海から始まる!?

アクセスカウンタ

zoom RSS カンヌ国際映画祭2017 コンペティション部門 星取表!

<<   作成日時 : 2017/05/18 18:37   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 第70回カンヌ国際映画祭 コンペティション部門の、フランスの媒体による星取表を書き出しておきます。

 媒体数は例年と同じで15媒体。評価は、×から★、★★、★★★、★★★★までの5段階評価で、媒体によっては未見・無評価(−)の作品もあります。

 評価が高い作品がそのままカンヌ国際映画祭で賞を与えられるということはありませんが、ここでの評価がその後の作品の評価に準ずるものであるということは言っていいかと思われます。

 星取表と受賞結果の関係、および、各媒体の傾向性などは、文末に【傾向と対策】としてまとめてあります。

画像

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 ・“You Were Never Really Here”(英・仏・米) 監督:リン・ラムジー
 フランス版プレミア:−
 La Croix:★
 スチュディオ・マガジン:★★
 ル・フィガロ:×
 カイエ・デュ・シネマ:★
 ル・モンド:ー
 ポジティフ:★★★★
 ル・パリジャン:★★★
 テレラマ:★★★
 Le Point:★★
 Inrockuptibles:★★
 Ouest france:★★
 L’OBS:★
 Le Journal du Dimanche:×
 L’Express:★★★★
 トータル:25 平均:1.92

 ・“120 Battements par minute (Beats Per Minute)”(仏) 監督:ロバン・カンピヨ
 フランス版プレミア:★★★★
 La Croix:★
 スチュディオ・マガジン:★★★
 ル・フィガロ:★
 カイエ・デュ・シネマ:★★
 ル・モンド:★★★
 ポジティフ:★★★
 ル・パリジャン:★★★
 テレラマ:★★★★
 Le Point:★
 Inrockuptibles:★★★
 Ouest france:★★★★
 L’OBS:★★★★
 Le Journal du Dimanche:★★★★
 L’Express:★★★★
 トータル:44 平均:2.93

 ・“Le Redoutable”(仏) 監督:ミシェル・アザナヴィシウス
 フランス版プレミア:★
 La Croix:★★★★
 スチュディオ・マガジン:★★★
 ル・フィガロ:★★
 カイエ・デュ・シネマ:★
 ル・モンド:★
 ポジティフ:★
 ル・パリジャン:★★
 テレラマ:★
 Le Point:★★★
 Inrockuptibles:★★
 Ouest france:★★★
 L’OBS:★★
 Le Journal du Dimanche:★★★
 L’Express:★★★★
 トータル:33 平均:2.2

 ・“L'Amant Double”(仏・ベルギー) 監督:フランソワ・オゾン
 フランス版プレミア:★
 La Croix:★★★
 スチュディオ・マガジン:★★
 ル・フィガロ:×
 カイエ・デュ・シネマ:×
 ル・モンド:★★
 ポジティフ:★★★
 ル・パリジャン:
 テレラマ:★★★
 Le Point:★★★
 Inrockuptibles:★
 Ouest france:★★★
 L’OBS:★
 Le Journal du Dimanche:★★
 L’Express:★
 トータル:25 平均:1.67

 ・『ロダン カミーユと永遠のアトリエ』“Rodin”(仏・ベルギー) 監督:ジャック・ドワイヨン
 フランス版プレミア:−
 La Croix:★
 スチュディオ・マガジン:★★★
 ル・フィガロ:★
 カイエ・デュ・シネマ:★★
 ル・モンド:★
 ポジティフ:★★★
 ル・パリジャン:★★★
 テレラマ:★★★
 Le Point:★
 Inrockuptibles:★★
 Ouest france:×
 L’OBS:★
 Le Journal du Dimanche:★★
 L’Express:★★★★
 トータル:27 平均:1.93

 ・“Happy End”(仏・独・オーストリア) 監督:ミヒャエル・ハネケ
 フランス版プレミア:★
 La Croix:★
 スチュディオ・マガジン:★
 ル・フィガロ:×
 カイエ・デュ・シネマ:×
 ル・モンド:×
 ポジティフ:★★★★
 ル・パリジャン:×
 テレラマ:★
 Le Point:★★
 Inrockuptibles:★★★
 Ouest france:★★★
 L’OBS:★★
 Le Journal du Dimanche:★
 L’Express:★
 トータル:20 平均:1.34

 ・“A Gentle Creature”(仏・オランダ・リトアニア) 監督:セルゲイ・ロズニタ(Sergei Loznitsa)
 フランス版プレミア:★★★★
 La Croix:★★
 スチュディオ・マガジン:×
 ル・フィガロ:×
 カイエ・デュ・シネマ:★
 ル・モンド:×
 ポジティフ:★★
 ル・パリジャン:★
 テレラマ:★★★★
 Le Point:×
 Inrockuptibles:★
 Ouest france:★★
 L’OBS:★
 Le Journal du Dimanche:★
 L’Express:★★★
 トータル:22 平均:1.47

 ・“Aus dem Nichts (In The Fade)”(独・仏) 監督:ファティ・アキン
 フランス版プレミア:×
 La Croix:★
 スチュディオ・マガジン:★★
 ル・フィガロ:★
 カイエ・デュ・シネマ:×
 ル・モンド:★
 ポジティフ:★
 ル・パリジャン:★★★★
 テレラマ:×
 Le Point:★
 Inrockuptibles:×
 Ouest france:★★★★
 L’OBS:×
 Le Journal du Dimanche:★★★
 L’Express:★
 トータル:19 平均:1.27

 ・“Felesleges ember (Jupiter's Moon)”(ハンガリー・独) 監督:コーネル・ムンドルッツォ
 フランス版プレミア:★
 La Croix:★
 スチュディオ・マガジン:★★★
 ル・フィガロ:×
 カイエ・デュ・シネマ:×
 ル・モンド:×
 ポジティフ:★★
 ル・パリジャン:★
 テレラマ:★★★
 Le Point:★
 Inrockuptibles:×
 Ouest france:★★
 L’OBS:×
 Le Journal du Dimanche:×
 L’Express:★★★
 トータル:17 平均:1.13

 ・“The Square”(スウェーデン・デンマーク・米・仏) 監督:リューベン・オストルンド
 フランス版プレミア:★★
 La Croix:★★★
 スチュディオ・マガジン:★
 ル・フィガロ:★★★★
 カイエ・デュ・シネマ:×
 ル・モンド:★★
 ポジティフ:★★★
 ル・パリジャン:★★★
 テレラマ:★★
 Le Point:★★
 Inrockuptibles:★★★
 Ouest france:★★
 L’OBS:×
 Le Journal du Dimanche:★★★
 L’Express:★★
 トータル:32 平均:2.13

 ・“Loveless(Нелюбовь/Nelyubov)”(ロシア・ベルギー・独・仏) 監督:アンドレイ・ズビャギンツェフ
 フランス版プレミア:★★★★
 La Croix:★★★★
 スチュディオ・マガジン:★★★
 ル・フィガロ:★★★
 カイエ・デュ・シネマ:★
 ル・モンド:★★★
 ポジティフ:★★★★
 ル・パリジャン:×
 テレラマ:★★★
 Le Point:★
 Inrockuptibles:★
 Ouest france:★
 L’OBS:★
 Le Journal du Dimanche:★★★
 L’Express:★
 トータル:33 平均:2.2

 ・“The Day After(그후/Geu-Hu)”(韓) 監督:ホン・サンス
 フランス版プレミア:−
 La Croix:★★
 スチュディオ・マガジン:★★★
 ル・フィガロ:★★
 カイエ・デュ・シネマ:★★★
 ル・モンド:★★
 ポジティフ:★★★
 ル・パリジャン:−
 テレラマ:★
 Le Point:−
 Inrockuptibles:★★
 Ouest france:★★
 L’OBS:★★
 Le Journal du Dimanche:★
 L’Express:×
 トータル:23 平均:1.92

 ・『光』“Hikari (Radiance)”(仏・日) 監督:河P直美
 フランス版プレミア:★★★★
 La Croix:★★★
 スチュディオ・マガジン:×
 ル・フィガロ:×
 カイエ・デュ・シネマ:★
 ル・モンド:★
 ポジティフ:★
 ル・パリジャン:★★★★
 テレラマ:×
 Le Point:★
 Inrockuptibles:★
 Ouest france:★★
 L’OBS:−
 Le Journal du Dimanche:★
 L’Express:★★
 トータル:21 平均:1.5

 ・“The Killing of a Sacred Deer”(英・米) 監督:ヨルゴス・ランティモス
 フランス版プレミア:×
 La Croix:★
 スチュディオ・マガジン:★★★★
 ル・フィガロ:★★★
 カイエ・デュ・シネマ:×
 ル・モンド:★★
 ポジティフ:×
 ル・パリジャン:★
 テレラマ:×
 Le Point:★★
 Inrockuptibles:×
 Ouest france:★★★
 L’OBS:★★
 Le Journal du Dimanche:★★
 L’Express:★★★
 トータル:23 平均:1.53

 ・“Okja(옥자)”(韓・米) 監督:ポン・ジュノ
 フランス版プレミア:★★
 La Croix:★
 スチュディオ・マガジン:★★★
 ル・フィガロ:×
 カイエ・デュ・シネマ:★★
 ル・モンド:★★★
 ポジティフ:★★
 ル・パリジャン:★★★
 テレラマ:×
 Le Point:★★
 Inrockuptibles:★
 Ouest france:★★★★
 L’OBS:★★★
 Le Journal du Dimanche:★
 L’Express:★★★
 トータル:30 平均:2.0

 ・“The Beguiled”(米) 監督:ソフィア・コッポラ
 フランス版プレミア:★★★
 La Croix:★★
 スチュディオ・マガジン:★★★
 ル・フィガロ:★★
 カイエ・デュ・シネマ:×
 ル・モンド:★★
 ポジティフ:★
 ル・パリジャン:★★
 テレラマ:★★
 Le Point:★★★
 Inrockuptibles:★
 Ouest france:★★
 L’OBS:★
 Le Journal du Dimanche:★★
 L’Express:★★
 トータル:28 平均:1.87

 ・“Good Time”(米) 監督:ベン&ジョシュア・サフディー
 フランス版プレミア:★★
 La Croix:×
 スチュディオ・マガジン:★★
 ル・フィガロ:×
 カイエ・デュ・シネマ:★★★★
 ル・モンド:★★★
 ポジティフ:★★
 ル・パリジャン:×
 テレラマ:★★
 Le Point:★
 Inrockuptibles:★★
 Ouest france:★★★
 L’OBS:★★★
 Le Journal du Dimanche:×
 L’Express:★★
 トータル:26 平均:1.73

 ・“The Meyerowitz Stories”(米) 監督:ノア・バームバック
 フランス版プレミア:★
 La Croix:★★
 スチュディオ・マガジン:★★★★
 ル・フィガロ:★★
 カイエ・デュ・シネマ:★
 ル・モンド:★★
 ポジティフ:★★
 ル・パリジャン:★
 テレラマ:★
 Le Point:★★
 Inrockuptibles:★★
 Ouest france:★
 L’OBS:★★
 Le Journal du Dimanche:★
 L’Express:★
 トータル:25 平均:1.67

 ・“Wonderstruck”(米) 監督:トッド・ヘインズ
 フランス版プレミア:−
 La Croix:★★★
 スチュディオ・マガジン:★★
 ル・フィガロ:★
 カイエ・デュ・シネマ:★
 ル・モンド:★★
 ポジティフ:★★★
 ル・パリジャン:★★★
 テレラマ:×
 Le Point:★★
 Inrockuptibles:★★★★
 Ouest france:★★★
 L’OBS:★★
 Le Journal du Dimanche:★
 L’Express:★
 トータル:28 平均:2.0

 
人気ブログランキングへ
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 【参考:その他の部門の作品】

 ・“Les fantômes d'Ismaël (Ismael's Ghosts)”(仏) 監督:アルノー・デプレシャン
 フランス版プレミア:★
 La Croix:★
 スチュディオ・マガジン:★★★
 ル・フィガロ:★★★
 カイエ・デュ・シネマ:★★
 ル・モンド:★
 ポジティフ:★★
 ル・パリジャン:★★
 テレラマ:★★★★
 Le Point:×
 Inrockuptibles:★★★★
 Ouest france:★★
 L’OBS:★★
 Le Journal du Dimanche:★★
 L’Express:★★
 トータル:31 平均:2.07

 ・“Barbara”(仏) 監督:マチュー・アマルリック
 フランス版プレミア:★
 La Croix:★★
 スチュディオ・マガジン:★★★
 ル・フィガロ:×
 カイエ・デュ・シネマ:★★
 ル・モンド:★★
 ポジティフ:★★
 ル・パリジャン:★★★★
 テレラマ:★★
 Le Point:−
 Inrockuptibles:★★★
 Ouest france:★★★
 L’OBS:−
 Le Journal du Dimanche:★★
 L’Express:−
 トータル:26 平均:2.36

 ・“Beauty and the Dogs(على كف عفريت /Aala Kaf Ifrit)”(チュニジア・仏・スウェーデン・レバノン・カタール) 監督:Kaouther Ben Hania
 La Croix:★
 スチュディオ・マガジン:★★
 テレラマ:★★
 Inrockuptibles:★

 ・“Lerd (Dregs)”(イラン) 監督:モハマド・ラスロフ(Mohammad Rasoulof)
 La Croix:★★★★
 スチュディオ・マガジン:★★★
 ル・フィガロ:★★
 ポジティフ:★★★

 ・『散歩する侵略者』“Before We Vanish”(日) 監督:黒沢清
 ポジティフ:★★★
 Inrockuptibles:★★★
 L’OBS:★

 ・“Wind River”(英・カナダ・米) 監督:テイラー・シェリダン
 フランス版プレミア:★★★
 スチュディオ・マガジン:★
 カイエ・デュ・シネマ:×
 Le Journal du Dimanche:★★★

 ・“L'Atelier (The Workshop)”(仏) 監督:ローラン・カンテ
 フランス版プレミア:★★
 La Croix:★★★
 スチュディオ・マガジン:★★★
 ル・フィガロ:★★
 カイエ・デュ・シネマ:★
 ル・モンド:★★★
 ポジティフ:★★★
 ル・パリジャン:★★★
 Inrockuptibles:★★★

 ・“Jeune Femme”(仏) 監督:Léonor Serraille
 La Croix:★★
 スチュディオ・マガジン:★★
 ル・フィガロ:★★★
 カイエ・デュ・シネマ:★★★
 ポジティフ:★★
 テレラマ:★★
 Inrockuptibles:★★★
 L’OBS:★

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 参考として、3人の監督が重なっている2014年の星取表のデータを書き出しておくことにします。(2003年、2007年、2011年、2012年も、それぞれ3人ずつ監督が重なっています。)

 ◆平均点

 ・『サンドラの週末』(仏・ベルギー) 監督:ジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ 平均:3.2
 ・『裁かれるは善人のみ』(ロシア) 監督:アンドレイ・ズビャギンツェフ 平均:3 脚本賞
 ・『禁じられた歌声』(仏・マリ) 監督:アブデラマン・シサコ 平均:3
 ・『Mommy/マミー』(仏・カナダ) 監督:グザヴィエ・ドラン 平均:2.786 審査員賞
 ・『雪の轍』(トルコ・独・仏) 監督:ヌリ・ビルゲ・ジェイラン 平均:2.714 パルムドール
 ・『フォックスキャッチャー』(米) 監督:ベネット・ミラー 平均:2.533 監督賞
 ・『サンローラン』(仏) 監督:ベルトラン・ボネロ 平均:2.333
 ・“The Homesman”(米) 監督:トミー・リー・ジョーンズ 平均:2.143
 ・『アクトレス〜女たちの舞台〜』(仏・スイス・独) 監督:オリヴィエ・アサイヤス 平均:2.083
 ・『ターナー、光に愛を求めて』“(英) 監督:マイク・リー 平均:1.933 男優賞、芸術貢献賞
 ・『マップ・トゥ・ザ・スターズ』(カナダ・米・仏・独) 監督:デイヴィッド・クローネンバーグ 平均:1.933 女優賞
 ・『人生スイッチ』(アルゼンチン・西) 監督:ダミアン・ジフロン 平均:1.929
 ・『ジミー、野を駆ける伝説』(英・アイルランド・仏) 監督:ケン・ローチ 平均:1.786
 ・『2つ目の窓』(日) 監督:河瀬直美 平均:1.769
 ・『さらば、愛の言葉よ』(スイス) 監督:ジャン=リュック・ゴダール 平均:1.538 審査員賞
 ・『白い沈黙』(カナダ) 監督:アトム・エゴヤン 平均:1.5
 ・『あの日の声を探して』(仏) 監督:ミシェル・アザナヴィシウス 平均:1.333
 ・『夏をゆく人々』(伊) 監督:アリーチェ・ロルヴァケル 平均:1.077 グランプリ

 ◆ ★★★★獲得作品

 ・『サンドラの週末』:8媒体
 ・『雪の轍』:5媒体 パルムドール
 ・『禁じられた歌声』:4媒体
 ・『Mommy/マミー』:4媒体 審査員賞
 ・『裁かれるは善人のみ』:3媒体 脚本賞
 ・『フォックスキャッチャー』:2媒体 監督賞
 ・『サンローラン』:2媒体
 ・“The Homesman”:1媒体
 ・『ターナー、光に愛を求めて』:1媒体 男優賞、芸術貢献賞
 ・『マップ・トゥ・ザ・スターズ』:1媒体 女優賞
 ・『ジミー、野を駆ける伝説』:1媒体
 ・『2つ目の窓』:1媒体
 ・『さらば、愛の言葉よ』:1媒体 審査員賞
 ・『白い沈黙』:1媒体

 ◆ ×獲得作品

 ・『さらば、愛の言葉よ』:4媒体 審査員賞
 ・『あの日の声を探して』:4媒体
 ・“The Homesman”:2媒体
 ・『ターナー、光に愛を求めて』:2媒体 男優賞、芸術貢献賞
 ・『人生スイッチ』:2媒体
 ・『白い沈黙』:2媒体
 ・『雪の轍』:1媒体 パルムドール
 ・『フォックスキャッチャー』:1媒体 監督賞
 ・『マップ・トゥ・ザ・スターズ』:1媒体 女優賞
 ・『ジミー、野を駆ける伝説』:1媒体
 ・『2つ目の窓』:1媒体

 2014年の審査員は、
 ジェーン・カンピオン(審査員長)、チョン・ドヨン、ジャ・ジャンクー、ガエル・ガルシア・ベルナル、キャロル・ブーケ、ソフィア・コッポラ、ウィレム・デフォー、レイラ・ハタミ、ニコラス・ウィンディング・レフン
 でしたが、かなり変則的な受賞結果で、メディアでの評価とは無関係に賞が与えられているように見え、実際に、圧倒的に評価の高かった『サンドラの週末』を完全に無視したことなどに対して、けっこう否定的な意見も出る受賞結果になっていました。

 賞の授与に関し、意識的にその意図を読み取ると、作品それ自体の相対的な評価ではなく、監督のキャリアを鑑みて、カンヌで賞を与えることの意味を十分理解した上での取捨選択だったのだろう、ということが考えられます。また、ゴダール作品をどう扱うかに対しても注目が集まっていたわけで(賞を与えないと、ゴダールをわかってないんじゃないかと疑われたりするし、かといってヘンに賞を与えることもできない。結果的にグザヴィエ・ドランと抱き合わせにして審査員賞を贈ることで、このジレンマをうまく切り抜けることができた)、こういう年は、メディアでの評価と受賞結果はあまり一致しないことになります。
 (ちなみに、2014年は、「Le Journal du Dimanche」が、比較的に審査結果に近い評価を与えているように見えます。)

 まあ、2014年の結果をもとに、受賞結果とメディアの評価との相関関係を見出すことはなかなか難しいので、ここでは、例年ここに書き出している「傾向と対策」をそのままコピペしておくことにします。今年は「傾向と対策」に沿った年になるか、変則的な年になるか、ちょっと予想がつきませんが。

 【星取表の傾向と対策】

 ・星取表の採点は、必ずしも受賞結果には反映されない。全体的に評価の高い作品に必ず賞が与えられるとは限らないし、どういう作品に賞が与えられるかには審査員の意向や好みによって大きく左右される。

 ・しかしながら、上位の賞(パルムドール、グランプリ)は、星取表の上位の作品に与えられることが多い。

 ・星取り平均が2.5以上の作品には賞が与えられやすい。

 ・作家主義的な作品に賞が与えられるようであれば、ル・モンドやInrockuptiblesの評価が参考になる。

 ・スチュディオ・マガジンは、フランス映画びいきなので、その評価は割り引いて考える必要がある。フランス版プレミアもかなりフランス寄り。

 ・L’OBSの評価はスチュディオ・マガジンに近い。

 ・ポジティフが積極的にアジア映画を評価しているのに対して、ル・フィガロはアジア映画を全く評価しない。

 ・平均点の高い作品より、絶賛評(★★★★)のある作品(好みの分かれる作品)に賞が与えられる場合もある。

 ・×があっても★★★★があれば上位の賞の受賞の可能性が残されているが、×があって、★★★★がない作品は上位入賞は難しい。

 ※媒体によっては年ごとに評者が異なる場合もあるので、媒体ごとの傾向性も年によって違う可能性があります。

 カンヌの星取表はずっと同じ15媒体でしたが、2016年に、「ユマニテ」と「Le Nouvel observateur」が抜けて、代わりに「ELLE」と「L’OBS」が加わり、2017年は「ELLE」が抜けて、「Le Point」が加わっています。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 *これでカンヌ国際映画祭の結果がますます楽しみになってきた!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 ・カンヌ国際映画祭2016 星取表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201605/article_21.html
 ・カンヌ国際映画祭2015 星取表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201505/article_10.html
 ・カンヌ国際映画祭2014 星取表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201405/article_26.html
 ・カンヌ国際映画祭2013 星取表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201305/article_26.html
 ・カンヌ国際映画祭2012 星取表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201205/article_15.html
 ・カンヌ国際映画祭2011 星取表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201105/article_9.html
 ・カンヌ国際映画祭2010 星取表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201005/article_22.html

 ・カンヌ国際映画祭2017 コンペティション部門 ラインナップ:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201704/article_22.html

 ・カンヌ国際映画祭2017 アウト・オブ・コンペティション部門、ある視点部門、特別招待作品、ミッドナイト・スクリーニング部門:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201704/article_23.html

 ・カンヌ国際映画祭2017 短編コンペティション部門、シネフォンダシオン部門 ラインナップ:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201704/article_18.html

 ・カンヌ国際映画祭2017 コンペ部門追加上映作品 +コンペ部門の傾向と受賞予想:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201704/article_40.html

 ・カンヌ国際映画祭2017 カンヌ・クラシック部門、ACID部門、他 ラインナップ:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201705/article_5.html

 ・カンヌ国際映画祭2017 監督週間 ラインナップ:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201704/article_29.html

 ・カンヌ国際映画祭2017 国際批評家週間 ラインナップ:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201704/article_30.html

 ・カンヌ国際映画祭2017 いくつかのメディアによる受賞予想:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201705/article_17.html

 ・カンヌ国際映画祭 部門別上映本数の推移 1995〜2016:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201705/article_21.html

 ・カンヌ国際映画祭の70年 Facts&Figures:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201705/article_25.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2017年2月〜2017年9月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201702/article_35.html

 追記:
 ・カンヌ国際映画祭2017 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201705/article_42.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
カンヌ国際映画祭2017 コンペティション部門 星取表! 海から始まる!?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる