書いた同名のカルト・ノヴェルの映画化。

画像

 ◆国際批評家連盟賞
 ◎“Blind & Hässlich(Ugly & Blind)”(独) 監督:Tom Lass [ワールド・プレミア]
 物語:フェルディは、自分のことを醜いと思っていた。ヨナが彼のことを好きでいてくれるのは気に入っていたが、それはおそらく彼女が盲目だからだ。だが、ヨナが盲目だというのは、政府が補助金を出している住宅に安く住めるからで、盲目だという演技をしているだけだというのは、疑うべくもなかった。だが、そんな茶番はいつまで続けられるだろうか? 愛があれば、やり通すことができるだろうか?
 監督のTom Lassは、古い仲間たちと盲目の俳優たちを起用し、自ら主演している。

画像

画像

 【ニュー・ジャーマンTV映画部門】(New German TV Movies)

 ◆Bernd Burgemeister TV Movie Award €25,000
 ◎“Zuckersand”(独) [ワールド・プレミア]
 監督:Dirk Kummer
 脚本:Dirk Kummer, Bert Koß
 編集:Claudia Simionescu、Christine Strobl、Jana Brandt、Stephanie Dörner
 TV局:Bayerischer Rundfunk(BR)、ARD Degeto、Mitteldeutscher Rundfunk(MDR)

 【観客賞】

 ◆観客賞(The BAYERN 2 and SZ Audience Award)
 ◎“Immer Noch Jung(Still Young)”(独) 監督:David Schlichter、Fabian Halbig [Spotlight部門][ワールド・プレミア]
 2002年にディリンゲン・アン・デア・ドナウの高校で出会った4人がロック・バンドThe Killerpilze (Killer Shrooms)を結成する。ローカルでの活動からCDデビュー、ユニバーサル・ミュージックと契約して、メジャー・デビューへ。そして、自分たちのレーベルを持って、ヨーロッパ各国でライブをするまでになる。Killerpilzeのメンバーが語るKillerpilzeの物語。

画像

 ◆キンダーフィルムフェスト 観客賞(Kinderfilmfest Audience Award)
 ◎“Es War Einmal... Nach Roald Dahl(Revolting Rhymes)”(英) 監督:ジャン・ラシャウア( Jan Lachauer)、ジェイコブ・シュー(Jakob Schuh)、Bin-Han To [Kinderfilmfest部門]
 ロアルド・ダール原作、クェンティン・ブレイク作画による童話『へそまがり昔ばなし』(「赤ずきん」、「白雪姫」、「3匹のこぶた」、「ジャックと豆の木」、「シンデレラ」などのパロディー)のアニメーション作品(各30分の2部作)。
 シアトル国際映画祭2017出品。
 ザグレブ国際アニメーションフェスティバル2017 ファミリー・プログラム出品。
 アヌシー国際アニメーションフェスティバル2017 TV作品コンペティション部門出品。グランプリ受賞。

画像

 【特別賞・名誉賞】

 ◆CineMerit Award
 ◎ブライアン・クランストン

画像

 【One-Future-Prize】
 われわれの世界は、倫理的にも審美的にも、1つの共通した未来を持っているということを示すべく、1986年に設けられた賞。

 ◆最優秀作品賞(Best Film)
 ◎“Cuori Puri(Pure Hearts)”(伊) 監督:Roberto de Paolis [インターナショナル・インディペンデンツ部門][ドイツ・プレミア]
 物語:Agneseは、17歳で、母親と一緒に暮らしている。厳格だが、献身的で、定期的に教会に通っている。そして結婚するまでは純潔を守ろうと決めていた。Stefanoは、25歳で、気性は暴力的で、これまでも問題を起こしてきていた。今は、ジプシー・キャンプの境界にある駐車場で管理人をしている。2人は、思いがけない出会いをして、純粋に惹かれ合う。彼らが初めて愛し合った時、Agneseの純粋な幻想はバラバラにされる。彼女は、理想を裏切られたという思いを経験し、罪を消してしまいたいという気持ちから究極の決断をする。
 初監督長編。
 カンヌ国際映画祭2017 監督週間出品。

画像

 ◆生涯貢献賞(Lifetime Achievement Award)
 ◎アルツゥール・ブラウナー(Artur Brauner) The CCC (Central Cinema Comp. Film GmbH, 1946)の設立者、プロデューサー

 【平和のためのドイツ映画賞-ザ・ブリッジ】(The German Cinema Award for Peace - The Bridge)
 橋を作り、寛容と人道主義を広める映画芸術家を表彰する。2002年にBernhard Wicki Memorial Fundによって設けられた。€10,000

 ◆監督賞 インターナショナル部門(Best Director international)
 ◎アキ・カウリスマキ “The Other Side of Hope”(フィンランド・独)

 ◆監督賞 ナショナル部門(Best Director national)
 ◎サイモン・ヴァーホーヴェン(Simon Verhoeven) “Willkommen Bei Den Hartmanns(Welcome to Germany)”(独)

 ◆俳優賞(Best Actor)
 ◎Julia Vysotskaya “Paradies”(ロシア・独)(監督:アンドレイ・コンチャロフスキー)

 ◆特別賞(Special Prize)
 ◎アンドレイ・コンチャロフスキー “Paradies”、生涯貢献賞(lifetime achievement)

 【児童メディア賞】(Children Media Prize "White Elephant")
 積極的な発育を助長する優れた児童映画に贈られる。2005年にMunich Media Clubによって設けられた。

 ◆アニメーション賞(Best animated film)
 ◎“Die Häschenschule – Jagd Nach Dem Goldenen Ei(Rabbit School - Guardians of the Golden Egg)”(独) 監督:Ute von Münchow-Pohl

 ◆プロダクション賞(Best cinematic production)
 ◎“Die Mitte Der Welt(Center of My World)”(独・オーストリア) 監督:Jakob M. Erwa

 ◆TVシリーズ賞(Best TV series)
 ◎“Checker Tobi – Der Leben Und Sterben-Check”(独/25分) 監督:Johannes Honsell

 ◆ヤング俳優賞(Best young actors)
 ◎トリスタン・ゲーベル(Tristan Göbel)、アナンド・バトビレグ・チョローンバータル(Anand Batbileg) 『50年後のボクたちは』(独)(監督:ファティ・アキン)

 ◆特別賞(Special prize)
 ◎“Limbradur Und Die Magie Der Schwerkraft(The Secrets of Gravity: In the Footsteps of Albert Einstein )”(独) 監督:Peter Popp

 【13th Street Shocking Short】
 NBC Universal pay channel 13TH STREETによって設けられた短編映画賞。受賞者には、ハリウッドのユニバーサル・スタジオのバックステージ・パスが贈られる。

 ◎“Nicole's Cage”(独) 監督:Josef Brandl

 【Fritz Gerlich Prize】
 弾圧や不寛容に抵抗し、権力や迫害、抑圧といったあらゆる形態の全体主義に反対して、命を懸けて、ヒトラーに立ち向かった新聞記者フリッツ・ゲルリッヒ。彼の精神に基づき、社会的関心事を扱った作品に贈られる。

 ◎“Layla M.”(オランダ) 監督:マイケ・デ・ヨング(Mijke de Jong) [Spotlight部門][ドイツ・プレミア]
 ◎“City of Ghosts”(米) 監督:マシュー・ハイネマン(Matthew Heineman) [インターナショナル・インディペンデンツ部門][ドイツ・プレミア]

 【トランス・メディア賞】(Transmedia Prize)
 新聞記者フリッツ・ゲルリッヒの精神に基づき、社会に関連したトピックについて、クロス・メディア、トランス・メディアのアイディアを、広く一般に募集する。

 第1席:Axel Bernd Appelt “Werte-Baukasten”
 第2席:Anna Brass “Vom Boche zum Buddy - Wie überwindet man Hass”
 第3席:Phil Clausen “My name is Mona”

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 これまでも、カンヌでプレミア上映された作品はあちこちで上映されてきてはいますが、ミュンヘン映画祭以降、一斉に禁を解かれたかのように本格的に上映されて、受賞を重ねたり、カンヌでは受賞を逃した作品が評価されたりすることになります。

 そんな中での注目は、ワールド・プレミアの“Magical Mystery Oder: Die Rückkehr Des Karl Schmidt(Magical Mystery)”あたりでしょうか(カンヌの注目作は黙っていても日本に入ってきますからね)。以前だったら、こういうタイプの映画を上映したんじゃないかと思う映画館はもうなくなってしまっているけれど、そして、たぶんまだこの映画を観た日本人はひとりもいないんじゃないかと思うけれど、うまくいけば、来年の今ごろまでには、日本にも入って来るんじゃないでしょうか。

 *この記事がなかなか参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2016年12月〜2017年4月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201612/article_1.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ミュンヘン映画祭2017 受賞結果! 海から始まる!?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる