海から始まる!?

アクセスカウンタ

zoom RSS ナストロ・ダルジェント賞2017 ノミネーション!

<<   作成日時 : 2017/06/09 00:01   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 第71回ナストロ・ダルジェント賞のノミネーションが発表になりました。(6月6日)

 【ナストロ・ダルジェント賞】

 ナストロ・ダルジェント賞(Nastro d'Argento / シルバー・リボン賞)は、イタリアの映画批評家協会(The Sindacato Nazionale dei Giornalisti Cinematografici Italiani(Association of Italian Film Critics))の映画批評家たちが投票して決める賞、つまり「イタリア映画批評家協会賞」に当たる賞で、1947年にスタートして、今年で、第71回を迎えています。
 Wikipediaでは、米国アカデミー賞に次いで世界で2番目に古い映画賞であると紹介されています。「米国アカデミー賞が世界で最も古い映画賞である」という言い方には、各方面から異議申し立てが出そうですが、まあ、ナストロ・ダルジェント賞が世界でも最も古い伝統ある映画賞の1つであるということは確かなことなのだろうと思われます。

 70周年を境に部門の見直しがあったのか、これまでなかった「作品賞」が、71回目の今回より新設されています。

 ドキュメンタリー賞、短編映画賞、特別賞・名誉賞まで含めて、部門の数がかなり多い、というのがこの賞の特徴の1つとなっています。

 1つの部門に同じノミニーが複数ノミネートされることはありませんが、複数の対象作品に対して1人のノミニーが選ばれたり、1つの対象作品に対して複数のノミニーが選ばれたりすることも普通に認められているようです。

 ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞、イタリア・ゴールデングローブ賞、ナストロ・ダルジェント賞の3賞のうちでは、最も遅く発表されるスケジュールになっていて、タイミング的に対象作品もより新しい作品が含まれるため、ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞やイタリア・ゴールデングローブ賞よりも1年早い受賞結果を提示することも多い。

 全ノミネーションは、6月6日に発表されていますが、ノミネーションの一部および受賞者は4月から随時発表されていて、ドキュメンタリー部門と短編映画部門は、既に全部門の受賞者が発表されています。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 ◆作品賞 [新設]
 ・『花咲く恋』“Fiore”(伊) 監督:クラウディオ・ジョヴァンネージ(Claudio Giovannesi)
 ・“Fortunata”(伊) 監督:セルジョ・カステリット
 ・『切り離せないふたり』“Indivisibili(Indivisible)”(伊) 監督:エドアルド・デ・アンジェリス(Edoardo De Angelis)
 ・“La Tenerezza”(伊) 監督:ジャンニ・アメリオ
 ・『君が望むものはすべて』“Tutto Quello che Vuoi”(伊) 監督:フランチェスコ・ブルーニ(Francesco Bruni)

 バーリ国際映画祭2017では、『切り離せないふたり』がプロデューサー賞/フランコ・クリスタルディ賞受賞。

 ◆監督賞
 ・マルコ・ベロッキオ 『スイート・ドリームス』“Fai bei sogni(Sweet Dreams)”(伊・仏)
 ・エドアルド・デ・アンジェリス(Edoardo De Angelis) 『切り離せないふたり』
 ・ジャンニ・アメリオ “La Tenerezza”
 ・フェルザン・オズペテク “Rosso Istanbul”(伊・トルコ)
 ・ファビオ・グラッサドニア(Fabio Grassadonia)、アントニオ・ピアッツァ(Antonio Piazza) “Sicilian Ghost Story”(伊・仏・スイス)

 ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞2017では、ナストロ・ダルジェント賞2016対象作品の『歓びのトスカーナ』が監督賞受賞。(『歓びのトスカーナ』は、ナストロ・ダルジェント賞2016監督賞受賞)
 バーリ国際映画祭2017では、クラウディオ・ジョヴァンネージが『花咲く恋』で監督賞/マリオ・モニチェリ賞受賞。

 ◆主演男優賞(Migliore Attore Protagonista)
 ・アレッサンドロ・ガスマン、マルコ・ジャリーニ(Marco Giallini) “Beata Ignoranza”(伊)(監督:Massimiliano Bruno)
 ・ルカ・マリネッリ(Luca Marinelli) “Il padre d’Italia(There is a light: Il padre d’Italia)”(伊)(監督:ファビオ・モッロ(Fabio Mollo))
 ・ミケーレ・リオンディーノ(Michele Riondino) 『ジュリアの世界』“La ragazza del mondo(Worldly Girl)”(伊・仏)(監督:マルコ・ダニエリ)
 ・レナート・カルペンティエリ(Renato Carpentieri) “La Tenerezza”
 ・トニ・セルヴィッロ “Lasciati Andare”(伊)(監督:フランチェスコ・アマート(Francesco Amato))

 ルカ・マリネッリは、前回、助演男優賞受賞。
 ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞2017では、ナストロ・ダルジェント賞2016対象作品の『ゴッド・スピード・ユー!』からステファノ・アルコシが受賞(ステファノ・アルコシは、ナストロ・ダルジェント賞2016主演男優賞受賞)。
 バーリ国際映画祭2017では、ルカ・マリネッリが第1-2回監督作品部門主演男優賞/ガブリエーレ・フェルツェッティ賞受賞。リッカルド・スカルマチョが“Pericle Il Nero”で主演男優賞/ヴィットリオ・ガスマン賞受賞。

 ◆主演女優賞(Migliore Attrice Protagonista)
 ・ジャスミン・トリンカ “Fortunata”
 ・イザベラ・ラゴネーゼ(Isabella Ragonese) “Il padre d’Italia(There is a light: Il padre d’Italia)”、“Sole Cuore Amore”(伊)(監督:ダニエレ・ヴィカリ(Daniele Vicari))
 ・サラ・セラヨッコ(Sara Serraiocco) 『ジュリアの世界』、“Non è un Paese per Giovani”(伊・西)(監督:ジョヴァンニ・ヴォロネージ(Giovanni Veronesi))
 ・ジョヴァンナ・メッツォジョルノ、ミカエラ・ラマゾッティ “La Tenerezza”
 ・グレタ・スカラーノ(Greta Scarano) “La Verità sta in Cielo”(伊)(監督:ロベルト・ファエンツァ(Roberto Faenza))、『いつだってやめられる―マスタークラス』“Smetto Quando Voglio - Masterclass”(伊)(監督:シドニー・シビリア)

 ミカエラ・ラマゾッティは4年連続ノミネート。前回、主演女優賞受賞。前々回、助演女優賞受賞。
 グレタ・スカラーノは、前回、助演女優賞受賞。
 ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞2017では、ナストロ・ダルジェント賞2016対象作品の『歓びのトスカーナ』からヴァレリア・ブルーニ=テデスキが受賞(ヴァレリア・ブルーニ=テデスキは、ミカエラ・ラマゾッティとともにナストロ・ダルジェント賞2016主演女優賞受賞)。
 バーリ国際映画祭2017では、サラ・セラヨッコが第1-2回監督作品部門主演女優賞/マリアンジェラ・メラート賞受賞。ヴァレリア・ブルーニ=テデスキが『歓びのトスカーナ』で主演女優賞/アンナ・マニャーニ賞受賞。

 ◆助演男優賞(Migliore Attore Non Protagonista)
 ・エンニオ・ファンタスキーニ(Ennio Fantastichini) “Caffè”(ベルギー・中・伊)(監督:クリスティアーノ・ボルトーネ(Cristiano Bortone))、”La stoffa dei sogni(The Stuff of Dreams)”(伊)(監督:Gianfranco Cabiddu)
 ・エドアルド・ペッシェ(Edoardo Pesce) “Cuori Puri”(伊)(監督:Roberto De Paolis)、“Fortunata”
 ・ヴァレリオ・マスタンドレア 『花咲く恋』
 ・ルカ・アルジェンテロ(Luca Argentero)、クラウディオ・アメンドラ(Claudio Amendola) “Il Permesso. 48 ore fuori”(伊)(監督:クラウディオ・アメンドラ(Claudio Amendola))
 ・Alessandro Borghi “Il più Grande Sogno”(伊)(監督:Michele Vannucci)、“Fortunata”

 クラウディオ・アメンドラは、4年連続ノミネートで、2015年に助演男優賞受賞、2014年にニーノ・マンフレディ賞受賞。
 ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞2017では、ヴァレリオ・マスタンドレアが受賞。
 バーリ国際映画祭2017では、Francesco Acquaroliが“Sole Cuore Amore”で助演男優賞/アルベルト・ソルディ賞受賞。

 ◆助演女優賞(Migliore Attrice Non Protagonista)
 ・マルゲリータ・ブイ “Come Diventare Grandi Nonostante i Genitori”(伊)(監督:ルカ・ルチーニ(Luca Lucini))、『かけがえのない数日』“Questi Giorni”(伊)(監督:ジュゼッペ・ピッチョーニ)
 ・アンナ・フェルッツォ(Anna Ferruzzo) “Il padre d’Italia(There is a light: Il padre d’Italia)”
 ・バルボラ・ボブローヴァ(Barbora Bobulova) “Cuori Puri”、“Lasciami per Sempre”(伊)(監督:Simona Izzo)
 ・カルラ・シニョーリス(Carla Signoris) “Lasciati Andare”
 ・サブリナ・フェリッリ(Sabrina Ferilli) “Omicidio all'Italiana”(伊)(監督:Marcello Macchia "Maccio Capatonda")

 サブリナ・フェリッリは、前回は主演女優賞ノミネート。
 ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞2017では、『切り離せないふたり』からアントニア・トゥルッポ(Antonia Truppo)が受賞。
 バーリ国際映画祭2017では、バーバラ・ロンキ(Barbara Ronchi)が『スイート・ドリームス』で助演女優賞/アリダ・ヴァリ賞受賞。

 ◆脚本賞(Migliore Sceneggiatura)
 ・クラウディオ・ジョヴァンネージ(Claudio Giovannesi)、フィリッポ・グラヴィーノ(Filippo Gravino)、Antonella Lattanzi 『花咲く恋』“Fiore”
 ・マルガレート・マッツァンティーニ(Margaret Mazzantini) “Fortunata”
 ・Gianfranco Cabiddu、ウーゴ・キーティ(Ugo Chiti)、Salvatore De Mola、Salvatore Marino ”La stoffa dei sogni(The Stuff of Dreams)”
 ・フランチェスカ・マニエーリ(Francesca Manieri)、アレックス・インファセリ(Alex Infascelli) “Piccoli Crimini Coniugali”(伊)(監督:アレックス・インファセリ(Alex Infascelli))
 ・フランチェスコ・ブルーニ(Francesco Bruni) 『君が望むものはすべて』

 ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞2017では、”La stoffa dei sogni(The Stuff of Dreams)”が脚色賞受賞。
 バーリ国際映画祭2017では、『歓びのトスカーナ』が脚本賞/ルチアーノ・ヴィンチェンツォーニ賞受賞。

 ◆オリジナル・ストーリー賞(Migliore Soggetto)
 ・Massimiliano Bruno、Herbert Simone Paragnani、Gianni Corsi “Beata Ignoranza”
 ・エドアルド・レオ(Edoardo Leo) 『どうってことないさ』“Che Vuoi Che Sia”(伊)(監督:エドアルド・レオ)
 ・Josella Porto、ファビオ・モッロ(Fabio Mollo) “Il padre d’Italia(There is a light: Il padre d’Italia)”
 ・ピエルフランチェスコ・ディリベルト(Pierfrancesco "Pif" Diliberto)、ミケーレ・アストーリ(Michele Astori) 『愛のために戦地へ』“In guerra per amore(At War with Love)”(伊)(監督:ピエルフランチェスコ・ディリベルト)
 ・ニコラ・グアリャノーネ(Nicola Guaglianone) 『切り離せないふたり』

 ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞2017では、『切り離せないふたり』がオリジナル脚本賞受賞。

 ◆撮影賞(Migliore Fotografia) 受賞結果は6月7日に発表
 ・ダニエーレ・チプリ(Daniele Ciprì) 『スイート・ドリームス』、『花咲く恋』
 ・Duccio Cimatti “La Guerra dei Cafoni”(伊)(監督:Davide Barletti、Lorenzo Conte)
 ◎ルカ・ビガッツィ “La Tenerezza”、“Sicilian Ghost Story”
 ・アルナルド・カティナーリ(Arnaldo Catinari) “Piccoli Crimini Coniugali”、『君が望むものはすべて』
 ・ジャンフィリッポ・コルティチェッリ(Gian Filippo Corticelli) “Rosso Istanbul”

 ダニエーレ・チプリは、2年連続ノミネート。
 ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞2017では、ナストロ・ダルジェント賞2016対象作品の『ゴッド・スピード・ユー!』によりマイケル・ダッタナージオが受賞。
 バーリ国際映画祭2017では、Rocco Marraが“Falchi”で撮影監督賞/ジュゼッペ・ロトゥンノ賞受賞。

 ◆編集賞(Migliore Montaggio) 受賞結果は6月7日に発表
 ◎フランチェスカ・カルヴェリ(Francesca Calvelli) 『スイート・ドリームス』
 ・Giuseppe Trepiccione 『花咲く恋』
 ・Roberto Siciliano “Il Permesso. 48 ore fuori”
 ・ヤーコポ・クアドリ(Jacopo Quadri) “La Guerra dei Cafoni”
 ・ファビオ・グアリョーネ(Fabio Guaglione)、Mauro Boni、Matteo Santi “Mine”(米・西・伊)(監督:ファビオ・グアリョーネ(Fabio Guaglione)、ファビオ・レジナーロ(Fabio Resinaro))

 ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞2017では、ナストロ・ダルジェント賞2016対象作品の『ゴッド・スピード・ユー!』によりGianni Vezzosiが受賞。
 バーリ国際映画祭2017では、マルコ・スポレンティーニ(Marco Spoletini)が“Falchi”で編集賞/ロベルト・ペルピニャーニ賞受賞。

 ◆美術賞(Migliore Scenografia) 受賞結果は6月7日に発表
 ◎マルコ・デンティチ(Marco Dentici) 『スイート・ドリームス』、“Sicilian Ghost Story”
 ・ディミトリー・カプアーニ(Dimitri Capuani) “I Figli della Notte”(伊・ベルギー)(監督:Andrea De Sica)
 ・ジャンカルロ・バージリ(Giancarlo Basili) “La Tenerezza”
 ・マリーナ・ピンツッティ・アンソリーニ(Marina Pinzuti) “Piccoli Crimini Coniugali”
 ・アレッサンドロ・ヴァヌッチ(Alessandro Vannucci) 『いつだってやめられる―マスタークラス』

 マルコ・デンティチが、2年連続ノミネート。
 ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞2017では、ナストロ・ダルジェント賞2016対象作品の『歓びのトスカーナ』によりトニーノ・ゼッラが受賞。
 バーリ国際映画祭2017では、マルコ・デンティッチ(Marco Dentici)が『スイート・ドリームス』で美術賞/ダンテ・フェレッティ賞受賞。

 ◆衣裳賞(Migliori Costumi) 受賞結果は6月7日に発表
 ・Daria Calvelli 『スイート・ドリームス』
 ・Cristiana Ricceri 『愛のために戦地へ』
 ◎マッシモ・カンティーニ・パリーニ(Massimo Cantini Parrini) 『切り離せないふたり』
 ・Beatrice Giannini、Elisabetta Antico ”La stoffa dei sogni(The Stuff of Dreams)”
 ・パトリツィア・マッソン(Patrizia Mazzon) 『いつだってやめられる―マスタークラス』

 Daria Calvelliは、前回、『私の血に流れる血』でノミネート。
 ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞2017でもマッシモ・カンティーニ・パリーニが受賞。
 バーリ国際映画祭2017でもマッシモ・カンティーニ・パリーニが衣裳賞/ピエトロ・トージ賞受賞。

 ◆録音賞(Migliore Sonoro in Presa Diretta) 受賞結果は6月7日に発表
 ◎Alessandro Rolla “Fortunata”
 ・Stefano Campus “Il Permesso. 48 ore fuori”
 ・アレッサンドロ・ザノン(Alessandro Zanon) “La Tenerezza”
 ・Alessandro Palmerini、レモ・ウゴリネッリ(Remo Ugolinelli) “Sole Cuore Amore”
 ・Gianluca Costamagna 『君が望むものはすべて』

 Alessandro Rollaは、2年連続ノミネート。
 ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞2017では、ナストロ・ダルジェント賞2016対象作品の『ゴッド・スピード・ユー!』が受賞。

 ◆オリジナル作曲賞(Migliore Colonna Sonora)
 ・ニーノ・ダンジェロ(Nino D'Angelo) “Falchi”(伊)(監督:Toni D'Angelo)
 ・エンツォ・アヴィタビーレ(Enzo Avitabile) 『切り離せないふたり』
 ・Giuliano Sangiorgi “Non è un Paese per Giovani”
 ・ジュリアーノ・タヴィアーニ(Giuliano Taviani)、カルメロ・トラヴィア(Carmelo Travia) “Rosso Istanbul”
 ・スレファノ・ディ・バティスタ(Stefano Di Battista) “Sole Cuore Amore”

 ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞2017では、エンツォ・アヴィタビーレが受賞。
 バーリ国際映画祭2017でも、エンツォ・アヴィタビーレが音楽賞/エンニオ・モリコーネ賞受賞。

 ◆オリジナル歌曲賞(Migliore Canzone Originale)
 ・Federica Victoria "Thony" Caiozzo 『愛のために戦地へ』
 ・エンツォ・アヴィタビーレ(Enzo Avitabile) 『切り離せないふたり』
 ・Lorenzo Cherubini "Jovanotti" “L'Estate Addosso(Summertime)”(伊)(監督:ガブリエーレ・ムッチーノ))
 ・エンマ・マッローネ(Emma Marrone) “La Cena di Natale”(伊)(監督:Marco Ponti)
 ・アリーザ(Rosalba Pippa "Arisa") “La Verità, vi Spiego, sull'Amore”

 ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞2017では、『切り離せないふたり』が受賞。

 ◆新人監督賞(Migliore Regista Esordiente)
 ・Roberto De Paolis “Cuori Puri”
 ・Andrea De Sica “I Figli della Notte”
 ・Vincenzo Alfieri “I Peggiori”(伊)
 ・マルコ・ダニエリ(Marco Danieli) 『ジュリアの世界』
 ・ファビオ・グアリョーネ(Fabio Guaglione)、ファビオ・レジナーロ(Fabio Resinaro) “Mine”

 ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞2017では、マルコ・ダニエリが受賞。

 ◆プロデューサー賞(Migliore Produttore)
 ・クラウディオ・ボニヴェント(Claudio Bonivento) “Il Permesso. 48 ore fuori”
 ・ベッペ・カスケット(Beppe Caschetto) 『スイート・ドリームス』、『君が望むものはすべて』
 ・リタ・ロニョーニ(Rita Rognoni)、ベッペ・カスケット(Beppe Caschetto) 『花咲く恋』
 ・Attilio De Razza “L'Ora Legale”(伊)(監督:サルボ・フィカッラ(Salvatore Ficarra)、ヴァレンティノ・ピコーネ(Valentino Picone))
 ・Attilio De Razza、Pierpaolo Verga 『切り離せないふたり』
 ・Gianluca Curti、Gaetano Di Vaio “Falchi”
 ・ニコラ・ジュリアーノ(Nicola Giuliano)、フランチェスカ・シーマ(Francesca Cima)、カルロッタ・カローリ(Carlotta Calori)、Viola Prestieri “Fortunata”
 ・ニコラ・ジュリアーノ(Nicola Giuliano)、フランチェスカ・シーマ(Francesca Cima)、カルロッタ・カローリ(Carlotta Calori)、マッシモ・クリスタルディ(Massimo Cristaldi) “Sicilian Ghost Story”

 フランチェスカ・シーマとカルロッタ・カローリとニコラ・ジュリアーノは、3年連続ノミネート。
 ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞2017では、『切り離せないふたり』がプロダクション賞受賞。

 ◆最優秀コメディー賞(Migliore Commedia)
 ・“L'Ora Legale”
 ・“Lasciati Andare”
 ・“Moglie e Marito”(伊) 監督:Simone Godano
 ・“Omicidio all'Italiana”
 ・“Orecchie(Ears)”(伊) 監督:Alessandro Aronadio

 “Orecchie(Ears)”は、バーリ国際映画祭2017 第1-2回作品 監督賞/エットーレ・スコラ賞受賞。

 ◆ヤング・シネマ賞(Migliore Film che Racconta i Giovani) 受賞結果は6月7日に発表
 ・“L'Estate Addosso(Summertime)”
 ・“Non è un Paese per Giovani”
 ◎『ピューマ』“Piuma”(伊) 監督:ロアン・ジョンソン(Roan Johnson)
 ・『SLAM/スラム』“Slam - Tutto per una Ragazza”(伊) 監督:アンドレア・モライヨーリ(Andrea Molaioli)
 ・“The Startup - Accendi il Tuo Futuro”(伊) 監督:アレッサンドロ・ダラトリ(Alessandro D'Alatri)

 ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞2017では、『愛のために戦地へ』がヤング・ダヴィッド賞受賞。

 【ドキュメンタリー部門】

 ◆最優秀ドキュメンタリー賞(Docufilm)
 ・“Al di qua (Life/Here)”(伊) 監督:Corrado Franco
 ・“I Cormorani”(伊) 監督:Fabio Bobbio
 ◎“Naples '44”(伊) 監督:フランチェスコ・パティエルノ(Francesco Patierno)
 ・“Ombre della Sera”(伊) 監督:Valentina Esposito
 ・“Varichina. La Vera Storia della Finta Vita di Lorenzo De Santis”(伊) 監督:Antonio Palumbo、Mariangela Barbanente

 ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞2017では、“Crazy for Football”がドキュメンタリー賞受賞。

 ◆映画、エンタテインメントに関わるドキュメンタリー映画賞(Migliore Documentario Cinema e Spettacolo)
 ・“A Pugni Chiusi”(伊) 監督:Pierpaolo De Sanctis
 ◎“Acqua e Zucchero. Carlo Di Palma, i Colori della Vita”(伊) 監督:ファリボルツ・カムカリ(Fariborz Kamkari)
 ・“Bozzetto non Troppo”(伊) 監督:マルコ・ボンファンティ(Marco Bonfanti)
 ・“Cinque Mondi”(伊) 監督:Giancarlo Soldi
 ・“The Young Pope - A Tale of Filmmaking”(伊) 監督:ファビオ・モッロ(Fabio Mollo)

 ◆チネマ・デル・レアーレ賞(Cinema del Reale)
 ・“Goodbye Darling, I'm Off To Fight”(伊・タイ) 監督:Simone Manetti
 ・“Le Scandalose - Women in Crime”(伊) 監督:ジャンフランコ・ジャーニ(Gianfranco Giagni)
 ・“Liberami(Libera Nos)”(伊・仏) 監督:Federica Di Giacomo
 ・“Magic Island”(伊・仏) 監督:マルコ・アメンタ(Marco Amenta)
 ◎“Porn to be Free - Porno e Libertà”(伊) 監督:Carmine Amoroso

 ◆ドキュメンタリー・スペシャル・メンション(Menzione Speciale Documentari)
 ◎“Assalto al Cielo”(伊) 監督:フランチェスコ・ムンズィ(Francesco Munzi)
 ◎“Crazy for Football”(伊) 監督:ヴォルファンゴ・デ・ビアージ(Volfango De Biasi)
 ◎“Dustur”(伊) 監督:Marco Santarelli
 ◎“Ero Malerba”(伊・独) 監督:Toni Trupia
 ◎“Femminismo!”(伊) 監督:Paola Columba
 ◎“La Maschera e il Sorriso: l’avventura artistica di Mario Carotenuto”(伊) 監督:Claretta Carotenuto
 ◎“Love is All. Piergiorgio Welby, Autoritratto”(伊) 監督:Francesco Andreotti、Livia Giunti
 ◎“Non Voltarti Indietro”(伊) 監督:Francesco Del Grosso
 ◎“Rubando Bellezza”(伊) 監督:Fulvio Wetzl、Laura Bagnoli、Danny Biancardi

 ◆特別ドキュメンタリー賞(Premio Speciale Documentari)
 ◎Steve Della Casa “Nessuno Ci Può Giudicare”(伊)、“Perché sono un Genio! Le Tante Vite di Lorenza Mazzetti”(伊)

 ◆チネマ・デル・レアーレ特別賞(Premio Speciale Documentari Cinema del Reale)
 ◎“Alcide De Gasperi - Il Miracolo Incompiuto”(伊) 監督:Franco Mariotti
 ◎“Franca. Chaos and Creation”(伊・米) 監督:フランチェスコ・カロッツィーニ(Francesco Carrozzini)

 ◆映画、エンタテインメントに関わるドキュメンタリー映画賞特別賞(Premio Speciale Documentario Cinema e Spettacolo)
 ◎“Dino Risi Forever (Cento Anni ma non li Dimostra)”(伊) 監督:Fabrizio Corallo

 ◆ドキュフィルム特別ドキュメンタリー賞(Premio Speciale Documentari Docufilm)
 ◎“Vangelo”(伊・ベルギー・スイス) 監督:ピッポ・デルボーノ(Pippo Delbono)

 ◆特別ドキュメンタリー賞(Premio Speciale Documentario)
 ◎ジャンニ・ミナ(Gianni Minà:ジャーナリスト、作家、ドキュメンタリー映画の監督)
 ◎ジョルジョ・プレスブルゲル(Giorgio Pressburger:フィルムメイカー、作家、戯曲家) “Il Profumo del Tempo delle Favole”(伊)(監督:マウロ・カプート(Mauro Caputo)[原作]、“L'Orologio di Monaco”(伊)(監督:マウロ・カプート)[脚本・出演]

 ◆ドキュメンタリー年間パーソナリティー賞(Premio Personaggio dell'Anno Documentari)
 ◎ルー・カステル(Lou Castel) “A Pugni Chiusi”(伊)(監督:Pierpaolo De Sanctis)

 【短編映画部門】

 ◆短編フィクション賞(Migliore Cortometraggio di Finzione)
 ・“Era Ieri”(伊) 監督:Valentina Zucco Pedicini
 ◎“Moby Dick”(伊) 監督:Nicola Sorcinelli
 ・“Penalty”(伊) 監督:Aldo Iuliano
 ・“Respiro”(伊) 監督:Andrea Brusa、Marco Scotuzzi

 ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞2017では、“A casa mia”が短編映画賞受賞。

 ◆短編アニメーション賞(Migliore Cortometraggio d'Animazione)
 ・“Eidos”(伊) 監督:Elena Ortolan、Alberto Comerci
 ・“Home”(伊) 監督:Silvia De Gennaro
 ◎“Life Sucks! But At Least I've Got Elbows”(伊・エストニア) 監督:Nicola Piovesan
 ・“Lo Steinway”(伊) 監督:Massimo Ottoni
 ・“Ossa”(伊) 監督:Dario Imbrogno

 ◆短編賞スペシャル・メンション(Menzione Speciale Cortometraggi)
 ◎“La Viaggiatrice”(伊) 監督:Davide Vigore
 ◎“Lettere a Mia Figlia”(伊) 監督:Giuseppe Alessio Nuzzo
 ◎“No Borders”(伊) 監督:Haider Rashid
 ◎“Ovunque Proteggi”(伊) 監督:Massimo Bondielli
 ◎“Uomo in Mare”(伊) 監督:Emanuele Palamara

 ◆短編アニメーション賞スペシャル・メンション(Menzione Speciale Cortometraggi d'Animazione)
 ◎“Journal Animé”(伊) 監督:Donato Sansone
 ◎“Lo Steinway”(伊) 監督:Massimo Ottoni

 ◆短編映画賞特別賞(Premio Speciale Cortometraggi)
 ◎Pivio “It's Fine Anyway”(伊)
 ◎キアラ・カゼッリ “Molly Bloom”(伊)
 ◎“Ningyo”(伊) 監督:Gabriele Mainetti

 【特別賞・名誉賞】

 ◆シネマスター賞(Cinemaster Award)
 ◎“Gionatan con la G”(伊) 監督:Gianluca Santoni

 ◆ナストロ・ダルジェント ヨーロッパ賞(Nastro d'Argento Europe)
 ◎モニカ・ベルッチ

 ◆70周年記念賞(Premio Speciale dei 70)
 ◎“Sciuscià 70”(伊) 監督:Mimmo Verdesca

 ◆ビラーギ賞(Premio "Guglielmo Biraghi")
 ◎Daphne Scoccia 『花咲く恋』
 ◎Vincenzo Crea “I Figli della Notte”
 ◎Marianna Fontana、Angela Fontana 『切り離せないふたり』
 ◎Brando Pacitto “L'Estate Addosso(Summertime)”、『ピューマ』
 ◎アンドレア・カルペンツァーノ(Andrea Carpenzano) 『君が望むものはすべて』

 ◆ナストロ・ダルジェント キャリア賞(Premio "Nastro d'Argento" alla Carriera)
 ◎ロベルト・ファエンツァ(Roberto Faenza)

 ◆ナストロ・ダルジェント特別賞(Premio "Nastro d'Argento" Speciale)
 ◎ジュリアーノ・モンタルド(Giuliano Montaldo) 『君が望むものはすべて』

 ◆ビラーギ賞Nuovo IMAIE賞(Premio "Guglielmo Biraghi - Nuovo Imaie")
 ◎Valentina Bellè、Giacomo Ferrara “Il Permesso. 48 ore fuori”

 ◆ナストロ・オブ・ザ・イヤー(Premio Nastro dell’Anno)
 ◎“The Young Pope”(伊・仏) 監督:パオロ・ソレンティーノ

 ◆特別賞(Premio Speciale)
 ◎『7分間』“7 minuti”(伊・仏・スイス) 監督:ミケーレ・プラチド
 ◎“Sole Cuore Amore”

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 主な作品のノミネート状況は、以下の通り。

 ・“Fortunata”(7):作品・主演女優・助演男優・助演男優・脚本・録音・プロデューサー
 ・『切り離せないふたり』(7):作品・監督・ストーリー・衣裳・作曲・歌曲・プロデューサー +ビラーギ
 ・“La Tenerezza”(7):作品・監督・主演男優・主演女優・撮影・美術・録音
 ・『スイート・ドリームス』(6):監督・撮影・編集・美術・衣裳・プロデューサー
 ・『花咲く恋』(5):作品・助演男優・脚本・編集・プロデューサー +ビラーギ
 ・『君が望むものはすべて』(5):作品・脚本・撮影・録音・プロデューサー +ビラーギ、特別
 ・“Sicilian Ghost Story”(4):監督・撮影・美術・プロデューサー
 ・“Il padre d’Italia(There is a light: Il padre d’Italia)”(4):主演男優・主演女優・助演女優・ストーリー
 ・“Il Permesso. 48 ore fuori”(4):助演男優・編集・録音・プロデューサー +IMAIE
 ・“Rosso Istanbul”(3):監督・撮影・作曲
 ・『ジュリアの世界』(3):主演男優・主演女優・新人監督
 ・“Lasciati Andare”(3):主演男優・助演女優・コメディー
 ・“Sole Cuore Amore”(3):主演女優・録音・作曲 +特別
 ・“Non è un Paese per Giovani”(3):主演女優・作曲・ヤング
 ・『いつだってやめられる―マスタークラス』(3):主演女優・美術・衣裳
 ・”La stoffa dei sogni(The Stuff of Dreams)”(3):助演男優・脚本・衣裳
 ・“Cuori Puri”(3):助演男優・助演女優・新人監督
 ・“Piccoli Crimini Coniugali”(3):脚本・撮影・美術
 ・『愛のために戦地へ』(3):ストーリー・衣裳・歌曲
 ・“Beata Ignoranza”(2):主演男優・ストーリー
 ・“La Verità sta in Cielo”(2):主演女優・歌曲
 ・“Omicidio all'Italiana”(2):助演女優・コメディー
 ・“La Guerra dei Cafoni”(2):撮影・編集
 ・“Mine”(2):編集・新人監督
 ・“I Figli della Notte”(2):美術・新人監督 +ビラーギ
 ・“Falchi”(2):作曲・プロデューサー
 ・“L'Estate Addosso”(2):歌曲・ヤング +ビラーギ
 ・“L'Ora Legale”(2):プロデューサー・コメディー
 ・『ピューマ』(1):ヤング +ビラーギ

 ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞2017の最多受賞作の『ゴッド・スピード・ユー!』や作品賞・監督賞受賞作の『歓びのトスカーナ』は、ナストロ・ダルジェント賞2016のノミネート&受賞作なので、ナストロ・ダルジェント賞2017の受賞結果は、ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞2017とは大分違ったものになると予想されます。

 ナストロ・ダルジェント賞2017の最多受賞作は、ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞2017のもう1つの最多受賞作『切り離せないふたり』か、あるいは、“Fortunata”か“La Tenerezza”あたりでしょうか。

 ちょっと気は早いですが、米国アカデミー賞2018外国語映画賞イタリア代表となる作品も、おそらく現時点までに公開されている作品から選出されるはずで、とすると上記の中から選ばれる可能性が高いことになります。こちらも楽しみですね。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 受賞結果の発表は、7月1日です。

 *この記事がなかなか参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *参考
 ・cinemaitaliano.info:http://cinemaitaliano.info/conc/00104/2017/nastri-d-argento.html
 ・mymovies.it:http://www.mymovies.it/cinemanews/2017/142624/

 *当ブログ記事

 ・ナストロ・ダルジェント賞2016 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201606/article_8.html
 ・ナストロ・ダルジェント賞2016 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201607/article_4.html
 ・ナストロ・ダルジェント賞2014 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201407/article_4.html
 ・ナストロ・ダルジェント賞2013 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201307/article_8.html
 ・ナストロ・ダルジェント賞2012 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201207/article_1.html
 ・ナストロ・ダルジェント賞2011 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201106/article_16.html
 ・ナストロ・ダルジェント賞2010 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201006/article_23.html
 ・ナストロ・ダルジェント賞2009 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200906/article_29.html

 ・イタリア・ゴールデングローブ賞2017 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201706/article_3.html

 ・ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞2017 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201702/article_49.html
 ・ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞2017 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201703/article_33.html

 ・バーリ国際映画祭2017 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201705/article_1.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2016年12月〜2017年4月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201612/article_1.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ナストロ・ダルジェント賞2017 ノミネーション! 海から始まる!?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる