海から始まる!?

アクセスカウンタ

zoom RSS カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭2017 受賞結果

<<   作成日時 : 2017/07/09 04:07   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 第52回カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭(6月30日-7月8日)の受賞結果です。

 【オフィシャル・セレクション-コンペティション部門】(Official Selection – Competition)

 ◆グランプリ/The Crystal Globe for the Best Feature Film 25000USD
 ◎“Little Crusader (Křižáček)”(チェコ・スロヴァキア・伊) 監督:Václav Kadrnka
 チェコ映画のグランプリ受賞は、2012年のペトル・ゼレンカ“Rok ďábla”以来15年ぶり。

画像

 ◆審査員特別賞 15 000 USD
 ◎“Men Don’t Cry (Muškarci ne plaču)”(ボスニア ヘルツェゴビナ・スロヴェニア・クロアチア・独) 監督:Alen Drljević

画像

 ◆監督賞
 ◎Peter Bebjak “The Line (Čiara)”(スロヴァキア・ウクライナ)

画像

 ◆男優賞
 ◎Alexander Yatsenko “Arrhythmia”(ロシア・フィンランド・独)

 ◆女優賞
 ◎ヨヴィタ・ブドニク(Jowita Budnik)、Eliane Umuhire “Birds Are Singing in Kigali(Ptaki śpiewają w Kigali)”(ポーランド)

画像

 ◆審査員スペシャル・メンション 新人女優賞(Best starting actress)
 ◎Voica Oltean “Breaking News”(ルーマニア)

画像

 ◆審査員スペシャル・メンション 最優秀デビュー賞(The best debut)
 ◎“Keep The Change”(米) 監督:Rachel Israel

画像

 ◆国際批評家連盟賞
 ◎“Keep The Change”(米) 監督:Rachel Israel

画像

 ◆エキュメニカル審査員賞
 ◎“The Cakemaker”(イスラエル・独) 監督:Ofir Raul Graizer

画像

 ◆Europa Cinemas Label award
 ◎“Men Don’t Cry (Muškarci ne plaču)”(ボスニア ヘルツェゴビナ・スロヴェニア・クロアチア・独) 監督:Alen Drljević

画像

 【イースト・オブ・ウェスト コンペティション部門】(East of the West - Competition)

 ◆最優秀作品賞 15 000 USD
 ◎“How Viktor “the Garlic” took Alexey “the Stud” to the Nursing Home (Как Витька Чеснок вез Леху Штыря в дом инвалидов)”(ロシア) 監督:Alexander Hant

 ◆審査員特別賞 10000 USD
 ◎“Dede”(ジョージア・英) 監督:Mariam Khatchvani

画像

 ◆FEDEORA賞
 ◎“Mariţa”(ルーマニア) 監督:Cristi Iftime

画像

 ◆FEDEORA賞 スペシャル・メンション
 ◎“Blue Silence”(トルコ・ベルギー) 監督:Bülent Öztürk

画像

 【ドキュメンタリー・コンペティション部門】(Documentary Films – Competition)

 ◆グランプリ(The Grand Prix for Best Documentary Film) 5 000 USD
 ◎“Lots of Kids, a Monkey and a Castle (Muchos hijos, un mono y un Castillo)”(西) 監督:グスタボ・サルメロン(Gustavo Salmerón)
 80歳のJulitaは、「かつてたくさんの子どもを作り、1頭のサルを飼い、お城に住むのが夢だった」と話す。中流階級の彼女の家族が、本当にお城に住めるようなお金を手に入れられとは誰も予想していなかったけれども、彼女は6人の子どもに恵まれ、念願のサルも家族の一員に迎えることができた。ところが、経済危機の結果、彼女はすべての財産を失う。Julitaの息子のグスタボは、15年前から家族を撮影してきた。本作は、彼の家族のクロニクルである。彼らは財産を失ったけれども、気安さや親しみを失うことはなかった。現在のスペインの置かれた状況に対する、不条理なユーモアを込めた寓意劇。
 『惨劇の週末』『ボディ・アーマー』など、俳優として20年以上のキャリアを持ち、“Desaliñada”でゴヤ賞2002短編映画賞を受賞しているグスタボ・サルメロンの、初の長編ドキュメンタリー。

画像

画像

 ◆特別賞(A special prize)
 ◎“Atelier de conversation”(オーストリア・仏・リキテンシュタイン) 監督:Bernhard Braunstein
 1つの部屋に12の赤い椅子。戦争難民、ビジネスマン、医者、弁護士、学生など、世界各地からやってきた外国人が、毎週、パリのポンピドゥー・センターに集まり、自分たちのフランス語を磨くために、共通の言語であるフランス語を使って会話をする。明るい会話や重い会話。文化の違いは、時に穏やかな対立を引き起こす。だが、文法は不器用でも、正しい言葉を探そうという弛まぬ姿勢は、不意に人間の魂に風穴を開ける。

画像

画像

 【その他の賞】

 ◆観客賞(The Právo Audience Award)
 ◎“Wind River”(米) 監督:テイラー・シェリダン
 出演:エリザベス・オルセン、ジェレミー・レナー、ジョン・バーンサル(Jon Bernthal)、マーティン・センスマイヤー(Martin Sensmeier)
 物語:U.S. Fish & Wildlifeの職員コリー・ランバートは、ワイルド・リバー・インディアン居留地で、死体を発見する。FBIから捜査官ジェーン・バナーが派遣されてくるが、彼女は新人で、ワイオミングの冬にも慣れていなかった。彼女は、コリー・ランバートをパートナーとして、捜査を進めていく……。
 俳優で、『ボーダーライン』や『最後の追跡』の脚本を手がけているテイラー・シェリダンの第2監督作品。
 サンダンス映画祭2017 プレミア部門出品。
 カンヌ国際映画祭2017 ある視点部門出品。監督賞受賞。
 ナンタケット映画祭2017 ベスト・オブ・フェスト賞受賞。観客賞第2席。
 シアトル国際映画祭2017出品。
 シドニー映画祭2017出品。
 エルサレム映画祭2017 Gala部門出品。
 ニュージーランド国際映画祭2017出品。


画像

 ◆Works in Progress Award @KVIFF
 ◎“Censor (Cenzorka)” 監督・プロデューサー:Peter Kerekes

 ◆Eurimages Lab Project Award @KVIFF
 ◎“The Stand-In (La Controfigura)” 監督:Rä di Martino プロデューサー:Marco Alessi

 【特別賞・名誉賞】

 ◆プレジデント賞
 ◎ケイシー・アフレック

画像

 ◎ユマ・サーマン

画像

 ◎ジェレミー・レナー

画像

 ◆ワールド・シネマへの芸術的貢献賞(The Crystal Globe for Outstanding Artistic Contribution to World Cinema)
 ◎ジェームズ・ニュートン・ハワード

画像

 ◎ケン・ローチ
 ◎ポール・ラヴァーティ

画像

 ◆チェコ映画への貢献に対するプレジデント賞(The KVIFF President's Award for contribution to Czech cinema)
 ◎ヴァーツラフ・ヴォルリーチェク(Václav Vorlíček)
 『灰かぶり姫の三つの願い』(1973)などで知られるチェコの映画監督

画像

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 ◆Facts & Figures
 ・入場者数:13734人
 ・映画祭パス:11544
 ・フィルムメイカー:398人
 ・film professionals:1165人
 ・ジャーナリスト:617人
 ・チケット売上げ:140067枚
 ・上映作品:207本(ナラティヴ179本(長編144本、短編35本)、ドキュメンタリー28本)
 ・ワールド・プレミア:23本、インターナショナル・プレミア:18本、ヨーロッパ・プレミア:13本
 ・のべ上映本数:505本

 【PHOTO GALLERY】

 『プールサイドマン』“POOLSIDEMAN(Pûrusaido man)”(日) [アナザー・ビュー部門]
 撮影監督 : 方又玹 プロデューサー:渡辺雄司 監督:渡辺紘文

画像

 *この記事がなかなか参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
  ↓ ↓ ↓ ↓
 
  ↑ ↑ ↑ ↑
  クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭2017 コンペティション部門 ラインナップ:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201706/article_20.html
 ・カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭2017 コンペティション部門以外のラインナップ:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201706/article_21.html

 ・カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭2016 コンペティション部門ラインナップ:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201607/article_6.html
 ・カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭2016 ラインナップ コンペティション部門以外:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201607/article_8.html
 ・カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭2016 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201607/article_12.html
 ・カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭2014 コンペティション部門出品 ラインナップ:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201407/article_2.html
 ・カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭2014 ラインナップ その2:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201407/article_5.html
 ・カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭2014 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201407/article_16.html
 ・カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭2013 コンペティション部門出品 ラインナップ:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201306/article_17.html
 ・カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭2013 コンペティション部門以外のラインナップ:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201306/article_18.html
 ・カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭2013 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201307/article_9.html
 ・カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭2012 ラインナップ&受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201207/article_4.html
 ・カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭2010 ラインナップ:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201007/article_10.html
 ・カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭2010 受賞結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201007/article_12.html
 ・カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭2009 ラインナップ:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200906/article_28.html
 ・カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭2009 受賞結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200907/article_11.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2017年2月〜2017年9月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201702/article_35.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭2017 受賞結果 海から始まる!?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる