海から始まる!?

アクセスカウンタ

zoom RSS 百想芸術大賞2017 映画部門 ノミネーション

<<   作成日時 : 2017/04/09 02:01   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 第53回百想芸術大賞のノミネーションが発表されました。(4月7日)

 【百想芸術大賞】

 百想芸術大賞は、映画部門とテレビ部門があるメディア賞で、映画賞としては、大鐘賞、青龍映画賞に次ぐ歴史を持つ賞で(創設は1965年で、スタート時の名称は韓国演劇映画芸術大賞)、現在は日刊スポーツ(中央日報)が主催しています。審査は、主催者が各部門に5名ずつ選んだ審査員によって行なわれ、「人気賞」のみファン投票によって選ばれます。

 対象期間は、大鐘賞や青龍映画賞と数ヶ月のズレがあって、本年度は前年の4月14日から当年の3月末までに公開/放映された作品が対象になっています。

 近年の結果は―

 第52回映画部門大賞:“DONGJU; The Portrait of A Poet(동주/東柱)” 監督:イ・ジュンイク
 第52回映画部門作品賞:『暗殺』 監督:チェ・ドンフン
 第52回映画部門監督賞:リュ・スンワン 『ベテラン』

 第51回映画部門大賞:チェ・ミンシク 『バトル・オーシャン 海上決戦』
 第51回映画部門作品賞:“Revivre(화장)” 監督:イム・グォンテク
 第51回映画部門監督賞:キム・ソンフン 『最後まで行く』

 第50回映画部門大賞:ソン・ガンホ 『弁護人』
 第50回映画部門作品賞:『弁護人』 監督:ヤン・ウソク
 第50回映画部門監督賞:ポン・ジュノ 『スノーピアサー』

 第49回映画部門大賞:リュ・スンリョン 『7番房の奇跡』
 第49回映画部門作品賞:『王になった男』 監督:チュ・チャンミン
 第49回映画部門監督賞:チュ・チャンミン 『王になった男』

 第48回映画部門大賞:ユン・ジョンビン 『悪いやつら』
 第48回映画部門作品賞:『折れた矢』 監督:チョン・ジヨン
 第48回映画部門監督賞:ピョン・ヨンジュ(변영주) 『火車 HELPLESS』

 第47回映画部門大賞:イ・ビョンホン 『悪魔を見た』
 第47回映画部門作品賞:『アジョシ』 監督:イ・ジョンボム
 第47回映画部門監督賞:イ・チャンドン 『ポエトリー アグネスの詩』

 第46回映画部門大賞:ユン・ジェギュン 『TSUNANI-ツナミ-』
 第46回映画部門作品賞:『国家代表!?』 監督:キム・ヨンファ
 第46回映画部門監督賞:チャン・フン 『義兄弟 SECRET OF UNION』

 第45回映画部門大賞:カン・ウソク 『カン・チョルジュン/公共の敵1-1』
 第45回映画部門作品賞:『慶祝!私たちの愛』(日本未公開) 監督:オ・ジョムギュン
 第45回映画部門監督賞:イ・ユンギ 『素晴らしい一日』

 第44回映画部門大賞:ナ・ホンジン 『チェイサー』
 第44回映画部門作品賞:『私たちの生涯最高の瞬間』 監督:イム・スルレ
 第44回映画部門監督賞:イ・チャンドン(『シークレット・サンシャイン』)

 という風になっています。

 韓国の他の映画賞が、一般の観客を反映させる方向にあるのに対して、百想芸術大賞は、あくまで審査員のチョイスと一般観客のチョイスをきっちりと分けているということ、そして、その審査員がたった5人であること、基本的にはキャスト中心の賞であること、というのが、この賞の特徴ということができるでしょうか。
 審査員の数が少ないということは、その少ない審査員の好みによって、審査結果に大いに偏りが出るということで、近年の受賞結果を見ても、ややそういう傾向が窺えるように思います。

 ちなみに、過去には、『ディープ・ブルー・ナイト』、『キルソドム』、『アダダ』、『われらの歪んだ英雄』、『太白山脈』、『シュリ』、『春香伝』、『リベラ・メ』、『公共の敵』、『おばあちゃんの家』、『シルミド』、『マラソン』、『王の男』、『タチャ イカサマ師』などを大賞に選んでいます(大鐘賞や青龍映画賞がパク・チャヌクやキム・ギドク、ポン・ジュノの作品を最優秀作品に選んだりしているのに比べると、こちらはそれらより若干保守的と言えるかもしれません。)

 本年度は、なぜかスケージュールが1か月近く前倒しになっています。(大統領選の本番前に授賞式まで済ませておきたかったということでしょうか)
 今年のノミネーションは以下の通りです。

画像

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 【映画部門】

 ◆作品賞(작품상)
 ・『哭声/コクソン』
 ・“The Age of Shadows(밀정/密偵)”
 ・『新感染 ファイナル・エクスプレス』
 ・『お嬢さん』
 ・『アシュラ』

 韓国映画評論家協会賞2016では、“The Age of Shadows(밀정/密偵)”が受賞。
 青龍映画賞2016と大鐘賞2016では、『インサイダーズ/内部者たち』が受賞。
 釜山映画評論家協会賞2016では、『荊棘(ばら)の秘密』が大賞受賞。

 ◆監督賞(감독상)
 ・キム・ソンス 『アシュラ』
 ・キム・ジウン “The Age of Shadows(밀정/密偵)”
 ・ナ・ホンジン 『哭声/コクソン』
 ・パク・チャヌク 『お嬢さん』
 ・ホン・サンス 『あなた自身とあなたのこと』

 釜日映画賞2016では、イ・ジュンイクが“DONGJU; The Portrait of A Poet(동주/東柱)”で受賞。
 韓国映画評論家協会賞2016では、イ・ギョンミが『荊棘(ばら)の秘密』でが受賞。
 青龍映画賞2016では、ナ・ホンジンが受賞。
 大鐘賞2016では、ウ・ミンホが『インサイダーズ/内部者たち』で受賞。

 ◆主演男優賞(남자 최우수 연기상)
 ・クァク・ドウォン 『哭声/コクソン』
 ・ソン・ガンホ “The Age of Shadows(밀정/密偵)”
 ・ユ・ヘジン “Luck-Key(럭키)”(監督:이계벽(イ・ゲビョク))
 ・イ・ビョンホン 『MASTER マスター』(監督:チョ・ウィソク)
 ・ハ・ジョンウ 『トンネル 闇に鎖(とざ)された男』

 百想芸術大賞2016、釜日映画賞2016、韓国映画評論家協会賞2016(男優賞)、青龍映画賞2016、大鐘賞2016すべてで、イ・ビョンホンが『インサイダーズ/内部者たち』で受賞。
 釜山映画評論家協会賞2016では、チョン・ウソンが『アシュラ』で男性演技者賞受賞。

 ◆主演女優賞(여자 최우수 연기상)
 ・キム・ミニ 『お嬢さん』
 ・キム・ヘス “Goodbye Single(굿바이 싱글/グッバイ・シングル)”(監督:キム・テゴン(김태곤))
 ・ソン・イェジン 『ラスト・プリセンス 大韓帝国最後の皇女』
 ・ユン・ヨジョン “The Bacchus Lady(죽여주는 여자/殺してあげる女)”(監督:Je-yong Lee(이재용))
 ・ハン・イェリ “Worst Woman(최악의 하루)”(監督:キム・ジョングァン)

 ソン・イェジンは、『荊棘(ばら)の秘密』により、釜日映画賞2016と韓国映画評論家協会賞2016で主演女優賞受賞、釜山映画評論家協会賞2016でも女性演技者賞受賞。大鐘賞2016では『ラスト・プリセンス 大韓帝国最後の皇女』により主演女優賞受賞。
 青龍映画賞2016では、キム・ミニが『お嬢さん』で主演女優賞受賞。

 ◆助演男優賞(남자 조연상)
 ・キム・ウィソン 『新感染 ファイナル・エクスプレス』
 ・マ・ドンソク 『新感染 ファイナル・エクスプレス』
 ・ペ・ソンウ(배성우) “The King(더킹)”(監督:ハン・ジェリム)
 ・オム・テグ(엄태구) “The Age of Shadows(밀정/密偵)”
 ・チョ・ジヌン 『お嬢さん』

 釜日映画賞2016では、キム・ウィソンが『新感染 ファイナル・エクスプレス』で受賞。
 青龍映画賞2016では、國村隼が『哭声/コクソン』で受賞。
 大鐘賞2016では、オム・テグが“The Age of Shadows(밀정/密偵)”で受賞。

 ◆助演女優賞(여자 조연상)
 ・김소진 “The King(더킹)”
 ・ラ・ミラン 『ラスト・プリセンス 大韓帝国最後の皇女』
 ・ペ・ドゥナ 『トンネル 闇に鎖(とざ)された男』
 ・チョン・ウヒ 『哭声/コクソン』
 ・ハン・ジミン “The Age of Shadows(밀정/密偵)”

 釜日映画賞2016でも青龍映画賞2016でも、パク・ソダムが『プリースト 悪魔を葬る者』で受賞。
 大鐘賞2016では、ラ・ミランが『ラスト・プリセンス 大韓帝国最後の皇女』で受賞。

 ◆新人男優賞(남자 신인 연기상)
 ・ド・ギョンス “My Annoying Brother(형/兄貴)”(監督:권수경(クォン・スギョン))
 ・류준열(リュ・ジュニョル) “The King(더킹)”
 ・ウ・ドファン 『MASTER マスター』
 ・チ・チャンウク(지창욱) “Fabricated City(조작된 도시)”(監督:박광현(パク・クァンヒョン))
 ・ハン・ジェヨン “New Trial(재심/再審)”(監督:キム・テユン)

 釜日映画賞2016では、태인호(テ・インホ)が“Shadow Island(영도)”で新人男性演技賞受賞。
 韓国映画評論家協会賞2016では、該当者なし。
 青龍映画賞2016では、パク・ジョンミン(박정민)が“DONGJU; The Portrait of A Poet(동주/東柱)”で受賞。
 大鐘賞2016では、정가람(チョン・カラム)が“4th Place(4등/4等)”で受賞。

 ◆新人女優賞(여자 신인 연기상)
 ・キム・テリ 『お嬢さん』
 ・キム・ファヒ 『哭声/コクソン』
 ・ユナ “Confidential Assignment(공조)”(監督:キム・ソンフン)
 ・イ・サンヒ 『恋物語』
 ・チェ・スイン 『私たち』

 釜日映画賞2016でも、青龍映画賞2016でも、釜山映画評論家協会賞2016でも、キム・テリが『お嬢さん』で受賞。
 韓国映画評論家協会賞2016では、정하담(チョン・ハダム)が“Steel Flower(스틸플라워)”で受賞。
 大鐘賞2016では、キム・ファヒが『哭声/コクソン』で受賞。

◆脚本賞
 ・キム・ソンス 『アシュラ』
 ・ナ・ホンジン 『哭声/コクソン』
 ・이지민(イ・ジミン)、박종대(パク・ジョンデ) “The Age of Shadows(밀정/密偵)”
 ・パク・チャヌク、チョン・ソギョン 『お嬢さん』
 ・ユン・ガウン 『私たち』

 釜日映画賞2016でも、韓国映画評論家協会賞2016でも、青龍映画賞2016でも、釜山映画評論家協会賞2016でも、“DONGJU; The Portrait of A Poet(동주/東柱)”が受賞。
 大鐘賞2016では、ウ・ミンホが『インサイダーズ/内部者たち』で受賞。

 ◆新人監督賞(신인 감독상)
 ・ヨン・サンホ 『新感染 ファイナル・エクスプレス』
 ・ユン・ガウン 『私たち』
 ・イ・ヨソプ “The Queen of Crime(범죄의여왕/犯罪の女王)”
 ・이주영(イ・ジュヨン) “A Single Rider(싱글라이더)”
 ・イ・ヒョンジュ 『恋物語』

 釜日映画賞2016でも、韓国映画評論家協会賞2016でも、青龍映画賞2016でも、ユン・ガウンが『私たち』で受賞。
 釜山映画評論家協会賞2016では、イ・ヨソプ(이요섭)が“The Queen of Crime(범죄의여왕/犯罪の女王)”で受賞。
 大鐘賞2016では、Cho Jung-rae(조정래)が“귀향(帰郷)”で受賞。

 ◆男性人気賞(남자 인기상) (4月8日現在)
 1.ド・ギョンス “My Annoying Brother(형/兄貴)” 50.67%
 2.ジニョン “A Stray Goat(눈발)”(監督:조재민(チョ・ジェミン)) 31.05%
 3.リュ・ジュンヨル “The King(더킹)” 8.19%
 4.チ・チャンウク(지창욱) 조작된도시“Fabricated City(조작된 도시)” 6.73%
 5.シウミン 『キム・ソンダル 大河を売った詐欺師たち』 1.65%
 6.ヒュンビン “Confidential Assignment(공조)” 0.77%
 7.キム・ナムギル “Pandora(판도라)”(監督:Park Jung-Woo(박정우)) 0.25%
 8.イ・ビョンホン 『MASTER マスター』 0.16%
 9.ハ・ジョンウ 『トンネル 闇に鎖(とざ)された男』 0.15%
 10.チョ・インソン “The King(더킹)” 0.11%
 11.キム・ウビン 『MASTER マスター』 0.04%
 12.カン・ハヌル “New Trial(재심/再審)” 0.02%
 13.マ・ドンソク 『新感染 ファイナル・エクスプレス』 0.02%
 14.ユ・ヘジン “Luck-Key(럭키)” 0.02%
 15.チョンウ “New Trial(재심/再審)” 0.01%
 16.チョン・ウソン “The King(더킹)” 0.01%
 17.クァク・ドウォン 『哭声/コクソン』
 18.BAE SUNG WOO “The King(더킹)”
 19.ソン・ガンホ “The Age of Shadows(밀정/密偵)”
 20.ファン・ジョンミン 『哭声/コクソン』

 ◆女性人気賞(여자 인기상)
 1.ユナ “Confidential Assignment(공조)” 91.88%
 2.キム・ミニ 『お嬢さん』 3.73%
 3.アン・ソヒ “A Single Rider(싱글라이더)” 2.56%
 4.キム・テリ 『お嬢さん』 0.84%
 5.ハン・ジミン “The Age of Shadows(밀정/密偵)” 0.37%
 6.キム・ファンヒ 『哭声/コクソン』 0.28%
 7.コ・アラ 『探偵ホン・ギルドン 消えた村』 0.08%
 8.ソン・イェジン 『ラスト・プリセンス 大韓帝国最後の皇女』덕혜옹주 0.05%
 9.ヨン・ユジョン “The Bacchus Lady(죽여주는 여자/殺してあげる女)” 0.04%
 10.ハン・イェリ “Worst Woman(최악의 하루)” 0.04%
 11.キム・ヘス “Goodbye Single(굿바이 싱글/グッバイ・シングル)” 0.02%
 12.ペ・ドゥナ 『トンネル 闇に鎖(とざ)された男』 0.01%
 13.チョン・ユミ 『新感染 ファイナル・エクスプレス』 0.01%
 14.チョン・ウヒ 『哭声/コクソン』 0.01%
 15.キム・ヘスク 『お嬢さん』
 16.ラ・ミラン 『ラスト・プリセンス 大韓帝国最後の皇女』
 17.ソ・イェジ “Another Way(다른 길이 있다)”(監督:조창호(チョ・チャンホ))
 18.スエ “Run Off(국가대표2)”(監督:김종현(キム・ジョンヒョン))
 19.シム・ウンギョン “Queen of Walking(걷기왕)”(監督:Baek Seung Hwa(백승화))
 20.オム・ジウォン “Missing(미씽:사라진여자)”(監督:이언희(イ・オンヒ))

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 主な作品ノミネート状況は、以下の通り。

 ・『哭声/コクソン』(10):作品・監督・主演男優・助演女優・新人女優・脚本・男性人気・男性人気・女性人気・女性人気
 ・『お嬢さん』(9):作品・監督・主演女優・助演男優・新人女優・脚本・女性人気・女性人気・女性人気
 ・“The Age of Shadows(밀정/密偵)”(8):作品・監督・主演男優・助演男優・助演女優・脚本・男性人気・女性人気
 ・『新感染 ファイナル・エクスプレス』(6):作品・助演男優・助演男優・新人監督・男性人気・女性人気
 ・“The King(더킹)”(6):助演男優・助演女優・新人男優・男性人気・男性人気・男性人気
 ・『トンネル 闇に鎖(とざ)された男』(4):主演男優・助演女優・男性人気・女性人気
 ・『ラスト・プリセンス 大韓帝国最後の皇女』(4):主演女優・助演女優・女性人気・女性人気
 ・『MASTER マスター』(3):主演男優・新人男優・男性人気
 ・“New Trial(재심/再審)”(3):新人男優・男性人気・男性人気
 ・“Confidential Assignment(공조)”(3):新人女優・男性人気・女性人気
 ・『私たち』(3):新人女優・脚本・新人監督
 ・『アシュラ』(2):作品・監督・脚本
 ・“Luck-Key(럭키)”(2):主演男優・男性人気
 ・“The Bacchus Lady(죽여주는 여자/殺してあげる女)”(2):主演女優・女性人気
 ・“Worst Woman(최악의 하루)”(2):主演女優・女性人気
 ・“Goodbye Single(굿바이 싱글/グッバイ・シングル)”(2):主演女優・女性人気
 ・“My Annoying Brother(형/兄貴)”(2):新人男優・男性人気
 ・“Fabricated City(조작된 도시)”(2):新人男優・男性人気
 ・『恋物語』(2):新人女優・新人監督
 ・“A Single Rider(싱글라이더)”(2):新人監督・女性人気

 おそらく、『哭声/コクソン』と『お嬢さん』と“The Age of Shadows(밀정/密偵)”と『新感染 ファイナル・エクスプレス』の4つ巴になると思われますが、この4作品がぶつかり合うのは青龍映画賞以来となります。

 米国アカデミー賞2017外国語映画賞韓国代表に選ばれた“The Age of Shadows(밀정/密偵)”と、国外で圧倒的な評価を受けながら国内では作品賞も監督賞も全く受賞していない『お嬢さん』。パク・チャヌクとキム・ジウンは1歳違いで、ナ・ホンジンとヨン・サンホはそのひとまわり年下です。

 これまでの流れでいうと、大賞と作品賞と監督賞はそれぞれ異なる作品に与えられるはずで、順当であればこれら4作品のうちの3つで分け合うような気もしますが、やや保守的な百想芸術大賞であってみれば、『お嬢さん』は外され、『新感染 ファイナル・エクスプレス』は新人監督賞を落としどころにされて、意外な伏兵が賞をさらっていくかもしれません。(国内と国外の評価の差を埋めるならここらで『お嬢さん』に大賞か作品賞を与えてもいいような気もしますが。)
 ちなみに、パク・チャヌクは、『JSA』で監督賞を受賞し、『オールド・ボーイ』で作品賞と監督賞を受賞。ナ・ホンジンは、『チェイサー』で大賞と新人監督賞を受賞。キム・ジウンは、自身は百想芸術大賞に縁はありませんが、『悪魔を見た』でイ・ビョンホンに大賞をもたらしています。

 映画部門の男性人気賞と女性人気賞は、今年も投票1日目で、ほぼ結果は出てしまったようです。男性人気賞はまだ逆転の目はなくもなさそうですが、女性人気賞はもう無理そうです。

 受賞結果の発表は、5月3日です。

 *この記事がなかなか参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・ワイルドフラワー映画賞2017 ノミネーション: http://umikarahajimaru.at.webry.info/201704/article_9.html

 ・大鐘賞2016 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201612/article_61.html
 ・大鐘賞 2016 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201612/article_95.html

 ・釜山映画評論家協会賞2016:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201612/article_6.html

 ・青龍映画賞2016 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201611/article_13.html
 ・青龍映画賞2016 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201611/article_45.html

 ・韓国映画評論家協会賞2016:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201610/article_39.html

 ・釜日映画賞2016:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201610/article_18.html

 ・百想芸術大賞2016 映画部門ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201605/article_4.html
 ・百想芸術大賞2016 テレビ部門 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201605/article_5.html
 ・百想芸術大賞2016 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201606/article_1.html

 ・百想芸術大賞2015 映画部門ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201505/article_1.html
 ・百想芸術大賞2015 テレビ部門ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201505/article_2.html
 ・百想芸術大賞2015 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201505/article_24.html

 ・百想芸術大賞2014 映画部門ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201404/article_33.html
 ・百想芸術大賞2014 TV部門ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201404/article_34.html
 ・百想芸術大賞2014 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201405/article_38.html

 ・百想芸術大賞2013 映画部門ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201304/article_15.html
 ・百想芸術大賞2013 TV部門ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201304/article_16.html
 ・百想芸術大賞2013 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201305/article_15.html

 ・百想芸術大賞2012 映画部門ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201203/article_14.html
 ・百想芸術大賞2012 テレビ部門ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201203/article_15.html
 ・百想芸術大賞2012 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201205/article_1.html

 ・百想芸術大賞2011:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201105/article_25.html

 ・百想芸術大賞2010:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201004/article_4.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2017年2月〜2017年9月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201702/article_35.html

 追記:
 ・百想芸術大賞2017 テレビ部門 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201704/article_12.html

 ・百想芸術大賞2017 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201705/article_4.htm

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
百想芸術大賞2017 映画部門 ノミネーション 海から始まる!?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる