海から始まる!?

アクセスカウンタ

zoom RSS 台北電影節2017 ラインナップ! 発見されるのを待っている映画がここにある!

<<   作成日時 : 2017/05/20 13:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 第19回台北電影節(6月29日-7月15日)のコンペティション部門のラインナップです。

 台北電影節(台北映画祭)には、第1回監督長編か第2回監督長編を対象とするインターナショナル・ニュー・タレント・コンペティションと、台湾映画を対象とし、長編ナラティヴ部門、短編部門、ドキュメンタリー部門、アニメーション部門という4つの部門を持つコンペティション、台北電影奨があります。

 インターナショナル・ニュー・タレント・コンペティションは、今回で、13回目です。
 エントリー作品の条件としては、第1回監督長編か第2回監督長編のほか、台湾映画以外はすべて台湾プレミア作品であることが必須になっています。また、ドキュメンタリーは対象外になっています。
 インターナショナル・ニュー・タレント・コンペティションの審査は、台北電影節の前半に行なわれて、7月4日に受賞結果が発表され、台北電影奨の審査は、台北電影節の後半に行なわれ、最終日に受賞結果が発表されます。

 各部門のノミネート作品は以下の通りです。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 【インターナショナル・ニュー・タレント・コンペティション】(國際青年導演競賽/International New Talent Competition)

 ・“Insyriated”(ベルギー・仏・レバノン) 監督:フィリップ・ヴァン・リュー(Philippe Van Leeuw) [アジア・プレミア]
 出演:ヒアム・アッバス、Diamand Abou Abboud、Juliette Navis、Mohsin Abbas、Moustapha Al Kar、Alissar Kaghadou、Ninar Halabi、Mohammad Jihad Sleik
 物語:家の外が戦争で荒れ狂っている中、エネルギッシュなOum Yazanは、必死になって、家族生活を維持しようとしている。日中、家族が大きなテーブルを囲んで座り、誰もが、爆弾の連続砲撃やマシンガンの銃撃の音に耳を澄ましている。水はほとんどなく、玄関から外に出ることは、屋上から狙撃手に狙われる危険を冒すことになる。祖父が小さな孫と遊んでいる時、年長の娘は自分の部屋でボーイフレンドといちゃついている。隣の部屋では、若い夫婦が、赤ん坊を連れて、逃げる計画を立てている。上方から、穏やかならぬ物音が聞こえてくる。誰が玄関をノックしているのか? それは、Oum Yazanが帰りを待っている夫なのだろうか。それとも金目のものを探している見知らぬ男たちだろうか。アパートはかつては居心地のいい家だったが、今では牢獄と化してしまった。
 ベルリン国際映画祭2017 パノラマ部門出品。Label Europa Cinemas受賞。パノラマ部門 観客賞第1席。
 シアトル国際映画祭2017出品。
 シドニー映画祭2017出品。


 ・“Dogs(Câini)”(ルーマニア・仏・ブルガリア・カタール) 監督:Bogdan Mirică
 出演:ドラゴス・ブクル(Dragos Bucur)、ヴラド・イヴァノフ、Gheorghe Visu、Costel Cascaval
 物語:ロマンは、ブカレストからウクライナとの国境近くにやってくる。そこは、祖父から相続した土地で、荒涼とはしていたが、広くて、彼はこれを売ってしまいたいと考えていた。彼は、地元の年輩の警官、ホガスに警告を受ける。カリスマ的で凶暴なサミールと彼の手下たちが、この土地で密輸を行なっていて、誰でも自由に出入りすることを認めるわけがないだろうと。ロマンはあきらめず、3人の男たちが暴力のトライアングルの中で衝突する。
 カンヌ国際映画祭2016 ある視点部門出品。国際批評家連盟賞受賞。
 トランシルヴァニア国際映画祭2016 コンペティション部門出品。グランプリ受賞。
 サラエボ映画祭2016 長編コンペティション部門出品。審査員スペシャル・メンション、男優賞(Gheorghe Visu)受賞。
 ワルシャワ国際映画祭2016出品。
 ストックホルム国際映画祭2016 コンペティション部門出品。撮影賞
 デンバー映画祭2016出品。
 リスボン&エストリル映画祭2016出品。
 リュブリャナ国際映画祭2016出品。
 トリノ国際映画祭2016出品。
 ヨーロッパ映画賞2016 ディスカバリー賞2016 ノミネート。
 ロッテルダム国際映画祭2017出品。
 GOPO賞2017 主演男優賞(Gheorghe Visu)、助演男優賞(ヴラド・イヴァノフ)、録音賞、オリジナル音楽賞、第1回作品賞受賞。作品賞、監督賞、脚本賞、撮影賞、編集賞、美術賞、衣裳賞、メイキャップ賞ノミネート。
 ヴィリニュス国際映画祭2017出品。


 ・“People That Are Not Me(Anashim shehem lo ani)”(イスラエル) 監督:Hadas Ben Aroya [アジア・プレミア]
 物語:ジョイは、テルアビブに住む娘で、行きずりのセックスを愛し、そして憎んでいる。彼女の世界は、アパートとストリートがすべてだ。同じストリートには、ジョイとつきあい続けることを拒んだ元カレが住んでいる。ジョイは、別れを嫌って、必死に彼を取り戻そうとしたが、それもニルと出会うまでだった。ニルは、おしゃべりで、頭がよく、俺は言いたいことを言い、したいことをするだけだと言う。ジョイもまたニルに倣って自由にやろうとするが、彼女の場合は、他人に対して残酷になり、触れ合うことを強迫観念的に渇望するだけだった。
 ロカルノ国際映画祭2016 サインズ・オブ・ライフ部門出品。
 ハイファ国際映画祭2016出品。
 ビルバオ国際ドキュメンタリー&短編映画祭2016 ZINEBI 第1回作品賞 スペシャル・メンション受賞。
 マル・デル・プラタ国際映画祭2016 インターナショナル・コンペティション部門出品。最優秀作品賞受賞。
 ヨーテボリ国際映画祭2017出品。
 ヴィリニュス国際映画祭2017出品。


 ・“Pop Aye”(シンガポール・タイ) 監督:Kirsten Tan
 出演:Thaneth Warakulnukroh、ペンパック・シリクン(Penpak Sirikul)、Bong
 物語:Thanaは建築家だが、彼の設計したビルの1つが取り壊され、新しいイメージのビルに取って代わられる。事務所の若い仲間たちによって、彼の出番は塞がれてしまう。妻のボーは、夫のことなど気にかける様子もなく、ショッピングしか興味がないように見える。幻滅したThanaだったが、バンコクのストリートで、象と出くわし、自分の子ども時代を思い出して、笑顔を取り戻す。興奮した彼は、象使いから、象を買って、生まれ故郷まで連れて行ってやろうと考える。バンコクから、タイを縦断して、Loeiまで、北東方向に300マイルの徒歩の旅。数十年前、子どものThanaは、そこで、みなしごの子牛と出会い、大好きだったアニメのキャラクターにちなんで、「ポパイ」と名づけたことも思い出す。急がず、便利さと無縁の、忘れがたいロード・トリップが始まる。
 シンガポールで育ち、現在はニューヨークを拠点としている女性監督Kirsten Tanの初監督長編。
 ほとんどのシーンで、Bongという象が「主役の象ポパイ役」を演じているが、実際の撮影には全部で3頭の象が使われた。
 サンダンス映画祭2017 脚本賞受賞。
 ロッテルダム国際映画祭2017 The VPRO big screen award受賞。
 ヴィリニュス国際映画祭2017出品。
 クリーヴランド国際映画祭2017出品。
 Netia Off Camera 国際インディペンデント映画祭2017 国際批評家連盟賞受賞。
 ロサンゼルス・アジアン・パシフィック映画祭2017 出品。
 シドニー映画祭2017出品。


 ・“The Great Buddha+(大佛普拉斯)”(台湾) 監督:Huang Hsin-Yao(黃信堯) [ワールド・プレミア]
 出演:レオン・ダイ、張少懷、陳竹昇(チェン・ジューション)、莊益掾A林美秀(リン・メイシュウ)
 物語:主人公は、崖っぷちの人生を生きる中年男性で、仏像工房に勤めている。彼は、友人とともに、ボスのベンツに取りつけられている車載カメラの映像を覗き見たせいで、ボスがぞっとするような殺人事件を犯したことを知ってしまう。彼は、低賃金ながらも、今の仕事を失うことを恐れて、警察には通報しないことに決める。
 2011年に“Taivalu”で台北電影節でグランプリと最優秀ドキュメンタリー賞を受賞したHuang Hsin-Yaoの、初の長編フィクション作品。2014年に発表した初のフィクション作品(短編)『偉大なる仏様』“The Great Buddha”の長編版。
 チョン・モンホンが製作と撮影(中島長雄として)を手がける。


 ・“Missing Johnny(強尼‧凱克)”(台湾) 監督:Huang Xi(黃熙) [ワールド・プレミア]
 出演:Lawrence Ko(柯宇綸/クー・ユールン)、Rima Zeidan(瑞瑪席丹)、ホアン・ユエン(Huang Yuan/黃遠)
 物語:ひとりの男性が家作りを手伝うが、彼は住所不定に見える。注意欠陥の少年がいて、毎日、母親に従って、教科ごとにテーブルでノートをつけている。オウムだけが友だちの孤独な女性がいて、見ず知らずの人から「ジョニーを捜している」という電話を受け取る。これら3人の人生が出会い、絡み合う。
 ホウ・シャオシェンがエグゼクティヴ・プロデューサー、ヤオ・ホンイー(Yao Hongyi/姚宏易)が撮影監督、リン・チャンとPoint Hsu(許志遠)が音楽を手がける。
 現代版『ミレニアム・マンボ』とも紹介されている。


 ・“Children Are Not Afraid of Death, Children Are Afraid of Ghosts(孩子不懼怕死亡,但是害怕魔鬼)”(中) 監督:Rong Guang Rong(榮光榮)
 貴州省の山村で、5歳から14歳の兄弟が、殺虫剤を飲んで集団自殺するという事件が起こる。ドキュメンタリーのフィルムメイカーRong Guang Rongは、どうしてこんなことが起こったのか、調べるために、現地に向かう。しかし、歓迎はされない。それどころか、逮捕されたり、脅されたり、追い払われたりする。それでも撮影を続けるうちに、彼は自分の恐怖心や記憶と向き合い、生き延びた子供たちや政府の役人と知り合い、組織的犯罪が行なわれていることを知る。
 北京インディペンデント映画祭2016出品。
 ロッテルダム国際映画祭2017 NETPAC賞受賞。
 全州国際映画祭2017 Expanded Cinema部門出品。


 ・“The Foolish Bird(笨鳥)”(中) 監督:ホアン・ジー(Huang Ji/黃驥)、大塚竜治 [アジア・プレミア]
 出演:ヤオ・ホングイ(Yao Honggui/姚紅貴)、Xiao Liqiao、Yao Fang、Huang Zifan
 物語:16歳のリンは、親に棄てられて、愛に飢えている。彼女は、地元の警察学校に入ろうとする一方で、借金せずに生きていくために、盗んだ携帯電話を売ったりする胡散臭いビジネスに関わったりもする。唯一の友人メイと連絡が取れなくなって、リンは、自分の人生がどんどんコントロールでいなくなっていくように感じて、脅え始める。彼女のような環境では、あらゆる場面にお金が関わってくる。腐敗と性的暴力とさまざまなニュー・メディアに取り囲まれて、彼女は、現在のラビリンスから抜け出る糸口を模索していく。
 『卵と石』“Egg and Stone(鶏蛋和石頭)”(2012/中)のホアン・ジー最新作。
 ベルリン国際映画祭2017 ジェネレーション14plus部門出品。グランプリ/国際審査員賞 スペシャル・メンション受賞。
 (香港国際映画祭2017出品。→上映取消)


 ・“Columbus”(米) 監督:kogonada
 物語:インディアナ州コロンビア。ケイシー(19)は、高校を卒業したばかりで、メタンフェタミン中毒と悪い男から抜け出そうとしている母親の面倒を見るために、自分の夢を諦めている。彼女は、図書館仕事ができれば幸せと自分につぶやいてみる。ジン(37)は、韓国生まれの建築家の息子で、文学の勉強を諦め、翻訳家になった。今は、昏睡中の父親のためにここにいる。ジンは、この1年は父親に話しかけることもなく、偽りの感情を見せることも気にしなくなっている。彼は、ただ待っている。ケイシーとジンは思いがけず出会い、プラトニックな関係を続ける。ジンの父親のアシスタントをしている学生は、ひそかに恋をしているが、それとは対照的だ。時が流れ、ケイシーとジンは、ためらいながらもお互いに心を開いていく。
 韓国生まれのアメリカ人フィルムメイカーkogonadaの、初監督作品。
 サンダンス映画祭2017 Next部門出品。
 ロッテルダム国際映画祭2017 タイガー・アワード コンペティション部門出品。
 ボストン・インディペンデント映画祭2017出品。審査員特別賞受賞。
 全州国際映画祭2017出品。
 シアトル国際映画祭2017出品。
 シャンゼリゼ映画祭2017出品。


 ・“Pendular”(ブラジル・アルゼンチン・仏) 監督:Júlia Murat [アジア・プレミア]
 物語:空っぽのロフト。ひとりの男が、オレンジ色のテープを床に貼っている。これは、境界線を示すためのもので、一方は、建築家である彼の仕事場になり、もう一方は、女性ダンサーのダンス・スタジオとなる。低い間仕切りで仕切られたキッチンとマットレスが、空間を「ホーム」に変える。彼らは、性的な情熱に悩んだり、友人たちとサッカーをしたり、パーティーをしたりするが、境界線は守られたままだ。そうすることが自分たちの創造力を高める手段でもあるかのように。やがて、彼は、自分の大きな彫刻で彼女のスペースを侵食し、彼女は、その彫刻を振付に利用する。互いへの親密さとライバル心によって、2人の関係は絶えず新しく更新されているように見える。ある日、彼女は、鋼索の末端を目撃する。ひとつのインスタレーションが外部へと続いていて、街中へと広がっていく。彼女は、鋼索のもう一方の端へと進んでいく。対する彼の方は、彼女の子どもが欲しいという欲望を募らせていた。
 ベルリン国際映画祭2017 パノラマ部門出品。国際批評家連盟賞受賞。
 シアトル国際映画祭2017 イベロ・アメリカ・コンペティション部門出品。


 ・“Mimosas”(西・モロッコ・仏・カタール) 監督:Oliver Laxe
 物語:キャラバン隊がモロッコ・アトラスを旅している。一行には、死にかけた長老がいて、彼はスーフィー教徒の長老の安息の地シジルマサで葬られたいと考えている。しかし、死は待ってくれない。山は恐ろしく、キャラバン隊は遺体とともに旅し続けることを拒む。同行していた2人のならず者SaidとAhmedは、道を知っていると言い、目的地まで遺体を届けられると請け負う。即興のキャラバン隊が組まれ、Shakibは、隊を助けて、山を行くミッションに選ばれる。
 監督のOliver Laxeは、2010年のカンヌ国際映画祭監督週間に“Todos Vós Sodes Capitáns”を出品して、国際批評家連盟賞を受賞。本作が第2監督長編。
 カンヌ国際映画祭2016 国際批評家週間出品。グランプリ受賞。
 モスクワ国際映画祭2016出品。
 カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭2016 アナザー・ビュー部門出品。
 メルボルン国際映画祭2016出品。
 トロント国際映画祭2016 WAVELENGTHS部門出品。
 ヨーロッパ映画賞2016 オフィシャル・セレクション。
 ニューヨーク映画祭2016出品。
 BFIロンドン映画祭2016 Journey部門出品。
 釜山国際映画祭2016 フラッシュ・フォワード部門出品。
 CPH:PIX 2016出品。
 ミンスク国際映画祭2016出品。Listapad Silver Award受賞。
 セビリヤ・ヨーロッパ映画祭2016 オフィシャル・セレクション出品。審査員特別賞受賞。
 カイロ国際映画祭2016 最優秀作品賞、男優賞(Shakib Ben Omar)受賞。
 ロッテルダム国際映画祭2017出品。
 リュミエール賞2017 フランス語映画賞ノミネート。
 カルタヘナ国際映画祭2017出品。
 ヴィリニュス国際映画祭2017出品。
 香港国際映画祭2017出品。
 ブエノスアイレス国際インディペンデント映画祭2017 アヴァンギャルド&ジャンル・コンペティション部門出品。最優秀長編賞 スペシャル・メンション受賞。


 ・“The Wound(Inxeba)”(南ア・独・オランダ・仏) 監督:John Trengove [アジア・プレミア]
 出演:Nakhane Touré、Bongile Mantsai、Niza Jay Ncoyini
 物語:Xolaniは、孤独な工場労働者で、町の男たちとともに、田舎の山村にティーンエイジャーの少年グループをスカウトしに行く。反抗的な少年が、Xolaniが頑なに守ってきた秘密、すなわち、禁断の愛を見つけた時、これまで知られなかったXolaniの実態が明らかになる。
 John Trengoveは、10年にわたってTV作品を手がけてきて、これが初監督長編。
 ベネチア国際映画祭2016 Final Cut Awards受賞。
 サンダンス映画祭2017出品。
 ベルリン国際映画祭2017 パノラマ部門オープニング作品。
 サラソータ映画祭2017 ナラティヴ長編作品コンペティション部門出品。
 Netia Off Camera 国際インディペンデント映画祭2017出品。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 【台北電影奨】(Taipei Film Festival Awards)

 ◆長編ナラティヴ部門(劇情長片/Narrative Features)

 ・“順雲(Cloudy)”(台湾) 監督:王明台(Ming-Tai Wang) [ワールド・プレミア]
 物語:山辺の港口。ここでは雨が降りやむことがない。隣人たちは、取り壊しに直面している。順雲は、60代で未婚だ。彼女は、ひとりで虚弱な母のすべての世話をしている。相互依存の関係は、だんだんと互いへの責め苦のようになっている風にも見える。ある日、順雲は、10代の押し込みグループに性的暴行を受ける。これはすべて母のためだった……。


 ・“コ布西森林(Forêt Debussy)”(台湾) 監督:郭承衢(Cheng Chui Kuo)
 出演:グイ・ルンメイ、陸弈靜(ルー・イーチン)
 物語:不毛な山中深く、母と娘が静かで孤立した暮らしをしている。娘は、やせていて、虚弱に見える。彼女は、自分自身のみじめな世界に閉じこもって、まわりの環境には全く反応しない。母は、守護天使のように、娘を守り、すべての世話をしている。ここで暮らす前、娘は、ピアニストをしていて、結婚して、息子もいた、ところが、夫と息子を失うという悲劇に見舞われた。母は、娘を連れて、山の中に引きこもる決心をする。ここなら誰にも見つけられることはないし、これが娘が生き延びるための唯一の方法だと信じたのだ。彼らは、何にも向き合うことがないのではなく、ずっと互いに向き合わなければならなくなった。彼らを取り囲む森と同じように。
 高雄電影節2016出品。
 ハワイ国際映画祭2016出品。
 台湾・金馬奨映画祭2016出品。


 ・“大佛普拉斯(The Great Buddha+)”(台湾) 監督:黃信堯(Huang Hsin-Yao) [ワールド・プレミア]

 ・“自畫像(The Last Painting)”(台湾) 監督:陳宏一(Hung-i Chen)
 物語:アパートの中、画家のスタジオで殺人事件が発見されるところから物語が始まる。4ヶ月前、政治活動をしている女子学生が画家とハウスメイトとなるべく、やってくる。画家もかつて政治活動をしていたが、すっかり身を引いていた。しかし、彼女は、まだ、幸福はコミュニティーのためにあると信じたかった。彼女の動機は何なのか? 大統領選挙の前日、彼女の注意は、政治活動から、彼女の中のもっと深いところで渦巻いていた何かにシフトする。彼女とブロンドのガールフレンドは、内なる秘密を共有している。一方で、画家とあるダンサーの関係に緊張が生じ始めていた。アートと政治、自覚、屈辱、嫉妬、性的アイデンティティー、罪と罰が悲劇的に絡み合う。「7」という数字に刮目せよ。
 ロッテルダム国際映画祭2017 The VPRO Big Screen Awardノミネート。


 ・“強尼‧凱克(Missing Johnny)”(台湾) 監督:黃熙(Huang Xi) [ワールド・プレミア]

 ・“川流之島(The River That All Flow By)”(台湾) 監督:・京霖(Ching-lin Chan)
 出演:尹馨(アイビー・イー)、鄭人碩(Rexen Cheng)、蔡祥
 物語:2013年、高速道路にeTagと呼ばれる新しい料金回収システムが導入され、料金所で働いていた人々は解雇される。中年男性のChia-wen(阿雯)もその1人だ。Chia-wen(阿雯)の場合、10代の息子が性的暴行を働いたとしてつかまったため、経済的負担はさらに増大する。試練の時を迎えて、Chia-wen(阿雯)は、Chih-hao(志豪)と出会う。彼女は、セックスと引き換えに彼を助けてくれるという。人生の岐路に立ち、Chia-wen(阿雯)は、次にどうしたらいいのかわからなくなる。
 2013年に短編“狀況排除(A Breath from the Bottom)”で台北電影奨監督賞を受賞している・京霖監督の最新作。


 ・『マンダレーへの道』“再見瓦城(The Road to Mandalay)”(ミャンマー・台湾・仏・独) 監督:ミディー・ジー(趙コ胤)
 物語:トラックが、密入国者を乗せて、夜の闇を走っている。近年、数百万のミャンマー人が、内戦を逃れ、仕事を求めて、不法にタイの国境を越えている。グオもそうした密入国者のひとりだったが、親切で正直者の彼は、自分のことを不法移民とは考えていなかった。ずっとタイにとどまるつもりはなかったし、軍隊を出て以来、考えていた計画もあった。タイで働いてお金を貯めたら、ミャンマーに帰って、幸せな人生を見つけるのだ。リャンチンは、美しく、強い意志を持った女性で、ミャンマーでの貧乏な暮らしから抜け出して、よりよい明るい未来を築きたいと考えていた。だが、彼女には労働許可書がなかった。労働許可書がないと、仕事が見つかっても、雇用主に搾取される恐れがあり、それが彼女を不安にした。こうして、同じ密入国者として、リャンチンとグオは、出会う。リャンチンはバンコクのレストランで皿洗いの仕事を見つけ、グオは郊外の繊維工場で働く。ところが、バンコクにも警察の捜査は及んで、リャンチンはレストランにいられなくなり、グオを頼って移動し、結局、同じ職場で働くことになる。2人の前途は険しい。たとえ2人が一緒に暮らしたいと考えたとしても、恐ろしい困難に耐えなければならない。
 ベネチア国際映画祭2016 ベネチア・デイズ部門出品。The FEDEORA Prizes作品賞受賞。
 トロント国際映画祭2016 CONTEMPORARY WORLD CINEMA部門出品。
 バンクーバー国際映画祭2016出品。
 釜山国際映画祭2016 アジア映画の窓部門出品。
 香港アジア映画祭2016出品。
 台湾・金馬奨2016 ピアジェ賞受賞。作品賞、監督賞、主演男優賞(柯震東)、主演女優賞(呉可熙)、脚本賞、美術賞ノミネート。
 シンガポール国際映画祭2016出品。
 ドバイ国際映画祭2016出品。
 ロッテルダム国際映画祭2017出品。
 ヨーテボリ国際映画祭2017出品。
 香港電影金像奨2017 中国・台湾映画賞ノミネート。


 ・“健忘村(The Village of No Return)”(中・台湾) 監督:チェン・ユーシュン
 出演:スー・チー、王千源(ワン・チェンユエン)、ジョセフ・チャン(張孝全)、エリック・ツァン、楊祐寧(Yo Yang)
 物語:昔々、人里離れた辺鄙な村。謎めいた道教の道士が人の記憶を消してくれる「忘憂神器」という機械を携えてやってくる。村民は、みんな、これを使って、自分の記憶を消す。忘れたい記憶を消し去り、「以後、みんな幸せに暮らしましたとさ」となるはずだったが、実は、これには、秘密の陰謀が隠されていた……。


 ・“白蟻-慾望謎網(White Ant)”(台湾) 監督:朱賢哲(Hsien-che Chu)
 物語:Bai Yideは、本屋で働く青年だが、女性の下着を盗んで、着たりする性癖を抱えている。ある日、彼は、彼の行動を盗撮したDVDを受け取り、不安になる。それを送ったのは、Bai Yideの母親のウェディング・ドレス・ショップで働いているJunhongで、たまたまBai Yideの秘密を知ったのだった。Bai Yideの不安が高まる一方で、彼の周辺にいる人々の多くが人に言えない秘密を抱えていることが明らかになる。
 20年以上ドキュメンタリーを撮ってきたChu Hsien-Che(朱賢哲)の、初のドラマ作品。
 釜山国際映画祭2016 ニュー・カレント部門出品。国際批評家連盟賞受賞。
 台湾・金馬奨2016 第1回作品賞ノミネート。
 シンガポール国際映画祭2016 アジア長編映画コンペティション部門出品。


 ・“目擊者(Who Killed Cock Robin)”(台湾) 監督:程偉豪(Wei-hao Cheng)
 出演:許瑋ィ(Tiffany Hsu)、柯佳嬿(アリス・クー)、莊凱(Cash Chuang)、李铭順(Christopher Lee Ming Shun)、李淳(Mason Lee)
 物語:9年前、ジャーナリストのHsiao-chi(小齊)は、山中の道路で、車の当て逃げ事故を目撃する。その夜は、嵐で、故障して止まっていた車に、もう一台の車が衝突し、そのまま逃げてしまったのだ。ぶつけられた方の男性運転手は直後に死亡し、同乗者の女性Hsu Ai-ting(徐愛婷)は昏睡状態になる。Hsiao-chiは、パニックになりながらも、当て逃げ車を写真に撮ったが、不鮮明だったので証拠としては採用されず、事件は立件されなかった。時が流れ、彼の中古車が事件に関係していることに気づく。それから彼は、長らく忘れられた事件の陰にある真実を探り出そうとする。しかし、事件の唯一の生き残りであるHsu Ai-tingが行方不明になる。やがて、想像もしていなかったダークな真実が暴かれ、彼の人生を脅かす……。
 台湾では、2017年3月31日に封切られて、2017年ナンバーワンヒットとなっている。


 ◆ドキュメンタリー部門(紀錄片)
 ・“K熊森林(Black Bear Forest)”(台湾) 監督:李香秀(Lee Hsiang-hsiu)
 ・“徐自強的練習題(Condemned Practice Mode)”(台湾) 監督:紀岳君(Chi Yueg-chun)
 ・“你找什麼?(Looking For?)”(台湾) 監督:周東彥(Chou Tung-yen)
 ・“曼菲(Manfei)”(台湾) 監督:陳懷恩(Chen Hyin-gen)
 ・“MATA─影像之初(MATA – The Island’s Gaze)”(台湾) 監督:鄭立明(Cheng Li-ming)
 ・“逐風少年(Ripples Apart)”(台湾) 監督:胡美芳(Hu Mei-fang)、福馬克(Mark Ford)
 ・“日常對話(Small Talk)”(台湾) 監督:黃惠偵(Huang Hui-chen)
 ・“媽媽和宗憲(The Mother and Her Son)”(台湾) 監督:施榮宗(Stephen Shih)
 ・“建設未完成(Unfinished Progress)”(台湾) 監督:林謙勇(Showtsai Lin)
 ・“灣生畫家-立石鐵臣(Wansei Painter−Tetsuomi Tateishi)”(台湾・日) 監督:郭亮吟(Kuo Liang-yin)、藤田修平

 “日常對話(Small Talk)”は、台湾・金馬奨2016ノミネート。ベルリン国際映画祭2017 パノラマ部門出品。テディー賞ドキュメンタリー部門 受賞。
 “灣生畫家-立石鐵臣(Wansei Painter−Tetsuomi Tateishi)”は、台湾国際ドキュメンタリー映画祭2016 Next Generation賞受賞。

 ◆短編部門(短片)
 ・『アーニー』“阿尼(Arnie)”(台湾) 監督:鄒隆娜(Rina B. Tsou)
 ・“亮亮與噴子(Babes’ Not Alone)”(台湾) 監督:鄒隆娜(Lee Yi-shan)
 ・“土地(Dxgal)”(台湾) 監督:蘇弘恩(Su Hung-en)
 ・“愛在世界末日(Love After Time)”(台湾) 監督:ヘンリー・ツァイ(蔡宗翰/Tsai Tsung-han)
 ・“(Our Base)”(台湾) 監督:吳季軒(Wu Chi-hsuan)
 ・“紫色紐約(Purple Days)”(台湾・米) 監督:曾駿堯(Kevin Chun-yao Tseng)
 ・“台北焦油(Spring Breeze Young Men)”(台湾) 監督:胡智凱(Hu Chih-kai)
 ・“迎向邊疆公路(Towards the Sun)”(台湾) 監督:王逸鈴(Wang Yi-ling)
 ・“鹹水雞的滋味(True Emotion Behind the Wall)”(台湾) 監督:チャン・ツォーチ(張作驥)
 ・“野潮(Wild Tides)”(台湾) 監督:呂柏勳(Lu Po-shun)

 『アーニー』は、カンヌ国際映画祭2016 国際批評家週間出品。高雄電影節2016 台湾奨受賞。台湾・金馬奨2016ノミネート。
 ヘンリー・ツァイは、『九月に降る風』の脚本家。これが3本目の監督作品。

 ◆アニメーション部門(動畫片)
 ・“20”(台湾) 監督:江居穎(Chiang Chu-ying)、羅芯(Lo Hsin)
 ・“然後呢(And Then)”(台湾・米) 監督:楊子新(Ynag Tzu-hsin)
 ・“回神(Back)”(台湾) 監督:吳コ淳(Wu De-chuen)
 ・“巴特(Bart)”(台湾) 監督:黃勻弦(Huang Yun-sian)
 ・“基石(Fundamental)”(台湾) 監督:邱士傑(Chiu Shih-chieh)
 ・“長島(Long Land)”(台湾) 監督:黃亮マ(Huang Liang-hsin)
 ・“阿雄與悉達多(A Shiung and Prince Siddhartha)”(台湾) 監督:康進和(Kung Gen-ho)
 ・“關於他的故事(Stories About Him)”(台湾) 監督:楊詠亘(Yang Yung-shen)
 ・“牆(WALL)”(台湾) 監督:周佳盈(Chou Chia-yin)
 ・“白色隧道(White Tunnel)”(日・台湾) 監督:簡嵐淇(Chien Lan-chi)、張晉維(Chang Chin-wei)

 “巴特(Bart)”と“白色隧道(White Tunnel)”は、台湾・金馬奨2016ノミネート。
 “白色隧道(White Tunnel)”は、クラクフ映画祭2017 インターナショナル短編コンペティション部門出品。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 インターナショナル・ニュー・タレント・コンペティションには、500本以上のエントリーがあって、その中から12作品が選出され、台北電影奨には293本のエントリーがあり、その中から40作品が選出されています。

 台北電影奨のノミニーは、5月16日のノミネーション発表の場に招待され、今年の映画祭のプレジデントであるリーピンビンから記念の「証書」(certificate)をそれぞれ手渡されています。

 ワールド・プレミアの“大佛普拉斯(The Great Buddha+)”と“強尼‧凱克(Missing Johnny)”の2本、および、“健忘村(The Village of No Return)”は、華文創(MandarinVison)の製作作品です。

 *この記事がなかなか参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・台北電影節2016 コンペティション部門ラインナップ:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201607/article_3.html
 ・台北電影節2016 インターナショナル・ニュー・タレント・コンペティション 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201607/article_7.html
 ・台北電影節2016 台北電影奨 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201607/article_19.html

 ・台北電影節2014 コンペティション部門ラインナップ:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201406/article_16.html
 ・台北電影節2014 インターナショナル・ニュー・タレント・コンペティション 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201407/article_3.html
 ・台北電影節2014 台北電影奨 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201407/article_17.html

 ・台北電影節2013 コンペティション部門ラインナップ:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201306/article_19.html
 ・台北電影節2013 インターナショナル・ニュー・タレント・コンペティション 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201307/article_4.html
 ・台北電影節2013 台北電影奨 結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201307/article_16.html

 ・台北電影節2012 インターナショナル・ニュー・タレント・コンペティション 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201207/article_9.html
 ・台北電影節2012 台北電影奨 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201207/article_15.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2017年2月〜2017年9月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201702/article_35.html

 追記:
 ・台北電影節2017 インターナショナル・ニュー・タレント・コンペティション部門 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201707/article_7.html
 ・台北電影節2017 台北電影奨 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201707/article_20.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
台北電影節2017 ラインナップ! 発見されるのを待っている映画がここにある! 海から始まる!?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる