海から始まる!?

アクセスカウンタ

zoom RSS カナダ・スクリーン・アワード(カナダ・アカデミー賞)2017 受賞結果

<<   作成日時 : 2017/03/17 02:04   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 第5回カナダ・スクリーン・アワード(カナダ・アカデミー賞)の受賞結果が発表されました。(3月12日)

 ◆作品賞(Best Motion Picture / Meilleur film)
 ・“Bad Seeds (Les mauvaises herbes)”(カナダ)(監督:Louis Bélanger) リュック・バンダル(Luc Vandal)、Lorraine Dufour
 ・“Before the Streets (Avant les rues)”(カナダ) Chloé Leriche(監督・製作)
 ・“Hello Destroyer”(カナダ)(監督:Kevan Funk) Daniel Domachowski、Haydn Wazelle
 ◎『たかが世界の終わり』“It’s Only the End of the World (Juste la fin du monde)”(カナダ・仏) ナンシー・グラン(Nancy Grant)、シルヴァン・コーベイル(Sylvain Corbeil)、グザヴィエ・ドラン(監督・製作)
 ・『オールド・ストーン』“Old Stone(老石)”(カナダ・中)(監督:ジョニー・マー(Johnny Ma/馬楠)) Xianjian Wu、Chi-an Lin、Jing Wang、Sarah Stallard
 ・“Operation Avalanche”(米・カナダ) Matthew Miller、Lee Kim、Matt Johnson(監督)
 ・『栄光のランナー/1936ベルリン』 ルイ=フィリップ・ロション(Louis-Philippe Rochon)、ドミニク・セガン(Dominique Séguin)、ジーン=チャールズ・レヴィ(Jean-Charles Lévy)、リュック・ダヤン(Luc Dayan)
 ・“Searchers (Maliglutit)”(カナダ) ザカリアス・クヌク(監督・製作)
 ・“Those Who Make Revolution Halfway Only Dig Their Own Graves (Ceux qui font les révolutions à moitié n'ont fait que se creuser un tombeau)”(カナダ)(監督:Mathieu Denis、Simon Lavoie) Hany Ouichou
 ・“Weirdos”(カナダ) Marc Almon、Mike MacMillan、ブルース・マクドナルド(監督)

 Hany Ouichouは、短編映画賞で2作品でノミネート。
 “Hello Destroyer”は、バンクーバー国際映画祭2016 BCエマージング・フィルムメイカー賞受賞。バンクーバー映画批評家協会賞2017作品賞受賞。
 『たかが世界の終わり』は、カンヌ国際映画祭2016 コンペティション部門出品。グランプリ、エキュメニカル審査員賞受賞。米国アカデミー賞2017 外国語映画賞 カナダ代表作品。
 『オールド・ストーン』は、トロント国際映画祭2016 第1回作品賞受賞。
 “Operation Avalanche”は、トロント映画批評家協会賞2016 最優秀カナダ映画賞受賞。
 “Those Who Make Revolution Halfway Only Dig Their Own Graves”は、トロント国際映画祭2016 最優秀カナダ長編映画賞受賞。

 ◆監督賞(Achievement in Direction/Meilleure réalisation)
 ・Mathieu Denis、Simon Lavoie “Those Who Make Revolution Halfway Only Dig Their Own Graves (Ceux qui font les révolutions à moitié n'ont fait que se creuser un tombeau)”
 ◎グザヴィエ・ドラン 『たかが世界の終わり』“It’s Only the End of the World (Juste la fin du monde)”
 ・Kevan Funk “Hello Destroyer”
 ・Matt Johnson “Operation Avalanche”
 ・Chloé Leriche “Before the Streets (Avant les rues)”

 グザヴィエ・ドランは、セザール賞2017 監督賞受賞。
 Kevan Funkは、バンクーバー映画批評家協会賞2017監督賞受賞。
 Matt Johnsonは、アテネ国際映画祭2016 監督賞受賞。

 ◆主演男優賞(Performance by an Actor in a Leading Role/Interprétation masculine dans un premier rôle)
 ・ジャレッド・アブラハムソン(Jared Abrahamson) “Hello Destroyer”
 ・Lawrence Barry “Riverhead”(カナダ)(監督:Justin Oakey)
 ・Chen Gang(陳剛) 『オールド・ストーン』“Old Stone(老石)”
 ・Andrew Gillis “Werewolf”(カナダ)(監督:Ashley McKenzie)
 ◎ステファン・ジェームズ 『栄光のランナー/1936ベルリン』

 ジャレッド・アブラハムソン、Chen Gang、Andrew Gillisは、バンクーバー映画批評家協会賞2017主演男優賞にノミネートされ、ジャレッド・アブラハムソンが受賞。

 ◆主演女優賞(Performance by an Actress in a Leading Role/Interprétation féminine dans un premier rôle)
 ・Nathalie Doummar “Boundaries (Pays)”(カナダ)(監督:Chloé Robichaud)
 ・カルメン・イジョゴ(Carmen Ejogo) 『ブルーに生まれついて』
 ・Sasha K. Gordon “Natasha”(カナダ)(監督:デイヴィッド・ベズモーズギス(David Bezmozgis))
 ・Bhreagh MacNeil “Werewolf”
 ◎タチアナ・マスラニー(Tatiana Maslany) “The Other Half”(カナダ)(監督:Joey Klein)

 Bhreagh MacNeilとタチアナ・マスラニーは、バンクーバー映画批評家協会賞2017主演女優賞にノミネートされて、Bhreagh MacNeilが受賞。
 タチアナ・マスラニーは、テレビ部門ドラマ・シリーズ主演女優賞も受賞(『オーファン・ブラック 暴走遺伝子』)。


 ◆助演男優賞(Performance by an Actor in a Supporting Role/Interprétation masculine dans un rôle de soutien)
 ◎ヴァンサン・カッセル 『たかが世界の終わり』“It’s Only the End of the World (Juste la fin du monde)”
 ・ヘンリー・ツェニー(Henry Czerny) “The Other Half”
 ・Evan Mercer “Riverhead”
 ・Jacques Newashish “Before the Streets (Avant les rues)”
 ・Michael Reventar “Kidnap Capital”(カナダ)(監督:Felipe Rodriguez)

 ◆助演女優賞(Performance by an Actress in a Supporting Role(Interprétation féminine dans un rôle de soutien)
 ・ナタリー・バイ 『たかが世界の終わり』“It’s Only the End of the World (Juste la fin du monde)”
 ・Kwena Bellemare-Boivin “Before the Streets (Avant les rues)”
 ◎モリー・パーカー “Weirdos”
 ・シェリー・シェパード(Sherri Shepherd) “Jean of the Joneses”(カナダ)(監督:Stella Meghie)
 ・Gabrielle Tremblay “Those Who Make Revolution Halfway Only Dig Their Own Graves (Ceux qui font les révolutions à moitié n'ont fait que se creuser un tombeau)”

 Kwena Bellemare-Boivinは、アメリカン・インディアン映画祭2016 助演女優賞受賞。
 モリー・パーカーは、バンクーバー映画批評家協会賞2017助演女優賞受賞。

 ◆オリジナル脚本賞(Original Screenplay/Meilleur scénario)
 ・Kevan Funk “Hello Destroyer”
 ・ザカリアス・クヌク “Searchers (Maliglutit)”
 ・ジョニー・マー(Johnny Ma/馬楠) 『オールド・ストーン』“Old Stone(老石)”
 ◎ダニエル・マカイバー(Daniel MacIvor) “Weirdos”
 ・Stella Meghie “Jean of the Joneses”

 “Hello Destroyer”は、バンクーバー映画批評家協会賞2017 脚本賞ノミネート。

 ◆脚色賞(Adapted Screenplay/Meilleure adaptation)
 ・Bachir Bensaddek “Montreal, White City (Montréal la blanche)”(カナダ・チュニジア)(監督:Bachir Bensaddek)
 ・デイヴィッド・ベズモーズギス(David Bezmozgis) “Natasha”
 ◎グザヴィエ・ドラン 『たかが世界の終わり』“It’s Only the End of the World (Juste la fin du monde)”

 ◆撮影賞(Achievement in Cinematography/Meilleures images)
 ・Glauco Bermudez “Before the Streets (Avant les rues)”
 ・ジョゼ・デエー(Josée Deshaies) “Nelly”(カナダ)(監督:アンヌ・エモン(Anne Émond))
 ・Ming Kai Leung 『オールド・ストーン』“Old Stone(老石)”
 ・Scott Moore “Werewolf”
 ◎アンドレ・タービン(André Turpin) 『たかが世界の終わり』“It’s Only the End of the World (Juste la fin du monde)”

 ◆編集賞(Achievement in Editing/Meilleur montage)
 ◎リチャード・コモー(Richard Comeau) “Two Lovers and a Bear”(カナダ)(監督:キム・グエン)
 ・Michael Long 『オールド・ストーン』“Old Stone(老石)”
 ・Ashley McKenzie “Werewolf”
 ・Claude Palardy “Bad Seeds (Les mauvaises herbes)”
 ・Duff Smith “Weirdos”

 ◆美術賞(Achievement in Art Direction/Production Design/Meilleure direction artistique)
 ・André-Line Beauparlant “Bad Seeds (Les mauvaises herbes)”
 ・デイヴィッド・ブリスビン(David Brisbin)、イザベル・ゲイ(Isabelle Guay)、Jean-Pierre Paquet 『栄光のランナー/1936ベルリン』
 ◎エマニュエル・フレシェット(Emmanuel Fréchette) “Two Lovers and a Bear”
 ・エイダン・ルルー(Aidan Leroux)、Joel Richardson 『ブルーに生まれついて』
 ・Matt Likely “Weirdos”

 ◆衣裳デザイン賞(Achievement in Costume Design/Meilleurs costumes)
 ・Bethana Briffett “Weirdos”
 ・マリオ・ダヴィニョン(Mario Davignon) 『栄光のランナー/1936ベルリン』
 ・Megan Oppenheimer “Operation Avalanche”
 ◎パトリシア・マクニール(Patricia McNeil) “Nelly”
 ・マルヤッタ・ニッシネン(Marjatta Nissinen) 『王となった少女』“The Girl King”(フィンランド・独・カナダ・スウェーデン・仏)(監督:ミカ・カウリスマキ)

 ◆メイキャップ賞(Achievement in Make-Up/Meilleurs maquillages)
 ・Kathryn Casault “Two Lovers and a Bear”
 ・Lynda McCormack 『ブルーに生まれついて』
 ・Melissa Meretsky、Jennifer Walton、Lisa Belyea “The Northlander”(カナダ)(監督:Benjamin Ross Hayden)
 ◎Maïna Militza、Denis Vidal 『たかが世界の終わり』“It’s Only the End of the World (Juste la fin du monde)”
 ・ナタリー・トレパニア(Natalie Trépanier)、Réjean Goderre 『栄光のランナー/1936ベルリン』

 ◆視覚効果賞(Achievement in Visual Effects/Meilleurs effets visuels)
 ・ロバート・ハブロス(Bob Habros)、Adele Venables、Julika Pape、Milos Djakovic、Adam Kube、Mike Wearing、Richard Darwin “The Unseen”(カナダ)(監督:ジェフ・レッドナップ(Geoff Redknap))
 ◎Martin Lipmann、Cynthia Mourou、Benoît Touchette、Jonathan Piché-Delorme、Frédéric Breault 『栄光のランナー/1936ベルリン』
 ・Tristan Zerafa “Operation Avalanche”

 ◆録音賞(Achievement in Overall Sound/Meilleur son d’ensemble)
 ・Sylvain Brassard、Michel Lecoufle、Stephen De Oliveira、Nicholas Gagnon “King Dave”(カナダ)(監督:ダニエル・グルー(Daniel Grou))
 ・Matt Chan “Operation Avalanche”
 ・Marcel Chouinard、Philippe Lavigne、ステファン・ベルゲロン(Stéphane Bergeron)、Shaun-Nicholas Gallagher、Louis Collin “Bad Seeds (Les mauvaises herbes)”
 ・フランソワ・グルノン(François Grenon) 『たかが世界の終わり』“It’s Only the End of the World (Juste la fin du monde)”
 ◎Claude La Haye、Luc Boudrias、Pierre-Jules Audet 『栄光のランナー/1936ベルリン』

 ◆音響編集賞(Achievement in Sound Editing/Meilleur montage sonore)
 ◎Pierre-Jules Audet、Jérôme Décarie、Michelle Cloutier、Stan Sakell、Jean-François Sauvé、Mathieu Beaudin、François Senneville、Luc Raymond、Jean-Philippe Saint-Laurent 『栄光のランナー/1936ベルリン』
 ・Sylvain Brassard、Guy Francoeur、Benoît Dame、Guy Pelletier 『たかが世界の終わり』“It’s Only the End of the World (Juste la fin du monde)”
 ・Sylvain Brassard、Guy Pelletier、Christian Rivest “King Dave”
 ・Matt Chan、James Patrick、Frieda Bay “Operation Avalanche”
 ・Miguel Nunes、Ryan Thompson、Gina Mueller、Maureen Murphy “The Unseen”

 Sylvain Brassard、Guy Pelletierは、2作品でノミネート。

 ◆オリジナル作曲賞(Achievement in Music,Original Score/Meilleure musique originale)
 ◎トドール・カバコフ(Todor Kobakov)、スティーヴ・ロンドン(Steve London)、デイヴィッド・ブレイド(David Braid) 『ブルーに生まれついて』
 ・Alain Mayrand “Numb”(カナダ)(監督:Jason R. Goode)
 ・Taymaz Saba 『ウィンドウ・ホーセズ』“Window Horses (The Poetic Persian Epiphany of Rosie Ming)”(カナダ)(監督:アン・マリー・フレミング(Ann Marie Fleming))
 ・マイケル・ホワイト(Michael White) “Hevn (Revenge)”(ノルウェー・カナダ)(監督:Kjersti Steinsbø)
 ・ジェシー・ジュボ(Jesse Zubot) “Two Lovers and a Bear”

 デイヴィッド・ブレイドは、オリジナル歌曲賞でもノミネート。

 ◆オリジナル歌曲賞(Achievement in Music,Original Song/Meilleure chanson originale)
 ・Nikan Boivin “Before the Streets (Avant les rues)”-‘Sokecimyekw’
 ◎デイヴィッド・ブレイド(David Braid) 『ブルーに生まれついて』-‘Could Have Been’
 ・Camille Poliquin、Laurence Lafond-Beaulne “King Dave”-‘Natalie’
 ・Matthew Schellenberg “Lovesick”(カナダ)(監督:Tyson Caron)-‘Draw Blood’
 ・Daniel Stimac “A Date with Miss Fortune”(カナダ)(監督:John L'Ecuyer)-‘Almost Had It All’

 デイヴィッド・ブレイドは、オリジナル作曲賞でもノミネート。

 ◆短編映画賞(Live Action Short Drama)
 ・エミリー・カイ・ボック(Emily Kai Bock) “A Funeral for Lightning”(米・カナダ)
 ◎Alexandre Dostie(監督)、Hany Ouichou(製作)、Gabrielle Tougas-Fréchette(製作) “Mutants”(カナダ)
 ・François Jaros(監督)、Fanny-Laure Malo(製作) “Oh What a Wonderful Feeling”(カナダ)
 ・Emilie Mannering(監督)、Fanny Drew(製作)、Sarah Mannering(製作) “Star”(カナダ)
 ・Ariane Louis-Seize(監督)、Jeanne-Marie Poulain(製作)、Hany Ouichou(製作) “Wild Skin”(カナダ)

 Hany Ouichouは、2作品でノミネート。作品賞でもノミネート。
 “Mutants”は、トロント国際映画祭2016 SHORT CUT部門出品。最優秀カナダ短編映画賞受賞。トロント国際映画祭が選ぶカナダ映画トップ10。
 “Oh What a Wonderful Feeling”は、カンヌ国際映画祭2016 国際批評家週間出品。ヒホン国際映画祭2016 最優秀短編賞、ヤング審査員賞受賞。

 ◆長編ドキュメンタリー賞(Feature Length Documentary)
 ・Zaynê Akyol(監督)、Fanny Drew、Sarah Mannering、Yanick Létourneau、Mehmet Aktas、Denis McCready “Gulîstan, Land of Roses”(カナダ・独)
 ◎Daniel Cross(監督)、Bob Moore、Mila Aung-Thwin、Bruce Cowley “I Am the Blues”(カナダ・米)
 ・Nettie Wild(監督)、Betsy Carson “Koneline: Our Land Beautiful”(カナダ)
 ・Brett Story(監督) “The Prison in Twelve Landscapes”(カナダ・米)
 ・Steve Patry(監督)、Nathalie Cloutier、Denis McCready、Colette Loumède “Waseskun”(カナダ)

 “Gulîstan, Land of Roses”は、ミラノ映画祭2016 インターナショナル・コンペティション部門出品。最優秀作品賞受賞。
 “I Am the Blues”は、アムステルダム国際ドキュメンタリー映画祭2015、HotDocsカナディアン国際ドキュメンタリー映画祭2016出品。
 “Koneline: Our Land Beautiful”は、HotDocsカナディアン国際ドキュメンタリー映画祭2016 カナダ・ドキュメンタリー部門出品。最優秀カナダ長編ドキュメンタリー賞受賞。
 “The Prison in Twelve Landscapes”は、HotDocsカナディアン国際ドキュメンタリー映画祭2016 カナダ・ドキュメンタリー部門 審査員特別賞受賞。バンクーバー映画批評家協会賞2016 カナディアン・ドキュメンタリー賞受賞。

 ◆ドキュメンタリー部門 撮影賞(Best Cinematography in a Documentary)
 ・Joan Poggio “Gun Runners”(カナダ)(監督:Anjali Nayar)
 ◎John Price “I Am the Blues”
 ・デレク・ロジャース(Derek Rogers) “The Skyjacker's Tale”(カナダ)(監督:ジェイミー・カストナー(Jamie Kastner))
 ・Chris Romeike “Giants of Africa”(カナダ)(監督:Hubert Davis)
 ・Van Royko “Koneline: Our Land Beautiful”

 ◆ドキュメンタリー部門 編集賞(Best Editing in a Documentary)
 ・Mathieu Bouchard-Malo “Gulîstan, Land of Roses”
 ・Michael Brockington “Koneline: Our Land Beautiful”
 ◎Dave De Carlo “Giants of Africa”
 ・Nathalie Lamoureux “Waseskun”
 ・Eric Pedicelli “Black Code”(カナダ)(監督:ニック・ド・パンシェ(Nicholas de Pencier))


 ◆短編ドキュメンタリー賞(Short Documentary)
 ・Caroline Monnet(監督)、Éric Cinq-Mars “Tshiuetin”(カナダ)
 ・Ryan Noth(監督)、Tess Girard(監督) “The Road to Webequie”(カナダ)
 ・Jean-Marc E. Roy(監督)、Colette Loumède、Denis McCready、Claudia Chabot “Stone Makers”(カナダ)
 ◎Katherena Vermette(監督)、Erika MacPherson(監督)、Alicia Smith、David Christensen “This River”(カナダ)
 ・Rich Williamson(監督)、Shasha Nakhai、Ed Barreveld “Frame 394”(カナダ・米)

 “Frame 394”は、ロード・アイランド国際映画祭2016 最優秀短編ドキュメンタリー賞受賞。サイドウォーク映画祭2016 最優秀短編ドキュメンタリー賞受賞。ニューオリンズ映画祭2016 短編ドキュメンタリー部門観客賞受賞。チャールストン国際映画祭2016 最優秀ドキュメンタリー賞受賞。

 ◆短編アニメーション賞(Animated Short)
 ◎セオドア・ウシェフ(監督)、Marc Bertrand 『盲目のヴァイシャ』“Blind Vaysha”(カナダ)
 ・イオン・ダフィ(Eoin Duffy)(監督)、Maral Mohammadian、Shirley Vercruysse “I Am Here”(カナダ)
 ・Diane Obomsawin(監督)、Marc Bertrand “I Like Girls”(カナダ)
 ・Janice Nadeau(監督)、Marc Bertrand、Corinne Destombes “Mamie”(カナダ)
 ・Marie-Hélène Turcotte、Felix Dufour-Laperrière “Red of the Yew Tree”(カナダ)

 『盲目のヴァイシャ』は、アヌシー国際アニメーションフェスティバル2016 審査員賞、ヤング審査員賞受賞。オタワ国際アニメーションフェスティバル2016 短編コンペティション ナラティヴ部門出品。最優秀ナラティヴ作品賞、最優秀カナダ・アニメーション賞受賞。アニー賞2017 短編アニメーション賞ノミネート。米国アカデミー賞2017 短編アニメーション賞ノミネート。

 【特別賞・名誉賞】

 ◆ジョン・ダニング ディスカバリー賞(John Dunning Discovery Award)
 ◎Randall Okita “The Lockpicker”(カナダ)


 ◆Gordon Sinclair Award(カナダ・ジャーナリスト賞)
 ◎Simcha Jacobovici
 Simcha Jacoboviciは、イスラエル系カナダ人映画監督、プロデューサー、フリーランスのジャーナリスト。

 ◆第1回作品賞(Best First Feature)
 ◎ジョニー・マー(Johnny Ma/馬楠) 『オールド・ストーン』“Old Stone(老石)”(カナダ・中)

 ◆Golden Screen Award
 ボックスオフィス賞(旧The Golden Reel Award)。
 ◎“Les 3 p'tits cochons 2(The 3 L'il Pigs 2)”(カナダ) 監督:ジャン=フランソワ・プリオ(Jean-François Pouliot)

 ◆Earle Grey Award(俳優に贈られる生涯貢献賞)
 ◎タントゥー・カーディナル(Tantoo Cardinal)
 タントゥー・カーディナルは、ネイティヴ・アメリカンの血をひく女優で、『レジェンド・オブ・フォール 果てしなき想い』『スモーク・シグナルズ』などに出演している。


 ◆生涯貢献賞(Lifetime Achievement Award)
 ◎クリストファー・プラマー


 ※ カナダ・スクリーン・アワードには、上記のほかに、テレビやデジタル・メディアに関する膨大な部門が設けられています。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 主な作品のノミネート&受賞状況は、以下の通り。

 ・『たかが世界の終わり』(6/9):作品・監督・助演男優・助演女優・脚色・撮影・メイク・録音・音響編集
 ・『栄光のランナー/1936ベルリン』(4/8):作品・主演男優・美術・衣裳・メイク・視覚効果・録音・音響編集
 ・“Before the Streets (Avant les rues)”(0/6):作品・監督・助演男優・助演女優・撮影・歌曲
 ・“Operation Avalanche”(0/6):作品・監督・衣裳・視覚効果・録音・音響編集
 ・“Weirdos”(2/6):作品・助演女優・脚本・編集・美術・衣裳
 ・『オールド・ストーン』(0/5):作品・主演男優・脚本・撮影・編集 +第1回作品賞
 ・『ブルーに生まれついて』(2/5):主演女優・美術・メイク・作曲・歌曲
 ・“Bad Seeds (Les mauvaises herbes)”(0/4):作品・編集・美術・録音
 ・“Hello Destroyer”(0/4):作品・監督・主演男優・脚本
 ・“Werewolf”(0/4):主演男優・主演女優・撮影・編集
 ・“Two Lovers and a Bear”(2/4):編集・美術・メイク・作曲
 ・“Those Who Make Revolution Halfway Only Dig Their Own Graves”(0/3):作品・監督・助演女優
 ・“King Dave”(0/3):録音・音響編集・歌曲
 ・“Searchers (Maliglutit)”(0/2):作品・脚本
 ・“Riverhead”(0/2):主演男優・助演男優
 ・“Natasha”(0/2):主演女優・脚色
 ・“The Other Half”(1/2):主演女優・助演男優
 ・“Jean of the Joneses”(0/2):助演女優・脚本
 ・“Nelly”(1/2):撮影・衣裳
 ・“The Unseen”(0/2):視覚効果・音響編集

 最多ノミネートだった『たかが世界の終わり』が、ノミネートされた9部門中6部門を制して、最多受賞になりました。

 『たかが世界の終わり』は、セザール賞でも6部門でノミネートされて3部門で受賞していますが、カナダ・スクリーン・アワードと受賞結果が一致したのは、監督賞だけで、セザール賞で受賞を果たした主演男優賞や編集賞はカナダ・スクリーン・アワードではノミネートすらされませんでした。

 授賞式に関しては、あちこち写真を探してみたのですが、出席者が少なかったのか、受賞者の写真は、twitterでもfacebookでもinstagramでもほとんど見つけられませんでした。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 主な作品を簡単に紹介しておきます。

 ・“Weirdos”(カナダ) 監督:ブルース・マクドナルド
 出演:ディラン・オーサーズ(Dylan Authors)、ジュリア・セーラ・ストーン(Julia Sarah Stone)、モリー・パーカー(Molly Parker)、Allan Hawco、Rhys Bevan-John
 物語:1976年。ノバスコシア州。アメリカ建国200年の週末、15歳のキットは家出をする。彼は、ガールフレンドのアリスの助けを借りて、ヒッチハイクし、美しい海岸沿いを、アーティスティックで、魅力的な母ローラの住む新しい家へと向かう。ところが、最終目的地が迫るにつれ、彼らは、自分たちの関係が試されているのに気づき、そして、人生を永遠に変えてしまうような瞬間へと近づいていく。
 Rhys Bevan-Johnが、アンディー・ウォーホルを演じる。
 トロント国際映画祭2016 SPECIAL PRESENTATIONS部門出品。
 エドモントン国際映画祭2016出品。
 バンクーバー映画批評家協会賞2017助演女優賞受賞(モリー・パーカー)。
 ベルリン国際映画祭2017 ジェネレーション14plus部門出品。


 ・『オールド・ストーン』“Old Stone(老石)”(カナダ・中) 監督:ジョニー・マー(Johnny Ma/馬楠)
 物語:タクシー運転手の老石は、ひき逃げ事故を目撃する。群衆は、ぽかんと見ているだけで、誰も助けようとしない。老石は、3か月前のことを思い出す。彼は、酔っ払いの乗客に腕をつかまれて、運転を誤り、バイクをはねてしまう。ケガ人は危篤状態に見え、警察も救急車も永遠に来そうにない。彼は、他の歩行者の警告を無視して、ケガ人を病院に運ぶ。ケガ人は昏睡に陥り、彼は病院代を支払う。警察も保険会社もタクシー会社も酔っ払いの乗客までもが、老石が手順に従わなかったと言って責める。彼が電話しても出なかったくせに。彼は、赤ちゃん預かり所を広げる計画を立てている妻には、怖くてこのことを話すことができない。老石は、古い友人に金を借りに行ったり、酔っ払いの乗客に警察に行って彼のために証言してくれと言ったりするが、屈辱的な思いを味わうだけだった。彼の弁護士は、ためらうことなく、あんたが死んでればよかったのにと言い、妻は、家庭の利益を守るために、老石に冷たい態度を取る。そして犠牲者の家族は、賠償金の皮算用を始めてしまう。そこから物語は、ダークなノワールに転じ、老石の心は次第に邪悪な色に染まってくる。
 初監督長編。
 ベルリン国際映画祭2016 フォーラム部門出品。
 香港国際映画祭2016 ヤング・シネマ・コンペティション部門出品。
 トロント国際映画祭2016 DISCOVERY部門出品。
 フィルムズ・フロム・ザ・サウス映画祭2016 メイン・コンペティション部門出品。
 パシフィック・メリダン国際映画祭(ウラジオストック)2016コンペティション部門出品。国際批評家連盟賞受賞。
 トールグラス映画祭(カンザス)2016出品。男優賞受賞(Chen Gang)。
 バージニア映画祭2016出品。
 CPH:PIX 2016出品。
 デンバー映画祭2016出品。
 AFIフェスト2016出品。
 ストックホルム国際映画祭2016 コンペティション部門出品。監督賞受賞。
 トリノ映画祭2016 Cipputi Award受賞。
 ナント三大陸映画祭2016 オフィシャル・セレクション出品。


 ・“Mutants”(カナダ) 監督:Alexandre Dostie
 物語:1996年の夏。Keven Guénetteの顔にカーブボールが直撃する。彼は、コーチの指導を受けて、変化とセックスと愛を知る。
 トロント国際映画祭2016 SHORT CUT部門出品。最優秀カナダ短編映画賞受賞。
 BFIロンドン映画祭2016 Dare部門出品。
 トロント国際映画祭が選ぶカナダ映画2016 トップ10。


 ・『盲目のヴァイシャ』(『ブラインド ヴァイシャ』)“Vaysha, l'aveugle(Blind Vaysha)”(カナダ) 監督:セオドア・ウシェフ
 物語:ヴァイシャは他の女の子たちとは違う。彼女の左目は過去だけが見え、右目は未来だけが見える。人は彼女のことを「盲目のヴァイシャ」と呼ぶ。
 ベルリン国際映画祭2016 ジェネレーション 14plus部門出品。オランダ・アニメーション映画祭2016 短編コンペティション部門出品。
 ショートショートフィルムフェスティバル&アジア2016出品。
 アヌシー国際アニメーションフェスティバル2016 審査員賞、ヤング審査員賞受賞。
 アングレーム・フランス語映画フェスティバル2016出品。
 広島国際アニメーションフェスティバル2016出品。
 トロント国際映画祭2016 SHORT CUTS部門出品。
 オタワ国際アニメーションフェスティバル2016 短編コンペティション ナラティヴ部門出品。最優秀ナラティヴ作品賞、最優秀カナダ・アニメーション賞受賞。
 シカゴ国際映画祭2016 最優秀短編アニメーション賞(Gold Plaque)受賞。
 バリャドリッド国際映画祭2016出品。
 アニー賞2017 短編アニメーション賞ノミネート。
 トロント国際映画祭が選ぶカナダ映画2016 トップ10。
 米国アカデミー賞2017 短編アニメーション賞ノミネート。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・カナダ・スクリーン・アワード2017 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201701/article_64.html
 ・カナダ・スクリーン・アワード2016 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201603/article_8.html
 ・カナダ・スクリーン・アワード2014 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201403/article_18.html
 ・カナダ・スクリーン・アワード2013 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201303/article_4.html
 ・ジニー賞2011 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201103/article_15.html
 ・ジニー賞2010 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201004/article_10.html
 ・ジニー賞2009 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200904/article_3.html

 ・トロント国際映画祭が選ぶ、カナダ映画2016 トップ10:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201612/article_54.html

 ・バンクーバー映画批評家協会賞2017 インターナショナル部門 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201612/article_78.html
 ・バンクーバー映画批評家協会賞2017 カナダ映画部門 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201701/article_34.html

 ・トロント映画批評家協会賞2016:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201612/article_40.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2017年2月〜9月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201702/article_35.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
カナダ・スクリーン・アワード(カナダ・アカデミー賞)2017 受賞結果 海から始まる!?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる