海から始まる!?

アクセスカウンタ

zoom RSS ジャン・ヴィゴ賞2017 発表!

<<   作成日時 : 2017/06/13 04:59   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 第66回ジャン・ヴィゴ賞が発表されました。(6月12日)

 【ジャン・ヴィゴ賞】
 ジャン・ヴィゴ賞は、若くして亡くなった映画監督ジャン・ヴィゴにちなんで、1951年に創設されたフランスの映画賞で、若手監督に贈られます。

 以前は、アルベール・ラモリス(『白い馬』)とか、アラン・レネ(『夜と霧』)とか、クロード・シャブロル(『美しきセルジュ』)、ゴダール(『勝手にしやがれ』)、イヴ・ロベール(『わんぱく戦争』)、ロベール・アンリコ(『美しき人生』)、ウィリアム・クライン(『ポリー・マグーお前は誰だ?』)など、巨匠として全世界的に認められていくことになる監督をたくさん輩出していたのですが、最近は、一般性が乏しい作品が多いのか、受賞作品が日本に紹介されることも少なくなりました。日本では、劇場公開どころか、受賞作品が、フランス映画祭で上映されることも稀で、受賞監督のその後の作品が紹介されることも少なくなったようです。

 選考方法に問題があるのか、あるいは、むしろ意図的に、一般的に受け入れられにくい作品をピックアップして、新しい映画監督が世に出るのを後押ししている、ということなのかもしれません。

 〈1990年以降のジャン・ヴィゴ賞受賞作品(長編作品)〉
 ・1990年 “Mona et moi” 監督:パトリック・グランベレ(Patrick Grandperret)
 ・1991年 『赤と黒の接吻』“Le Brasier” 監督:エリック・バルビエ(Eric Barbier)
 ・1992年 『パリ・セヴェイユ』“Paris s'éveille” 監督:オリヴィエ・アサイヤス(Olivier Assayas)
 ・1993年 “Les histoires d'amour finissent mal... en général”  監督:アンヌ・フォンテーヌ(Anne Fontaine)
 ・1994年 『幸せ過ぎて』“Trop de bonheur” 監督:セドリック・カーン(Cédric Kahn)
 ・1995年 “N'oublie pas que tu vas mourir” 監督:グサヴィエ・ボーヴォワ(Xavier Beauvois)
 ・1996年 『アンコール』“Encore” 監督:パスカル・ボニゼール(Pascal Bonitzer)
 ・1997年 『ジーザスの日々』“La Vie de Jésus” 監督:ブリュノ・デュモン(Bruno Dumont)
 ・1998年 『夢だと云って』“Dis-moi que je rêve” 監督:クロード・ムリエラス(Claude Mourieras)
 ・1999年 『人生なんて怖くない』“La vie ne me fait pas peur” 監督:ノエミ・ルヴォフスキー(Noémie Lvoski)
 ・2000年 “Saint-Cyr” 監督:Patricia Mazuy
  “De l'histoire ancienne” 監督:オルソ・ミレー(Orso Miret)
 ・2000年 “Les filles de mon pays”(短編) 監督:Yves Caumon
 ・2001年 “Candidature” 監督:エマニュエル・ブルデュー(Emmanuel Bourdieu)
  “Ce vieux rêve qui bouge” 監督:アラン・ギロディー(Alain Guiraudie)
 ・2002年 “Royal Bonbon” 監督:Charles Najman
 ・2003年 “All the fine promises” 監督:Jean-Paul Civeyrac
 ・2004年 “Quand je serai star” 監督:パトリック・ミモーニ(Patrick Mimouni)
 ・2005年 『明るい瞳』“Les Yeux clairs” 監督:ジェローム・ボネル(Jérôme Bonnell)
 ・2006年 “Le Dernier des fous” 監督:Laurent Achard
 ・2007年 “La France” 監督:Serge Bozon
 ・2008年 “Nulle part, terre promise” 監督:エマニュエル・ファンキエル(Emmanuel Finkiel)
 ・2009年 “L'Arbre et la Forêt” 監督:オリヴィエ・デュカステル(Olivier Ducastel )、 ジャック・マルティノー(Jacques Martineau)
 ・2010年 『聖少女アンナ』“Un Poison violent(Love like Poison)”(仏) 監督:カテル・キレヴェレKatell Quillevéré)
 ・2011年 “Les Chants De Mandrin”(仏・ベルギー・西) 監督:ラバ・アメール=ザイメッシュ(Rabah Ameur-Zaïmeche)
 ・2012年 “L'Âge atomique” 監督:Héléna Klotz
 ・2013年 “L' Enclos du temps” 監督:ジャン=シャルル・フィトゥシ(Jean-Charles Fitoussi)
 ・2014年 “Mange tes morts(Eat Your Bones)” 監督:Jean-Charles Hue
 ・2015年 “La Peur(The Fear)” 監督:ダミアン・オドゥール(Damien Odoul)
 ・2016年 “La Mort de Louis XIV(Last Days of Louis XIV)”(仏・西) 監督:Albert Serra

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

画像

 ◆長編部門
 ◎“Barbara”(仏) 監督:マチュー・アマルリック
 出演:ジャンヌ・バリバール、マチュー・アマルリック
 物語:女優ブリジットが、まもなく撮影開始になる映画でシャンソン歌手バルバラを演じることになっている。彼女は、バルバラのキャラクター、声、歌と曲、しぐさ、編み物等を学び、覚えるべきセリフを覚える。物事は進み、彼女の中でバルバラが育ち、ブリジットを侵略すらしそうになっている。一方、監督のイヴは、本人を知る人に会い、映像のアーカイヴを見、彼女の音楽を聴く。彼は、彼女に夢中になり、彼女から影響を受けているように見える。だが、彼が本当に夢中になっているのは、バルバラに対してなのだろうか、それともブリジットの方だろうか?
 マチュー・アマルリックの第5監督長編。
 カンヌ国際映画祭2017 ある視点部門出品。ポエティック・ナラティヴ賞(Prix de la poésie du cinéma)受賞。

画像

 ◆短編部門
 ◎“Le film de l’été(The Summer Movie)”(仏・ベルギー) 監督:Emmanuel Marre
 物語:フランスの8月。バケーションに向かう車の列。コンクリート製のピクニック・テーブル。トイレへと続く長い行列。生ぬるいメロンのスライス。洗車。嵐が近いのか、空は曇っている。3人の男が車に乗っている。運転しているのは、フィリップで、友人のオーレリアンと、9歳の息子のバルタザールが同乗している。フィリップは、バルタザールを母親に引き渡さなければならないが、何日も遅れてしまっている。語られることもあり、語られないこともあるが、バルタザールは幼いながらにそれを感じ取っている。フィリップは、新しいガールフレンドと一緒に暮らしたいと話す。望むのはそれだけ。単純なことだ。一方、オーレリアンはイマジネーションの世界に生きている。そこは性的なイメージに満ちていて、現実とは無縁だ。彼は、深遠な危機にあり、解決できそうにない。目の前に思いがけない光景が広がる。ある朝、フィリップが眠っている時、バルタザールとオーレリアンが顔を合わせる。バルタザールは、オーレリアンを地上へと、現実の世界へと連れ戻す。
 クレルモンフェラン国際短編映画祭2017 ナショナル・コンペティション部門出品。グランプリ受賞。
 ベルリン国際映画祭2017 短編映画部門出品。
 インディーリスボア/リスボン国際インディペンデント映画祭2017 最優秀短編フィクション賞受賞。


 ◆名誉ジャン・ヴィゴ賞
 ◎アキ・カウリスマキ

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

画像

画像

 *この記事がなかなか参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・ジャン・ヴィゴ賞2016:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201606/article_3.html
 ・ジャン・ヴィゴ賞2014:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201406/article_14.html
 ・ジャン・ヴィゴ賞2013:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201305/article_14.html
 ・ジャン・ヴィゴ賞2011:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201105/article_19.html
 ・ジャン・ヴィゴ賞2010:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201005/article_5.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2016年12月〜2017年4月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201612/article_1.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ジャン・ヴィゴ賞2017 発表! 海から始まる!?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる