海から始まる!?

アクセスカウンタ

zoom RSS 2017年を代表する(かもしれない)ヨーロッパ映画10本 ラックス賞2017 セレクション!

<<   作成日時 : 2017/07/03 05:34   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 第11回ラックス賞(Lux Prize)のオフィシャル・セレクションが発表されました。(7月2日)

 【ラックス賞】

 ラックス賞というのは、欧州議会(European Parliament)によって贈られる映画賞で、ヨーロッパの現状(拡大と交流)を示すような題材の映画を通して公衆に議論を呼び起こすことと、EU加盟国での映画の普及とを目的として、2007年からスタートしたものです。

 内容から言うと、@ローカルで、ドメスティックな内容のものではなく、いろんな出自(出身国や民族)のバックグラウンドを持つ登場人物が出てくる現代劇で、しかもそのことが物語の根幹に関わってくるような作品、あるいは、A物語が複数のヨーロッパ諸国にまたがっていて、物語の展開に従って、それぞれの国の実情(現状)が映画の中に映し出されていくような作品、といったインターナショナル、トランスナショナルなヨーロッパ映画がピックアップされるという印象だったのですが、最近では、ヨーロッパ各国固有の事情を描いていても、それがそのまま「ヨーロッパのいま」と見なされ、共通の問題意識をもって受け止められるようになってきたようで、よりシンプルに、Bヨーロッパの現状を示していると思われるような、優れた現代ヨーロッパ映画、がピックアップされるようになってきたようです。

 投票資格があるのは、欧州議会の議員約750名のみ(2017年7月現在は751名)で、議員には、ノミネート発表後、作品の無料の上映会が行なわれることになっています。(そのために、24の言語による字幕が用意され、ヨーロッパ28ヵ国で3ヶ月にわたって上映会が実施されます。)

 選考は、前年の5月31日から当年の5月31日までに劇場公開された作品の中から、欧州議会の文化教育委員会が選出したメンバー21名(プロデューサー、配給者、映画興行者、映画祭ディレクター、映画批評家らから選ばれた「ラックス賞セレクション・パネル」。毎年1/3が改選される)がセレクションを行なって、まずオフィシャル・セレクションとして10本を選び(発表し)、そこからノミネート作品3本に絞り込み、さらに上映会による上映&投票を経て、年間最優秀作品(ラックス賞)を決定するというプロセスが取られています。(※ セレクション・パネルは、少しずつ増えていて、2015年は20名でしたが、2016年(と2017年)は21名になっています。)

 本年度のオフィシャル・セレクションは、7月2日にカルロヴィ・ヴァリ国際映画祭で発表され、ノミネーションは、7月末にベネチア国際映画祭ベネチア・デイズのラインナップ発表会で発表されます。

 過去10回のノミネート&受賞作品は以下の通りです。

 ◆2007年
 ◎『そして、私たちは愛に帰る』(独・トルコ) 監督:ファティ・アキン
 ・『4ヶ月、3週と2日』(ルーマニア) 監督:クリスティアン・ムンジウ
 ・『夜顔』(西・仏) 監督:マノエル・デ・オリヴェイラ

 ◆2008年
 ・『デルタ』(ハンガリー・独) 監督:コーネル・ムンドルッツォ
 ◎『ロルナの祈り』(ベルギー・仏・伊) 監督:ジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ
 ・“Občan Havel”(チェコ) 監督:Miroslav Janek、Pavel Koutecký

 ◆2009年
 ・『ソフィアの夜明け』(映画祭上映題:『イースタン・プレイ』)(ブルガリア) 監督:カメン・カレフ
 ・“Sturm”(独・デンマーク・オランダ) 監督:ハンス=クリスチャン・シュミット
 ◎『君を想って海をゆく』(仏) 監督:フィリップ・リオレ

 ◆2010年
 ・“Plato's Academy(Akadimia Platonos)”(ギリシャ・独) 監督:Filippos Tsitos
 ◎“When We Leave (Die Fremde)”(独) 監督:フェオ・アラダグ(Feo Aladag)
 ・『イリーガル』“Illégal”(仏・ベルギー・ルクセンブルク) 監督:オリヴィエ・マッセ=ドパス(Olivier Masset-Depasse)

 ◆2011年
 ・“Attenberg”(ギリシャ) 監督:アティーナ・レイチェル・トサンガリ(Athina Rachel Tsangari)
 ◎『キリマンジャロの雪』“Les neiges du Kilimanjaro (The Snows Of Kilimanjaro)”(仏) 監督:ロベール・ゲディギャン
 ・『プレイ』“Play”(スウェーデン・仏・デンマーク) 監督:リューベン・オストルンド

 ◆2012年
 ・『熱波』(ポルトガル・独・仏・ブラジル) 監督:ミゲル・ゴメス(Miguel Gomes)
 ◎『ある海辺の詩人 -小さなヴェニスで-』“Io sono Li (Shun Li and the Poet)”(伊・仏) 監督:アンドレア・セグレ
 ・“Csak a szél (Just the Wind)”(ハンガリー・独・仏) 監督:Bence Fliegauf

 ◆2013年
 ・“The Selfish Giant”(英) 監督:クリオ・バーナード(Clio Barnard)
 ◎『オーバー・ザ・ブルースカイ』(オランダ・ベルギー) 監督:フェリックス・ファン・ヒュルーニンゲン
 ・『ミエーレ』“Miele (Honey)”(伊・仏) 監督:ヴァレリア・ゴリーノ

 ◆2014年

 ◎『イーダ』(ポーランド・デンマーク) 監督:パヴェウ・パヴリコフスキ
 ・“Bande De Files(Girlhood)”(仏) 監督:セリーヌ・シアマ
 ・“Class Enemy (Razredni Sovražnik)”(スロヴェニア) 監督:Rok Biček

 ◆2015年
 ◎『裸足の季節』(仏・独・トルコ) 監督:デニズ・ガムゼ・エルギュベン
 ・『地中海』“Mediterranea”(伊・仏・米・独・カタール) 監督:ジョナス・カルピニャーノ(Jonas Carpignano)
 ・『ザ・レッスン/授業の代償』“Urok (The Lesson)”(ブルガリア・ギリシャ) 監督:クリスティナ・グロゼヴァ(Kristina Grozeva)、ペタル・ヴァルチャノフ(Petar Valchanov)

 ◆2016年
 ◎『ありがとう、トニ・エルドマン』(独・オーストリア) 監督:マーレン・アデ
 ・『ズッキーニと呼ばれて』“Ma Vie de Courgette (My Life as a Courgette)”(スイス・仏) 監督: Claude Barras
 ・“À Peine J’ouvre les Yeux (As I Open My Eyes)”(仏・チュニジア・ベルギー・UAE) 監督: Leyla Bouzid

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 【ラックス賞2017 オフィシャル・セレクション】

 ・“Summer 1993(Estiu 1993)”(西) 監督:Carla Simón
 物語:フリーダは6歳で母親を失う。アパートにあった母親の遺品は箱に詰められ、フリーダは、おじさんに引き取られることになる。友だちとも離れ、バルセロナともさよならする。おじさんたちは温かく迎え入れてくれたけれども、フリーダはなかなかそこに入り込むことはできない。夜は、母への祈りを捧げ、母がいないことを寂しく思いつつ、日中は、新しい生活の中に自分の居場所を見つけようとする……。
 ベルリン国際映画祭2017 ジェネレーションKplus部門出品。グランプリ(国際審査員賞)、第1回作品賞受賞。
 スペイン・マラガ映画祭2017 オフィシャル・セレクション 長編コンペティション部門出品。最優秀スペイン作品賞、Feroz Puerta Oscura 最優秀作品賞、Asecan 第1回作品賞、SIGNIS賞、Premio Fundación Sgae Dunia Ayaso受賞。
 イスタンブール国際映画祭2017インターナショナル・チューリップ・コンペティション部門出品。審査員特別賞受賞。
 ブエノスアイレス国際インディペンデント映画祭2017 インターナショナル・コンペティション部門出品。監督賞、SIGNIS賞、観客賞受賞。
 トランシルヴァニア国際映画祭2017 Supernova部門出品。


 ・“120 battements par minute(BPM (Beats Per Minute))”(仏) 監督:ロバン・カンピヨ
 出演:アデル・エネル、Arnaud Valois、Antoine Reinartz、イヴ・ヘック(Yves Heck)、Emmanuel Ménard、François Rabette
 物語:80年代に数多くの犠牲者を出した後、90年代になっても、年に6000件も新たにHIV/AIDSの感染者が出ているのにも拘らず、フランスのミッテラン政権は、HIV/AIDSに対して有効な対策を講じず、製薬会社も治療法の開発を急ごうとはしていなかった。感染者の数は、イギリスやドイツの2倍にも上っているというのにだ。ACT UPは、こうした状況に対して、過激で、実践的な抗議活動を行なっているグループで、監督のロバン・カンピヨ自身、かつてACT UPのメンバーのひとりだった。(ACT UPは、1987年にアメリカで設立され、2年後、パリにも誕生した。それぞれのブランチは自律的に活動している。)本作では、90年代初頭のACT UPの活動の最前線を、グループに加わったばかりの若いナタンの目を通して描く。ある日、ACT UPのメンバーは、ゲリラ的に高校を訪問して、生徒にコンドームを配り、セーフ・セックスのプロモーションを行なう。また、血友病に感染しているマルコは、大手製薬会社のラボに侵入して、フェイクの血をばらまいた。マルコの母エレーヌもメンバーのひとりで、病院で息子が輸血によって感染したことを知って憤慨し、グループの活動に加わった。一方で、メンバーのひとり、ジェレミーが、急速に症状を悪化させていく様子も描かれる。ナタンは、ラディカルで戦闘的なショーンに惹かれていく(HIVネガティヴのナタンとHIVポジティヴのショーンのセックスも描かれる)が、ショーンもまたゆっくりと病状が進行していっていることを自覚し、次第に孤独になっていく……。政治とパッションと喪失の物語。
 90年代末にACT UP パリの会長を務めたPhilippe Mangeotも脚本に協力している。
 カンヌ国際映画祭2017 コンペティション部門出品。グランプリ、国際批評家連盟賞、クィア・パルム、フランソワ・シャレ賞、サウンドトラック賞スペシャル・メンション(Arnaud Rebotini)受賞。
 モスクワ国際映画祭2017Missing Pictures部門出品。
 ニュージーランド国際映画祭2017出品。


 ・“King of The Belgians”(ベルギー・オランダ・ブルガリア) 監督:ピーター・ブロッセン(Peter Brosens/ピーター・ブロセンス、ピーター・ブローゼンス)、ジェシカ・ウッドワース(Jessica Woodworth)
 物語:ベルギー国王が、公式訪問でイスタンブールを訪れている時、国で緊急事態が起こる。彼は、国を救うために急いで帰国しなければならない。ところが太陽嵐のおかげで、飛行機は飛ばないし、通信もできない。国王と側近は、イギリス人のフィルムメイカーとブルガリアのフォーク・シンガーのグループの助けを借りて、偽名での国境超えに挑む。バルカン半島を縦断する旅は、彼に本当の世界と本当の自分を発見させることになる。
 『ステート・オブ・ドッグ』『フィフス・シーズン〜春の来ない村』が日本に紹介されているピーター・ブロッセンの最新作。
 ベネチア国際映画祭2016 Orizzonti部門出品。
 ハンブルク・フィルム・フェスト2016出品。
 釜山国際映画祭2016 ワールド・シネマ部門出品。
 バリャドリッド国際映画祭2016 オフィシャル・セレクション出品。
 テッサロニキ国際映画祭2016出品。
 ドバイ国際映画祭2016出品。
 レザルク国際映画祭2016出品。
 パームスプリングス国際映画祭2017出品。
 ヨーテボリ国際映画祭2017出品。
 ロッテルダム国際映画祭2017出品。KNF賞受賞。
 ソフィア国際映画祭2017出品。
 クリーヴランド国際映画祭2017出品。
 ミネアポリス・セントポール国際映画祭2017出品。
 トランシルヴァニア国際映画祭2017 Unirii Square部門出品。
 シドニー映画祭2017出品。
 台北電影節2017出品。


 ・“A Ciambra”(伊・仏・独) 監督:ジョナス・カルピニャーノ(Jonas Carpignano)
 出演:Pio Amato、Koudous Seihon
 物語:シチリアの町チャンブラ。ピオは、11歳で、18歳の兄コジモに倣って、酒やタバコを覚える。だが、真似ることは羽目をはずすことだけではない。地元の他のジンガリ(ロマ人)の面倒を見ることも覚えなければならない。コジモでは家族の面倒を見られなくなると、ピオが、兄の仕事仲間Ayivaと力を合わせて、頑張っていかなければならない。一家の借金がかさむ。地元のマフィア、ンドランゲタに払う支払いも貯まっていく。追い詰められた一家は、チャンブラから出ていくことも考えなければならない。家族を守り、みんなで暮らすにはどうすればいいのか、結論が迫られる……。
 『地中海』(2015)のジョナス・カルピニャーノ監督最新作。
 カンヌ国際映画祭2017 監督週間出品。
 ミュンヘン映画祭2017出品。
 カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭2017 ホライズンズ部門出品。


 ・“Western”(独・ブルガリア・オーストリア) 監督:ヴァレスカ・グリーゼバッハ(Valeska Grisebach)
 物語:ドイツの建設労働者が、ブルガリアのカントリーサイドの辺鄙な建設現場で、タフな仕事をスタートさせる。外国にいるということが、男たちの冒険心を目覚めさせる一方、言葉の壁と文化の相違から偏見と不信にも直面する。やがて、男たちは、村人から認知と好意を得ようと競争を始める。
 “Mein Stern”(2001)がベルリン国際映画祭2001ニュー・ジャーマン・シネマ部門に、 『渇望』“Sehnsucht”(2006)がベルリン国際映画祭2006のコンペティション部門に選出されているヴァレスカ・グリーゼバッハの第3監督作品。
 『ありがとう、トニ・エルドマン』のマーレン・アデがプロデューサーを務めている。ヴァレスカ・グリーゼバッハは、『ありがとう、トニ・エルドマン』でスクリプト・アシスタントを担当している。
 カンヌ国際映画祭2017 アウト・オブ・コンペティション部門出品。
 ミュンヘン映画祭2017出品。
 エルサレム映画祭2017出品。


 ・『最後の家族』“The Last Family(Ostatnia Rodzina)”(ポーランド) 監督:ヤン・P・マトゥシンスキ(Jan P. Matuszyński)
 物語:ズジスワフ・ベクシンスキー(Zdzisław Beksiński:1929-2005)は、ポーランドのシュールレアリストの画家で、ポスト黙示録的な作品でよく知られている。腐敗していく肉体を描いたり、ハードコアSMの世界に空想を遊ばせたりする一方、クモが苦手だったり、病気の母親の面倒を見たりもした。彼の息子Tomaszは、カルト的な人気を誇るラジオDJで、モンティ・パイソンのポーランド語訳を手がけていたりしていたが、神経症で、自殺癖があった。妻のZofia Beksińskaは、敬虔なカトリックで、エキセントリックな夫と息子に耐え、家族をまとめる役割を果たしていた。夫妻が、息子の自傷行為をやめさせようとした時、彼らの生活は、ペインティングと、一連の臨死体験と、葬儀と、次々と流行りが移り変わるダンス・ミュージックによって、彩られていた。
 妻のZofia Beksińskaは、敬虔なカトリックで、エキセントリックな夫と息子に耐え、家族をまとめる役割を果たしていた。そんなZofiaは、1998年に亡くなり、息子Tomaszは1999年に鬱病により自殺した。ベクシンスキーは、なかなか息子の死を乗り越えることができなかった。そして2005年に彼は2人の若者によって惨殺された。借金の頼みを断ったためだという。
 映画は、1977年から2005年にわたるベクシンスキー一家の歴史をたどる。
 ロカルノ国際映画祭2016 インターナショナル・コンペティション部門出品。男優賞受賞(アンジェイ・セヴェリン)。
 ヘルシンキ国際映画祭2016出品。
 レイキャビク国際映画祭2016 イン・フォーカス:ポーランド部門出品。
 バンクーバー国際映画祭2016出品。
 シカゴ国際映画祭2016 インターナショナル長編コンペティション部門出品。
 CPH:PIX2016 ニュー・タレント・Grand Pix部門出品。
 グディニャ映画祭2016 メイン・コンペティション部門出品。グランプリ(The Grand Prix/The Golden Lions Award)、主演男優賞(アンジェイ・セヴェリン)、主演女優賞(Aleksandra Konieczna)、Elle Crystal Star、ゴールデン・カンガルー賞、ジャーナリスト賞、ディスカバリー賞、観客賞受賞。
 レイキャビク国際映画祭2016 イン・フォーカス:ポーランド部門出品。
 バンクーバー国際映画祭2016出品。
 シカゴ国際映画祭2016 インターナショナル長編コンペティション部門出品。撮影賞(Kacper Fertacz)、美術賞(ジャグナ・ヤンカ(Jagna Janicka))受賞。
 CPH:PIX2016 New Talent Grand Pix部門出品。
 デンバー映画祭2016出品。最優秀作品賞(クシシュトフ・キェシロフスキ賞)受賞。
 リスボン&エストリル映画祭2016 オフィシャル・セレクション出品。最優秀作品賞(Jaeger - LeCoultre Best Film Award)、TAP Revelation Award 受賞。
 タリン・ブラック・ナイツ映画祭2016出品。
 ポーランド映画祭2016(東京)出品。
 Camerimage 2016 ポーランド映画コンペティション部門出品。最優秀ポーランド映画賞受賞。
 トロムソ国際映画祭2017出品。
 ポーランド映画賞2017 主演男優賞(アンジェイ・セヴェリン)、主演女優賞(Aleksandra Konieczna)、脚本賞、ディスカバリー賞(ヤン・P・マトゥシンスキ)受賞。
 ソフィア国際映画祭2017 インターナショナル・コンペティション部門出品。審査員特別賞受賞。
 ヴィリニュス国際映画祭2017 New Europe−New Namesコンペティション部門出品。最優秀作品賞受賞。
 香港国際映画祭2017出品。
 シアトル国際映画祭2017出品。


 ・『グローリー』“Glory(Slava)”(ブルガリア) 監督:クリスティナ・グロゼヴァ(Kristina Grozeva)、ぺタル・ヴァルチャノフ(Petar Valchanov)
 物語:Tsanko Petrovは、鉄道員で、線路上に数百万ものレフ硬貨を見つける。彼が、それを警察に届けると、報奨として新しい腕時計が贈られるが、すぐに動かなくなってしまう。一方、運輸省の広報部長のJulia Staikovaは、Petrovの古い時計をなくしてしまう。ここから、Petrovの、古い時計と威厳を取り戻す奮闘が始まる。
 『ザ・レッスン/授業の代償』のクリスティナ・グロゼヴァ&ペタル・ヴァルチャノフ
 ロカルノ国際映画祭2016 インターナショナル・コンペティション部門出品。Premio FICC/IFFS(ドン・キホーテ賞) スペシャル・メンション受賞。
 ゴールデン・ローズ映画祭2016出品。脚本賞、撮影賞受賞。
 バンクーバー国際映画祭2016出品。
 釜山国際映画祭2016 フラッシュ・フォワード部門出品。
 ハンプトンズ国際映画祭2016 コンペティション部門出品。長編ナラティヴ作品賞受賞。
 ゲント国際映画祭2016出品。スペシャル・メンション受賞。
 シカゴ国際映画祭2016出品。
 東京国際映画祭2016 ワールド・フォーカス部門出品。
 ミンスク国際映画祭2016出品。観客賞受賞。
 コルカタ国際映画祭2016出品。最優秀作品賞受賞。
 ヒホン国際映画祭2016 最優秀作品賞(Grand Prix Asturias)、Grand Prix Asturias脚本賞、国際批評家連盟賞受賞。
 ドバイ国際映画祭2016出品。
 レザルク国際映画祭2016出品。Crystal Arrow、プレス賞受賞。
 パームスプリングス国際映画祭2017出品。
 ヨーテボリ国際映画祭2017出品。
 ポートランド国際映画祭2017出品。
 ダブリン国際映画祭2017 ダブリン映画批評家協会賞 脚本賞受賞。
 ボールダー国際映画祭2017出品。グランプリ受賞。
 ヴィリニュス国際映画祭2017 New Europe−New Namesコンペティション部門出品。監督賞、The CICAE Award受賞。
 ソフィア国際映画祭2017 バルカン・コンペティション部門出品。最優秀バルカン映画賞、ブルガリア映画批評家組合賞受賞。
 クリーヴランド国際映画祭2017出品。
 イスタンブール国際映画祭2017出品。
 香港国際映画祭2017出品。
 バイオグラフィルム・フェスティバル2017出品。
 トランシルヴァニア国際映画祭2017 コンペティション部門出品。スペシャル・メンション受賞。
 ブルガリア・アカデミー賞2017 主演女優賞(マルギタ・ゴシェヴァ)受賞。作品賞、監督賞、主演男優賞(ステファン・デノリュボフ)、脚本賞、撮影賞、美術賞、録音賞ノミネート。
 モスクワ国際映画祭2017 Euphoria of the fringes部門出品。
 エジンバラ国際映画祭2017出品。


 『ハートストーン』(アイスランド) 監督:グズムンドゥル・アルナル・グズムンドソン
 物語:アイスランドの漁村。10代のソール(Thor)とクリスティアン(Christian)は、激動の夏を経験する。ソールは、姉たちにからかわれたり、いじめられたりしていた。留守がちの母親は、子どもたちを抱えていることにフラストレーションを感じていたが、隠していた。一方、クリスティアンは、飲んだくれで暴力的な父親に悩まされていた。その夏、ソールは、町で一番かわいい少女ベータ(Beth)に恋をし、クリスティアンは、親友に対する新たな感情を発見する。夏が終わって、アイスランドの厳しい季節が戻ってきた時、彼らは遊び場から去り、大人の世界の入り口に立つ。
 短編『クジラの谷』“Whale Valley”が高い評価を受けたグズムンドゥル・アルナル・グズムンドソンの初監督長編。
 ベネチア国際映画祭2016 ベネチア・デイズ部門出品。クィア獅子賞受賞。
 トロント国際映画祭2016 DISCOVERY部門出品。
 釜山国際映画祭2016 フラッシュ・フォワード部門出品。
 ワルシャワ国際映画祭2016 インターナショナル・コンペティション部門出品。監督賞、男優賞スペシャル・メンション(バルドル・エイナルソン(Baldur Einarsson))、エキュメニカル審査員賞受賞。
 シカゴ国際映画祭2016 Gold Q Hugo受賞。
 Molodistキエフ国際映画祭2016出品。審査員スペシャル・メンション(バルドル・エイナルソン)、国際批評家連盟賞、観客賞受賞。
 CPH:PIX2016 観客賞受賞。
 テッサロニキ国際映画祭2016 インターナショナル・コンペティション部門出品。審査員特別賞受賞。
 セビリヤ・ヨーロッパ映画祭2016 自由へのオカーニャ賞受賞。
 パームスプリングス国際映画祭2017出品。
 トロムソ国際映画祭2017出品。ドン・キホーテ賞受賞。
 アンジェ・ヨーロッパ・ファースト・フィルム・フェスティバル2017出品。審査員大賞、Saftas/Erasmus Award、観客賞受賞。
 ヨーテボリ国際映画祭2017出品。The 2017 Lorens Award(最優秀プロデューサー賞)受賞。
 アイスランド・アカデミー賞2017 作品賞、監督賞、主演男優賞(ブラーイル・ヒンリクソン(Blær Hinriksson))、助演女優賞(ニーナ・ドッグ・フィリップスドッティル(Nína Dögg Filippusdóttir))、脚本賞、撮影賞、編集賞、美術賞、衣裳賞受賞。主演男優賞(バルドル・エイナルソン(Baldur Einarsson))、主演女優賞(ディルヤゥ・ワルスドッティル(Diljá Valsdóttir))、助演男優賞(スヴェイン・シグルビョルソン(Sveinn Ólafur Gunnarsson))、助演女優賞(ナンナ・クリスティン・マグヌスドッティル(Nanna Kristín Magnúsdóttir))、メイキャップ賞、録音賞、音楽賞ノミネート。
 FEST国際映画祭(ベオグラード国際映画祭)2017出品。最優秀デビュー賞受賞。
 グアダラハラ国際映画祭2017出品。
 ダラス国際映画祭2017 長編ナラティヴコンペティション部門出品。審査員特別賞受賞。
 ミネアポリス・セントポール国際映画祭2017出品。
 ズリーン国際映画祭2017 ヨーロッパ初監督長編作品 インターナショナル・コンペティション部門最優秀作品賞受賞。
 トランシルヴァニア国際映画祭2017 コンペティション部門出品。監督賞、観客賞受賞。


 ・『サーミの血』“Sámi Blood(Sameblod)”(スウェーデン・デンマーク・ノルウェー) 監督:アマンダ・シェーネル(Amanda Kernell)
 物語:Elle Marjaは、北欧のトナカイ遊牧民サーミ人の14歳の少女。彼女は、1930年代の人種差別と、寄宿学校での生物学的人種検査にさらされて、別に人生を夢見るようになる。この夢を叶えるためには、別人になり、家族や文化と縁を切らなければならない。
 日本でも短編作品『NORTHERN GREAT MOUNTAIN』が紹介されているアマンダ・シェーネルの初監督長編。
 ベネチア国際映画祭2016 ベネチア・デイズ出品。Premio Label Europa Cinema(The Europa Cinemas Label)、ヤング・ディレクター賞受賞。
 ハンブルク・フィルム・フェスト2016出品。
 トロント国際映画祭2016 DISCOVERY部門出品。
 東京国際映画祭2016 コンペティション部門出品。最優秀女優賞(レーネ=セシリア・スパルロク)受賞。
 テッサロニキ国際映画祭2016 インターナショナル・コンペティション部門出品。ヒューマン・バリュー賞受賞。
 ドバイ国際映画祭2016出品。
 サンダンス映画祭2017 Spotlight部門出品。
 ロッテルダム国際映画祭2017出品。
 ヨーテボリ国際映画祭2017出品。ドラゴン賞/最優秀ノルディック映画賞受賞。
 サンタバーバラ国際映画祭2017 ヴァルハラ賞/最優秀ノルディック映画受賞。
 ルクセンブルク・シティー映画祭2017出品。ユース審査員賞受賞。
 コスモラマ・トロンハイム国際映画祭2017出品。観客賞受賞。
 ヴィリニュス国際映画祭2017 Baltic Gazeコンペティション部門出品。女優賞(レーネ=セシリア・スパルロク)受賞。
 ウィスコンシン映画祭2017出品。
 クリーヴランド国際映画祭2017出品。
 ニューポート・ビーチ映画祭2017出品。観客賞受賞。
 ミネアポリス・セントポール国際映画祭2017出品。Midnight Sun部門観客賞第2席。
 リヴィエラ国際映画祭2017出品。監督賞受賞。
 シアトル国際映画祭2017 オフィシャル・コンペティション部門出品。審査員大賞、女優賞/ Golden Space Needle Award(レーネ=セシリア・スパルロク)受賞。
 ズリーン国際映画祭2017ヨーロッパ初監督長編作品 インターナショナル・コンペティション部門出品。
 トランシルヴァニア国際映画祭2017 Supernova部門出品。
 シドニー映画祭2017出品。
 エジンバラ国際映画祭2017 European Perspectives部門出品。
 台北電影節2017出品。


 ・“The Other Side of Hope(Toivon tuolla puolen)”(フィンランド・独) 監督:アキ・カウリスマキ
 出演:サカリ・クオスマネン(Sakari Kuosmanen)、
 物語:ポーカー好きの、元 旅回りセールスマンで、現在はレストランを営んでいる男性が、ヘルシンキで、シリア人難民と出会って、親しくなる。
 6年ぶりの最新長編。『ル・アーヴルの靴みがき』に続く、「港町3部作」の第2作。
 ベルリン国際映画祭2017出品。監督賞(銀熊賞)受賞。
 ダブリン国際映画祭2017 ダブリン映画批評家協会賞 最優秀男優賞(Sherwan Haji)受賞。
 FEST国際映画祭(ベオグラード国際映画祭)2017出品。
 ルクセンブルク・シティー映画祭2017出品。グランプリ受賞。
 ヴィリニュス国際映画祭2017出品。
 ブエノスアイレス国際インディペンデント映画祭2017出品。
 シドニー映画祭2017出品。
 モスクワ国際映画祭2017 Euphoria of the fringes部門出品。
 カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭2017 ホライズンズ部門出品。
 エルサレム映画祭2017出品。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 10作品のうち、女性監督は5人(Carla Simón、ジェシカ・ウッドワース、ヴァレスカ・グリーゼバッハ、クリスティナ・グロゼヴァ、アマンダ・シェーネル)、初監督作品は4本(“Summer 1993”、『最後の家族』、『ハートストーン』、『サーミの血』)でした。

 昨年のコンペティション作品に対して、ヨーロッパでの上映期間中に観客投票が行なわれていましたが、今回その結果が発表されて、『ありがとう、トニ・エルドマン』が観客賞を受賞しました。(投票した人の中から抽選で1名が選ばれて、カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭に招待されました。)

 上記のオフィシャル・セレクションは、ノミネーション3作品に絞り込まれて、7月下旬に開催されるベネチア国際映画祭ベネチア・デイズのプレス・カンファレンス(ラインナップ発表会)で発表される予定になっています。

 最終的な受賞作は、11月15日にストラスブールで発表される予定になっています。

 上記の10作品は、選出されてみると、な〜るほど、確かに、2017年を代表するヨーロッパ映画だなっていう感じがしますね。現時点で最有力候補を絞り込むことは難しそうですが、『サーミの血』がノミネーション3作品の1本に入るのはまず間違いないところでしょうか。

 このところ3年は本命があって、それがそのままラックス賞を受賞していますが、本年度はどうでしょうか。
 2014年は、『イーダ』がラックス賞を受賞し、そのままの勢いでヨーロッパ映画賞でも作品賞・監督賞・脚本賞・観客賞を受賞し、米国アカデミー賞外国語映画賞も受賞。
 2015年は、『裸足の季節』がラックス賞を受賞し、ヨーロッパ映画賞ではディスカバリー賞を受賞して、米国アカデミー賞外国語映画賞ノミネート。
 2016年は、『ありがとう、トニ・エルドマン』がラックス賞を受賞し、ヨーロッパ映画賞で作品賞・監督賞・脚本賞・男優賞・女優賞を受賞し、米国アカデミー賞外国語映画賞ノミネート。という結果になっています。
 この流れでいけば、ラックス賞は、今年もヨーロッパ映画賞や米国アカデミー賞外国語映画賞を占うものとなりそうです。

 *この記事がなかなか参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・ラックス賞2016 オフィシャル・セレクション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201607/article_5.html
 ・ラックス賞2016 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201607/article_28.html
 ・ラックス賞2016 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201611/article_41.html
 ・ラックス賞2015 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201510/article_12.html
 ・ラックス賞2015 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201511/article_29.html
 ・ラックス賞2014 オフィシャル・セレクション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201407/article_10.html
 ・ラックス賞2014 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201407/article_22.html
 ・ラックス賞2014 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201412/article_28.html
 ・ラックス賞2013 オフィシャル・セレクション10作品:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201307/article_1.html
 ・ラックス賞2013 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201307/article_18.html
 ・ラックス賞2013 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201312/article_29.html
 ・ラックス賞2012 オフィシャル・セレクション10作品:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201207/article_3.html
 ・ラックス賞2012 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201207/article_16.html
 ・ラックス賞2012 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201211/article_21.html
 ・ラックス賞2011:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201111/article_2.html
 ・ラックス賞2010:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201007/article_27.html
 ・ラックス賞2009:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200911/article_43.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2016年12月〜2017年4月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201612/article_1.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
2017年を代表する(かもしれない)ヨーロッパ映画10本 ラックス賞2017 セレクション! 海から始まる!?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる