海から始まる!?

アクセスカウンタ

zoom RSS グアダラハラ国際映画祭2017 受賞結果 【中南米映画最前線】

<<   作成日時 : 2017/04/01 02:38   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 第32回グアダラハラ国際映画祭(3月10日-17日)の受賞結果です。

 グアダラハラ国際映画祭というのは、メキシコのグアダラハラで毎年3月に開催される映画祭で、ラテン・アメリカ映画を上映する映画祭として世界でも重要な映画祭の1つであり、特にメキシコ映画に関しては、新作映画のショーケースという機能も果たしています。

 上映部門には、コンペティション部門と非コンペティション部門があり、コンペティション部門には、イベロアメリカ映画の長編フィクション、ドキュメンタリー、短編映画、短編アニメーション、メキシコ映画の長編映画、LGBT部門という6つの部門があります。

 過去の受賞作には、『火の山のマリア』(イベロアメリカ映画部門監督賞)や『悲しみのミルク』(イベロアメリカ映画部門作品賞)、『あなたになら言える秘密のこと』(イベロアメリカ映画部門監督賞)などがあります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 【メキシコ長編映画コンペティション部門】(Mezcal Award)

 ・“Anadina”(メキシコ) 監督:Raúl Fuentes [ワールド・プレミア]
 ・“Los años azules(The Blue Years)”(メキシコ) 監督:Sofía Gómez Córdova
 ・“Ayúdame a pasar la noche(Help Me Make it Through the Night)”(メキシコ) 監督:José Ramón Chávez Delgado [ワールド・プレミア]
 ・“Bruma(Mist)”(メキシコ) 監督:Max Zunino [インターナショナル・プレミア]
 ・“Los crímenes de Mar del Norte(The Crimes of the North Sea)”(メキシコ) 監督:José Buil [ワールド・プレミア]
 ・“Día de visita(Visitor’s Day)”(メキシコ・米) 監督:Nicole Opper [インターナショナル・プレミア]
 ・“La gran promesa(The Big Promise)”(メキシコ・独) 監督:ホルヘ・ラミレス・スアレス(Jorge Ramírez-Suárez) [ワールド・プレミア]
 ・“La libertad del Diablo(Devil’s Freedom)”(メキシコ) 監督:Everardo González [ラテンアメリカ・プレミア]
 ・“El maíz en tiempos de guerra(Maize in Times of War)”(メキシコ) 監督:Alberto Cortés Calderón [ワールド・プレミア]
 ・“Etiqueta no rigurosa(No Dress Code Required)”(メキシコ) 監督:Cristina Herrera Bórquez
 ・“Me llamaban King Tiger(They Called Me King Tiger)”(メキシコ) 監督:Ángel Estrada Soto [ワールド・プレミア]
 ・“Mi sangre enarbolada(A Family Love Story)”(メキシコ) 監督:Luis David Palomino [メキシコ・プレミア]
 ・“Mientras se espera(While Waiting)”(メキシコ) 監督:Paola Villanueva Bidault [ワールド・プレミア]
 ・“Nocturno(Nocturne)”(メキシコ) 監督:Luis Ayhllón [ラテンアメリカ・プレミア]
 ・“Los ojos del mar(The Gaze of the Sea)”(メキシコ・独) 監督:José Álvarez [ワールド・プレミア]
 ・“El silencio es bienvenido(The Silence is Welcome)”(メキシコ) 監督:Gabriela García Rivas [ワールド・プレミア]
 ・“Sueño en otro idioma(I Dream in Another Language)”(メキシコ・オランダ) 監督:エルネスト・コントレラス(Ernesto Contreras) [ラテンアメリカ・プレミア]
 ・“Tesoros”(メキシコ) 監督:María Novaro [メキシコ・プレミア]
 ・“Un exilio: película familiar(In Exile: A Family Movie)”(メキシコ) 監督:Juan Francisco Urrusti Alonso [ワールド・プレミア]
 ・“Verónica”(メキシコ) 監督:Carlos Algara、Alejandro Martínez Beltrán [ワールド・プレミア]
 ・“Vive por mí(María Novaro)”(メキシコ・西) 監督:Chema de la Peña

 ※審査員:メキシコ、アメリカ、中南米 +ドイツ(名誉ゲスト)の映画学校から選ばれた30人の学生

 ◆最優秀作品賞(Mejor Película Mexicana) $500,000.00 MXN
 ◎“La libertad del Diablo(Devil’s Freedom)”(メキシコ) 監督:Everardo González

 “La libertad del Diablo(Devil’s Freedom)”(メキシコ) 監督:Everardo González
 メキシコでは、過去5年間に麻薬犯罪で推定10万人の命が奪われている。死者の子どもや配偶者、両親、友人たちを含めれば、犠牲者は40万人は下らないだろう。本作では、こうした数値や見出しの背景にある物語を探る。話し手は、匿名性を守るために全員マスクをかぶっている。マスクからは表情を読み取ることはできないが、次第に彼らの感情や痛み、関わった犯罪の残酷さが明らかになってくる。
 ベルリン国際映画祭2017 ベルリナーレ・スペシャル部門出品。アムネスティ・インターナショナル映画賞受賞。



 ◆監督賞(Mejor Director)
 ◎Sofía Gómez Córdova “Los años azules(The Blue Years)”

 “Los años azules(The Blue Years)”(メキシコ) 監督:Sofía Gómez Córdova
 物語:グアダラハラの昔ながら町並みの中にある古い家に5人の若者が住み、家計や夢や人生の一部を分かち合っている。5人は、それぞれ葛藤を抱えていて、自分の人生を求めて、異なる地域から集まってきた。彼らが、ぶつかり合いながら、1つの家族を見出していく様が、ネコのSchrödingerの目を通して観察されていく。



 ◆男優賞(Mejor Actor)
 ◎José Manuel Poncelis、Eligio Meléndez “Sueño en otro idioma(I Dream in Another Language)”

 “Sueño en otro idioma(I Dream in Another Language)”(メキシコ・オランダ) 監督:エルネスト・コントレラス(Ernesto Contreras)
 物語:Zikril語は、何千年も伝わる言語だが、伝承者はEvaristoとIsauroという2人しか残っておらず、しかも彼らは50年前にケンカしたきり、口を利いていないので、Zikril語は50年間全く話されていない。若い言語学者MartinがZikril語を記録するために、彼らに話をさせようとするが、ジャングルの奥深くに隠された過去の秘密がそれを難しくする……。
 サンダンス映画祭2017 観客賞受賞。


 ◆女優賞(Mejor Actriz)
 ◎Paloma Domínguez “Los años azules(The Blue Years)”

 ◆撮影賞(Mejor Cinefotógrafo)
 ◎マリア・セッコ(María Secco) “La libertad del Diablo(Devil’s Freedom)”


 ◆観客賞(Premio del Público) $100,000.00 MXN
 ◎“Ayúdame a pasar la noche(Help Me Make it Through the Night)”(メキシコ) 監督:José Ramón Chávez Delgado

 “Ayúdame a pasar la noche(Help Me Make it Through the Night)”(メキシコ) 監督:José Ramón Chávez Delgado
 物語:父親が、ギャンブル中毒の母親を家から追い出す。長男のフィアンセが婚約を解消したいと言い出す。次男はなんとかして家族を元通りにしようとする。アクシデントが起こって、家族それぞれが自分の決断を考え直そうとする。



 【イベロアメリカ長編フィクション・コンペティション部門】(Largometraje Iberoamericano de Ficción)

 ・“Comboio de Sal e Açúcar(The Train of Salt and Sugar)”(ポルトガル・モザンビーク・仏) 監督:Licinio Azevedo [ラテンアメリカ・プレミア]
 ・『クローズド・バル 街角の狙撃手と8人の標的』“El Bar(The Bar)”(西) 監督:アレックス・デ・ラ・イグレシア [ラテンアメリカ・プレミア]
 ・“El pastor(The Shepherd)”(西) 監督:Jonathan Ceホナス・トルエバ(Jonás Trueba) [メキシコ・プレミア]
 ・“Sueño en otro idioma(I Dream in Another Language)”(メキシコ・オランダ) 監督:エルネスト・コントレラス(Ernesto Contreras) [ラテンアメリカ・プレミア]
 ・“La gran promesa(The Big Promise)”(メキシコ・独) 監督:ホルヘ・ラミレス・スアレス(Jorge Ramírez-Suárez) [ワールド・プレミア]
 ・“Bruma(Mist)”(メキシコ) 監督:Max Zunino [インターナショナル・プレミア]
 ・“Los crímenes de Mar del Norte(The Crimes of the North Sea)”(メキシコ) 監督:José Buil [ワールド・プレミア]
 ・“Últimos días en La Habana(Last Days in Havana)”(キューバ) 監督:Fernando Pérez [メキシコ・プレミア]
 ・“Santa y Andrés(Santa & Andres)”(キューバ・コロンビア・仏) 監督:Carlos Lechuga [メキシコ・プレミア]
 ・“Carpinteros(Woodpeckers)”(ドミニカ・米) 監督:José María Cabral [ラテンアメリカ・プレミア]
 ・“La mujer del animal(The Animal’s Wife)”(コロンビア) 監督:Víctor Gaviria [メキシコ・プレミア]
 ・“La última tarde(One last afternoon)”(ペルー・コロンビア) 監督:Joel Calero [メキシコ・プレミア]
 ・“As duas Irenes(Two Irenes)”(ブラジル) 監督:Fabio Meira [ラテンアメリカ・プレミア]
 ・『名誉市民』“El Ciudadano Ilustre”(アルゼンチン・西) 監督:マリアノ・コーン(Mariano Cohn)、ガストン・ドゥプラット(Gastón Duprat) [メキシコ・プレミア]
 ・“Gilda, No Me Arrepiento De Este Amor(I’m Gilda)”(アルゼンチン・ウルグアイ) 監督:Lorena Muñoz [メキシコ・プレミア]
 ・“El futuro perfecto(The Future Perfect)”(アルゼンチン) 監督:Nele Wohlatz [メキシコ・プレミア]
 ・“Mala junta(Bad Influence)”(チリ) 監督:Claudia Huaiquimilla [メキシコ・プレミア]

 ※審査員:アンネ・ツォーラ・ベラシェド(Anne Zohra Berrached:ドイツの監督)、Celso García(メキシコの監督)、Jaime Humberto Hermosillo(メキシコの監督)、Sergio Hernández Albrecht(チリの男優)、Vania Catani(ブラジルのプロデューサー)

 ◆最優秀作品賞(Mejor Película) $250,000.00 MXN
 ◎“Santa y Andrés(Santa & Andres)”(キューバ・コロンビア・仏) 監督:Carlos Lechuga

 “Santa y Andrés(Santa & Andres)”(キューバ・コロンビア・仏) 監督:Carlos Lechuga
 物語:1983年。キューバ東部の山岳地帯。アンドレアスは、50代の反体制派のゲイ作家で、「イデオロギーに問題あり」として政府によってブラックリストに載せられていた。地元の農場で働く30歳の娘サンタは、何か大きな出来事があった時、彼の様子を見張るように指示されていた。アンドレアスとサンタは全く逆の立場にいる。しかし、彼らには想像以上の共通点があった。
 トロント国際映画祭2016 CONTEMPORARY WORLD CINEMA部門出品。
 サンセバスチャン国際映画祭2016 ホライズンズ・ラティーノ部門出品。
 チューリヒ映画祭2016出品。
 シカゴ国際映画祭2016出品。
 マイアミ国際映画祭2017出品。


 ◆審査員特別賞(Premio Especial del Jurado) $125,000.00 MXN
 ◎“Carpinteros(Woodpeckers)”(ドミニカ・米) 監督:José María Cabral

 “Carpinteros(Woodpeckers)”(ドミニカ・米) 監督:José María Cabral
 出演:Jean Jean、Judith Rodriguez Perez、Ramón Emilio Candelario
 物語:Juliánは、盗みを働いてドミニカ共和国の刑務所に入れられた。刑務所からは、隣り合った女性刑務所Najayoの中庭に向けて窓が開いていて、彼は、窓を通して女囚Yanellyに恋をする。しかし、Yanellyには既にManauryという囚人のボーイフレンドがいた。JuliánとManauryは、Yanellyを巡って争う。ところが刑務所内で抗争が起こって、2人はLa Victoriaへと移送される……。
 サンダンス映画祭2017出品。
 マイアミ国際映画祭2017出品。


 ◆監督賞(Mejor Director) $150,000.00 MXN
 ◎Joel Calero “La última tarde(One last afternoon)”(ペルー・コロンビア)

 “La última tarde(One last afternoon)”(ペルー・コロンビア) 監督:Joel Calero
 物語:2人の元「ゲリラ」が、離婚届にサインするために19年ぶりに再会する。彼らは、相手の現在を知り、分かち合った恋愛的政治的過去を振り返る。そして胸に抱えていた秘密を打ち明けて、自分たちの真の姿と、国と信念がいかに自分たちを傷つけていたかを知る。
 リマ・ラテンアメリカ映画祭2016 男優賞(Lucho Cáceres)、観客賞受賞。
 ローマ映画祭2016出品。
 マル・デル・プラタ国際映画祭2016出品。



 ◆男優賞(Mejor Actor)
 ◎Jean Jean “Carpinteros(Woodpeckers)”

 ◆女優賞(Mejor Actriz)
 ◎Lola Amores “Santa y Andrés(Santa & Andres)”


 ◆脚本賞(Mejor Guion)
 ◎“Santa y Andrés(Santa & Andres)” 監督:Carlos Lechuga

 ◆撮影賞(Mejor Fotografía)
 ◎“As duas Irenes(Two Irenes)”(ブラジル) 監督:Fabio Meira

 “As duas Irenes(Two Irenes)”(ブラジル) 監督:Fabio Meira
 物語:Ireneは、13歳で、ブラジルの乾燥地帯にある小さな町の伝統的な一家で暮らしている。彼女には姉妹がいるが、姉妹よりもメイドの方が仲良しだ。ある日、彼女は、父親が別の少女を連れているのを見かける。その少女もまた13歳でIreneという名前だった。もうひとりのIreneは、母親と2人暮らしだが、彼女の方が自信があり、成熟しているように見えた。2人は一緒に過ごすようになり、男の子たちと映画館に行ったり、湖に行ったりするようになった。そのうち2人には共通点も多いことがわかってきた。
 ベルリン国際映画祭2017 ジェネレーションKplus部門出品。


 ◆第1回作品賞(Mejor Ópera Prima) $125,000.00 MXN
 ◎“As duas Irenes(Two Irenes)”(ブラジル) 監督:Fabio Meira


 【イベロアメリカ・ドキュメンタリー・コンペティション部門】(Documental Iberoamericano)

 ◆最優秀ドキュメンタリー賞(Mejor Documental) $150,000.00 MXN
 ◎“La libertad del Diablo(Devil’s Freedom)”(メキシコ) 監督:Everardo González [ラテンアメリカ・プレミア]

 ◆審査員特別賞(Premio Especial del Jurado) $100,000.00 MXN
 ◎“El Pacto de Adriana(Adriana’s Pact)”(チリ) 監督:Lissette Orozco [メキシコ・プレミア]

 “El Pacto de Adriana(Adriana’s Pact)”(チリ) 監督:Lissette Orozco
 アドリアナおばさんは、少女時代のLissette Orozcoのアイドルだった。時を経て、アドリアナおばさんはオーストラリアに移り住んだが、2007年にチリにあるLissetteの家を訪ねた時に逮捕された。ピノチェトの秘密警察DINAの一員だったというのだ。アドリアナは、無実を証明するために昔の仲間にインタビューしてくれとLissetteに頼んだ。そこから撮影がスタートし、家族の中の葛藤に踏み込んでいくが、それはチリの社会問題をも映して出していくことになる。しかし、アドリアナおばさんは、自分の過去について話そうとしない。それはなぜなのか。Lissetteは、多層的に前へ前へと映画を進めていく。個人的な物語は知らず知らずのうちに政治的なものになっていく。
 ベルリン国際映画祭2017 パノラマ部門出品。平和映画賞受賞。



 【イベロアメリカ短編コンペティション部門】(Cortometraje Iberoamericano)

 ◆最優秀短編賞(Mejor Cortometraje) $75,000.00 MXN
 ◎“Aya(Sprit)”(ペルー) 監督:Francesca CanepaSarmiento [メキシコ・プレミア]

 ◆スペシャル・メンション(Mención Especial)
 ◎“Lucha(Lucha: fight, wrestle, struggle)”(メキシコ) 監督:Eddie Rubio [ワールド・プレミア]
 ◎“Berta Vive”(ホンジュラス) 監督:Katia Lara Pineda [ラテンアメリカ・プレミア]

 【イベロアメリカ短編アニメーション・コンペティション部門】(Premio Rigo Mora)

 ◆最優秀短編アニメーション賞(Mejor Cortometraje Mexicano de Animación) $100,000.00 MXN
 ◎“Cerulia”(メキシコ) 監督:Sofía Carrillo [ワールド・プレミア]


 【リュウゼツラン賞】(Premio Maguey/LGBT部門)

 ◆リュウゼツラン賞(Premio Maguey)
 ◎“Corpo Elétrico(Body Electric)”(ブラジル) 監督:Marcelo Caetano

 “Corpo Elétrico(Body Electric)”(ブラジル) 監督:Marcelo Caetano
 物語:Eliasは、サンパウロの服飾工場でデザイナーとして働いている。彼の最大の夢は、自分のレーベルを持つことだ。彼は、少しずつ同僚との絆を深め、自由時間にはナイトライフを広げていく。そうして孤独から逃れ、自分たちを取り巻くカオスと楽しみからインスピレーションを見出すのだ。
 ロッテルダム国際映画祭2017出品。
 香港国際映画祭2017出品。


 ◆審査員特別賞(Premio Especial del Jurado)
 ◎“Santa y Andrés(Santa & Andres)”(キューバ・コロンビア・仏) 監督:Carlos Lechuga [メキシコ・プレミア]

 ◆パフォーマンス賞(Mejor Actuación)
 ◎イェラ・ハーゼ(Jella Haase) “Looping”(独)(監督:Leonie Krippendorff)

 【特別賞・名誉賞】

 ◆シルバー・マヤウェル(Silver Mayahuel)
 ◎オフェリア・メディーナ(Ofelia Medina)
 50年以上のキャリアを持つメキシコの女優。フリーダ・カーロを演じた映画『フリーダ・カーロ』の主役としてよく知られている。日本には、そのほか『夜になるまえに』『イノセント・ボイス 12歳の戦場』『グッド・ハーブ』『コロンビアーナ』などが紹介されている。


 ◆故人へのオマージュ(Postumous Homage)
 ◎ヘクトール・バベンコ

 ◆インターナショナル・マヤウェル(International Mayahuel)
 ◎ファティ・アキン

 ◆イベロアメリカン・マヤウェル(Iberoamerican Mayahuel)
 ◎パウロ・ブランコ


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 グアダラハラ国際映画祭を取り上げるのは3年ぶりですが、メインであるメキシコ映画のコンペティション部門の審査員に、映画学校の生徒が抜擢されていました。前回より変更になったようです。
 「ヤング審査員」を採用している映画祭は少なくないけど、丸ごと全部、「ヤング審査員」に任せてしまうというのは聞いたことがありません。思い切ったことをするなあ。

 これがよかったことなのかどうかは、何年も続けることで確かめられることになるでしょうか。

 *この記事がなかなか参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・グアダラハラ国際映画祭2014 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201404/article_4.html
 ・グアダラハラ国際映画祭2010 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201003/article_35.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2016年12月〜2017年4月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201612/article_1.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
グアダラハラ国際映画祭2017 受賞結果 【中南米映画最前線】 海から始まる!?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる