海から始まる!?

アクセスカウンタ

zoom RSS ウーディネ・ファーイースト映画祭2017 受賞結果 『彼らが本気で編むときは、』が2冠

<<   作成日時 : 2017/04/30 13:52   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 第19回ウーディネ・ファーイースト映画祭(4月21日-29日)の各賞が発表になりました。

画像

 ◆観客賞(#‎FEFF19‬ AUDIENCE AWARDS)

 ◎第1位:『彼らが本気で編むときは、』“Close-Knit”(日) 監督:荻上直子

画像

 ◎第2位:“Split”(韓) 監督:Choi Kook-hee

 “Split(스플릿)”(韓) 監督:Choi Kook-hee
 出演:ユ・ジテ、イ・ジョンヒョン、David Lee、チョン・ヨンファ、クォン・ヘヒョ、Moon Young-Soo
 物語:チョルジョンは、かつては伝説的なプロボーラーだった。しかし、ひどい交通事故に遭って、プロとしてのキャリアを絶たれた。それから彼はボーリングの世界から離れていた。今、彼は、ジャンクヤードで働き、お金のために副業でボーリングをしていた。ヘジンは、ボーリング場を経営していたが、かなりの借金を抱えていた。彼女は、借金を返すことを期待して、チョルジュンのために試合を組む。チョルジュンが自閉症の若者ヨンフンを見つけた時、チョルジュンとヘジンの人生が変わる。ヨンフンは、ボーリングに無限の才能を秘めていたのだ。

画像

 ◎第3位:『ケチュンばあちゃん』“Canola”(韓) 監督:チャン(Chang)

 『ケチュンばあちゃん』“Canola(계춘할망)”(韓) 監督:チャン(Chang)
 出演:ユン・ヨジョン、キム・ゴウン、キム・ヒウォン、Shin Eun-Jung、ヤン・イクチュン、チェ・ミンホ、リュ・ジュニョル、Nam Tae-Boo
 物語:済州島で海女をしているケチュンおばあちゃんは、孫娘のヘジと一緒に暮らしていた。ところが、ある日、市場でヘジを見失う。どんなに捜しても見つからない。12年の時が流れ、突然ヘジが帰ってくる。しかし、ヘジはこの12年間に何があったのかは話そうとしない。2人で暮らすうち、ヘジはかつてのような明るさを取り戻していく。
 『ポイントブランク〜標的にされた男〜』のチャン監督の第3監督長編。
 東京国際映画祭2016 アジアの未来部門出品。
 大鐘賞2016 主演女優賞(ユン・ヨジョン)、新人男優賞(チェ・ミンホ)、新人女優賞(イ・スルビ)ノミネート。

画像

 ◆ブラック・ドラゴン観客賞(#‎FEFF19‬ BLACK DRAGON AUDIENCE AWARD)
 映画祭のパスBlack Dragonを持つメンバーの投票による観客賞。
 ◎『彼らが本気で編むときは、』“Close-Knit”(日) 監督:荻上直子

 ◆MY Movies 観客賞(#‎FEFF19‬ MY MOVIES AUDIENCE AWARD)
 ウェブ・サイトMYmoviesを通して、投票される観客賞。
 ◎『一念無明』“Mad World”(香港) 監督:ウィン・ジョン(黄進)

 『一念無明』“Mad World (一念無明/Yat Nim Mou Ming)”(香港) 監督:ウォン・ジョン(Wong Chun/黄進)
 出演:エリック・ツァン、ショーン・ユー
 物語:タンは、かつては成功したファイナンシャル・アナリストだった。躁鬱病を患い、数年の間、精神病院に入っていたが、退院させられてしまう。躁鬱病が治ったわけではない。かといって、神経衰弱で仕事を失った彼をまた使おうという者もいない。彼は、トラック運転手をしている父親の小さなアパートに向かう。父親は、よく香港から本土へと仕事ででかけていて、家にいることは少ない。タンは、やかましく、心が狭い隣人たちのされるがままになり、さらに過去の亡霊に悩まされるようになる。2人は、この閉所恐怖症的な空間の中で、目に見えない存在によって、窒息させられそうになる。
 トロント国際映画祭2016 DISCOVERY部門出品。
 香港アジア映画祭2016出品。
 台湾・金馬奨2016 助演女優賞(エレイン・ジン)、新人監督賞受賞。助演男優賞(エリック・ツァン)ノミネート。
 パームスプリングス国際映画祭2017出品。
 香港電影評論学会大奨2017 監督賞、脚本賞受賞。
 大阪アジアン映画祭2017出品。
 香港映画監督組合賞2017 新人監督賞受賞。
 アジア映画賞2017 助演女優賞(エレイン・ジン)ノミネート。
 香港電影金像奨2017 助演男優賞(エリック・ツァン)、助演女優賞(エリン・ジン)、新人監督賞受賞。主演男優賞(ショーン・ユー)、助演女優賞(チャーメイン・フォー)、脚本賞、オリジナル作曲賞ノミネート。
 香港国際映画祭2017 観客賞受賞。
 サンフランシスコ国際映画祭2017出品。


 ◆生涯貢献賞(Golden Mulberry for Lifetime Achievement Awards)
 ◎フォン・シャオガン

画像

 ◎エリック・ツァン

画像

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 【ファーイースト・コスプレ・コンテスト2017】(Far East Cosplay Contest 2017)

画像

 ◆最優秀イタリア・ファーイースト・コスプレイヤー(男性)(Best Italian Far East Cosplayer (Maschile))
 ◎Amedeo Tiozzo コスチューム:クッパ(Bowser)(『スーパーマリオブラザーズ』)

画像

 ◆最優秀イタリア・ファーイースト・コスプレイヤー(女性)(Best Italian Far East Cosplayer (Femminile))
 ◎Gloria Boscolo Camiletto コスチューム:La Sposa Di Habaek(하백의 신부/ Habaek Eui Sinbu)

画像

 ◆ビデオゲーム・コスチューム賞(Miglior Costume Videogame)
 ◎Carlo Visintini コスチューム:ヴァリアン・リン(『World of Warcraft』)

 ◆演出賞(Miglior realizzazione)
 ◎Carlo Ingrassia コスチューム:孫悟空(Sunwukong)(『西遊記(Il Viaggio in Occidente)』)

画像

 ◆懐かしのコスプレイヤー賞(Best Cosplayer Nostalgia)
 ◎Piero Magoga コスチューム:デューク・フリード(Actarus)(『UFOロボ グレンダイザー(Goldrake)』)

画像

 ◆アレンジ賞(Premio interpretazione)
 ◎Alessia Vreck、Francesca Vreck、Irene Seulgi コスチューム:Kポップ・グループ(Gruppo K-Pop)

 ◆がんばったで賞(Premio simpatia)
 ◎Samuel Biancuzzi (コスチューム:パックマン)、Gianni Luca Biancuzzi (コスチューム:アカベエ(Blinky)) コスチューム:『パックマン』

画像

 ◆体形賞(Premio Physique du Role)
 ◎Carlos-Luciano Moscheri コスチューム:ポルコ・ロッソ

画像

 ◆CNCセレクション(Selezionato CNC)
 ◎Amedeo Tiozzo

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 “Udine”の日本語表記に関しては、「ウーディネ」と「ウディネ」が混在していますが、今回、一気に「ウディネ」にシフトしたように感じますね。

 *この記事がなかなか参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・ウーディネ・ファーイースト映画祭2017 ラインナップ:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201704/article_20.html

 ・上戸彩 & 斎藤工 @ ウーディネ・ファーイースト映画祭2017: http://umikarahajimaru.at.webry.info/201704/article_36.html

 ・ウーディネ・ファーイースト映画祭2017 日本人ゲスト PHOTO GALLERY:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201704/article_38.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2017年2月〜9月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201702/article_35.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ウーディネ・ファーイースト映画祭2017 受賞結果 『彼らが本気で編むときは、』が2冠 海から始まる!?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる